English-Video.net comment policy

The comment field is common to all languages

Let's write in your language and use "Google Translate" together

Please refer to informative community guidelines on TED.com

TEDIndia 2009

Pranav Mistry: The thrilling potential of SixthSense technology

プラナフ・ミストリー :次なる可能性を秘めたSixthSenseテクノロジー

Filmed
Views 16,209,805

TEDIndiaでプラナフ・ミストリーが、SixthSenseデバイスの詳細をはじめ、パラダイムシフトを起こす新しい紙のノートPCなど、日常生活とデータの世界の交流を可能にするツールの数々を見せてくれます。ステージ上でのQ&Aでは、SixthSenseの可能性をすべての人が手にできるよう、ソフトウェアをオープンソースにする予定であると語っています。

- Director of research, Samsung Research America
As an MIT grad student, Pranav Mistry invented SixthSense, a wearable device that enables new interactions between the real world and the world of data. Full bio

We我々 grew成長しました upアップ
私たちは
00:15
interacting相互作用する with〜と theその physical物理的 objectsオブジェクト aroundまわり us米国.
身の回りのモノに触れて育ってきました
00:17
Thereそこ are an enormous巨大な number of themそれら
私たちが日常生活で使うモノは
00:20
thatそれ we我々 useつかいます everyすべて day.
ものすごく沢山あります
00:22
Unlike違う most最も of our我々の computing計算 devicesデバイス,
コンピュータ機器の多くとは違い
00:24
theseこれら objectsオブジェクト are muchたくさん moreもっと fun楽しい to useつかいます.
日常生活のモノというのは 使うのが楽しいものです
00:27
Whenいつ you君は talkトーク about objectsオブジェクト,
日常生活のモノについて話題にするとき
00:30
one1 otherその他 thingもの automatically自動的に comes来る attached添付された to thatそれ thingもの,
それに付随してくるものがもう1つあります
00:33
andそして thatそれ is gesturesジェスチャー:
ジェスチャーです
00:36
howどうやって we我々 manipulate操作する theseこれら objectsオブジェクト,
それらのモノをどうやって扱うのか
00:38
howどうやって we我々 useつかいます theseこれら objectsオブジェクト in everyday毎日 life生活.
実生活でそれらのモノをどう使うのか
00:40
We我々 useつかいます gesturesジェスチャー notない onlyのみ to interact相互作用する with〜と theseこれら objectsオブジェクト,
ジェスチャーはモノに対してだけ使うわけではありません
00:43
butだけど we我々 alsoまた、 useつかいます themそれら to interact相互作用する with〜と each otherその他.
人に対しても使います
00:46
Aa gestureジェスチャー of "Namasteナマステ!", maybe多分, to respect尊敬 someone誰か,
「ナマステ!」のジェスチャーは 誰かに敬意を示すときにします
00:48
orまたは maybe多分 ---
インドの子供なら
00:51
in Indiaインド I don'tしない need必要 to teach教える aa kidキッド thatそれ thisこの means手段
これはクリケットの「4ラン」だと
00:52
"four4つの runs走る" in cricketクリケット.
教えられなくとも知っています
00:54
Itそれ comes来る asとして aa part of our我々の everyday毎日 learning学習.
生活の中で自然に学び取るのです
00:56
Soそう, I am午前 very非常に interested興味がある,
私は早い時期に
00:59
fromから theその beginning始まり, thatそれ howどうやって ---
興味を持った事があります
01:01
howどうやって our我々の knowledge知識
「モノやジェスチャーに対する
01:03
about everyday毎日 objectsオブジェクト andそして gesturesジェスチャー,
私たちの知識や
01:05
andそして howどうやって we我々 useつかいます theseこれら objectsオブジェクト,
実生活でモノをどう使うかということが
01:07
canできる be〜する leveragedレバレッジド to our我々の interactionsインタラクション with〜と theその digitalデジタル world世界.
デジタル世界をより良くするために役立てられないだろうか?」
01:09
Ratherむしろ thanより usingを使用して aa keyboardキーボード andそして mouseマウス,
キーボードやマウスを使うかわりに
01:12
whyなぜ canできる I notない useつかいます myじぶんの computerコンピューター
日常的なジェスチャーで
01:15
in theその same同じ way方法 thatそれ I interact相互作用する in theその physical物理的 world世界?
コンピュータを使うことはできないだろうか?
01:18
Soそう, I started開始した thisこの exploration探査 aroundまわり eight8 years backバック,
8年ほど前に私はこの探求を始めました
01:21
andそして itそれ literally文字通り started開始した with〜と aa mouseマウス on myじぶんの desk.
そして自分の机の上にあるマウスをまず手に取りました
01:24
Ratherむしろ thanより usingを使用して itそれ forために myじぶんの computerコンピューター,
それでコンピュータを使うというのではなく
01:27
I actually実際に opened開かれた itそれ.
中を開けてみたのです
01:30
Most最も of you君は mightかもしれない be〜する aware承知して thatそれ, in thoseそれら days日々,
マウスというのは
01:33
theその mouseマウス used中古 to come来る with〜と aa ball inside内部,
昔は中にボールが入っていました
01:35
andそして thereそこ wereあった two rollersローラー
2つのローラーが
01:37
thatそれ actually実際に guideガイド theその computerコンピューター whereどこで theその ball is moving動く,
マウスを動かしたときのボールの動きを
01:39
andそして, accordinglyそれに応じて, whereどこで theその mouseマウス is moving動く.
コンピュータに伝えるようになっています
01:42
Soそう, I wasあった interested興味がある in theseこれら two rollersローラー,
だから私はこの2つのローラーに興味を持ち
01:44
andそして I actually実際に wanted欲しい moreもっと, soそう I borrowed借りた another別の mouseマウス fromから aa friend友人 ---
もっと欲しくなって友達からもマウスを借りました
01:47
never決して returned戻ってきた to him ---
返すことはありませんでしたが
01:50
andそして I now had持っていました four4つの rollersローラー.
これでローラーが4つになりました
01:52
Interestingly興味深いことに, what I didした with〜と theseこれら rollersローラー is,
そのローラーを使って何をやったかというと
01:54
basically基本的に, I took取った themそれら offオフ of theseこれら mousesマウス
マウスから取り外して
01:57
andそして then次に put置く themそれら in one1 lineライン.
一列に並べ
02:00
Itそれ had持っていました some一部 strings文字列 andそして pulleysプーリー andそして some一部 springsスプリング.
紐と滑車とバネをつけたのです
02:02
What I got持っている is basically基本的に aa gestureジェスチャー interfaceインタフェース deviceデバイス
出来上がったのは ジェスチャーをインターフェイスとする装置で
02:05
thatそれ actually実際に acts行為 asとして aa motion-sensingモーションセンシング deviceデバイス
モーションセンサの働きをします
02:08
made forために two dollarsドル.
2ドルでできました
02:12
Soそう, hereここに, whateverなんでも movement移動 I do行う in myじぶんの physical物理的 world世界
私が実世界でした動きが
02:14
is actually実際に replicated複製された inside内部 theその digitalデジタル world世界
この小さな装置を通して
02:17
justちょうど usingを使用して thisこの small小さい deviceデバイス thatそれ I made, aroundまわり eight8 years backバック,
デジタル世界で再現されます
02:20
in 2000.
2000年のことです
02:23
Becauseなぜなら I wasあった interested興味がある in integrating統合する theseこれら two worlds世界,
2つの世界の統合に私は関心があって
02:25
I thought思想 of sticky粘着性の notesノート.
次に考えたのは付箋メモです
02:27
I thought思想, "Whyなぜ canできる I notない connect接続する
普段使っている付箋メモを
02:29
theその normal正常 interfaceインタフェース of aa physical物理的 sticky粘着性の note注意
電子的な付箋メモへの
02:32
to theその digitalデジタル world世界?"
インタフェースにできないだろうか?
02:34
Aa messageメッセージ written書かれた on aa sticky粘着性の note注意 to myじぶんの momママ
紙に書いたお母さん宛の
02:36
on paper
メッセージが
02:38
canできる come来る to an SMSSMS,
SMSとして届き
02:39
orまたは maybe多分 aa meeting会議 reminder思い出させる
予定のメモが
02:41
automatically自動的に syncs同期 with〜と myじぶんの digitalデジタル calendarカレンダー ---
自動的にデジタルの予定表と同期し
02:43
aa to-doやるべきこと listリスト thatそれ automatically自動的に syncs同期 with〜と you君は.
TODOリストも自動的に同期するという具合に
02:45
Butだけど you君は canできる alsoまた、 searchサーチ in theその digitalデジタル world世界,
そうすると デジタル世界の中で検索することもでき
02:48
orまたは maybe多分 you君は canできる write書きます aa queryクエリ, saying言って,
「スミス先生の住所は?」
02:51
"What is Drドクター. Smith'sスミス address住所?"
といった問い合わせもできます
02:53
andそして thisこの small小さい systemシステム actually実際に printsプリント itそれ outでる ---
結果は紙に印刷されて出てきます
02:55
soそう itそれ actually実際に acts行為 like好きな aa paper input-output入出力 systemシステム,
これは入出力を紙でするシステムで
02:57
justちょうど made outでる of paper.
紙だけが外に見えています
02:59
In another別の exploration探査,
別な探求として
03:05
I thought思想 of making作る aa penペン thatそれ canできる drawドロー in three dimensionsディメンション.
私は3次元に書けるペンというのも考えました
03:07
Soそう, I implemented実装された thisこの penペン
そのペンがあれば
03:10
thatそれ canできる help助けて designersデザイナー andそして architects建築家
デザイナや建築家が
03:12
notない onlyのみ think思う in three dimensionsディメンション,
3次元で考えるというだけでなく
03:14
butだけど they彼ら canできる actually実際に drawドロー
実際に3次元で書くこともでき
03:16
soそう thatそれ it'sそれは moreもっと intuitive直感的な to useつかいます thatそれ way方法.
ずっと直感的に使えるはずです
03:18
Then次に I thought思想, "Whyなぜ notない make作る aa Googlegoogle Map地図,
Google Mapsを日常生活の中に
03:20
butだけど in theその physical物理的 world世界?"
引っ張り出せないか? とも思いました
03:22
Ratherむしろ thanより typingタイピング aa keywordキーワード to find見つける something何か,
何かを探すために検索語を打ち込むのではなく
03:24
I put置く myじぶんの objectsオブジェクト on top of itそれ.
モノをその上に載せるのです
03:27
Ifif I put置く aa boarding搭乗 passパス, itそれ will意志 showショー me whereどこで theその flightフライト gateゲート is.
搭乗チケットを載せれば ゲートへの道順を示してくれ
03:29
Aa coffeeコーヒー cupカップ will意志 showショー whereどこで you君は canできる find見つける moreもっと coffeeコーヒー,
コーヒーカップを置けば コーヒーを買える場所や
03:32
orまたは whereどこで you君は canできる trashごみ theその cupカップ.
ゴミ箱の場所を示すという具合です
03:35
Soそう, theseこれら wereあった some一部 of theその earlier先に explorations探検 I didした becauseなぜなら
どれも私が初期にやった探求です
03:37
theその goalゴール wasあった to connect接続する theseこれら two worlds世界 seamlesslyシームレスに.
私の目的はずっと2つの世界を継ぎ目なく結ぶということでした
03:40
Among allすべて theseこれら experiments実験,
これらの実験にはどれも
03:44
thereそこ wasあった one1 thingもの in common一般:
1つの共通点があります
03:46
I wasあった trying試す to bring持参する aa part of theその physical物理的 world世界 to theその digitalデジタル world世界.
身の回りの世界の一部をデジタル世界に持ってこようとしていることです
03:48
I wasあった taking取る some一部 part of theその objectsオブジェクト,
モノの一部や
03:52
orまたは anyどれか of theその intuitiveness直感性 of realリアル life生活,
実生活の直感的な面を
03:55
andそして bringing持参 themそれら to theその digitalデジタル world世界,
デジタル世界に持ち込んでいます
03:58
becauseなぜなら theその goalゴール wasあった to make作る our我々の computing計算 interfacesインタフェース moreもっと intuitive直感的な.
コンピュータをもっと直感的に使えるようにしたかったのです
04:01
Butだけど then次に I realized実現した thatそれ we我々 humans人間
しかし私たちが興味を持っているのは
04:04
are notない actually実際に interested興味がある in computing計算.
コンピュータ自体ではないということに気がつきました
04:06
What we我々 are interested興味がある in is information情報.
私たちに関心があるのは コンピュータの中にある情報です
04:09
We我々 want欲しいです to know知っている about thingsもの.
私たちは物事について知りたいと思います
04:12
We我々 want欲しいです to know知っている about dynamic動的 thingsもの going行く aroundまわり.
どんなことが起こっているのかを知りたいと思います
04:14
Soそう I thought思想, aroundまわり last最終 year --- in theその beginning始まり of theその last最終 year ---
それで去年の初めくらいから考えるようになりました
04:16
I started開始した thinking考え, "Whyなぜ canできる I notない take取る thisこの approachアプローチ in theその reverse way方法?"
「このアプローチを逆にすることはできないだろうか?」
04:21
Maybe多分, "Howどうやって about I take取る myじぶんの digitalデジタル world世界
デジタル世界を取り出して
04:24
andそして paintペイント theその physical物理的 world世界 with〜と thatそれ digitalデジタル information情報?"
日常生活の中に投影してみたらどうだろう?
04:27
Becauseなぜなら pixelsピクセル are actually実際に, right now, confined閉じ込められた in theseこれら rectangular長方形 devicesデバイス
ピクセルデータは このポケットに入る四角い装置の中に
04:32
thatそれ fitフィット in our我々の pocketsポケット.
収められています
04:36
Whyなぜ canできる I notない remove除去する thisこの confine閉じ込める
日常生活の世界へ
04:38
andそして take取る thatそれ to myじぶんの everyday毎日 objectsオブジェクト, everyday毎日 life生活
それを解き放てるなら
04:41
soそう thatそれ I don'tしない need必要 to learn学ぶ theその new新しい language言語
ピクセルをいじるために
04:44
forために interacting相互作用する with〜と thoseそれら pixelsピクセル?
新しい言語を覚える必要もなくなるのでは?
04:46
Soそう, in order注文 to realize実現する thisこの dream,
この夢を実現しようと
04:50
I actually実際に thought思想 of puttingパッティング aa big-sizeビッグサイズ projectorプロジェクター on myじぶんの head.
私は大きなプロジェクタを実際頭に載せてみました
04:52
I think思う that'sそれは whyなぜ thisこの is calledと呼ばれる aa head-mountedヘッドマウント projectorプロジェクター, isn'tない itそれ?
ヘッドマウントプロジェクタというわけです
04:55
I took取った itそれ very非常に literally文字通り,
バイクのヘルメットに
04:58
andそして took取った myじぶんの bike自転車 helmetヘルメット,
切り込みを入れて
05:00
put置く aa little少し cutカット over以上 thereそこ soそう thatそれ theその projectorプロジェクター actually実際に fitsフィット nicelyきれいに.
プロジェクタがうまく載るようにしました
05:02
Soそう now, what I canできる do行う ---
そうやって デジタル情報で
05:05
I canできる augment増強 theその world世界 aroundまわり me with〜と thisこの digitalデジタル information情報.
身の回りの現実を拡張できるようになりました
05:07
Butだけど later後で,
しかし後になって
05:11
I realized実現した thatそれ I actually実際に wanted欲しい to interact相互作用する with〜と thoseそれら digitalデジタル pixelsピクセル, alsoまた、.
私はそのデジタル情報も操作したいと思うようになりました
05:13
Soそう I put置く aa small小さい cameraカメラ over以上 thereそこ,
それでデジタルの目として
05:16
thatそれ acts行為 asとして aa digitalデジタル eye.
小さなカメラを付けました
05:18
Later後で, we我々 moved移動した to aa muchたくさん betterより良い,
その後 もっと改良して
05:20
consumer-oriented消費者指向の pendantペンダント versionバージョン of thatそれ,
コンシューマ向けのペンダント型を作りました
05:22
thatそれ manyたくさんの of you君は now know知っている asとして theその SixthSense第六感 deviceデバイス.
それがご存じのSixthSenseデバイスです
05:24
Butだけど theその most最も interesting面白い thingもの about thisこの particular特に technology技術
このテクノロジーが特に興味深いのは
05:27
is thatそれ you君は canできる carryキャリー yourきみの digitalデジタル world世界 with〜と you君は
自分の行くところはどこへでもデジタル世界を
05:30
whereverどこにでも you君は go行く.
持っていくことができるという点です
05:34
You君は canできる start開始 usingを使用して anyどれか surface表面, anyどれか wall aroundまわり you君は,
どこか壁を見つけ それを操作面として
05:36
asとして an interfaceインタフェース.
使うことができます
05:39
Theその cameraカメラ is actually実際に tracking追跡 allすべて yourきみの gesturesジェスチャー.
カメラがジェスチャーを捉え
05:41
Whateverなんでも you'reあなたは doingやっている with〜と yourきみの hands,
様々な身振りを
05:44
it'sそれは understanding理解 thatそれ gestureジェスチャー.
解釈します
05:46
Andそして, actually実際に, ifif you君は see見る, thereそこ are some一部 color markersマーカー
初期のバージョンでは ご覧のような
05:48
thatそれ in theその beginning始まり versionバージョン we我々 are usingを使用して with〜と itそれ.
カラーマーカーを使っていました
05:50
You君は canできる start開始 paintingペインティング on anyどれか wall.
どこの壁でもかまいません
05:53
You君は stopやめる by〜によって aa wall, andそして start開始 paintingペインティング on thatそれ wall.
壁の前で立ち止まって投影します
05:55
Butだけど we我々 are notない onlyのみ tracking追跡 one1 finger, hereここに.
追跡するのは一本の指だけではありません
05:58
We我々 are giving与える you君は theその freedom自由 of usingを使用して allすべて of bothどちらも of yourきみの hands,
両手の指がすべて使えます
06:00
soそう you君は canできる actually実際に useつかいます bothどちらも of yourきみの hands to zoomズーム into orまたは zoomズーム outでる
だから地図を両手でつまんで
06:04
of aa map地図 justちょうど by〜によって pinchingつまむ allすべて presentプレゼント.
拡大 縮小ができます
06:07
Theその cameraカメラ is actually実際に doingやっている ---
カメラで実際にやっているのは
06:09
justちょうど, getting取得 allすべて theその imagesイメージ ---
エッジ認識や
06:12
is doingやっている theその edgeエッジ recognition認識 andそして alsoまた、 theその color recognition認識
色彩認識そのほか沢山の
06:13
andそして soそう manyたくさんの otherその他 small小さい algorithmsアルゴリズム are going行く on inside内部.
細かいアルゴリズムによる処理です
06:16
Soそう, technically技術的に, it'sそれは aa little少し bitビット complex複合体,
技術的には結構複雑なのですが
06:19
butだけど itそれ gives与える you君は an output出力 whichどの is moreもっと intuitive直感的な to useつかいます, in some一部 senseセンス.
結果としては直感的に使えるものになっています
06:21
Butだけど I'm私は moreもっと excited興奮した thatそれ you君は canできる actually実際に take取る itそれ outside外側.
これの楽しいところは 外に持ち出せるということです
06:24
Ratherむしろ thanより getting取得 yourきみの cameraカメラ outでる of yourきみの pocketポケット,
カメラをポケットから取り出すことなく
06:27
you君は canできる justちょうど do行う theその gestureジェスチャー of taking取る aa photo写真
ただ写真を撮るジェスチャーをするだけで
06:30
andそして itそれ takesテイク aa photo写真 forために you君は.
写真を撮してくれます
06:33
(Applause拍手)
(拍手)
06:35
Thank感謝 you君は.
どうも
06:39
Andそして later後で I canできる find見つける aa wall, anywhereどこでも,
写真を撮ったら どこでも壁を見つけて
06:41
andそして start開始 browsingブラウジング thoseそれら photos写真
写真を映して見ることができます
06:43
orまたは maybe多分, "OKOK, I want欲しいです to modify変更する thisこの photo写真 aa little少し bitビット
「よし この写真にちょっと手を入れて
06:45
andそして send送信する itそれ asとして an emailEメール to aa friend友人."
友達にメールで送ってやろう」
06:47
Soそう, we我々 are looking探している forために an era時代 whereどこで
私たちはコンピュータの世界と日常の世界が
06:49
computing計算 will意志 actually実際に mergeマージ with〜と theその physical物理的 world世界.
混じり合う時代を迎えようとしているのです
06:52
Andそして, of courseコース, ifif you君は don'tしない have持ってる anyどれか surface表面,
適当な壁がないときには
06:55
you君は canできる start開始 usingを使用して yourきみの palm手のひら forために simple単純 operationsオペレーション.
自分の手のひらの上で簡単な操作をすることもできます
06:58
Hereここに, I'm私は dialingダイヤル aa phone電話 number justちょうど usingを使用して myじぶんの handハンド.
手のひらでダイヤルしているところです
07:01
Theその cameraカメラ is actually実際に notない onlyのみ understanding理解 yourきみの handハンド movements動き,
カメラは手の動きを認識するだけでなく
07:07
butだけど, interestingly興味深いことに,
さらには
07:10
is alsoまた、 ableできる to understandわかる what objectsオブジェクト you君は are holdingホールディング in yourきみの handハンド.
手に持っているモノを認識することもできます
07:11
What we're私たちは doingやっている hereここに is actually実際に ---
たとえばここでやっているのは
07:14
forために example, in thisこの case場合,
手に取った本の表紙を
07:17
theその book coverカバー is matched一致する
何千何万という
07:19
with〜と soそう manyたくさんの thousands, orまたは maybe多分 millions何百万 of books onlineオンライン,
オンラインの情報と照合し
07:21
andそして checking点検 outでる whichどの book itそれ is.
どの本かを調べています
07:24
Once一度 itそれ has持っている thatそれ information情報,
どれかわかったら
07:26
itそれ finds見つけた outでる moreもっと reviewsレビュー about thatそれ,
その本のレビューを表示したり
07:27
orまたは maybe多分 New新しい Yorkヨーク Times has持っている aa sound overview概要 on thatそれ,
ニューヨークタイムズのサイトにある
07:29
soそう you君は canできる actually実際に hear聞く, on aa physical物理的 book,
音声による解説を引っ張ってきて
07:32
aa reviewレビュー asとして sound.
実際の本を手にしながら聞くことができます
07:34
("famous有名な talkトーク at〜で Harvardハーバード University大学 ...")
(…ハーバード大学で行われた有名な講演で…)
07:36
Thisこの wasあった Obama'sオバマ氏 visit訪問 last最終 week週間 to MITミット.
これはオバマ大統領が先週MITを訪れたときのものです
07:38
("... andそして particularly特に I want欲しいです to thank感謝 two outstanding傑出した MITミット ...")
(…特にMITの2人の傑出した教授にお礼を言いたい…)
07:42
Soそう, I wasあった seeing見る theその liveライブ [videoビデオ] of his talkトーク, outside外側, on justちょうど aa newspaper新聞.
私は彼の講演のライブビデオを 外で新聞の上で見ているわけです
07:46
Yourきみの newspaper新聞 will意志 showショー you君は liveライブ weather天気 information情報
あるいはコンピュータを使わずに
07:51
ratherむしろ thanより having持つ itそれ updated更新しました --- like好きな, you君は have持ってる to checkチェック yourきみの computerコンピューター
新聞でライブの天気情報を
07:54
in order注文 to do行う thatそれ, right?
見ることができます
07:57
(Applause拍手)
(拍手)
07:59
Whenいつ I'm私は going行く backバック, I canできる justちょうど useつかいます myじぶんの boarding搭乗 passパス
私が帰るときには 搭乗チケットで
08:04
to checkチェック howどうやって muchたくさん myじぶんの flightフライト has持っている beenされている delayed遅延,
飛行機の遅れを
08:07
becauseなぜなら at〜で thatそれ particular特に time時間,
確認できます
08:09
I'm私は notない feeling感じ like好きな opening開ける myじぶんの iPhoneiPhone,
iPhoneを取り出して
08:11
andそして checking点検 outでる aa particular特に iconアイコン.
アイコンを叩くまでもありません
08:13
Andそして I think思う thisこの technology技術 will意志 notない onlyのみ change変化する theその way方法 ---
この技術は…
08:15
yesはい. (Laughter笑い)
ええ (笑)
08:18
Itそれ will意志 change変化する theその way方法 we我々 interact相互作用する with〜と people, alsoまた、,
モノばかりでなく 人との関わり方も
08:20
notない onlyのみ theその physical物理的 world世界.
変えます
08:22
Theその fun楽しい part is, I'm私は going行く to theその Bostonボストン metro地下鉄,
お遊びとして ボストンの地下鉄に乗って
08:24
andそして playing遊ぶ aa pongポン gameゲーム inside内部 theその train列車
電車の床で卓球ゲームを
08:27
on theその ground接地, right?
することだって出来ます
08:30
(Laughter笑い)
(笑)
08:32
Andそして I think思う theその imagination想像力 is theその onlyのみ limit限界
このようなテクノロジーが生活に溶け込むとき
08:33
of what you君は canできる think思う of
できることを制限するものは
08:35
whenいつ thisこの kind種類 of technology技術 mergesマージ with〜と realリアル life生活.
自らの想像力だけです
08:37
Butだけど manyたくさんの of you君は argue主張する, actually実際に, thatそれ
私たちが扱うのは
08:39
allすべて of our我々の work作業 is notない onlyのみ about physical物理的 objectsオブジェクト.
日常生活のモノばかりではないと言う人もいるでしょう
08:41
We我々 actually実際に do行う lotsロット of accounting会計 andそして paper editing編集
実際 会計とか編集とか
08:44
andそして allすべて thoseそれら kinds種類 of thingsもの; what about thatそれ?
いろんなことをします
08:47
Andそして manyたくさんの of you君は are excited興奮した about theその next generation世代 tabletタブレット computersコンピュータ
そしてあなた方の多くは 次世代のタブレットPCが市場に登場するのを
08:49
to come来る outでる in theその market市場.
心待ちにしていることでしょう
08:53
Soそう, ratherむしろ thanより waiting待っている forために thatそれ,
私はそれをただ待っているのではなく
08:55
I actually実際に made myじぶんの own自分の, justちょうど usingを使用して aa pieceピース of paper.
自分のを紙切れを使って作ることにしました
08:57
Soそう, what I didした hereここに is remove除去する theその cameraカメラ ---
私がやったのは
09:00
Allすべて theその webcamウェブカメラ camerasカメラ have持ってる aa microphoneマイクロフォン inside内部 theその cameraカメラ.
Webカメラにはマイクが入っているのですが
09:02
I removed除去された theその microphoneマイクロフォン fromから thatそれ,
それを取り出して
09:06
andそして then次に justちょうど pinchedつまらない thatそれ ---
クリップにして
09:09
like好きな I justちょうど made aa clipクリップ outでる of theその microphoneマイクロフォン ---
紙に付けられるようにしました
09:11
andそして clippedクリップされた thatそれ to aa pieceピース of paper, anyどれか paper thatそれ you君は found見つけた aroundまわり.
どんな紙でも使えます
09:14
Soそう now theその sound of theその touchタッチ
そうすると紙にタッチしたときに
09:18
is getting取得 me whenいつ exactly正確に I'm私は touching触れる theその paper.
タッチ音が出るようにできます
09:21
Butだけど theその cameraカメラ is actually実際に tracking追跡 whereどこで myじぶんの fingers are moving動く.
実際の指の動きはカメラが把握します
09:24
You君は canできる of courseコース watch時計 movies映画.
もちろん映画だって見ることができます
09:28
("Good良い afternoon午後. Myじぶんの name is Russellラッセル ...
(こんにちは 僕はラッセル
09:31
andそして I am午前 aa Wilderness荒野 Explorer冒険者 in Tribe部族 54.")
荒野探検隊 第54隊の隊員です)
09:34
Andそして you君は canできる of courseコース play遊びます gamesゲーム.
それにゲームも
09:37
(Car engineエンジン)
(エンジン音)
09:40
Hereここに, theその cameraカメラ is actually実際に understanding理解 howどうやって you'reあなたは holdingホールディング theその paper
ここでは紙をどう持っているかをカメラが把握して
09:43
andそして playing遊ぶ aa car-racingカーレース gameゲーム.
レーシングゲームを操作しています
09:46
(Applause拍手)
(拍手)
09:48
Manyたくさんの of you君は already既に must必須 have持ってる thought思想, OKOK, you君は canできる browseブラウズ.
見ることができることについては
09:52
Yeahええ. Of courseコース you君は canできる browseブラウズ to anyどれか websitesウェブサイト
お分りいただけたと思います
09:54
orまたは you君は canできる do行う allすべて sortsソート of computing計算 on aa pieceピース of paper
Webサイトやコンピュータ画面を 紙切れの上で見ることができます
09:57
whereverどこにでも you君は need必要 itそれ.
どこにいようと
10:00
Soそう, moreもっと interestingly興味深いことに,
もっと面白いのは
10:01
I'm私は interested興味がある in howどうやって we我々 canできる take取る thatそれ in aa moreもっと dynamic動的 way方法.
これをもっと生きたものにするということです
10:04
Whenいつ I come来る backバック to myじぶんの desk I canできる justちょうど pinchピンチ thatそれ information情報
自分の部屋に戻ったとき 情報をつまんで
10:07
backバック to myじぶんの desktopデスクトップ
パソコンの上に落としてやれば
10:10
soそう I canできる useつかいます myじぶんの full-sizeフルサイズ computerコンピューター.
続きを大きなパソコンでやることができます
10:12
(Applause拍手)
(拍手)
10:15
Andそして whyなぜ onlyのみ computersコンピュータ? We我々 canできる justちょうど play遊びます with〜と papers論文.
コンピュータだけではありません 紙にもできます
10:17
Paper world世界 is interesting面白い to play遊びます with〜と.
紙の世界で遊ぶのはとても面白いです
10:20
Hereここに, I'm私は taking取る aa part of aa document資料
資料の一部をこちらに取って
10:23
andそして puttingパッティング over以上 hereここに aa second二番 part fromから aa second二番 place場所 ---
別なところからも何か取ってきて
10:25
andそして I'm私は actually実際に modifying変更する theその information情報
情報をその場で
10:29
thatそれ I have持ってる over以上 thereそこ.
修正できます
10:32
Yeahええ. Andそして I sayいう, "OKOK, thisこの looks外見 niceいい,
「よし いい感じにできたぞ
10:34
let〜する me print印刷する itそれ outでる, thatそれ thingもの."
印刷しよう」
10:37
Soそう I now have持ってる aa print-outプリントアウト of thatそれ thingもの, andそして now ---
そうして印刷します
10:39
theその workflowワークフロー is moreもっと intuitive直感的な theその way方法 we我々 used中古 to do行う itそれ
このような 20年くらい前に
10:41
maybe多分 20 years backバック,
やっていたやり方のほうが
10:44
ratherむしろ thanより now switchingスイッチング betweenの間に theseこれら two worlds世界.
2つの世界の間で行き来する現在のやり方より直感的です
10:47
Soそう, asとして aa last最終 thought思想,
最後になりますが
10:50
I think思う thatそれ integrating統合する information情報 to everyday毎日 objectsオブジェクト
身の回りのモノに情報を統合することで
10:53
will意志 notない onlyのみ help助けて us米国 to get取得する rid除去する of theその digitalデジタル divide分ける,
これら2つの世界の溝を埋め
10:56
theその gapギャップ betweenの間に theseこれら two worlds世界,
デジタルデバイドをなくせるだけでなく
11:01
butだけど will意志 alsoまた、 help助けて us米国, in some一部 way方法,
もっと身の回りの世界と繋がり
11:03
to stay滞在 human人間,
もっと人間らしく
11:05
to be〜する moreもっと connected接続された to our我々の physical物理的 world世界.
生きられるようになると思います
11:07
Andそして itそれ will意志 actually実際に help助けて us米国 notない end終わり upアップ beingであること machines機械
そして私たちは機械の一部みたいに
11:13
sitting座っている in frontフロント of otherその他 machines機械.
ならずにいられるでしょう
11:16
That'sそれは allすべて. Thank感謝 you君は.
以上です
11:18
(Applause拍手)
(スタンディングオベーション)
11:21
Thank感謝 you君は.
どうもありがとうございます
11:35
(Applause拍手)
(拍手)
11:36
Chrisクリス Andersonアンダーソン: Soそう, Pranavプラナブ,
プラナフ
11:39
first最初 of allすべて, you'reあなたは aa genius天才.
はっきり言って 君は天才だよ
11:40
Thisこの is incredible信じられない, really本当に.
本当にすごいよ
11:43
What are you君は doingやっている with〜と thisこの? Is thereそこ aa company会社 beingであること planned計画された?
これをどうするつもり? 会社を作る予定はあるの?
11:46
Orまたは is thisこの research研究 forever永遠に, orまたは what?
それともずっと研究を続けていくの?
11:49
Pranavプラナブ Mistry理性: Soそう, thereそこ are lotsロット of companies企業 ---
実際メディアラボのスポンサーの中には
11:51
actually実際に sponsorスポンサー companies企業 of Mediaメディア Lab研究室 ---
この技術を
11:53
interested興味がある in taking取る thisこの ahead前方に in one1 orまたは another別の way方法.
どう発展させるかに関心を持つ企業がたくさんあります
11:54
Companies企業 like好きな mobileモバイル phone電話 operators演算子
たとえば携帯電話会社は
11:57
want欲しいです to take取る thisこの in aa different異なる way方法 thanより theその NGOsngos in Indiaインド,
インドのNGOとは違ったことを求めています
11:59
[who] are thinking考え, "Whyなぜ canできる we我々 onlyのみ have持ってる 'Sixth第六 Sense'センス '?
「どうして'Sixth Sense' (第六感)しかないの?
12:02
We我々 should〜すべき have持ってる aa 'Fifth第五 Sense'センス ' forために missing-sense不足感 people
障害者のための'Fifth Sense'(第五感)が
12:05
who cannotできない speak話す.
あってしかるべきだ
12:07
Thisこの technology技術 canできる be〜する used中古 forために themそれら to speak話す outでる in aa different異なる way方法
この技術を使えば 彼らが別な仕方で
12:08
with〜と maybe多分 aa speakerスピーカー systemシステム."
話せるようにできる」
12:11
CAca: What are yourきみの own自分の plans予定? Are you君は staying滞在 at〜で MITミット,
君自身の計画は? MITにずっといるの?
12:12
orまたは are you君は going行く to do行う something何か with〜と thisこの?
これで何かするの?
12:15
PM午後: I'm私は trying試す to make作る thisこの moreもっと available利用可能な to people
これをより多くの人が利用できるようにして
12:16
soそう thatそれ anyone誰でも canできる develop開発する their彼らの own自分の SixthSense第六感 deviceデバイス,
誰でもSixthSenseデバイスを開発できるようにしたいと思っています
12:18
becauseなぜなら theその hardwareハードウェア is actually実際に notない thatそれ hardハード to manufacture製造
これのハードウェアを作るのは
12:21
orまたは hardハード to make作る yourきみの own自分の.
そんなに難しくはありません
12:26
We我々 will意志 provide提供する allすべて theその open開いた sourceソース softwareソフトウェア forために themそれら,
このソフトウェアはオープンソースにする予定です
12:28
maybe多分 starting起動 next month.
たぶん来月あたりから公開します
12:30
CAca: Open開いた sourceソース? Wowワオ.
そいつはすごい ワオ
12:32
(Applause拍手)
(喝采)
12:34
CAca: Are you君は going行く to come来る backバック to Indiaインド with〜と some一部 of thisこの, at〜で some一部 pointポイント?
いつかインドに戻ってこようと思っているの?
12:39
PM午後: Yeahええ. Yesはい, yesはい, of courseコース.
ええ もちろん
12:42
CAca: What are yourきみの plans予定? MITミット?
どういう計画?
12:44
Indiaインド? Howどうやって are you君は going行く to splitスプリット yourきみの time時間 going行く forward前進?
MITとインドで 時間をどう切り分けるつもり?
12:46
PM午後: Thereそこ is aa lotロット of energyエネルギー hereここに. Lotsロット of learning学習.
ここには多くのエネルギーがあり 学びがあります
12:48
Allすべて of thisこの work作業 thatそれ you君は have持ってる seen見た is allすべて about
ご覧いただいたものは
12:51
myじぶんの learning学習 in Indiaインド.
私がインドで学んだことを元にしています
12:53
Andそして now, ifif you君は see見る, it'sそれは moreもっと about theその cost-effectiveness費用対効果:
そしてコスト効率に目を向けるなら
12:55
thisこの systemシステム costsコスト you君は $300
このシステムは300ドルです
12:58
compared比較した to theその $20,000 surface表面 tablesテーブル, orまたは anything何でも like好きな thatそれ.
テーブル型PCみたいなものは2万ドルもします
13:00
Orまたは maybe多分 even偶数 theその $2 mouseマウス gestureジェスチャー systemシステム
あるいはあの2ドルで作ったマウスジェスチャーシステムは
13:03
at〜で thatそれ time時間 wasあった costing原価計算 aroundまわり $5,000?
同じようなものが 当時は5千ドルくらいしました
13:06
Soそう, we我々 actually実際に --- I showed示した thatそれ, at〜で aa conference会議, to
あるカンファレンスで座長の
13:09
President大統領 Abdulアブドル Kalamカラーム, at〜で thatそれ time時間,
アブドゥル カラムに見せたら
13:13
andそして then次に he said前記, "OKOK, we我々 should〜すべき useつかいます thisこの in Bhabhaバハハ Atomicアトミック Research研究 Centreセンター
こう言ってくれました「バーバー原子力研究センターでも
13:15
forために some一部 useつかいます of thatそれ."
ぜひこれを使わなきゃ」
13:18
Soそう I'm私は excited興奮した about howどうやって I canできる bring持参する theその technology技術 to theその masses大衆
私はテクノロジーを研究室に閉じ込めておくのではなく
13:20
ratherむしろ thanより justちょうど keeping維持 thatそれ technology技術 in theその lab研究室 environment環境.
たくさんの人に届けるということにワクワクします
13:23
(Applause拍手)
(拍手)
13:26
CAca: Basedベース on theその people we've私たちは seen見た at〜で TEDテッド,
TEDで会った人の意見を聞くと
13:30
I would〜する sayいう you'reあなたは truly真に one1 of theその two orまたは three
君は現在の世界で
13:33
bestベスト inventors発明者 in theその world世界 right now.
最高の発明家の1人だと思う
13:34
It'sそれは an honor名誉 to have持ってる you君は at〜で TEDテッド.
君をTEDに迎えられてとても光栄に思います
13:36
Thank感謝 you君は soそう muchたくさん.
どうもありがとう
13:38
That'sそれは fantastic素晴らしい.
実に素晴らしい
13:40
(Applause拍手)
(スタンディングオベーション)
13:41
Translated by Yasushi Aoki
Reviewed by Tatsuma Nagano

▲Back to top

About the speaker:

Pranav Mistry - Director of research, Samsung Research America
As an MIT grad student, Pranav Mistry invented SixthSense, a wearable device that enables new interactions between the real world and the world of data.

Why you should listen

When Pranav Mistry was a PhD student in the Fluid Interfaces Group at MIT's Media Lab, he worked with lab director Pattie Maes to create some of the most entertaining and thought-provoking interfaces the world had ever seen. And not just computer interfaces, mind you -- these are ways to help the digital and the actual worlds interface. Imagine: intelligent sticky notes, Quickies, that can be searched and can send reminders; a pen that draws in 3D; and TaPuMa, a tangible public map that can act as Google of physical world. And of course the legendary SixthSense, which is now open sourced

Before his studies at MIT, he worked with Microsoft as a UX researcher; he's a graduate of IIT. Now, as director of research at Samsung Research America, Mistry heads the Think Tank Team, an interdisciplinary group of researchers that hunts for new ways to mix digital informational with real-world interactions. As an example, Mistry launched the company's smartwatch, the Galaxy Gear, in 2013.

More profile about the speaker
Pranav Mistry | Speaker | TED.com