English-Video.net comment policy

The comment field is common to all languages

Let's write in your language and use "Google Translate" together

Please refer to informative community guidelines on TED.com

TEDxEdmonton

Cameron Herold: Let's raise kids to be entrepreneurs

キャメロン・ヘロルド 「子供を起業家に育てよう」

Filmed
Views 1,591,840

学校にうんざりし、授業に落ちこぼれ、クラスメートとも合わない? もしかしたらその子は起業家タイプかもしれないと、キャメロン・ヘロルドは言います。TEDxEdmontonで彼は、起業家志望の子供たちや大人たちが才能を開花させられるよう、育成と教育の必要性を主張しています。

- Entrepreneur
An entrepreneur since childhood, Cameron Herold wants parents and teachers to recognize -- and foster -- entrepreneurial talent in kids. Full bio

I would〜する be〜する willing喜んで to betベット thatそれ I'm私は theその dumbest愚かな guy in theその roomルーム
私はきっと この場で一番頭が悪い人間だろうと思います
00:16
becauseなぜなら I couldn'tできなかった get取得する throughを通して school学校. I struggled苦戦した with〜と school学校.
私は学校を終えることもできませんでした
00:19
Butだけど what I knew知っていた at〜で aa very非常に early早い age年齢
でも私が幼い頃から分かっていたのは
00:21
wasあった thatそれ I loved愛された moneyお金 andそして I loved愛された businessビジネス
自分がお金と ビジネスと
00:23
andそして I loved愛された thisこの entrepreneurial起業家 thingもの,
起業というやつが好きだということです
00:25
andそして I wasあった raised育った to be〜する an entrepreneur起業家,
それに私は 家で起業家として育てられました
00:27
andそして what I've私は beenされている really本当に passionate情熱的な about everこれまで since以来 ---
小さな頃から ずっと夢中でした…
00:29
andそして I've私は never決して spoken話された about thisこの everこれまで, until〜まで now ---
このことは最近まで誰にも話したことがなかったので
00:31
soそう thisこの is theその first最初 time時間 anyone's誰でも everこれまで heard聞いた itそれ, exceptを除いて myじぶんの wife three days日々 ago,
妻を別にすると 皆さんがこの話を聞く最初の人ということになります
00:34
becauseなぜなら she彼女 said前記, "What are you君は talking話す about?" andそして I told言った her彼女 ---
妻には3日前に「TEDでは何の話をするの?」と聞かれて話しました
00:37
is thatそれ I think思う we我々 missミス an opportunity機会
それで言ったのは
00:40
to find見つける theseこれら kids子供たち
起業家の資質を持った
00:42
who have持ってる theその entrepreneurial起業家 traits形質,
子供を見つけて仕込んでやり
00:44
andそして to groom新郎 themそれら orまたは showショー themそれら
起業家は素晴しいと教える機会を
00:46
thatそれ beingであること an entrepreneur起業家 is actually実際に aa coolクール thingもの.
私たちが欠いているということです
00:48
It'sそれは notない something何か thatそれ is aa bad悪い thingもの andそして is vilified卑劣な,
起業家は悪いものでも 貶されるべきものでもないのに
00:50
whichどの is what happens起こる in aa lotロット of society社会.
多くの社会ではそんな扱いを受けています
00:53
Kids子供たち, whenいつ we我々 grow成長する upアップ, have持ってる dreams,
子供は 成長していく中で夢を持っているものです
00:56
andそして we我々 have持ってる passions情熱, andそして we我々 have持ってる visionsビジョン,
情熱とビジョンを持っています
00:59
andそして somehow何とか we我々 get取得する thoseそれら thingsもの crushed破砕されました.
しかしそれがどこかで潰されてしまうのです
01:01
We我々 get取得する told言った thatそれ we我々 need必要 to study調査 harderもっと強く
そしてもっと熱心に勉強しろとか 集中しろとか
01:03
orまたは be〜する moreもっと focused集中した orまたは get取得する aa tutor家庭教師.
家庭教師から習えとか言われます
01:06
Myじぶんの parents got持っている me aa tutor家庭教師 in Frenchフランス語,
両親は私にフランス語の先生を付けましたが
01:08
andそして I stillまだ suck吸う in Frenchフランス語.
フランス語は今でも全然駄目です
01:10
Two years ago, I wasあった theその highest-rated最高評価の lecturer講師
2年前 私はMITの起業家マスタープログラムで
01:13
at〜で MIT'sミット entrepreneurial起業家 master'sマスターズ programプログラム.
一番評価の高い講師に選ばれました
01:15
Andそして itそれ wasあった aa speaking話し中 eventイベント in frontフロント of groupsグループ of entrepreneurs起業家 fromから aroundまわり theその world世界.
世界中の起業家たちを前に話すイベントでのことです
01:18
Whenいつ I wasあった in gradeグレード two, I won勝った aa city-wide市全域の speaking話し中 competitionコンペ,
私は2年生のとき 市のスピーチコンテストで優勝しました
01:21
butだけど nobody誰も had持っていました everこれまで said前記,
しかし誰も
01:24
"Heyねえ, thisこの kid's子供の aa good良い speakerスピーカー.
「この子はスピーチがうまいじゃないか
01:26
He can'tできない focusフォーカス, butだけど he loves愛する walking歩く aroundまわり andそして getting取得 people energized励まされた."
落ち着きがないけど 活発で みんなに元気を分けてくれる」とは言いません
01:28
Noいいえ one1 said前記, "Get取得する him aa coachコーチ in speaking話し中."
「スピーチの先生を付けよう」とは言いません
01:31
They彼ら said前記, get取得する me aa tutor家庭教師 in what I suck吸う at〜で.
代わりに私が全然駄目なことを習わせたのです
01:33
Soそう asとして kids子供たち showショー theseこれら traits形質 ---
子供はそういった資質を示すのですから
01:35
andそして we我々 need必要 to start開始 looking探している forために themそれら ---
私たちは気付いてやる必要があります
01:37
I think思う we我々 should〜すべき be〜する raising募集 kids子供たち
私たちは子供を弁護士よりも
01:39
to be〜する entrepreneurs起業家 instead代わりに of lawyers弁護士.
起業家になるよう育てるべきだと思います
01:41
Unfortunately残念ながら theその school学校 systemシステム
しかし教育に当たる学校システムは
01:43
is groomingグルーミング thisこの world世界
「さあ弁護士になろう」とか
01:45
to sayいう, "Heyねえ, let'sさあ be〜する aa lawyer弁護士 orまたは let'sさあ be〜する aa doctor医師,"
「医者になろう」と言っています
01:47
andそして we're私たちは missing行方不明 thatそれ opportunity機会 becauseなぜなら
「さあ起業家になろう」とは誰も言わず
01:49
noいいえ one1 everこれまで says言う, "Heyねえ, be〜する an entrepreneur起業家."
チャンスを逸しているのです
01:51
Entrepreneurs起業家 are people --- becauseなぜなら we我々 have持ってる aa lotロット of themそれら in thisこの roomルーム ---
起業家というのは…この場にはたくさんいますが…
01:54
who have持ってる theseこれら ideasアイデア andそして theseこれら passions情熱 orまたは see見る theseこれら needsニーズ in theその world世界
アイデアと情熱を持ち 世の中の必要に目を向け
01:56
andそして we我々 decide決めます to standスタンド upアップ andそして do行う itそれ.
立ち上がってそれを解決しようとする人です
01:59
Andそして we我々 put置く everythingすべて on theその lineライン to make作る thatそれ stuffもの happen起こる.
そして様々なリスクを負いながら 何かを実現しようとする人です
02:01
We我々 have持ってる theその ability能力 to get取得する thoseそれら groupsグループ of people aroundまわり us米国
そして夢をいっしょに実現したいと思う人たちを
02:04
thatそれ want欲しいです to kind種類 of buildビルドする thatそれ dream with〜と us米国,
引き付ける力も持っています
02:06
andそして I think思う ifif we我々 couldできた get取得する kids子供たち
子供たちが早い時期から 起業家になるよう
02:08
to embrace擁する theその ideaアイディア at〜で aa young若い age年齢 of beingであること entrepreneurial起業家,
励まされていたなら 今日世界で問題になっている
02:10
we我々 couldできた change変化する everythingすべて in theその world世界 thatそれ is aa problem問題 today今日.
あらゆることが 違っていただろうと思います
02:13
Everyすべて problem問題 that'sそれは outでる thereそこ, somebody誰か has持っている theその ideaアイディア forために.
どんな問題に対しても 誰かアイデアを持った人はいるものだからです
02:16
Andそして asとして aa young若い kidキッド, nobody誰も canできる sayいう itそれ can'tできない happen起こる
小さな子供に そんなの出来っこないよとは
02:19
becauseなぜなら you'reあなたは tooあまりにも dumbダム to realize実現する
誰にも言えないのです 自分が馬鹿で
02:21
thatそれ you君は couldn'tできなかった figure数字 itそれ outでる.
分からなかったというだけなのですから
02:23
I think思う we我々 have持ってる an obligation義務 asとして parents andそして aa society社会
私たちには親として 社会として 義務があります
02:25
to start開始 teaching教える our我々の kids子供たち to fish
子供に魚を与える代わりに
02:28
instead代わりに of giving与える themそれら theその fish ---
釣りの仕方を教え始めるべきです
02:30
theその old古い parable比喩: "Ifif you君は give与える aa manおとこ aa fish, you君は feedフィード him forために aa day.
「魚を与えれば その人は一日の糧を得
02:32
Ifif you君は teach教える aa manおとこ to fish, you君は feedフィード him forために aa lifetime一生."
魚の釣り方を教えれば その人は一生の糧を得る」のです
02:34
Ifif we我々 canできる teach教える our我々の kids子供たち to become〜になる entrepreneurial起業家 ---
起業家になる方法を子供たちに教えられたら?
02:37
theその onesもの thatそれ showショー thoseそれら traits形質 to be〜する ---
その資質がある子供にです
02:39
like好きな we我々 teach教える theその onesもの who have持ってる science科学 giftsギフト to go行く on in science科学,
ちょうど科学の才能がある子供を 科学の道へと導くように
02:41
what ifif we我々 saw見た theその onesもの who had持っていました entrepreneurial起業家 traits形質
起業家の資質を示す子供に
02:44
andそして taught教えた themそれら to be〜する entrepreneurs起業家?
起業家になる方法を教えるのです
02:46
We我々 couldできた actually実際に have持ってる allすべて theseこれら kids子供たち spreading広がる businessesビジネス
その子たちは政府の施しを待つ代わりに
02:48
instead代わりに of waiting待っている forために government政府 handouts配布資料.
みんな会社を起こすようになるかもしれません
02:50
What we我々 do行う is we我々 sit座る andそして teach教える our我々の kids子供たち allすべて theその thingsもの they彼ら shouldn'tすべきではない do行う:
私たちは教室で 子供たちにすべきでないことを教えています
02:52
Don'tしない hitヒット; don'tしない bite一口; don'tしない swear誓う.
叩かない 噛み付かない 汚い言葉を使わない
02:55
Right now we我々 teach教える our我々の kids子供たち to go行く after really本当に good良い jobsジョブ,
私たちが子供たちに教えているのは 良い仕事を得る方法です
02:57
you君は know知っている, andそして theその school学校 systemシステム teaches教える themそれら to go行く after thingsもの like好きな
学校システムが子供に勧めるのは
03:00
beingであること aa doctor医師 andそして beingであること aa lawyer弁護士
医者や 弁護士や
03:02
andそして beingであること an accountant会計士 andそして aa dentist歯科医
会計士や 歯医者や
03:04
andそして aa teacher先生 andそして aa pilotパイロット.
教師や パイロットになることです
03:06
Andそして theその mediaメディア says言う thatそれ it'sそれは really本当に coolクール ifif we我々 couldできた go行く outでる
そしてメディアは モデルや 歌手や
03:08
andそして be〜する aa modelモデル orまたは aa singer歌手
シドニー クロスビーみたいな
03:10
orまたは aa sportsスポーツ heroヒーロー like好きな Luongoルンゴ, Crosbyクロスビー.
スポーツ選手になるのがカッコイイと言っています
03:12
Our我々の MBAMBA programsプログラム do行う notない teach教える kids子供たち to be〜する entrepreneurs起業家.
MBAプログラムは起業家になる方法を教えていません
03:15
Theその reason理由 thatそれ I avoided避ける an MBAMBA programプログラム ---
私がMBAを取ろうとしなかったのは…
03:18
otherその他 thanより theその fact事実 thatそれ I couldn'tできなかった get取得する into anyどれか
高校での平均点が61では
03:20
becauseなぜなら I had持っていました aa 61 percentパーセント average平均 outでる of high高い school学校
カナダで入れる大学は
03:22
andそして then次に 61 percentパーセント average平均 at〜で
カールトンくらいしかなかった
03:24
theその onlyのみ school学校 in Canadaカナダ thatそれ accepted受け入れられた me, Carltonカールトン ---
というのを別にすればですが…
03:26
butだけど our我々の MBAMBA programsプログラム don'tしない teach教える kids子供たち to be〜する entrepreneurs起業家.
MBAプログラムでは 起業家になる方法を学べないからです
03:28
They彼ら teach教える themそれら to go行く work作業 in corporations企業.
MBAで教わるのは 会社の中で働く方法です
03:31
Soそう who'sだれの starting起動 theseこれら companies企業? It'sそれは theseこれら randomランダム few少数 people.
では誰がその会社を始めるのか? 一握りの雑多な人たちです
03:33
Even偶数 in popular人気 literature文献, theその onlyのみ book I've私は everこれまで found見つけた ---
文学の世界においてすら 私の知る限り…
03:36
andそして thisこの should〜すべき be〜する on allすべて of yourきみの reading読書 listsリスト ---
この本はきっと皆さん 読まれていると思いますが…
03:39
theその onlyのみ book I've私は everこれまで found見つけた
起業家がヒーローとして描かれている
03:41
thatそれ makes作る theその entrepreneur起業家 into theその heroヒーロー is "Atlasアトラス Shrugged肩をすくめた."
唯一の本は『肩をすくめるアトラス』です
03:43
Everythingすべて elseelse in theその world世界 tends傾向がある to look見える at〜で entrepreneurs起業家
それ以外の本では 起業家は
03:45
andそして sayいう thatそれ we're私たちは bad悪い people.
悪人のように描かれています
03:47
I look見える at〜で even偶数 myじぶんの family家族.
私自身の家族について言えば
03:49
Bothどちらも myじぶんの grandfathers祖父 wereあった entrepreneurs起業家. Myじぶんの dadパパ wasあった an entrepreneur起業家.
祖父は2人とも起業家で 父も起業家でした
03:51
Bothどちらも myじぶんの brother andそして sisterシスター andそして I, allすべて three of us米国 own自分の companies企業 asとして wellよく.
兄弟は3人とも会社を持っています
03:53
Andそして we我々 allすべて decided決定しました to start開始 theseこれら thingsもの
そして私たちが起業した理由は
03:56
becauseなぜなら it'sそれは really本当に theその onlyのみ place場所 we我々 fitフィット.
自分に合う場所が そこしかなかったからです
03:58
We我々 didn'tしなかった fitフィット in theその normal正常 work作業. We我々 couldn'tできなかった work作業 forために somebody誰か elseelse
強情さやそのほかの性質のために
04:00
becauseなぜなら we're私たちは tooあまりにも stubborn頑固な andそして we我々 have持ってる allすべて theseこれら otherその他 traits形質.
他人の下で働くということが 私達には出来なかったのです
04:02
Butだけど kids子供たち couldできた be〜する entrepreneurs起業家 asとして wellよく.
そういう子供でも起業家にはなり得るのです
04:05
I'm私は aa big大きい part of aa coupleカップル organizations組織 globally世界的に
私は2つの世界的な組織に属しています
04:07
calledと呼ばれる theその Entrepreneurs'起業家は、 Organization組織 andそして theその Young若い Presidents'大統領の Organization組織.
「起業家機構」と「YPO」(若手経営者ネットワーク)です
04:09
I justちょうど came来た backバック fromから speaking話し中 in Barcelonaバルセロナ
私はちょうどバルセロナであった
04:11
at〜で theその YPOイポ globalグローバル conference会議,
YPOの世界会議で講演をして戻ってきたばかりです
04:13
andそして everyoneみんな thatそれ I met会った over以上 thereそこ
そこで会った人はみんな
04:16
who'sだれの an entrepreneur起業家
学校では苦しんでいた
04:18
struggled苦戦した with〜と school学校.
起業家たちです
04:20
I have持ってる 18 outでる of theその 19 signs兆候 of attention注意 deficit赤字 disorder障害 diagnosed診断された.
私は注意力欠如障害の症状19個のうち18個があると診断されました
04:22
Soそう thisこの thingもの right hereここに is freaking怖がらせる me outでる.
こういうのを見るとぞっとします
04:25
(Laughter笑い)
(笑)
04:28
It'sそれは probably多分 whyなぜ I'm私は aa little少し bitビット panickedパニックになった right now ---
たぶん今パニックを起こしかけているのはこれのせいですね
04:30
otherその他 thanより allすべて theその caffeineカフェイン thatそれ I've私は had持っていました andそして theその sugarシュガー ---
たっぷり取ったカフェインと砂糖を別にすると
04:32
butだけど thisこの is really本当に creepy気味悪い forために an entrepreneur起業家.
起業家タイプには本当にぞっとするものです
04:34
Attention注意 deficit赤字 disorder障害, bipolarバイポーラ disorder障害.
注意力欠如障害に 躁鬱病
04:37
Do行う you君は know知っている thatそれ bipolarバイポーラ disorder障害 is nicknamedニックネーム theその CEO最高経営責任者(CEO disease疾患?
躁鬱病が「CEOの病」とあだ名されているのはご存じですか?
04:39
Tedテッド Turner'sターナーの got持っている itそれ. Steveスティーブ Jobsジョブ has持っている itそれ.
テッド ターナーもそう スティーブ ジョブズもそう
04:42
Allすべて three of theその founders創業者 of Netscapeネットスケープ had持っていました itそれ.
Netscapeの創業者は3人ともそうです
04:45
I couldできた go行く on andそして on.
例ならいくらでも挙げられます
04:48
Kids子供たち --- you君は canできる see見る theseこれら signs兆候 in kids子供たち.
子供たちにそういう兆候があったときに
04:50
Andそして what we're私たちは doingやっている is we're私たちは giving与える themそれら Ritalinリタリン andそして saying言って,
私たちがしているのは リタリンを投与して
04:52
"Don'tしない be〜する an entrepreneurial起業家 typeタイプ.
「起業家タイプになんかなるな」と言うことです
04:54
Fitフィット into thisこの otherその他 systemシステム andそして tryお試しください to become〜になる aa student学生."
「まわりに合わせて 良い学生になりなさい」と
04:56
Sorryごめんなさい, entrepreneurs起業家 aren'tない students学生の.
起業家というのは良い学生ではありません
04:58
We我々 fast-trackファーストトラック. We我々 figure数字 outでる theその gameゲーム.
裏技を見つけてゲームを攻略します
05:00
I stoleストール essaysエッセイ. I cheated騙された on exams試験.
レポートの盗作に カンニング
05:02
I hired雇われた kids子供たち to do行う myじぶんの accounting会計 assignments割り当て in university大学
大学の会計学の宿題を 13回連続で 他の学生に
05:04
forために 13 consecutive連続 assignments割り当て.
お金を払ってやってもらっていました
05:07
Butだけど asとして an entrepreneur起業家 you君は don'tしない do行う accounting会計, you君は hire雇う accountants会計士.
起業家は会計を自分でせずに会計士を雇います
05:09
Soそう I justちょうど figured思った thatそれ outでる earlier先に.
だから早めにそうしたというだけのことです
05:12
(Laughter笑い)
(笑)
05:14
(Applause拍手)
(拍手)
05:16
At〜で least少なくとも I canできる admit認める I cheated騙された in university大学; most最も of you君は won't〜されません.
私は大学でズルをしたと打ち明けられますが 皆さんは違うでしょう
05:18
I'm私は alsoまた、 quoted引用された --- andそして I told言った theその person who wrote書きました theその textbook教科書 ---
それからまた 私が教科書の著者に話した内容が
05:21
I'm私は now quoted引用された in thatそれ exact正確 same同じ university大学 textbook教科書
今ではカナダ中の大学で使われている
05:24
in everyすべて Canadianカナディアン university大学 andそして collegeカレッジ studies研究.
教科書に載っているのです
05:26
In managerial経営者 accounting会計, I'm私は chapter eight8.
管理会計の第8章の始めで
05:29
I open開いた upアップ chapter eight8 talking話す about budgeting予算編成.
予算作成の話をしています
05:32
Andそして I told言った theその author著者, after they彼ら didした myじぶんの interviewインタビュー, thatそれ I cheated騙された in thatそれ same同じ courseコース.
インタビューの後に 私はまさにその授業でズルをしていたことを話しました
05:34
Andそして she彼女 thought思想 itそれ wasあった tooあまりにも funny面白い to notない include含める itそれ anywayとにかく.
その著者はそれがカットしてしまうには面白すぎると思ったようです
05:37
Butだけど kids子供たち, you君は canできる see見る theseこれら signs兆候 in themそれら.
子供たちの中にそういう兆候が見つかります
05:40
Theその definition定義 of an entrepreneur起業家 is "aa person who organizes整理する, operates動作する
起業家の定義とは
05:43
andそして assumes前提 theその riskリスク of aa businessビジネス ventureベンチャー."
「リスクを理解しつつ投機的事業を組織し 運営する人」です
05:45
Thatそれ doesn'tしない mean平均 you君は have持ってる to go行く to an MBAMBA programプログラム.
MBAを出ている必要はないのです
05:48
Itそれ doesn'tしない mean平均 you君は have持ってる to get取得する throughを通して school学校.
大学を卒業している必要もありません
05:50
Itそれ justちょうど means手段 thatそれ thoseそれら few少数 thingsもの have持ってる to feel感じる right in yourきみの gut.
ただそれが自分のすべきことだと心の底から思っていれば足りるのです
05:52
Andそして we've私たちは heard聞いた thoseそれら thingsもの about "is itそれ nurture育成 orまたは is itそれ nature自然," right?
良く聞かれるのは 才能か環境かということです
05:55
Is itそれ thingもの one1 orまたは thingもの two? What is itそれ?
1ですか2ですか? どちらでしょう?
05:58
Wellよく, I don'tしない think思う it'sそれは eitherどちらか. I think思う itそれ canできる be〜する bothどちらも.
どちらというわけではなく 両方というのが答えでしょう
06:00
I wasあった groomed手入れをした asとして an entrepreneur起業家.
私は起業家として育てられました
06:03
Whenいつ I wasあった growing成長する upアップ asとして aa young若い kidキッド, I had持っていました noいいえ choice選択,
子供の頃の私に選択肢はありませんでした
06:05
becauseなぜなら I wasあった taught教えた at〜で aa very非常に early早い, young若い age年齢 ---
すごく小さな頃から教え込まれたからです
06:07
whenいつ myじぶんの dadパパ realized実現した I wasn'tなかった going行く to fitフィット into
父は私が学校で教えていることには
06:09
everythingすべて elseelse thatそれ wasあった beingであること taught教えた to me in school学校 ---
何も向いていないとわかると
06:11
thatそれ he couldできた teach教える me to figure数字 outでる businessビジネス at〜で an early早い age年齢.
商売を教えることにしたのです
06:13
He groomed手入れをした us米国, theその three of us米国,
父は私たち兄弟3人を
06:16
to hate嫌い theその thought思想 of having持つ aa jobジョブ
職に就くことを嫌い
06:18
andそして to love theその fact事実 of creating作成 companies企業 thatそれ we我々 couldできた employ採用する otherその他 people.
自分で会社を作って人を雇おうと思う人間に育てました
06:20
Myじぶんの first最初 little少し businessビジネス ventureベンチャー: I wasあった sevenセブン years old古い, I wasあった in Winnipegウィニペグ,
私がやった最初の事業は 7歳でウィニペグでのことです
06:23
andそして I wasあった lying嘘つき in myじぶんの bedroom寝室 with〜と one1 of thoseそれら long長いです extension拡張 cordsコード.
部屋に長い延長コードを引き込んで
06:26
Andそして I wasあった calling呼び出し allすべて theその dryドライ cleanersクリーナー in Winnipegウィニペグ
町中のクリーニング屋に電話をかけ
06:28
to find見つける outでる howどうやって muchたくさん would〜する theその dryドライ cleanersクリーナー
ハンガーに幾ら出してくれるか
06:30
pay支払う me forために coatコート hangersハンガー.
聞いていました
06:32
Andそして myじぶんの momママ came来た into theその roomルーム andそして she彼女 said前記,
母が部屋に入ってきて尋ねました
06:34
"Whereどこで are you君は going行く to get取得する theその coatコート hangersハンガー to sell売る to theその dryドライ cleanersクリーナー?"
「ハンガーをどこから手に入れるつもり?」
06:36
Andそして I said前記, "Let'sさあ go行く andそして look見える in theその basement地下."
私は 「地下室に来て」と言い
06:39
Andそして we我々 went行った downダウン to theその basement地下. Andそして I opened開かれた upアップ thisこの cupboard食器棚.
下に降りていき 押し入れを開けました
06:41
Andそして thereそこ wasあった about aa thousand coatコート hangersハンガー thatそれ I'd私は collected集めました.
そこには私が集めたハンガーが千本くらいもありました
06:44
Becauseなぜなら, whenいつ I told言った her彼女 I wasあった going行く outでる to play遊びます with〜と theその kids子供たち,
他の子たちと遊びに行くと言いながら
06:46
I wasあった going行く doorドア to doorドア in theその neighborhoodご近所 to collect集める coatコート hangersハンガー
私は近所の家を回ってハンガーを集め
06:49
to put置く in theその basement地下 to sell売る.
売るために地下室にため込んでいたのです
06:51
Becauseなぜなら I saw見た her彼女 aa few少数 weeks before thatそれ ---
何週間か前に お金に換えられると
06:53
you君は couldできた get取得する paid支払った. They彼ら used中古 to pay支払う you君は two centsセント per〜ごと coatコート hangerハンガー.
知ったためです 普通は1本2セントでした
06:55
Soそう I wasあった justちょうど like好きな, wellよく there'sそこに allすべて kinds種類 of coatコート hangersハンガー.
ハンガーならたくさんあるから
06:58
Andそして soそう I'll私はよ justちょうど go行く get取得する themそれら.
集めてみようと思ったのでした
07:00
Andそして I knew知っていた she彼女 wouldn'tしないだろう want欲しいです me to go行く get取得する themそれら, soそう I justちょうど didした itそれ anywayとにかく.
ハンガーを集め回ったりしたら母が嫌な顔をすると思って そんな風にしていたのでした
07:02
Andそして I learned学んだ thatそれ you君は couldできた actually実際に negotiate交渉する with〜と people.
物事は交渉できるということを この時に学びました
07:06
Thisこの one1 person offered提供された me three centsセント andそして I got持っている him upアップ to three andそして aa halfハーフ.
3セントと言う相手に 3.5セントに引き上げさせたのです
07:08
I even偶数 knew知っていた at〜で aa seven-year-old7歳 age年齢
7歳にして
07:11
thatそれ I couldできた actually実際に get取得する aa fractional分数 percentパーセント of aa centセント,
小数の値段を付けられるということも理解していました
07:13
andそして people would〜する pay支払う thatそれ becauseなぜなら itそれ multiplied乗算された upアップ.
何倍かすれば それでも払うことができるのだと
07:16
At〜で sevenセブン years old古い I figured思った itそれ outでる. I got持っている three andそして aa halfハーフ centsセント forために aa thousand coatコート hangersハンガー.
7歳児が気付いていたのです 1本3.5セントで千本のハンガーを売りました
07:18
I sold売った licenseライセンス plateプレート protectorsプロテクター doorドア to doorドア.
ナンバープレートカバーを戸別訪問して売りました
07:21
Myじぶんの dadパパ actually実際に made me go行く find見つける someone誰か
父がそれを卸してくれる人を
07:23
who would〜する sell売る me theseこれら thingsもの at〜で wholesale卸売.
私に探させたのです
07:25
Andそして at〜で nine9人 years old古い, I walked歩いた aroundまわり in theその cityシティ of Sudburyスブベリ
9歳の時で サドベリーの町を歩き回り
07:27
selling販売 licenseライセンス plateプレート protectorsプロテクター doorドア to doorドア to houses.
一軒一軒訪ねてナンバープレートカバーを売りました
07:29
Andそして I remember思い出す thisこの one1 customer顧客 soそう vividly鮮やかに
あるお客のことを とても良く覚えています
07:32
becauseなぜなら I alsoまた、 didした some一部 otherその他 stuffもの with〜と theseこれら clientsクライアント.
私は他のものも売っていました
07:35
I sold売った newspapers新聞.
新聞も売りましたが
07:37
Andそして he wouldn'tしないだろう buy購入 aa newspaper新聞 fromから me everこれまで.
その人は私から新聞を買ったことがありませんでした
07:39
Butだけど I wasあった convinced確信している I wasあった going行く to get取得する him to buy購入 aa licenseライセンス plateプレート protectorプロテクター.
それでどうしてもナンバープレートカバーを売ってやろうという気になっていました
07:41
Andそして he's彼は like好きな, "Wellよく, we我々 don'tしない need必要 one1."
その人は「必要ないよ」と
07:44
Andそして I said前記, "Butだけど you'veあなたは got持っている two cars ..." --- I'm私は nine9人 years old古い.
私は「でも車を2台お持ちですよね…」と 9歳の子供がです
07:45
I'm私は like好きな, "Butだけど you君は have持ってる two cars andそして they彼ら don'tしない have持ってる licenseライセンス plateプレート protectorsプロテクター."
「車が2台あって ナンバープレートカバーが付いてません」
07:48
Andそして he said前記, "I know知っている."
彼は「分かってる」と
07:51
Andそして I said前記, "Thisこの car here'sここにいる got持っている one1 licenseライセンス plateプレート that'sそれは allすべて crumpledくしゃくしゃ upアップ."
「こっちのはプレートがクシャクシャになってますよ」
07:53
Andそして he said前記, "Yesはい, that'sそれは myじぶんの wife's妻の car." Andそして I said前記, "Whyなぜ don'tしない we我々 justちょうど testテスト one1
「ああ 妻のだからな」「じゃあ奥さんの車の前にだけ付けてみて―
07:55
on theその frontフロント of yourきみの wife's妻の car andそして see見る ifif itそれ lasts続く longerより長いです."
長持ちするか試してみてはいかがですか?」
07:58
Soそう I knew知っていた thereそこ wereあった two cars with〜と two licenseライセンス platesプレート on each.
2台車があって それぞれにナンバープレートが2つあります
08:00
Ifif I couldn'tできなかった sell売る allすべて four4つの, I couldできた at〜で least少なくとも get取得する one1.
4つは駄目でも1つだけなら買ってもらえるかもしれない
08:03
I learned学んだ thatそれ at〜で aa young若い age年齢.
子供の時に学んだのです
08:05
I didした comic漫画 book arbitrage裁定取引.
コミックの鞘取りもしました
08:07
Whenいつ I wasあった about 10 years old古い, I sold売った comic漫画 books
10歳のときで ジョージア湾の別荘で
08:09
outでる of our我々の cottageコテージ on Georgianジョージア語 Bay.
コミックブックを売っていました
08:11
Andそして I would〜する go行く biking自転車 upアップ to theその end終わり of theその beachビーチ
自転車でビーチの一方の側に行き
08:13
andそして buy購入 allすべて theその comics漫画 fromから theその poor貧しい kids子供たち.
貧しい子からコミックを買い取りました
08:15
Andそして then次に I would〜する go行く backバック to theその otherその他 end終わり of theその beachビーチ andそして sell売る themそれら to theその richリッチ kids子供たち.
それからビーチの別な側に行って 金持ちの子にそれを売りました
08:17
Butだけど itそれ wasあった obvious明らか to me, right? Buy購入 low低い, sell売る high高い.
私には当たり前なことでした 安く買って高く売る
08:20
You'veあなたは got持っている thisこの demandデマンド over以上 hereここに thatそれ has持っている moneyお金.
お金と需要を持った人を見つけるのです
08:22
Don'tしない tryお試しください to sell売る to theその poor貧しい kids子供たち; they彼ら don'tしない have持ってる cash現金. Theその richリッチ people do行う. Go行く get取得する some一部.
お金のない貧乏な子ではなく 金持ちの子に売って お金を頂く
08:24
Soそう that'sそれは obvious明らか, right.
私には当たり前なことでした
08:27
It'sそれは like好きな aa recession不況. Soそう, there'sそこに aa recession不況.
不景気な時期でしたが
08:29
There'sそこに stillまだ 13 trillion1兆 dollarsドル circulating循環する in theその Uあなた.Ss. economy経済.
不景気でもアメリカ経済には13兆ドルものお金が巡っているのです
08:31
Go行く get取得する some一部 of thatそれ. Andそして I learned学んだ thatそれ at〜で aa young若い age年齢.
稼ぎどころはある 私はそのことを子供の頃に学びました
08:34
I alsoまた、 learned学んだ, don'tしない reveal明らかにする yourきみの sourceソース,
もう1つ 出所を明かさないということも学びました
08:37
becauseなぜなら I got持っている beatビート upアップ after about four4つの weeks of doingやっている thisこの
それを4週間くらい続けた後
08:39
becauseなぜなら one1 of theその richリッチ kids子供たち found見つけた outでる whereどこで I wasあった buying買う myじぶんの comics漫画 fromから,
コミックの入手元が 金持ちの子にバレて ぼこぼこにされました
08:41
andそして he didn'tしなかった like好きな theその fact事実 thatそれ he wasあった paying払う aa lotロット moreもっと.
高いお金を払わされていたのが気に食わなかったようです
08:44
I wasあった forced強制された to get取得する aa paper routeルート at〜で 10 years old古い.
10歳のときに新聞配達をやらされました
08:46
I didn'tしなかった really本当に want欲しいです aa paper routeルート,
本当はやりたくなかったのですが
08:48
butだけど at〜で 10, myじぶんの dadパパ said前記, "That'sそれは going行く to be〜する yourきみの next businessビジネス."
「次にやる商売はこれだ」と父に言われたのです
08:50
Soそう notない onlyのみ would〜する he get取得する me one1, butだけど I had持っていました to get取得する two,
1人分だけでなく2人分の仕事を請け負って
08:52
andそして then次に he wanted欲しい me to hire雇う someone誰か to deliver配信する halfハーフ theその papers論文,
半分は誰か雇ってやらせるようにと
08:54
whichどの I didした, andそして then次に I realized実現した thatそれ collecting収集する tipsヒント wasあった whereどこで you君は made allすべて theその moneyお金.
お金が手に入るのはチップを集めるときです
08:57
Soそう I would〜する collect集める theその tipsヒント andそして get取得する payment支払い.
だから私はチップを集めることにしました
09:00
Soそう I would〜する go行く andそして collect集める forために allすべて theその papers論文.
全部の集金をするのです
09:02
He couldできた justちょうど deliver配信する themそれら.
相方の方は新聞を配達するだけです
09:04
Becauseなぜなら then次に I realized実現した I couldできた make作る theその moneyお金.
そうすれば儲かると気付いたのです
09:06
By〜によって thisこの pointポイント, I wasあった definitely絶対に notない going行く to be〜する an employee従業員.
この時点で もう私がどこかの社員になる可能性は消えました
09:08
(Laughter笑い)
(笑)
09:11
Myじぶんの dadパパ owned所有している an automotive自動車 andそして industrial工業用 repair修復 shopショップ.
父は自動車修理工場を持っていました
09:13
He had持っていました allすべて theseこれら old古い automotive自動車 parts部品 lying嘘つき aroundまわり.
古い自動車の部品が散乱していました
09:15
They彼ら had持っていました thisこの old古い brass真鍮 andそして copper.
真鍮や銅の廃品がありました
09:17
I asked尋ねた him what he didした with〜と itそれ, andそして he said前記 he justちょうど throwsスロー itそれ outでる.
それで何をするのかと聞くと 捨てると言います
09:19
I said前記, "Butだけど wouldn'tしないだろう somebody誰か pay支払う you君は forために thatそれ?" Andそして he goes行く, "Maybe多分."
「お金を出す人がいるかも」「どうかな」
09:22
Remember思い出す at〜で 10 years old古い --- soそう 34 years ago
私が10歳だったことを思い出してください
09:24
I saw見た opportunity機会 in thisこの stuffもの.
34年前 私はそこに可能性を見出したのです
09:26
I saw見た thereそこ wasあった moneyお金 in garbageゴミ.
ゴミの中にお金を見たのです
09:28
Andそして I wasあった actually実際に collecting収集する itそれ fromから allすべて theその automotive自動車 shopsお店 in theその areaエリア on myじぶんの bicycle自転車.
私は自転車で行ける範囲内にある自動車工場を回って廃品を集めました
09:30
Andそして then次に myじぶんの dadパパ would〜する driveドライブ me on Saturdays土曜日
土曜日に金属スクラップ回収業者へ
09:33
to aa scrapスクラップ metal金属 recyclerリサイクラー whereどこで I got持っている paid支払った.
父に車で乗せていってもらい お金に換えました
09:35
Andそして I thought思想 thatそれ wasあった kind種類 of coolクール.
すごくいかしていると思いました
09:37
Strangely妙に enough十分な, 30 years later後で, we're私たちは building建物 1--800-GOT-JUNK忘れた?
奇妙なことに 30年後 私たちは「1-800-GOT-JUNK?」という
09:39
andそして making作る moneyお金 offオフ thatそれ tooあまりにも.
廃品回収会社を立ち上げることになりました
09:42
I built建てられた theseこれら little少し pincushionsピンクッション whenいつ I wasあった 11 years old古い in Cubs子猫,
11歳のときにカブスカウトで 母の日に贈るための
09:44
andそして we我々 made theseこれら pinピン cushionsクッション forために our我々の momsママ forために Mother's母親の Day.
小さな針刺しを作りました
09:47
Andそして you君は made theseこれら pincushionsピンクッション outでる of wooden木製 clothespins衣服のピン ---
洗濯物を物干し紐に留めるための
09:49
whenいつ we我々 used中古 to hangハング clothes on clotheslines洗濯物 outside外側.
木製の洗濯ばさみを使い
09:52
Andそして you'dあなたは make作る theseこれら chairs椅子.
椅子の形をした
09:54
Andそして I had持っていました theseこれら little少し pillows thatそれ I would〜する sew縫う upアップ.
小さな針刺しを作ったのです
09:56
Andそして you君は couldできた stuffもの pinsピン in themそれら.
縫い針を挿しておくことができます
09:58
Becauseなぜなら people used中古 to sew縫う andそして they彼ら needed必要な aa pinピン cushionクッション.
昔はみんな裁縫をして針刺しを使っていたものです
10:00
Butだけど what I realized実現した wasあった thatそれ you君は had持っていました to have持ってる optionsオプション.
私が気付いたのは 選択肢が必要だということです
10:03
Soそう I actually実際に sprayスプレー painted描きました aa whole全体 bunch of themそれら brown褐色.
それで私は茶色に塗ったやつをたくさん作りました
10:06
Andそして then次に whenいつ I went行った to theその doorドア, itそれ wasn'tなかった, "Do行う you君は want欲しいです to buy購入 one1?"
「おひとついかがですか?」と言う代わりに
10:08
Itそれ wasあった, "Whichどの color would〜する you君は like好きな?"
「どっちの色が好きですか?」と聞くのです
10:10
Like好きな I'm私は 10 years old古い; you'reあなたは notない going行く to sayいう noいいえ to me,
10歳の子供相手にノーとは言いません
10:12
especially特に ifif you君は have持ってる two optionsオプション --- you君は have持ってる theその brown褐色 one1 orまたは theその clearクリア one1.
特に2つの選択肢がある場合には 茶色か白か選べるんです
10:14
Soそう I learned学んだ thatそれ lessonレッスン at〜で aa young若い age年齢.
私はこの教訓を幼くして学びました
10:17
I learned学んだ thatそれ manualマニュアル labor労働 really本当に sucks吸う.
手作業は最悪だということを学びました
10:19
Right, like好きな cutting切断 lawns芝生 is brutal残忍な.
芝生を刈るのは重労働です
10:24
Butだけど becauseなぜなら I had持っていました to cutカット lawns芝生 allすべて summer forために allすべて of our我々の neighbors隣人 andそして get取得する paid支払った to do行う thatそれ,
夏の間中 近所の芝生という芝生を刈って お金をもらっていました
10:26
I realized実現した thatそれ recurring繰り返す revenue収入
そして一人の顧客から得られる
10:29
fromから one1 clientクライアント is amazing素晴らしい.
継続収入はすごい ということに気付きました
10:31
Thatそれ ifif I land土地 thisこの clientクライアント once一度,
一度顧客を手にしたら
10:34
andそして everyすべて week週間 I get取得する paid支払った by〜によって thatそれ person,
その人から毎週収入が得られるのです
10:36
that'sそれは way方法 betterより良い thanより trying試す to sell売る
それは洗濯ばさみ細工を
10:38
one1 clothespin洋服のピン thingもの to one1 person.
1個ずつ売ろうとするよりずっといいです
10:40
Becauseなぜなら you君は can'tできない sell売る themそれら moreもっと.
洗濯ばさみ細工は1つしか売れませんから
10:42
Soそう I love thatそれ recurring繰り返す revenue収入 modelモデル I started開始した to learn学ぶ at〜で aa young若い age年齢.
継続収入形態は素晴しいということを 小さな時に学んだのです
10:44
Remember思い出す, I wasあった beingであること groomed手入れをした to do行う thisこの. I wasあった notない allowed許可された to have持ってる jobsジョブ.
私はそのように育てられました 雇われ人にはなれません
10:47
I would〜する caddyキャディー, I would〜する go行く to theその golfゴルフ courseコース andそして caddyキャディー forために people.
私はゴルフコースに行ってキャディをしようと思いました
10:50
Butだけど I realized実現した thatそれ thereそこ wasあった thisこの one1 hill on our我々の golfゴルフ courseコース,
そのゴルフコースには 13番ホールのところに
10:53
theその 13thth hole thatそれ had持っていました thisこの huge巨大 hill.
大きな丘があって みんなゴルフバッグを
10:55
Andそして people couldできた never決して get取得する their彼らの bagsバッグ upアップ itそれ.
担ぎ上げるのに苦労していました
10:57
Soそう I would〜する sit座る thereそこ with〜と aa lawn芝生 chair椅子
私はそこに折りたたみ椅子で陣取って
10:59
andそして justちょうど carryキャリー upアップ allすべて theその people who didn'tしなかった have持ってる caddiesキャディー.
キャディのいない人のためにバッグを運んでやりました
11:01
I would〜する carryキャリー their彼らの golfゴルフ bagsバッグ upアップ to theその top, andそして they'd彼らは pay支払う me aa dollarドル.
上までバッグを運んで1ドルもらいます
11:04
Meanwhile一方で, myじぶんの friends友達 wereあった workingワーキング forために five hours時間
一方で私の友達は 5時間ずっと
11:07
to haul運ぶ some一部 guy's男の bagバッグ aroundまわり andそして get取得する paid支払った 10 bucksドル.
誰かのバッグを運んで10ドルもらっていました
11:09
I'm私は like好きな, "That'sそれは stupid愚か becauseなぜなら you君は have持ってる to work作業 forために five hours時間.
「5時間も働かなきゃならないなんて馬鹿みたいだ」と思いました
11:11
Thatそれ doesn'tしない make作る anyどれか senseセンス." You君は justちょうど figure数字 outでる aa way方法 to make作る moreもっと moneyお金 fasterもっと早く.
もっと早くお金になる方法を見つけるべきなのです
11:14
Everyすべて week週間, I would〜する go行く to theその cornerコーナー store格納 andそして buy購入 allすべて theseこれら popsポップス.
毎週私は角の店に行ってジュースをたくさん買い込み
11:17
Then次に I would〜する go行く upアップ andそして deliver配信する themそれら to theseこれら 70-year-old-歳 women女性 playing遊ぶ bridgeブリッジ.
ブリッジをしている70歳のおばあちゃんたちに届けることにしました
11:20
Andそして they'd彼らは give与える me their彼らの orders注文 forために theその following以下 week週間.
その後毎週注文をもらうようになり
11:23
Andそして then次に I'd私は justちょうど deliver配信する popポップ andそして I'd私は justちょうど charge電荷 twice二度.
私はジュースを届け 2倍の値段で売りました
11:25
Andそして I had持っていました thisこの captured捕獲 market市場. You君は didn'tしなかった need必要 contracts契約.
市場を押えたのです 契約は必要ありません
11:27
You君は justちょうど needed必要な to have持ってる aa supply供給 andそして demandデマンド
需要と供給があり
11:30
andそして thisこの audience聴衆 who bought買った into you君は.
自分を気に入ってくれる客がいればいいのです
11:32
Theseこれら women女性 weren'tなかった going行く to go行く to anybody elseelse
彼女たちは私のことを気に入ってくれていたので
11:34
becauseなぜなら they彼ら liked好き me, andそして I kind種類 of figured思った itそれ outでる.
他所から買うことはないと分かっていました
11:36
I went行った andそして got持っている golfゴルフ ballsボール fromから golfゴルフ coursesコース.
ゴルフコースでボール拾いをしました
11:38
Butだけど everybodyみんな elseelse wasあった looking探している in theその bushブッシュ
他の人はみんな藪とか溝の中を探します
11:41
andそして looking探している in theその ditches forために golfゴルフ ballsボール.
私は彼らを出し抜きました
11:43
I'm私は like好きな, screwスクリュー thatそれ. They're彼らは allすべて in theその pond
ボールはみんな池の中にあったのですが
11:45
andそして nobody's誰も going行く into theその pond.
池に入る人は誰もいなかったのです
11:47
Soそう I would〜する go行く into theその ponds andそして crawlクロール aroundまわり andそして pickピック themそれら upアップ with〜と myじぶんの toesつま先.
それで私は池に入って つま先でボールを拾い上げました
11:49
You君は justちょうど pickピック themそれら upアップ with〜と bothどちらも feetフィート.
両方の足を使って拾い上げるのです
11:52
You君は can'tできない do行う itそれ on stageステージ.
ステージ上ではちょっとできませんけど
11:54
You君は get取得する theその golfゴルフ ballsボール, andそして you君は justちょうど throwスロー themそれら in yourきみの bathing入浴 suitスーツ trunksトランクス
ボールを見つけたら水着のトランクスに突っ込み
11:56
andそして whenいつ you'reあなたは done完了 you'veあなたは got持っている aa coupleカップル hundred of themそれら.
終わる頃には200個も溜まっていました
11:58
Butだけど theその problem問題 is thatそれ people allすべて didn'tしなかった want欲しいです allすべて theその golfゴルフ ballsボール.
問題はみんな古いゴルフボールは欲しがらないということです
12:01
Soそう I justちょうど packagedパッケージされた themそれら. I'm私は like好きな 12, right?
それでパッケージを作りました 12歳の時です
12:04
I packagedパッケージされた themそれら upアップ three ways方法.
3種類のパッケージを用意しました
12:06
I had持っていました theその Pinnaclesピンナクルズ andそして DDHsddhs andそして theその really本当に coolクール onesもの backバック then次に.
「ピナクル」とか「DDH」のような
12:08
Thoseそれら sold売った forために two dollarsドル each.
当時の一流品は 1個2ドルで売りました
12:10
Andそして then次に I had持っていました allすべて theその good良い onesもの thatそれ didn'tしなかった look見える crappy愚かな. They彼ら wereあった 50 centsセント each.
それからきれいなやつは 1個50セントにしました
12:12
Andそして then次に I'd私は sell売る 50 at〜で aa time時間 of allすべて theその crappy愚かな onesもの.
汚いやつは練習用として
12:15
Andそして they彼ら couldできた useつかいます thoseそれら forために practice練習 ballsボール.
50個まとめて売りました
12:18
I sold売った sunglassesサングラス, whenいつ I wasあった in school学校,
中学のときには 学校中の人に
12:20
to allすべて theその kids子供たち in high高い school学校.
サングラスを売りました
12:22
Thisこの is what really本当に kind種類 of gets取得 everybodyみんな hating嫌う you君は
友達みんなから始終お金を取ろうとしているわけですから
12:24
is becauseなぜなら you'reあなたは trying試す to extractエキス moneyお金 fromから allすべて yourきみの friends友達 allすべて theその time時間.
煙たがられましたけど
12:27
Butだけど itそれ paid支払った theその bills紙幣.
お金にはなりました
12:30
Soそう I sold売った lotsロット andそして lotsロット of sunglassesサングラス.
すごくたくさんのサングラスを売りました
12:32
Then次に whenいつ theその school学校 shutシャット me downダウン ---
それから学校に禁止されました
12:34
theその school学校 actually実際に calledと呼ばれる me into theその office事務所 andそして told言った me I couldn'tできなかった do行う itそれ ---
職員室に呼び出されて もうやめろと言われたのです
12:36
soそう I went行った to theその gasガス stations andそして
それで私はガソリンスタンドに行って
12:38
I sold売った lotsロット of themそれら to theその gasガス stations
彼らが客に売るための
12:40
andそして had持っていました theその gasガス stations sell売る themそれら to their彼らの customers顧客.
サングラスをたくさん売りました
12:42
Thatそれ wasあった coolクール becauseなぜなら then次に I had持っていました retail小売 outletsアウトレット.
販路を手に入れたわけです
12:44
Andそして I think思う I wasあった 14.
14の時だったと思います
12:46
Then次に I paid支払った myじぶんの entire全体 way方法 throughを通して first最初 year university大学 at〜で Carltonカールトン
カールトン大の最初の年の学費は
12:48
by〜によって selling販売 wineワイン skinsスキン doorドア to doorドア.
ワイン用の革袋を売って稼ぎ出しました
12:51
You君は know知っている thatそれ you君は canできる holdホールド aa 40-ounce-オンス bottleボトル of rumラム
ラム酒の40オンス瓶や
12:53
andそして two bottlesボトル of cokeコークス in aa wineskinワインスキン? Soそう what, right?
コーラが2本分入ります 何に使うか分かりますか?
12:55
Yeahええ, butだけど you君は know知っている what? You君は stuffもの thatそれ downダウン yourきみの shortsショートパンツ,
ズボンに忍ばせておけば
12:57
whenいつ you君は go行く into aa footballフットボール gameゲーム you君は canできる get取得する booze in forために free無料,
フットボールの試合のときに タダで酒盛りができるので
12:59
everybodyみんな bought買った themそれら.
みんな買ってくれました
13:02
Supply供給, demandデマンド, big大きい opportunity機会.
需要と供給 大きなチャンス
13:04
I alsoまた、 brandedブランドの itそれ, soそう I sold売った themそれら forために five times theその normal正常 costコスト.
私はブランド化も図って
13:07
Itそれ had持っていました our我々の university大学 logoロゴ on itそれ.
大学のロゴを入れたのを 5倍の値段で売りました
13:09
You君は know知っている we我々 teach教える our我々の kids子供たち andそして we我々 buy購入 themそれら gamesゲーム,
子供たちにゲームを買う代わりに
13:11
butだけど whyなぜ don'tしない we我々 get取得する themそれら gamesゲーム, ifif they're彼らは entrepreneurial起業家 kids子供たち,
起業家の素質がある子供には 素質を伸ばせるような
13:13
thatそれ kind種類 of nurture育成 theその traits形質 thatそれ you君は need必要 to be〜する entrepreneurs起業家?
ゲームを与えてはどうでしょう?
13:16
Whyなぜ don'tしない you君は teach教える themそれら notない to waste廃棄物 moneyお金?
お金を無駄にしないことを教えるのです
13:19
I remember思い出す beingであること told言った to walk歩く outでる in theその middle中間 of aa street通り in Banffバンフ, Albertaアルバータ州
バンフで 道路の真ん中へ行けと言われた時のことを よく覚えています
13:22
becauseなぜなら I'd私は thrownスローされた aa pennyペニー outでる in theその street通り,
私が1ペンスを道に投げたので
13:25
andそして myじぶんの dadパパ said前記, "Go行く pickピック itそれ upアップ."
父が言ったのです「拾ってこい」
13:27
He said前記, "I work作業 tooあまりにも damnくそー hardハード forために myじぶんの moneyお金. I'm私は notない going行く to see見る you君は everこれまで waste廃棄物 aa pennyペニー."
「働いて得た金だ 1ペンスたりとも無駄にするな」
13:29
Andそして I remember思い出す thatそれ lessonレッスン to thisこの day.
私はこの教訓を今日まで心に刻んでいます
13:31
Allowances手当 teach教える kids子供たち theその wrong違う habits習慣.
お小遣いは子供に悪い習慣を与えます
13:33
Allowances手当, by〜によって nature自然, are teaching教える kids子供たち
お小遣いというのは
13:36
to think思う about aa jobジョブ.
雇われ人になるよう教えることになります
13:38
An entrepreneur起業家 doesn'tしない expect期待する aa regular定期的 paycheck給料.
起業家なら定期収入を期待すべきではありません
13:40
Allowance余裕 is breeding育種 kids子供たち at〜で aa young若い age年齢
お小遣いは子供に小さな頃から
13:43
to expect期待する aa regular定期的 paycheck給料.
定期収入を期待するようにさせます
13:45
That'sそれは wrong違う, forために me, ifif you君は want欲しいです to raise上げる entrepreneurs起業家.
起業家を育てたければ これは間違っています
13:47
What I do行う with〜と myじぶんの kids子供たち now --- I've私は got持っている two, nine9人 andそして sevenセブン ---
私には9歳と7歳の子供がいますが
13:49
is I teach教える themそれら to walk歩く aroundまわり theその house andそして theその yardヤード,
家や庭を見て回り
13:51
looking探している forために stuffもの thatそれ needsニーズ to get取得する done完了.
何かできることがないか探すように教えています
13:53
Come来る to me andそして telltell me what itそれ is.
見つけたら子供たちは私のところに言いに来ます
13:55
Orまたは I'll私はよ come来る to themそれら andそして sayいう, "Here'sここにいる what I need必要 done完了."
あるいは私の方から「これをやって欲しい」と言うこともあります
13:57
Andそして then次に you君は know知っている what we我々 do行う? We我々 negotiate交渉する.
それから何をすると思いますか? 価格交渉です
13:59
They彼ら go行く aroundまわり looking探している forために what itそれ is.
子供たちは仕事内容を理解して
14:01
Butだけど then次に we我々 negotiate交渉する on what they're彼らは going行く to get取得する paid支払った.
その仕事を幾らでするか交渉するのです
14:03
Andそして then次に they彼ら don'tしない have持ってる aa regular定期的 checkチェック, butだけど they彼ら have持ってる moreもっと opportunities機会 to find見つける moreもっと stuffもの,
子供たちに定期収入はありませんが たくさんの仕事を見つける機会があります
14:05
andそして they彼ら learn学ぶ theその skillスキル of negotiating交渉,
交渉のスキルを学び
14:08
andそして they彼ら learn学ぶ theその skillスキル of finding所見 opportunities機会 asとして wellよく.
機会を見つけるスキルを学んでいます
14:10
You君は breed繁殖 thatそれ kind種類 of stuffもの. Each of myじぶんの kids子供たち has持っている two piggyピギー banks銀行.
そういう能力を育てるのです 子供たちは貯金箱を2つ持っています
14:12
Fifty五十 percentパーセント of allすべて theその moneyお金 thatそれ they彼ら earn獲得する orまたは get取得する gifted才能ある,
稼いだりもらったりしたお金の
14:15
50 percentパーセント goes行く in their彼らの house accountアカウント,
半分は家用口座に
14:17
50 percentパーセント goes行く in their彼らの toyおもちゃ accountアカウント.
半分はオモチャ用口座に入れます
14:19
Anything何でも in their彼らの toyおもちゃ accountアカウント they彼ら canできる spend費やす on whateverなんでも they彼ら want欲しいです.
オモチャ用口座のお金は 好きなように使えます
14:21
Theその 50 percentパーセント thatそれ goes行く in their彼らの house accountアカウント, everyすべて six6 months数ヶ月, goes行く to theその bankバンク.
家用口座のお金は 6ヶ月ごとに 銀行へ いっしょに預けに行きます
14:23
They彼ら walk歩く upアップ with〜と me. Everyすべて year allすべて theその moneyお金 in theその bankバンク goes行く to their彼らの brokerブローカ.
それから毎年銀行のお金を株式仲介人に預託します
14:26
Bothどちらも myじぶんの nine-また、 andそして seven-year-olds7歳 have持ってる aa stock株式 brokerブローカ already既に.
9歳と7歳の子供が 既に株式投資しているのです
14:29
Butだけど I'm私は teaching教える themそれら to force thatそれ savings節約 habit習慣.
そうやって貯蓄の習慣を身につけさせます
14:33
Itそれ drivesドライブ me crazy狂った thatそれ 30-year-olds are saying言って,
30歳の人が「そろそろ年金のこと考えたほうがいいかな」
14:35
"Maybe多分 I'll私はよ start開始 contributing貢献する to myじぶんの RSPrsp now."
などと言うのを聞くと 頭がおかしくなりそうです
14:38
Shitたわごと, you'veあなたは missed逃した 25 years.
25年も何をしていたんでしょうか
14:40
You君は canできる teach教える thoseそれら habits習慣 to young若い kids子供たち
そういう習慣は 不安を感じ始める前に
14:42
whenいつ they彼ら don'tしない even偶数 feel感じる theその pain痛み yetまだ.
小さな子供の時に教えることができるのです
14:44
Don'tしない read読む themそれら bedtime就寝時間 stories物語 everyすべて night.
子供に毎晩お話を読み聞かせないで
14:46
Maybe多分 four4つの nights夜間 outでる of theその week週間 read読む themそれら bedtime就寝時間 stories物語
週に4日だけ お話を読み聞かせ
14:48
andそして three nights夜間 of theその week週間 have持ってる themそれら telltell stories物語.
あとの3日は 子供たちに お話をさせることです
14:50
Whyなぜ don'tしない you君は sit座る downダウン with〜と kids子供たち andそして give与える themそれら four4つの itemsアイテム,
いっしょに座って 何か4つのもの
14:52
aa red shirtシャツ, aa blue tieネクタイ, aa kangarooカンガルー andそして aa laptopラップトップ,
例えば赤シャツと 青いネクタイと カンガルーと ノートPCを挙げて
14:55
andそして have持ってる themそれら telltell aa storyストーリー about thoseそれら four4つの thingsもの?
その4つのものを入れた お話を作らせるのです
14:58
Myじぶんの kids子供たち do行う thatそれ allすべて theその time時間.
私の子供たちは いつもやっています
15:00
Itそれ teaches教える themそれら to sell売る; itそれ teaches教える themそれら creativity創造性;
これで売り込みを学べ 創作を学べます
15:02
itそれ teaches教える themそれら to think思う on their彼らの feetフィート.
自分で考えることを学べます
15:04
Justちょうど do行う thatそれ kind種類 of stuffもの andそして have持ってる fun楽しい with〜と itそれ.
そういったことを 楽しみながらできるのです
15:06
Get取得する kids子供たち to standスタンド upアップ in frontフロント of groupsグループ andそして talkトーク,
子供たちには人前で話をさせることです
15:08
even偶数 ifif it'sそれは justちょうど standスタンド upアップ in frontフロント of their彼らの friends友達
友達の前に立って劇をしたり
15:10
andそして do行う plays演劇 andそして have持ってる speechesスピーチ.
スピーチをするというのでも構いません
15:12
Thoseそれら are entrepreneurial起業家 traits形質 thatそれ you君は want欲しいです to be〜する nurturing育てる.
これは育てるべき起業家のスキルです
15:14
Showショー theその kids子供たち what bad悪い customers顧客 orまたは bad悪い employees従業員 look見える like好きな.
悪い顧客サービスや悪い社員が何か教えることです
15:16
Showショー themそれら theその grumpyひどい employees従業員.
愛想の悪い社員を それと示すことです
15:19
Whenいつ you君は see見る grumpyひどい customer顧客 serviceサービス, pointポイント thatそれ outでる to themそれら.
態度の悪い顧客サービスに出会ったら
15:21
Sayいう, "By〜によって theその way方法, thatそれ guy's男の aa crappy愚かな employee従業員."
「これは悪い社員の例だからね」と教えましょう
15:23
Andそして sayいう, "Theseこれら onesもの are good良い onesもの."
それから「これが良い社員の例だよ」と
15:25
(Laughter笑い)
(笑)
15:28
Ifif you君は go行く into aa restaurantレストラン andそして you君は have持ってる bad悪い customer顧客 serviceサービス,
レストランに行ってサービスがひどかったら
15:30
showショー themそれら what bad悪い customer顧客 serviceサービス looks外見 like好きな.
まずいカスタマサービスについて教えてやれます
15:32
(Laughter笑い)
(30分待っても何も来なかったぞ―笑)
15:34
We我々 have持ってる allすべて theseこれら lessonsレッスン in frontフロント of us米国,
目の前に たくさんの教訓があるというのに
15:36
butだけど we我々 don'tしない take取る thoseそれら opportunities機会; we我々 teach教える kids子供たち to go行く get取得する aa tutor家庭教師.
みんなその機会を生かさず 代わりに家庭教師を付けて教育しているのです
15:38
Imagine想像する ifif you君は actually実際に took取った
大きくなった子供たちにはいらなくなった
15:41
allすべて theその kids'子供たちは、 junkジャンク that'sそれは in theその house right now,
家にある2年前のガラクタを集めて
15:43
allすべて theその toysおもちゃ thatそれ they've彼らは outgrown成長した two years ago
「これをCraigslistやキジジで売ってみようか?」
15:45
andそして said前記, "Whyなぜ don'tしない we我々 start開始 selling販売 some一部 of thisこの on Craigslistクレイグズリスト andそして Kijijiキジジ?"
と言ってみましょう
15:47
Andそして they彼ら canできる actually実際に sell売る itそれ
売るという体験から
15:50
andそして learn学ぶ howどうやって to find見つける scammers詐欺師 whenいつ they彼ら get取得する emailEメール offersオファー come来る in.
メールが来たときに詐欺師を見分ける方法を学べます
15:52
They彼ら canできる come来る into yourきみの accountアカウント orまたは aa subサブ accountアカウント orまたは whateverなんでも.
そういうのが現れるでしょうから
15:54
Butだけど teach教える themそれら howどうやって to fix修正する theその price価格, guess推測 theその price価格,
値段の決め方 値段の見当の付け方
15:56
pull引く upアップ theその photos写真.
写真のアップの仕方を学べます
15:59
Teach教える themそれら howどうやって to do行う thatそれ kind種類 of stuffもの andそして make作る moneyお金.
そういうやり方や お金の稼ぎ方を教えるのです
16:01
Then次に theその moneyお金 they彼ら get取得する, 50 percentパーセント goes行く in their彼らの house accountアカウント,
お金が手に入ったら 50%は家用口座に
16:03
50 percentパーセント goes行く in their彼らの toyおもちゃ accountアカウント.
50%はオモチャ用口座に入れます
16:05
Myじぶんの kids子供たち love thisこの stuffもの.
子供たちは喜んでそうします
16:07
Some一部 of theその entrepreneurial起業家 traits形質 thatそれ you'veあなたは got持っている to nurture育成 in kids子供たち:
子供たちに育てるべき起業家の資質には
16:09
attainment達成, tenacity強靭性, leadershipリーダーシップ, introspectionイントロスペクション, interdependence相互依存, values.
達成、粘り強さ、リーダーシップ、内省、相互依存、価値観などがあります
16:12
Allすべて theseこれら traits形質 you君は canできる find見つける in young若い kids子供たち, andそして you君は canできる help助けて nurture育成 themそれら.
これらの資質は小さな子供にも見られ 伸ばせるよう手助けできます
16:15
Look見える forために thatそれ kind種類 of stuffもの.
そういったものに注意してください
16:18
There'sそこに two traits形質 thatそれ I want欲しいです you君は to alsoまた、 look見える outでる forために
それから壊さないように
16:20
thatそれ we我々 don'tしない kind種類 of get取得する outでる of their彼らの systemシステム.
注意してほしい資質があります
16:22
Don'tしない medicate薬用 kids子供たち forために attention注意 deficit赤字 disorder障害
注意力欠如障害の子を 薬漬けにしないでください
16:25
unless限り itそれ is really本当に, really本当に freaking怖がらせる bad悪い.
どうしようもなく酷いのでもない限りは
16:27
(Applause拍手)
(拍手)
16:29
Theその same同じ with〜と theその whole全体 thingsもの on maniaマニア andそして stress応力 andそして depressionうつ病,
躁病や緊張や抑鬱も
16:31
unless限り itそれ is soそう clinically臨床的に brutal残忍な, manおとこ.
症状がよほど酷くない限りはそうです
16:34
Bipolarバイポーラ disorder障害 is nicknamedニックネーム theその CEO最高経営責任者(CEO disease疾患.
躁鬱病は「CEOの病」とあだ名されています
16:36
Whenいつ Steveスティーブ Jurvetsonジャーヴェトソン andそして Jimジム Clarkクラーク
スティーブ ジャーベソン、ジム クラーク、
16:38
andそして Jimジム Barksdaleバークスデール have持ってる allすべて got持っている itそれ,
ジム バークスデールはみんな躁鬱病ですが
16:40
andそして they彼ら built建てられた Netscapeネットスケープ ---
Netscapeを作ったのです
16:42
imagine想像する ifif they彼ら wereあった given与えられた Ritalinリタリン.
彼らがリタリンを投与されていたら
16:44
We我々 wouldn'tしないだろう have持ってる have持ってる thatそれ stuffもの, right?
どうなっていたか考えてみてください
16:46
Alアル Goreゴア really本当に would〜する have持ってる had持っていました to invented発明された theその Internetインターネット.
アル ゴアが本当にインターネットを作っていたかもしれません
16:48
(Laughter笑い)
(笑)
16:51
Theseこれら skillsスキル are theその skillsスキル we我々 should〜すべき be〜する teaching教える in theその classroom教室
起業家のスキルは その他のことと同様に
16:53
asとして wellよく asとして everythingすべて elseelse.
教室で教えるべきです
16:55
I'm私は notない saying言って don'tしない get取得する kids子供たち to want欲しいです to be〜する lawyers弁護士.
子供を弁護士なんかにするなと言っているわけではありません
16:57
Butだけど howどうやって about getting取得 entrepreneurship起業家精神
ただ起業家というのも
16:59
to be〜する rankedランク right upアップ thereそこ with〜と theその rest残り of themそれら asとして wellよく?
他のものと同じように扱ってほしいということです
17:01
Becauseなぜなら there'sそこに huge巨大 opportunities機会 in thatそれ.
そこにはものすごい可能性があるのですから
17:03
I want欲しいです to close閉じる with〜と aa quickクイック little少し videoビデオ.
最後に短いビデオをお見せして終わりにしたいと思います
17:05
It'sそれは aa videoビデオ thatそれ wasあった done完了 by〜によって one1 of theその companies企業 thatそれ I mentor指導者.
私がアドバイスをしている会社が作ったビデオです
17:07
Theseこれら guysみんな, Grasshopperバッタ.
Grasshopperという会社です
17:10
It'sそれは about kids子供たち. It'sそれは about entrepreneurship起業家精神.
子供と 起業をテーマにしています
17:12
Hopefullyうまくいけば thisこの inspiresインスピレーション you君は to take取る what you'veあなたは heard聞いた fromから me
これに刺激を受けて 私から聞いた話を生かし
17:14
andそして do行う something何か with〜と itそれ to change変化する theその world世界.
世界を変える何かをしていただけたらと思います
17:17
[Kidキッド ... "Andそして you君は thought思想 you君は couldできた do行う anything何でも?"]
子供の頃…何だってできると思っていた?
17:19
[You君は stillまだ canできる.]
今でもできるんだよ
17:22
[Becauseなぜなら aa lotロット of what we我々 consider検討する impossible不可能 ...]
不可能だと思うことの多くは―
17:24
[... is easy簡単 to overcome克服する]
実は簡単に乗り越えられる
17:26
[Becauseなぜなら in case場合 you君は haven't持っていない noticed気づいた, we我々 liveライブ in aa place場所 whereどこで]
気付かなかったかもしれないけど 私たちが住んでいるのは
17:29
[One1 individual個人 canできる make作る aa difference]
1人の人間が 違いを生み出せる世界なのだから
17:32
[Want欲しいです proof証明?]
証拠が欲しい?
17:35
[Justちょうど look見える at〜で theその people who built建てられた our我々の country;]
この国を作った人たち
17:36
[Our我々の parents, grandparents祖父母, our我々の aunts叔母, uncles叔父 ...]
両親 祖父母 叔父さん 叔母さん
17:37
[They彼ら wereあった immigrants移民, newcomers初心者 ready準備完了 to make作る their彼らの markマーク]
彼らは移民で 一旗揚げようという新参者だった
17:40
[Maybe多分 they彼ら came来た with〜と very非常に little少し]
ほんのわずかのものしか持たずにやってきて
17:43
[Orまたは perhapsおそらく they彼ら didn'tしなかった own自分の anything何でも exceptを除いて forために ...]
もしかしたら持っていたのはただ1つ―
17:46
[... aa singleシングル brilliantブリリアント ideaアイディア]
素晴しいアイデアだけだったのかも
17:49
[Theseこれら people wereあった thinkers思想家, doers行為者 ...]
彼らは思想家とか 行動家とか
17:52
[... innovatorsイノベーター ...]
イノベーターと呼ばれていた
17:55
[... until〜まで they彼ら came来た upアップ with〜と theその name ...]
そう 相応しい名前が見つかるまでは…
17:57
[... entrepreneurs起業家!]
起業家!
18:01
[They彼ら change変化する theその way方法 we我々 think思う about what is possible可能.]
彼らは何が可能かという みんなの意識を変える
18:04
[They彼ら have持ってる aa clearクリア visionビジョン of howどうやって life生活 canできる be〜する betterより良い]
生活をもっと良くできるというビジョンを示す
18:07
[forために allすべて of us米国, even偶数 whenいつ times are toughタフ.]
みんなのために たとえ厳しい時であろうとも…
18:09
[Right now, it'sそれは hardハード to see見る ...]
今は見通しが悪く
18:12
[... whenいつ our我々の view見る is cluttered混乱した with〜と obstacles障害.]
視界は障害に遮られているけど
18:14
[Butだけど turbulence乱気流 creates作成する opportunities機会]
社会の動揺はチャンスをも生み出す
18:16
[forために success成功, achievement成果, andそして pushesプッシュ us米国 ...]
成功や達成のチャンスがある そして後押しをする―
18:19
[to discover発見する new新しい ways方法 of doingやっている thingsもの]
新しいやり方を見つけるようにと
18:22
[Soそう what opportunities機会 will意志 you君は go行く after andそして whyなぜ?]
何のために どんなチャンスを 追いかけるのか?
18:25
[Ifif you'reあなたは an entrepreneur起業家]
起業家なら
18:28
[you君は know知っている thatそれ riskリスク isn'tない theその reward褒賞.]
求めるべきものがリスクではないことを知っている
18:31
[Noいいえ. Theその rewards報酬 are driving運転 innovation革新 ...]
求めるべきものは イノベーションを駆り立てること
18:34
[... changing変化 people's人々の lives人生. Creating作成 jobsジョブ.]
人々の生活を変えること 仕事を生み出すこと
18:36
[Fueling給油 growth成長.]
成長の力になること
18:39
[Andそして making作る aa betterより良い world世界.]
そして より良い世界を作り出すこと
18:41
[Entrepreneurs起業家 are everywhereどこにでも.]
起業家はあらゆるところにいる
18:44
[They彼ら run走る small小さい businessesビジネス thatそれ supportサポート our我々の economy経済,]
小さな会社を回して経済を支えている
18:46
[design設計 toolsツール to help助けて you君は ...]
役に立つツールをデザインしている
18:48
[... stay滞在 connected接続された with〜と friends友達, family家族 andそして colleagues同僚 aroundまわり theその world世界.]
友達や 家族や 世界中の仲間と繋がれるように
18:50
[Andそして they're彼らは finding所見 new新しい ways方法 of helping助ける to solve解決する society's社会の oldest最も古い problems問題.]
古くからの社会の問題を解決する 新しい方法を見出している
18:52
[Do行う you君は know知っている an entrepreneur起業家?]
誰か起業家を知っている?
18:55
[Entrepreneurs起業家 canできる be〜する anyone誰でも ...]
誰だって起業家になれるんだ
18:57
[Even偶数 ... you君は!]
そう…君自身だって!
18:58
[Soそう seize押収する theその opportunity機会 to create作成する theその jobジョブ you君は always常に wanted欲しい]
ずっと望んでいた仕事を作る機会を掴もう
19:00
[Help助けて heal癒し theその economy経済]
経済が癒える手助けをしよう
19:03
[Make作る aa difference.]
違いを生み出そう
19:05
[Take取る yourきみの businessビジネス to new新しい heightsハイツ.]
自分の仕事を新たな高みに引き上げよう
19:06
[Butだけど most最も importantly重要なこと,]
でも一番大切なのは―
19:08
[remember思い出す whenいつ you君は wereあった aa kidキッド ...]
子供の頃を思い出して
19:10
[whenいつ everythingすべて wasあった within以内 you君は reachリーチ,]
何にでも手が届いた時のことを
19:13
[andそして then次に sayいう to yourselfあなた自身 quietly静かに, butだけど with〜と determination決定:]
そして静かに 決然と自分に言おう
19:16
["Itそれ stillまだ is."]
今だってそうなのだと
19:22
Thank感謝 you君は very非常に muchたくさん forために having持つ me.
どうもありがとうございました
19:26
Translated by Yasushi Aoki
Reviewed by Masahiro Kyushima

▲Back to top

About the speaker:

Cameron Herold - Entrepreneur
An entrepreneur since childhood, Cameron Herold wants parents and teachers to recognize -- and foster -- entrepreneurial talent in kids.

Why you should listen

For 20 years, Cameron Herold has been coaching entrepreneurs on five continents, helping them build their companies. He started BackPocket COO to coach and mentor young, fun companies -- and help them make their dreams happen.

Herold was a leading force behind one of the most successful new business ventures of the last decade, 1-800-GOT-JUNK?. He was Chief Operating Officer for nearly seven years. Prior to that, he was VP of Corporate Development at Ubarter.com.

More profile about the speaker
Cameron Herold | Speaker | TED.com