English-Video.net comment policy

The comment field is common to all languages

Let's write in your language and use "Google Translate" together

Please refer to informative community guidelines on TED.com

TEDxMidAtlantic

Diana Laufenberg: How to learn? From mistakes

ダイアナ・ローファンバーグ「失敗に学ぶ」

Filmed
Views 1,914,264

ダイアナ・ローファンバーグが、失敗に学ぶ重要な洞察を交え、彼女が教育について学んだ三つのことをお話します。

- Educator
For over 15 years Diana has been a secondary social studies teacher in Wisconsin, Kansas, Arizona and Pennsylvania. Full bio

I have持ってる beenされている teaching教える forために aa long長いです time時間,
私は教育界に長く従事しています
00:15
andそして in doingやっている soそう
教育を通じて 子供と
00:18
have持ってる acquired獲得しました aa body of knowledge知識 about kids子供たち andそして learning学習
学習に関する知識体系を学びました
00:20
thatそれ I really本当に wish望む moreもっと people would〜する understandわかる
より多くの方に生徒たちの可能性について
00:23
about theその potential潜在的な of students学生の.
理解をしていただきたいと思います
00:26
In 1931, myじぶんの grandmother祖母 ---
写真左下に見えている
00:29
bottom left forために you君は guysみんな over以上 hereここに ---
私の祖母は1931年に
00:31
graduated卒業した fromから theその eighth第8 gradeグレード.
8年を卒業しました
00:33
She彼女 went行った to school学校 to get取得する theその information情報
情報を得るために学校に行っていました
00:35
becauseなぜなら that'sそれは whereどこで theその information情報 lived住んでいました.
学校が情報源だったからです
00:37
Itそれ wasあった in theその books; itそれ wasあった inside内部 theその teacher's先生の head;
本の中 先生の頭の中など
00:39
andそして she彼女 needed必要な to go行く thereそこ to get取得する theその information情報,
情報を得るには学校へ行く必要がありました
00:41
becauseなぜなら that'sそれは howどうやって you君は learned学んだ.
これが当時の学習でした
00:44
Fast-forward早送り aa generation世代:
少し時代を遡って見ましょう
00:46
thisこの is theその one-roomワンルーム schoolhouse学校, Oakオーク Groveグローヴ,
これは私の父が通っていたオークグローブの
00:48
whereどこで myじぶんの fatherお父さん went行った to aa one-roomワンルーム schoolhouse学校.
教室が1つしかない学校です
00:50
Andそして he again再び had持っていました to travel旅行 to theその school学校
彼も学校に行っては先生から
00:52
to get取得する theその information情報 fromから theその teacher先生,
情報を集めてはの頭の中の
00:54
stored保存された itそれ in theその onlyのみ portableポータブル memory記憶 he has持っている, whichどの is inside内部 his own自分の head,
揮発性メモリーに入れては持ち帰る
00:56
andそして take取る itそれ with〜と him,
この手の作業が必要でした
00:59
becauseなぜなら thatそれ is howどうやって information情報 wasあった beingであること transported運ばれた
当時はこうして世界中で先生から学生に
01:01
fromから teacher先生 to student学生 andそして then次に used中古 in theその world世界.
情報伝達が行われていたからです
01:04
Whenいつ I wasあった aa kidキッド,
私が子供の頃は皆
01:07
we我々 had持っていました aa setセット of encyclopedias百科事典 at〜で myじぶんの house.
自宅に百科事典のセットを持っていました
01:09
Itそれ wasあった purchased購入した theその year I wasあった bornうまれた,
私の事典は私の生まれ年に購入したもので
01:11
andそして itそれ wasあった extraordinary特別な,
多いに役立ちました
01:13
becauseなぜなら I didした notない have持ってる to wait待つ to go行く to theその libraryとしょうかん to get取得する to theその information情報.
情報収集にも図書館に行く必要がありませんでした
01:15
Theその information情報 wasあった inside内部 myじぶんの house
情報源は家の中にありました
01:18
andそして itそれ wasあった awesome驚くばかり.
素敵でした
01:20
Thisこの wasあった different異なる
これは私の前の世代の
01:22
thanより eitherどちらか generation世代 had持っていました experienced経験豊富な before,
経験とは異なっており
01:24
andそして itそれ changedかわった theその way方法 I interacted相互作用する with〜と information情報
小さなところでも私の情報との
01:26
even偶数 at〜で justちょうど aa small小さい levelレベル.
関わり方に影響していました
01:28
Butだけど theその information情報 wasあった closerクローザー to me.
情報は私の身近にあって
01:30
I couldできた get取得する accessアクセス to itそれ.
いつでもアクセスが可能でした
01:32
In theその time時間 thatそれ passesパス
私が高校生だった頃と
01:34
betweenの間に whenいつ I wasあった aa kidキッド in high高い school学校
私が教育に従事し始めた―
01:36
andそして whenいつ I started開始した teaching教える,
時の間に 遂に
01:38
we我々 really本当に see見る theその advent出現 of theその Internetインターネット.
インターネットがその幕を開けました
01:40
Right about theその time時間 thatそれ theその Internetインターネット gets取得 going行く
学習教材として
01:42
asとして an educational教育的 toolツール,
インターネットが普及すると同時に
01:44
I take取る offオフ fromから Wisconsinウィスコンシン州
私はウィスコンシンを離れ
01:46
andそして move動く to Kansasカンザス州, small小さい townタウン Kansasカンザス州,
カンザスに引っ越しました
01:48
whereどこで I had持っていました an opportunity機会 to teach教える
そこの小さく愛らしい町の
01:50
in aa lovely美しい, small-town小さな町,
カンザス学区で
01:52
rural農村 Kansasカンザス州 school学校 district地区,
教師になりました
01:54
whereどこで I wasあった teaching教える myじぶんの favoriteお気に入り subject主題,
そこで私の大好きな教科
01:56
Americanアメリカ人 government政府.
米国政府の教鞭をとりました
01:58
Myじぶんの first最初 year --- superスーパー gung-hoガン・ホー --- going行く to teach教える Americanアメリカ人 government政府,
1年目 やる気に満ち溢れていました
02:00
loved愛された theその political政治的 systemシステム.
私は政治システムが大好きでした
02:03
Kids子供たち in theその 12thth gradeグレード:
12年生の子供達はそれほど
02:05
notない exactly正確に allすべて thatそれ enthusiastic熱狂的な
米国の政体について
02:07
about theその Americanアメリカ人 government政府 systemシステム.
興味を示しませんでしたけどね
02:09
Year two: learned学んだ aa few少数 thingsもの --- had持っていました to change変化する myじぶんの tactic戦術.
2年目 少し学習して作戦を変更しました
02:11
Andそして I put置く in frontフロント of themそれら an authentic本物の experience経験
実経験の場を提供して
02:14
thatそれ allowed許可された themそれら to learn学ぶ forために themselves自分自身.
自発的な学習を促しました
02:16
I didn'tしなかった telltell themそれら what to do行う orまたは howどうやって to do行う itそれ.
目的も方法も告げませんでした
02:19
I posedポーズされた aa problem問題 in frontフロント of themそれら,
彼らにちょっとした課題を与えました
02:21
whichどの wasあった to put置く on an election選挙 forumフォーラム forために their彼らの own自分の communityコミュニティ.
彼らの自治体の選挙フォーラムの運営です
02:23
They彼ら produced生産された flyersチラシ. They彼ら calledと呼ばれる officesオフィス.
彼らはチラシを作り 事務所に問い合わせ
02:27
They彼ら checkedチェックした schedulesスケジュール. They彼ら wereあった meeting会議 with〜と secretaries秘書.
スケジュールを確認し 秘書たちと話をして
02:29
They彼ら produced生産された an election選挙 forumフォーラム booklet冊子
候補者をよりよく知ってもらおうと
02:31
forために theその entire全体 townタウン to learn学ぶ moreもっと about their彼らの candidates候補者.
選挙フォーラムの冊子を作成しました
02:33
They彼ら invited招待された everyoneみんな into theその school学校
彼らは夕方のある
02:35
forために an eveningイブニング of conversation会話
ディスカッションに皆を招待しました
02:37
about government政府 andそして politics政治
政府や政治に始まり
02:39
andそして whetherかどうか orまたは notない theその streets通り wereあった done完了 wellよく,
道路の建設計画のよしあし―
02:41
andそして really本当に had持っていました thisこの robustロバストな experiential経験的な learning学習.
について話し合う体験学習です
02:43
Theその olderより古い teachers教師 --- moreもっと experienced経験豊富な ---
私より経験のある高齢の先生は
02:46
looked見た at〜で me andそして went行った,
私を見てこう言いました
02:48
"Ohああ, thereそこ she彼女 is. That'sそれは soそう cute可愛い. She's彼女は trying試す to get取得する thatそれ done完了."
「あら かわいい 頑張ってるわ」
02:50
(Laughter笑い)
(笑)
02:53
"She彼女 doesn'tしない know知っている what she's彼女は in forために."
「なにをしていいのか分からないのね」
02:55
Butだけど I knew知っていた thatそれ theその kids子供たち would〜する showショー upアップ,
しかし子供達が成果をあげてくれることを
02:57
andそして I believed信じる itそれ,
知っていましたし 信じていました
02:59
andそして I told言った themそれら everyすべて week週間 what I expected期待される outでる of themそれら.
私の期待することを毎週彼らに話しました
03:01
Andそして thatそれ night, allすべて 90 kids子供たち ---
その夜90人全ての生徒が
03:04
dressed服を着た appropriately適切に, doingやっている their彼らの jobジョブ, owning所有する itそれ.
正装し彼らの職務を全うしました
03:06
I had持っていました to justちょうど sit座る andそして watch時計.
私はただ座って眺めていただけです
03:09
Itそれ wasあった theirsそれらの. Itそれ wasあった experiential経験的な. Itそれ wasあった authentic本物の.
すばらしい実体験の機会となりました
03:11
Itそれ meant意味した something何か to themそれら.
彼らに何かを残せたことでしょう
03:13
Andそして they彼ら will意志 stepステップ upアップ.
こうして彼らは成長していくのです
03:15
Fromから Kansasカンザス州, I moved移動した on to lovely美しい Arizonaアリゾナ州,
私はカンザスから美しいアリゾナへ
03:17
whereどこで I taught教えた in Flagstaffフラッグスタッフ forために aa number of years,
引越しフラッグスタッフで数年教えました
03:20
thisこの time時間 with〜と middle中間 school学校 students学生の.
今回の相手は中学生でした
03:23
Luckily幸運にも, I didn'tしなかった have持ってる to teach教える themそれら Americanアメリカ人 government政府.
幸運にも今回は政体の授業ではなく
03:25
Couldできた teach教える themそれら theその moreもっと excitingエキサイティング topicトピック of geography地理.
もっとおもしろい地理を教えることになりました
03:27
Again再び, "thrilled興奮した" to learn学ぶ.
今回も学ぶことにわくわくしていました
03:30
Butだけど what wasあった interesting面白い
しかし私のこのアリゾナでの
03:34
about thisこの positionポジション I found見つけた myself私自身 in in Arizonaアリゾナ州,
仕事で面白いと感じた点は
03:36
wasあった I had持っていました thisこの really本当に
公立の中学校で
03:39
extraordinarily異常に eclectic折衷的な groupグループ of kids子供たち to work作業 with〜と
驚くほど多種多様な子供達と
03:41
in aa truly真に publicパブリック school学校,
一緒に過ごせたことです
03:43
andそして we我々 got持っている to have持ってる theseこれら moments瞬間 whereどこで we我々 would〜する get取得する theseこれら opportunities機会.
こういった体験は皆さんもされるべきです
03:45
Andそして one1 opportunity機会
私達は
03:48
wasあった we我々 got持っている to go行く andそして meet会う Paulポール Rusesabaginaルセサビナ,
ポール・ルセサバギナという
03:50
whichどの is theその gentleman紳士
『ホテル・ルワンダ』のモデルになった
03:53
thatそれ theその movie映画 "Hotelホテル Rwandaルワンダ" is basedベース after.
男性と話す機会がありました 彼は
03:55
Andそして he wasあった going行く to speak話す at〜で theその high高い school学校 next doorドア to us米国.
隣の高校でスピーチすることになっていました
03:57
We我々 couldできた walk歩く thereそこ. We我々 didn'tしなかった even偶数 have持ってる to pay支払う forために theその busesバス.
バスに乗る必要もなく歩いていける距離で
03:59
Thereそこ wasあった noいいえ expense費用 costコスト. Perfect完璧な fieldフィールド trip旅行.
費用もかからない絶好の遠足でした
04:01
Theその problem問題 then次に becomes〜になる
しかし問題が浮上してきました
04:04
howどうやって do行う you君は take取る seventh-7 - andそして eighth-graders8年生 to aa talkトーク about genocide大量虐殺
7、8年の生徒に集団殺害の話をし
04:06
andそして deal対処 with〜と theその subject主題 in aa way方法
どうすれば彼らは責任と敬意を
04:08
thatそれ is responsible責任ある andそして respectful尊敬する,
持ってこの問題を理解できるでしょうか
04:10
andそして they彼ら know知っている what to do行う with〜と itそれ.
何をすべきか諭すことが出来るでしょうか
04:12
Andそして soそう we我々 chose選択した to look見える at〜で Paulポール Rusesabaginaルセサビナ
そこでポール・ルセサバギナを
04:14
asとして an example of aa gentleman紳士
人生をかけて問題解決に取り組む
04:16
who singularly単独で used中古 his life生活 to do行う something何か positiveポジティブ.
模範的な男性の例として取り上げ
04:18
I then次に challenged挑戦した theその kids子供たち to identify識別する
子供達に人生の中 話の中
04:22
someone誰か in their彼らの own自分の life生活, orまたは in their彼らの own自分の storyストーリー, orまたは in their彼らの own自分の world世界,
もしくは世界で何か類似した活動をしている
04:24
thatそれ they彼ら couldできた identify識別する thatそれ had持っていました done完了 aa similar類似 thingもの.
人物を探してその人物についての
04:27
I asked尋ねた themそれら to produce作物 aa little少し movie映画 about itそれ.
簡易動画プレゼンを課しました
04:29
It'sそれは theその first最初 time時間 we'd結婚した done完了 thisこの.
これは初めての試みで 誰もパソコン上での
04:31
Nobody誰も really本当に knew知っていた howどうやって to make作る theseこれら little少し movies映画 on theその computerコンピューター,
動画作成の経験などありませんでした しかし
04:33
butだけど they彼ら wereあった into itそれ. Andそして I asked尋ねた themそれら to put置く their彼らの own自分の voice音声 over以上 itそれ.
やる気を感じたので 自らの意見も入れるよう指示しました
04:35
Itそれ wasあった theその most最も awesome驚くばかり moment瞬間 of revelation啓示
自分の声で周りに
04:39
thatそれ whenいつ you君は ask尋ねる kids子供たち to useつかいます their彼らの own自分の voice音声
語りかけることは 実は
04:44
andそして ask尋ねる themそれら to speak話す forために themselves自分自身,
子供達も望んでいることであって
04:47
what they're彼らは willing喜んで to shareシェア.
私に大きな発見をさせてくれました
04:49
Theその last最終 question質問 of theその assignment割り当て is:
最後の課題の質問はこうです
04:51
howどうやって do行う you君は plan計画 to useつかいます yourきみの life生活
あなたの人生を他の人に役立てるには
04:53
to positively積極的に impact影響 otherその他 people?
どのような計画を立てますか?
04:55
Theその thingsもの thatそれ kids子供たち will意志 sayいう
子供達に発言の機会を与え
04:57
whenいつ you君は ask尋ねる themそれら andそして take取る theその time時間 to listen聴く
こちらが聞く耳をもった時には子供達は
04:59
is extraordinary特別な.
素晴しいことを言うものです
05:02
Fast-forward早送り to Pennsylvaniaペンシルベニア, whereどこで I find見つける myself私自身 today今日.
私が今いるペンシルベニアまで話を早送りしましょう
05:05
I teach教える at〜で theその Science科学 Leadershipリーダーシップ Academyアカデミー,
私はサイエンスリーダーシップアカデミーという
05:08
whichどの is aa partnershipパートナーシップ school学校 betweenの間に theその Franklinフランクリン Institute研究所
フランクリンインスティチュートとフィラデルフィアの学区との
05:10
andそして theその school学校 district地区 of Philadelphiaフィラデルフィア.
提携校で教えています
05:13
We我々 are aa nine9人 throughを通して 12 publicパブリック school学校,
私たちは公立校12のうち9番目ですが
05:15
butだけど we我々 do行う school学校 quiteかなり differently異なって.
他校とはだいぶ異なっています
05:18
I moved移動した thereそこ primarily主に
当初私の理解する子供達の
05:21
to be〜する part of aa learning学習 environment環境
学習方法を立証できる学習環境に
05:23
thatそれ validated検証済み theその way方法 thatそれ I knew知っていた thatそれ kids子供たち learned学んだ,
身を置くためここに移動しました
05:25
andそして thatそれ really本当に wanted欲しい to investigate調査する
過去のパラダイムや
05:27
what wasあった possible可能
私の祖母 父 私が
05:29
whenいつ you君は are willing喜んで to let〜する go行く
学校にいた当時の
05:31
of some一部 of theその paradigmsパラダイム of theその past過去,
情報不足を過去のものとして
05:33
of information情報 scarcity希少 whenいつ myじぶんの grandmother祖母 wasあった in school学校
忘れ去れるなら 情報があふれかえる今日
05:35
andそして whenいつ myじぶんの fatherお父さん wasあった in school学校 andそして even偶数 whenいつ I wasあった in school学校,
私は目の前にある可能性を
05:38
andそして to aa moment瞬間 whenいつ we我々 have持ってる information情報 surplus余剰.
調査したいと考えました
05:41
Soそう what do行う you君は do行う whenいつ theその information情報 is allすべて aroundまわり you君は?
情報に囲まれていったい何をしますか?
05:43
Whyなぜ do行う you君は have持ってる kids子供たち come来る to school学校
情報源としての役割をもう
05:46
ifif they彼ら noいいえ longerより長いです have持ってる to come来る thereそこ to get取得する theその information情報?
果たさない学校になぜ子供達を通わすのでしょうか?
05:48
In Philadelphiaフィラデルフィア we我々 have持ってる aa one-to-one1対1 laptopラップトップ programプログラム,
フィラデルフィアでは「ノートパソコン1人1台プログラム」を
05:51
soそう theその kids子供たち are bringing持参 in laptopsラップトップ with〜と themそれら everyday毎日,
実施し 生徒が常にノートパソコンを携帯し
05:54
taking取る themそれら home自宅, getting取得 accessアクセス to information情報.
情報へのアクセスを常に確保しています
05:57
Andそして here'sここにいる theその thingもの thatそれ you君は need必要 to get取得する comfortable快適 with〜と
そして生徒達に情報獲得の道具を
06:00
whenいつ you'veあなたは given与えられた theその toolツール
与える際には 折り合いを
06:03
to acquire獲得する information情報 to students学生の,
つけなくてはいけないことがあります
06:05
is thatそれ you君は have持ってる to be〜する comfortable快適 with〜と thisこの ideaアイディア
子供達に学習過程の段階で
06:07
of allowing許す kids子供たち to fail失敗します
間違いを犯してしまうことを
06:09
asとして part of theその learning学習 processプロセス.
容認するということです
06:11
We我々 deal対処 right now in theその educational教育的 landscape風景
「答えは常に一つ文化」に溺れる
06:14
with〜と an infatuation面白い
私たちが相手にしているのは
06:16
with〜と theその culture文化 of one1 right answer回答
正しくマークされるべき回答欄がある
06:18
thatそれ canできる be〜する properly正しく bubbled泡立つ on theその average平均 multiple複数 choice選択 testテスト,
選択式問題にあふれた教育システムです
06:20
andそして I am午前 hereここに to shareシェア with〜と you君は:
皆さんにもご理解頂きたいです
06:23
itそれ is notない learning学習.
これは学習のあるべき姿ではありません
06:25
Thatそれ is theその absolute絶対の wrong違う thingもの to ask尋ねる,
子供達に間違いをしてはいけないと
06:27
to telltell kids子供たち to never決して be〜する wrong違う.
言うことそれ自体が間違いです
06:30
To ask尋ねる themそれら to always常に have持ってる theその right answer回答
常に正解を求めることは彼らの
06:32
doesn'tしない allow許す themそれら to learn学ぶ.
学習動機を高めることになりません
06:35
Soそう we我々 didした thisこの projectプロジェクト,
これは私たちが始めた
06:37
andそして thisこの is one1 of theその artifacts成果物 of theその projectプロジェクト.
プロジェクトの作品の1つです
06:39
I almostほぼ never決して showショー themそれら offオフ
人には滅多に見せないんです
06:41
becauseなぜなら of theその issue問題 of theその ideaアイディア of failure失敗.
失敗という問題点がありますからね
06:43
Myじぶんの students学生の produced生産された theseこれら info-graphicsinfo-graphics
年末に行った授業で
06:45
asとして aa result結果 of aa unit単位 thatそれ we我々 decided決定しました to do行う at〜で theその end終わり of theその year
生徒達は原油流出事故に関する
06:47
responding応答する to theその oil spillこぼれる.
ポスターを作製しました
06:50
I asked尋ねた themそれら to take取る theその examples thatそれ we我々 wereあった seeing見る
私は彼らにマスメディア上に溢れる
06:52
of theその info-graphicsinfo-graphics thatそれ existed存在した
このような図表を手に取り
06:55
in aa lotロット of mass質量 mediaメディア,
どんな要素が興味をそそるか考察させ
06:57
andそして take取る aa look見える at〜で what wereあった theその interesting面白い componentsコンポーネント of itそれ,
米国史に残るこの人災について
06:59
andそして produce作物 one1 forために themselves自分自身
彼らの手でポスターを
07:02
of aa different異なる man-made人工 disaster災害 fromから Americanアメリカ人 history歴史.
作るよう指示しました
07:04
Andそして they彼ら had持っていました certainある criteria基準 to do行う itそれ.
彼らにも判断する能力はありましたが
07:06
They彼ら wereあった aa little少し uncomfortable不快な with〜と itそれ,
初の試みで皆どうしていいのか
07:08
becauseなぜなら we'd結婚した never決して done完了 thisこの before, andそして they彼ら didn'tしなかった know知っている exactly正確に howどうやって to do行う itそれ.
確信が持てず 少し躊躇していました
07:10
They彼ら canできる talkトーク --- they're彼らは very非常に smooth滑らかな,
もちろん彼らは話せますし
07:12
andそして they彼ら canできる write書きます very非常に, very非常に wellよく,
文章作成能力も十分です しかし
07:14
butだけど asking尋ねる themそれら to communicate通信する ideasアイデア in aa different異なる way方法
いつもと違うコミュニケーションの
07:16
wasあった aa little少し uncomfortable不快な forために themそれら.
方法に少し戸惑っていたようです
07:19
Butだけど I gave与えた themそれら theその roomルーム to justちょうど do行う theその thingもの.
そこでこの作業専用に部屋を用意し
07:22
Go行く create作成する. Go行く figure数字 itそれ outでる.
「ここでポスターを作ろうよ」
07:25
Let'sさあ see見る what we我々 canできる do行う.
「できることを考えてみよう」と促しました
07:27
Andそして theその student学生 thatそれ persistently永続的
根気強く視覚にこだわった
07:29
turnsターン outでる theその bestベスト visualビジュアル product製品 didした notない disappoint失望する.
ある生徒の作品は皆に気に入られました
07:31
Thisこの wasあった done完了 in like好きな two orまたは three days日々.
作業には2、3日程かかりました
07:34
Andそして thisこの is theその work作業 of theその student学生 thatそれ consistently一貫して didした itそれ.
これは生徒達が協力して作り上げた作品です
07:36
Andそして whenいつ I sat座っている theその students学生の downダウン, I said前記, "Who'sだれの got持っている theその bestベスト one1?"
生徒を座らせて「誰の作品が一番?」と問うと
07:39
Andそして they彼ら immediatelyすぐに went行った, "Thereそこ itそれ is."
全員すぐに「これー」といって
07:42
Didn'tしなかった read読む anything何でも. "Thereそこ itそれ is."
内容も読まずに「これー」でした
07:44
Andそして I said前記, "Wellよく what makes作る itそれ greatすばらしいです?"
私は聞きました「どこがいいのかな?」
07:46
Andそして they're彼らは like好きな, "Ohああ, theその design'sデザインの good良い, andそして he's彼は usingを使用して good良い color.
すると「デザインがいいし 色使いが上手
07:48
Andそして there'sそこに some一部 ... " Andそして they彼ら went行った throughを通して allすべて thatそれ we我々 processed処理された outでる loud大声で.
それからね...」
07:50
Andそして I said前記, "Go行く read読む itそれ."
そこで「読んでみて」というと
07:53
Andそして they're彼らは like好きな, "Ohああ, thatそれ one1 wasn'tなかった soそう awesome驚くばかり."
彼らは「あぁ これあんまりよくないね」と
07:55
Andそして then次に we我々 went行った to another別の one1 ---
言って別のところに行きました
07:58
itそれ didn'tしなかった have持ってる greatすばらしいです visualsビジュアル, butだけど itそれ had持っていました greatすばらしいです information情報 ---
視覚的にはパッとしないが情報に富むものです
08:00
andそして spent過ごした an hour時間 talking話す about theその learning学習 processプロセス,
この学習過程について1時間話し合いました
08:02
becauseなぜなら itそれ wasn'tなかった about whetherかどうか orまたは notない itそれ wasあった perfect完璧な,
なぜならこれは作品が完璧か否か
08:05
orまたは whetherかどうか orまたは notない itそれ wasあった what I couldできた create作成する.
何が作れるのかという種の話でなく
08:07
Itそれ asked尋ねた themそれら to create作成する forために themselves自分自身,
自ら何を作りたいかを問うものだったからです
08:09
andそして itそれ allowed許可された themそれら to fail失敗します,
生徒たちに失敗させ 考察を促し
08:12
processプロセス, learn学ぶ fromから.
失敗からの学習機会を与えました
08:14
Andそして whenいつ we我々 do行う another別の round円形 of thisこの in myじぶんの classクラス thisこの year,
今年同じ活動をもう一度やる時には
08:16
they彼ら will意志 do行う betterより良い thisこの time時間,
彼らはより円滑に作業できるでしょう
08:18
becauseなぜなら learning学習
学習というものは
08:20
has持っている to include含める an amount of failure失敗,
失敗を包括しているべきだからです
08:22
becauseなぜなら failure失敗 is instructional教育的
失敗することが学習に
08:25
in theその processプロセス.
つながるからです
08:27
Thereそこ are aa million百万 picturesピクチャー
ここには百万もの写真があって
08:29
thatそれ I couldできた clickクリック throughを通して hereここに,
慎重に選ぶ必要がありました
08:32
andそして had持っていました to choose選択する carefully慎重に --- thisこの is one1 of myじぶんの favoritesお気に入り ---
これは私のお気に入りの1つです
08:34
of students学生の learning学習,
生徒たちの学習
08:37
of what learning学習 canできる look見える like好きな
学習のありかたを考える際
08:39
in aa landscape風景 whereどこで we我々 let〜する go行く of theその ideaアイディア
生徒が情報獲得のために学校へ
08:41
thatそれ kids子供たち have持ってる to come来る to school学校 to get取得する theその information情報,
来るべきという考えを取り払い
08:44
butだけど instead代わりに, ask尋ねる themそれら what they彼ら canできる do行う with〜と itそれ.
情報の活用法を問いましょう
08:46
Ask尋ねる themそれら really本当に interesting面白い questions質問.
本当に興味の持てる質問をしてください
08:48
They彼ら will意志 notない disappoint失望する.
そうすれば彼らは裏切りません
08:50
Ask尋ねる themそれら to go行く to places場所,
外に連れ出してください
08:52
to see見る thingsもの forために themselves自分自身,
彼ら自身の目で見て
08:54
to actually実際に experience経験 theその learning学習,
実際に体験したり
08:56
to play遊びます, to inquireお問い合わせ.
遊びを通じて 考えるのです
08:58
Thisこの is one1 of myじぶんの favoriteお気に入り photos写真,
これもお気に入りの1枚です
09:01
becauseなぜなら thisこの wasあった taken撮影 on Tuesday火曜日,
これは火曜日に撮られたものです
09:03
whenいつ I asked尋ねた theその students学生の to go行く to theその polls世論調査.
私が投票に行くよう指示した日です
09:05
Thisこの is Robbieロビー, andそして thisこの wasあった his first最初 day of voting投票,
この子はロビー この日は初めての投票で
09:07
andそして he wanted欲しい to shareシェア thatそれ with〜と everybodyみんな andそして do行う thatそれ.
皆と共有したかったようです
09:10
Butだけど thisこの is learning学習 tooあまりにも,
しかしこれも学習ですね
09:12
becauseなぜなら we我々 asked尋ねた themそれら to go行く outでる into realリアル spacesスペース.
外の現実世界に出るように言っていますから
09:14
Theその mainメイン pointポイント
要点は我々が
09:20
is thatそれ, ifif we我々 continue持続する to look見える at〜で education教育
教育を学校に足を運び
09:22
asとして ifif it'sそれは about coming到来 to school学校
情報収集することとみなし
09:25
to get取得する theその information情報
経験からの学習―
09:28
andそして notない about experiential経験的な learning学習,
学生の発言権や
09:30
empowering力を与える student学生 voice音声 andそして embracing抱きしめる failure失敗,
失敗からの学習を見逃すことは
09:32
we're私たちは missing行方不明 theその markマーク.
学習の趣旨に反するということです
09:35
Andそして everythingすべて thatそれ everybodyみんな is talking話す about today今日
そして我々の提案とは
09:37
isn'tない possible可能 ifif we我々 keepキープ having持つ an educational教育的 systemシステム
これらの価値を重視できない教育システムが
09:39
thatそれ doesする notない value theseこれら qualities品質,
存在する限り実現不可能なのです
09:42
becauseなぜなら we我々 won't〜されません get取得する thereそこ with〜と aa standardized標準化された testテスト,
「答えは常に一つ文化」や標準化された
09:45
andそして we我々 won't〜されません get取得する thereそこ with〜と aa culture文化 of one1 right answer回答.
テストが障害となるからです
09:47
We我々 know知っている howどうやって to do行う thisこの betterより良い,
改善法を理解した今こそ
09:49
andそして it'sそれは time時間 to do行う betterより良い.
改革の時なのです
09:51
(Applause拍手)
(拍手)
09:53
Translated by Takahiro Shimpo
Reviewed by Mina Kiyuna

▲Back to top

About the speaker:

Diana Laufenberg - Educator
For over 15 years Diana has been a secondary social studies teacher in Wisconsin, Kansas, Arizona and Pennsylvania.

Why you should listen

A farm kid from Wisconsin, Diana Laufenberg has taught all grade levels from 7-12 in Social Studies. Laufenberg most recently taught at the Science Leadership Academy (SLA), one of Philadelphia’s newer high schools, in partnership with the Franklin Institute.

In 2013, Laufenberg partnered with Chris Lehmann to start Inquiry Schools, a new non-profit working to create and support learning environments that are inquiry-driven and project-based and which utilize modern technology. She currently serves as the Executive Director and Lead Teacher for Inquiry Schools.

Read Laufenberg's evolving page of links on "Embracing Failure" >>

More profile about the speaker
Diana Laufenberg | Speaker | TED.com