English-Video.net comment policy

The comment field is common to all languages

Let's write in your language and use "Google Translate" together

Please refer to informative community guidelines on TED.com

TED2014

Chris Hadfield: What I learned from going blind in space

クリス・ハドフィールド: 宇宙で目が見えなくなり学んだ事は

Filmed
Views 4,930,164

宇宙飛行士の間ではこんな言い回しがあります。「どんなひどい問題でも それ以上悪化しないとは言い切れない。」では危険で恐ろしい状況の複雑さやプレッシャーを、どう切り抜ければ良いのでしょう? 退役したクリス・ハドフィールド大佐が宇宙での(そして人生での)最悪の状況への備え方を分かりやすく説明します—それはクモの巣に意図的に突っ込むことから始まるのです。最後にはすてきなギター演奏も披露します。

- Astronaut
Tweeting (and covering Bowie) from the International Space Station last year, Colonel Chris Hadfield reminded the world how much we love space. Full bio

What's何ですか theその scariest恐るべき thingもの you'veあなたは everこれまで done完了?
皆さんがが今までにした
最も怖ろしいことは?
00:12
Orまたは another別の way方法 to sayいう itそれ is,
言い変えれば
00:17
what's何ですか theその most最も dangerous危険な
thingもの thatそれ you'veあなたは everこれまで done完了?
今までにした
最も危険なことは何でしょう?
00:20
Andそして whyなぜ didした you君は do行う itそれ?
そして なぜ
そんな事をしたのでしょう?
00:24
I know知っている what theその most最も dangerous危険な thingもの is
私は自分のした一番危険な事が
00:28
thatそれ I've私は everこれまで done完了
何だか知っています
00:30
becauseなぜなら NASAナサ doesする theその math数学.
NASAが計算していますからね
00:31
You君は look見える backバック to theその first最初 five shuttleシャトル launches打ち上げ,
最初の5回のシャトル打ち上げの頃
00:33
theその oddsオッズ of aa catastrophic壊滅的な eventイベント
大惨事が起こる確率は
00:35
during theその first最初 five shuttleシャトル launches打ち上げ
最初の5回の打ち上げでは
00:38
wasあった one1 in nine9人.
9分の1でした
00:40
Andそして even偶数 whenいつ I first最初 flew飛んだ in theその shuttleシャトル
私がシャトルに乗った頃
00:42
backバック in 1995, 74 shuttleシャトル flightフライト,
1995年 74回目の飛行でも
00:44
theその oddsオッズ wereあった stillまだ now thatそれ we我々 look見える backバック
振り返ってみると 確率は
00:47
about one1 in 38 orまたは soそう --- one1 in 35, one1 in 40.
38分の1や 35分の1か 40分の1
00:49
Notない greatすばらしいです oddsオッズ, soそう it'sそれは aa really本当に interesting面白い day
分が良いとは言えません
それで面白い一日になります
00:55
whenいつ you君は wake目覚め upアップ at〜で theその Kennedyケネディ Spaceスペース Centerセンター
ケネディ宇宙センターで目覚め
00:57
andそして you'reあなたは going行く to go行く to spaceスペース thatそれ day
いよいよ宇宙に出発する日ですが
01:00
becauseなぜなら you君は realize実現する by〜によって theその end終わり of theその day
この日の終わりには
01:02
you'reあなたは eitherどちらか going行く to be〜する floatingフローティング
effortlessly簡単に, gloriously輝かしい in spaceスペース,
フワフワと優雅に
宇宙に浮かんでいるか
01:04
orまたは you'llあなたは be〜する deadデッド.
死んでしまうか どちらかだと気付くからです
01:07
You君は go行く into, at〜で theその Kennedyケネディ Spaceスペース Centerセンター,
ケネディ宇宙センターで
01:10
theその suit-upスーツアップ roomルーム,
宇宙服を装着する部屋に入ります
01:14
theその same同じ roomルーム thatそれ our我々の childhood子供時代 heroesヒーロー
子ども時代のヒーロー達が
宇宙服を着たのと
01:16
got持っている dressed服を着た in,
同じ部屋です
01:20
thatそれ Neilニール Armstrongアームストロング andそして Buzzバズ Aldrinアルドリン got持っている suited適した in
あのニール・アームストロングや
バズ・オルドリンも
01:21
to go行く rideライド theその Apolloアポロ rocketロケット to theその moon.
ここで月を目指してアポロに乗る
準備をしたのです
01:24
Andそして I got持っている myじぶんの pressure圧力 suitスーツ built建てられた aroundまわり me
そこで与圧服を装着してもらい
01:26
andそして rode乗った downダウン outside外側 in theその vanバン
バンに乗り込み
01:30
heading見出し outでる to theその launchpad発射台 ---
発射台へ向います
01:34
in theその Astroアストロ vanバン --- heading見出し outでる to theその launchpad発射台,
この「アストロバン」で発射台に向かい
01:35
andそして asとして you君は come来る aroundまわり theその cornerコーナー
ケネディ宇宙センターの
01:38
at〜で theその Kennedyケネディ Spaceスペース Centerセンター,
敷地内を進んで角を曲がると
01:40
it'sそれは normally通常は predawn未来, andそして in theその distance距離,
通常 夜明け前なのですが
遠くに
01:42
lit点灯 upアップ by〜によって theその huge巨大 xenonキセノン lightsライト,
巨大なキセノンライトに照らされている
01:46
is yourきみの spaceship宇宙船 ---
スペースシャトルが見えて来ます --
01:49
theその vehicle車両 thatそれ is going行く to take取る you君は offオフ theその planet惑星.
私を地球から打ち上げる乗り物です
01:52
Theその crewクルー is sitting座っている in theその Astroアストロ vanバン
クルーはアストロバンの中で
01:56
sortソート of hushed急ぐ, almostほぼ holdingホールディング hands,
息をひそめ
互いの手を握るかのようにして
01:59
looking探している at〜で thatそれ asとして itそれ gets取得 biggerより大きい andそして biggerより大きい.
それが段々と大きくなって来るのを 見ています
02:01
We我々 rideライド theその elevatorエレベーター upアップ
そして エレベーターでタワーを上がり
02:03
andそして we我々 crawlクロール in, on yourきみの hands andそして knees
膝をついて這って 1人づつ
02:06
into theその spaceship宇宙船, one1 at〜で aa time時間,
宇宙船に乗り込みます
02:08
andそして you君は wormワーム yourきみの way方法 upアップ
芋虫のように這って上り
02:10
into yourきみの chair椅子 andそして plunk大声で yourselfあなた自身 downダウン
自分の座席に仰向けに
02:11
on yourきみの backバック.
どさっと沈み込みます
02:14
Andそして theその hatchハッチ is closed閉まっている,
ハッチが閉まると
02:16
andそして suddenly突然,
突然
02:20
what has持っている beenされている aa lifetime一生 of bothどちらも dreams andそして denial拒否
生涯の夢であり
同時に叶いそうも無かったはずの夢が
02:22
is becoming〜になる realリアル,
現実になるのです
02:27
something何か thatそれ I dreamed夢見る about,
私が夢見たもの
02:28
in fact事実, thatそれ I chose選択した to do行う whenいつ I wasあった nine9人 years old古い,
私が9才の頃に心に決めた夢が
02:29
is now suddenly突然 within以内 notない tooあまりにも manyたくさんの minutes
突然 間もなく
02:32
of actually実際に happeningハプニング.
現実になろうとしています
02:35
In theその astronaut宇宙飛行士 businessビジネス ---
宇宙飛行士の世界では --
02:37
theその shuttleシャトル is aa very非常に complicated複雑な vehicle車両;
シャトルは非常に複雑な乗り物です
02:40
it'sそれは theその most最も complicated複雑な flying飛行 machine機械 everこれまで built建てられた.
史上 最も複雑な航空機なのです
02:42
Andそして in theその astronaut宇宙飛行士 businessビジネス,
we我々 have持ってる aa saying言って, whichどの is,
宇宙飛行士の間では
こう言われています
02:46
thereそこ is noいいえ problem問題 soそう bad悪い
どんなひどい問題でも
02:49
thatそれ you君は can'tできない make作る itそれ worse悪化する.
さらに悪化することがあり得る
02:51
(Laughter笑い)
(笑)
02:53
Andそして soそう you'reあなたは very非常に conscious意識的な in theその cockpitコックピット;
ですからコックピットの中では
神経を張りつめています
02:55
you'reあなたは thinking考え about allすべて of theその thingsもの
これからやらなければならない
02:58
thatそれ you君は mightかもしれない have持ってる to do行う,
であろうことを考え
02:59
allすべて theその switchesスイッチ andそして allすべて theその
wicketsウィッケット you君は have持ってる to go行く throughを通して.
スイッチなどを1つ1つ点検します
03:00
Andそして asとして theその time時間 gets取得 closerクローザー andそして closerクローザー,
その時が刻一刻と近づいて来ると
03:03
thisこの excitement興奮 is building建物.
興奮が高まって来ます
03:05
Andそして then次に about three andそして aa
halfハーフ minutes before launch打ち上げ,
打ち上げの3分半前頃になると
03:06
theその huge巨大 nozzlesノズル on theその backバック,
教会の大きな鐘ほどもある
03:09
like好きな theその sizeサイズ of big大きい church教会 bells,
背面の大きなノズルが
03:10
swingスイング backバック andそして forth前進
前後に揺れ
03:12
andそして theその mass質量 of themそれら is suchそのような
あまりにもそれが巨大なので
03:13
thatそれ itそれ sways揺れる theその whole全体 vehicle車両,
機体全体が揺れるのです
03:15
like好きな theその vehicle車両 is alive生きている underneath下の you君は,
あたかも機体があなたの下でうごめいて
03:16
like好きな an elephant getting取得 upアップ
offオフ itsその knees orまたは something何か.
象が立ち上がろうとでも
するかのように揺れ動きます
03:19
Andそして then次に about 30 seconds before launch打ち上げ,
打ち上げの30秒前になると
03:23
theその vehicle車両 is completely完全に alive生きている ---
機体は完全に活気づき
03:25
itそれ is ready準備完了 to go行く ---
飛び立つ準備が整います
03:27
theその APUsアパス are runningランニング,
補助動力装置にスイッチが入り
03:28
theその computersコンピュータ are allすべて self-contained自己完結型,
コンピューターは
独立して機能し始め
03:29
it'sそれは ready準備完了 to leave離れる theその planet惑星.
地球を離れる用意が整います
03:31
Andそして 15 seconds before launch打ち上げ, thisこの happens起こる:
打ち上げ15秒前になると
これが始まります
03:33
(Videoビデオ) Voice音声: 12, 11, 10,
(ビデオ)声:12、11、10
03:36
nine9人, eight8, sevenセブン, six6 ---
9、8、7、6 --
03:40
(Spaceスペース shuttleシャトル preparing準備 forために takeoff離陸)
(スペースシャトルがテイクオフのスタンバイ)
03:44
--- start開始, two, one1,
-- スタート 2、1
03:47
boosterブースター ignition点火, andそして liftoff降ろす of
theその spaceスペース shuttleシャトル Discovery発見,
ブースターが点火しました
スペースシャトル ディスカバリー号のリフトオフです
03:50
returning返す to theその spaceスペース station, paving舗装 theその way方法 ...
再びスペースステーションに向けて
飛び立ちました
03:54
(Spaceスペース shuttleシャトル taking取る offオフ)
(スペースシャトルが発射される)
03:58
Chrisクリス Hadfieldハドフィールド: Itそれ is incredibly信じられないほど powerful強力な
この時 機内にいるというのは
04:11
to be〜する on boardボード one1 of theseこれら thingsもの.
信じ難い程パワフルな体験です
04:13
You君は are in theその gripグリップ of something何か
まるで自分より遥かに力強い何かの
04:15
thatそれ is vastly大いに moreもっと powerful強力な thanより yourselfあなた自身.
手中に自分があるかのように感じます
04:17
It'sそれは shaking振る you君は soそう hardハード you君は can'tできない focusフォーカス
揺れが激しいあまりに
04:19
on theその instruments楽器 in frontフロント of you君は.
目の前の計器がぶれて見えます
04:22
It'sそれは like好きな you'reあなたは in theその jaws of some一部 enormous巨大な dog
まるで巨大な犬にくわえられ
04:23
andそして there'sそこに aa foot in theその small小さい of yourきみの backバック
その足に背中を押されて
04:26
pushing押して you君は into spaceスペース,
宇宙へ押し出されるかのようです
04:29
accelerating加速する wildly激しく straightまっすぐ upアップ,
まっすぐ上に向かって加速し
04:30
shoulderingショッキング yourきみの way方法 throughを通して theその air空気,
ぐんぐん 風を押しのけ
進んでいきます
04:32
andそして you'reあなたは in aa very非常に complex複合体 place場所 ---
その複雑な状況で
04:34
paying払う attention注意, watching見ている theその vehicle車両
注意を払い シャトルが
04:36
go行く throughを通して each one1 of itsその wicketsウィッケット
関門を一つ一つクリアするに従い
04:38
with〜と aa steadily着実に increasing増加する smileスマイル on yourきみの face.
徐々に笑顔が湧いて来ます
04:40
After two minutes, thoseそれら solid固体 rocketsロケット explode爆発する offオフ
2分後には
固体燃料ロケットが切り離され
04:42
andそして then次に you君は justちょうど have持ってる theその liquid液体 enginesエンジン,
液体燃料エンジンのみとなります
04:46
theその hydrogen水素 andそして oxygen酸素,
水素と酸素です
04:48
andそして it'sそれは asとして ifif you'reあなたは in aa dragsterドラッグスター
すると レーシングカーに乗って
04:49
with〜と yourきみの foot to theその floor
アクセルを思いっきり踏み込んだような
04:51
andそして accelerating加速する like好きな you'veあなたは never決して accelerated加速された.
今までに経験のない
ものすごい力で加速します
04:53
You君は get取得する lighterライター andそして lighterライター,
体重はどんどん軽くなるのに
04:55
theその force gets取得 on us米国 heavier重い andそして heavier重い.
体にかかる力は
どんどん重くなります
04:56
Itそれ feels感じる like好きな
まるで誰かに
04:59
someone's誰かの pouring注ぐ cementセメント on you君は orまたは something何か.
セメントをかけられているような
感覚です
05:00
Until〜まで finally最後に,
そして最終的に
05:02
after about eight8 minutes andそして 40 seconds orまたは soそう,
8分40秒程が過ぎると
05:04
we我々 are finally最後に at〜で exactly正確に theその right altitude高度,
ついに目指した正確な高度に
辿り着きます
05:06
exactly正確に theその right speed速度,
完璧なスピード
05:08
theその right direction方向, theその engineエンジン shutシャット offオフ,
正確な方向
そこでエンジンが止まり
05:10
andそして we're私たちは weightless無重力.
無重力状態になります
05:14
Andそして we're私たちは alive生きている.
そして 私達はちゃんと生きています
05:16
It'sそれは an amazing素晴らしい experience経験.
本当に素晴らしい体験です
05:19
Butだけど whyなぜ would〜する we我々 take取る thatそれ riskリスク?
でも 何故こんなリスクを取るのでしょう?
05:20
Whyなぜ would〜する you君は do行う something何か thatそれ dangerous危険な?
何故あれほどまで危険な事を?
05:23
In myじぶんの case場合 theその answer回答 is fairlyかなり straightforward簡単.
私の場合 応えは至極単純です
05:27
I wasあった inspiredインスピレーションを受けた asとして aa youngster若者
私は子供の頃 宇宙飛行士になりたいと
05:29
thatそれ thisこの wasあった what I wanted欲しい to do行う.
思うようになったのです
05:32
I watched見た theその first最初 people walk歩く on theその moon
人類が初めて月面を歩くのを見て
05:34
andそして to me, itそれ wasあった justちょうど an obvious明らか thingもの ---
私は当然のように
05:36
I want欲しいです to somehow何とか turn順番 myself私自身 into thatそれ.
何とかして
ああなりたいと思ったのです
05:38
Butだけど theその realリアル question質問 is,
しかし本当の問いは
05:41
howどうやって do行う you君は deal対処 with〜と theその danger危険 of itそれ
どのように 危険や
05:42
andそして theその fear恐れ thatそれ comes来る fromから itそれ?
それに伴う恐れを克服するか?ということです
05:45
Howどうやって do行う you君は deal対処 with〜と fear恐れ versus danger危険?
恐れと危険は それぞれ
どう乗り越えればいいのでしょう
05:47
Andそして having持つ theその goalゴール in mindマインド,
thinking考え about whereどこで itそれ mightかもしれない lead,
目標を持ち それが何につながるか
考えることで
05:51
directed指示された me to aa life生活 of
私は常に物事の詳細を
05:54
looking探している at〜で allすべて of theその small小さい details詳細 to allow許す
見極めるようになり
05:56
thisこの to become〜になる possible可能,
この夢が実現できたのです
05:59
to be〜する ableできる to launch打ち上げ andそして go行く
help助けて buildビルドする aa spaceスペース station
宇宙ステーション建設の
支援のために飛び立ち
06:01
whereどこで you君は are on boardボード aa million-pound百万ポンド creation創造
この500トンもの建造物に住み
06:04
that'sそれは going行く aroundまわり theその world世界 at〜で five milesマイル aa second二番,
地球の周りを
秒速5マイル
06:06
eight8 kilometersキロメートル aa second二番,
秒速8キロで
06:09
aroundまわり theその world世界 16 times aa day,
1日に16回も周りながら
06:10
with〜と experiments実験 on boardボード thatそれ are teaching教える us米国
世界がどのような物質で成り立っているかを
06:13
what theその substance物質 of theその universe宇宙 is made of
学ぶ手がかりになる様々な実験を行い
06:17
andそして runningランニング 200 experiments実験 inside内部.
船内で200もの実験を行ないます
06:19
Butだけど maybe多分 even偶数 moreもっと importantly重要なこと,
でもさらに大切なのは
06:22
allowing許す us米国 to see見る theその world世界 in aa way方法
他の方法では決して
見ることはできない 新たな視点で
06:23
thatそれ is impossible不可能 throughを通して anyどれか otherその他 means手段,
世界を眺めることが出来ることです
06:27
to be〜する ableできる to look見える downダウン
目の下に広がるのは
06:30
andそして have持ってる --- ifif yourきみの jaw couldできた dropドロップ, itそれ would〜する ---
重力さえあれば
開いた口がふさがらない程
06:31
theその jaw-dropping顎を落とす gorgeousness豪華 of theその turning旋回 orbオーブ
回転する天体の呆然とするような華麗さは
06:35
like好きな aa self-propelled自己推進 artアート galleryギャラリー of fantastic素晴らしい,
動くアートギャラリーのように幻想的で
06:39
constantly常に changing変化 beauty美しさ thatそれ is theその world世界 itself自体.
常に変化する美しい
「世界」そのものなのです
06:43
Andそして you君は see見る, becauseなぜなら of theその speed速度,
また このスピードでは
06:47
aa sunrise日の出 orまたは aa sunset日没 everyすべて 45 minutes
日の出や日の入りが45秒毎に起こり
06:49
forために halfハーフ aa year.
それを半年経験します
06:52
Andそして theその most最も magnificent壮大 part of allすべて thatそれ
そして 最も壮大な経験は
06:56
is to go行く outside外側 on aa spacewalk宇宙飛行.
船外でのスペースウォークです
06:58
You君は are in aa one-person一人 spaceship宇宙船
1人乗りの宇宙船ともいえる
07:01
thatそれ is yourきみの spacesuit宇宙服,
宇宙服を着て
07:06
andそして you'reあなたは going行く throughを通して spaceスペース with〜と theその world世界.
地球と共に宇宙を漂います
07:08
It'sそれは an entirely完全に different異なる perspective視点,
それは全く新しい視点です
07:12
you'reあなたは notない looking探している upアップ at〜で theその universe宇宙,
宇宙を見上げるのではなく
07:13
you君は andそして theその Earth地球 are going行く
throughを通して theその universe宇宙 together一緒に.
地球と共に宇宙空間を漂って行くのです
07:15
Andそして you'reあなたは holdingホールディング on with〜と one1 handハンド,
片手でつかまりながら
07:18
looking探している at〜で theその world世界 turn順番 beside you君は.
すぐ隣で世界が回転するのを見つめます
07:20
It'sそれは roaring轟音 silently黙って
音もなく 回りながら
07:22
with〜と color andそして textureテクスチャ asとして itそれ pours注ぐ by〜によって
色彩とテクスチャーが溢れ
07:26
mesmerizingly魅惑的に next to you君は.
目の前を流れるのに見入ります
07:29
Andそして ifif you君は canできる tear yourきみの eyes away離れて fromから thatそれ
その光景から目をそらせたら
07:31
andそして you君は look見える under yourきみの arm
腕の下から覗いて
07:33
downダウン at〜で theその rest残り of everythingすべて,
他の全てに目を向けてみると
07:35
it'sそれは unfathomable理解できない blackness黒さ,
手をそこに沈める事が 出来るかのような奥行きと
07:37
with〜と aa textureテクスチャ you君は feel感じる like好きな you君は
couldできた stickスティック yourきみの handハンド into.
深淵な質感を持った 暗闇が広がっています
07:42
andそして you君は are holdingホールディング on with〜と one1 handハンド,
そんな所で捕まっている片手は
07:45
one1 linkリンク to theその otherその他 sevenセブン billion people.
70億の人々と繫がる命綱なのです
07:48
Andそして I wasあった outside外側 on myじぶんの first最初 spacewalk宇宙飛行
私の左目が突然見えなくなったとき
07:50
whenいつ myじぶんの left eye went行った blindブラインド,
人生初のスペースウォーク中でした
07:52
andそして I didn'tしなかった know知っている whyなぜ.
原因もわからず
07:56
Suddenly突然 myじぶんの left eye slammedスラム shutシャット
急に左目に激しい痛みを感じ
07:58
in greatすばらしいです pain痛み
片目が開かなくなりました
08:00
andそして I couldn'tできなかった figure数字 outでる whyなぜ myじぶんの eye wasn'tなかった workingワーキング.
何故目が見えないのか分からず
08:01
I wasあった thinking考え, what do行う I do行う next?
どうしたものか?と思いましたが
08:05
I thought思想, wellよく maybe多分 that'sそれは whyなぜ we我々 have持ってる two eyes,
目が2つあって良かった と考え
08:06
soそう I kept保管 workingワーキング.
作業を続けました
08:08
Butだけど unfortunately残念ながら, withoutなし gravity重力,
でも不運なことに 無重力状態では
08:10
tears don'tしない fall.
涙は落下しないので
08:13
Soそう you君は justちょうど get取得する aa biggerより大きい andそして
biggerより大きい ball of whateverなんでも thatそれ is
目に入った謎の物質は涙と合わさって
08:15
mixed混合 with〜と yourきみの tears on yourきみの eye
どんどん大きな球体になり
08:18
until〜まで eventually最終的に, theその ball becomes〜になる soそう big大きい
その球体は大きくなりすぎて
08:20
thatそれ theその surface表面 tensionテンション takesテイク itそれ
across横断する theその bridgeブリッジ of yourきみの nose
表面張力によって鼻柱を横切り
08:22
like好きな aa tiny小さな little少し waterfall
小さな滝のように
08:25
andそして goes行く "gooshgoosh" into yourきみの otherその他 eye,
もう1つの目に「グシャッ」と入り
08:27
andそして now I wasあった completely完全に blindブラインド
さあ 私はいよいよ完全に視界を失いました
08:29
outside外側 theその spaceship宇宙船.
宇宙遊泳中にです
08:32
Soそう what's何ですか theその scariest恐るべき thingもの you'veあなたは everこれまで done完了?
さあ皆さんの
最も恐ろしい経験は何ですか?
08:35
(Laughter笑い)
(笑)
08:38
Maybe多分 it'sそれは spidersクモ.
クモかも知れませんね
08:42
Aa lotロット of people are afraid恐れ of spidersクモ.
クモを恐れる人はたくさんいます
08:43
I think思う you君は should〜すべき be〜する afraid恐れ of spidersクモ ---
クモは怖くて当然です
08:45
spidersクモ are creepy気味悪い andそして they've彼らは got持っている long長いです, hairy毛深い legs,
気味が悪いし
長い脚には たくさん毛が生えています
08:46
andそして spidersクモ like好きな thisこの one1, theその brown褐色 recluse世捨て人 ---
このクモは ドクイトグモですが
08:49
it'sそれは horrible恐ろしい. Ifif aa brown褐色 recluse世捨て人 bites噛む you君は,
ひどいものです
もしこれに噛まれたら
08:52
you君は end終わり with〜と one1 of theseこれら
horrible恐ろしい, big大きい necrotic壊死 thingsもの
脚の組織がこのように広範囲で
08:55
on yourきみの leg
壊死してしまいます
08:56
andそして thereそこ mightかもしれない be〜する one1 right now
今でもあなたの椅子の後ろに
08:57
sitting座っている on theその chair椅子 behind後ろに you君は, in fact事実.
隠れているかもしれませんね
08:59
Andそして howどうやって do行う you君は know知っている?
わかりませんよ
09:02
Andそして soそう aa spiderクモ lands土地 on you君は,
だから クモが落ちて来たら
09:03
andそして you君は go行く throughを通して thisこの greatすばらしいです, spasmyスパイスミー attack攻撃
体が反射的にビクッとします
09:04
becauseなぜなら spidersクモ are scary怖い.
クモは怖いからです
09:06
Butだけど then次に you君は couldできた sayいう, wellよく
is thereそこ aa brown褐色 recluse世捨て人
でも こう考えることも可能です
ドクイトグモが
09:08
sitting座っている on theその chair椅子 beside me orまたは notない?
隣の席にいたりするだろうか?
09:10
I don'tしない know知っている. Are thereそこ brown褐色 reclusesrecluses hereここに?
この辺りに
生息しているんだろうか?
09:12
Soそう ifif you君は actually実際に do行う theその research研究, you君は find見つける outでる thatそれ
実際に調べてみると
09:14
in theその world世界 thereそこ are about
50,000 different異なる typesタイプ of spidersクモ,
世界には
およそ5万種のクモが生息し
09:17
andそして thereそこ are about two dozenダース thatそれ are venomous有毒な
そのうち毒を持つのは
24種ほどだとわかります
09:20
outでる of 50,000.
5万種のうち それだけです
09:22
Andそして ifif you'reあなたは in Canadaカナダ, becauseなぜなら of theその coldコールド winters
カナダの冬は寒いので
09:24
hereここに in Bb.Cc., there'sそこに about 720,
730 different異なる typesタイプ of spidersクモ
ここプリティッシュ・コロンビアには
720から730種のクモしかいません
09:26
andそして there'sそこに one1 --- one1 ---
そのうちのたった1種 -- 1種だけが
09:30
thatそれ is venomous有毒な,
毒グモなんです
09:32
andそして itsその venom isn'tない even偶数 fatal致命的な,
しかも その毒では死なず せいぜい
09:33
it'sそれは justちょうど kind種類 of like好きな aa nasty不快な sting刺す.
虫刺されの ひどいものくらいです
09:35
Andそして thatそれ spiderクモ --- notない onlyのみ thatそれ,
その上 そのクモには
09:37
butだけど thatそれ spiderクモ has持っている beautiful綺麗な markingsマーキング on itそれ,
はっきりした目印が付いているのです
09:39
it'sそれは like好きな "I'm私は dangerous危険な. I got持っている aa big大きい radiation放射線
symbolシンボル on myじぶんの backバック, it'sそれは theその black widow未亡人."
「危険よ 背中の放射能マークを見て
私は毒グモよ」と言っているかのようです
09:42
Soそう, ifif you'reあなたは even偶数 slightly少し careful慎重に
ですから 少しさえ気をつければ
09:46
you君は canできる avoid避ける runningランニング into theその one1 spiderクモ ---
この毒グモは避けられるはずです
09:48
andそして itそれ lives人生 close閉じる theその ground接地,
しかも 生息するのは地面近くなので
09:51
you'reあなたは walking歩く along一緒に, you君は are
never決して going行く to go行く throughを通して
このブラックウィドウに噛まれそうな巣に 歩いていて
09:53
aa spiderクモ webウェブ whereどこで aa black widow未亡人 bites噛む you君は.
ぶつかってしまうことはまずないでしょう
09:55
Spiderクモ websウェブ like好きな thisこの, itそれ doesn'tしない buildビルドする thoseそれら,
このクモは そのような巣は張らず
09:57
itそれ buildsビルド themそれら downダウン in theその cornersコーナー.
地面近くの隅っこに巣を張ります
09:59
Andそして itsその aa black widow未亡人 becauseなぜなら
ブラックウィドウと呼ばれるのは
10:01
theその female女性 spiderクモ eats食べる theその male男性;
メスがオスを食べるからですが
10:02
itそれ doesn'tしない careお手入れ about you君は.
人間を狙うわけではありません
10:04
Soそう in fact事実,
ですから
10:06
theその next time時間 you君は walk歩く into aa spiderwebスパイダーウェブ,
次にあなたがクモの巣に突っ込んだとき
10:07
you君は don'tしない need必要 to panicパニック andそして go行く
with〜と yourきみの caveman洞窟人 reaction反応.
パニックなど原始的な反応は必要無いのです
10:09
Theその danger危険 is entirely完全に different異なる thanより theその fear恐れ.
危険と恐怖とは全くの別物なのです
10:13
Howどうやって do行う you君は get取得する aroundまわり itそれ, thoughしかし?
ではどうしたら恐怖を回避出来るというのでしょう?
10:18
Howどうやって do行う you君は change変化する yourきみの behavior動作?
どう行動パターンを変えれば?
10:20
Wellよく, next time時間 you君は see見る aa spiderwebスパイダーウェブ,
まず 次にクモの巣を見かけたら
10:21
have持ってる aa good良い look見える, make作る sure確かに
it'sそれは notない aa black widow未亡人 spiderクモ,
ブラックウィドウの巣でないことを
確認して
10:23
andそして then次に walk歩く into itそれ.
それに突っ込んで行って下さい
10:25
Andそして then次に you君は see見る another別の spiderwebスパイダーウェブ
そしてまたクモの巣を見つけたら
10:27
andそして walk歩く into thatそれ one1.
また向かって行って下さい
10:29
It'sそれは justちょうど aa little少し bitビット of fluffyふわふわした stuffもの. It'sそれは notない aa big大きい deal対処.
クモの巣などふわふわした物に過ぎません
10:30
Andそして theその spiderクモ thatそれ mayかもしれない come来る outでる is
noいいえ moreもっと threat脅威 to you君は thanより aa ladyレディ bugバグ
大した事はありませんよ
そして現れるであろうクモはてんとう虫や
10:32
orまたは aa butterflyバタフライ.
蝶のように 無害なはずです
10:36
Andそして then次に I guarantee保証 you君は ifif you君は
walk歩く throughを通して 100 spiderwebsクモの巣
保証します 100回もクモの巣に突っ込み続ければ
10:38
you君は will意志 have持ってる changedかわった
間違いなく
10:41
yourきみの fundamental基本的な human人間 behavior動作,
人として備わっている根本的な行動や
10:43
yourきみの caveman洞窟人 reaction反応,
原始的な反射行動が変わります
10:45
andそして you君は will意志 now be〜する ableできる to walk歩く
in theその parkパーク in theその morning
朝 公園を歩いても
10:47
andそして notない worry心配 about thatそれ spiderwebスパイダーウェブ ---
クモの巣を恐れることが無くなります
10:50
orまたは into yourきみの grandma'sおばあちゃん attic屋根裏 orまたは whateverなんでも,
お祖母さんの家の屋根裏や
10:52
into yourきみの own自分の basement地下.
自宅の地下室に入るのも怖くなくなります
10:54
Andそして you君は canできる apply適用する thisこの to anything何でも.
このテクニックは何にでも使えます
10:59
Ifif you'reあなたは outside外側 on aa spacewalk宇宙飛行 andそして you'reあなたは blinded盲目,
宇宙遊泳中に目が見えなくなると
11:03
yourきみの naturalナチュラル reaction反応 would〜する be〜する to panicパニック, I think思う.
自然な反応としてパニックに陥ることでしょう
11:05
Itそれ would〜する make作る you君は nervous神経質な andそして worried心配している.
不安で心配になります
11:08
Butだけど we我々 had持っていました considered考慮される allすべて theその venom,
しかし私達は全ての毒(困難)を想定して
11:10
andそして we我々 had持っていました practiced練習した with〜と aa whole全体
variety品種 of different異なる spiderwebsクモの巣.
あらゆる種類のクモの巣(シナリオ)を練習しました
11:13
We我々 knew知っていた everythingすべて thereそこ is to know知っている
私達は宇宙服について
11:15
about theその spacesuit宇宙服
知るべき知識は全て学び
11:17
andそして we我々 trained訓練された underwater水中 thousands of times.
水中で何千回もトレーニングをしました
11:19
Andそして we我々 don'tしない justちょうど practice練習 thingsもの going行く right,
順調な時の練習だけでなく
11:21
we我々 practice練習 thingsもの going行く wrong違う allすべて theその time時間,
異常事態の練習も常に行います
11:23
soそう thatそれ you君は are constantly常に walking歩く
throughを通して thoseそれら spiderwebsクモの巣.
繰り返しクモの巣に
つっこむのと同じです
11:26
Andそして notない justちょうど underwater水中, butだけど
alsoまた、 in virtualバーチャル reality現実 labsラボ
そして水中だけでなく
バーチャルリアリティラボでも
11:29
with〜と theその helmetヘルメット andそして theその gloves手袋
ヘルメットとグローブを着け
11:32
soそう you君は feel感じる like好きな it'sそれは realistic現実的な.
現実に近い状態を経験しています
11:33
Soそう whenいつ you君は finally最後に actually実際に
get取得する outside外側 on aa spacewalk宇宙飛行,
ですからついに宇宙遊泳のために
船外に出ても
11:35
itそれ feels感じる muchたくさん different異なる thanより itそれ would〜する
準備もなしに宇宙空間に出るのとは
11:38
ifif you君は justちょうど went行った outでる first最初 time時間.
感覚がかなり違うのです
11:40
Andそして even偶数 ifif you'reあなたは blinded盲目,
そしてもし目が見えなくなっても
11:42
yourきみの naturalナチュラル, panickyパニック reaction反応 doesn'tしない happen起こる.
ごく自然なパニック反応は
起こりません
11:44
Instead代わりに you君は kind種類 of look見える aroundまわり andそして go行く,
代わりに周りを見回し
11:47
"Okayはい, I can'tできない see見る,
こう考えるのです「目は見えないが
11:49
butだけど I canできる hear聞く, I canできる talkトーク,
聴くことも 話す事もできる
11:50
Scottスコット Parazynskiパラジンスキー is outでる hereここに with〜と me.
スコット・パラジンスキーが
11:53
He couldできた come来る over以上 andそして help助けて me."
一緒にいるから大丈夫だ」
11:55
We我々 actually実際に practiced練習した incapacitated無能 crewクルー rescueレスキュー,
実際身動きできない
クルーの救助訓練もしているので
11:56
soそう he couldできた float浮く me like好きな aa blimp飛行船
彼は私を飛行船のように浮かして
12:00
andそして stuffもの me into theその airlockエアロック ifif he had持っていました to.
エアロックの中に
押し込むことも出来ます
12:02
I couldできた find見つける myじぶんの own自分の way方法 backバック.
自力で戻る事もできるはずです
12:04
It'sそれは notない nearlyほぼ asとして big大きい aa deal対処.
大したことではありません
12:06
Andそして actually実際に, ifif you君は keepキープ on crying泣く forために aa whilewhile,
そして しばらく涙を流し続けると
12:07
whateverなんでも thatそれ gunk wasあった that'sそれは
in yourきみの eye starts開始する to dilute希薄
目の中のネバネバしたものは 薄まり
12:09
andそして you君は canできる start開始 to see見る again再び,
また視界が開けて来ます
12:12
andそして Houstonヒューストン, ifif you君は negotiate交渉する with〜と themそれら,
ヒューストンと交渉すれば
12:13
they彼ら will意志 let〜する you君は then次に keepキープ workingワーキング.
仕事を続ける許可をもらえます
12:15
We我々 finished完成した everythingすべて on theその spacewalk宇宙飛行
船外活動でやることを全て終え
12:18
andそして whenいつ we我々 came来た backバック inside内部,
船内に戻った時
12:21
Jeffジェフ got持っている some一部 cottonコットン battingバッティング andそして took取った
theその crusty痂皮 stuffもの aroundまわり myじぶんの eyes,
ジェフがコットンで
目の周りの異物を取り除き
12:22
andそして itそれ turned回した outでる itそれ wasあった justちょうど theその anti-fog曇り防止,
ただの曇り止めだったとわかりました
12:26
sortソート of aa mixture混合 of oil andそして soap石鹸, thatそれ got持っている in myじぶんの eye.
オイルとソープの混合物のようなものが
私の目に入ったのでした
12:28
Andそして now we我々 useつかいます Johnson'sジョンソン Noいいえ Moreもっと Tears,
今ではジョンソン社の
目にしみないタイプが使われていますが
12:32
whichどの we我々 probably多分 should'veすべきだった beenされている usingを使用して
最初からそうしておくべき
だったんです(笑)
12:35
right fromから theその very非常に beginning始まり. (Laughter笑い)
最初からそうしておくべき
だったんです(笑)
12:37
Butだけど theその keyキー to thatそれ is
この話の鍵は
12:40
by〜によって looking探している at〜で theその difference
危険と感じることと 実際の危険との
12:45
betweenの間に perceived知覚される danger危険 andそして actual実際の danger危険,
違いに 目を向けるという事です
12:47
whereどこで is theその realリアル riskリスク?
本当のリスクは何でしょうか?
12:49
What is theその realリアル thingもの thatそれ you君は should〜すべき be〜する afraid恐れ of?
本当に恐れるべきものは何でしょう?
12:50
Notない justちょうど aa genericジェネリック fear恐れ of bad悪い thingsもの happeningハプニング.
何か嫌な予感がする
という曖昧な恐怖などではなく
12:52
You君は canできる fundamentally根本的に change変化する
yourきみの reaction反応 to thingsもの
自分が物事にどう反応するかは
根本的に変えられます
12:55
soそう thatそれ itそれ allows許す you君は to go行く places場所
それができれば
色々な所へ行き
12:57
andそして see見る thingsもの andそして do行う thingsもの
色々な物を見たり 体験したり
13:00
thatそれ otherwiseさもないと would〜する be〜する completely完全に denied否定された to you君は ...
以前は考えられもしなかった事が
可能になるのです
13:02
whereどこで you君は couldできた see見る theその
hardpanハードパン south of theその Saharaサハラ,
サハラ砂漠の南に硬盤層を眺め
13:04
orまたは you君は canできる see見る New新しい Yorkヨーク Cityシティ
ニューヨーク市の夜景は
13:08
in aa way方法 thatそれ is almostほぼ dreamlike夢見る,
まるで夢のようです
13:10
orまたは theその unconscious無意識 ginghamギンガム
of Eastern東部 Europeヨーロッパ fieldsフィールド
東欧の農場が
ギンガムチェックの模様を描き
13:12
orまたは theその Greatすばらしいです Lakes
アメリカ大陸の五大湖はまるで
13:16
asとして aa collectionコレクション of small小さい puddles水たまり.
小さな水溜りのようです
13:18
You君は canできる see見る theその fault不具合 lines of Sanサン Franciscoフランシスコ
サンフランシスコの断層線や
13:21
andそして theその way方法 theその water pours注ぐ outでる under theその bridgeブリッジ,
橋の下の潮の流れも
13:24
justちょうど entirely完全に different異なる
全く真新しい光景が広がります
13:26
thanより anyどれか otherその他 way方法 thatそれ you君は couldできた have持ってる
恐怖を克服しなければ
13:28
ifif you君は had持っていました notない found見つけた aa way方法 to conquer征服する yourきみの fear恐れ.
見ることのなかった景色です
13:30
You君は see見る aa beauty美しさ thatそれ otherwiseさもないと
さもなければ めぐり合う事のなかった
13:33
never決して would〜する have持ってる happened起こった.
美しさを目にする事ができます
13:35
It'sそれは time時間 to come来る home自宅 at〜で theその end終わり.
やがて 地球に帰還する時がきます
13:39
Thisこの is our我々の spaceship宇宙船,
これが私達の宇宙船です
13:41
theその Soyuzソユーズ, thatそれ little少し one1.
ソユーズ 小さな船です
13:42
Three of us米国 climb登る in,
私達3人が乗り込むと
13:44
andそして then次に thisこの spaceship宇宙船 detaches分離する fromから theその station
この宇宙船は
宇宙ステーションから離脱し
13:45
andそして falls落ちる into theその atmosphere雰囲気.
大気圏に向かって落下します
13:47
Theseこれら two parts部品 hereここに
この2つの部分は
13:49
actually実際に melt溶かす, we我々 jettison放棄 themそれら andそして they彼ら burn燃やす upアップ
溶けてしまいます
両者は分離され 大気の中で
13:51
in theその atmosphere雰囲気.
燃え尽きます
13:53
Theその onlyのみ part thatそれ survives生き残る is theその little少し bullet銃弾
唯一残るのはこの小さな弾丸のような
13:54
thatそれ we're私たちは ridingライディング in,
私達が乗る部分で
13:56
andそして itそれ falls落ちる into theその atmosphere雰囲気,
これが大気圏に突入し
13:57
andそして in essenceエッセンス
要するに
13:59
you君は are ridingライディング aa meteorite隕石 home自宅,
落下する隕石に乗って
地球に戻るようなものです
14:01
andそして ridingライディング meteorites隕石 is scary怖い,
隕石に乗るというのは恐ろしいものです
14:05
andそして itそれ oughtすべきだ to be〜する.
当然のことです
14:08
Butだけど instead代わりに of ridingライディング into theその atmosphere雰囲気
でも恐怖で叫びながら
14:09
justちょうど screaming悲鳴を上げる, like好きな you君は would〜する
大気に突入する代わりに --
14:11
ifif suddenly突然 you君は found見つけた yourselfあなた自身 ridingライディング aa meteorite隕石
突如 地球に向かう隕石に乗っていると
14:13
backバック to Earth地球 --- (Laughter笑い) ---
気付いたら普通そうなるでしょうね -- (笑)
14:15
instead代わりに, 20 years previously前に
でも 20年前に
14:18
we我々 had持っていました started開始した studying勉強する Russianロシア,
私達はロシア語を学び始め
14:20
andそして then次に once一度 you君は learn学ぶ Russianロシア, then次に we我々
ロシア語を学ぶと次に
14:23
learned学んだ orbital軌道 mechanics力学 in Russianロシア,
ロシア語で軌道力学を学び
14:25
andそして then次に we我々 learned学んだ vehicle車両 controlコントロール theory理論,
それから運行制御理論を学んで
14:28
andそして then次に we我々 got持っている into theその simulatorシミュレータ
それからシミュレータに入り
14:31
andそして practiced練習した over以上 andそして over以上 andそして over以上 again再び.
何度も何度も練習しました
14:32
Andそして in fact事実, you君は canできる fly飛ぶ thisこの meteorite隕石
実際に この隕石を
14:35
andそして steer操縦する itそれ andそして land土地 in about aa 15-kilometer-キロメートル circleサークル
操縦して地球のどこにでも15キロ圏内なら
14:37
anywhereどこでも on theその Earth地球.
着陸させることが出来ます
14:39
Soそう in fact事実, whenいつ our我々の crewクルー wasあった coming到来 backバック
ですから私達が帰還するとき
14:41
into theその atmosphere雰囲気 inside内部 theその Soyuzソユーズ,
ソユーズの中で大気に突入しながら
14:44
we我々 weren'tなかった screaming悲鳴を上げる, we我々 wereあった laughing笑い;
恐怖で叫ぶどころか 笑っていました
14:46
itそれ wasあった fun楽しい.
楽しかったですよ
14:48
Andそして whenいつ theその greatすばらしいです big大きい parachuteパラシュート opened開かれた,
そして大きな大きなパラシュートが開き
14:50
we我々 knew知っていた thatそれ ifif itそれ didn'tしなかった open開いた
もしそれが開かなくても
14:51
there'sそこに aa second二番 parachuteパラシュート,
予備があると知っていました
14:53
andそして itそれ runs走る on aa niceいい little少し clockwork時計工事 mechanism機構.
時計のように精密な仕組みで動くのです
14:54
Soそう we我々 came来た backバック, we我々 came来た thundering雷鳴 backバック
このように ものすごい勢いで
14:56
to Earth地球 andそして thisこの is what itそれ looked見た like好きな
地球へ戻り これが
14:58
to land土地 in aa Soyuzソユーズ, in Kazakhstanカザフスタン.
ソユーズでカザフスタンに着陸した光景です
15:00
(Videoビデオ) Reporterレポーター: Andそして you君は canできる see見る one1 of thoseそれら
(ビデオ)リポーター「上空には
15:03
searchサーチ andそして recovery回復 helicoptersヘリコプター, once一度 again再び
捜索救助ヘリが見えます
15:05
thatそれ helicopterヘリコプター part of dozenダース suchそのような Russianロシア
他にもロシアのMi-8ヘリが12機程
15:08
Mi-mi-8 helicoptersヘリコプター.
飛んでいます
15:11
Touchdownタッチダウン --- 3:14 andそして 48 seconds,
タッチダウン -- 午前3時14分 48秒
15:15
aa.mm. Central中央 Time時間.
セントラルタイム
15:19
CHch: Andそして you君は rollロール to aa stopやめる
機体は回りながらやがて
15:21
asとして ifif someone誰か threw投げた yourきみの
spaceship宇宙船 at〜で theその ground接地
地面に投げつけられたように着地し
15:22
andそして itそれ tumbles転倒 end終わり over以上 end終わり,
ゴロゴロと転がり止まりますが
15:24
butだけど you'reあなたは ready準備完了 forために itそれ
これも予期しています
15:25
you'reあなたは in aa custom-built特注 seatシート,
自分専用に作られた座席に座り
15:26
you君は know知っている howどうやって theその shockショック absorberアブソーバー works作品.
衝撃吸収の仕組みも知っています
15:27
Andそして then次に eventually最終的に theその Russiansロシア人 reachリーチ in,
やがて船内に手を伸ばすロシア人たちに
15:29
dragドラッグ you君は outでる,
引きずり出され
15:31
plunk大声で you君は into aa chair椅子,
椅子に座らせられ
15:32
andそして you君は canできる now look見える backバック at〜で
そしてやっとあなたは その信じがたいような
15:34
what wasあった an incredible信じられない experience経験.
素晴らしい体験を
思い返すことができるのです
15:37
You君は have持ってる taken撮影 theその dreams of thatそれ
あの9才の男の子の
15:40
nine-year-old9歳 boy男の子,
不可能に限りなく近い夢に伴う
15:42
whichどの wereあった impossible不可能
不可能に限りなく近い夢に伴う
15:44
andそして dauntingly恐ろしく scary怖い,
圧倒される程恐ろしく
15:45
dauntingly恐ろしく terrifying恐ろしい,
逃げたくなる程の恐怖を
15:48
andそして put置く themそれら into practice練習,
練習を重ね
15:50
andそして figured思った outでる aa way方法 to reprogram再プログラム yourselfあなた自身,
自分の反応を
プログラムし直す方法を身に付け
15:53
to change変化する yourきみの primalプライマル fear恐れ
原始的な恐怖心を克服したことで
15:56
soそう thatそれ itそれ allowed許可された you君は to come来る backバック
不可能と思われた
様々な事を体験し
15:58
with〜と aa setセット of experiences経験 andそして aa levelレベル of inspirationインスピレーション
人々に伝えられる経験とインスピレーションを得て
16:01
forために otherその他 people
地球に帰って来る事ができたのです
16:05
thatそれ never決して couldできた have持ってる beenされている possible可能 otherwiseさもないと.
地球に帰って来る事ができたのです
16:06
Justちょうど to finish仕上げ, they彼ら asked尋ねた me to play遊びます thatそれ guitarギター.
最後に あのギターを弾くように頼まれました
16:11
I know知っている thisこの song,
これは私がよく歌う曲で
16:17
andそして it'sそれは really本当に aa tributeトリビュート to theその genius天才
デヴィッド・ボウイの
16:19
of Davidデビッド Bowieボウイ himself彼自身,
素晴らしい才能に捧げるものですが
16:25
butだけど it'sそれは alsoまた、, I think思う,
同時に
16:27
aa reflection反射 of theその fact事実 thatそれ we我々 are notない machines機械
私たちは単に宇宙を探検する
16:28
exploring探検する theその universe宇宙,
機械などでは無く
16:31
we我々 are people,
人間であり
16:32
andそして we're私たちは taking取る
適応する能力や
16:33
thatそれ ability能力 to adapt適応する
適応する能力や
16:36
andそして thatそれ ability能力 to understandわかる
物事を理解する力
16:38
andそして theその ability能力 to take取る
自分の認識する力でさえも
16:39
our我々の own自分の self-perception自己知覚 into aa new新しい place場所.
変えて行けることを現していると思います
16:41
(Music音楽)
(音楽)
16:46
Thisこの is Majorメジャー Tomトム to ground接地 controlコントロール
♫こちらトム少佐より地上管制へ♫
16:52
I've私は left forevermore永遠に
♫もう とても遠くまで来てしまった♫
16:56
Andそして I'm私は floatingフローティング in aa most最も peculiar特有の way方法
♫今 最高に変わった姿で漂っている♫
17:02
Andそして theその stars look見える very非常に different異なる today今日
♫今日は星々がとても違って見える♫
17:08
Forために hereここに am午前 I floatingフローティング in theその tin canできる
♫僕はブリキの缶に入って 漂っているから♫
17:15
Aa last最終 glimpse垣間見る of theその world世界
♫これが最後に見える 地球の光景♫
17:23
Planet惑星 Earth地球 is blue andそして
there'sそこに soそう muchたくさん left to do行う
♫地球は青く そしてまだ成すべきことに溢れている♫
17:30
(Music音楽)
(音楽)
17:38
Fear恐れ notない.
恐れるな
17:56
(Applause拍手)
(拍手)
17:58
That'sそれは very非常に niceいい of you君は. Thank感謝 you君は very非常に muchたくさん.
どうも 有り難うございます
18:11
Thank感謝 you君は.
有り難うございました
18:14
Translated by Eriko T.
Reviewed by Akiko Hicks

▲Back to top

About the speaker:

Chris Hadfield - Astronaut
Tweeting (and covering Bowie) from the International Space Station last year, Colonel Chris Hadfield reminded the world how much we love space.

Why you should listen

“Good morning, Earth.” That is how Colonel Chris Hadfield, writing on Twitter, woke up the world every day while living aboard the International Space Station. In his five months on the ISS (including three as commander) Hadfield became a worldwide sensation, using social media to make outer space accessible and infusing a sense of wonder into the collective consciousness. Check out his cover version of David Bowie's "Space Oddity," sung while floating in his tin can, far above the world ...
 
Now back on our home planet, he continues to share the excitement of science and space travel. He's the author of the 2014 book An Astronaut's Guide to Life on Earth. As he says, "There are no wishy-washy astronauts. You don't get up there by being uncaring and blasé. And whatever gave you the sense of tenacity and purpose to get that far in life is absolutely reaffirmed and deepened by the experience itself." A photography geek, in 2014 he also published an album of his photos from the shuttle: You Are Here: Around the World in 92 Minutes.

Hadfield is also a font of Canadian firsts: He was Canada’s first shuttle mission specialist, and the first Canadian to board a Russian spacecraft (he helped build the Mir), do a spacewalk (he's done two), and of course, to command the International Space Station.

 

More profile about the speaker
Chris Hadfield | Speaker | TED.com