English-Video.net comment policy

The comment field is common to all languages

Let's write in your language and use "Google Translate" together

Please refer to informative community guidelines on TED.com

TEDSalon NY2013

Malcolm Gladwell: The unheard story of David and Goliath

マルコム・グラッドウェル: 知られざるダビデとゴリアテの物語

Filmed
Views 3,711,026

それは弱者が強者を倒したという有名な物語。武器と言えば石投げだけの若い羊飼いダビデが、屈強の戦士ゴリアテを倒したのです。この話は聖書を通して広まり、思いもかけない勝利を表す決まり文句になりました。しかし、本当のダビデとゴリアテの話はどういうものだったのかと、マルコム・グラッドウェルは問いかけます。

- Writer
Detective of fads and emerging subcultures, chronicler of jobs-you-never-knew-existed, Malcolm Gladwell's work is toppling the popular understanding of bias, crime, food, marketing, race, consumers and intelligence. Full bio

Soそう I wanted欲しい to telltell aa storyストーリー
本日 お話したいのは
00:12
thatそれ really本当に obsessed執拗な me whenいつ I wasあった writing書き込み myじぶんの new新しい book,
新作を執筆中に
頭を悩ませていた問題です
00:13
andそして it'sそれは aa storyストーリー of something何か thatそれ happened起こった
それは3,000年前の
00:17
3,000 years ago,
出来事です
00:20
whenいつ theその Kingdom王国 of Israelイスラエル wasあった in itsその infancy幼児期.
イスラエル王国が
誕生したばかりの頃で
00:22
Andそして itそれ takesテイク place場所 in an areaエリア calledと呼ばれる theその Shephelahシェペラ
シェフェラという
場所で起きました
00:25
in what is now Israelイスラエル.
今のイスラエルにあります
00:28
Andそして theその reason理由 theその storyストーリー obsessed執拗な me is thatそれ
なぜ 悩んでいたのかというと
00:30
I thought思想 I understood理解された itそれ, andそして then次に I went行った backバック over以上 itそれ
知っているつもりのことを
実は—
00:32
andそして I realized実現した thatそれ I didn'tしなかった understandわかる itそれ at〜で allすべて.
全く理解していなかったと
気付いたからです
00:36
Ancient古代 Palestineパレスチナ had持っていました aa --- along一緒に itsその eastern東部 border境界,
古代パレスティナの
東側の国境に沿って
00:40
there'sそこに aa mountain range範囲.
山脈がありました
00:44
Stillまだ same同じ is true真実 of Israelイスラエル today今日.
今日のイスラエルと同じです
00:46
Andそして in theその mountain range範囲 are allすべて of theその ancient古代 cities都市
そしてこの地域の
主要な古代都市—
00:48
of thatそれ region領域, soそう Jerusalemエルサレム, Bethlehemベツレヘム, Hebronヘブロン.
エルサレム ベツレヘム ヘブロンはみな
この山脈にありました
00:51
Andそして then次に there'sそこに aa coastal沿岸の plainプレーン
そして地中海に面した海岸平野に
00:55
along一緒に theその Mediterranean地中海, whereどこで Tel電話 Avivaviv is now.
現在のテルアビブがありますが
00:57
Andそして connecting接続する theその mountain range範囲 with〜と theその coastal沿岸の plainプレーン
この山脈と海岸平野の
間の地域が
01:01
is an areaエリア calledと呼ばれる theその Shephelahシェペラ,
シェフェラと
呼ばれていました
01:04
whichどの is aa seriesシリーズ of valleys andそして ridges尾根 thatそれ run走る east to west西,
尾根と谷が東西に走り
01:06
andそして you君は canできる followフォローする theその Shephelahシェペラ, go行く throughを通して theその Shephelahシェペラ
シェフェラを通って
01:10
to get取得する fromから theその coastal沿岸の plainプレーン to theその mountains山々.
海岸平野から
山脈に出られます
01:14
Andそして theその Shephelahシェペラ, ifif you'veあなたは beenされている to Israelイスラエル, you'llあなたは know知っている
イスラエルに
行ったことのある方なら
01:16
it'sそれは justちょうど about theその most最も beautiful綺麗な part of Israelイスラエル.
そこが最も美しい場所だと
ご存知でしょう
01:18
It'sそれは gorgeousゴージャスな, with〜と forests森林 of oakオーク
きれいですよ
オークの森があり
01:20
andそして wheat小麦 fieldsフィールド andそして vineyardsブドウ園.
麦畑にブドウ園
01:23
Butだけど moreもっと importantly重要なこと, thoughしかし, in theその history歴史 of thatそれ region領域,
しかしそれ以上に
この地域は歴史的に
01:26
it'sそれは servedサービスされた, it'sそれは had持っていました aa realリアル strategic戦略的 function関数,
戦略上重要な拠点でした
01:29
andそして thatそれ is, itそれ is theその means手段 by〜によって whichどの hostile敵対的な armies軍隊
つまり 敵愾心に満ちた軍隊が
01:33
on theその coastal沿岸の plainプレーン find見つける their彼らの way方法,
海岸平野から
この地を通って
01:36
get取得する upアップ into theその mountains山々 andそして threaten脅かす thoseそれら living生活 in theその mountains山々.
山脈に入り込めば
イスラエルの民には脅威でした
01:38
Andそして 3,000 years ago, that'sそれは exactly正確に what happens起こる.
3,000年前に
まさにこれが起こりました
01:42
Theその Philistinesフィリスチン, who are theその biggest最大 of enemies
イスラエル王国の
最大の敵は
01:45
of theその Kingdom王国 of Israelイスラエル,
ペリシテ人で
01:49
are living生活 in theその coastal沿岸の plainプレーン.
海岸平野に住んでいました
01:51
They're彼らは originally元々 fromから Creteクレテ. They're彼らは aa seafaring航海 people.
クレタ島を故郷とする
航海に長けた民族です
01:53
Andそして they彼ら mayかもしれない start開始 to make作る their彼らの way方法
彼らが進軍を始め
01:56
throughを通して one1 of theその valleys of theその Shephelahシェペラ
シェフェラの谷を通って
01:58
upアップ into theその mountains山々,
山脈に向かいました
02:00
becauseなぜなら what they彼ら want欲しいです to do行う is occupy占める theその highland高地 areaエリア
高地をその手に収め
02:02
right by〜によって Bethlehemベツレヘム andそして splitスプリット theその Kingdom王国 of Israelイスラエル in two.
ベツレヘムのところで
王国を二分するつもりだったのです
02:04
Andそして theその Kingdom王国 of Israelイスラエル, whichどの is headed先行 by〜によって Kingキング Saulサウル,
サウル王率いる
イスラエル王国は
02:08
obviously明らかに catchesキャッチ wind of thisこの,
この動向を読み取り
02:11
andそして Saulサウル bringsもたらす his army downダウン fromから theその mountains山々
王は自軍を率いて
山を下り
02:13
andそして he confronts対峙する theその Philistinesフィリスチン in theその Valley of Elahエラ,
エラの谷で
ペリシテ軍と対峙しました
02:16
one1 of theその most最も beautiful綺麗な of theその valleys of theその Shephelahシェペラ.
シェフェラにある谷の中でも
最も美しい場所の一つです
02:19
Andそして theその Israelitesイスラエル人 dig掘る in along一緒に theその northern北部 ridgeリッジ,
イスラエル軍は北峰に陣取り
02:22
andそして theその Philistinesフィリスチン dig掘る in along一緒に theその southern南方の ridgeリッジ,
ペリシテ軍は南峰に沿って
陣を敷きました
02:25
andそして theその two armies軍隊 justちょうど sit座る thereそこ forために weeks
そして何週間も
にらみ合っていました
02:29
andそして stare見詰める at〜で each otherその他, becauseなぜなら they're彼らは deadlockedデッドロック.
膠着状態になって
しまったのです
02:32
Neitherどちらも canできる attack攻撃 theその otherその他, becauseなぜなら to attack攻撃 theその otherその他 side
双方とも攻撃も
ままなりません
02:34
you'veあなたは got持っている to come来る downダウン theその mountain into theその valley
攻撃するには山を下り
谷を越えて
02:36
andそして then次に upアップ theその otherその他 side, andそして you'reあなたは completely完全に exposed露出した.
相手側に登らなくてはならず
敵に身をさらす事になります
02:40
Soそう finally最後に, to breakブレーク theその deadlockデッドロック,
この状況を打開するため
02:42
theその Philistinesフィリスチン send送信する their彼らの mightiest恐るべき warrior戦士
ペリシテ側は最強の兵士を
02:44
downダウン into theその valley floor, andそして he callsコール outでる
谷底へ送り込みました
02:47
andそして he says言う to theその Israelitesイスラエル人,
その兵士が呼びかけます
02:50
"Send送信する yourきみの mightiest恐るべき warrior戦士 downダウン,
「最強の兵を下ってこさせよ
02:51
andそして we'll私たちは have持ってる thisこの outでる, justちょうど theその two of us米国."
二人で決着を付けようではないか」
02:54
Thisこの wasあった aa tradition伝統 in ancient古代 warfare戦争 calledと呼ばれる singleシングル combat戦闘.
これは古代の戦場の習わしである
一騎打ちで—
02:56
Itそれ wasあった aa way方法 of settling沈む disputes紛争
血みどろの決戦無しに
03:00
withoutなし incurring発生する theその bloodshed流血 of aa majorメジャー battle戦い.
争いを治める方法でした
03:02
Andそして theその Philistineフィリスティン who is sent送られた downダウン,
ペリシテ人が送り込んだのは
03:06
their彼らの mighty力強い warrior戦士, is aa giant巨人.
屈強の巨人で
03:09
He's彼は 6 foot 9.
2m以上あり
03:11
He's彼は outfitted装備された head to toeつま先 in thisこの glittering輝く bronzeブロンズ armor,
青銅の鎧で全身を固め
03:13
andそして he's彼は got持っている aa sword andそして he's彼は got持っている aa javelinジャベリン
剣と大小の投槍を持ち
03:17
andそして he's彼は got持っている his spear. He is absolutely絶対に terrifying恐ろしい.
見るも恐ろしい様でした
03:20
Andそして he's彼は soそう terrifying恐ろしい thatそれ noneなし of theその Israeliteイスラエル人 soldiers兵隊 want欲しいです to fight戦い him.
恐怖のあまり
イスラエル側で これに応じる者はいませんでした
03:23
It'sそれは aa death wish望む, right? There'sそこに noいいえ way方法 they彼ら think思う they彼ら canできる take取る him.
自殺しにいくようなものです
勝ち目はありません
03:28
Andそして finally最後に theその onlyのみ person who will意志 come来る forward前進
しかし とうとう
進み出た者がいました
03:32
is thisこの young若い shepherd羊飼い boy男の子,
若い羊飼いの少年です
03:35
andそして he goes行く upアップ to Saulサウル andそして he says言う, "I'll私はよ fight戦い him."
サウル王に申し出ました
「あのペリシテ人と戦いましょう」
03:37
Andそして Saulサウル says言う, "You君は can'tできない fight戦い him. That'sそれは ridiculousばかげた.
王は「勝負にはなるまい
03:40
You'reあなたは thisこの kidキッド. Thisこの is thisこの mighty力強い warrior戦士."
お前は年若く 相手は熟練の兵だ」
と答えました
03:43
Butだけど theその shepherd羊飼い is adamant固執する. He says言う, "Noいいえ, noいいえ, noいいえ,
しかし 羊飼いは譲りません
03:45
you君は don'tしない understandわかる, I have持ってる beenされている defending防御する myじぶんの flock群れ
「私は羊たちを 何年も
03:48
againstに対して lionsライオンズ andそして wolvesオオカミ forために years. I think思う I canできる do行う itそれ."
獅子やオオカミから
守ってきたのです」
03:51
Andそして Saulサウル has持っている noいいえ choice選択. He's彼は got持っている noいいえ one1 elseelse who'sだれの come来る forward前進.
王に選択の余地はありません
他に誰も名乗り出ないのです
03:55
Soそう he says言う, "Allすべて right."
「では行くがよい」
03:58
Andそして then次に he turnsターン to theその kidキッド, andそして he says言う,
そして少年に向かって
03:59
"Butだけど you'veあなたは got持っている to wear着る thisこの armor. You君は can'tできない go行く asとして you君は are."
「そのままではならぬ
このいくさ衣を着なさい」と
04:01
Soそう he tries試行する to give与える theその shepherd羊飼い his armor,
自分の甲冑を
与えようとしましたが
04:04
andそして theその shepherd羊飼い says言う, "Noいいえ."
羊飼いは断りました
04:07
He says言う, "I can'tできない wear着る thisこの stuffもの."
「このような物は
身に着けられません」
04:08
Theその Biblical聖書的 verse is, "I cannotできない wear着る thisこの forために I have持ってる notない proved証明された itそれ,"
聖書には「験せしことなければ
是を着ては 往くあたはず」とあります
04:10
meaning意味, "I've私は never決して worn着用した armor before. You'veあなたは got持っている to be〜する crazy狂った."
つまり 「鎧を着たことがないのでムリ」
という事ですね
04:14
Soそう he reaches届く downダウン instead代わりに on theその ground接地
その代り地面にあった
04:18
andそして picksピック upアップ five stones
5つの石を拾い
04:20
andそして puts置く themそれら in his shepherd's羊飼い bagバッグ
羊飼いの肩掛け袋に入れ
04:22
andそして starts開始する to walk歩く downダウン theその mountainside山腹 to meet会う theその giant巨人.
巨人の元へ
山を下り始めました
04:24
Andそして theその giant巨人 sees見える thisこの figure数字 approaching接近する,
巨人はその姿を見て
叫びました
04:29
andそして callsコール outでる, "Come来る to me soそう I canできる feedフィード yourきみの flesh
「さあ 向かってこい
04:31
to theその birds of theその heavens andそして theその beasts of theその fieldフィールド."
空の鳥 野の獣の
餌食にしてくれよう」
04:34
He issues問題 thisこの kind種類 of taunt挑発する towards方向 thisこの person
向かってくる対戦相手を
04:38
coming到来 to fight戦い him.
そんな風に愚弄したのです
04:42
Andそして theその shepherd羊飼い draws描く closerクローザー andそして closerクローザー,
羊飼いが近づいていくと
04:43
andそして theその giant巨人 sees見える thatそれ he's彼は carrying運ぶ aa staffスタッフ.
巨人に相手の武器が
見えました
04:47
That'sそれは allすべて he's彼は carrying運ぶ.
相手が持っていたのは
04:50
Instead代わりに of aa weapon武器, justちょうど thisこの shepherd's羊飼い staffスタッフ,
武器ではなく
羊飼いの杖だけです
04:51
andそして he says言う --- he's彼は insulted侮辱された ---
侮辱を感じた巨人は
言いました
04:53
"Am午前 I aa dog thatそれ you君は would〜する come来る to me with〜と sticksスティック?"
「杖々を持って 向かってくるが
私は犬なのか」
04:55
Andそして theその shepherd羊飼い boy男の子 takesテイク one1 of his stones
すると少年は袋から
一つの石を取り
04:59
outでる of his pocketポケット, puts置く itそれ in his slingスリング
石投げに入れると
05:02
andそして rollsロールズ itそれ aroundまわり andそして lets〜する itそれ fly飛ぶ
振り回して放ちました
05:05
andそして itそれ hitsヒット theその giant巨人 right betweenの間に theその eyes ---
石は巨人の眉間を打ち
05:07
right hereここに, in his most最も vulnerable脆弱な spotスポット ---
まさにここ 弱点を突きました
05:10
andそして he falls落ちる downダウン eitherどちらか deadデッド orまたは unconscious無意識,
死んだのか失神したのか
ともかく地に倒れたので
05:12
andそして theその shepherd羊飼い boy男の子 runs走る upアップ andそして takesテイク his sword
少年は駆け寄ると
その剣を取り
05:15
andそして cutsカット offオフ his head,
首をはねました
05:18
andそして theその Philistinesフィリスチン see見る thisこの andそして they彼ら turn順番 andそして they彼ら justちょうど run走る.
それを見たペリシテ軍は
一目散に逃げ出しました
05:19
Andそして of courseコース, theその name of theその giant巨人 is Goliathゴリアテ
もちろん 巨人の名は
ゴリアテで
05:25
andそして theその name of theその shepherd羊飼い boy男の子 is Davidデビッド,
羊飼いの少年の名は
ダビデです
05:29
andそして theその reason理由 thatそれ storyストーリー has持っている obsessed執拗な me
本を書いている間
この話が頭から
05:32
over以上 theその courseコース of writing書き込み myじぶんの book
離れなかったのは
05:35
is thatそれ everythingすべて I thought思想 I knew知っていた about thatそれ storyストーリー
この話についての
それまでの自分の理解が
05:36
turned回した outでる to be〜する wrong違う.
間違っていたと
わかったからです
05:39
Soそう Davidデビッド, in thatそれ storyストーリー, is supposed想定される to be〜する theその underdog負け犬, right?
ダビデに勝ち目は
なさそうですよね
05:42
In fact事実, thatそれ term期間, Davidデビッド andそして Goliathゴリアテ,
実際 「ダビデとゴリアテ」と言えば
05:46
has持っている entered入った our我々の language言語 asとして aa metaphor隠喩 forために
番狂わせの形容として
05:48
improbable思いもよらない victories勝利
使われています
05:51
by〜によって some一部 weak弱い partyパーティー over以上 someone誰か far遠い strongerより強く.
予想外の勝利ということですね
05:53
Now whyなぜ do行う we我々 callコール Davidデビッド an underdog負け犬?
なぜ ダビデに勝ち目はないと
思ったのでしょうか?
05:56
Wellよく, we我々 callコール him an underdog負け犬 becauseなぜなら he's彼は aa kidキッド,
子供だから 勝算はない
05:58
aa little少し kidキッド, andそして Goliathゴリアテ is thisこの big大きい, strong強い giant巨人.
きゃしゃな少年と
屈強のゴリアテです
06:01
We我々 alsoまた、 callコール him an underdog負け犬
また勝ち目がないのは
06:05
becauseなぜなら Goliathゴリアテ is an experienced経験豊富な warrior戦士,
ゴリアテは経験豊かな戦士で
06:07
andそして Davidデビッド is justちょうど aa shepherd羊飼い.
ダビデは羊飼いにすぎないから
06:11
Butだけど most最も importantly重要なこと, we我々 callコール him an underdog負け犬
何より注目すべきは
06:12
becauseなぜなら allすべて he has持っている is --- it'sそれは thatそれ Goliathゴリアテ is outfitted装備された with〜と
ゴリアテが身に着けていたのが
06:15
allすべて of thisこの modernモダン weaponry兵器,
最新鋭の武器だったこと
06:20
thisこの glittering輝く coatコート of armor
きらめく甲冑
06:22
andそして aa sword andそして aa javelinジャベリン andそして aa spear,
剣に 大小の投槍
06:24
andそして allすべて Davidデビッド has持っている is thisこの slingスリング.
一方 ダビデが持っていたのは
石投げに過ぎません
06:27
Wellよく, let'sさあ start開始 thereそこ with〜と theその phraseフレーズ
ここから始めましょうか
06:31
"Allすべて Davidデビッド has持っている is thisこの slingスリング,"
「ダビデが持っていたのは
石投げにすぎない」
06:33
becauseなぜなら that'sそれは theその first最初 mistake間違い thatそれ we我々 make作る.
実はこれが
最初の誤解なのです
06:35
In ancient古代 warfare戦争, thereそこ are three kinds種類 of warriors戦士.
古代の戦場には
3種類の兵隊がいました
06:38
There'sそこに cavalry騎兵, men男性 on horseback乗馬 andそして with〜と chariots戦車.
騎兵 馬と二輪戦車に乗って戦います
06:42
There'sそこに heavyヘビー infantry歩兵, whichどの are foot soldiers兵隊,
歩兵 これは剣と盾で身を固め
06:45
armed武装した foot soldiers兵隊 with〜と swords andそして shieldsシールド
ある種の鎧を着た
徒歩の兵隊です
06:48
andそして some一部 kind種類 of armor.
ある種の鎧を着た
徒歩の兵隊です
06:51
Andそして there'sそこに artillery砲兵, andそして artillery砲兵 are archers射手,
そして砲兵 弓の射手や—
06:53
butだけど, moreもっと importantly重要なこと, slingersスリンガー.
さらに重要な投石手から
編成されています
06:56
Andそして aa slingerスリンガー is someone誰か who has持っている aa leatherレザー pouchポーチ
投石手というのは
革製のポーチを持っていて
06:58
with〜と two long長いです cordsコード attached添付された to itそれ,
このポーチは
2本の長い紐付で
07:01
andそして they彼ら put置く aa projectile発射体, eitherどちらか aa rock orまたは aa lead ball,
弾にする石や鉛玉を
07:04
inside内部 theその pouchポーチ, andそして they彼ら whirl旋風 itそれ aroundまわり like好きな thisこの
このポーチに入れ
こんな風に回転させて
07:07
andそして they彼ら let〜する one1 of theその cordsコード go行く,
一方の紐を放す事で
07:10
andそして theその effect効果 is to send送信する theその projectile発射体 forward前進
標的に向けて
07:13
towards方向 itsその targetターゲット.
投擲するんです
07:17
That'sそれは what Davidデビッド has持っている, andそして it'sそれは important重要 to understandわかる
これがダビデの武器です
そして大事なのは
07:20
thatそれ thatそれ slingスリング is notない aa slingshotスリングショット.
石投げは
パチンコとは違うことです
07:23
It'sそれは notない thisこの, right? It'sそれは notない aa child's子供の toyおもちゃ.
子供のおもちゃではありません
07:26
It'sそれは in fact事実 an incredibly信じられないほど devastating壊滅的な weapon武器.
実は非常に強力な
武器なのです
07:28
Whenいつ Davidデビッド rollsロールズ itそれ aroundまわり like好きな thisこの,
ダビデが石投げを
07:32
he's彼は turning旋回 theその slingスリング aroundまわり probably多分
このように回している時
07:35
at〜で six6 orまたは sevenセブン revolutions回転 per〜ごと second二番,
おそらく1秒間に
6、7回転させていたと思います
07:38
andそして thatそれ means手段 thatそれ whenいつ theその rock is released解放された,
それで石が放たれると
07:41
it'sそれは going行く forward前進 really本当に fast速い,
非常に高速になり
07:45
probably多分 35 metersメートル per〜ごと second二番.
恐らく秒速35mは
あったと思われます
07:47
That'sそれは substantially実質的に fasterもっと早く thanより aa baseball野球
強肩のピッチャーが投げる
07:49
thrownスローされた by〜によって even偶数 theその finest最高級の of baseball野球 pitchers投手.
野球のボールよりも
速いでしょう
07:52
Moreもっと thanより thatそれ, theその stones in theその Valley of Elahエラ
さらには エラの谷にある石は
07:56
wereあった notない normal正常 rocks. They彼ら wereあった bariumバリウム sulphate硫酸塩,
ただの石ではありません
硫酸バリウムで—
08:00
whichどの are rocks twice二度 theその density密度 of normal正常 stones.
普通の石の
2倍の密度があります
08:03
Ifif you君は do行う theその calculations計算 on theその ballistics弾道,
計算してみると
08:06
on theその stopping停止する powerパワー of theその rock fired撃たれた fromから David'sデビッド slingスリング,
ダビデの石投げから放たれた石の
ストッピングパワーは
08:09
it'sそれは roughly大まかに equal等しい to theその stopping停止する powerパワー
45口径の拳銃に
08:13
of aa [.45 caliber口径] handgun拳銃.
匹敵するのです
08:15
Thisこの is an incredibly信じられないほど devastating壊滅的な weapon武器.
ものすごく威力のある
武器なんです
08:18
Accuracy正確さ, we我々 know知っている fromから historical歴史的 records記録
その精度は 歴史上の記録から
08:21
thatそれ slingersスリンガー --- experienced経験豊富な slingersスリンガー couldできた hitヒット
経験豊かな投石手なら
08:26
andそして maim麻薬 orまたは even偶数 kill殺します aa targetターゲット at〜で distances距離 of upアップ to 200 yardsヤード.
200m離れた敵に 重傷を負わせ
殺すことさえできたそうです
08:30
Fromから medieval中世 tapestriesタペストリー, we我々 know知っている thatそれ slingersスリンガー
中世のタペストリーから
08:36
wereあった capable可能な of hittingヒッティング birds in flightフライト.
投石手は飛んでいる鳥を
落とせる事もわかります
08:39
They彼ら wereあった incredibly信じられないほど accurate正確.
驚くほど
正確なのです
08:42
Whenいつ Davidデビッド lines upアップ --- andそして he's彼は notない 200 yardsヤード away離れて fromから Goliathゴリアテ,
ダビデがゴリアテと対峙した時
200mも離れてはいません
08:44
he's彼は quiteかなり close閉じる to Goliathゴリアテ ---
ずっと近かった
08:48
whenいつ he lines upアップ andそして fires火災 thatそれ thingもの at〜で Goliathゴリアテ,
ゴリアテに向けて
投擲したとき
08:49
he has持っている everyすべて intention意図 andそして everyすべて expectation期待
ダビデはまさに
08:53
of beingであること ableできる to hitヒット Goliathゴリアテ at〜で his most最も vulnerable脆弱な spotスポット
ゴリアテの弱点である眉間に
08:56
betweenの間に his eyes.
狙いを定めていたのです
08:59
Ifif you君は go行く backバック over以上 theその history歴史 of ancient古代 warfare戦争,
歴史上の戦いを振り返ると
09:00
you君は will意志 find見つける time時間 andそして time時間 again再び
度々起きている事ですが
09:02
thatそれ slingersスリンガー wereあった theその decisive決定的 factor因子 againstに対して infantry歩兵
様々な局面で
09:05
in one1 kind種類 of battle戦い orまたは another別の.
投石手が歩兵を
圧倒しているのです
09:09
Soそう what's何ですか Goliathゴリアテ? He's彼は heavyヘビー infantry歩兵,
さて ゴリアテはどうでしょう?
重装歩兵です
09:14
andそして his expectation期待 whenいつ he challenges挑戦 theその Israelitesイスラエル人 to aa duel決闘
当然 一騎打ちの際は
09:18
is thatそれ he's彼は going行く to be〜する fighting戦う another別の heavyヘビー infantryman歩兵.
重装歩兵どうしで
戦うつもりでした
09:23
Whenいつ he says言う, "Come来る to me thatそれ I mightかもしれない
「向かってこい
09:27
feedフィード yourきみの flesh to theその birds of theその heavens andそして theその beasts of theその fieldフィールド,"
空の鳥 野の獣の
餌食にしてくれよう」の中の—
09:29
theその keyキー phraseフレーズ is "Come来る to me."
「向かってこい」というのが
ポイントです
09:32
Come来る upアップ to me becauseなぜなら we're私たちは going行く to fight戦い,
これから始まるのは
09:34
handハンド to handハンド, like好きな thisこの.
こんな剣を交えた接近戦です
09:36
Saulサウル has持っている theその same同じ expectation期待.
サウル王も同じ考えでした
09:38
Davidデビッド says言う, "I want欲しいです to fight戦い Goliathゴリアテ,"
ダビデが「ゴリアテと戦いたい」と言った時
09:40
andそして Saulサウル tries試行する to give与える him his armor,
王は自分の鎧を
与えようとしました
09:42
becauseなぜなら Saulサウル is thinking考え, "Ohああ, whenいつ you君は sayいう 'fight'戦い Goliathゴリアテ,''
「ゴリアテと戦う」というなら
09:44
you君は mean平均 'fight'戦い him in hand-to-hand手から手へ combat戦闘,''
当然 それは「接近戦」で
09:47
infantry歩兵 on infantry歩兵."
「歩兵 対 歩兵の戦い」だろうと
09:50
Butだけど Davidデビッド has持っている absolutely絶対に noいいえ expectation期待.
ところがダビデは
そんなことは考えもしませんでした
09:52
He's彼は notない going行く to fight戦い him thatそれ way方法. Whyなぜ would〜する he?
そんな戦い方はしません
なぜか?
09:55
He's彼は aa shepherd羊飼い. He's彼は spent過ごした his entire全体 careerキャリア
羊飼いだからです
一番の仕事は
09:58
usingを使用して aa slingスリング to defend守る his flock群れ againstに対して lionsライオンズ andそして wolvesオオカミ.
羊の群れを獅子やオオカミから
石投げで守ることでした
10:01
That'sそれは whereどこで his strength lies.
それが彼の強みです
10:05
Soそう hereここに he is, thisこの shepherd羊飼い, experienced経験豊富な
この羊飼いは
10:07
in theその useつかいます of aa devastating壊滅的な weapon武器,
使い慣れた
強力な武器を手に
10:09
upアップ againstに対して thisこの lumbering伐採 giant巨人
のろまな巨人に
向かったのです
10:11
weighed体重 downダウン by〜によって aa hundred poundsポンド of armor
50kgの鎧で動きが遅く
10:14
andそして theseこれら incredibly信じられないほど heavyヘビー weapons兵器
彼の重たい武器は
10:17
thatそれ are useful有用 onlyのみ in short-range短距離 combat戦闘.
白兵戦でのみ
有効です
10:18
Goliathゴリアテ is aa sitting座っている duckアヒル. He doesn'tしない have持ってる aa chanceチャンス.
ゴリアテこそ格好の餌食で
勝ち目はなかったのです
10:22
Soそう whyなぜ do行う we我々 keepキープ calling呼び出し Davidデビッド an underdog負け犬,
それなのになぜ ダビデは勝てないと
思い込んだのでしょう?
10:26
andそして whyなぜ do行う we我々 keepキープ referring参照する to his victory勝利 asとして improbable思いもよらない?
番狂わせだと
言い続けるのか?
10:29
There'sそこに aa second二番 pieceピース of thisこの that'sそれは important重要.
重要な要素が
もう1つあります
10:35
It'sそれは notない justちょうど thatそれ we我々 misunderstand誤解 Davidデビッド
私たちはダビデと
彼の武器の選択について
10:38
andそして his choice選択 of weaponry兵器.
誤解していただけではなく
10:41
It'sそれは alsoまた、 thatそれ we我々 profoundly深く misunderstand誤解 Goliathゴリアテ.
ゴリアテについても
大きな誤解をしていたのです
10:43
Goliathゴリアテ is notない what he seems思われる to be〜する.
ゴリアテは見かけ
どおりではなかった
10:46
There'sそこに allすべて kinds種類 of hintsヒント of thisこの in theその Biblical聖書的 textテキスト,
聖書の文章に
多くのヒントが隠されています
10:50
thingsもの thatそれ are in retrospect振り返る quiteかなり puzzling困惑
よく考えてみると
腑に落ちないことがあります
10:54
andそして don'tしない square平方 with〜と his image画像 asとして thisこの mighty力強い warrior戦士.
どうも屈強の戦士という
イメージに合わないのです
10:56
Soそう to beginベギン with〜と, theその Bible聖書 says言う thatそれ Goliathゴリアテ
聖書によればゴリアテは
11:00
is ledLED onto〜に theその valley floor by〜によって an attendantアテンダント.
従者に手引きされていた
とあります
11:04
Now thatそれ is weird奇妙な, right?
おかしいでしょう?
11:08
Hereここに is thisこの mighty力強い warrior戦士
イスラエル軍に
一騎打ちを求める
11:10
challenging挑戦 theその Israelitesイスラエル人 to one-on-one一対一 combat戦闘.
最強の戦士が
11:12
Whyなぜ is he beingであること ledLED by〜によって theその handハンド
なぜ それも恐らくは子供に
11:15
by〜によって some一部 young若い boy男の子, presumablyおそらく,
手を引かれなくては
ならないのでしょう?
11:17
to theその pointポイント of combat戦闘?
これから戦場に
向かうというのに
11:20
Secondly第二に, theその Bible聖書 storyストーリー makes作る special特別 note注意
さらに聖書には
ゴリアテがいかに—
11:23
of howどうやって slowlyゆっくり Goliathゴリアテ moves動き,
動きが遅かったか
記述されています
11:27
another別の odd奇妙な thingもの to sayいう whenいつ you'reあなたは describing記述
この時代の
最強の戦士を表すには
11:30
theその mightiest恐るべき warrior戦士 known既知の to manおとこ at〜で thatそれ pointポイント.
これもおかしな点です
11:32
Andそして then次に there'sそこに thisこの whole全体 weird奇妙な thingもの
最も奇妙な点は
11:36
about howどうやって long長いです itそれ takesテイク Goliathゴリアテ to react反応する
ゴリアテが
ダビデの姿に
11:38
to theその sight視力 of Davidデビッド.
反応するまでの間です
11:42
Soそう David'sデビッド coming到来 downダウン theその mountain,
ダビデは山を
下りてきましたが
11:44
andそして he's彼は clearlyはっきりと notない preparing準備 forために hand-to-hand手から手へ combat戦闘.
接近戦の装備ではありません
11:47
Thereそこ is nothing何も about him thatそれ says言う,
どう見ても
「直接 渡り合おう」
11:51
"I am午前 about to fight戦い you君は like好きな thisこの."
という様子ではないのです
11:53
He's彼は notない even偶数 carrying運ぶ aa sword.
剣すら持って
いないのですから
11:55
Whyなぜ doesする Goliathゴリアテ notない react反応する to thatそれ?
なぜゴリアテは
反応しなかったのでしょう?
11:57
It'sそれは asとして ifif he's彼は oblivious忘れる to what's何ですか going行く on thatそれ day.
何が起きているのか
わかっていないかのようです
11:59
Andそして then次に there'sそこに thatそれ strange奇妙な commentコメント he makes作る to Davidデビッド:
それからダビデに向かって
こんな不思議な発言をします
12:03
"Am午前 I aa dog thatそれ you君は should〜すべき come来る to me with〜と sticksスティック?"
「杖々を持って 向かってくるが
私は犬なのか」
12:07
Sticksスティック? Davidデビッド onlyのみ has持っている one1 stickスティック.
杖々?
ダビデは杖を1本しか持っていません
12:12
Wellよく, itそれ turnsターン outでる thatそれ there'sそこに beenされている aa greatすばらしいです deal対処
これが医学界における大いなる
12:15
of speculation投機 within以内 theその medical医療 communityコミュニティ over以上 theその years
考察へとつながったのです
12:18
about whetherかどうか thereそこ is something何か
何か根本的におかしな点が
12:21
fundamentally根本的に wrong違う with〜と Goliathゴリアテ,
ゴリアテにあったということ
12:23
an attempt試みる to make作る senseセンス of allすべて of thoseそれら apparent見かけ上 anomalies異常.
明らかに不可思議な点を
解明しようと
12:26
Thereそこ have持ってる beenされている manyたくさんの articles記事 written書かれた.
多くの論文が書かれました
12:30
Theその first最初 one1 wasあった in 1960 in theその Indianaインディアナ Medical医療 Journalジャーナル,
最初は1960年の
インディアナ・メディカル・ジャーナルで
12:31
andそして itそれ started開始した aa chain of speculation投機
そこから数々の考察が派生しました
12:35
thatそれ starts開始する with〜と an explanation説明 forために Goliath'sゴリアテス height高さ.
まずはゴリアテの身長の謎です
12:37
Soそう Goliathゴリアテ is head andそして shoulders above上の
ゴリアテは肩から上が
12:40
allすべて of his peers同僚 in thatそれ era時代,
まわりの仲間より
抜きん出ていました
12:43
andそして usually通常 whenいつ someone誰か is thatそれ far遠い outでる of theその norm規範,
そこまで標準から
逸脱している場合
12:45
there'sそこに an explanation説明 forために itそれ.
通常説明がつくものです
12:49
Soそう theその most最も common一般 form of giantism巨人主義
巨人症で最も一般的なのは
12:51
is aa condition調子 calledと呼ばれる acromegaly先端巨大症,
先端巨大症と呼ばれ
12:54
andそして acromegaly先端巨大症 is caused原因 by〜によって aa benign良性 tumor腫瘍
下垂体にできた
良性腫瘍によって
12:57
on yourきみの pituitary下垂体 gland
引き起こされます
13:00
thatそれ causes原因 an overproduction過剰生産 of human人間 growth成長 hormoneホルモン.
それにより 成長ホルモンが
過剰に分泌されるのです
13:02
Andそして throughout全体を通して history歴史, manyたくさんの of theその most最も famous有名な giants巨人
歴史的に見ても
多くの有名な巨人たちは
13:05
have持ってる allすべて had持っていました acromegaly先端巨大症.
先端巨大症です
13:09
Soそう theその tallest最も高い person of allすべて time時間
史上で最も背が高いのは
13:10
wasあった aa guy named名前 Robertロバート Wadlowワドロー
ロバート・ワドローという人です
13:12
who wasあった stillまだ growing成長する whenいつ he died死亡しました at〜で theその age年齢 of 24
24歳で亡くなったときも
背が伸び続けていました
13:14
andそして he wasあった 8 foot 11.
272㎝です
13:17
He had持っていました acromegaly先端巨大症.
先端巨大症だったのです
13:20
Do行う you君は remember思い出す theその wrestlerレスラー Andrandré theその Giant巨人?
レスラーのアンドレ・ザ・ジャイアントを
覚えていますか?
13:21
Famous有名な. He had持っていました acromegaly先端巨大症.
有名ですね
先端巨大症でした
13:24
There'sそこに even偶数 speculation投機 thatそれ Abrahamアブラハム Lincolnリンカーン had持っていました acromegaly先端巨大症.
エイブラハム・リンカーンも
そうだったのではないかと言われています
13:26
Anyone誰でも who'sだれの unusually異常に tall背の高い,
異常に背の高い人に対して
13:30
that'sそれは theその first最初 explanation説明 we我々 come来る upアップ with〜と.
最初に疑われるのが
この病気なのです
13:31
Andそして acromegaly先端巨大症 has持っている aa very非常に distinct明確な setセット of side effects効果
先端巨大症には
他にも症状があります
13:34
associated関連する with〜と itそれ,
それは
13:38
principally主に having持つ to do行う with〜と visionビジョン.
主に視覚に関わるものです
13:39
Theその pituitary下垂体 tumor腫瘍, asとして itそれ grows成長する,
下垂体の腫瘍は
大きくなるにつれて
13:43
oftenしばしば starts開始する to compress圧縮する theその visualビジュアル nerves神経 in yourきみの brain,
脳の視神経を
圧迫する事が多いのです
13:46
with〜と theその result結果 thatそれ people with〜と acromegaly先端巨大症
その結果
先端巨大症の人は
13:50
have持ってる eitherどちらか doubleダブル visionビジョン orまたは they彼ら are profoundly深く nearsighted近視.
物が二重に見えたり
強度の近視になったりします
13:53
Soそう whenいつ people have持ってる started開始した to speculate推測する
だから人々が
ゴリアテの妙な部分について
13:58
about what mightかもしれない have持ってる beenされている wrong違う with〜と Goliathゴリアテ,
考え始めたとき
気付いたのです
14:01
they've彼らは said前記, "Wait待つ aa minute,
「待てよ
14:04
he looks外見 andそして sounds an awful補うステまにくるににステまし補うま lotロット like好きな someone誰か
まるでゴリアテは—
14:05
who has持っている acromegaly先端巨大症."
先端巨大症の人のようだ」
14:08
Andそして thatそれ would〜する alsoまた、 explain説明する soそう muchたくさん of what wasあった strange奇妙な
これで あの日の
彼の奇妙な行動に
14:10
about his behavior動作 thatそれ day.
説明がつきます
14:12
Whyなぜ doesする he move動く soそう slowlyゆっくり
なぜ動きが鈍いのか
14:15
andそして have持ってる to be〜する escorted護衛された downダウン into theその valley floor
なぜ従者に手引きされなくては
ならなかったのか?
14:16
by〜によって an attendantアテンダント?
なぜ従者に手引きされなくては
ならなかったのか?
14:20
Becauseなぜなら he can'tできない make作る his way方法 on his own自分の.
一人だと道が
見えなかったからです
14:21
Whyなぜ is he soそう strangely妙に oblivious忘れる to Davidデビッド
なぜそんなに
ぼんやりとしていて
14:24
thatそれ he doesn'tしない understandわかる thatそれ David'sデビッド notない going行く to fight戦い him
ダビデが明らかに
戦う用意のない事に
14:28
until〜まで theその very非常に last最終 moment瞬間?
最後の瞬間まで
気づかなかったのか?
14:30
Becauseなぜなら he can'tできない see見る him.
見えなかったからです
14:32
Whenいつ he says言う, "Come来る to me thatそれ I mightかもしれない feedフィード yourきみの flesh
「向かってこい
14:35
to theその birds of theその heavens andそして theその beasts of theその fieldフィールド,"
空の鳥 野の獣の餌食にしてくれよう」
と言ったときの
14:38
theその phraseフレーズ "come来る to me" is aa hintヒント alsoまた、 of his vulnerability脆弱性.
「向かってこい」というのがヒントで
彼の弱点を示しているのです
14:41
Come来る to me becauseなぜなら I can'tできない see見る you君は.
向かってこい
でなきゃ見えないじゃないか—
14:45
Andそして then次に there'sそこに, "Am午前 I aa dog thatそれ you君は should〜すべき come来る to me with〜と sticksスティック?"
そして「杖々を持って 向かってくるが
私は犬なのか」
14:48
He sees見える two sticksスティック whenいつ Davidデビッド has持っている onlyのみ one1.
2本に見えていたのです
ダビデは杖1本しか持っていないのに
14:54
Soそう theその Israelitesイスラエル人 upアップ on theその mountain ridgeリッジ
山の頂にいるイスラエル軍は
14:59
looking探している downダウン on him thought思想 he wasあった
ゴリアテを見下ろして
15:02
thisこの extraordinarily異常に powerful強力な foe.
ものすごく強い敵だと
思っていました
15:04
What they彼ら didn'tしなかった understandわかる wasあった thatそれ
理解していなかったのは
15:07
theその very非常に thingもの thatそれ wasあった theその sourceソース of his apparent見かけ上 strength
見かけの強さの
元になっていたものが
15:09
wasあった alsoまた、 theその sourceソース of his greatest最大 weakness弱点.
最大の弱点でもあった
という事です
15:12
Andそして thereそこ is, I think思う, in thatそれ,
ここには 私たちにとって
15:16
aa very非常に important重要 lessonレッスン forために allすべて of us米国.
重要な教訓があると思います
15:18
Giants巨人 are notない asとして strong強い andそして powerful強力な asとして they彼ら seem思われる.
巨人は見かけほど強くはなく
15:21
Andそして sometimes時々 theその shepherd羊飼い boy男の子 has持っている aa slingスリング in his pocketポケット.
時に羊飼いの少年は ポケットに
すごい武器を秘めているという事です
15:25
Thank感謝 you君は.
ありがとうございました
15:29
(Applause拍手)
(拍手)
15:30
Translated by Misaki Sato
Reviewed by Yasushi Aoki

▲Back to top

About the speaker:

Malcolm Gladwell - Writer
Detective of fads and emerging subcultures, chronicler of jobs-you-never-knew-existed, Malcolm Gladwell's work is toppling the popular understanding of bias, crime, food, marketing, race, consumers and intelligence.

Why you should listen

Malcolm Gladwell searches for the counterintuitive in what we all take to be the mundane: cookies, sneakers, pasta sauce. A New Yorker staff writer since 1996, he visits obscure laboratories and infomercial set kitchens as often as the hangouts of freelance cool-hunters -- a sort of pop-R&D gumshoe -- and for that has become a star lecturer and bestselling author.

Sparkling with curiosity, undaunted by difficult research (yet an eloquent, accessible writer), his work uncovers truths hidden in strange data. His always-delightful blog tackles topics from serial killers to steroids in sports, while provocative recent work in the New Yorker sheds new light on the Flynn effect -- the decades-spanning rise in I.Q. scores.

Gladwell has written four books. The Tipping Point, which began as a New Yorker piece, applies the principles of epidemiology to crime (and sneaker sales), while Blink examines the unconscious processes that allow the mind to "thin slice" reality -- and make decisions in the blink of an eye. His third book, Outliers, questions the inevitabilities of success and identifies the relation of success to nature versus nurture. The newest work, What the Dog Saw and Other Adventures, is an anthology of his New Yorker contributions. 

He says: "There is more going on beneath the surface than we think, and more going on in little, finite moments of time than we would guess."
 

More profile about the speaker
Malcolm Gladwell | Speaker | TED.com