English-Video.net comment policy

The comment field is common to all languages

Let's write in your language and use "Google Translate" together

Please refer to informative community guidelines on TED.com

TED2011

Stanley McChrystal: Listen, learn ... then lead

スタンリー・マクリスタル:聞き、学び、そして導く

Filmed
Views 2,503,757

優秀な将官であるスタンリー・マクリスタルが軍隊にいた数十年で学んだリーダーシップについて語ります。世代やスキルが大きく異なる人達と目的意識を共有するにはどうすればいいでしょうか。聞き、学び、失敗の可能性について取り組むのです。

- Military leader
General Stanley McChrystal is the former commander of U.S. and International forces in Afghanistan. A four-star general, he is credited for creating a revolution in warfare that fuses intelligence and operations. Full bio

Ten years ago, on aa Tuesday火曜日 morning,
10年前のある火曜日の朝
ノースカロライナ州の
00:15
I conducted導かれた aa parachuteパラシュート jumpジャンプ at〜で Fort Braggブラッグ, North Carolinaキャロライナ.
フォートブラッグで
パラシュート訓練を行っていました
00:18
Itそれ wasあった aa routineルーチン trainingトレーニング jumpジャンプ, like好きな manyたくさんの moreもっと I'd私は done完了
空挺部隊員になって以来
それまで27年間
00:21
since以来 I becameなりました aa paratrooperパラシュート
何度も繰り返し行なってきた
00:24
27 years before.
降下訓練です
00:26
We我々 went行った downダウン to theその airfield飛行場 early早い
朝早く飛行場に行きます
00:28
becauseなぜなら thisこの is theその Army andそして you君は always常に go行く early早い.
陸軍の行動は
常に早いですからね
00:30
You君は do行う some一部 routineルーチン refresherリフレッシャー trainingトレーニング,
いつものように
訓練の復習をしたのち
00:33
andそして then次に you君は go行く to put置く on yourきみの parachuteパラシュート andそして aa buddyバディ helps助けて you君は.
仲間に手伝ってもらいながら
00:36
Andそして you君は put置く on theその T-t-10 parachuteパラシュート.
T10パラシュートを装着します
00:39
Andそして you'reあなたは very非常に careful慎重に howどうやって you君は put置く theその strapsストラップ,
ストラップの装着には
とても慎重になりますが
00:41
particularly特に theその leg strapsストラップ becauseなぜなら they彼ら go行く betweenの間に yourきみの legs.
両足の間に挟む
脚部ストラップは特にです
00:43
Andそして then次に you君は put置く on yourきみの reserve予備, andそして then次に you君は put置く on yourきみの heavyヘビー rucksackリュックサック.
そして予備のパラシュートを背負い
重いリュックサックも背負い込むと
00:45
Andそして then次に aa jumpmasterジャンプマスター comes来る,
降下指揮官が来ます
00:48
andそして he's彼は an experienced経験豊富な NCOnco in parachuteパラシュート operationsオペレーション.
パラシュート操作に長けた
下士官です
00:50
He checks小切手 you君は outでる, he grabsグラブ yourきみの adjusting調整する strapsストラップ
私たちの装備の確認をしたら
調整ストラップを握って
00:53
andそして he tightens引き締める everythingすべて
あらゆる部位を
ギュッと締め上げます
00:56
soそう thatそれ yourきみの chest is crushed破砕されました,
なので胸部は苦しいし
00:58
yourきみの shoulders are crushed破砕されました downダウン,
両肩もかなり圧迫されます
01:00
andそして, of courseコース, he's彼は tightened締め付けられた soそう yourきみの voice音声 goes行く upアップ aa coupleカップル octavesオクターブ asとして wellよく.
苦しくて声が2オクターブほど
高くなります (笑)
01:02
Then次に you君は sit座る downダウン, andそして you君は wait待つ aa little少し whilewhile,
その後は 座って
しばらく待機です
01:07
becauseなぜなら thisこの is theその Army.
それが陸軍ですから
01:09
Then次に you君は load負荷 theその aircraft航空機, andそして then次に you君は standスタンド upアップ andそして you君は get取得する on,
そして航空機に荷物を積み
私たちも乗り込みます
01:11
andそして you君は kind種類 of lumber木材 to theその aircraft航空機 like好きな thisこの, in aa lineライン of people,
各自が並んでこんな風に
ドシドシと航空機に乗り込み
01:14
andそして you君は sit座る downダウン on canvasキャンバス seats on eitherどちらか side of theその aircraft航空機.
左右にあるキャンバス布の
シートに座ったら
01:17
Andそして you君は wait待つ aa little少し bitビット longerより長いです,
またしばらく待機です
01:19
becauseなぜなら thisこの is theその Air空気 Force teaching教える theその Army howどうやって to wait待つ.
空軍が陸軍に「待て」を
教えてるんです (笑)
01:21
Then次に you君は take取る offオフ.
そして離陸です
01:26
Andそして it'sそれは painful痛い enough十分な now ---
その時点で締め付けがもう
充分辛いので
01:28
andそして I think思う it'sそれは designed設計 thisこの way方法 ---
― わざとこういう流れに
してるんだと思いますが
01:30
it'sそれは painful痛い enough十分な soそう you君は want欲しいです to jumpジャンプ.
辛くて早く飛び降りたくなります (笑)
01:32
You君は didn'tしなかった really本当に want欲しいです to jumpジャンプ, butだけど you君は want欲しいです outでる.
本当は飛び降りたくない
でも早く終わらせたい
01:34
Soそう you君は get取得する in theその aircraft航空機, you'reあなたは flying飛行 along一緒に,
そういうわけで航空機に乗って
しばらく飛行します
01:36
andそして at〜で 20 minutes outでる, theseこれら jumpmastersジャンプマスター start開始 giving与える you君は commandsコマンド.
降下地点まで20分の所で
降下指揮官が
01:39
They彼ら give与える 20 minutes --- that'sそれは aa time時間 warning警告.
「20分前」と警告します
01:41
You君は sit座る thereそこ, OKOK.
我々は座ったまま
「そうか」と
01:43
Then次に they彼ら give与える you君は 10 minutes.
その後また
「10分前」と言われます
01:45
Andそして of courseコース, you'reあなたは responding応答する with〜と allすべて of theseこれら.
この時間を使って
01:47
Andそして that'sそれは to boostブースト everybody'sみんな confidence信頼, to showショー thatそれ you'reあなたは notない scared怖い.
気持ちを高め
恐怖心を克服します
01:49
Then次に they彼ら give与える you君は, "Get取得する ready準備完了."
そして「準備しろ」と指示された後
01:52
Then次に they彼ら go行く, "Outboard船外 personnel人員, standスタンド upアップ."
「外側の隊員 起立」との号令で
01:54
Ifif you'reあなたは an outboard船外 personnel人員, now you君は standスタンド upアップ.
外側にいる隊員が立ち上がり
01:57
Ifif you'reあなたは an inboard船内 personnel人員, standスタンド upアップ.
次に内側にいる隊員が
立ち上がります
02:00
Andそして then次に you君は hookフック upアップ, andそして you君は hookフック upアップ yourきみの static静的 lineライン.
そしてパラシュートを展開させる
コードをひっかけます
02:02
Andそして at〜で thatそれ pointポイント, you君は think思う, "Heyねえ, guess推測 what?
その時点で頭をよぎるのは
02:05
I'm私は probably多分 going行く to jumpジャンプ.
「さぁ どうしよう
俺はこれから飛び降りる事になる
02:07
There'sそこに noいいえ way方法 to get取得する outでる of thisこの at〜で thisこの pointポイント."
もう逃げられないな」という思いです
02:09
You君は go行く throughを通して some一部 additional追加 checks小切手, andそして then次に they彼ら open開いた theその doorドア.
更にいくつかのチェックを受けた後に
ドアが開きます
02:11
Andそして thisこの wasあった thatそれ Tuesday火曜日 morning in September9月,
この日は9月の火曜日の朝
02:14
andそして itそれ wasあった prettyかなり niceいい outside外側.
外は晴天で
02:17
Soそう niceいい air空気 comes来る flowing流れる in.
気持ちの良い空気が
流れ込みます
02:19
Theその jumpmastersジャンプマスター start開始 to checkチェック theその doorドア.
降下指揮官士が
ドアのチェックをして
02:22
Andそして then次に whenいつ it'sそれは time時間 to go行く,
飛び降りる時間になったら
02:24
aa green light goes行く andそして theその jumpmasterジャンプマスター goes行く, "Go行く."
緑のランプが点灯し
ゴーサインが出ます
02:26
Theその first最初 guy goes行く, andそして you'reあなたは justちょうど in lineライン,
最初の一人が飛び出して
私は列に並びながら
02:28
andそして you君は justちょうど kind種類 of lumber木材 to theその doorドア.
ドシドシと ドアに近づいていきます
02:30
Jumpジャンプ is aa misnomer異名; you君は fall.
ジャンプって言うより落下ですね
02:32
You君は fall outside外側 theその doorドア,
ドアから落下して
02:34
you'reあなたは caught捕らえられた in theその slipstreamスリップストリーム.
飛行機の後の
空気の渦に入り込みます
02:36
Theその first最初 thingもの you君は do行う is lockロック into aa tightタイト body positionポジション ---
そこではまず
体をしっかり固めて
02:38
head downダウン in yourきみの chest, yourきみの arms武器 extended拡張された,
あごを引いて
腕を前に伸ばして
02:41
put置く over以上 yourきみの reserve予備 parachuteパラシュート.
予備のパラシュートをかかえます
02:43
You君は do行う thatそれ becauseなぜなら, 27 years before,
これは当時から27年前に
02:46
an airborne空中 sergeant軍曹 had持っていました taught教えた me to do行う thatそれ.
空挺部隊の軍曹に
教わった方法なんです
02:49
I have持ってる noいいえ ideaアイディア whetherかどうか itそれ makes作る anyどれか difference,
意味があるのかは
分からないんですが
02:52
butだけど he seemed見えた to make作る senseセンス,
このポーズは理にかなっているように
思えたし
02:54
andそして I wasn'tなかった going行く to testテスト theその hypothesis仮説 thatそれ he'd彼は be〜する wrong違う.
彼は間違いかも という仮説を
我が身で確かめる気はありません (笑)
02:56
Andそして then次に you君は wait待つ forために theその opening開ける shockショック
そしてパラシュートが開く時の
03:00
forために yourきみの parachuteパラシュート to open開いた.
衝撃を待ちます
03:02
Ifif you君は don'tしない get取得する an opening開ける shockショック, you君は don'tしない get取得する aa parachuteパラシュート ---
もし衝撃がなかったとしたら
03:04
you'veあなたは got持っている aa whole全体 new新しい problem問題 setセット.
パラシュートが開かなかったということで
全く新たな問題の浮上です
03:06
Butだけど typically典型的には you君は do行う; typically典型的には itそれ opens開く.
でも通常は衝撃があり
パラシュートが開きます
03:09
Andそして of courseコース, ifif yourきみの leg strapsストラップ aren'tない setセット right,
もし脚部ストラップが
正しくセットされていなかったら
03:12
at〜で thatそれ pointポイント you君は get取得する another別の little少し thrillスリル.
そこでも別のスリルが味わえます
03:15
Boomブーム.
ズンッ!
03:17
Soそう then次に you君は look見える aroundまわり,
そして周りを見渡し
03:19
you'reあなたは under aa canopyキャノピー andそして you君は sayいう, "Thisこの is good良い."
開いたパラシュートの下で
「よし」と一人つぶやき
03:21
Now you君は prepare準備する forために theその inevitable必然的.
いよいよ避けて通れない
ある事への準備をします
03:23
You君は are going行く to hitヒット theその ground接地.
地面に落ちる準備です
03:25
You君は can'tできない delayディレイ thatそれ muchたくさん.
猶予は殆どありません
03:27
Andそして you君は really本当に can'tできない decide決めます whereどこで you君は hitヒット very非常に muchたくさん,
どこに降りるかも
あまり選べません
03:29
becauseなぜなら they彼ら pretendふりをする you君は canできる steer操縦する,
なぜなら自分でコントロール
してるように見えても
03:31
butだけど you'reあなたは beingであること delivered配信された.
実際は流されて
落ちるだけなのですから
03:33
Soそう you君は look見える aroundまわり, whereどこで you'reあなたは going行く to land土地,
そこで着地する場所の
周りを見渡しながら
03:36
you君は tryお試しください to make作る yourselfあなた自身 ready準備完了.
準備をします
03:38
Andそして then次に asとして you君は get取得する close閉じる, you君は lower低い yourきみの rucksackリュックサック below以下 you君は on aa lowering低下 lineライン,
そして地上に近づいたら
リュックサックを体の下に移動します
03:40
soそう thatそれ it'sそれは notない on you君は whenいつ you君は land土地,
荷物に潰されないためです
03:43
andそして you君は prepare準備する to do行う aa parachute-landingパラシュート着陸 fall.
そして着地の準備をします
03:45
Now theその Army teaches教える you君は
陸軍の教えによれば ここで
03:47
to do行う five pointsポイント of performanceパフォーマンス ---
気を配るポイントが5つあります
03:49
theその toesつま先 of yourきみの feetフィート,
それが足の爪先
03:51
yourきみの calves子牛, yourきみの thighs太もも,
ふくらはぎ 太腿
03:53
yourきみの buttocks臀部 andそして yourきみの push-up押し上げる muscles筋肉.
臀部 胸筋で
03:55
It'sそれは thisこの elegantエレガント little少し land土地, twistねじれ andそして rollロール.
体をひねり 回転させながらの
華麗な着地となります
03:58
Andそして that'sそれは notない going行く to hurt傷つける.
そうすれば痛みはありません
04:01
In 30-some-一部 years of jumpingジャンプする, I never決して didした one1.
私は30数年 一度も
上手くできませんでしたが
04:03
(Laughter笑い)
(笑)
04:06
I always常に landed着陸した like好きな aa watermelonスイカ outでる of aa third三番 floor window.
いつも3階から落とされた
スイカみたいな着地でした
04:08
(Laughter笑い)
(笑)
04:11
Andそして asとして soonすぐに asとして I hitヒット,
そして着地してすぐに
04:13
theその first最初 thingもの I didした is I'd私は see見る ifif I'd私は broken壊れた anything何でも thatそれ I needed必要な.
私がする事は身体のどこかを
痛めてないかの確認でした
04:15
I'd私は shake振る myじぶんの head,
そして首を左右に振り
04:19
andそして I'd私は ask尋ねる myself私自身 theその eternal永遠の question質問:
永遠の問い掛けを
自分にするのです
04:21
"Whyなぜ didn'tしなかった I go行く into banking銀行業?"
「何で銀行勤めにしなかったんだろう?」と
04:24
(Laughter笑い)
(笑)
04:26
Andそして I'd私は look見える aroundまわり,
そして周りを見渡すと
04:28
andそして then次に I'd私は see見る another別の paratrooperパラシュート,
他の空挺部隊員
04:30
aa young若い guy orまたは girl女の子,
若い男性や女性が
04:32
andそして they'd彼らは have持ってる pulled引っ張られた outでる their彼らの Mm4 carbineカービン
M4カービン銃を取り出して
04:34
andそして they'd彼らは be〜する pickingピッキング upアップ their彼らの equipment装置.
落ちた装備品を
拾いあげています
04:36
They'd彼らは be〜する doingやっている everythingすべて
彼らは私たちが教えた通りに
04:38
thatそれ we我々 had持っていました taught教えた themそれら.
何でも実行します
04:40
Andそして I realized実現した
そこで気が付いたのです
04:42
thatそれ, ifif they彼ら had持っていました to go行く into combat戦闘,
戦闘になれば
彼らは —
04:44
they彼ら would〜する do行う what we我々 had持っていました taught教えた themそれら andそして they彼ら would〜する followフォローする leaders指導者.
私たちの教えを実行し
指揮官に従うということを
04:47
Andそして I realized実現した thatそれ, ifif they彼ら came来た outでる of combat戦闘,
彼らが戦闘から無事戻れたなら
04:50
itそれ would〜する be〜する becauseなぜなら we我々 ledLED themそれら wellよく.
我々の指示は適切だった
ということです
04:53
Andそして I wasあった hookedフック again再び on theその importance重要度 of what I didした.
そこで私は自らの役割の重大さを
再確認しました
04:55
Soそう now I do行う thatそれ Tuesday火曜日 morning jumpジャンプ,
さてその火曜日の朝は
04:59
butだけど it'sそれは notない anyどれか jumpジャンプ ---
それまでの降下訓練とは
違っていました
05:01
thatそれ wasあった September9月 11thth, 2001.
2001年9月11日だったのです
05:03
Andそして whenいつ we我々 took取った offオフ fromから theその airfield飛行場, Americaアメリカ wasあった at〜で peace平和.
飛行場から離陸した時には
平和だったアメリカが
05:07
Whenいつ we我々 landed着陸した on theその drop-zoneドロップゾーン, everythingすべて had持っていました changedかわった.
降下地域に着いた時には
全てが様変わりしていたのです
05:10
Andそして what we我々 thought思想
そこで思ったのは
05:14
about theその possibility可能性 of thoseそれら young若い soldiers兵隊 going行く into combat戦闘
それまで単に仮想的なものだった
05:16
asとして beingであること theoretical理論的
あの兵士達にとっての戦場が
05:18
wasあった now very非常に, very非常に realリアル ---
極めて現実的なものになった
ということです
05:20
andそして leadershipリーダーシップ seemed見えた important重要.
そこでリーダーシップの
重要性を実感しました
05:22
Butだけど thingsもの had持っていました changedかわった;
しかし色々な事が
変わっていました
05:24
I wasあった aa 46-year-old-歳 brigadier准将 general一般.
当時の私は46歳の准将で
05:26
I'd私は beenされている successful成功した,
それまで順調に
やってきていましたが
05:28
butだけど thingsもの changedかわった soそう muchたくさん
たくさんのことが変わりすぎて
05:30
thatそれ I wasあった going行く to have持ってる to make作る some一部 significant重要な changes変更,
私自身も大きく変わらなければ
いけないということが
05:33
andそして on thatそれ morning, I didn'tしなかった know知っている itそれ.
その日の朝には
分かっていませんでした
05:35
I wasあった raised育った with〜と traditional伝統的な stories物語 of leadershipリーダーシップ:
私はいわゆる
王道的リーダーシップ教育を受けてきました
05:38
Robertロバート Ee. Leeリー, Johnジョン Bufordビューフォード at〜で Gettysburgゲティスバーグ.
ゲティスバーグの戦いでのリー将軍や
ジョン・ビュフォードの話を聞かされました
05:41
Andそして I alsoまた、 wasあった raised育った
またその一方で
05:44
with〜と personal個人的 examples of leadershipリーダーシップ.
身近にリーダーシップ例を見て
育ったというのもあります
05:46
Thisこの wasあった myじぶんの fatherお父さん in Vietnamベトナム.
これはベトナム戦争での
私の父の写真です
05:49
Andそして I wasあった raised育った to believe信じる
私が教えられてきた信念は
05:52
thatそれ soldiers兵隊 wereあった strong強い andそして wise賢い
兵士とは強く 賢く
05:54
andそして brave勇敢な andそして faithful忠実な;
勇敢で 誠実であるということです
05:56
they彼ら didn'tしなかった lie嘘つき, cheatカンニング, stealスチール
彼らは嘘をつかず
誤魔化さず 盗まず
05:58
orまたは abandon放棄する their彼らの comrades同志たち.
仲間を見捨てません
06:00
Andそして I stillまだ believe信じる realリアル leaders指導者 are like好きな thatそれ.
私は今でも真のリーダーは
そういうものだと考えています
06:02
Butだけど in myじぶんの first最初 25 years of careerキャリア,
しかしそれまでの
25年のキャリアで
06:09
I had持っていました aa bunch of different異なる experiences経験.
私はその信念とは異なる
様々な経験をしました
06:11
One1 of myじぶんの first最初 battalion大隊 commanders指揮官,
最初の方についた
大隊指揮官の下では
06:14
I worked働いた in his battalion大隊 forために 18 months数ヶ月
18ヶ月間勤めたのですが
06:16
andそして theその onlyのみ conversation会話 he everこれまで had持っていました with〜と Ltlt. McChrystalmcchrystal
当時中尉だった私と
大隊指揮官との唯一の会話は
06:18
wasあった at〜で mileマイル 18 of aa 25-mile-マイル road道路 march行進,
40キロ行進における
29キロ地点で
06:22
andそして he chewed噛んだ myじぶんの assお尻 forために about 40 seconds.
40秒程怒鳴られたというだけで
06:25
Andそして I'm私は notない sure確かに thatそれ wasあった realリアル interactionインタラクション.
これを会話と言っていいのかも
分かりません
06:27
Butだけど then次に aa coupleカップル of years later後で, whenいつ I wasあった aa company会社 commander指揮官,
それから数年後
私が中隊指揮官だった時には
06:30
I went行った outでる to theその National全国 Trainingトレーニング Centerセンター.
ナショナル・トレーニング・センターに出向き
06:33
Andそして we我々 didした an operation操作,
軍事訓練を行いました
06:35
andそして myじぶんの company会社 didした aa dawn夜明け attack攻撃 ---
早朝攻撃訓練です
06:37
you君は know知っている, theその classicクラシック dawn夜明け attack攻撃:
まあいわゆる典型的な早朝攻撃で
06:39
you君は prepare準備する allすべて night, move動く to theその lineライン of departure出発.
一晩中準備をして
攻撃開始線に移動するものです
06:41
Andそして I had持っていました an armored装甲した organization組織 at〜で thatそれ pointポイント.
私の部隊は武装していましたが
06:43
We我々 move動く forward前進, andそして we我々 get取得する wiped拭いた outでる ---
前進したとたん
全滅させられました
06:45
I mean平均, wiped拭いた outでる immediatelyすぐに.
本当にあっという間に
壊滅状態です
06:47
Theその enemy didn'tしなかった breakブレーク aa sweat doingやっている itそれ.
敵軍は汗ひとつかいてません
06:49
Andそして after theその battle戦い,
そして戦闘後には
06:52
they彼ら bring持参する thisこの mobileモバイル theater劇場 andそして they彼ら do行う what they彼ら callコール an "after actionアクション reviewレビュー"
移動式シアターを使い「演習後レビュー」
と呼ばれるものが行われ
06:54
to teach教える you君は what you'veあなたは done完了 wrong違う.
どこに間違っていたかを
指摘されるのです
06:57
Sortソート of leadershipリーダーシップ by〜によって humiliation屈辱.
いわば辱めによるリーダーシップです
06:59
They彼ら put置く aa big大きい screen画面 upアップ, andそして they彼ら take取る you君は throughを通して everythingすべて:
大きなスクリーン上で
訓練全体を見直しながら
07:01
"andそして then次に you君は didn'tしなかった do行う thisこの, andそして you君は didn'tしなかった do行う thisこの, etc."
「そこで君はこうしなかった
それにこれをしなかった 等」
07:03
I walked歩いた outでる feeling感じ asとして low低い
出てくる時にはもう —
07:06
asとして aa snake'sヘビ belly in aa wagonワゴン rutまぶしい.
これ以上ないくらい
落ち込んでいました
07:08
Andそして I saw見た myじぶんの battalion大隊 commander指揮官, becauseなぜなら I had持っていました let〜する him downダウン.
そして失望させてしまった
大隊指揮官に会いに行きます
07:10
Andそして I went行った upアップ to apologizeお詫びする to him,
彼に詫びるために行ったのですが
07:13
andそして he said前記, "Stanleyスタンリー, I thought思想 you君は didした greatすばらしいです."
「スタンリー 君は上手くやったと思うよ」
07:15
Andそして in one1 sentence,
彼はたった一言で
07:18
he lifted持ち上げられた me, put置く me backバック on myじぶんの feetフィート,
私を元気付け
やる気を出させてくれました
07:20
andそして taught教えた me thatそれ leaders指導者 canできる let〜する you君は fail失敗します
部下の失敗を許す一方で
その部下自身を失敗としては扱わない
07:23
andそして yetまだ notない let〜する you君は be〜する aa failure失敗.
というリーダー像を示してくれたのです
07:26
Whenいつ 9/11 came来た,
9・11テロが起きたとき
07:31
46-year-old-歳 Brig頑固な. Gen. McChrystalmcchrystal sees見える aa whole全体 new新しい world世界.
46歳の准将だった私にとって
世界は全く新しいものになりました
07:33
First最初, theその thingsもの thatそれ are obvious明らか, thatそれ you'reあなたは familiar身近な with〜と:
当たり前だったこと
慣れ親しんでいたことが変わりました
07:37
theその environment環境 changedかわった ---
環境が変わり
あらゆることの
07:40
theその speed速度, theその scrutiny精査,
スピード 精細さ 感度が変わり
07:42
theその sensitivity感度 of everythingすべて now is soそう fast速い,
あまりにも速くなって
07:44
sometimes時々 itそれ evolves進化する fasterもっと早く
時にはあまりに進化が早すぎて
07:46
thanより people have持ってる time時間 to really本当に reflect反映する on itそれ.
見直す時間も
とれないこともあります
07:48
Butだけど everythingすべて we我々 do行う
しかし私たちのすることは全てが
07:50
is in aa different異なる contextコンテキスト.
それぞれ違った状況に
置かれています
07:52
Moreもっと importantly重要なこと, theその force thatそれ I ledLED
更に重要なことに
私が率いた軍隊は
07:55
wasあった spread普及 over以上 moreもっと thanより 20 countries.
当時20ヵ国以上に
拡がっていました
07:57
Andそして instead代わりに of beingであること ableできる to get取得する allすべて theその keyキー leaders指導者
この状態では
主要なリーダー達を
08:00
forために aa decision決定 together一緒に in aa singleシングル roomルーム
一つの部屋に集め顔を合わせて
共に意思決定を行い
08:02
andそして look見える themそれら in theその eye andそして buildビルドする their彼らの confidence信頼
一人ひとりの目を見て
士気を高め
08:04
andそして get取得する trust信頼 fromから themそれら,
信頼を得るという方法は
使えません
08:06
I'm私は now leading先導 aa force that'sそれは dispersed分散した,
この時は世界各地に
分散している軍隊を
08:08
andそして I've私は got持っている to useつかいます otherその他 techniques技術.
違うテクニックで
指揮しなければなりませんでした
08:11
I've私は got持っている to useつかいます videoビデオ teleconferences電話会議, I've私は got持っている to useつかいます chatチャット,
それはビデオ通話やチャット
08:14
I've私は got持っている to useつかいます emailEメール, I've私は got持っている to useつかいます phone電話 callsコール ---
Eメールに電話
08:17
I've私は got持っている to useつかいます everythingすべて I canできる,
使えるものは全て
活用しなければなりません
08:19
notない justちょうど forために communicationコミュニケーション,
これはコミュニケーションの
為だけではなく
08:22
butだけど forために leadershipリーダーシップ.
リーダーシップを発揮する
という意味でもです
08:24
Aa 22-year-old-歳 individual個人
私と何千キロも離れた場所で
08:26
operatingオペレーティング alone単独で,
単独で任務を行っている
08:28
thousands of milesマイル fromから me,
22歳の一個人が自信を持って
08:30
has持っている got持っている to communicate通信する to me with〜と confidence信頼.
私と連携を
取らなければならないのです
08:32
I have持ってる to have持ってる trust信頼 in themそれら andそして vice versaその逆.
私は彼らを信じなければならないし
その逆もしかりです
08:35
Andそして I alsoまた、 have持ってる to buildビルドする their彼らの faith信仰.
また彼らの信念を
育てる必要もあります
08:38
Andそして that'sそれは aa new新しい kind種類 of leadershipリーダーシップ
私にとっては新しいタイプの
08:41
forために me.
リーダーシップです
08:43
We我々 had持っていました one1 operation操作
あるとき とある軍事行動で
08:45
whereどこで we我々 had持っていました to coordinate調整する itそれ fromから multiple複数 locations場所.
各地の隊員と連携を
取らなければなりませんでした
08:47
An emerging新興 opportunity機会 came来た ---
新しいチャンスが来たのです
08:49
didn'tしなかった have持ってる time時間 to get取得する everybodyみんな together一緒に.
全員を集める時間はありません
08:51
Soそう we我々 had持っていました to get取得する complex複合体 intelligenceインテリジェンス together一緒に,
複雑な情報を
集める必要があったので
08:54
we我々 had持っていました to lineライン upアップ theその ability能力 to act行為.
実行力が問われました
08:57
Itそれ wasあった sensitive敏感な, we我々 had持っていました to go行く upアップ theその chain of commandコマンド,
一筋縄ではいきません
私たちは軍の上部にかけあって
08:59
convince説得する themそれら thatそれ thisこの wasあった theその right thingもの to do行う
自分たちが正しいことを
しようとしているのだと
09:02
andそして do行う allすべて of thisこの
説得する必要がありました
そしてこれをすべて
09:04
on electronic電子 medium.
電子メディアのみで
行わなければなりませんでした
09:06
We我々 failed失敗した.
結果は失敗です
09:09
Theその missionミッション didn'tしなかった work作業.
任務は上手く行きませんでした
09:12
Andそして soそう now what we我々 had持っていました to do行う
この時点で私たちがすべきことは
09:14
is I had持っていました to reachリーチ outでる
部隊に働きかけて
09:16
to tryお試しください to rebuild再構築する theその trust信頼 of thatそれ force,
信頼を再構築すること
09:18
rebuild再構築する their彼らの confidence信頼 ---
そして隊員に再び
自信を持たせることでした
09:20
me andそして themそれら, andそして themそれら andそして me,
私から各隊員
各隊員から私に対する信頼
09:22
andそして our我々の seniors先輩 andそして us米国 asとして aa force ---
上官と我々の間の信頼を取り戻し
一体になるということです
09:24
allすべて withoutなし theその ability能力 to put置く aa handハンド on aa shoulderショルダー.
全員 肩に触れ合えるような距離には
いないわけです
09:27
Entirely完全に new新しい requirement要件.
これは今までにない課題でした
09:30
Alsoまた、, theその people had持っていました changedかわった.
また隊員達も
今までとは違っていました
09:34
You君は probably多分 think思う thatそれ theその force thatそれ I ledLED
皆さんはおそらく
私が率いた部隊の要員を
09:37
wasあった allすべて steely-eyed汽笛 commandos指揮官 with〜と big大きい knuckleナックル fists
でかい拳で いかつい兵器を
持ち歩いている
09:39
carrying運ぶ exoticエキゾチック weapons兵器.
冷酷な目をした軍人だと
想像しているかもしれませんが
09:42
In reality現実,
実際のところ
09:45
muchたくさん of theその force I ledLED
私が率いたのは
09:47
looked見た exactly正確に like好きな you君は.
まさに皆さんと
同じような人たちでした
09:49
Itそれ wasあった men男性, women女性, young若い, old古い ---
老若男女
09:52
notない justちょうど fromから military軍事; fromから different異なる organizations組織,
軍隊だけではなく
様々な組織から派遣されてきて
09:55
manyたくさんの of themそれら detailed詳細な to us米国 justちょうど fromから aa handshakeハンドシェーク.
握手の挨拶から始まる
といった人たちです
09:58
Andそして soそう instead代わりに of giving与える orders注文,
なので一方的に
指示を出すのではなく
10:01
you'reあなたは now building建物 consensusコンセンサス
意見の一致を図り
10:03
andそして you'reあなたは building建物 aa senseセンス of shared共有 purpose目的.
共通の目的を認識する
という方法をとります
10:05
Probably多分 theその biggest最大 change変化する
もっとも大きな変化と
言えるのは おそらく
10:09
wasあった understanding理解 thatそれ theその generational世代間 difference,
世代間の違いを
認識することだったでしょう
10:11
theその ages年齢, had持っていました changedかわった soそう muchたくさん.
部隊の年齢層があまりにも
変わっていたからです
10:14
I went行った downダウン to be〜する with〜と aa Rangerレンジャー platoon小隊
アフガニスタンでのある作戦で
レンジャー部隊と
10:17
on an operation操作 in Afghanistanアフガニスタン,
行動をともにしていたんですが
10:20
andそして on thatそれ operation操作,
この作戦中に
10:22
aa sergeant軍曹 in theその platoon小隊
小隊の軍曹が
10:24
had持っていました lost失われた about halfハーフ his arm
片腕のおよそ半分を失いました
10:26
throwing投げ aa Talibanタリバン handハンド grenade手榴弾
これは彼の部隊の目の前に落ちた
10:28
backバック at〜で theその enemy
タリバン兵による手榴弾を
10:30
after itそれ had持っていました landed着陸した in his fire火災 teamチーム.
敵兵に投げ返そうとした時のことでした
10:32
We我々 talked話した about theその operation操作,
作戦について話し合っていて
10:36
andそして then次に at〜で theその end終わり I didした what I oftenしばしば do行う with〜と aa force like好きな thatそれ.
最後に このような部隊にはいつも聞く
ある質問をしました
10:38
I asked尋ねた, "Whereどこで wereあった you君は on 9/11?"
「9.11事件の日
君たちはどこにいたのかな?」と
10:41
Andそして one1 young若い Rangerレンジャー in theその backバック ---
後方にいたある若い隊員は
10:45
his hair's髪の毛 tousledトゥースルド andそして his face is red andそして windblown吹かれた
アフガニスタンで
吹き荒れる冷たい風で
10:47
fromから beingであること in combat戦闘 in theその coldコールド Afghanアフガン wind ---
髪を乱し 顔を赤くさせながら
こう答えました
10:49
he said前記, "Sirサー, I wasあった in theその sixth第六 gradeグレード."
「自分は当時小学校6年生でした」と
10:53
Andそして itそれ reminded思い出した me
そこで再認識するのは
10:57
thatそれ we're私たちは operatingオペレーティング aa force
私たちが率いる軍隊には
11:00
thatそれ must必須 have持ってる shared共有 purpose目的
目的や意識の共有が
11:02
andそして shared共有 consciousness意識,
必要ですが
11:04
andそして yetまだ he has持っている different異なる experiences経験,
彼と私の経験はあまりに違い
11:06
in manyたくさんの cases症例 aa different異なる vocabulary単語,
多くの場合
使う言葉も異なるし
11:08
aa completely完全に different異なる skillスキル setセット
デジタル・メディアの扱いについては
11:11
in terms条項 of digitalデジタル mediaメディア
私や他の多くの年配指揮官とは
11:13
thanより I do行う andそして manyたくさんの of theその otherその他 senior上級 leaders指導者.
まったく違った種類のスキルを
備えているということです
11:16
Andそして yetまだ, we我々 need必要 to have持ってる thatそれ shared共有 senseセンス.
それでも 私たちは感覚を
共有する必要があるのです
11:20
Itそれ alsoまた、 produced生産された something何か
これはある効果をも生み出します
11:25
whichどの I callコール an inversion反転 of expertise専門知識,
私が専門性の逆転
とでも呼ぶものです
11:27
becauseなぜなら we我々 had持っていました soそう manyたくさんの changes変更 at〜で theその lower低い levelsレベル
どういうことかというと 末端では
テクノロジーや戦術等
11:29
in technology技術 andそして tactics戦術 andそして whatnot何もない,
時代に伴い非常に多くの
変化が起きてきました
11:32
thatそれ suddenly突然 theその thingsもの thatそれ we我々 grew成長しました upアップ doingやっている
気がつくと私たちが
今まで慣れ親しんできた事が
11:34
wasn'tなかった what theその force wasあった doingやっている anymoreもう.
今の軍隊では行われなく
なったりしています
11:37
Soそう howどうやって doesする aa leaderリーダー
そんな中 リーダーはどのようにすれば
11:40
stay滞在 credible信頼できる andそして legitimate合法的
信頼性や正当性を保てるのか
11:42
whenいつ they彼ら haven't持っていない done完了
自分たちがしたことの
ないことを
11:44
what theその people you'reあなたは leading先導 are doingやっている?
している人々を
どう指揮したらいいのか?
11:46
Andそして it'sそれは aa brandブランド new新しい leadershipリーダーシップ challengeチャレンジ.
これはリーダーシップにおける
新たな課題です
11:49
Andそして itそれ forced強制された me to become〜になる aa lotロット moreもっと transparentトランスペアレント,
このことで私は必要にかられ
今まで以上に心を開き
11:51
aa lotロット moreもっと willing喜んで to listen聴く,
今まで以上に耳を傾け
11:54
aa lotロット moreもっと willing喜んで to be〜する reverse-mentoredリバースメンター fromから lower低い.
今まで以上に部下から
学ぶようになりました
11:56
Andそして yetまだ, again再び, you'reあなたは notない allすべて in one1 roomルーム.
しかも同じ場所に居ずにして
やらなければならないのです
12:01
Then次に another別の thingもの.
それから他にも一つ
12:05
There'sそこに an effect効果 on you君は andそして on yourきみの leaders指導者.
自分や自分の下のリーダーにも
影響があります
12:07
There'sそこに an impact影響, it'sそれは cumulative累積的な.
衝撃を受けますし
蓄積されていきます
12:09
You君は don'tしない resetリセット, orまたは recharge再充電する yourきみの battery電池 everyすべて time時間.
毎回リセットや充電が
できるものではありません
12:12
I stood立っていた in frontフロント of aa screen画面 one1 night in Iraqイラク
イラクでのとある夜
12:16
with〜と one1 of myじぶんの senior上級 officers役員
私は高官と一緒に
スクリーンの前に立ち
12:18
andそして we我々 watched見た aa firefight火事 fromから one1 of our我々の forces.
ある部隊が行った
銃撃戦を見ていました
12:20
Andそして I remembered思い出した his son息子 wasあった in our我々の force.
その時 私の部隊に
彼の息子がいることを思い出しました
12:22
Andそして I said前記, "Johnジョン, where'sどこですか yourきみの son息子? Andそして howどうやって is he?"
「ジョン 君の息子はどこで
何をしているんだ?」と尋ねると
12:25
Andそして he said前記, "Sirサー, he's彼は fine細かい. Thanksありがとう forために asking尋ねる."
「ありがとうございます
息子は元気です」と答え
12:28
I said前記, "Whereどこで is he now?"
「今はどこにいるんだ」と聞くと
12:30
Andそして he pointed尖った at〜で theその screen画面, he said前記, "He's彼は in thatそれ firefight火事."
スクリーンを指差し
「その銃撃戦に加わっています」と答えたのです
12:32
Think思う about watching見ている yourきみの brother, fatherお父さん,
想像してみて下さい 
自分の兄弟 父親
12:35
daughter, son息子, wife
娘 息子 妻が
12:38
in aa firefight火事 in realリアル time時間
今現在 銃撃戦をしているのを
見ているだけで
12:41
andそして you君は can'tできない do行う anything何でも about itそれ.
自分では何もできないのです
12:43
Think思う about knowing知っている thatそれ over以上 time時間.
そんな状況にいることを
想像してみてください
12:45
Andそして it'sそれは aa new新しい cumulative累積的な pressure圧力 on leaders指導者.
これはリーダーにとって
積み重なる新たな重責です
12:47
Andそして you君は have持ってる to watch時計 andそして take取る careお手入れ of each otherその他.
私たちはお互いに気を配り
助け合わなければなりません
12:49
I probably多分 learned学んだ theその most最も about relationships関係.
私が最も学んだことは
たぶん人間関係でしょう
12:54
I learned学んだ they彼ら are theその sinew
人間関係こそが
部隊を一つにまとめる
12:58
whichどの holdホールド theその force together一緒に.
柱だと言う事を学んだのです
13:01
I grew成長しました upアップ muchたくさん of myじぶんの careerキャリア in theその Rangerレンジャー regiment連隊.
私はキャリアのほとんどを
レンジャー部隊で過ごしました
13:03
Andそして everyすべて morning in theその Rangerレンジャー regiment連隊,
レンジャー部隊では毎朝
13:06
everyすべて Rangerレンジャー --- andそして thereそこ are moreもっと thanより 2,000 of themそれら ---
2000人を超える全隊員が
13:08
says言う aa six-stanza6連 Rangerレンジャー creed信条.
6節からなる
レンジャーの信条を唱えます
13:10
You君は mayかもしれない know知っている one1 lineライン of itそれ, itそれ says言う,
ご存知かもしれませんが その一つが
13:13
"I'll私はよ never決して leave離れる aa fallen倒れた comrade同志 to fall into theその hands of theその enemy."
「私は絶対に 倒れた仲間を見捨てません
敵の手中に落ちることを許しません」というものです
13:15
Andそして it'sそれは notない aa mindless思考のない mantraマントラ,
ただ唱えるだけのお経でも
13:18
andそして it'sそれは notない aa poem.
詩でもありません
13:20
It'sそれは aa promise約束する.
誓いなのです
13:22
Everyすべて Rangerレンジャー promises約束 everyすべて otherその他 Rangerレンジャー,
全レンジャー隊員が
他の隊員に誓うのです
13:24
"Noいいえ matter問題 what happens起こる, noいいえ matter問題 what itそれ costsコスト me,
例え何が起きようと
どんな犠牲を払おうと
13:26
ifif you君は need必要 me, I'm私は coming到来."
必要とされるなら
私はあなたの許に向かいます と
13:29
Andそして everyすべて Rangerレンジャー gets取得 thatそれ same同じ promise約束する
そして全レンジャー隊員が
他の隊員から
13:32
fromから everyすべて otherその他 Rangerレンジャー.
同じ誓いを受けるのです
13:34
Think思う about itそれ. It'sそれは extraordinarily異常に powerful強力な.
考えてみてください
これは物凄く力強いものです
13:36
It'sそれは probably多分 moreもっと powerful強力な thanより marriage結婚 vows誓い.
おそらく結婚の誓いよりも
力強いでしょう
13:38
Andそして they've彼らは lived住んでいました upアップ to itそれ, whichどの gives与える itそれ special特別 powerパワー.
みんなが実際に誓いを実行し
それが特別な力を与えているのです
13:43
Andそして soそう theその organizational組織的 relationship関係 thatそれ bonds債券 themそれら
軍隊で人を結びつけている
組織的な人間関係というのは
13:46
is justちょうど amazing素晴らしい.
本当に驚くべきものです
13:50
Andそして I learned学んだ personal個人的 relationships関係
そして個々の人間関係が
これまで以上に
13:52
wereあった moreもっと important重要 thanより everこれまで.
大切であることも学びました
13:54
We我々 wereあった in aa difficult難しい operation操作 in Afghanistanアフガニスタン in 2007,
2007年のアフガニスタンで
難しい任務にあたっていた時
13:56
andそして an old古い friend友人 of mine鉱山,
私の古くからの友人がいるのですが
13:59
thatそれ I had持っていました spent過ごした manyたくさんの years
彼は私のキャリアの様々な時点で
14:01
at〜で various様々な pointsポイント of myじぶんの careerキャリア with〜と ---
何年も一緒に過ごした人で
14:03
godfatherゴッドファーザー to one1 of their彼らの kids子供たち ---
彼の子供の一人は
私が名付けもしました
14:05
he sent送られた me aa note注意, justちょうど in an envelopeエンベロープ,
その彼がメモを送ってくれました
ただ封筒に入っただけのものです
14:08
thatそれ had持っていました aa quote見積もり fromから Shermanシャーマン to Grant付与
「シャーマンからグラントへの手紙」
からの引用文で
14:11
thatそれ said前記, "I knew知っていた ifif I everこれまで got持っている in aa tightタイト spotスポット,
「私が窮地に陥った時 君は
生きていればきっと助けに来てくれると
14:13
thatそれ you君は would〜する come来る, ifif alive生きている."
確信していました」と
書かれていたのです
14:16
Andそして having持つ thatそれ kind種類 of relationship関係, forために me,
私にとって このような
人間関係を持っていることが
14:20
turned回した outでる to be〜する criticalクリティカルな at〜で manyたくさんの pointsポイント in myじぶんの careerキャリア.
これまでのキャリアの様々な地点で
鍵となってきたんです
14:22
Andそして I learned学んだ thatそれ you君は have持ってる to give与える thatそれ
そして こういった環境では
そういった信頼が
14:25
in thisこの environment環境,
必要不可欠だと学びました
14:27
becauseなぜなら it'sそれは toughタフ.
困難な状況だからです
14:29
Thatそれ wasあった myじぶんの journey.
これが私の人生の旅です
14:32
I hope希望 it'sそれは notない over以上.
この旅が まだ続くことを
祈っています
14:34
I came来た to believe信じる
今ではこう思うようになりました
14:36
thatそれ aa leaderリーダー isn'tない good良い becauseなぜなら they're彼らは right;
優れたリーダーが優れているのは
正しいからではなく
14:38
they're彼らは good良い becauseなぜなら they're彼らは willing喜んで to learn学ぶ andそして to trust信頼.
進んで学び
信頼することによってなのだと
14:40
Thisこの isn'tない easy簡単 stuffもの.
これは簡単な事ではありません
14:45
It'sそれは notない like好きな thatそれ electronic電子 absabs machine機械
電動腹筋マシーンみたいに
月に15分で
14:48
whereどこで, 15 minutes aa month, you君は get取得する washboard洗面台 absabs.
割れた腹筋が
手に入るわけではありません
14:50
(Laughter笑い)
(笑)
14:52
Andそして itそれ isn'tない always常に fairフェア.
それに必ずしも
フェアではありません
14:54
You君は canできる get取得する knockedノックアウト downダウン,
打ちのめされることも
あるでしょう
14:57
andそして itそれ hurts痛い
そういう時は苦しいです
15:00
andそして itそれ leaves scars傷跡.
心に傷が残ることもあります
15:02
Butだけど ifif you'reあなたは aa leaderリーダー,
しかし もしあなたがリーダーなら
15:05
theその people you'veあなたは counted数えられた on
あなたが頼りにしている人たちが
15:07
will意志 help助けて you君は upアップ.
助けてくれるでしょう
15:10
Andそして ifif you'reあなたは aa leaderリーダー,
そして もしあなたがリーダーなら
15:12
theその people who countカウント on you君は need必要 you君は on yourきみの feetフィート.
自分を必要とする人達の為に
踏ん張らなければなりません
15:15
Thank感謝 you君は.
ありがとうございました
15:18
(Applause拍手)
(拍手)
15:20
Translated by Wataru Yamazato
Reviewed by SHIGERU MASUKAWA

▲Back to top

About the speaker:

Stanley McChrystal - Military leader
General Stanley McChrystal is the former commander of U.S. and International forces in Afghanistan. A four-star general, he is credited for creating a revolution in warfare that fuses intelligence and operations.

Why you should listen

With a remarkable record of achievement, General Stanley McChrystal has been praised for creating a revolution in warfare that fused intelligence and operations. A four-star general, he is the former commander of U.S. and international forces in Afghanistan and the former leader of Joint Special Operations Command (JSOC), which oversees the military’s most sensitive forces. McChrystal’s leadership of JSOC is credited with the December 2003 capture of Saddam Hussein and the June 2006 location and killing of Abu Musab al-Zarqawi, the leader of al-Qaeda in Iraq. McChrystal, a former Green Beret, is known for his candor.

After McChrystal graduated from West Point, he was commissioned as an infantry officer, and spent much of his career commanding special operations and airborne infantry units. During the Persian Gulf War, McChrystal served in a Joint Special Operations Task Force and later commanded the 75th Ranger Regiment. He completed year-long fellowships at Harvard’s John F. Kennedy School of Government in 1997 and in 2000 at the Council on Foreign Relations. In 2002, he was appointed chief of staff of military operations in Afghanistan. Two years later, McChrystal was selected to deliver nationally televised Pentagon briefings about military operations in Iraq. From 2003 to 2008, McChrystal commanded JSOC and was responsible for leading the nation’s deployed military counter-terrorism efforts around the globe. He assumed command of all International Forces in Afghanistan in June 2009. President Obama’s order for an additional 30,000 troops to Afghanistan was based on McChrystal’s assessment of the war there. McChrystal retired from the military in August 2010.

More profile about the speaker
Stanley McChrystal | Speaker | TED.com