ジェームズ・ビーチャム: 物理学の未解決問題をいかに探求するか

TEDxBerlin

ジェームズ・ビーチャム: 物理学の未解決問題をいかに探求するか

September 4, 2016


ジェームズ・ビーチャムは物理学で最も重要な未解決問題の答を求めて、世界最大の科学実験施設であるCERNの大型ハドロン衝突型加速器で研究をしています。この面白く分かりやすいトークで、彼は科学はどのように展開していくかを紐解きます。未発見の基本粒子を探し、重力の謎を解き明かす旅路は空間の余剰次元へと向かい、探求はいかに継続していくのかが詳しく説明されます。

アダム・グラント: 「与える人」と「奪う人」—あなたはどっち?

TED@IBM

アダム・グラント: 「与える人」と「奪う人」—あなたはどっち?

November 15, 2016


どんな職場にも、ギバー(与える人)、テイカー(奪う人)、マッチャー(損得のバランスを取る人)という3種類の人々が存在するといいます。組織心理学者アダム・グラントが、この3種類の特性について詳しく解説。与え合う文化を育て、利己的な社員が過剰に利を得ることを未然に防ぐ、シンプルな対策法を提案します。

ポール・ノフラー: デザイナー・ベビーの倫理的ジレンマ

TEDxVienna

ポール・ノフラー: デザイナー・ベビーの倫理的ジレンマ

October 31, 2015


遺伝子編集されたヒトを作り出す。それはもう空想の世界の話ではなく、実現するであろう未来のシナリオです。15年内に科学者たちは遺伝子編集技術CRISPRを用いて、ヒトの胚に身体的特徴を調整したり自己免疫疾患のリスクを消す等といった「アップグレード」を施すことが出来ると、生物学者ポール・ノフラーは推測しています。 この示唆に富むトークで、ノフラーは来たるデザイナー・ベビー革命と、それが引き起こす身近で予測不可能な事態を想定するよう私たちに語ります。

レベッカ・ブラックマン: 薬でうつ病やPTSDを予防することは可能か?

TEDxNewYork

レベッカ・ブラックマン: 薬でうつ病やPTSDを予防することは可能か?

September 10, 2016


より優れた医薬品の開発は、偶然でありながら、革新的な発見によって道が切り開かれてきました。科学がどう進歩するかを巧みに語りながら、神経学者レベッカ・ブラックマンが、広がりつつあるうつ病やPTSDといった精神疾患を解決する可能性を持つ、偶然発見された革新的な治療法について話します。さらに、その予想を超えた、物議をかもす展開をお聞きください。

ローラ・ヴァンダーカム: 自由時間を上手に使いこなす方法

TEDWomen 2016

ローラ・ヴァンダーカム: 自由時間を上手に使いこなす方法

October 27, 2016


1週間は168時間です。重要度の高い物事にあてる時間を見つけるにはどうしたらいいのでしょうか?タイムマネジメントの専門家ローラ・ヴァンダーカムは、忙しい人たちの時間の使い方を研究するなか、多くの人々が週あたりの仕事量を過大に見積もり、一方で自分のために使える時間を過小に見積もっていることを発見しました。彼女は、大事なことにあてる時間をより多く見つけるための実践的な方法をいくつか教えてくれます。これで私たちは「自分の持ち時間の範囲で望む生活を築く」ことができるようになるのです。

ディナ・シモンズ: 有色人種の学生は如何にしてインポスターシンドローム(自己過小評価症候群)に直面するか

TED Talks Live

ディナ・シモンズ: 有色人種の学生は如何にしてインポスターシンドローム(自己過小評価症候群)に直面するか

November 2, 2015


厳しい環境にあるブロンクスで生まれ育った黒人女性ディナ・シモンズは学術的なあらゆる名声を確立しています。黒人にとっての学業での成功とは、時として自らの本質を捻じ曲げて収められているものだという事実を彼女は知っています。現在彼女自身が教育者となり、すべての学生達がありのままの自分達に誇りが持てる教室を、如何にして創造するかを議論し、こう語っています。「すべての子供達には、どんな肌の色であろうと安心しながら学ぶ教育を受ける権利があるのです。」 ※ インポスターシンドローム:自己肯定感が低く、周囲の高評価をそのままに受け容れられないこと。「自己過小評価症候群」、「自己卑下症候群」、「賞賛不信症候群」などと呼べそうです。

ケビン・ジョーンズ: 好奇心が科学と医学の鍵となる理由

TEDxSaltLakeCity

ケビン・ジョーンズ: 好奇心が科学と医学の鍵となる理由

September 19, 2015


科学とは、試行と失敗と修正を伴う学びの過程であり、医学も科学として例外ではありません。がんの研究者であるケビン・B・ジョーンズが、外科手術と医療において未知の深淵に触れるとき、彼はシンプルな姿勢で臨みます。その姿勢とは誠実。認識の性質について扱う思慮に富んだトークで、ジョーンズは、科学者が謙虚に自分にとって未知のものを認めるときにいかに素晴らしい成果が得られるかを示しています。

シャロン・ブロウス: 今が宗教を取り戻す時

TEDWomen 2016

シャロン・ブロウス: 今が宗教を取り戻す時

October 28, 2016


世界が制御不可能に見える時、宗教はそれと無関係に見えます。あるいは問題の一部のように思われるかもしれません。しかし、ラビであるシャロン・ブロウスは、現代における我々の生活のニーズを満たすために宗教を改革できると考えています。 この情熱に満ちた話で、ブロウスは宗教活性化のための4原則を示し、暴力、過激主義、悲観主義などの感覚を麻痺させるような暗い現実に対抗し、あらゆる宗教が希望に満ちたカウンターナラティブとなり得ると語ります。

ヴィーラ・プロブースト: 子供たちは精子提供者を家族だと考えているか?

TEDxGhent

ヴィーラ・プロブースト: 子供たちは精子提供者を家族だと考えているか?

June 18, 2016


親、そして家族をどう定義したらいいでしょうか? 生物倫理学者のヴィーラ・プロブーストは、こうした問いについて、「伝統的ではない家族」という文脈で考えています。つまり、養子縁組や再婚、代理母や精子提供によってできた家族です。このトークで、彼女は親や子供たちがどのようにして自分たちの家族の物語を作り上げているかについて話します。

ナタリー・パネク: 地球を周回している宇宙ゴミを片付けましょう

TEDxToronto

ナタリー・パネク: 地球を周回している宇宙ゴミを片付けましょう

October 22, 2015


私達の生活は、地球上にはないものに支えられています。それは情報、娯楽、通信など多くのことに常に使われている人工衛星インフラです。しかし、地球軌道は無限にある訳ではありません。私達の行動を大きく変えなければ、宇宙デブリの問題は悪化して行くだけでしょう。ナタリー・パネクは、私達が頼りとしている人工衛星の宇宙環境への影響を考えて欲しいと訴えます。地球の軌道環境はとても美しく、人類の探索の出入り口でもあります。それをどう保つかは、私達次第なのです。

ジャ・ジャン: 100日間拒絶チャレンジで学んだこと

TEDxMtHood

ジャ・ジャン: 100日間拒絶チャレンジで学んだこと

May 2, 2015


ジャ・ジャンが果敢に挑むのは、私たちの多くが尻込みする領域「拒絶」です。知らない人に100ドル貸してと頼むことに始まって、果てはレストランで「ハンバーガーのお代わり無料サービス」をお願いするなど、100日間拒絶されるという挑戦を行うことで、ジャ・ジャンは、拒絶されたときに起こりがちな精神的な苦痛や恥ずかしさに対する免疫を身につけました。そしてその過程で、自分の希望をただ伝えることで、絶対に無理と思える状況に可能性の扉を開くことができると気づいたのです。

ライアン・グラベル: 廃線のループから進化する街の顔

TEDNYC

ライアン・グラベル: 廃線のループから進化する街の顔

October 5, 2016


都市計画の専門家であるライアン・グラベルは、生まれ故郷ジョージア州アトランタ市と市民が一体となって、巨大な都市公園を建設し始めた話を紹介します。計画では、見捨てられた鉄道跡を利用してアトランタ・ベルトラインと呼ばれる35キロにも及ぶ都市の緑地帯を造ります。我々の住む場所の問題は避けようもない訳ではありません ―ただそれを変えようとするなら、声を上げることが必要なのです。

ティク・ミラン&キム・ケイトリン・ミラン: クィアな私たちが 自分らしくいられる愛のかたち

TEDWomen 2016

ティク・ミラン&キム・ケイトリン・ミラン: クィアな私たちが 自分らしくいられる愛のかたち

October 27, 2016


「愛」は変革を起こすツールであり、LGBTQやそれ以外のジェンダーを自認する人々のコミュニティーが社会に受容され理解される道のりを築くものです。LGBTQ解放運動で活躍するティク&キム・ケイトリン・ミランは、トランスジェンダーの男性とシスジェンダーでクィアな女性の夫婦として、自分たちの関係のあり方を独自に作り上げ、あらゆる種類の人々にとっての可能性の形を示してきました。クィアな自分たちに世間が抱く誤解に2人が疑問を呈し、一筋縄ではいかないが懐の広い愛の形が日々進化していく姿が目に浮かぶような、喜び溢れるトークです。

ジョー・ラシター: 気候変動の解消に向けた原子力発電の必要性

TEDSummit

ジョー・ラシター: 気候変動の解消に向けた原子力発電の必要性

June 28, 2016


物事を深く考え、率直に語るジョー・ラシターが焦点を当てるのは、クリーンで安全、二酸化炭素の排出量と吸収量が等しい上に、信頼性が高く低コストのエネルギー供給手段の開発です。彼は世界のエネルギー事情を分析することを通して、以前から扱い難い問題だった原子力発電を大きく取り上げるとともに、化石燃料に経済性で匹敵する新しい原子力発電所の設計について語ります。「原子力発電はこれまでよりずっと安全かつ安価に建造できる」と彼は言います。今こそ原子力発電の推進を選択すべき時なのです。

アダム・ガリンスキー: はっきり主張できるようになるには

TEDxNewYork

アダム・ガリンスキー: はっきり主張できるようになるには

September 10, 2016


はっきり考えを述べることは、そうすべき時でも難しいものです。社会心理学者アダム・ガリンスキーの賢明な助言から、意見をはっきりと述べ、難しい状況もくぐり抜け、自分自身の力を強化する方法を学びましょう。

スティーヴン・ジョンソン: 音楽がもたらしたコンピューターの発明

TED Studio

スティーヴン・ジョンソン: 音楽がもたらしたコンピューターの発明

October 21, 2016


必要は発明の母なんですよね? そうとも限りません。コンピューターのような最も大きな変化を生み出すことになるアイデアやテクノロジーの中には、必要から生まれたのではなく、遊びの奇妙な喜びから生まれたものが沢山あるとスティーヴン・ジョンソンは言います。発明の歴史を描く彼の惹き付けられる解説に耳を傾けましょう。人々が大きな喜びを得ているところに未来が見えることが分かるでしょう。

キンバレー・クレンショー: インターセクショナリティの緊急性

TEDWomen 2016

キンバレー・クレンショー: インターセクショナリティの緊急性

October 27, 2016


かつてないほどに、人種と性別の偏見の現実をはっきりと理解することは重要になっています。さらに、この2つが組み合わさるとよりどれ程ひどいことになるのかを理解することも重要です。キンバレー・クレンショーはこの現象を説明するのに「インターセクショナリティ」という言葉を使います。もしあなたが立っている場所が複数の差別の通る道の交差点なら、おそらく両方に轢かれるだろうと言うのです。この心を動かすトークの中で彼女は、私たちにこの現実の目撃証人となり、差別の被害者の側に立って声を上げるよう呼びかけています。

サンディー・トクスヴィグ: 女性の平等を訴える政党

TEDWomen 2016

サンディー・トクスヴィグ: 女性の平等を訴える政党

October 27, 2016


サンディー・トクスヴィグは、女性の平等は、もっと多くの女性が影響力のある地位に就かなければ実現しえないと主張します。そして、この誰もが和むような面白可笑しいトークで、男女平等を一刻も早く達成するため、人々が投票できるようにとイギリスで新たな政党である「女性平等党」の立ち上げに携わった話を紹介します。トクスヴィグは、世界中の人々がこのモデルを真似て、平等に向けて動き始めることを願っています。

ジェン・ブレア: 医者には診断できない病に倒れたら?

TEDSummit

ジェン・ブレア: 医者には診断できない病に倒れたら?

June 27, 2016


5年前、TEDフェローのジェン・ブレアは、世間では慢性疲労症候群として通っている難病、筋痛性脳脊髄炎(ME)を患い、病状はどんどん進行していきました。この病気は日常生活に著しく支障をきたし、ひどいときにはベッドシーツがカサカサ擦れる音さえ耐えられない日もあるほどです。医療での対処が困難な病気を持つ患者たちの生き様を映画という形で記録するというミッションを持つブレアが、根本的な病因も、身体に与える影響も完全に解明されていないこの疾患に対し、治療を受けるために直面してきた数々の障壁について語る、感動を呼ぶトークです。

ベティーナ・ウォーバーグ: ブロックチェーンが経済にもたらす劇的な変化とは

TEDSummit

ベティーナ・ウォーバーグ: ブロックチェーンが経済にもたらす劇的な変化とは

June 29, 2016


分散型経済へようこそ—今まさに、ブロックチェーンにより何もかもが変わろうとしている、とベティーナ・ウォーバーグは言います。経済活動を円滑化する役目を持つ銀行や政府といった中央集約型の機関の必要性をブロックチェーンが一掃し、古くからある商業や金融取引のモデルが、分散型で、情報透明性が高く、自立型の価値交換システムへと進化を遂げるでしょう。 複雑で理解の難しいブロックチェーンという技術を、噛み砕いて説明したトークです。

ジョナサン・ハイト: アメリカは対立から立ち直れるか?

TEDNYC

ジョナサン・ハイト: アメリカは対立から立ち直れるか?

November 2, 2016


アメリカは否定的で党派心むき出しだった2016年大統領選挙から、どうやったら立ち直れるでしょうか?社会心理学者ジョナサン・ハイトは、私たちの政治的選択の基礎となる道徳性を研究しています。TEDキュレーター クリス・アンダーソンとの対話を通じて、彼はアメリカにこれほど激しい対立をもたらした思考パターンと歴史的な原因を説明します。そして、どうすればアメリカが前進できるか、ビジョンを示してくれます。

ヘクター・ガルシア: 戦争に向かわせる訓練だけなく
故郷に帰す訓練も実施しよう

TED Talks Live

ヘクター・ガルシア: 戦争に向かわせる訓練だけなく 故郷に帰す訓練も実施しよう

November 4, 2015


戦場に送り出される前の兵士は、極度に危険な環境で任務を果たすための訓練を受けます。でも兵士には、戦場から市民生活に戻るための訓練も必要だと、心理学者のヘクター・ガルシアは言います。戦場に向かう前の兵士の準備と同じやり方で、ガルシアはPTSD(心的外傷後ストレス障害)に苦しむ退役軍人が元の生活に戻れるような訓練を手助けしています。

フォーン・チョウ: 青少年向けの簡単なDIY課題の作り方

TED Residency

フォーン・チョウ: 青少年向けの簡単なDIY課題の作り方

July 12, 2016


TEDレジデントのフォーン・チョウは、生徒たちが工学技術に触れられるよう、身の回りにある紙や布を使った、費用のかからない、面白い課題を考案しています。この短く、鋭いトークで、チョウ自身が実施しているような、従来の枠にとらわれない斬新なワークショップをもってすれば、生徒たちのテクノロジーに対する先入観を取り払い、テクノロジーの創造に関心を持たせられるとチョウは語ります。

ハラ・トマスドティル: 今こそ女性がトップに立つ時

TEDWomen 2016

ハラ・トマスドティル: 今こそ女性がトップに立つ時

October 28, 2016


暖かさと機知を持つハラ・トマスドティルが、アイスランドの大統領選挙に出馬した際に経験したメデイアの偏見、政治討論にまつわるトーンの変化の様子、そして驚きの結果について、次世代のリーダーを鼓舞しながら語ります。ハラは「私たちが見るものが社会を作っていく、女性がトップに立つことが大切だ」と言います。

ロジャー・アントンセン: 世界を理解する奥義としての数学

TEDxOslo

ロジャー・アントンセン: 世界を理解する奥義としての数学

January 29, 2015


ロジャー・アントンセンと一緒に、最も想像力を使う芸術様式である数学を通して、世界の仕組みや謎を解き明かしましょう。見方をちょっと変えることで、パターンや数や式が姿を現し、それが共感や理解に繋がるのだと彼は言います。

ティム・リーバーレヒト: 機械が発達する時代に人間らしい会社を作る4つの方法

TEDSummit

ティム・リーバーレヒト: 機械が発達する時代に人間らしい会社を作る4つの方法

June 28, 2016


人工知能や機械学習に直面している我々には徹底した人間中心主義が必要だと、ティム・リーバーレヒトは言います。これは自身を「ロマン派ビジネスマン」と称するリーバーレヒトにとって、効率よりも本物であることを、答えよりも問いを重んじる組織や職場をつくることを意味します。リーバーレヒトは、美しい組織を作り上げるために必要な4つの(紛れもなく主観的な)原則を提案します。

イアン・ブレマー: アメリカは超大国としての実績をどう利用すべきか

TEDxNewYork

イアン・ブレマー: アメリカは超大国としての実績をどう利用すべきか

September 10, 2016


「アメリカ化」と「グローバリゼーション」、この二つは数世代前から基本的に同じ事を指していました。しかしアメリカの世界観そして世界のアメリカ観は急速に変化して来ています。 現在の世界情勢を早足に紹介しつつ、イアン・ブレマーは一国、または単一の同盟が国際的主導権を担うことのない世界の課題について語り、アメリカが力を示すのではなく手本となることで世界を牽引していくことができるだろうかと問います。

マロリー・ソルドナー: 企業のデータで世界の飢餓に終止符を打てるかもしれない

TED@UPS

マロリー・ソルドナー: 企業のデータで世界の飢餓に終止符を打てるかもしれない

September 15, 2016


企業は人道的な問題を解消するためお金を提供したかもしれませんが、もっと有益なものを提供できるのです。つまりデータです。マロリー・ソルドナーは、民間企業が難民危機から世界の飢餓までの大きな問題を、未利用のデータや意思決定法を研究する科学者を提供することによってどれほど進展させることができるのかを話しました。あなたの会社も何かに貢献できるかもしれません。

キャンディス・サムナー: どのようにしてアメリカの公教育が子ども達を貧困に留めているのか

TEDxBeaconStreet

キャンディス・サムナー: どのようにしてアメリカの公教育が子ども達を貧困に留めているのか

November 14, 2015


何故質の高い教育は経済的に豊かな家庭の子供だけのものなのでしょうか?アメリカの貧困層の子供の通う学校、特に有色人種のコミュニティの学校には、より豊かな学校に標準的に設置されている楽器や新しい本、健康に留意した給食やサッカー場などがありません。そして、これが生徒の可能性に大きな影響を与えています。キャンディス・サムナーは毎日ボストンの自分の教室で格差を目の当たりにしています。この感動的なトークの中で彼女は私達に、事実に向き合い、その状況を変えるよう求めています。

ヴィクター・リオス: 教育システムから取り残された子供たちを助けよう

TED Talks Live

ヴィクター・リオス: 教育システムから取り残された子供たちを助けよう

November 2, 2015


学生たちに対しては、彼らに欠けているものではなく、彼らが貢献することに目を向けよう—厳しい家庭環境にいる子たちには特に。 教育者ヴィクター・リオスは街で貧しく育った自分自身の経験から、教育における姿勢を変えるための3つの直接的な戦略を提示し、仲間の教育者たちには「問題児」の生徒たちを、忍耐力と人格とグリット(やり遂げる気骨)を持つ「有望株」の生徒たちとして見るように呼びかけます。