English-Video.net comment policy

The comment field is common to all languages

Let's write in your language and use "Google Translate" together

Please refer to informative community guidelines on TED.com

TEDxCaltech

Colin Camerer: When you're making a deal, what's going on in your brain?

コリン・キャメラー: 神経科学、ゲーム理論とサル

Filmed
Views 1,372,493

ある2人が交渉をしているとき―それが競争か協力であるかを問わず―彼らの頭の中では、いったい何が起こっているのでしょうか? 行動経済学者 コリン・キャメラーは、我々がどれだけ他人の考えを予測できないかを示した研究を紹介します。さらに、チンパンジーが人間よりも優れているとの予想外の調査結果も提示します。 (TEDxCalTechにて収録)

- Behavioral economist
Colin Camerer is a leading behavioral economist who studies the psychological and neural bases of choice and strategic decision-making. Full bio

I'm私は going行く to talkトーク about theその strategizing戦略化 brain.
今日は 戦略を練る脳についてお話します
00:12
We're私たちは going行く to useつかいます an unusual珍しい combination組み合わせ of toolsツール
ここでは ゲーム理論と神経科学という
00:14
fromから gameゲーム theory理論 andそして neuroscience神経科学
変わった組み合わせを用いて
00:17
to understandわかる howどうやって people interact相互作用する socially社会的に whenいつ value is on theその lineライン.
利害が絡むとき人々が
社会的にどう相互作用するかを理解します
00:19
Soそう gameゲーム theory理論 is aa branchブランチ of, originally元々, applied適用された mathematics数学,
ゲーム理論は 元々応用数学の一分野で
00:22
used中古 mostly主に in economics経済 andそして political政治的 science科学, aa little少し bitビット in biology生物学,
ほとんどが経済学と政治科学で
ごく一部 生物学で 使われます
00:26
thatそれ gives与える us米国 aa mathematical数学 taxonomy分類法 of socialソーシャル life生活
ゲーム理論は
社会行動の数学的分類を可能にし
00:28
andそして itそれ predicts予測する what people are likelyおそらく to do行う
行動が他人に影響を与え合うとき
00:32
andそして believe信じる othersその他 will意志 do行う
人がどのように行動をし
00:34
in cases症例 whereどこで everyone's誰もが actions行動 affect影響を与える everyoneみんな elseelse.
他人がどう行動すると考えるかを
予想するものです
00:35
That'sそれは aa lotロット of thingsもの: competitionコンペ, cooperation協力, bargaining交渉,
色々な状況が当てはまります
競争 協力 交渉―
00:38
gamesゲーム like好きな hide-and-seekかくれんぼ, andそして pokerポーカー.
かくれんぼや ポーカーといったゲームもそうです
00:42
Here'sここにいる aa simple単純 gameゲーム to get取得する us米国 started開始した.
まずは この単純なゲームから始めましょう
00:45
Everyoneみんな chooses選択する aa number fromから zeroゼロ to 100,
各人 0から100の中から数字を一つ選びます
00:48
we're私たちは going行く to compute計算する theその average平均 of thoseそれら numbers数字,
それらの数字を計算して平均値を出し
00:50
andそして whoever's誰でも closest最も近い to two-thirds3分の2 of theその average平均 wins勝つ aa fixed一定 prize.
その平均値の2/3に
最も近かった人が賞をもらえます
00:52
Soそう you君は want欲しいです to be〜する aa little少し bitビット below以下 theその average平均 number,
つまり平均よりやや低めを狙いたいわけです
00:56
butだけど notない tooあまりにも far遠い below以下, andそして everyoneみんな elseelse wants望む to be〜する
小さすぎではダメで
他の人も 同じように
00:59
aa little少し bitビット below以下 theその average平均 number asとして wellよく.
平均より少し小さめの数字にします
01:01
Think思う about what you君は mightかもしれない pickピック.
あなたなら どの数字にしますか
01:03
Asとして you'reあなたは thinking考え, thisこの is aa toyおもちゃ modelモデル of something何か like好きな
これは上昇している市場における株の売却の
01:05
selling販売 in theその stock株式 market市場 during aa rising上昇する market市場. Right?
簡易モデルみたいなものですよね
01:09
You君は don'tしない want欲しいです to sell売る tooあまりにも early早い, becauseなぜなら you君は missミス outでる on profits利益,
利益もほしいので
あまり早く売りたくはない
01:11
butだけど you君は don'tしない want欲しいです to wait待つ tooあまりにも late遅く
だけど 待ちすぎると
01:14
to whenいつ everyoneみんな elseelse sells売る, triggeringトリガー aa crashクラッシュ.
みんなが売ってしまって 値崩れしてしまう
01:16
You君は want欲しいです to be〜する aa little少し bitビット ahead前方に of theその competitionコンペ, butだけど notない tooあまりにも far遠い ahead前方に.
相手の一歩先を行きたいけれど
先を行き過ぎてもいけない
01:18
Okayはい, here'sここにいる two theories理論 about howどうやって people mightかもしれない think思う about thisこの,
このときの人々の思考について
2つの理論があります
01:21
andそして then次に we'll私たちは see見る some一部 dataデータ.
あとで データも見ましょう
01:25
Some一部 of theseこれら will意志 sound familiar身近な becauseなぜなら you君は probably多分 are
みなさんが思い当たる考え方もあるでしょう
01:26
thinking考え thatそれ way方法. I'm私は usingを使用して myじぶんの brain theory理論 to see見る.
あなた自身がそう考えているからです
私の脳の理論でそれが見えます
01:28
Aa lotロット of people sayいう, "I really本当に don'tしない know知っている what people are going行く to pickピック,
多くの人はこう考えるでしょう
「他人がどの数を選ぶか 見当もつかない
01:32
soそう I think思う theその average平均 will意志 be〜する 50."
だから平均は50になるだろう」
01:35
They're彼らは notない beingであること really本当に strategic戦略的 at〜で allすべて.
これは ちっとも戦略的ではありません
01:37
"Andそして I'll私はよ pickピック two-thirds3分の2 of 50. That'sそれは 33." That'sそれは aa start開始.
「そこで 50の2/3の数を選ぶね つまり 33だ」
これが第一歩です
01:39
Otherその他 people who are aa little少し moreもっと sophisticated洗練された,
もう少し知恵のはたらく人なら
01:42
usingを使用して moreもっと workingワーキング memory記憶,
作業記憶を使ってこう言います
01:44
sayいう, "I think思う people will意志 pickピック 33 becauseなぜなら they're彼らは going行く to pickピック aa response応答 to 50,
「みんな 50を平均と考えて 33を選ぶはず
01:46
andそして soそう I'll私はよ pickピック 22, whichどの is two-thirds3分の2 of 33."
だから 私は 33の2/3である22にする」
01:49
They're彼らは doingやっている one1 extra余分な stepステップ of thinking考え, two stepsステップ.
彼らは もう1段階 考えを進めて
2段階を踏みました
01:52
That'sそれは betterより良い. Andそして of courseコース, in principle原理,
よりよいですね
もちろん 原理上―
01:55
you君は couldできた do行う three, four4つの orまたは moreもっと,
3段階 4段階 それ以上もできます
01:57
butだけど itそれ starts開始する to get取得する very非常に difficult難しい.
でも そうなると難しくなってきます
01:59
Justちょうど like好きな in language言語 andそして otherその他 domainsドメイン, we我々 know知っている thatそれ it'sそれは hardハード forために people to parse解析する
言語やその他の分野で
再帰的な構造を持つ複雑な文章を
02:01
very非常に complex複合体 sentences文章 with〜と aa kind種類 of recursive再帰的 structure構造.
文法的に説明するのが
難しいのと同じことです
02:04
Thisこの is calledと呼ばれる aa cognitive認知 hierarchy階層 theory理論, by〜によって theその way方法.
これは 認知階層理論と呼ばれていて
02:07
It'sそれは something何か thatそれ I've私は worked働いた on andそして aa few少数 otherその他 people,
私と数名が取り組んできたもので
02:09
andそして itそれ indicates指示する aa kind種類 of hierarchy階層 along一緒に with〜と
ある仮定のもと
どの段階まで人が思考するか
02:12
some一部 assumptions仮定 about howどうやって manyたくさんの people stopやめる at〜で different異なる stepsステップ
多くの興味深い条件や被験者を
変えることで
02:14
andそして howどうやって theその stepsステップ of thinking考え are affected影響を受けた
その思考段階がどう影響されるかにつき
02:16
by〜によって lotsロット of interesting面白い variables変数 andそして variantバリアント people, asとして we'll私たちは see見る in aa minute.
ある種の階層を提示します
あとでお見せします
02:18
Aa very非常に different異なる theory理論, aa muchたくさん moreもっと popular人気 one1, andそして an olderより古い one1,
これとは全然違って
もっと人気があって 古い理論があります
02:22
due支払う largely主に to Johnジョン Nashナッシュ of "Aa Beautiful綺麗な Mindマインド" fame名声,
「ビューティフル・マインド」の
ジョン・ナッシュで有名になったもので
02:25
is what's何ですか calledと呼ばれる equilibrium平衡 analysis分析.
均衡分析と言われているものです
02:29
Soそう ifif you'veあなたは everこれまで taken撮影 aa gameゲーム theory理論 courseコース at〜で anyどれか levelレベル,
ゲーム理論の授業を受けたことがある人なら
02:31
you君は will意志 have持ってる learned学んだ aa little少し bitビット about thisこの.
誰でもこの理論について習う筈です
02:33
An equilibrium平衡 is aa mathematical数学 state状態 in whichどの everybodyみんな
均衡とは 全員がお互いが何をするか
02:35
has持っている figured思った outでる exactly正確に what everyoneみんな elseelse will意志 do行う.
完全に把握している
数学的な状態のことを指します
02:38
Itそれ is aa very非常に useful有用 concept概念, butだけど behaviorally行動的に,
とても便利な概念ですが
02:40
itそれ mayかもしれない notない exactly正確に explain説明する what people do行う
こうした経済ゲームを初めてやる場合や
02:42
theその first最初 time時間 they彼ら play遊びます theseこれら typesタイプ of economic経済的 gamesゲーム
現実の世界において
人々がどんな行動をとるか
02:44
orまたは in situations状況 in theその outside外側 world世界.
これで 正確に説明できるとは限りません
02:47
In thisこの case場合, theその equilibrium平衡 makes作る aa very非常に bold大胆な prediction予測,
先ほどのゲームの例では この理論は
02:49
whichどの is everyoneみんな wants望む to be〜する below以下 everyoneみんな elseelse,
誰もが他人より低い数を選ぶため
02:52
thereforeしたがって、 they'll彼らは play遊びます zeroゼロ.
皆ゼロを選択するという大胆な予測をします
02:55
Let'sさあ see見る what happens起こる. Thisこの experiment's実験の beenされている done完了 manyたくさんの, manyたくさんの times.
実際はどうか見てみましょう
この実験は何度も行われています
02:57
Some一部 of theその earliest早い onesもの wereあった done完了 in theその ''90ss
最も古い実験のいくつかは 90年代に
03:00
by〜によって me andそして Rosemarieローズマリー Nagelナゲル andそして othersその他.
私と ローズマリー・ネーゲルらが行いました
03:02
Thisこの is aa beautiful綺麗な dataデータ setセット of 9,000 people who wrote書きました in
3つの新聞・雑誌が開催した
コンテストに参加した
03:04
to three newspapers新聞 andそして magazines雑誌 thatそれ had持っていました aa contestコンテスト.
9,000 人からなる美しいデータセットです
03:07
Theその contestコンテスト said前記, send送信する in yourきみの numbers数字
参加者は好きな数字を投稿し
03:10
andそして whoever誰でも is close閉じる to two-thirds3分の2 of theその average平均 will意志 win勝つ aa big大きい prize.
平均値の 2/3 にもっとも近い人が
賞を獲得します
03:12
Andそして asとして you君は canできる see見る, there'sそこに soそう muchたくさん dataデータ hereここに, you君は canできる see見る theその spikesスパイク very非常に visibly目に見える.
データを見て分かる通り
いくつかのはっきりとした山があります
03:15
There'sそこに aa spikeスパイク at〜で 33. Thoseそれら are people doingやっている one1 stepステップ.
33で ひとつの山がありますね
1段階だけ思考を進めた人たちです
03:18
Thereそこ is another別の spikeスパイク visible目に見える at〜で 22.
そして 次の山は 22で見えます
03:22
Andそして notice通知, by〜によって theその way方法, thatそれ most最も people pickピック numbers数字 right aroundまわり thereそこ.
ほとんどの人は
この前後の数を選んでいます
03:24
They彼ら don'tしない necessarily必ずしも pickピック exactly正確に 33 andそして 22.
33や22 ちょうどを選択するとは
限らないのです
03:27
There'sそこに something何か aa little少し bitビット noisyうるさい aroundまわり itそれ.
このあたりは バラバラですが
03:29
Butだけど you君は canできる see見る thoseそれら spikesスパイク, andそして they're彼らは thereそこ.
山があるのも事実です
03:31
There'sそこに another別の groupグループ of people who seem思われる to have持ってる
均衡分析を充実に守った
グループもいて
03:33
aa firm当社 gripグリップ on equilibrium平衡 analysis分析,
均衡分析を忠実に守った
グループもいて
03:34
becauseなぜなら they're彼らは pickingピッキング zeroゼロ orまたは one1.
彼らは0 か 1 を選んでいます
03:36
Butだけど they彼ら lose失う, right?
でも 彼らは負けましたね?
03:39
Becauseなぜなら pickingピッキング aa number thatそれ low低い is actually実際に aa bad悪い choice選択
全員が同様に均衡分析をするとは
限らないのに
03:41
ifif otherその他 people aren'tない doingやっている equilibrium平衡 analysis分析 asとして wellよく.
それだけ小さい数字を選ぶのは
悪い選択なのです
03:44
Soそう they're彼らは smartスマート, butだけど poor貧しい.
だから 彼らは賢いけれど 貧しいのです
03:47
(Laughter笑い)
(笑)
03:49
Whereどこで are theseこれら thingsもの happeningハプニング in theその brain?
これらは
脳のどこで起きているんでしょう?
03:51
One1 study調査 by〜によって Coricelliコリセリ andそして Nagelナゲル gives与える aa really本当に sharpシャープ, interesting面白い answer回答.
コリセッリとネーゲルの研究が
とても鋭く 面白い答えをくれます
03:53
Soそう they彼ら had持っていました people play遊びます thisこの gameゲーム
彼らは 被験者をfMRIで測定しながら
03:57
whilewhile they彼ら wereあった beingであること scannedスキャンした in an fMRIfmri,
2つの異なる条件下において
03:58
andそして two conditions条件: in some一部 trials試行,
このゲームをプレーしてもらったのです
04:01
they're彼らは told言った you'reあなたは playing遊ぶ another別の person
ある条件では 同時に別の人間と
対戦していて
04:03
who'sだれの playing遊ぶ right now andそして we're私たちは going行く to match一致 upアップ
ある条件では 同時に別の人間と
対戦していて
04:04
yourきみの behavior動作 at〜で theその end終わり andそして pay支払う you君は ifif you君は win勝つ.
勝てば賞金を払うと 説明されます
04:06
In theその otherその他 trials試行, they're彼らは told言った, you'reあなたは playing遊ぶ aa computerコンピューター.
別の条件では ランダムの数字を選ぶ
04:08
They're彼らは justちょうど choosing選択 randomly無作為に.
コンピュータを相手と告げられます
04:10
Soそう what you君は see見る hereここに is aa subtraction減算
ここで見ているのは
04:12
of areasエリア in whichどの there'sそこに moreもっと brain activityアクティビティ
コンピュータ相手のときよりも
04:14
whenいつ you'reあなたは playing遊ぶ people compared比較した to playing遊ぶ theその computerコンピューター.
人間相手で脳の活動が増えている場所です
04:17
Andそして you君は see見る activityアクティビティ in some一部 regions地域 we've私たちは seen見た today今日,
活動がある場所は ご覧の通り―
04:20
medial内側 prefrontal前頭前野 cortex皮質, dorsomedial背中, howeverしかしながら, upアップ hereここに,
内側前頭前皮質 背内側部
それと 上のここ
04:22
ventromedial腹腔内 prefrontal前頭前野 cortex皮質,
前頭前野腹内側部
04:25
anterior前方 cingulate帯状疱疹, an areaエリア that'sそれは involved関係する
前帯状領域です
ここは
04:27
in lotsロット of typesタイプ of conflict紛争 resolution解決, like好きな ifif you'reあなたは playing遊ぶ "Simonサイモン Says言う,"
「船長さんの命令」のようなゲームにおける
問題解決プロセスと関係します
04:28
andそして alsoまた、 theその right andそして left temporoparietal月経周期 junctionジャンクション.
それから 左右の側頭頭頂接合部もあります
04:32
Andそして theseこれら are allすべて areasエリア whichどの are fairlyかなり reliably確実に known既知の
これらは全て 「心の理論」回路や
04:36
to be〜する part of what's何ですか calledと呼ばれる aa "theory理論 of mindマインド" circuit回路,
「心理化回路」の一部として
04:38
orまたは "mentalizing擬人化 circuit回路."
よく知られています
04:40
Thatそれ is, it'sそれは aa circuit回路 that'sそれは used中古 to imagine想像する what otherその他 people mightかもしれない do行う.
つまり それは 他人の行動を推測するのに
使われる回路です
04:42
Soそう theseこれら wereあった some一部 of theその first最初 studies研究 to see見る thisこの
これらは
この回路とゲーム理論を結びつけた
04:46
tied結ばれた in to gameゲーム theory理論.
最初の研究でした
04:48
What happens起こる with〜と theseこれら one-1- andそして two-step二段階 typesタイプ?
思考が1段階か2段階かで
何が違うのでしょう?
04:50
Soそう we我々 classify分類する people by〜によって what they彼ら picked選んだ,
どの戦略を選んだかで被験者を分類し
04:52
andそして then次に we我々 look見える at〜で theその difference betweenの間に
相手が 人かコンピュータかで
04:54
playing遊ぶ humans人間 versus playing遊ぶ computersコンピュータ,
脳のどこが活動しているか
04:56
whichどの brain areasエリア are differentially差別的に activeアクティブ.
違いを見てみます
04:58
On theその top you君は see見る theその one-stepワンステップ players選手.
上側は 1段階のプレーヤーです
05:00
There'sそこに almostほぼ noいいえ difference.
ほぼ違いはありません
05:01
Theその reason理由 is, they're彼らは treating治療する otherその他 people like好きな aa computerコンピューター, andそして theその brain is tooあまりにも.
彼ら自身も 脳も
他人をコンピュータと同様に扱うからです
05:03
Theその bottom players選手, you君は see見る allすべて theその activityアクティビティ in dorsomedial背中 PFCpfc.
下側は 背内側部前頭前皮質で
活動があります
05:06
Soそう we我々 know知っている thatそれ thoseそれら two-step二段階 players選手 are doingやっている something何か differently異なって.
2段階思考の人は
違う形で動いているのです
05:10
Now ifif you君は wereあった to stepステップ backバック andそして sayいう, "What canできる we我々 do行う with〜と thisこの information情報?"
さて 一歩離れて
「この情報で何ができるのか?」と言うと
05:12
you君は mightかもしれない be〜する ableできる to look見える at〜で brain activityアクティビティ andそして sayいう,
脳の活動から こう言えるかもしれません
05:15
"Thisこの person's going行く to be〜する aa good良い pokerポーカー playerプレーヤー,"
「この人はポーカーがうまそう」
05:17
orまたは, "Thisこの person's socially社会的に naiveナイーブ,"
「この人は 世間知らずだ」 と
05:19
andそして we我々 mightかもしれない alsoまた、 be〜する ableできる to study調査 thingsもの
この回路の場所が分かれば
05:20
like好きな development開発 of adolescent思春期の brains頭脳
思春期の脳の発達などについても
05:22
once一度 we我々 have持ってる an ideaアイディア of whereどこで thisこの circuitry回路 exists存在する.
研究をすることができるかもしれません
05:23
Okayはい. Get取得する ready準備完了.
よろしい
では 行きますよ
05:27
I'm私は saving貯蓄 you君は some一部 brain activityアクティビティ,
あなたの脳が活動する手間を省いてあげます
05:29
becauseなぜなら you君は don'tしない need必要 to useつかいます yourきみの hairヘア detector検出器 cells細胞.
髪の有無を検知する細胞を使う必要はないでしょう
05:31
You君は should〜すべき useつかいます thoseそれら cells細胞 to think思う carefully慎重に about thisこの gameゲーム.
この細胞を使って
このゲームについてよく考えてください
05:34
Thisこの is aa bargaining交渉 gameゲーム.
これは 交渉ゲームです
05:37
Two players選手 who are beingであること scannedスキャンした usingを使用して EEGエッグ electrodes電極
2人の被験者は
脳波図電極を使って測定されながら
05:39
are going行く to bargainバーゲン over以上 one1 to six6 dollarsドル.
1~6ドルを分配する交渉をします
05:42
Ifif they彼ら canできる do行う itそれ in 10 seconds, they're彼らは going行く to actually実際に earn獲得する thatそれ moneyお金.
10秒で決められれば
その額のお金をもらえます
05:45
Ifif 10 seconds goes行く by〜によって andそして they彼ら haven't持っていない made aa deal対処, they彼ら get取得する nothing何も.
10秒たって 交渉が成立しなければ
お互い何ももらえません
05:47
That'sそれは kind種類 of aa mistake間違い together一緒に.
これは どっちにとっても間違いですね
05:50
Theその twistねじれ is thatそれ one1 playerプレーヤー, on theその left,
違うのは 一方のプレーヤー
ここでは左側の方だけが
05:52
is informed知らされた about howどうやって muchたくさん on each trial試行 thereそこ is.
各実験で分配する金額を
知っています
05:55
They彼ら play遊びます lotsロット of trials試行 with〜と different異なる amounts金額 each time時間.
彼らは違う金額で何度もプレイします
05:57
In thisこの case場合, they彼ら know知っている there'sそこに four4つの dollarsドル.
例えば 分配金が4 ドルのとき
06:00
Theその uninformed知らない playerプレーヤー doesn'tしない know知っている,
情報を持たないプレーヤーは
知りませんが
06:02
butだけど they彼ら know知っている thatそれ theその informed知らされた playerプレーヤー knows知っている.
他方のプレーヤーが
知っていることは知っています
06:04
Soそう theその uninformed知らない player'sプレーヤーの challengeチャレンジ is to sayいう,
情報を持たないプレーヤーは
こう考えます
06:06
"Is thisこの guy really本当に beingであること fairフェア
「相手は本当に公平なのか
06:08
orまたは are they彼ら giving与える me aa very非常に low低い offer提供
それとも 1 ドルか2ドルしかないと
06:09
in order注文 to get取得する me to think思う thatそれ there'sそこに onlyのみ one1 orまたは two dollarsドル available利用可能な to splitスプリット?"
思わせて
低い分け前をオファーしているのか?」
06:11
in whichどの case場合 they彼ら mightかもしれない reject拒絶する itそれ andそして notない come来る to aa deal対処.
後者の場合はオファーを拒否して交渉不成立に
なるかもしれません
06:14
Soそう there'sそこに some一部 tensionテンション hereここに betweenの間に trying試す to get取得する theその most最も moneyお金
ですから できるだけ多くのお金を得ることと
06:17
butだけど trying試す to goad乞食 theその otherその他 playerプレーヤー into giving与える you君は moreもっと.
相手からお金を引き出すこととの間で
緊張があります
06:20
Andそして theその way方法 they彼ら bargainバーゲン is to pointポイント on aa number lineライン
交渉のやり方は
0から6までの数直線上で
06:23
thatそれ goes行く fromから zeroゼロ to six6 dollarsドル,
数字を指差すというもので
06:25
andそして they're彼らは bargaining交渉 over以上 howどうやって muchたくさん theその uninformed知らない playerプレーヤー gets取得,
情報を持たないプレーヤーが
何ドル得るか交渉し
06:27
andそして theその informed知らされた player'sプレーヤーの going行く to get取得する theその rest残り.
情報を持つプレーヤーが
残りを取ります
06:30
Soそう thisこの is like好きな aa management-labor管理労務 negotiationネゴシエーション
これは労使間交渉に似ています
06:32
in whichどの theその workers労働者 don'tしない know知っている howどうやって muchたくさん profits利益
株式非公開の会社の場合
従業員は
06:34
theその privately私的に held開催 company会社 has持っている, right,
会社の利益を知りませんが
06:37
andそして they彼ら want欲しいです to maybe多分 holdホールド outでる forために moreもっと moneyお金,
できるだけ多くの報酬を引き出すよう
交渉します
06:40
butだけど theその company会社 mightかもしれない want欲しいです to create作成する theその impression印象
一方 会社は従業員に対して
06:42
thatそれ there'sそこに very非常に little少し to splitスプリット: "I'm私は giving与える you君は theその most最も thatそれ I canできる."
利益は少なく
「精一杯分配している」印象を与えたいのです
06:44
First最初 some一部 behavior動作. Soそう aa bunch of theその subject主題 pairsペア, they彼ら play遊びます face to face.
まず ある行動を見ましょう
ある被験者ペアーには 対面でプレーさせます
06:47
We我々 have持ってる some一部 otherその他 dataデータ whereどこで they彼ら play遊びます across横断する computersコンピュータ.
他のグループはコンピュータを介して
プレーさせます
06:51
That'sそれは an interesting面白い difference, asとして you君は mightかもしれない imagine想像する.
ご想像の通り 面白い違いがあります
06:53
Butだけど aa bunch of theその face-to-face面と向かって pairsペア
対面のペアーのいくつかは
06:55
agree同意する to divide分ける theその moneyお金 evenly均等に everyすべて singleシングル time時間.
毎回 均等にお金を分けることに合意しました
06:57
Boring退屈な. It'sそれは justちょうど notない interesting面白い neurally神経的に.
つまらないですね
神経学的に面白くないです
07:00
It'sそれは good良い forために themそれら. They彼ら make作る aa lotロット of moneyお金.
まあ 彼らにとってはよいことです
たくさんお金を得られますから
07:03
Butだけど we're私たちは interested興味がある in, canできる we我々 sayいう something何か about
ただ 我々の関心は 言うなれば
07:06
whenいつ disagreements不一致 occur発生する versus don'tしない occur発生する?
不一致があるときと そうでないときの差にあります
07:09
Soそう thisこの is theその otherその他 groupグループ of subjects科目 who oftenしばしば disagree同意しない.
彼らは 言い争って合意できず
結局 少ないお金しか
07:11
Soそう they彼ら have持ってる aa chanceチャンス of --- they彼ら bicker口論 andそして disagree同意しない
得られないことがありました
07:13
andそして end終わり upアップ with〜と lessもっと少なく moneyお金.
結局 少ないお金しか得られないことがありました
07:16
They彼ら mightかもしれない be〜する eligible適格 to be〜する on "Realリアル Housewives主婦," theその TVテレビ showショー.
彼らは リアリティ番組「妻たちの真実」に
出演できるかもしれません
07:18
You君は see見る on theその left,
左を見てください
07:21
whenいつ theその amount to divide分ける is one1, two orまたは three dollarsドル,
分ける金額が1~3ドルのとき
07:23
they彼ら disagree同意しない about halfハーフ theその time時間,
半分くらいは 合意できていません
07:26
andそして whenいつ theその amount is four4つの, five, six6, they彼ら agree同意する quiteかなり oftenしばしば.
4~6ドルでは
かなり頻繁に合意できています
07:28
Thisこの turnsターン outでる to be〜する something何か that'sそれは predicted予測された
これは あるとても複雑なゲーム理論が
07:30
by〜によって aa very非常に complicated複雑な typeタイプ of gameゲーム theory理論
予想した結果に合致します
07:32
you君は should〜すべき come来る to graduate卒業 school学校 at〜で CalTechカルテック andそして learn学ぶ about.
カリフォルニア工科大学大学院で
勉強しないといけなくらい
07:34
It'sそれは aa little少し tooあまりにも complicated複雑な to explain説明する right now,
ここで説明するには 少し複雑すぎますが―
07:37
butだけど theその theory理論 tells伝える you君は thatそれ thisこの shape形状 kind種類 of should〜すべき occur発生する.
この理論が言わんとするのは
この形になるということです
07:39
Yourきみの intuition直感 mightかもしれない telltell you君は thatそれ tooあまりにも.
直感的にも そう思われるでしょう
07:42
Now I'm私は going行く to showショー you君は theその results結果 fromから theその EEGエッグ recording録音.
さて 脳波検査記録の結果をお見せします
07:45
Very非常に complicated複雑な. Theその right brain schematic回路図
とても複雑です
右側の脳の回路は―
07:47
is theその uninformed知らない person, andそして theその left is theその informed知らされた.
情報を持たない人のもので
左は情報を持つ人のです
07:49
Remember思い出す thatそれ we我々 scannedスキャンした bothどちらも brains頭脳 at〜で theその same同じ time時間,
私たちは 同時に両方の脳を計測をしたので
07:52
soそう we我々 canできる ask尋ねる about time-synced時間同期 activityアクティビティ
類似したあるいは異なる脳領域での活動を
07:55
in similar類似 orまたは different異なる areasエリア simultaneously同時に,
時間を同期して見ることができます
07:57
justちょうど like好きな ifif you君は wanted欲しい to study調査 aa conversation会話
ちょうど 会話について研究するのに
08:00
andそして you君は wereあった scanning走査 two people talking話す to each otherその他
互いに話をしている2名を計測して
08:03
andそして you'dあなたは expect期待する common一般 activityアクティビティ in language言語 regions地域
実際に 聞いたり 意思疎通を図っているときに
08:05
whenいつ they're彼らは actually実際に kind種類 of listening聞いている andそして communicatingコミュニケーション.
言語野における共通の動きを期待するようなものです
08:07
Soそう theその arrows connect接続する regions地域 thatそれ are activeアクティブ at〜で theその same同じ time時間,
ですから 矢印は同時に活動がある場所を
結んでいますが―
08:09
andそして theその direction方向 of theその arrows flows流れ
矢印の向きは
08:13
fromから theその region領域 that'sそれは activeアクティブ first最初 in time時間,
最初にアクティブになった場所から出ていて
08:15
andそして theその arrowhead矢頭 goes行く to theその region領域 that'sそれは activeアクティブ later後で.
そのあとにアクティブになった場所に向かっています
08:18
Soそう in thisこの case場合, ifif you君は look見える carefully慎重に,
ですから このケースでは よく見ると
08:21
most最も of theその arrows flowフロー fromから right to left.
ほとんどの矢印が右から左に向かっています
08:24
Thatそれ is, itそれ looks外見 asとして ifif theその uninformed知らない brain activityアクティビティ
つまり 情報を持たない脳の活動が
08:25
is happeningハプニング first最初,
先に起こって
08:29
andそして then次に it'sそれは followed続く by〜によって activityアクティビティ in theその informed知らされた brain.
それから 情報を持っている方の脳が
活動しているのです
08:31
Andそして by〜によって theその way方法, theseこれら wereあった trials試行 whereどこで their彼らの dealsお得 wereあった made.
ところで これらは交渉が成立したときのものです
08:34
Thisこの is fromから theその first最初 two seconds.
これは 最初の2秒の状況です
08:38
We我々 haven't持っていない finished完成した analyzing分析する thisこの dataデータ,
このデータはまだ分析を終えていなくて
08:40
soそう we're私たちは stillまだ peeking覗く in, butだけど theその hope希望 is
まだ ちらっと見ただけですが
最終的には―
08:42
thatそれ we我々 canできる sayいう something何か in theその first最初 coupleカップル of seconds
最初の2秒の動きを見て
交渉が成立するか
08:44
about whetherかどうか they'll彼らは make作る aa deal対処 orまたは notない,
言えればと思っています
08:46
whichどの couldできた be〜する very非常に useful有用 in thinking考え about avoiding避ける litigation訴訟
それができれば 訴訟や
醜い離婚などを避けるのに―
08:48
andそして ugly醜い divorces離婚 andそして thingsもの like好きな thatそれ.
とても有益ですから
08:50
Thoseそれら are allすべて cases症例 in whichどの aa lotロット of value is lost失われた
これらは 全て 遅れや攻撃行為によって
08:52
by〜によって delayディレイ andそして strikesストライク.
多くの価値が失われたときのものです
08:55
Here'sここにいる theその case場合 whereどこで theその disagreements不一致 occur発生する.
これは 不一致がおこったときのものです
08:58
You君は canできる see見る itそれ looks外見 different異なる thanより theその one1 before.
前のと違うことがわかりますね
09:00
There'sそこに aa lotロット moreもっと arrows.
より たくさんの矢印があります
09:02
Thatそれ means手段 thatそれ theその brains頭脳 are synced同期された upアップ
これは 脳が 同時活動の観点で
09:04
moreもっと closely密接に in terms条項 of simultaneous同時 activityアクティビティ,
より密接にシンクロしていることを意味します
09:06
andそして theその arrows flowフロー clearlyはっきりと fromから left to right.
矢印も 明らかに左から右に流れています
09:08
Thatそれ is, theその informed知らされた brain seems思われる to be〜する deciding決定する,
つまり 情報を持っている脳が
09:10
"We're私たちは probably多分 notない going行く to make作る aa deal対処 hereここに."
「おそらく 交渉は成立しないだろう」と決めて
09:12
Andそして then次に later後で there'sそこに activityアクティビティ in theその uninformed知らない brain.
そのあとで 情報を持たない脳で
活動が起きています
09:15
Next I'm私は going行く to introduce紹介する you君は to some一部 relatives親族.
次に 私たちの親戚を紹介しましょう
09:18
They're彼らは hairy毛深い, smelly臭い, fast速い andそして strong強い.
毛深くて 臭くて 速くてて強いものです
09:20
You君は mightかもしれない be〜する thinking考え backバック to yourきみの last最終 Thanksgiving感謝祭.
感謝祭の日を思い出しているかもしれませんし
09:23
Maybe多分 ifif you君は had持っていました aa chimpanzeeチンパンジー with〜と you君は.
チンパンジーが一緒だったかもしれません
09:26
Charlesチャールズ Darwinダーウィン andそして I andそして you君は broke壊れた offオフ fromから theその family家族 tree
チャールズ・ダーウィンと私とあなたは
約500万年前に
09:29
fromから chimpanzeesチンパンジー about five million百万 years ago.
チンパンジーの系譜から離れました
09:32
They're彼らは stillまだ our我々の closest最も近い genetic遺伝的な kin親族.
でも まだ遺伝子上は
最も近いものです
09:34
We我々 shareシェア 98.8 percentパーセント of theその genes遺伝子.
98.8%の遺伝子は同じです
09:36
We我々 shareシェア moreもっと genes遺伝子 with〜と themそれら thanより zebrasシマウマ do行う with〜と horses.
シマウマと馬との間よりも
私たちは 遺伝子を共有していて
09:38
Andそして we're私たちは alsoまた、 their彼らの closest最も近い cousinいとこ.
チンパンジーの
最も近い従兄弟です
09:41
They彼ら have持ってる moreもっと genetic遺伝的な relation関係 to us米国 thanより to gorillasゴリラ.
チンパンジーは ゴリラよりも
私たちと遺伝子的関係が強いです
09:43
Soそう howどうやって humans人間 andそして chimpanzeesチンパンジー behave行動する differently異なって
ですから 人間とチンパンジーの行動の差を見れば
09:46
mightかもしれない telltell us米国 aa lotロット about brain evolution進化.
脳の進化について
多くのことが分かるかもしれないのです
09:48
Soそう thisこの is an amazing素晴らしい memory記憶 testテスト
これは 素晴らしい記憶テストで
09:51
fromから Nagoya名古屋, Japan日本, Primate霊長類 Research研究 Institute研究所,
日本の名古屋にある 霊長類研究所で行われたものです
09:53
whereどこで they've彼らは done完了 aa lotロット of thisこの research研究.
ここでは この種の研究が多く行われています
09:56
Thisこの goes行く backバック quiteかなり aa ways方法. They're彼らは interested興味がある in workingワーキング memory記憶.
これは かなり遡ります
彼らは 作業記憶に関心があります
09:58
Theその chimpチンパンジー is going行く to see見る, watch時計 carefully慎重に,
よく見ていてください
チンパンジーは
10:00
they're彼らは going行く to see見る 200 milliseconds'ミリ秒 exposure暴露
200 ミリ秒間だけ写し出される
1~5の数字を見ています
10:02
that'sそれは fast速い, that'sそれは eight8 movie映画 framesフレーム
200 ミリ秒間だけ写し出される
1~5の数字を見ています
10:04
of numbers数字 one1, two, three, four4つの, five.
映画のコマ8つ分だけの長さです
10:06
Then次に they彼ら disappear姿を消す andそして they're彼らは replaced置き換えられた by〜によって squares四角,
数字は消えて 四角に変わります
10:08
andそして they彼ら have持ってる to press押す theその squares四角
チンパンジーたちは―
10:10
thatそれ correspond対応する to theその numbers数字 fromから low低い to high高い
数の小さい順に
数字に対応した四角を押せば
10:12
to get取得する an apple林檎 reward褒賞.
リンゴのご褒美をもらえます
10:14
Let'sさあ see見る howどうやって they彼ら canできる do行う itそれ.
彼らがどうするか見てみましょう
10:15
Thisこの is aa young若い chimpチンパンジー. Theその young若い onesもの
こちらは 若いチンパンジーです
10:28
are betterより良い thanより theその old古い onesもの, justちょうど like好きな humans人間.
人間同様 年老いているより
若い方が上手です
10:29
Andそして they're彼らは highly高く experienced経験豊富な, soそう they've彼らは done完了 thisこの
彼らは 経験をかなり積んでいて
10:32
thousands andそして thousands of time時間.
何千回も これを行っています
10:34
Obviously明らかに there'sそこに aa big大きい trainingトレーニング effect効果, asとして you君は canできる imagine想像する.
ご想像の通り はっきりと
訓練の効果が見られます
10:35
(Laughter笑い)
(笑)
10:39
You君は canできる see見る they're彼らは very非常に blasブラスé andそして kind種類 of effortless楽に.
とても 無関心に
簡単そうにしていますね
10:41
Notない onlyのみ canできる they彼ら do行う itそれ very非常に wellよく, they彼ら do行う itそれ in aa sortソート of lazy怠惰な way方法.
彼らはうまいだけではなくて
言わば だらけた感じでやってのけます
10:43
Right? Who thinks考える you君は couldできた beatビート theその chimpsチンパンジー?
そうでしょう?
チンパンジーに勝てると思う人いますか?
10:47
Wrong違う. (Laughter笑い)
無理ですよ(笑)
10:50
We我々 canできる tryお試しください. We'll私たちは tryお試しください. Maybe多分 we'll私たちは tryお試しください.
試すことはできますね
まあ 頑張りましょう
10:52
Okayはい, soそう theその next part of thisこの study調査
さて この研究の次の部分は
10:54
I'm私は going行く to go行く quickly早く throughを通して
これから簡単に説明しますが
10:57
is basedベース on an ideaアイディア of Tetsuro鉄道 Matsuzawa松沢.
松沢哲郎氏のアイデアに基づいています
10:58
He had持っていました aa bold大胆な ideaアイディア thatそれ --- what he calledと呼ばれる theその cognitive認知 trade-offトレード・オフ hypothesis仮説.
彼は大胆な発想で
「知性のトレードオフ仮説」を立てました
11:01
We我々 know知っている chimpsチンパンジー are fasterもっと早く andそして strongerより強く.
チンパンジーは 素早く力強いですが
11:04
They're彼らは alsoまた、 very非常に obsessed執拗な with〜と status状態.
地位に関しても
強い執着心があります
11:05
His thought思想 wasあった, maybe多分 they've彼らは preserved保存された brain activitiesアクティビティ
松沢氏が考えたのは
チンパンジーは脳の活動を温存し
11:07
andそして they彼ら practice練習 themそれら in development開発
それを彼らにとって最重要である
11:10
thatそれ are really本当に, really本当に important重要 to themそれら
地位を 交渉して勝ち取るために
11:12
to negotiate交渉する status状態 andそして to win勝つ,
使っているのではないかということです
11:14
whichどの is something何か like好きな strategic戦略的 thinking考え during competitionコンペ.
それは 競争における
戦略的思考のようなものです
11:16
Soそう we're私たちは going行く to checkチェック thatそれ outでる
ここで チンパンジーに
11:19
by〜によって having持つ theその chimpsチンパンジー actually実際に play遊びます aa gameゲーム
2つのタッチスクリーンを触るゲームをさせて
11:21
by〜によって touching触れる two touchタッチ screensスクリーン.
確認してみましょう
11:23
Theその chimpsチンパンジー are actually実際に interacting相互作用する with〜と each otherその他 throughを通して theその computersコンピュータ.
彼らは コンピュータを介して
作用し合っていて
11:26
They're彼らは going行く to press押す left orまたは right.
スクリーンの左か右側を押します
11:28
One1 chimpチンパンジー is calledと呼ばれる aa matcherマッチャー.
一方のチンパンジーは「一致狙い」で
11:30
They彼ら win勝つ ifif they彼ら press押す left, left,
両方が左 または 右を押せば 勝ちです
11:32
like好きな aa seekerシーカー finding所見 someone誰か in hide-and-seekかくれんぼ, orまたは right, right.
かくれんぼで 鬼が誰かを探す感じです
11:34
Theその mismatcherミスマッチャー wants望む to mismatchミスマッチ.
もう一方は「不一致狙い」で
11:37
They彼ら want欲しいです to press押す theその opposite反対の screen画面 of theその chimpチンパンジー.
相手と反対側のスクリーンを
押すと勝ちです
11:38
Andそして theその rewards報酬 are apple林檎 cube立方体 rewards報酬.
ご褒美は 角切りのりんご
11:41
Soそう here'sここにいる howどうやって gameゲーム theorists理論家 look見える at〜で theseこれら dataデータ.
ゲーム理論者は
このデータをこう見ます
11:44
Thisこの is aa graphグラフ of theその percentageパーセンテージ of times
このグラフでは X軸に
11:47
theその matcherマッチャー picked選んだ right on theその x-axisx軸,
「一致狙い」のチンパンジーが右を選んだ割合を
11:48
andそして theその percentageパーセンテージ of times they彼ら predicted予測された right
Y軸には「不一致狙い」の相手が
11:51
by〜によって theその mismatcherミスマッチャー on theその y-axisy軸.
右を選ぶことを正しく予測した割合を
表しています
11:52
Soそう aa pointポイント hereここに is theその behavior動作 by〜によって aa pairペア of players選手,
ゲームの要は プレーヤーの片方は一致を
11:55
one1 trying試す to match一致, one1 trying試す to mismatchミスマッチ.
もう片方は不一致を狙っているということです
11:58
Theその NE square平方 in theその middle中間 --- actually実際に NE, CHch andそして QREqre ---
NE・CH・QREで記されている
中央の四角は
12:01
thoseそれら are three different異なる theories理論 of Nashナッシュ equilibrium平衡, andそして othersその他,
ナッシュ均衡およびその他の理論が
12:04
tells伝える you君は what theその theory理論 predicts予測する,
予測する地点を示しています
12:06
whichどの is thatそれ they彼ら should〜すべき match一致 50--50,
50-50となるべきということです
12:09
becauseなぜなら ifif you君は play遊びます left tooあまりにも muchたくさん, forために example,
例えば 相手が左ばかりを押していれば
12:11
I canできる exploit悪用する thatそれ ifif I'm私は theその mismatcherミスマッチャー by〜によって then次に playing遊ぶ right.
「不一致狙い」は 右を押すことで
勝てるからです
12:13
Andそして asとして you君は canできる see見る, theその chimpsチンパンジー, each chimpチンパンジー is one1 triangle三角形,
各チンパンジーを三角で表していますが
12:16
are circled丸で囲まれた aroundまわり, hoveringホバリング aroundまわり thatそれ prediction予測.
ご覧の通りみな予測された周辺にいますね
12:19
Now we我々 move動く theその payoffs報酬.
次に 報酬を変えてみます
12:22
We're私たちは actually実際に going行く to make作る theその left, left payoff精算 forために theその matcherマッチャー aa little少し bitビット higher高い.
「一致狙い」が左を押したときの
報酬を多くして
12:24
Now they彼ら get取得する three apple林檎 cubesキューブ.
角切りリンゴを3個にします
12:28
Gameゲーム theoretically理論的に, thatそれ should〜すべき actually実際に make作る theその mismatcher'sミスマッチャーズ behavior動作 shiftシフト,
ゲーム理論上 「不一致狙い」の行動は
変化するはずです
12:29
becauseなぜなら what happens起こる is, theその mismatcherミスマッチャー will意志 think思う,
「不一致狙い」はこう考えるからです
12:32
ohああ, thisこの guy's男の going行く to go行く forために theその big大きい reward褒賞,
「相手は報酬が多い方にかけるだろう
12:34
andそして soそう I'm私は going行く to go行く to theその right, make作る sure確かに he doesn'tしない get取得する itそれ.
自分は右にして
報酬が与えられないようにしよう」
12:35
Andそして asとして you君は canできる see見る, their彼らの behavior動作 moves動き upアップ
ご覧のとおり 行動は ナッシュ均衡により
12:38
in theその direction方向 of thisこの change変化する in theその Nashナッシュ equilibrium平衡.
この変化の方向に上昇します
12:40
Finally最後に, we我々 changedかわった theその payoffs報酬 one1 moreもっと time時間.
最後に もう1回 報酬を変えます
12:44
Now it'sそれは four4つの apple林檎 cubesキューブ,
角切りリンゴ4個にします
12:46
andそして their彼らの behavior動作 again再び moves動き towards方向 theその Nashナッシュ equilibrium平衡.
彼らの行動は
再び ナッシュ均衡に近づきます
12:47
It'sそれは sprinkled振りかける aroundまわり, butだけど ifif you君は average平均 theその chimpsチンパンジー outでる,
点在はしていますが 平均すれば
12:49
they're彼らは really本当に, really本当に close閉じる, within以内 .01.
.01以内で かなり近づいています
12:51
They're彼らは actually実際に closerクローザー thanより anyどれか species we've私たちは observed観察された.
私たちが観察した どんな種よりも近いです
12:53
What about humans人間? You君は think思う you'reあなたは smarterスマートな thanより aa chimpanzeeチンパンジー?
人間はどうでしょう?
チンパンジーよりも賢いでしょうか?
12:57
Here'sここにいる two human人間 groupsグループ in green andそして blue.
ここに 緑と青で示した
二つの人間の集団があります
13:00
They're彼らは closerクローザー to 50--50. They're彼らは notない responding応答する to payoffs報酬 asとして closely密接に,
50-50に近くなっています
報酬へはさほど反応しておらず
13:03
andそして alsoまた、 ifif you君は study調査 their彼らの learning学習 in theその gameゲーム,
ゲームでの学習を考えれば
13:07
they彼ら aren'tない asとして sensitive敏感な to previous rewards報酬.
前の報酬ほど 敏感ではありません
13:09
Theその chimpsチンパンジー are playing遊ぶ betterより良い thanより theその humans人間,
ゲーム理論に忠実という意味では
13:11
betterより良い in theその senseセンス of adhering付着する to gameゲーム theory理論.
チンパンジーは人間よりもプレイが上手です
13:12
Andそして theseこれら are two different異なる groupsグループ of humans人間
これは 日本とアフリカ出身の―
13:14
fromから Japan日本 andそして Africaアフリカ. They彼ら replicate複製する quiteかなり nicelyきれいに.
人間の二つのグループのデータですが
結果はどちらも類似していて
13:16
Noneなし of themそれら are close閉じる to whereどこで theその chimpsチンパンジー are.
いずれも チンパンジーには程遠いのです
13:19
Soそう hereここに are some一部 thingsもの we我々 learned学んだ today今日.
今日学んだことを振り返ってみましょう
13:22
People seem思われる to do行う aa limited限られた amount of strategic戦略的 thinking考え
人間は 限られた範囲でしか―
13:24
usingを使用して theory理論 of mindマインド.
心の理論を使って戦略的思考をしていません
13:26
We我々 have持ってる some一部 preliminary予備的な evidence証拠 fromから bargaining交渉
交渉の実験の暫定的な結果ではありますが
13:28
thatそれ early早い warning警告 signs兆候 in theその brain mightかもしれない be〜する used中古 to predict予測する
脳が発する早期警告を使えば
13:30
whetherかどうか thereそこ will意志 be〜する aa bad悪い disagreement不一致 thatそれ costsコスト moneyお金,
損に繋がる悪い不同意が予想でき
13:32
andそして chimpsチンパンジー are betterより良い competitors競合他社 thanより humans人間,
そして ゲーム理論によって判断すると
13:34
asとして judged判断した by〜によって gameゲーム theory理論.
チンパンジーは 人間よりも
ゲームに長けているのです
13:36
Thank感謝 you君は.
ありがとうございました
13:39
(Applause拍手)
(拍手)
13:41
Translated by Yuko Yoshida
Reviewed by Shuichi Sakai

▲Back to top

About the speaker:

Colin Camerer - Behavioral economist
Colin Camerer is a leading behavioral economist who studies the psychological and neural bases of choice and strategic decision-making.

Why you should listen

Colin Camerer focuses on brain behavior during decision making, strategizing and market trading. He is the Robert Kirby Professor of Behavioral Finance and Economics at the California Institute of Technology. A child prodigy in his youth, Camerer received a B.A. in quantitative studies from Johns Hopkins when he was just 17 and a PhD in decision theory from the University of Chicago Graduate School of Business when he was 22. Camerer's research departs from previous theory in that it does not assume the mind to be a rational and perfect system, but rather focuses on the limitations of everyday people when they play actual games, and seeks to predict how they will behave in situations that involve strategy. His studies focus on neurological findings from economic experiments in the lab (on humans -- and monkeys!) Camerer is the author of Behavioral Game Theory.

More profile about the speaker
Colin Camerer | Speaker | TED.com