English-Video.net comment policy

The comment field is common to all languages

Let's write in your language and use "Google Translate" together

Please refer to informative community guidelines on TED.com

TEDGlobal 2012

Margaret Heffernan: Dare to disagree

マーガレット・ヘッファナン:対立の意義

Filmed
Views 3,222,656

多くの人間は本能的に対立を避けようとするが、マーガレット・ヘッファナンが示すように、よい対立こそ進歩の要なのだ。彼女は(時として直感に反して)、最良のパートナーとは自分の考えに同調する者ではなく、素晴らしい調査チーム、仕事関係、ビジネスがいかに深い対立を容認するかを教えてくれる。

- Management thinker
The former CEO of five businesses, Margaret Heffernan explores the all-too-human thought patterns -- like conflict avoidance and selective blindness -- that lead organizations and managers astray. Full bio

In Oxfordオックスフォード in theその 1950ss,
1950年代のオックスフォードに
00:16
thereそこ wasあった aa fantastic素晴らしい doctor医師, who wasあった very非常に unusual珍しい,
とても優秀で 稀な一人の医者がいました
00:18
named名前 Aliceアリス Stewartスチュワート.
アリス・スチュアートです
00:21
Andそして Aliceアリス wasあった unusual珍しい partly部分的に becauseなぜなら, of courseコース,
アリスが稀有であった理由のひとつは もちろん
00:23
she彼女 wasあった aa woman女性, whichどの wasあった prettyかなり rareまれな in theその 1950ss.
その当時では珍しく 彼女が女医であったことです
00:27
Andそして she彼女 wasあった brilliantブリリアント, she彼女 wasあった one1 of theその,
彼女は目立っていました
00:30
at〜で theその time時間, theその youngest最年少 Fellow仲間 to be〜する elected選出された to theその Royalロイヤル Collegeカレッジ of Physicians医師.
当時 最も若くして 国立医科大学の
研究員の一人に選ばれたのです
00:32
She彼女 wasあった unusual珍しい tooあまりにも becauseなぜなら she彼女 continued続ける to work作業 after she彼女 got持っている married既婚,
また 彼女が稀なのは 結婚後も仕事を続け
00:37
after she彼女 had持っていました kids子供たち,
子供を産み
00:41
andそして even偶数 after she彼女 got持っている divorced離婚した andそして wasあった aa singleシングル parent,
離婚をしてシングルマザーになった後でさえも
00:43
she彼女 continued続ける her彼女 medical医療 work作業.
医療に従事し続けたからでもあり
00:46
Andそして she彼女 wasあった unusual珍しい becauseなぜなら she彼女 wasあった really本当に interested興味がある in aa new新しい science科学,
さらに彼女が 新しい科学に興味を抱いていたからです
00:48
theその emerging新興 fieldフィールド of epidemiology疫学,
疫学の新興分野
00:52
theその study調査 of patternsパターン in disease疾患.
病気におけるパターンの研究です
00:55
Butだけど like好きな everyすべて scientist科学者, she彼女 appreciated感謝
しかし他の科学者と同じようにアリスは
00:58
thatそれ to make作る her彼女 markマーク, what she彼女 needed必要な to do行う
医者として名を残すためには 難題を発見し
01:01
wasあった find見つける aa hardハード problem問題 andそして solve解決する itそれ.
解決しなければならないことを十分に知っていました
01:03
Theその hardハード problem問題 thatそれ Aliceアリス chose選択した
アリスが選んだ難題とは
01:07
wasあった theその rising上昇する incidence入射 of childhood子供時代 cancers.
増加していた小児ガンです
01:10
Most最も disease疾患 is correlated相関 with〜と poverty貧困,
ほとんどの病気は 貧困と関連性がありましたが
01:13
butだけど in theその case場合 of childhood子供時代 cancers,
子供の癌の場合
01:15
theその children子供 who wereあった dying死ぬ seemed見えた mostly主に to come来る
末期の子供のほとんどは
01:18
fromから affluent豊かな families家族.
裕福な家庭の出身でした
01:20
Soそう, what, she彼女 wanted欲しい to know知っている,
彼女は知りたがりました
01:23
couldできた explain説明する thisこの anomaly異常?
「この例外はどう説明出来るのか?」
01:25
Now, Aliceアリス had持っていました troubleトラブル getting取得 funding資金調達 forために her彼女 research研究.
しかしアリスは 研究費を集めるのに苦労しました
01:28
In theその end終わり, she彼女 got持っている justちょうど 1,000 poundsポンド
結局 たったの1000ポンドを
01:30
fromから theその Ladyレディ Tataタタ Memorial記念碑 prize.
レディ・タタ メモリアルから受け取ったのみでした
01:32
Andそして thatそれ meant意味した she彼女 knew知っていた she彼女 onlyのみ had持っていました one1 shotショット
それは データ収集にかけられるのは
01:35
at〜で collecting収集する her彼女 dataデータ.
一回のみということを意味していました
01:37
Now, she彼女 had持っていました noいいえ ideaアイディア what to look見える forために.
しかし何を探せばいいのかまったくわかりません
01:39
Thisこの really本当に wasあった aa needle in aa haystackヘイスタック sortソート of searchサーチ,
それはまるで不可能な調査に思われました
01:42
soそう she彼女 asked尋ねた everythingすべて she彼女 couldできた think思う of.
そこで彼女は思いつくこと全てを問いました
01:45
Had持っていました theその children子供 eaten食べた boiled茹でた sweetsお菓子?
癌の子供たちは飴を食べていたか?
01:47
Had持っていました they彼ら consumed消費された colored着色 drinks飲む?
着色された飲み物を飲んでいたか?
01:49
Didした they彼ら eat食べる fish andそして chipsチップ?
フィッシュ&チップスを食べていたか?
01:51
Didした they彼ら have持ってる indoor屋内 orまたは outdoor屋外 plumbing配管?
トイレは屋外か屋内か?
01:53
What time時間 of life生活 had持っていました they彼ら started開始した school学校?
学校に通い始めたのはいつか?
01:55
Andそして whenいつ her彼女 carbon炭素 copiedコピーされた questionnaireアンケート started開始した to come来る backバック,
そして彼女のカーボン印刷のアンケートが返って来始めると
01:58
one1 thingもの andそして one1 thingもの onlyのみ jumped飛び降りた outでる
あるひとつのこと ただひとつのことが
02:02
with〜と theその statistical統計的 clarity透明度 of aa kind種類 thatそれ
科学者が夢見るような統計的明確さを伴って
02:05
most最も scientists科学者 canできる onlyのみ dream of.
浮かび上がったのです
02:07
By〜によって aa rateレート of two to one1,
二人に一人の割合で
02:10
theその children子供 who had持っていました died死亡しました
死んだ子供の母親は
02:12
had持っていました had持っていました mothers母親の who had持っていました beenされている X-rayedX線 whenいつ pregnant妊娠している.
妊娠時にX線を浴びていたのです
02:14
Now thatそれ finding所見 flew飛んだ in theその face of conventional従来の wisdom知恵.
その発見は 当時の一般的見解に相反するものでした
02:20
Conventional従来の wisdom知恵 held開催
世間一般の見解は
02:25
thatそれ everythingすべて wasあった safe安全 upアップ to aa pointポイント, aa threshold閾値.
X線はある閾値内であればまったく安全というものでした
02:27
Itそれ flew飛んだ in theその face of conventional従来の wisdom知恵,
レントゲン撮影機は当時
02:31
whichどの wasあった huge巨大 enthusiasm熱意 forために theその coolクール new新しい technology技術
素晴らしい先端技術として多大な期待が寄せられており
02:33
of thatそれ age年齢, whichどの wasあった theその X-rayX線 machine機械.
その一般通念と相容れなかったのです
02:37
Andそして itそれ flew飛んだ in theその face of doctors'医師は、 ideaアイディア of themselves自分自身,
そしてこれは 自分たちは患者を助けているのだ
02:40
whichどの wasあった asとして people who helped助けた patients患者,
傷つけているのではない という
02:44
they彼ら didn'tしなかった harm themそれら.
医者の自己イメージに反するものでした
02:48
Neverthelessそれにもかかわらず, Aliceアリス Stewartスチュワート rushed急いで to publish公開する
それでもアリス・スチュアートは その予備調査結果を
02:51
her彼女 preliminary予備的な findings所見 in Theその Lancetランセット in 1956.
急いで1956年のランセット誌に発表しました
02:55
People got持っている very非常に excited興奮した, thereそこ wasあった talkトーク of theその Nobelノーベル Prize,
人々は称賛し ノーベル賞の話も出ました
02:58
andそして Aliceアリス really本当に wasあった in aa big大きい hurry急いで
アリスは大急ぎで
03:02
to tryお試しください to study調査 allすべて theその cases症例 of childhood子供時代 cancer she彼女 couldできた find見つける
子供の癌の全てのケースを 消えてしまう前に
03:04
before they彼ら disappeared消えた.
調べようと努めました
03:08
In fact事実, she彼女 need必要 notない have持ってる hurried急いで.
ところが実際 彼女は急ぐ必要などありませんでした
03:10
Itそれ wasあった fully完全に 25 years before theその Britishイギリス人 andそして medical医療 ---
イギリスとアメリカの医療機関が
03:15
Britishイギリス人 andそして Americanアメリカ人 medical医療 establishments施設
妊婦へのX線照射をとりやめたのは
03:19
abandoned放棄された theその practice練習 of X-rayingX線 pregnant妊娠している women女性.
それから25年も後のことだったからです
03:22
Theその dataデータ wasあった outでる thereそこ, itそれ wasあった open開いた, itそれ wasあった freely自由に available利用可能な,
アリスの調査データは公開され 簡単に閲覧できました
03:28
butだけど nobody誰も wanted欲しい to know知っている.
しかし誰も知りたがらなかったのです
03:33
Aa child aa week週間 wasあった dying死ぬ,
子供が一週間に一人死んでいくのに
03:38
butだけど nothing何も changedかわった.
何も変わらなかったのです
03:40
Openness開放性 alone単独で can'tできない driveドライブ change変化する.
公開されただけでは 物事は変わらない
03:43
Soそう forために 25 years Aliceアリス Stewartスチュワート had持っていました aa very非常に big大きい fight戦い on her彼女 hands.
アリスは25年間 苦闘を続けました
03:49
Soそう, howどうやって didした she彼女 know知っている thatそれ she彼女 wasあった right?
では彼女は どうして自分が正しいと知っていたのでしょう?
03:55
Wellよく, she彼女 had持っていました aa fantastic素晴らしい modelモデル forために thinking考え.
彼女には「素晴らしい思考のモデル」がありました
03:58
She彼女 worked働いた with〜と aa statistician統計学者 named名前 Georgeジョージ Kneale膝元,
アリスの仕事相手の統計学者ジョージ・ニールは
04:02
andそして Georgeジョージ wasあった prettyかなり muchたくさん everythingすべて thatそれ Aliceアリス wasn'tなかった.
彼女とは正反対の人間でした
04:04
Soそう, Aliceアリス wasあった very非常に outgoing外に出る andそして sociable社交的,
アリスは外交的で社交的
04:06
andそして Georgeジョージ wasあった aa recluse世捨て人.
ジョージは隠遁者でした
04:09
Aliceアリス wasあった very非常に warm暖かい, very非常に empathetic感情的な with〜と her彼女 patients患者.
アリスは暖かく 患者の気持ちをよく理解しました
04:12
Georgeジョージ frankly率直に preferred好ましい numbers数字 to people.
ジョージは人よりも数字が好きでした
04:16
Butだけど he said前記 thisこの fantastic素晴らしい thingもの about their彼らの workingワーキング relationship関係.
彼は二人の仕事上の関係の素晴らしさに言及し
04:20
He said前記, "Myじぶんの jobジョブ is to prove証明する Drドクター. Stewartスチュワート wrong違う."
「私の仕事はスチュアート医師の間違いを証明すること」と言いました
04:24
He actively積極的に sought求められた disconfirmationdisconfirmation.
彼は積極的に不一致を探しました
04:30
Different異なる ways方法 of looking探している at〜で her彼女 modelsモデル,
別の視点から彼女のモデルや統計を検証し
04:34
at〜で her彼女 statistics統計, different異なる ways方法 of crunchingクランチング theその dataデータ
データの演算処理を別の方法で行い
04:36
in order注文 to disprove反証する her彼女.
彼女を反証しようとしました
04:39
He saw見た his jobジョブ asとして creating作成 conflict紛争 aroundまわり her彼女 theories理論.
彼は自分の仕事は対立を作り出すことだと心得ていました
04:42
Becauseなぜなら itそれ wasあった onlyのみ by〜によって notない beingであること ableできる to prove証明する
なぜなら アリスが「自分が正しい」と確信できる
04:48
thatそれ she彼女 wasあった wrong違う,
唯一の方法は
04:51
thatそれ Georgeジョージ couldできた give与える Aliceアリス theその confidence信頼 she彼女 needed必要な
「アリスは間違っている」とジョージが証明できない
04:54
to know知っている thatそれ she彼女 wasあった right.
ことだったからです
04:57
It'sそれは aa fantastic素晴らしい modelモデル of collaborationコラボレーション ---
これは素晴らしい共同作業のモデルです
05:00
thinking考え partnersパートナー who aren'tない echoエコー chambers部屋.
自分に同調しない思考のパートナー
05:04
I wonderワンダー howどうやって manyたくさんの of us米国 have持ってる,
私たちのうち どれほどの人がそのような協力者を
05:09
orまたは dareあえて to have持ってる, suchそのような collaborators協力者.
持つ いえ 持ちたいと思うでしょう
05:12
Aliceアリス andそして Georgeジョージ wereあった very非常に good良い at〜で conflict紛争.
アリスとジョージは対立が得意でした
05:19
They彼ら saw見た itそれ asとして thinking考え.
彼らは対立を思考と捉えていました
05:22
Soそう what doesする thatそれ kind種類 of constructive建設的 conflict紛争 require要求する?
では このような建設的な対立には何が必要なのでしょう?
05:26
Wellよく, first最初 of allすべて, itそれ requires要求する thatそれ we我々 find見つける people
まずはじめに 自分たちと全く違う
05:30
who are very非常に different異なる fromから ourselves自分自身.
人を見つけること
05:33
Thatそれ means手段 we我々 have持ってる to resistレジスト theその neurobiological神経生物学的 driveドライブ,
つまり 人間は自分に似た人物の方をより好むという
05:36
whichどの means手段 thatそれ we我々 really本当に prefer好む people mostly主に like好きな ourselves自分自身,
神経生物学的欲望に 抗わねばならず
05:40
andそして itそれ means手段 we我々 have持ってる to seekシーク outでる people
それは 異なった素性や規律
05:45
with〜と different異なる backgrounds背景, different異なる disciplines分野,
異なる思考パターンや経験を持つ
05:47
different異なる ways方法 of thinking考え andそして different異なる experience経験,
人を探し彼らと関わり合う方法を
05:49
andそして find見つける ways方法 to engage従事する with〜と themそれら.
見いだすことを意味します
05:53
Thatそれ requires要求する aa lotロット of patience忍耐 andそして aa lotロット of energyエネルギー.
それは 非常な忍耐とエネルギーを要します
05:57
Andそして theその moreもっと I've私は thought思想 about thisこの,
そして私は このことについて考えるにつけ
06:02
theその moreもっと I think思う, really本当に, thatそれ that'sそれは aa kind種類 of love.
それが愛のようなものに思えてならないのです
06:04
Becauseなぜなら you君は simply単に won't〜されません commitコミット thatそれ kind種類 of energyエネルギー
その人のことを気にしないのであれば それほど労力と時間を
06:09
andそして time時間 ifif you君は don'tしない really本当に careお手入れ.
割けるものでしょうか
06:12
Andそして itそれ alsoまた、 means手段 thatそれ we我々 have持ってる to be〜する prepared準備された to change変化する our我々の minds.
それは同時に 我々が考えを切り替える必要があることを意味している
06:17
Alice'sアリスの daughter told言った me
アリスの娘は私に言いました
06:21
thatそれ everyすべて time時間 Aliceアリス went行った head-to-head面と向かって with〜と aa fellow仲間 scientist科学者,
アリスは仲間の科学者と正面からぶつかるたびに
06:24
they彼ら made her彼女 think思う andそして think思う andそして think思う again再び.
彼らは彼女をひたすら考えに考えさせ続ける
06:27
"Myじぶんの mother," she彼女 said前記, "Myじぶんの mother didn'tしなかった enjoy楽しんで aa fight戦い,
「私の母は戦いが好きではありませんでした
06:31
butだけど she彼女 wasあった really本当に good良い at〜で themそれら."
得意でしたけれどもね」
06:35
Soそう it'sそれは one1 thingもの to do行う thatそれ in aa one-to-one1対1 relationship関係.
これは一対一のやり取りについての話です
06:40
Butだけど itそれ strikesストライク me thatそれ theその biggest最大 problems問題 we我々 face,
しかし 直面する大きな問題
06:44
manyたくさんの of theその biggest最大 disasters災害 thatそれ we've私たちは experienced経験豊富な,
つまり我々の経験する大惨事のほとんどは
06:47
mostly主に haven't持っていない come来る fromから individuals個人,
個人によってではなく
06:50
they've彼らは come来る fromから organizations組織,
ともすれば国よりも大きな
06:52
some一部 of themそれら biggerより大きい thanより countries,
あるいは何百 何千 何万もの命に
06:54
manyたくさんの of themそれら capable可能な of affecting影響 hundreds数百,
影響を与えうるような組織によって引き起こされているように
06:56
thousands, even偶数 millions何百万 of lives人生.
私には思われます
06:58
Soそう howどうやって do行う organizations組織 think思う?
では 組織はどのように思考しているのでしょうか?
07:02
Wellよく, forために theその most最も part, they彼ら don'tしない.
…ほとんどの場合 彼らは思考していません
07:07
Andそして thatそれ isn'tない becauseなぜなら they彼ら don'tしない want欲しいです to,
それは彼らが考えたくないからではなく
07:11
it'sそれは really本当に becauseなぜなら they彼ら can'tできない.
考えることができないからです
07:14
Andそして they彼ら can'tできない becauseなぜなら theその people inside内部 of themそれら
そして考えることが出来ないのは 内部の人間が
07:16
are tooあまりにも afraid恐れ of conflict紛争.
対立を忌避するからです
07:20
In surveysアンケート of Europeanヨーロッパ andそして Americanアメリカ人 executivesエグゼクティブ,
欧米の企業の重役を調査した結果
07:24
fully完全に 85 percentパーセント of themそれら acknowledged認められた
85%もが 仕事上提起したくない問題や
07:27
thatそれ they彼ら had持っていました issues問題 orまたは concerns心配 at〜で work作業
悩み事を抱えていることが
07:30
thatそれ they彼ら wereあった afraid恐れ to raise上げる.
わかりました
07:33
Afraid恐れ of theその conflict紛争 thatそれ thatそれ would〜する provoke誘惑する,
起こりうる対立への心配や
07:37
afraid恐れ to get取得する embroiled混乱した in arguments議論
どう処理すればいいかわからない
07:40
thatそれ they彼ら didした notない know知っている howどうやって to manage管理する,
議論へ巻き込まれることへの不安があり
07:42
andそして feltフェルト thatそれ they彼ら wereあった boundバウンド to lose失う.
彼らは敗北の気配を感じるのです
07:44
Eighty-five85 percentパーセント is aa really本当に big大きい number.
85%というのはとても大きい数字です
07:49
Itそれ means手段 thatそれ organizations組織 mostly主に can'tできない do行う
その数字は ジョージとアリスが成功裏に行っていたことが
07:55
what Georgeジョージ andそして Aliceアリス soそう triumphantly勝利を収めた didした.
組織には出来ないことを示しています
07:58
They彼ら can'tできない think思う together一緒に.
共に考えることが出来ないのです
08:00
Andそして itそれ means手段 thatそれ people like好きな manyたくさんの of us米国,
そしてそのことは 組織を運営し
08:05
who have持ってる run走る organizations組織,
最高の人材を探したことのある
08:07
andそして gone行った outでる of our我々の way方法 to tryお試しください to find見つける theその very非常に bestベスト people we我々 canできる,
我々のような人間が
08:09
mostly主に fail失敗します to get取得する theその bestベスト outでる of themそれら.
彼らから最大限のものを引き出せないことを意味します
08:13
Soそう howどうやって do行う we我々 develop開発する theその skillsスキル thatそれ we我々 need必要?
では そういったスキルはどうすれば身に付くのでしょう?
08:19
Becauseなぜなら itそれ doesする take取る skillスキル andそして practice練習, tooあまりにも.
そう それにもスキルと練習が必要なのです
08:22
Ifif we我々 aren'tない going行く to be〜する afraid恐れ of conflict紛争,
もし対立におびえることがなくなれば
08:26
we我々 have持ってる to see見る itそれ asとして thinking考え,
我々はむしろそれを思考と捉え
08:30
andそして then次に we我々 have持ってる to get取得する really本当に good良い at〜で itそれ.
対立による思考がもっと上手になるはずです
08:32
Soそう, recently最近, I worked働いた with〜と an executiveエグゼクティブ named名前 Joeジョー,
最近 私はジョーという役員と働いていました
08:36
andそして Joeジョー worked働いた forために aa medical医療 deviceデバイス company会社.
彼は医療機器の企業に勤めていました
08:41
Andそして Joeジョー wasあった very非常に worried心配している about theその deviceデバイス thatそれ he wasあった workingワーキング on.
ジョーは 自分の取り組んでいる機械を
非常に心配していました
08:44
He thought思想 thatそれ itそれ wasあった tooあまりにも complicated複雑な
彼はその機械が複雑すぎると考え
08:47
andそして he thought思想 thatそれ itsその complexity複雑
その複雑さから人を本当に傷つけうるような
08:50
created作成した margins余白 of errorエラー thatそれ couldできた really本当に hurt傷つける people.
誤差を生み出すのではないかと思いました
08:52
He wasあった afraid恐れ of doingやっている damage損傷 to theその patients患者 he wasあった trying試す to help助けて.
まさに自分が助けようとしている患者を痛めつけてしまうのではないか と
08:56
Butだけど whenいつ he looked見た aroundまわり his organization組織,
しかし 会社を見渡してみても
09:00
nobody誰も elseelse seemed見えた to be〜する at〜で allすべて worried心配している.
そんな心配をしている人は見当たりませんでした
09:03
Soそう, he didn'tしなかった really本当に want欲しいです to sayいう anything何でも.
だからこそ彼は 何も言い出せませんでした
09:07
After allすべて, maybe多分 they彼ら knew知っていた something何か he didn'tしなかった.
他の人は彼の知らないことを
09:10
Maybe多分 he'd彼は look見える stupid愚か.
知っていたのかもしれません
彼は愚か者に見えるかもしれません
09:12
Butだけど he kept保管 worrying心配する about itそれ,
それでも彼は心配し続け
09:14
andそして he worried心配している about itそれ soそう muchたくさん thatそれ he got持っている to theその pointポイント
心配するあまりに自分の愛する仕事を
09:17
whereどこで he thought思想 theその onlyのみ thingもの he couldできた do行う
辞めるしかないという考えにまで
09:20
wasあった leave離れる aa jobジョブ he loved愛された.
至ってしまいました
09:22
In theその end終わり, Joeジョー andそして I found見つけた aa way方法
最終的に ジョーと私は 彼の悩みを
09:26
forために him to raise上げる his concerns心配.
提起する方法を見つけました
09:30
Andそして what happened起こった then次に is what almostほぼ always常に
そこで起こったことは これと似たような状況において
09:32
happens起こる in thisこの situation状況.
常に起こるようなことでした
09:35
Itそれ turned回した outでる everybodyみんな had持っていました exactly正確に theその same同じ
つまり 全員が同じ疑問と心配を
09:36
questions質問 andそして doubts疑念.
抱いていたのです
09:39
Soそう now Joeジョー had持っていました allies同盟国. They彼ら couldできた think思う together一緒に.
こうして彼は仲間を得ました 
共に考えることが出来たのです
09:41
Andそして yesはい, thereそこ wasあった aa lotロット of conflict紛争 andそして debateディベート
もちろんそれは対立と議論にあふれ
09:45
andそして argument引数, butだけど thatそれ allowed許可された everyoneみんな aroundまわり theその table
討論が交わされましたが それは同時にそこにいる皆の
09:49
to be〜する creative創造的な, to solve解決する theその problem問題,
創造力を掻き立て 問題を解決し
09:53
andそして to change変化する theその deviceデバイス.
機械を改良させたのです
09:57
Joeジョー wasあった what aa lotロット of people mightかもしれない think思う of
ジョーは 言ってみれば告発者のような
10:01
asとして aa whistle-blowerホイッスルブロアー,
人間になりました
10:05
exceptを除いて thatそれ like好きな almostほぼ allすべて whistle-blowersホイッスルブロアー,
しかし普通の告発者とは違い
10:07
he wasn'tなかった aa crankクランク at〜で allすべて,
彼は風変わりではなく
10:10
he wasあった passionately情熱的に devoted献身的な to theその organization組織
むしろ組織に対して そして組織の
10:12
andそして theその higher高い purposes目的 thatそれ thatそれ organization組織 servedサービスされた.
高い目標に対して情熱的に貢献しました
10:15
Butだけど he had持っていました beenされている soそう afraid恐れ of conflict紛争,
もちろん彼は 対立を非常に嫌がっていました
10:19
until〜まで finally最後に he becameなりました moreもっと afraid恐れ of theその silence沈黙.
沈黙の方にもっと不安を抱くようになるまで
10:23
Andそして whenいつ he dared敢えて to speak話す,
そして 敢えて口にしたときには
10:28
he discovered発見された muchたくさん moreもっと inside内部 himself彼自身
自分の中にあるものや システムに貢献できることが
10:30
andそして muchたくさん moreもっと give与える in theその systemシステム thanより he had持っていました everこれまで imagined想像した.
想像していたよりもずっと大きいことに気付いたのです
10:33
Andそして his colleagues同僚 don'tしない think思う of him asとして aa crankクランク.
そして彼の同僚は彼を風変りだなどとは思っていません
10:38
They彼ら think思う of him asとして aa leaderリーダー.
むしろ彼をリーダーと認めています
10:42
Soそう, howどうやって do行う we我々 have持ってる theseこれら conversations会話 moreもっと easily簡単に
では どうすればこういった対話を
もっと簡単に もっと頻繁に
10:47
andそして moreもっと oftenしばしば?
できるのでしょう?
10:51
Wellよく, theその University大学 of Delftデルフト
デルフト工科大学はPhD(博士学位)を
10:53
requires要求する thatそれ itsその PhDphd students学生の
取得しようとする学生に
10:55
have持ってる to submit提出する five statementsステートメント thatそれ they're彼らは prepared準備された to defend守る.
自身で弁護する5つの声明を提出することを課しています
10:57
Itそれ doesn'tしない really本当に matter問題 what theその statementsステートメント are about,
実際内容はそれほど関係なく
11:01
what matters問題 is thatそれ theその candidates候補者 are willing喜んで andそして ableできる
むしろ大事なのは 学生の権威に立ち向かう意欲と
11:05
to standスタンド upアップ to authority権限.
能力です
11:08
I think思う it'sそれは aa fantastic素晴らしい systemシステム,
私はこれは素晴らしいシステムだと思います
11:11
butだけど I think思う leaving去る itそれ to PhDphd candidates候補者
しかし PhDの候補生のみが対象というのは
11:13
is far遠い tooあまりにも few少数 people, andそして way方法 tooあまりにも late遅く in life生活.
少なすぎるし 年齢的に遅すぎるのではないでしょうか
11:16
I think思う we我々 need必要 to be〜する teaching教える theseこれら skillsスキル
我々はこういった技能を 全ての年齢における
11:20
to kids子供たち andそして adults大人 at〜で everyすべて stageステージ of their彼らの development開発,
子供や青年に教えるべきではないでしょうか
11:23
ifif we我々 want欲しいです to have持ってる thinking考え organizations組織
もし我々が「考える組織」や
11:28
andそして aa thinking考え society社会.
「考える社会」を望むのならば
11:30
Theその fact事実 is thatそれ most最も of theその biggest最大 catastrophes惨事 thatそれ we've私たちは witnessed目撃した
事実 我々が目撃してきた大惨事というのは
11:34
rarelyまれに come来る fromから information情報 thatそれ is secret秘密 orまたは hidden隠された.
情報が隠されたことが原因ではありません
11:39
Itそれ comes来る fromから information情報 thatそれ is freely自由に available利用可能な andそして outでる thereそこ,
情報が公開され 自由に取得できるのにもかかわらず
11:46
butだけど thatそれ we我々 are willfully故意に blindブラインド to,
その情報が生まれる対立を処理できない
11:50
becauseなぜなら we我々 can'tできない handleハンドル, don'tしない want欲しいです to handleハンドル,
処理したくないと 我々が意識的に目をそむけたことに
11:52
theその conflict紛争 thatそれ itそれ provokes挑発する.
よるのです
11:55
Butだけど whenいつ we我々 dareあえて to breakブレーク thatそれ silence沈黙,
しかしもし思い切ってその沈黙を破れば
12:00
orまたは whenいつ we我々 dareあえて to see見る,
そして思い切って見
12:03
andそして we我々 create作成する conflict紛争,
思い切って対立すれば
12:05
we我々 enable有効にする ourselves自分自身 andそして theその people aroundまわり us米国
自分たちや周囲の人間に
12:08
to do行う our我々の very非常に bestベスト thinking考え.
最高の思考をさせられるのです
12:10
Open開いた information情報 is fantastic素晴らしい,
情報の公開は素晴らしいし
12:15
open開いた networksネットワーク are essential本質的な.
ネットワークの公開も不可欠です
12:18
Butだけど theその truth真実 won't〜されません setセット us米国 free無料
しかし 対立の技能
12:21
until〜まで we我々 develop開発する theその skillsスキル andそして theその habit習慣 andそして theその talent才能
習慣 才能や それを使うマナーを身に着けない限り
12:23
andそして theその moral道徳 courage勇気 to useつかいます itそれ.
我々は問題を解決できません
12:27
Openness開放性 isn'tない theその end終わり.
公開性は終わりではなく
12:31
It'sそれは theその beginning始まり.
始まりなのです
12:35
(Applause拍手)
(拍手)
12:37
Translated by Yohei Komatsuzaki
Reviewed by Kayo Mizutani

▲Back to top

About the speaker:

Margaret Heffernan - Management thinker
The former CEO of five businesses, Margaret Heffernan explores the all-too-human thought patterns -- like conflict avoidance and selective blindness -- that lead organizations and managers astray.

Why you should listen

How do organizations think? In her book Willful Blindness, Margaret Heffernan examines why businesses and the people who run them often ignore the obvious -- with consequences as dire as the global financial crisis and Fukushima Daiichi nuclear disaster.

Heffernan began her career in television production, building a track record at the BBC before going on to run the film and television producer trade association IPPA. In the US, Heffernan became a serial entrepreneur and CEO in the wild early days of web business. She now blogs for the Huffington Post and BNET.com. Her latest book, Beyond Measure, a TED Books original, explores the small steps companies can make that lead to big changes in their culture.

More profile about the speaker
Margaret Heffernan | Speaker | TED.com