English-Video.net comment policy

The comment field is common to all languages

Let's write in your language and use "Google Translate" together

Please refer to informative community guidelines on TED.com

TEDxWomen 2012

iO Tillett Wright: Fifty shades of gay

アイオ・ティレット・ライト: 『フィフティ・シェイズ・オブ・“ゲイ”』

Filmed
Views 2,701,197

写真家のアイオ・ティレット・ライトは自分がLGBTQ(レズビアン・ゲイ・バイセクシャル・トランスジェンダー・ジェンダークィア)だと認識している2,000人の写真を取りました。その際「自分がどれだけゲイかパーセントで言えますか」との質問しました。その結果、ほとんどの人は100%ゲイでもなく100%ストレート(異性愛者)でもなく「どっちつかずの領域」に属していることがわかりました。これは差別の問題に根本的な問題を提示します-どこに境界線を引きますか? (TEDxWomenで撮影)

- Photographer
As a child actor, iO Tillett Wright turned his shoes around in the bathroom stall so that people would think he was a boy. As a teenager, he fell in love with both women and men. His life in the gray areas of gender and sexuality deeply inform his work as an artist. Full bio

Human人間 beings存在 start開始 puttingパッティング each otherその他 into boxesボックス
人は初めて出会った瞬間から
00:16
theその second二番 thatそれ they彼ら see見る each otherその他 ---
お互いを分類しています
00:19
Is thatそれ person dangerous危険な? Are they彼ら attractive魅力的?
「この人はあぶないか 魅力的か」
00:20
Are they彼ら aa potential潜在的な mateメイト? Are they彼ら aa potential潜在的な networkingネットワーキング opportunity機会?
「将来の恋人や人脈になりえるか」
00:23
We我々 do行う thisこの little少し interrogation尋問 whenいつ we我々 meet会う people
私たちは頭の中に 出会った人の履歴書を
作ろうと尋問を始めます
00:27
to make作る aa mental精神的な resume履歴書 forために themそれら.
私たちは頭の中に 出会った人の履歴書を
作ろうと尋問を始めます
00:29
What's何ですか yourきみの name? Whereどこで are you君は fromから?
「お名前は」「出身は」
00:31
Howどうやって old古い are you君は? What do行う you君は do行う?
「何歳ですか」「お仕事は」
00:33
Then次に we我々 get取得する moreもっと personal個人的 with〜と itそれ.
そしてどんどん個人的な質問になります
00:36
Have持ってる you君は everこれまで had持っていました anyどれか diseases病気?
「性病にかかったことがありますか」
00:39
Have持ってる you君は everこれまで beenされている divorced離婚した?
「離婚したことがありますか」
00:42
Doesする yourきみの breath呼吸 smell臭い bad悪い whilewhile you'reあなたは answering答える myじぶんの interrogation尋問 right now?
答えている間にも
息が臭いかどうか判断したり
00:44
What are you君は into? Who are you君は into?
「趣味は」「好きな有名人は」
00:48
What gender性別 do行う you君は like好きな to sleep睡眠 with〜と?
「男性と女性 どちらが好きか」
00:49
I get取得する itそれ.
これは仕方ないです
00:51
We我々 are neurologically神経学的に hardwiredハードワイヤード
私たちは同類の人を
探し求めるようにできています
00:54
to seekシーク outでる people like好きな ourselves自分自身.
私たちは同類の人を
探し求めるようにできています
00:55
We我々 start開始 formingフォーミング cliquesクリーク asとして soonすぐに asとして we're私たちは old古い enough十分な
受け入れられるという感覚を
感じるようになれば 派閥をつくります
00:58
to know知っている what acceptance受け入れ feels感じる like好きな.
受け入れられるという感覚を
感じるようになれば 派閥をつくります
01:00
We我々 bondボンド together一緒に basedベース on anything何でも thatそれ we我々 canできる ---
同じ音楽の趣味 人種
01:02
music音楽 preference好み, raceレース, gender性別, theその blockブロック thatそれ we我々 grew成長しました upアップ on.
性別等の共通点から
人と人とのつながりを持とうとします
01:04
We我々 seekシーク outでる environments環境 thatそれ reinforce強化する our我々の personal個人的 choices選択肢.
自分の決めたことが肯定される場所を
探しているのです
01:10
Sometimes時々, thoughしかし, justちょうど theその question質問 "what do行う you君は do行う?"
でも たまに 「お仕事は?」という問いが
01:17
canできる feel感じる like好きな somebody's誰かの opening開ける aa tiny小さな little少し boxボックス
小さい箱に自分を押しこめ
と言っているように感じます
01:19
andそして asking尋ねる you君は to squeeze絞る yourselfあなた自身 inside内部 of itそれ.
小さい箱に自分を押しこめ
と言っているように感じます
01:21
Becauseなぜなら theその categoriesカテゴリ, I've私は found見つけた, are tooあまりにも limiting制限する.
なぜなら 分類するということは
制限するということです
01:23
Theその boxesボックス are tooあまりにも narrow狭い.
箱は小さすぎて 場合によって
01:26
Andそして thisこの canできる get取得する really本当に dangerous危険な.
危険になる可能性があります
01:28
Soそう here'sここにいる aa disclaimer免責条項 about me, thoughしかし,
この問題について深く話す前に
私の話を少しだけします
01:30
before we我々 get取得する tooあまりにも deep深い into thisこの.
この問題について深く話す前に
私の話を少しだけします
01:32
I grew成長しました upアップ in aa very非常に sheltered隠された environment環境.
私は過保護な環境で育ちました
01:34
I wasあった raised育った in downtownダウンタウン Manhattanマンハッタン in theその early早い 1980ss,
私が育ったのは
1980年代 マンハッタンのダウンタウン
01:37
two blocksブロック fromから theその epicenter震央 of punkパンク music音楽.
パンク音楽の中心から
たった2ブロック離れた場所です
01:40
I wasあった shieldedシールドされた fromから theその pains痛み of bigotry偏見
宗教による偏見や
01:44
andそして theその socialソーシャル restrictions制限 of aa religiously-based宗教的な upbringing育成.
社会的制約の
痛みから守られてきました
01:46
Whereどこで I come来る fromから, ifif you君は weren'tなかった aa dragドラッグ queen女王 orまたは aa radicalラジカル thinker思想家
そこでは 過激思想 女装趣味の持ち主
もしくは
01:51
orまたは aa performanceパフォーマンス artistアーティスト of some一部 kind種類,
何らかの大道芸人でなければ
01:54
you君は wereあった theその weirdo奇妙な.
変人でした
01:56
(Laughter笑い)
(笑)
01:58
Itそれ wasあった an unorthodox正統 upbringing育成,
変わった生い立ちですよね
01:59
butだけど asとして aa kidキッド on theその streets通り of New新しい Yorkヨーク,
ただ ニューヨークで育った子供として
02:01
you君は learn学ぶ howどうやって to trust信頼 yourきみの own自分の instincts本能,
自分の本能を信じること
02:04
you君は learn学ぶ howどうやって to go行く with〜と yourきみの own自分の ideasアイデア.
自分の考えをやり遂げることを学びました
02:06
Soそう whenいつ I wasあった six6, I decided決定しました thatそれ I wanted欲しい to be〜する aa boy男の子.
なので 私は6歳の時
男の子になると決めました
02:09
I went行った to school学校 one1 day andそして theその kids子供たち wouldn'tしないだろう let〜する me play遊びます basketballバスケットボール with〜と themそれら.
ある日学校で 男の子たちが言ったのです
「女の子にはバスケットボールをさせないと」
02:12
They彼ら said前記 they彼ら wouldn'tしないだろう let〜する girls女の子 play遊びます.
ある日学校で 男の子たちが言ったのです
「女の子にはバスケットボールをさせないと」
02:16
Soそう I went行った home自宅, andそして I shaved剃られた myじぶんの head,
そこで家に帰り 髪を剃り
02:17
andそして I came来た backバック theその next day andそして I said前記, "I'm私は aa boy男の子."
次の日学校で 「私は男の子だよ」
と言いました
02:18
I mean平均, who knows知っている, right?
だれもわかりませんよね?
02:21
Whenいつ you'reあなたは six6, maybe多分 you君は canできる do行う thatそれ.
6歳には可能なんです
02:22
I didn'tしなかった want欲しいです anyone誰でも to know知っている thatそれ I wasあった aa girl女の子, andそして they彼ら didn'tしなかった.
私は皆に女の子だと知られたくなかった
それは成功して
02:26
I kept保管 upアップ theその charadeシャレード forために eight8 years.
私は8年間男の子として生活しました
02:30
Soそう thisこの is me whenいつ I wasあった 11.
これが11歳の私です
02:32
I wasあった playing遊ぶ aa kidキッド named名前 Walterウォルター
映画『ジュリアン・ポーの涙』で
ウォルターという男の子を演じてました
02:36
in aa movie映画 calledと呼ばれる "Julianジュリアン Poポー."
映画『ジュリアン・ポーの涙』で
ウォルターという男の子を演じてました
02:38
I wasあった aa little少し street通り toughタフ thatそれ followed続く Christianキリスト教の Slaterスレイター aroundまわり andそして badgered悪い him.
クリスチャン・スレーターにくっついて
困らせていたガキです
02:40
See見る, I wasあった alsoまた、 aa child actor俳優,
この子役の経験がさらに男の子としての
アイデンティティーを強くしました
02:43
whichどの doubled倍増 upアップ theその layers of theその performanceパフォーマンス of myじぶんの identity身元,
この子役の経験がさらに男の子としての
アイデンティティーを強くしました
02:45
becauseなぜなら noいいえ one1 knew知っていた thatそれ I wasあった actually実際に aa girl女の子 really本当に playing遊ぶ aa boy男の子.
だれも女の子が男の子の役を
演じていると知らなかったのです
02:48
In fact事実, noいいえ one1 in myじぶんの life生活 knew知っていた thatそれ I wasあった aa girl女の子 ---
さらに言えば 私の周りの人たち
例えば 先生
02:54
notない myじぶんの teachers教師 at〜で school学校, notない myじぶんの friends友達,
そして友達 一緒に働いた映画監督でさえ
私が女の子だと知りませんでした
02:57
notない theその directors取締役 thatそれ I worked働いた with〜と.
そして友達 一緒に働いた映画監督でさえ
私が女の子だと知りませんでした
03:00
Kids子供たち would〜する oftenしばしば come来る upアップ to me in classクラス
教室では同級生が私に近付き
喉仏を確認するため喉をつかんだり
03:02
andそして grabつかむ me by〜によって theその throat to checkチェック forために an Adam'sアダムズ apple林檎
教室では同級生が私に近付き
喉仏を確認するため喉をつかんだり
03:04
orまたは grabつかむ myじぶんの crotch to checkチェック what I wasあった workingワーキング with〜と.
股をつかんで何があるかを
確認してきました
03:06
Whenいつ I would〜する go行く to theその bathroomバスルーム, I would〜する turn順番 myじぶんの shoes aroundまわり in theその stalls屋台
トイレの個室では
靴を180度回転して
03:09
soそう thatそれ itそれ looked見た like好きな I wasあった peeingおしっこ standing立っている upアップ.
立って使っているように見せました
03:12
At〜で sleepovers眠る I would〜する have持ってる panicパニック attacks攻撃
お泊り会では 女の子たちに
03:14
trying試す to breakブレーク itそれ to girls女の子 thatそれ they彼ら didn'tしなかった want欲しいです to kissキッス me
カミングアウトせずに キスさせない方法を
考えて不安になっていました
03:16
withoutなし outing外出 myself私自身.
カミングアウトせずに キスさせない方法を
考えて不安になっていました
03:19
It'sそれは worth価値 mentioning言及 thoughしかし
しかし はっきりいいますが
03:20
thatそれ I didn'tしなかった hate嫌い myじぶんの body orまたは myじぶんの genitalia生殖器.
私は自分の体や性別を
嫌っていませんでした
03:23
I didn'tしなかった feel感じる like好きな I wasあった in theその wrong違う body.
間違った体だとは感じず
入念に演技をしている感覚でした
03:26
I feltフェルト like好きな I wasあった performing実行する thisこの elaborate精巧な act行為.
間違った体だとは感じず
入念に演技をしている感覚でした
03:28
I wouldn'tしないだろう have持ってる qualified修飾された asとして transgenderトランスジェンダー.
なのでトランス・ジェンダーには
当てはまりません
03:30
Ifif myじぶんの family家族, thoughしかし, had持っていました beenされている theその kind種類 of people to believe信じる in therapy治療,
しかし もし私の家族が
セラピーなどを真に受ける人でしたら
03:34
they彼ら probably多分 would〜する have持ってる diagnosed診断された me
しかし もし私の家族が
セラピーなどを真に受ける人でしたら
03:36
asとして something何か like好きな gender性別 dysmorphic異形
私を性同一性障害とみなし ホルモン治療を施し
私は思春期を迎えなかったかもしれません
03:38
andそして put置く me on hormonesホルモン to stave溜まる offオフ puberty思春期.
私を性同一性障害とみなし ホルモン治療を施し
私は思春期を迎えなかったかもしれません
03:40
Butだけど in myじぶんの particular特に case場合,
でも私の場合 14歳のある朝
また女の子になることを決断しました
03:42
I justちょうど woke目が覚めた upアップ one1 day whenいつ I wasあった 14,
でも私の場合 14歳のある朝
また女の子になることを決断しました
03:43
andそして I decided決定しました thatそれ I wanted欲しい to be〜する aa girl女の子 again再び.
でも私の場合 14歳のある朝
また女の子になることを決断しました
03:45
Puberty思春期 had持っていました hitヒット, andそして I had持っていました noいいえ ideaアイディア what beingであること aa girl女の子 meant意味した,
思春期に達し
女であることはどういうことか
03:47
andそして I wasあった ready準備完了 to figure数字 outでる who I actually実際に wasあった.
見当もつきませんでしたが
本当の私を探す準備はできました
03:50
Whenいつ aa kidキッド behaves動作する like好きな I didした,
子供が私のようにふるまった場合
03:54
they彼ら don'tしない exactly正確に have持ってる to come来る outでる, right?
カミングアウトは必要ないですよね?
03:56
Noいいえ one1 is exactly正確に shockedショックを受けた.
誰もびっくりしません
03:58
(Laughter笑い)
(笑)
04:00
Butだけど I wasn'tなかった asked尋ねた to define定義する myself私自身 by〜によって myじぶんの parents.
私は親に同性愛者なのか違うのかはっきりしなさい
と言われたことはありませんでした
04:04
Whenいつ I wasあった 15, andそして I calledと呼ばれる myじぶんの fatherお父さん
私は親に同性愛者なのか違うのかはっきりしなさい
と言われたことはありませんでした
04:09
to telltell him thatそれ I had持っていました fallen倒れた in love,
15歳の時 父に
恋をした と伝えました
04:11
itそれ wasあった theその last最終 thingもの on eitherどちらか of our我々の minds
初恋の人が女性であり
それが何を意味するかは
04:12
to discuss話し合います what theその consequences結果 wereあった
初恋の人が女性であり
それが何を意味するかは
04:15
of theその fact事実 thatそれ myじぶんの first最初 love wasあった aa girl女の子.
私たちにとって重要ではありませんでした
04:16
Three years later後で, whenいつ I fell落ちた in love with〜と aa manおとこ,
3年後に男性と恋に落ちても
04:19
neitherどちらも of myじぶんの parents batted打撃 an eyelashまつげ eitherどちらか.
両親は瞬きすらしませんでした
04:21
See見る, it'sそれは one1 of theその greatすばらしいです blessings祝福 of myじぶんの very非常に unorthodox正統 childhood子供時代
自分が何者か規定する必要がなかったのは
私の変わった生い立ちの
04:23
thatそれ I wasn'tなかった everこれまで asked尋ねた to define定義する myself私自身
自分が何者か規定する必要がなかったのは
私の変わった生い立ちの
04:27
asとして anyどれか one1 thingもの at〜で anyどれか pointポイント.
大きな幸運の一つです
04:29
I wasあった justちょうど allowed許可された to be〜する me, growing成長する andそして changing変化 in everyすべて moment瞬間.
私は成長とともに変わっても
ありのままでいられました
04:31
Soそう four4つの, almostほぼ five years ago,
さて4年か5年前ぐらいから
04:35
Proposition命題 8, theその greatすばらしいです marriage結婚 equality平等 debateディベート,
住民投票事項8番
同性婚の権利の平等化に関する議論が
04:38
wasあった raising募集 aa lotロット of dustほこり aroundまわり thisこの country.
国内で大きくなっていました
04:41
Andそして at〜で theその time時間, getting取得 married既婚 wasn'tなかった really本当に something何か
その時 結婚に関して
あまり考えていませんでしたが
04:43
I spent過ごした aa lotロット of time時間 thinking考え about.
その時 結婚に関して
あまり考えていませんでしたが
04:46
Butだけど I wasあった struck打たれた by〜によって theその fact事実 thatそれ Americaアメリカ,
差別という汚れた歴史を持つアメリカが
同じ過ちを繰り返そうとしていることに
04:47
aa country with〜と suchそのような aa tarnished変色した civil市民 rights権利 record記録,
差別という汚れた歴史を持つアメリカが
同じ過ちを繰り返そうとしていることに
04:50
couldできた be〜する repeating繰り返す itsその mistakes間違い soそう blatantlyむちゃくちゃ.
衝撃を受けました
04:52
Andそして I remember思い出す watching見ている theその discussion討論 on televisionテレビ
討論をテレビで見て
興味深かったのは
04:55
andそして thinking考え howどうやって interesting面白い itそれ wasあった
討論をテレビで見て
興味深かったのは
04:57
thatそれ theその separation分離 of church教会 andそして state状態
住む人が政教分離を信じるか信じないか
04:58
wasあった essentially基本的に drawingお絵かき geographical地理的 boundaries境界 throughout全体を通して thisこの country,
それによってこの国に
05:01
betweenの間に places場所 whereどこで people believed信じる in itそれ
境界線が引かれていたことです
05:05
andそして places場所 whereどこで people didn'tしなかった.
境界線が引かれていたことです
05:07
Andそして then次に, thatそれ thisこの discussion討論 wasあった drawingお絵かき geographical地理的 boundaries境界 aroundまわり me.
そしてその議論は
私の周りに境界線を作り始めました
05:08
Ifif thisこの wasあった aa war戦争 with〜と two disparate異なる sides両側,
これが二者間の戦争であれば 私は
自動的にチーム同性愛者に入れられます
05:15
I, by〜によって defaultデフォルト, fell落ちた on teamチーム gay同性愛者,
これが二者間の戦争であれば 私は
自動的にチーム同性愛者に入れられます
05:18
becauseなぜなら I certainly確かに wasn'tなかった 100 percentパーセント straightまっすぐ.
私は完全な異性愛者じゃないからです
05:21
At〜で theその time時間 I wasあった justちょうど beginning始まり to emerge出現する
その時の私は 8年間の
05:24
fromから thisこの eight-year8年 personal個人的 identity身元 crisis危機 zigzagジグザグ
紆余曲折を経たアイデンティティ・クライシス
05:27
thatそれ saw見た me go行く fromから beingであること aa boy男の子
つまり男の子に始まり
男の子に見える女の子になり
05:31
to beingであること thisこの awkward厄介な girl女の子 thatそれ looked見た like好きな aa boy男の子 in girl's女の子 clothes
つまり男の子に始まり
男の子に見える女の子になり
05:33
to theその opposite反対の extreme極端な of thisこの superスーパー skimpy不気味な,
その正反対に位置する 男に尽くしすぎる
女の子らしい女の子になっていたのを
05:36
over-compensating過補償, boy-chasing男の子を追う girly-girl女の子
その正反対に位置する 男に尽くしすぎる
女の子らしい女の子になっていたのを
05:39
to finally最後に justちょうど aa hesitant躊躇する exploration探査 of what I actually実際に wasあった,
乗り越えて ためらいながらも
本当の自分を探し始めたところでした
05:41
aa tomboyishおとぎ話 girl女の子
それは人によって男性でも女性でも
好きになるおてんば娘でした
05:45
who liked好き bothどちらも boys男の子 andそして girls女の子 depending依存する on theその person.
それは人によって男性でも女性でも
好きになるおてんば娘でした
05:48
I had持っていました spent過ごした aa year photographing撮影 thisこの new新しい generation世代 of girls女の子, muchたくさん like好きな myself私自身,
1年間 私のような 新世代の
どちら側にも属していないと感じる
05:51
who fell落ちた kind種類 of between-the-linesライン間 ---
女性の写真を撮っていました
05:56
girls女の子 who skateboardedスケートボード付き butだけど didした itそれ in lacyレース underwear下着,
レースの下着を着ながら
スケートボードを楽しんだり
05:58
girls女の子 who had持っていました boys'男の子たちは、 haircutsヘアカット butだけど wore着て girlyガーリー nailネイル polish研磨,
男性の髪型に
かわいいネールをする女性
06:01
girls女の子 who had持っていました eyeshadowアイシャドウ to match一致 their彼らの scraped削られた knees,
擦りむいた膝に似合うように
アイシャドーをつけたり
06:05
girls女の子 who liked好き girls女の子 andそして boys男の子 who allすべて liked好き boys男の子 andそして girls女の子
女の子が好きな女の子や
女の子も男の子も好きな男の子
06:08
who allすべて hated嫌いな beingであること boxed箱入り in to anything何でも.
皆 何かに縛られるのが嫌いです
06:11
I loved愛された theseこれら people, andそして I admired賞賛された their彼らの freedom自由,
彼らが好きで 彼らの持っている自由を
尊重していました
06:13
butだけど I watched見た asとして theその world世界 outside外側 of our我々の utopianユートピア bubbleバブル
しかし 私たちが存在しないところで
06:17
exploded爆発した into theseこれら raging激怒する debates議論
爆発的な議論が巻き起こり
06:20
whereどこで pundits専門家 started開始した likening似ている our我々の love to bestiality獣姦 on national全国 televisionテレビ.
評論家たちが私たちの愛と
動物の愛を比べるのを見たとき
06:22
Andそして thisこの powerful強力な awareness意識 rolledロールした in over以上 me
私の一面だけを切り取り 私が少数派だと
私の母国が決めつけていることに
06:27
thatそれ I wasあった aa minority少数, andそして in myじぶんの own自分の home自宅 country,
私の一面だけを切り取り 私が少数派だと
私の母国が決めつけていることに
06:30
basedベース on one1 facetファセット of myじぶんの characterキャラクター.
強い危機感を感じました
06:35
I wasあった legally法的に andそして indisputably間違いなく aa second-classセカンドクラス citizen市民.
私は法律的に 明確に
「準」国民でした
06:38
I wasあった notない an activist活動家.
活動家でもなく
06:43
I wave noいいえ flagsフラグ in myじぶんの own自分の life生活.
旗振り役もしたことがありませんでしたが
06:45
Butだけど I wasあった plagued苦しんだ by〜によって thisこの question質問:
次の疑問に憑りつかれました
06:47
Howどうやって couldできた anyone誰でも vote投票 to stripストリップ theその rights権利
私が知っている人達の一面を切り取り
06:49
of theその vast広大 variety品種 of people thatそれ I knew知っていた
権利を奪うようなことに
06:52
basedベース on one1 element素子 of their彼らの characterキャラクター?
投票する権利が誰にあるのか?
06:55
Howどうやって couldできた they彼ら sayいう thatそれ we我々 asとして aa groupグループ
何を持って 私たちのグループが平等な
権利を得るのに値しないと言うのでしょうか?
06:58
wereあった notない deserving〜に値する of equal等しい rights権利 asとして somebody誰か elseelse?
何を持って 私たちのグループが平等な
権利を得るのに値しないと言うのでしょうか?
07:00
Wereあった we我々 even偶数 aa groupグループ? What groupグループ?
そもそも私たちはグループなのか?
何のグループなのか?
07:02
Andそして had持っていました theseこれら people everこれまで even偶数 consciously意識的に met会った aa victim犠牲者 of their彼らの discrimination差別?
彼らは差別の被害者と
会ったことすらないのではないか?
07:05
Didした they彼ら know知っている who they彼ら wereあった voting投票 againstに対して andそして what theその impact影響 wasあった?
誰に対して どんな影響があるか
知りながら投票しているのか?
07:09
Andそして then次に itそれ occurred発生した to me,
そして はっと気がつきました
07:13
perhapsおそらく ifif they彼ら couldできた look見える into theその eyes
もし 皆が 「準」国民と
07:15
of theその people thatそれ they彼ら wereあった casting鋳造 into second-classセカンドクラス citizenship市民権
分類している人々の 目を深く見れば
投票しづらくなるのではないかと
07:17
itそれ mightかもしれない make作る itそれ harderもっと強く forために themそれら to do行う.
分類している人々の 目を深く見れば
投票しづらくなるのではないかと
07:21
Itそれ mightかもしれない give与える themそれら pause一時停止する.
投票を躊躇するかもしれないと
07:23
Obviously明らかに I couldn'tできなかった get取得する 20 million百万 people to theその same同じ dinnerディナー partyパーティー,
もちろん2千万人を集めて
パーティーを開くのは不可能です
07:25
soそう I figured思った outでる aa way方法 whereどこで I couldできた introduce紹介する themそれら to each otherその他 photographically写真的に
そこで写真を通じて
お互いを紹介しようと思いました
07:30
withoutなし anyどれか artifice工芸品, withoutなし anyどれか lighting点灯,
照明も使わず 編集もせず
07:35
orまたは withoutなし anyどれか manipulation操作 of anyどれか kind種類 on myじぶんの part.
何一つ私が手を加えない
写真を使って
07:38
Becauseなぜなら in aa photograph写真 you君は canできる examine調べる aa lion'sライオンズ whiskersウィスカー
写真では ライオンに噛み付かれる
心配もなく顔を観察できます
07:41
withoutなし theその fear恐れ of him rippingリッピング yourきみの face offオフ.
写真では ライオンに噛み付かれる
心配もなく顔を観察できます
07:44
Forために me, photography写真 is notない justちょうど about exposing露出 film,
私にとって 写真撮影とは
写真を見せるだけではなく
07:46
it'sそれは about exposing露出 theその viewerビューア
写真を見た人に 新しい何か
07:50
to something何か new新しい, aa place場所 they彼ら haven't持っていない gone行った before,
例えば 行ったことのない場所
07:52
butだけど most最も importantly重要なこと, to people thatそれ they彼ら mightかもしれない be〜する afraid恐れ of.
そして何より 知らずに恐れていた人々
に触れさせるものです
07:54
Life生活 magazineマガジン introduced導入された generations世代 of people
雑誌『ライフ』は写真を通して
07:57
to distant遠い, far-off大きく外れて cultures文化 they彼ら never決して knew知っていた existed存在した throughを通して picturesピクチャー.
多くの人たちに 遠く離れた
文化を紹介してきました
07:59
Soそう I decided決定しました to make作る aa seriesシリーズ of very非常に simple単純 portraits肖像画,
それで私は単純な顔写真を
シリーズにすることにしました
08:03
mugshotsマグショット ifif you君は will意志.
マグショット集です
08:09
Andそして I basically基本的に decided決定しました to photograph写真 anyone誰でも in thisこの country
つまり この国の
100%異性愛者でない人たちの
08:11
thatそれ wasあった notない 100 percentパーセント straightまっすぐ,
写真を撮って回ることにしたのです
08:15
whichどの, ifif you君は don'tしない know知っている, is aa limitless無限 number of people.
実は いくらでもそういう人がいるんですよ
08:17
(Laughter笑い)
(笑)
08:20
Soそう thisこの wasあった aa very非常に large undertaking引き受ける,
これは大変なプロジェクトで 完成するには
08:23
andそして to do行う itそれ we我々 needed必要な some一部 help助けて.
人々の助けが必要でした
08:25
Soそう I ran走った outでる in theその freezing凍結 coldコールド,
2年前の2月 私は すごい寒い中
08:27
andそして I photographed撮影した everyすべて singleシングル person thatそれ I knew知っていた thatそれ I couldできた get取得する to
心当たりのある人たち全員の
08:30
in February2月 of about two years ago.
写真を撮るために奔走しました
そしてそれらの写真を携え
08:33
Andそして I took取った thoseそれら photographs写真, andそして I went行った to theその HRChrc andそして I asked尋ねた themそれら forために some一部 help助けて.
HRC(国連人権委員会)に支援を求め
ニューヨークでの
08:37
Andそして they彼ら funded資金提供 two weeks of shooting射撃 in New新しい Yorkヨーク.
2週間におよぶ撮影会の
資金が提供されました
08:41
Andそして then次に we我々 made thisこの.
そして このようなものが出来上がりました
08:43
(Music音楽)
(音楽)
08:46
Videoビデオ: I'm私は iOio Tillettティレット Wrightライト, andそして I'm私は an artistアーティスト bornうまれた andそして raised育った in New新しい Yorkヨーク Cityシティ.
ニューヨークで生まれ育った
アーティストのアイオ・ティレット・ライトです
08:59
(Music音楽)
(音楽)
09:03
Self自己 Evident明らか Truths真実 is aa photographic写真 record記録 of LGBTQlgbtq Americaアメリカ today今日.
「自明の真実」はアメリカの
LGBTQ達の写真ドキュメンタリーです
09:16
Myじぶんの aim目的 is to take取る aa simple単純 portraitポートレート
「自明の真実」はアメリカの
LGBTQ達の写真ドキュメンタリーです
09:21
of anyone誰でも who'sだれの anything何でも otherその他 thanより 100 percentパーセント straightまっすぐ
100%異性愛者ではなく 何らかの形で
09:23
orまたは feels感じる like好きな they彼ら fall in theその LGBTQlgbtq spectrumスペクトラム in anyどれか way方法.
LGBTQに属すると考えている人たちの
単純な肖像を撮りました
09:25
Myじぶんの goalゴール is to showショー theその humanity人類 thatそれ exists存在する in everyすべて one1 of us米国
これらの単純な顔写真を通して
彼ら一人一人の
09:30
throughを通して theその simplicity単純さ of aa face.
人間性に触れてほしいと思っています
09:33
(Music音楽)
(音楽)
09:36
"We我々 holdホールド theseこれら truths真実 to be〜する self-evident自明 thatそれ allすべて men男性 are created作成した equal等しい."
「われわれは 以下の事実を自明のことと信じる
すなわち すべての人間は生まれながらにして平等である」
09:38
It'sそれは written書かれた in theその Declaration宣言 of Independence独立.
「われわれは 以下の事実を自明のことと信じる
すなわち すべての人間は生まれながらにして平等である」
09:41
We我々 are failing失敗する asとして aa nation国家
独立宣言に書かれた この国家の礎を
私たちは守っていません
09:44
to uphold維持する theその morals道徳 upon〜に whichどの we我々 wereあった founded設立.
独立宣言に書かれた この国家の礎を
私たちは守っていません
09:45
Thereそこ is noいいえ equality平等 in theその Unitedユナイテッド States.
アメリカには平等がぜんぜんありません
09:47
["What doesする equality平等 mean平均 to you君は?"]
[ あなたにとって 平等とは何か?]
09:49
["Marriage結婚"] ["Freedom自由"] ["Civil市民 rights権利"]
[ 結婚、自由、人権 ]
09:52
["Treat治療する everyすべて person asとして you'dあなたは treat治療する yourselfあなた自身"]
[ 自分と同じように他人をあつかうこと ]
09:53
It'sそれは whenいつ you君は don'tしない have持ってる to think思う about itそれ, simple単純 asとして thatそれ.
難しく考えなければ 単純なことです
この権利の平等を求める戦いは同性婚に限りません
09:55
Theその fight戦い forために equal等しい rights権利 is notない justちょうど about gay同性愛者 marriage結婚.
難しく考えなければ 単純なことです
この権利の平等を求める戦いは同性婚に限りません
09:59
Today今日 in 29 states, moreもっと thanより halfハーフ of thisこの country,
この国の半分以上の29州のでは
合法的に
10:02
you君は canできる legally法的に be〜する fired撃たれた justちょうど forために yourきみの sexualityセクシュアリティ.
性的嗜好を理由に
クビにされることがあります
10:06
["Who is responsible責任ある forために equality平等?"]
[ だれが平等に責任を持つか ]
10:10
I've私は heard聞いた hundreds数百 of people give与える theその same同じ answer回答:
何百人もの人々が
同じ答えを言いました
10:13
"We我々 are allすべて responsible責任ある forために equality平等."
「 私たち全員が責任を持つと」
10:16
Soそう far遠い we've私たちは shotショット 300 faces in New新しい Yorkヨーク Cityシティ.
これまでニューヨークにいる
300人の写真をとりました
10:20
Andそして we我々 wouldn'tしないだろう have持ってる beenされている ableできる to do行う anyどれか of itそれ
これはHRCの惜しみない
10:23
withoutなし theその generous寛大な supportサポート of theその Human人間 Rights権利 Campaignキャンペーン.
支援なしには達成できませんでした
10:24
I want欲しいです to take取る theその projectプロジェクト across横断する theその country.
私はこの取り組みを
全国で行いたい
10:27
I want欲しいです to visit訪問 25 Americanアメリカ人 cities都市, andそして I want欲しいです to shootシュート 4,000 orまたは 5,000 people.
アメリカの25都市を訪れ
4000人から5000人の写真を撮る
10:29
Thisこの is myじぶんの contribution貢献 to theその civil市民 rights権利 fight戦い of myじぶんの generation世代.
これが私の人権運動への貢献です
10:33
I challengeチャレンジ you君は to look見える into theその faces of theseこれら people
彼らの顔を見て
「私たちと同じ権利が
10:37
andそして telltell themそれら thatそれ they彼ら deserve値する lessもっと少なく thanより anyどれか otherその他 human人間 beingであること.
あなた達には許されない」と
言えますか? 言えませんよね
10:39
(Music音楽)
(音楽)
10:42
["Self自己 evident明らか truths真実"]
[「自明の真実」]
10:44
["4,000 faces across横断する Americaアメリカ"]
[「アメリカ 4000人の顔」]
10:46
(Music音楽)
(音楽)
10:48
(Applause拍手)
(拍手)
10:53
iOio Tillettティレット Wrightライト: Absolutely絶対に nothing何も couldできた have持ってる prepared準備された us米国 forために what happened起こった after thatそれ.
この後に起こったことにはびっくりしました
11:01
Almostほぼ 85,000 people watched見た thatそれ videoビデオ,
全国で85000人がそのビデオを見て
11:05
andそして then次に they彼ら started開始した emailingメール送信 us米国 fromから allすべて over以上 theその country,
彼らからEメールがたくさん届きました
11:08
asking尋ねる us米国 to come来る to their彼らの towns andそして help助けて themそれら to showショー their彼らの faces.
私たちの町に来て
彼らの顔を紹介してくれと
11:11
Andそして aa lotロット moreもっと people wanted欲しい to showショー their彼らの faces thanより I had持っていました anticipated予想される.
そして顔を見せたがっていた人は
期待していたより多かったのです
11:16
Soそう I changedかわった myじぶんの immediate即時 goalゴール to 10,000 faces.
そこで目標を10000人に変更しました
11:20
Thatそれ videoビデオ wasあった made in theその spring of 2011,
さきほどのビデオは
2011年の春に撮影されて
11:24
andそして asとして of today今日 I have持ってる traveled旅行した to almostほぼ 20 cities都市
そして今日までに 私はすでに
20の都市を訪れ
11:28
andそして photographed撮影した almostほぼ 2,000 people.
2000人の顔写真を撮りました
11:31
I know知っている thatそれ thisこの is aa talkトーク,
これは講演会ですが 少しだけ
11:34
butだけど I'd私は like好きな to have持ってる aa minute of justちょうど quiet静か
彼らの顔を紹介するために
静かな時間をください
11:37
andそして have持ってる you君は justちょうど look見える at〜で theseこれら faces
彼らの顔を紹介するために
静かな時間をください
11:40
becauseなぜなら thereそこ is nothing何も thatそれ I canできる sayいう thatそれ will意志 add追加する to themそれら.
なぜなら 付け加える言葉がないからです
11:41
Becauseなぜなら ifif aa picture画像 is worth価値 aa thousand words言葉,
百聞は一見にしかずで これらの顔写真を
表現するには 新しい言葉が必要です
11:45
then次に aa picture画像 of aa face needsニーズ aa whole全体 new新しい vocabulary単語.
百聞は一見にしかずで これらの顔写真を
表現するには 新しい言葉が必要です
11:48
Soそう after traveling旅行 andそして talking話す to people
オクラホマやテキサス等の州を訪れ
そこに住む人々と話した結果
12:12
in places場所 like好きな Oklahomaオクラホマ orまたは small-town小さな町 Texasテキサス,
オクラホマやテキサス等の州を訪れ
そこに住む人々と話した結果
12:16
we我々 found見つけた evidence証拠 thatそれ theその initial初期 premise前提 wasあった deadデッド on.
私たちの考えは正しかったことを
確信しました
12:20
Visibility可視性 really本当に is keyキー.
見えることこそ本当に大切なのです
12:24
Familiarity親しみやすさ really本当に is theその gatewayゲートウェイ drugドラッグ to empathy共感.
親しむことが共感することへの
入り口なのです
12:25
Once一度 an issue問題 popsポップス upアップ in yourきみの own自分の backyard裏庭 orまたは amongst間に yourきみの own自分の family家族,
もし問題が近所の人たちや
あなたの家族のものだったら
12:29
you'reあなたは far遠い moreもっと likelyおそらく to explore探検する sympathy同情 forために itそれ
あなたは共感を持ってそれに接するか
新しい視点で見つめるはずです
12:32
orまたは explore探検する aa new新しい perspective視点 on itそれ.
あなたは共感を持ってそれに接するか
新しい視点で見つめるはずです
12:35
Of courseコース, in myじぶんの travels旅行 I met会った people
もちろん 道中では 自分の子供を
12:37
who legally法的に divorced離婚した their彼らの children子供 forために beingであること otherその他 thanより straightまっすぐ,
異性愛でないという理由で
離婚させた人にも会いました
12:39
butだけど I alsoまた、 met会った people who wereあった Southern南方の Baptistsバプテスト
しかし同時に娘がレズビアンだったため
12:43
who switched切り替え churches教会 becauseなぜなら their彼らの child wasあった aa lesbianレズビアン.
保守的な南部バプテスト派を
抜けた人にも会いました
12:46
Sparkingスパークする empathy共感 had持っていました become〜になる theその backbone背骨 of Self自己 Evident明らか Truths真実.
共感を起こすというのは
「自明の真実」のバックボーンです
12:49
Butだけど here'sここにいる what I wasあった starting起動 to learn学ぶ thatそれ wasあった really本当に interesting面白い:
でも私がこの取組から学んだ
もっと興味深いことは
12:53
Self自己 Evident明らか Truths真実 doesn'tしない erase消去する theその differences相違 betweenの間に us米国.
「自明の真実」は私たちと
異性愛者の違いをなくすわけではなく
12:56
In fact事実, on theその contrary反対の, itそれ highlightsハイライト themそれら.
実は 逆に浮き彫りにします
13:01
Itそれ presentsプレゼント, notない justちょうど theその complexities複雑さ
この取り組みは 個性が違う
13:04
found見つけた in aa procession行列 of different異なる human人間 beings存在,
たくさんの人がいるというだけでなく
13:06
butだけど theその complexities複雑さ found見つけた within以内 each individual個人 person.
各人の中にも色々な側面が
あることを映し出しています
13:08
Itそれ wasn'tなかった thatそれ we我々 had持っていました tooあまりにも manyたくさんの boxesボックス, itそれ wasあった thatそれ we我々 had持っていました tooあまりにも few少数.
箱が多すぎるわけではなく
箱が足らなかったのです
13:12
At〜で some一部 pointポイント I realized実現した thatそれ myじぶんの missionミッション to photograph写真 "gays同性愛者" wasあった inherently本質的に flawed欠陥がある,
ある日 「同性愛者」を撮るというのは
間違っていると気が付きました
13:23
becauseなぜなら thereそこ wereあった aa million百万 different異なる shades陰影 of gay同性愛者.
なぜなら100万通りの同性愛が
あるからです
13:30
Hereここに I wasあった trying試す to help助けて,
私は彼らを助けようとしながらも
13:33
andそして I had持っていました perpetuated永続する theその very非常に thingもの I had持っていました spent過ごした myじぶんの life生活 trying試す to avoid避ける ---
自分が最もしたくなかったこと つまり
彼らを箱に押し込んでしまっていたのです
13:36
yetまだ another別の boxボックス.
自分が最もしたくなかったこと つまり
彼らを箱に押し込んでしまっていたのです
13:39
At〜で some一部 pointポイント I added追加された aa question質問 to theその release解放 form
ある時から私はアンケートに
質問を加えました
13:41
thatそれ asked尋ねた people to quantify定量化する themselves自分自身
「自分がどれぐらい同性愛者か
0から100%で答えてください」
13:45
on aa scale規模 of one1 to 100 percentパーセント gay同性愛者.
「自分がどれぐらい同性愛者か
0 から100%で答えてください」
13:46
Andそして I watched見た soそう manyたくさんの existential存在 crises危機 unfold展開する in frontフロント of me.
たくさんの自我の崩壊が見られました
13:49
(Laughter笑い)
(笑)
13:53
People didn'tしなかった know知っている what to do行う
こんな考え方は今までなかったので
どうすればいいか分からなかったのです
13:56
becauseなぜなら they彼ら had持っていました never決して beenされている presented提示された with〜と theその optionオプション before.
こんな考え方は今までなかったので
どうすればいいか分からなかったのです
13:57
Canできる you君は quantify定量化する yourきみの openness開放性?
性的嗜好の寸法は取れるのでしょうか?
14:00
Once一度 they彼ら got持っている over以上 theその shockショック, thoughしかし,
衝撃を克服した後
14:02
by〜によって andそして large people optedオプトイン forために somewhereどこかで betweenの間に 70 to 95 percentパーセント
ほとんどの人が70-95%もしくは
14:04
orまたは theその 3 to 20 percentパーセント marksマーク.
3-20%を選びました
14:08
Of courseコース, thereそこ wereあった lotsロット of people who optedオプトイン forために aa 100 percentパーセント one1 orまたは theその otherその他,
もちろん どちらか一方を
選んだ人もいました
14:10
butだけど I found見つけた thatそれ aa muchたくさん larger大きい proportion割合 of people
でもより多くの人が もっと曖昧な所に
自分がいると認識していることがわかりました
14:13
identified特定された asとして something何か thatそれ wasあった muchたくさん moreもっと nuanced微妙.
でもより多くの人が もっと曖昧な所に
自分がいると認識していることがわかりました
14:15
I found見つけた thatそれ most最も people fall on aa spectrumスペクトラム of what I have持ってる come来る to refer参照する to asとして "Greyグレー."
ほとんどの人は「グレー」と
私が言っている部分にいます
14:18
Let〜する me be〜する clearクリア thoughしかし --- andそして thisこの is very非常に important重要 ---
大事なことははっきりさせて
おきたいのですが
14:25
in noいいえ way方法 am午前 I saying言って thatそれ preference好み doesn'tしない exist存在する.
嗜好がない
と言っているわけではありません
14:29
Andそして I am午前 notない even偶数 going行く to address住所 theその issue問題 of choice選択 versus biological生物学的 imperative命令的,
そしてこの嗜好が生まれつきか
選択したのか討論する気はありません
14:33
becauseなぜなら ifif anyどれか of you君は happen起こる to be〜する of theその belief信念
もしあなたが
性的嗜好は選択された
14:38
thatそれ sexual性的 orientationオリエンテーション is aa choice選択,
と信じていたら
「グレー」になろうとしてください
14:41
I invite招待する you君は to go行く outでる andそして tryお試しください to be〜する greyグレー.
と信じていたら
「グレー」になろうとしてください
14:43
I'll私はよ take取る yourきみの picture画像 justちょうど forために trying試す.
写真を撮ってあげますよ
14:44
(Laughter笑い)
(笑)
14:47
What I am午前 saying言って thoughしかし is thatそれ human人間 beings存在 are notない one-dimensional1次元.
私の言おうとしていることは
人は多面的だということです
14:48
Theその most最も important重要 thingもの to take取る fromから theその percentageパーセンテージ systemシステム is thisこの:
この質問表の結果が示唆する
大切なことは
14:52
Ifif you君は have持ってる gay同性愛者 people over以上 hereここに
同性愛者がこちらにいて
14:58
andそして you君は have持ってる straightまっすぐ people over以上 hereここに,
異性愛者が今度はこちらにいるとすると
15:00
andそして whilewhile we我々 recognize認識する thatそれ most最も people identify識別する
ほとんどの人がどちらかの極端に
近いところにいるとはいえ
15:04
asとして somewhereどこかで closerクローザー to one1 binaryバイナリ orまたは another別の,
ほとんどの人がどちらかの極端に
近いところにいるとはいえ
15:07
thereそこ is thisこの vast広大 spectrumスペクトラム of people thatそれ exist存在する in betweenの間に.
その間にも 色々な性的嗜好の度合いを持つ
人がいるということです
15:10
Andそして theその reality現実 thatそれ thisこの presentsプレゼント is aa complicated複雑な one1.
また これは複雑な現実を
浮き彫りにします
15:15
Becauseなぜなら, forために example, ifif you君は passパス aa law法律
例えば 同性愛者のような行動を
15:18
thatそれ allows許す aa bossボス to fire火災 an employee従業員 forために homosexual同性愛者 behavior動作,
とった人をクビにできる
という法律を通したとします
15:20
whereどこで exactly正確に do行う you君は drawドロー theその lineライン?
同性愛者の境界線はどこにしますか?
15:23
Is itそれ over以上 hereここに, by〜によって theその people who have持ってる had持っていました one1 orまたは two heterosexual異性愛者 experiences経験 soそう far遠い?
一つや二つ 異性愛を経験した
ここらへんになりますか?
15:26
Orまたは is itそれ over以上 hereここに
それとも 同性愛の経験が
一つや二つあるこちらになりますか?
15:32
by〜によって theその people who have持ってる onlyのみ had持っていました one1 orまたは two homosexual同性愛者 experiences経験 thusしたがって far遠い?
それとも 同性愛の経験が
一つや二つあるこちらになりますか?
15:33
Whereどこで exactly正確に doesする one1 become〜になる aa second-classセカンドクラス citizen市民?
どのあたりから人は
「準」国民になるのでしょうか?
15:37
Another別の interesting面白い thingもの thatそれ I learned学んだ fromから myじぶんの projectプロジェクト andそして myじぶんの travels旅行
そしてこのプロジェクトを通して
もう一つ気がついたのは
15:42
is justちょうど what aa poor貧しい binding拘束 agentエージェント sexual性的 orientationオリエンテーション is.
性的嗜好というのはなんて弱い
くくりだろうということです
15:47
After traveling旅行 soそう muchたくさん andそして meeting会議 soそう manyたくさんの people,
たくさんの場所に行き
たくさんの人に出会い
15:51
let〜する me telltell you君は, thereそこ are justちょうど asとして manyたくさんの jerksジャーク andそして sweethearts恋人
分かったことは LGBTの中にも
いい人 性悪
15:54
andそして Democrats民主党 andそして Republicans共和党員 andそして jocksジョーク andそして queens女王
民主党の支持者 共和党の支持者
15:57
andそして everyすべて otherその他 polarization分極 you君は canできる possiblyおそらく think思う of
男らしい人 女らしい人
16:00
within以内 theその LGBTlgbt communityコミュニティ
おおよそ考えられうる
16:03
asとして thereそこ are within以内 theその human人間 raceレース.
様々な種類の人たちがいます
16:05
Aside脇に fromから theその fact事実 thatそれ we我々 play遊びます with〜と one1 legal法的 handハンド tied結ばれた behind後ろに our我々の backsバック,
私たちは皆 異性愛者でないことから
不利な法律にしばられ
16:09
andそして once一度 you君は get取得する past過去 theその shared共有 narrative物語 of prejudice偏見 andそして struggle闘争,
差別や苦難を受けてきましたが
16:14
justちょうど beingであること otherその他 thanより straightまっすぐ
そこ以外で
16:17
doesn'tしない necessarily必ずしも mean平均 thatそれ we我々 have持ってる anything何でも in common一般.
共通点があるとは限らないのです
16:19
Soそう in theその endless無限 proliferation増殖 of faces thatそれ Self自己 Evident明らか Truths真実 is always常に becoming〜になる,
「自明の真実」が映す人々の顔は
無限に増え続けています
16:24
asとして itそれ hopefullyうまくいけば appears登場する across横断する moreもっと andそして moreもっと platformsプラットフォーム,
そしてもっともっと
色々な所で見られて欲しい
16:32
busバス shelters避難所, billboardsビルボード, Facebookフェイスブック pagesページ, screen画面 savers保護者,
バス停で 広告板で フェイスブックで
スクリーンセーバーで
16:35
perhapsおそらく in watching見ている thisこの procession行列 of humanity人類,
この人間らしさを探る旅の中で
興味深くて
16:41
something何か interesting面白い andそして useful有用 will意志 beginベギン to happen起こる.
有益なことが起こるかもしれません
16:44
Hopefullyうまくいけば theseこれら categoriesカテゴリ, theseこれら binariesバイナリ,
願わくば この様な人の分類
16:47
theseこれら over-simplified過度に単純化された boxesボックス
あまりに単純な箱
16:50
will意志 beginベギン to become〜になる useless役に立たない andそして they'll彼らは beginベギン to fall away離れて.
それらがどんどん無駄で
意味のないものになって欲しいと思います
16:52
Becauseなぜなら really本当に, they彼ら describe説明する nothing何も thatそれ we我々 see見る
なぜなら 本当にこれらの箱は
私たちの見ているもの
16:57
andそして noいいえ one1 thatそれ we我々 know知っている andそして nothing何も thatそれ we我々 are.
知っている人 私たち自身について
何一つ語っていないのです
17:01
What we我々 see見る are human人間 beings存在 in allすべて their彼らの multiplicity多重度.
私たちは人が皆 色々な側面を
持っていることを知っています
17:04
Andそして seeing見る themそれら makes作る itそれ harderもっと強く to deny否定する their彼らの humanity人類.
それらを見ると 彼らの人間性を
否定するのは難しくなります
17:10
At〜で theその very非常に least少なくとも I hope希望 itそれ makes作る itそれ harderもっと強く to deny否定する their彼らの human人間 rights権利.
せめて人権を否定するのが
難しくなるといいと思っています
17:13
Soそう is itそれ me particularly特に
あなたは私個人から
17:17
thatそれ you君は would〜する choose選択する to deny否定する theその right to housingハウジング,
家を買い 結婚し 養子をもらい
17:21
theその right to adopt採用 children子供, theその right to marriage結婚,
自由に住み 買い物をする
17:25
theその freedom自由 to shopショップ hereここに, liveライブ hereここに, buy購入 hereここに?
権利を奪うことを選びますか?
17:28
Am午前 I theその one1 thatそれ you君は choose選択する to disown否定する
あなたは私個人を 子供
17:31
asとして yourきみの child orまたは yourきみの brother orまたは yourきみの sisterシスター orまたは yourきみの mother orまたは yourきみの fatherお父さん,
兄弟 親 ご近所 従兄弟 叔父さん 大統領
17:33
yourきみの neighbor隣人, yourきみの cousinいとこ, yourきみの uncle叔父, theその president大統領,
警察官 消防士であることを
17:38
yourきみの police警察 woman女性 orまたは theその fireman消防士?
認めないことを選びますか?
17:40
It'sそれは tooあまりにも late遅く.
でも もう遅いのです
17:43
Becauseなぜなら I already既に am午前 allすべて of thoseそれら thingsもの.
なぜなら私はすでにその全てだからです
17:46
We我々 already既に are allすべて of thoseそれら thingsもの, andそして we我々 always常に have持ってる beenされている.
私たちはすでにその全てであり
今までもそうでした
17:50
Soそう pleaseお願いします don'tしない greet挨拶する us米国 asとして strangers見知らぬ人,
ですから私たちを見知らぬ人ではなく
17:54
greet挨拶する us米国 asとして yourきみの fellow仲間 human人間 beings存在, period期間.
一人の同じ人間として受け入れてください
17:57
Thank感謝 you君は.
ありがとうございました
18:00
(Applause拍手)
(拍手)
18:02
Translated by Timote Loketi
Reviewed by Makoto Ikeo

▲Back to top

About the speaker:

iO Tillett Wright - Photographer
As a child actor, iO Tillett Wright turned his shoes around in the bathroom stall so that people would think he was a boy. As a teenager, he fell in love with both women and men. His life in the gray areas of gender and sexuality deeply inform his work as an artist.

Why you should listen

iO Tillett Wright thanks his parents for not asking him to define himself as a child. His experience of growing up without having check boxes like “female,” “male,” “gay” or straight” thoroughly infuses his art.

iO’s photography can be seen regularly in two features in The New York Times: Notes from the Underground and The Lowdown. He is also the creator of Self Evident Truths—an ongoing project to document the wide variety of experiences in LGBTQ America. So far, he has photographed about 2,000 people for the project. His goal: 10,000 portraits and a nationwide rethinking of discriminatory laws.

iO had his first solo show at Fuse gallery in New York City in 2010, and exhibited his work at The Hole Gallery in early summer of 2012. He has published three books of photographs; Lose My Number, KISSER, and Look Ma’, No Hands. He has directed several music videos, and spent nineteen years acting in films.

More profile about the speaker
iO Tillett Wright | Speaker | TED.com