ジョイ・ブォロムウィニ: アルゴリズムに潜む偏見との戦い

TEDxBeaconStreet

ジョイ・ブォロムウィニ: アルゴリズムに潜む偏見との戦い


MITの大学院生ジョイ・ブォロムウィニは、顔認識ソフトを使っていて、ある問題に気づきました。自分の顔が認識されないのです。原因は、アルゴリズムをコード化した開発者が多様な肌の色や容貌を認識するようソフトを訓練していなかったからでした。そこでジョイは、「コード化された視線」と彼女が呼ぶ、機械学習における偏見との戦いに身を投じました。生活のいろいろな側面にアルゴリズムがどんどん入り込んでいる現在、コーディングにも説明責任が求められる、というジョイの主張は新鮮な驚きに満ちています。

キャロライン・ポール: 勇敢な女の子を育てる為に 冒険に挑戦させよう

TEDWomen 2016

キャロライン・ポール: 勇敢な女の子を育てる為に 冒険に挑戦させよう


勇気のある女の子はスケートボードに乗り、木登りをし、木から落ちて膝を擦りむいても、再び立ち上がります。そうやって勇敢な女性へと成長するのです。消防士にしてパラグライダー乗り― 公私にわたって冒険心を発揮するキャロライン・ポールが、自身の体験やアドバイスを交えながら教えてくれるのは、小さなリスクをとって何かを生み出す姿勢と、自信に溢れた女の子の育て方です。

ミーガン・フェルプス=ローパー: ウエストボロー・バプティスト教会から去った理由

TEDNYC

ミーガン・フェルプス=ローパー: ウエストボロー・バプティスト教会から去った理由


自分たち以外の人々を悪魔と見なしてきた集団の中で育つのは、どのようだったのでしょう?ミーガン・フェルプス=ローパーはアメリカで最も物議をかもす教会の中での暮らしを紹介し、どのようにしてツィッター上での会話が彼女が教会から離れる決心をさせたのか説明してくれます。この普通では聞くことのできないトークでは、彼女の厳しい個人的な対立の経験を紹介し、私たちがイデオロギーの境界を越えて賢く行動する的確な方法を学ぶ事が出来ます。

キャリー・ポピー: 超自然現象に対する科学的なアプローチ

TEDxVienna

キャリー・ポピー: 超自然現象に対する科学的なアプローチ


キャリー・ポピーが取り憑かれたのは一体何なのでしょう? 幽霊か、それよりももっと悪いものなのでしょうか? このトークで、捜査ジャーナリストである彼女は、あなたも友達に忠告したくなるような、気味の悪い感覚をおぼえた自らの経験を語ります。そして、超自然現象に対処するために科学が必要である理由についても説明してくれます。

サラ・ラミレス: 『ローラーコースター』

TED Talks Live

サラ・ラミレス: 『ローラーコースター』


その多彩な才能で歌手、ソングライター、女優として活躍するサラ・ラミレスがマイケル・ペンバートンのギター演奏にのせて、『ローラーコースター』で、可能性、知恵、そして人生の浮き沈みを歌い上げます。

アニー・リュー: においの「自撮り」やその他の合成生物学的な実験

TEDxBeaconStreet

アニー・リュー: においの「自撮り」やその他の合成生物学的な実験


もし 自分のにおいを「自撮り」できたら?キスをしたら植物が成長を始める口紅があったら?アニー・リューは技術と感覚認知が交差する分野を開拓していて、彼女の研究は科学とデザイン、芸術の狭間にも位置しています。この冴え渡った賢明なトークで、彼女は「SF(サイエンス・フィクション)が科学的な現実(サイエンス・ファクト)となったら何が起こるのでしょうか?」と問いかけながら、夢、不思議なこと、そして、実験を紹介します。

キャシー・ハル: 末期小児患者たちのための家からの物語

TEDWomen 2016

キャシー・ハル: 末期小児患者たちのための家からの物語


短い一生を終える若い命を尊重し祝福するために、キャシー・ハルは米国で最初の独立型小児緩和ケア施設「ジョージ・マーク・チルドレンズ・ハウス」を設立しました。その使命は、末期症状の子供たちとその家族にお別れのための平和な場所を提供することです。彼女は知恵、喜び、想像力と心痛む喪失に満ちた物語を共有します。

ラックス・ナラヤン: 2千本のおくやみ記事から学んだこと

TEDNYC

ラックス・ナラヤン: 2千本のおくやみ記事から学んだこと


ラックス・ナラヤンの1日は、朝食のスクランブルエッグと、「今日は誰が死んだかな」から始まります。なぜでしょう?ナラヤンはNYタイムズ紙のおくやみ記事20か月分、2千本を分析して、人が一生のうちに成し遂げてきたことを短い言葉の形で集めました。記事に足跡を残した人々から教わる「いい人生」についての講演です。

ジェフ・キルシュナー: アプリで楽しくゴミ拾い

TED Residency

ジェフ・キルシュナー: アプリで楽しくゴミ拾い


地球はあまりにも広すぎて、きれいに保つのは難しいものです。TEDレジデントのジェフ・キルシュナーは世の中のゴミを特定・収集・場所特定できるアプリLitteratiを開発し、クラウドソーシング型の地球清掃コミュニティを生み出しました。そして100か国以上からゴミのデータが集まった今、データの活用をとおして企業や組織と協力し、道にゴミが捨てられることを未然に防げる未来を目指しています。

ユヴァル・ノア・ハラリ: ナショナリズムとグローバリズム:新たな政治的分断

TED Dialogues

ユヴァル・ノア・ハラリ: ナショナリズムとグローバリズム:新たな政治的分断


現代の政治的な分断を、どう理解したら良いのでしょうか。この洞察に溢れる広範囲な議論の中で、歴史家ユヴァル・ハラリは、今進行しつつある、技術、環境、メディア、さらには人間とは何かという概念といったものの崩壊に対し、現在の政治的混乱を広いコンテクストの中に位置付けます。これは拡大する政治的分断に対し、熟慮された対応を追求しようと試みる「TEDダイアログ」の第1弾です。ハラリ氏とTEDキュレーターであるクリス・アンダーソンが繰り広げる、非常に興味深い会話に時間を割いてください(1時間ほどです)。

ステイシー・スミス: ハリウッドに潜む性差別のデータ

TEDWomen 2016

ステイシー・スミス: ハリウッドに潜む性差別のデータ


スクリーンに映る女性や少女たちはどれくらいいますか?社会科学者ステイシー・スミスは、メディアによって女性がどれほど過小評価されて描かれ、そうした描写が視聴者にどれほど破壊的な影響を与えているのかを考察します。ハリウッドに潜む性差別はデータに裏付けられています。それによれば、スクリーンに映る男性は女性の3倍を占めており、映画製作のスタッフ比率の格差はさらに大きいのです。

マイケル・ボッティチェリ: 依存症も疾病の1つだ 他の疾病と同様に扱われるべきだ

TEDxMidAtlantic

マイケル・ボッティチェリ: 依存症も疾病の1つだ 他の疾病と同様に扱われるべきだ


アメリカ合衆国では依存症や薬物乱用に必要な医療ケアや治療を9人に1人しか受けることができません。前薬物管理対策局長であるマイケル・ボッティチェリはこの「流行」を終わらせるために活動し、依存症の人々に親身に寄り添って、同情と公平で接しています。自身の思いを込めたトークでは、彼らの声を届け、薬物依存症患者に押される烙印と向き合うように現在回復期にいる何百人ものアメリカ人を励まします。

ジョナサン・ロシター: 汚染物資を「食べる」ロボット

TEDxWarwick

ジョナサン・ロシター: 汚染物資を「食べる」ロボット


このトークでは、汚水を飲み込む事で、自身を動かす為に必要な電気を生み出し、汚染物質を清掃するロボット"Row-bot"が紹介されています。ロボット専門家、ジョナサン・ロシターは、微生物を使った燃料電池で藻類の過剰繁殖を防いだり、水面に流出した油膜を中和しながら水中を泳ぐ特殊なマシンが、どのようにして生物分解型の、自動汚染除去ロボットの先駆けとなりうるかを説明しています。

グラディ・ブーチ: 人工知能が人間を超えるのを怖れることはない

TED@IBM

グラディ・ブーチ: 人工知能が人間を超えるのを怖れることはない


新たな技術は新たな不安を呼び起こすものですが、非常に強力で感情のない人工知能を怖れることはないと、科学者であり思想家であるグラディ・ブーチは言います。我々は人工知能をプログラムするのでなく、人間の価値観を共有するように教えるのだと説明し、超知的なコンピューターに対する(SF的な)最悪の恐怖を和らげた上で、ありそうにない人類存亡の危機を怖れるよりも、人工知能が人の生活をどう良くするか考えるようにと促します。

マーガレット・ボルドー: 市民の苦しみが終戦後に更に増すわけ

TEDxBeaconStreet

マーガレット・ボルドー: 市民の苦しみが終戦後に更に増すわけ


戦争で人々の命を奪っているのは、戦いそのものだけではありません。社会機能を支える生活インフラや銀行、病院といった組織が破壊され、病気や飢えで人々は命を落としています。医師であり国際医療政策分析者のマーガレット・ボルドーは、終戦後復興への新たな試みとして、強靭な医療システムの構築により危機に際し脆弱な人々を守るという提案をします。

ララ・セトラキアン: 壊れた報道の世界を救う3つの方法

TEDNYC

ララ・セトラキアン: 壊れた報道の世界を救う3つの方法


報道の世界は、おかしくなっています。メディアへの信頼は史上最低を記録し、世間は煽情的なニュースであふれ、一貫性のある質の高い報道がされることは稀になっています。ジャーナリストで起業家のララ・セトラキアンはそう語り、報道を正しい方向に向かわせ、現代の複雑な問題を分かりやすく伝える3つの方法を紹介します。

ミリアム・ソイラ=ぺレス: 人種差別が妊婦に及ぼす影響を軽減するために

TEDWomen 2016

ミリアム・ソイラ=ぺレス: 人種差別が妊婦に及ぼす影響を軽減するために


人種差別によって人々、特に黒人の女性や赤ちゃんは病気になる、とミリアム・ソイラ=ペレスは指摘します。ドゥーラ(妊婦を支援する訓練を受けた人)の経験を経てジャーナリストになったペレスは、人種や社会階層と病気の関係について詳しい調査を行い、有色人種が日々直面しているストレスから妊婦を守ることの出来る、配慮の行き届いた出産前ケアプログラムを提供する必要がある、と語っています。

エイミー・アデル・ハシノフ: 安全にセクスティングする方法

TEDxMileHigh

エイミー・アデル・ハシノフ: 安全にセクスティングする方法


楽しいことの例にもれず、セクスティングにはリスクが伴いますが、深刻なプライバシー侵害は認めるべきではありません。エイミー・アデル・ハシノフはマスメディアや法や教育のセクスティングに対する問題ある反応の仕方に目を向け、扱いに注意を要する(恥ずかしいかもしれない)デジタルファイルを保護するために個々人やテクノロジー企業ができる現実的な解決方法を提案します。

アーラ・エル=カーニ: 紛争地帯でも子育て支援の手を差し伸べよう

TEDxManchester

アーラ・エル=カーニ: 紛争地帯でも子育て支援の手を差し伸べよう


戦争で家を破壊された家族は、どうやって子供たちの安全を確保し、安心感を再び与えられるのでしょう?心が温まるようなこのトークでは、心理学者のアーラ・エル=カーニが自身の研究を紹介し、シリアの内戦で影響を受けた難民の家族に対する支援活動や、彼らから学んだことを教えてくれます。エル=カーニは、「温かくて揺るぎない愛情を必要とする子供たちに寄り添えるよう、親たちを支援するにはどうしたらいいでしょう?」と問いかけます。

ジェフ・スペック: 都市を歩きやすくするための4つの方法

TEDxMidAtlantic

ジェフ・スペック: 都市を歩きやすくするための4つの方法


自動車からの解放と都市のスプロール化(無秩序な拡大)からの解放、自分の町を歩き回る自由を! シティプランナーのジェフ・スペックが、6車線の幹線道路や200メートルの区画ブロックが無秩序に広がる都市を、自転車レーンや街路樹が並ぶ通りでできた安全で歩きやすいオアシスに変身させるための4つの原則「歩きやすさの一般論」を説明します。

スー・クレボルド: 息子はコロンバイン高校乱射犯──母として、私の伝えたいこと

TEDMED 2016

スー・クレボルド: 息子はコロンバイン高校乱射犯──母として、私の伝えたいこと


スー・クレボルドは、生徒12人と教師1人が犠牲となったコロンバイン高校銃乱射事件の犯人の1人であるディラン・クレボルドの母親です。事件後、彼女は何年もかけて家族の歴史を詳細に掘り起こし、息子が犯した暴挙を防ぐために何ができたのか理解しようとしてきました。この痛々しく苦悩に満ちた講演を通し、クレボルドは自ら命を絶つ思考と人を殺す思考との関連性を研究し続けるよう、親や専門家に対して訴えながら、精神病と暴力の交差点を探ります。

ジョシュア・スミス: がんを早期発見する新ナノテクノロジー

TED@IBM

ジョシュア・スミス: がんを早期発見する新ナノテクノロジー


もしも誰もが自宅に早期がん診断システムを持っていたら? ジョシュア・スミスはエクソソームという特殊なバイオマーカーに現れる疾患の痕跡をスキャンするナノバイオテクノロジー「がん警報装置」を開発しており、この未来志向のトークで彼はがん診断法を革新し生命を救うという夢を共有します。

エドアルド・ブリセーニョ: 自分にとって大切なことがもっと上達する方法

TEDxManhattanBeach

エドアルド・ブリセーニョ: 自分にとって大切なことがもっと上達する方法


一生懸命しているのに上達しないことありませんか?それはあなただけの問題ではありません。教育者のエドアルド・ブリセーニョは仕事であれ、子育てであれ、創造的な趣味であれ、あなたがすることをもっと良くするシンプルな方法を公開します。彼が提案する効果的な方法にならえば、学習し続け、常に進歩していると感じることができるはずです。

ソーディス・エルバとトム・ストレンジャー: レイプを経験し 和解に辿り着いた私たちの物語

TEDWomen 2016

ソーディス・エルバとトム・ストレンジャー: レイプを経験し 和解に辿り着いた私たちの物語


1996年ソーディス・エルバは、交換留学生としてオーストラリアからやって来たトム・ストレンジャーと甘酸っぱいロマンスを楽しみました。学校のダンスパーティーの後でソーディスはトムにレイプされ、それから2人は何年も音信不通になります。ソーディスとトムが長年にわたる恥と沈黙の記憶を辿っていくこのトークは、聴く人を驚かせるでしょう。そして、世界的な問題である性的暴力について、今までになかったオープンなディスカッションを展開してくれます。2人の質疑応答は、こちらから見ることができます。<go.ted.com/thordisandtom>

アラン・スミス: 統計を好きになるべき理由

TEDxExeter

アラン・スミス: 統計を好きになるべき理由


あなたは統計データを推測するのは得意ですか?そう思う人は考え直した方がいいでしょう。数学の得意、不得意に関わらず、私たちが数字を理解し操作する能力は極めて限られている、そう話すのはデータ視覚化の専門家アラン・スミスです。彼は、楽しい話を通して、私たちが知っていることと、そう思っているだけなことのギャップを探ります。

サラ・パーキャック: 古代遺跡の発見に手を貸してください—手遅れになる前に

TED2016

サラ・パーキャック: 古代遺跡の発見に手を貸してください—手遅れになる前に


サラ・パーキャックは地表から何百キロも離れた軌道を回る衛星を使って、足もとに埋もれている古代の隠された宝を発見しています。パーキャックの見立てでは、ナイル川デルタに限っても、これまでに発掘されている遺跡は存在する遺跡の千分の1%にも満たないと言います。2016年のTED Prizeと感化力のある考古学への情熱をもって、彼女はGlobalXplorerというオンラインプラットフォームを開発し、インターネットが使える者は誰でも、人類の共有財産である遺跡の発見と保護に協力できようにします。

ディーピカ・クルップ: 若き科学者の「澄んだ水」への探求

TEDWomen 2016

ディーピカ・クルップ: 若き科学者の「澄んだ水」への探求


ディーピカ・クルップは、14歳の時にインドにある祖父母の家の近くで、子ども達が汚くて触れる事すらできないような水を飲んでいたのを見て以来ずっと、世界的なウォーター・クライシス(水の危機)を解決しようと心に決めています。彼女の研究は家の台所から始まり、最終的には大きな科学賞を獲得するに至りました。この10代の科学者が、コストもかからず環境にも優しい浄水システムをどうやって開発したのか、聞いてみましょう。

モーリス・コンティ: 直感を持った人工知能が生み出すすごい発明

TEDxPortland

モーリス・コンティ: 直感を持った人工知能が生み出すすごい発明


デザインツールにデジタル神経系を与えたら何ができるでしょう? コンピューターが我々の思考力や想像力を高め、ロボットシステムが橋や車やドローンなどの画期的な新しいデザインを自分で考え出し、構築するのです。未来学者のモーリス・コンティといっしょに「拡張の時代」へと旅し、人にもロボットにも単独では作り得ないようなものが共同で作り上げられる世界を垣間見てみましょう。

ジーニー・ギャング: 自然と街を融合する建築

TEDWomen 2016

ジーニー・ギャング: 自然と街を融合する建築


風を運ぶ高層ビル、暖炉の周りにコミュニティーを形成する建物など、ジーニー・ギャングは人間関係を築くために建築物を活用します。この興味深いプレゼンテーションで、彼女は意外なコミュニティーセンターからランドマークであるシカゴの高層ビルまで、様々な大小の建物を見せてくれます。「建築を通して建物を建てるだけではなくそれ以上のことが達成できます。私たちが住むこの地球を安定させることにも貢献できるんです」と彼女は言います。

ロブ・ウィラー: 政治的な問題をうまく議論するには

TEDxMarin

ロブ・ウィラー: 政治的な問題をうまく議論するには


ロブ・ウィラーは、私たちを統一し分断する力について研究しており、社会心理学者として、分断の原因とされる道徳的価値観をいかに使って人々を一つにすることができるかも研究しています。ウィラーは、どうすればイデオロギーによる隔たりに橋をかけ、政治について議論するときにうまく相手を説得できるか、力強い考察を述べます。

ケイレブ・バーロウ: サイバー犯罪は一体どこから来るのか?

TED@IBM

ケイレブ・バーロウ: サイバー犯罪は一体どこから来るのか?


サイバー犯罪により、昨年は世界各地で約20億件のデータが喪失・盗難に遭い、それにより違法に得られた利益はなんと約4500億ドル。IBMセキュリティーのケイレブ・バーロウは、データを保護するためには現在の対策では不十分だと警鐘を鳴らします。では、その解決策とは? バーロウは、医療危機に瀕した際と同じように、総力を挙げて感染者を特定し、どのように感染が拡大しているのかタイムリーな情報を提供し合うといった対処が必要だと述べます。「情報を共有しなければ、あなたも問題の一部になるのです」