English-Video.net comment policy

The comment field is common to all languages

Let's write in your language and use "Google Translate" together

Please refer to informative community guidelines on TED.com

TEDMED 2013

Andrew Solomon: Love, no matter what

アンドリュー・ソロモン: 揺るぎなき愛

Filmed
Views 4,082,291

自分と根本的に異質な子供(例えば天才児、あるいは特異な才能を持った子供や犯罪に手を染めた子供など)を育てるというのは、どのようなことなのでしょうか?この静かに進行するトークの中で、作家のアンドリュー・ソロモンは何十組もの親たちとの対話を通して学んだことを語ります。無条件の愛と無条件の受容とは何が異なるのでしょうか?

- Writer
Andrew Solomon writes about politics, culture and psychology. Full bio

"Even偶数 in purely純粋に non-religious無宗教 terms条項,
「宗教的なことは一切 抜きにしても
00:12
homosexuality同性愛 representsは表す aa misuse悪用 of theその sexual性的 faculty学部.
ホモセクシャルは性的機能の
誤用と言わざるを得ない
00:16
Itそれ is aa pathetic哀れな little少し second-rate二流 substitute代替 forために reality現実 ---
それは救いようのない
低俗な現実の代用品であり
00:22
aa pitiable卑劣な flightフライト fromから life生活.
人生からの哀れむべき逃避である
00:27
Asとして suchそのような, itそれ deserves〜に値する noいいえ compassion思いやり,
それ自体 同情には値せず
00:29
itそれ deserves〜に値する noいいえ treatment処理
マイノリティの苦難として
00:33
asとして minority少数 martyrdom殉教,
治療にも値しない
00:36
andそして itそれ deserves〜に値する notない to be〜する deemed考える anything何でも butだけど aa pernicious悪性 sickness病気."
不治の病と見なすより他にない」
00:38
That'sそれは fromから Time時間 magazineマガジン in 1966, whenいつ I wasあった three years old古い.
これは1966年 私が3歳の時に発行された
TIME誌からの引用です
00:45
Andそして last最終 year, theその president大統領 of theその Unitedユナイテッド States
そして昨年 アメリカ合衆国大統領は
00:50
came来た outでる in favor好意 of gay同性愛者 marriage結婚.
同性婚に好意的な態度を表明しました
00:54
(Applause拍手)
(拍手)
00:57
Andそして myじぶんの question質問 is, howどうやって didした we我々 get取得する fromから thereそこ to hereここに?
ここまでの道程は
どんなものだったのでしょう
01:04
Howどうやって didした an illness病気 become〜になる an identity身元?
いかにして「病」は
アイデンティティになったのでしょう
01:10
Whenいつ I wasあった perhapsおそらく six6 years old古い,
私が6歳ぐらいだった時のことです
01:15
I went行った to aa shoe store格納 with〜と myじぶんの mother andそして myじぶんの brother.
母と弟と一緒に 靴屋へ行きました
01:18
Andそして at〜で theその end終わり of buying買う our我々の shoes,
靴を買った後
01:21
theその salesmanセールスマン said前記 to us米国 thatそれ we我々 couldできた each have持ってる aa balloonバルーン to take取る home自宅.
お店の人が風船をくれると言いました
01:23
Myじぶんの brother wanted欲しい aa red balloonバルーン, andそして I wanted欲しい aa pinkピンク balloonバルーン.
弟は赤い風船を
私はピンクの風船を希望しました
01:27
Myじぶんの mother said前記 thatそれ she彼女 thought思想 I'd私は really本当に ratherむしろ have持ってる aa blue balloonバルーン.
母は私に「本当は青がいいんでしょ?」
と言いました
01:32
Butだけど I said前記 thatそれ I definitely絶対に wanted欲しい theその pinkピンク one1.
でも私は絶対に
ピンクが良かったのです
01:37
Andそして she彼女 reminded思い出した me thatそれ myじぶんの favoriteお気に入り color wasあった blue.
母は 「青色が好きだったでしょう」と
念押ししました
01:40
Theその fact事実 thatそれ myじぶんの favoriteお気に入り color now is blue, butだけど I'm私は stillまだ gay同性愛者 ---
現在の私は青が好きですが
相変わらずゲイですから―
01:46
(Laughter笑い) ---
(笑)
01:51
is evidence証拠 of bothどちらも myじぶんの mother's母親の influence影響 andそして itsその limits限界.
これは母親の影響力と その限界を
同時に証明している訳です
01:54
(Laughter笑い)
(笑)
01:58
(Applause拍手)
(拍手)
02:00
Whenいつ I wasあった little少し, myじぶんの mother used中古 to sayいう,
小さい頃 母はよく言っていました
02:07
"Theその love you君は have持ってる forために yourきみの children子供 is like好きな noいいえ otherその他 feeling感じ in theその world世界.
「子供に対する親の愛情は
他のどんな感情にも代えがたいものよ
02:10
Andそして until〜まで you君は have持ってる children子供, you君は don'tしない know知っている what it'sそれは like好きな."
子供を持ってみないと
わからないけどね」
02:14
Andそして whenいつ I wasあった little少し, I took取った itそれ asとして theその greatest最大 compliment賛辞 in theその world世界
私たち兄弟を育てることを
そんなふうに言ってくれる―
02:17
thatそれ she彼女 would〜する sayいう thatそれ about parenting子育て myじぶんの brother andそして me.
幼い私にとって
母の言葉は最大の賛辞でした
02:21
Andそして whenいつ I wasあった an adolescent思春期の, I thought思想
思春期になり 私は自分がゲイで
02:24
thatそれ I'm私は gay同性愛者, andそして soそう I probably多分 can'tできない have持ってる aa family家族.
おそらく家族を持つことはないと
思うようになりました
02:26
Andそして whenいつ she彼女 said前記 itそれ, itそれ made me anxious不安.
すると母の言葉は
私を不安にさせました
02:30
Andそして after I came来た outでる of theその closetクローゼット,
カミングアウト後も
02:32
whenいつ she彼女 continued続ける to sayいう itそれ, itそれ made me furious激怒する.
母は例のセリフを言い続け
私は怒りを覚えました
02:33
I said前記, "I'm私は gay同性愛者. That'sそれは notない theその direction方向 thatそれ I'm私は headed先行 in.
「僕はゲイだから
その方向へは進まない」
02:37
Andそして I want欲しいです you君は to stopやめる saying言って thatそれ."
「もう言わないでくれ」と言いました
02:41
About 20 years ago, I wasあった asked尋ねた by〜によって myじぶんの editors編集者 at〜で Theその New新しい Yorkヨーク Times Magazineマガジン
20年ほど前 私はニューヨーク・
タイムズ・マガジンの編集者から
02:47
to write書きます aa pieceピース about deaf聴覚障害者 culture文化.
ろう文化についての記事を
依頼されました
02:52
Andそして I wasあった ratherむしろ taken撮影 aback荒れ狂う.
かなり戸惑いました
02:54
I had持っていました thought思想 of deafness難聴 entirely完全に asとして an illness病気.
「ろう」を全くの疾患と思っていたのです
02:56
Thoseそれら poor貧しい people, they彼ら couldn'tできなかった hear聞く.
耳の聞こえない 気の毒な人々
02:58
They彼ら lacked欠けていた hearing聴覚, andそして what couldできた we我々 do行う forために themそれら?
聴覚のない彼らのために
何ができるのか?
03:00
Andそして then次に I went行った outでる into theその deaf聴覚障害者 world世界.
やがて私は ろうの世界に入り
03:03
I went行った to deaf聴覚障害者 clubsクラブ.
ろう者のクラブに行きました
03:05
I saw見た performances公演 of deaf聴覚障害者 theater劇場 andそして of deaf聴覚障害者 poetry.
ろう者の演劇や手話詩を
見に行きました
03:07
I even偶数 went行った to theその Missミス Deaf聴覚障害者 Americaアメリカ contestコンテスト in Nashvilleナッシュビル, Tennesseeテネシー州
テネシー州ナッシュビルで開催された
ろう者のミスコンにも行ったのですが
03:11
whereどこで people complained不平を言う about thatそれ slurryスラリー Southern南方の signing署名する.
そこでは皆「南部の手話は訛っている」
と文句を言っていました
03:17
(Laughter笑い)
(笑)
03:21
Andそして asとして I plunged沈んだ deeperもっと深く andそして deeperもっと深く into theその deaf聴覚障害者 world世界,
ろう者の世界に どんどん深く
はまって行き
03:25
I become〜になる convinced確信している thatそれ deafness難聴 wasあった aa culture文化
私は ろう が文化であると
確信しました
03:29
andそして thatそれ theその people in theその deaf聴覚障害者 world世界 who said前記,
ろう者たちの
「我々は聴覚がないんじゃない
03:32
"We我々 don'tしない lack欠如 hearing聴覚, we我々 have持ってる membershipメンバーシップ in aa culture文化,"
この文化を担う
権利を持ってるんだ」という言葉に
03:35
wereあった saying言って something何か thatそれ wasあった viable実行可能な.
たくましさを感じました
03:38
Itそれ wasn'tなかった myじぶんの culture文化,
私は部外者でしたし
03:41
andそして I didn'tしなかった particularly特に want欲しいです to rushラッシュ offオフ andそして join参加する itそれ,
その文化に殊更
入りたいとも思っていませんでしたが
03:42
butだけど I appreciated感謝 thatそれ itそれ wasあった aa culture文化
私はそれが一つの文化であり
03:45
andそして thatそれ forために theその people who wereあった membersメンバー of itそれ,
その文化のメンバーたちにとっては
03:48
itそれ feltフェルト asとして valuable貴重な asとして Latinoラティーノ culture文化 orまたは gay同性愛者 culture文化 orまたは Jewishユダヤ人 culture文化.
ラテン文化やゲイ文化 ユダヤ文化と同様
価値のあるものなんだと感じました
03:50
Itそれ feltフェルト asとして valid有効な perhapsおそらく even偶数 asとして Americanアメリカ人 culture文化.
仮に アメリカ文化と比べても
引けを取らないでしょう
03:56
Then次に aa friend友人 of aa friend友人 of mine鉱山 had持っていました aa daughter who wasあった aa dwarf矮星.
同じ頃 友達の友達に
小人症の娘が生まれました
04:01
Andそして whenいつ her彼女 daughter wasあった bornうまれた,
娘が生まれると同時に
04:04
she彼女 suddenly突然 found見つけた herself自分自身 confronting対峙する questions質問
母親の目の前には
疑問が立ちはだかりました
04:06
thatそれ now began始まった to seem思われる quiteかなり resonant共鳴する to me.
それは今の私には
とても共感できることです
04:08
She彼女 wasあった facing直面する theその question質問 of what to do行う with〜と thisこの child.
「この子と どう向き合えばいいのか?」
という疑問です
04:11
Should〜すべき she彼女 sayいう, "You'reあなたは justちょうど like好きな everyoneみんな elseelse butだけど aa little少し bitビット shorter短い?"
「あなたは ちょっと小さいけど
他の皆と同じなのよ」と言うのか?
04:15
Orまたは should〜すべき she彼女 tryお試しください to construct構成する some一部 kind種類 of dwarf矮星 identity身元,
それとも 小人としての
アイデンティティの確立を目指し
04:18
get取得する involved関係する in theその Little少し People of Americaアメリカ,
Little People of America に参加して
04:22
become〜になる aware承知して of what wasあった happeningハプニング forために dwarfs小人?
小人症の現状に目を向けるべきか?
04:24
Andそして I suddenly突然 thought思想,
私は突然 思いつきました
04:27
most最も deaf聴覚障害者 children子供 are bornうまれた to hearing聴覚 parents.
ろうの子の殆どは
健常の親の元に生まれます
04:28
Thoseそれら hearing聴覚 parents tend傾向がある to tryお試しください to cure治す themそれら.
親たちは「治療」を考えがちですが
04:31
Thoseそれら deaf聴覚障害者 people discover発見する communityコミュニティ somehow何とか in adolescence思春期.
子供は思春期になると
ろうのコミュニティを発見するものです
04:34
Most最も gay同性愛者 people are bornうまれた to straightまっすぐ parents.
同性愛者の殆どは
ストレートの親の元に生まれます
04:38
Thoseそれら straightまっすぐ parents oftenしばしば want欲しいです themそれら to function関数
ストレートの親は大抵
自分たちの考える「普通」の世界で
04:40
in what they彼ら think思う of asとして theその mainstream主流 world世界,
生きていけるようになってほしい
と望みますが
04:42
andそして thoseそれら gay同性愛者 people have持ってる to discover発見する identity身元 later後で on.
同性愛者は自らのアイデンティティを
いずれ発見することになります
04:45
Andそして hereここに wasあった thisこの friend友人 of mine鉱山
いま私の友人が直面しているのは
04:48
looking探している at〜で theseこれら questions質問 of identity身元 with〜と her彼女 dwarf矮星 daughter.
小人症の娘の
アイデンティティの問題です
04:50
Andそして I thought思想, thereそこ itそれ is again再び:
同じだと思いました
04:53
Aa family家族 thatそれ perceives知覚 itself自体 to be〜する normal正常
どこか普通でない子を持ちながらも
04:55
with〜と aa child who seems思われる to be〜する extraordinary特別な.
そのことを普通だと捉えている家族
04:58
Andそして I hatched孵化した theその ideaアイディア thatそれ thereそこ are really本当に two kinds種類 of identity身元.
私はアイデンティティには
2種類あると考えるようになりました
05:00
Thereそこ are vertical垂直 identitiesアイデンティティ,
1つは「縦」のアイデンティティ
05:05
whichどの are passed合格 downダウン generationally世代的に fromから parent to child.
これは親から子へ
受け継がれていくもので
05:06
Thoseそれら are thingsもの like好きな ethnicity民族性, frequently頻繁に nationality国籍, language言語, oftenしばしば religion宗教.
民族性や 多くの場合
国民性 言語や宗教などのことです
05:09
Thoseそれら are thingsもの you君は have持ってる in common一般 with〜と yourきみの parents andそして with〜と yourきみの children子供.
これらは親子間で
共有されるアイデンティティです
05:15
Andそして whilewhile some一部 of themそれら canできる be〜する difficult難しい,
中には厳しいものもありますが
05:20
there'sそこに noいいえ attempt試みる to cure治す themそれら.
誰もそれを「治療」しようとはしません
05:22
You君は canできる argue主張する thatそれ it'sそれは harderもっと強く in theその Unitedユナイテッド States ---
現大統領が有色とはいえ
やはりアメリカ合衆国において
05:24
our我々の current現在 presidency大統領 notwithstandingそれにもかかわらず ---
有色人種であることは
05:27
to be〜する aa person of color.
困難を伴うと言えるでしょう
05:29
Andそして yetまだ, we我々 have持ってる nobody誰も who is trying試す to ensure確実に
だからと言って アフリカ系アメリカ人や
05:31
thatそれ theその next generation世代 of children子供 bornうまれた to African-Americansアフリカ系アメリカ人 andそして Asiansアジア人
アジア人の間に生まれる
次世代の子供たちの肌をクリーム色に
05:34
come来る outでる with〜と creamyクリーミーな skin andそして yellow hairヘア.
髪を黄色にしてやろうと思う人は
どこにもいません
05:38
Thereそこ are theseこれら otherその他 identitiesアイデンティティ whichどの you君は have持ってる to learn学ぶ fromから aa peerピア groupグループ.
これとは別に仲間から学ぶ
アイデンティティがあります
05:41
Andそして I callコール themそれら horizontal水平 identitiesアイデンティティ,
仲間というのは
横に広がる感覚ですから
05:45
becauseなぜなら theその peerピア groupグループ is theその horizontal水平 experience経験.
私はこれを
「横」のアイデンティティと呼びます
05:48
Theseこれら are identitiesアイデンティティ thatそれ are alienエイリアン to yourきみの parents
このアイデンティティについて
親は門外漢ですから
05:51
andそして thatそれ you君は have持ってる to discover発見する whenいつ you君は get取得する to see見る themそれら in peers同僚.
仲間との関わりから
見つけるしかないのです
05:53
Andそして thoseそれら identitiesアイデンティティ, thoseそれら horizontal水平 identitiesアイデンティティ,
このような横のアイデンティティは
05:57
people have持ってる almostほぼ always常に tried試した to cure治す.
ほとんどの場合
「治療」の対象にされます
06:00
Andそして I wanted欲しい to look見える at〜で what theその processプロセス is
私はこうしたアイデンティティを
持つ人々が
06:04
throughを通して whichどの people who have持ってる thoseそれら identitiesアイデンティティ
それらと上手く
付き合えるようになるまでの
06:07
come来る to aa good良い relationship関係 with〜と themそれら.
過程を調べたいと考えました
06:09
Andそして itそれ seemed見えた to me thatそれ thereそこ wereあった three levelsレベル of acceptance受け入れ
どうやら その過程では
もれなく3段階の受容が
06:12
thatそれ needed必要な to take取る place場所.
生じるようでした
06:16
There'sそこに self-acceptance自己受諾, there'sそこに family家族 acceptance受け入れ, andそして there'sそこに socialソーシャル acceptance受け入れ.
それは 自己による受容 家族による受容
そして社会による受容です
06:17
Andそして they彼ら don'tしない always常に coincide一致する.
同時に起きるとは限りません
06:23
Andそして aa lotロット of theその time時間, people who have持ってる theseこれら conditions条件 are very非常に angry怒っている
こうした状況にある人は大抵
怒りに満ちています
06:25
becauseなぜなら they彼ら feel感じる asとして thoughしかし their彼らの parents don'tしない love themそれら,
彼らが親に愛されていないと
感じているためですが
06:29
whenいつ what actually実際に has持っている happened起こった is thatそれ their彼らの parents don'tしない accept受け入れる themそれら.
実は親は
彼らを受容できていないだけなのです
06:32
Love is something何か thatそれ ideally理想的には is thereそこ unconditionally無条件で
愛は 理想的に言えば
06:36
throughout全体を通して theその relationship関係 betweenの間に aa parent andそして aa child.
親子の間で 常に
無条件に存在するものです
06:40
Butだけど acceptance受け入れ is something何か thatそれ takesテイク time時間.
しかし受容には時間がかかります
06:43
Itそれ always常に takesテイク time時間.
時間がかかるものなのです
06:46
One1 of theその dwarfs小人 I got持っている to know知っている wasあった aa guy named名前 Clintonクリントン Brown褐色.
知り合いの小人症の男性に
クリントン・ブラウンという人がいました
06:48
Whenいつ he wasあった bornうまれた, he wasあった diagnosed診断された with〜と diastrophic壊滅的な dwarfism小人症,
彼は生まれた時に
変形性小人症で―
06:53
aa very非常に disabling無効にする condition調子,
重度の障害と診断されました
06:56
andそして his parents wereあった told言った thatそれ he would〜する never決して walk歩く, he would〜する never決して talkトーク,
両親は こう告げられました
彼は歩くことも話すこともできず
06:58
he would〜する have持ってる noいいえ intellectual知的 capacity容量,
知能も持たず
07:02
andそして he would〜する probably多分 notない even偶数 recognize認識する themそれら.
おそらく親を認識することすら
ないだろうと
07:04
Andそして itそれ wasあった suggested示唆 to themそれら thatそれ they彼ら leave離れる him at〜で theその hospital病院
そして彼が静かに息を引き取れるよう
07:06
soそう thatそれ he couldできた die死ぬ thereそこ quietly静かに.
病院に置いていくことを
勧められました
07:10
Andそして his mother said前記 she彼女 wasn'tなかった going行く to do行う itそれ.
ところが彼の母は きっぱり断り
07:12
Andそして she彼女 took取った her彼女 son息子 home自宅.
彼を家に連れて帰ったのです
07:14
Andそして even偶数 thoughしかし she彼女 didn'tしなかった have持ってる aa lotロット of educational教育的 orまたは financial金融 advantages利点,
教育の面でも経済的にも
余裕はありませんでしたが
07:16
she彼女 found見つけた theその bestベスト doctor医師 in theその country
変形小人症に立ち向かうために
07:19
forために dealing対処する with〜と diastrophic壊滅的な dwarfism小人症,
母親は
国内で最高の医者を見つけ出し
07:21
andそして she彼女 got持っている Clintonクリントン enrolled登録された with〜と him.
クリントンを そこへ入院させました
07:24
Andそして in theその courseコース of his childhood子供時代,
彼は幼少期のうちに
07:26
he had持っていました 30 majorメジャー surgical外科手術 procedures手順.
30回の大手術を受けました
07:28
Andそして he spent過ごした allすべて thisこの time時間 stuck立ち往生 in theその hospital病院
彼はその間のすべての時間を
07:31
whilewhile he wasあった having持つ thoseそれら procedures手順,
病院で過ごしましたが
07:33
asとして aa result結果 of whichどの he now canできる walk歩く.
おかげで歩けるようになりました
07:35
Andそして whilewhile he wasあった thereそこ, they彼ら sent送られた tutors教師 aroundまわり to help助けて him with〜と his school学校 work作業.
入院中も学校の勉強ができるように
親は家庭教師を雇いました
07:37
Andそして he worked働いた very非常に hardハード becauseなぜなら thereそこ wasあった nothing何も elseelse to do行う.
他にすることもないので
彼は一生懸命勉強しました
07:41
Andそして he ended終了しました upアップ achieving達成する at〜で aa levelレベル
そして ついに彼は
07:44
thatそれ had持っていました never決して before beenされている contemplated企図された by〜によって anyどれか memberメンバー of his family家族.
家族の誰もが予期しなかった程の
レベルに到達したのです
07:46
He wasあった theその first最初 one1 in his family家族, in fact事実, to go行く to collegeカレッジ,
彼は家族の中で大学に進んだ
第1号となり
07:50
whereどこで he lived住んでいました on campusキャンパス andそして drove運転した aa specially-fitted特別に取り付けられた car
キャンパスに住み
彼の特別な体に合わせた―
07:53
thatそれ accommodated収容された his unusual珍しい body.
特別装備の車を運転しました
07:56
Andそして his mother told言った me thisこの storyストーリー of coming到来 home自宅 one1 day ---
彼の母がこんな話をしてくれました
ある日の帰宅途中のこと
07:59
andそして he went行った to collegeカレッジ nearby近所の ---
彼の大学は近所にあるのですが
08:02
andそして she彼女 said前記, "I saw見た thatそれ car, whichどの you君は canできる always常に recognize認識する,
「あの子の車は
見たらすぐにわかるでしょ
08:04
in theその parkingパーキング lotロット of aa barバー," she彼女 said前記. (Laughter笑い)
それがバーの駐車場にあったのよ」
(笑)
08:07
"Andそして I thought思想 to myself私自身, they're彼らは six6 feetフィート tall背の高い, he's彼は three feetフィート tall背の高い.
「他の人たちは身長180センチ
彼は90センチだから
08:11
Two beersビール forために themそれら is four4つの beersビール forために him."
2杯のビールは
彼には4杯分ってことよ」
08:16
She彼女 said前記, "I knew知っていた I couldn'tできなかった go行く in thereそこ andそして interrupt割り込み him,
「そこへ割り込んで行くわけにも
いかないし
08:18
butだけど I went行った home自宅, andそして I left him eight8 messagesメッセージ on his cell細胞 phone電話."
家に帰って 彼の携帯に
8回も留守電を入れちゃった」
08:21
She彼女 said前記, "Andそして then次に I thought思想,
「その時 思ったの
08:25
ifif someone誰か had持っていました said前記 to me whenいつ he wasあった bornうまれた
彼が生まれた時に
『いずれは大学の仲間と車で飲みに行って
08:27
thatそれ myじぶんの future未来 worry心配 would〜する be〜する thatそれ he'd彼は go行く drinking飲酒 andそして driving運転 with〜と his collegeカレッジ buddies仲間 --- "
心配させられることになるよ』
なんて言う人がいたかしら」
08:29
(Applause拍手)
(拍手)
08:34
Andそして I said前記 to her彼女, "What do行う you君は think思う you君は didした
彼女に尋ねました
「彼がここまで魅力的で―
08:43
thatそれ helped助けた him to emerge出現する asとして thisこの charming魅力的な, accomplished達成された, wonderful素晴らしい person?"
優秀で素晴らしい人間になったのは
あなたが何をしたからでしょう?」
08:45
Andそして she彼女 said前記, "What didした I do行う? I loved愛された him, that'sそれは allすべて.
彼女は言いました「私が何をしたか?
私は彼を愛してた ただそれだけよ
08:50
Clintonクリントン justちょうど always常に had持っていました thatそれ light in him.
クリントンは輝く素質のある子でした
08:54
Andそして his fatherお父さん andそして I wereあった lucky幸運な enough十分な to be〜する theその first最初 to see見る itそれ thereそこ."
夫と私はそれを誰よりも先に見られて
幸運でした」
08:57
I'm私は going行く to quote見積もり fromから another別の magazineマガジン of theその ''60ss.
ここでまた60年代の別の雑誌から
引用を紹介します
09:04
Thisこの one1 is fromから 1968 --- Theその Atlanticアトランティック Monthly毎月, voice音声 of liberalリベラル Americaアメリカ ---
1968年のアトランティック誌からです
自由主義アメリカの声として
09:07
written書かれた by〜によって an important重要 bioethicist生命倫理学者.
ある生命倫理学の重鎮が書きました
09:13
He said前記, "Thereそこ is noいいえ reason理由 to feel感じる guilty有罪
「ダウン症の子供を捨てたとしても
09:15
about puttingパッティング aa Downダウン syndrome症候群 child away離れて,
何ら罪を感じる必要はない
09:19
whetherかどうか itそれ is put置く away離れて in theその senseセンス of hidden隠された in aa sanitariumサニタリウム
施設に こっそり捨てようと
09:22
orまたは in aa moreもっと responsible責任ある, lethal致死 senseセンス.
もっと責任を問われるような
命に関わる捨て方だろうと
09:27
Itそれ is sad悲しい, yesはい --- dreadful恐ろしい. Butだけど itそれ carries運ぶ noいいえ guilt罪悪感.
それは悲しく厭な事ではあるが
罪を伴うことではない
09:31
True真実 guilt罪悪感 arises発生する onlyのみ fromから an offense犯罪 againstに対して aa person,
罪とは 人間に対して犯すものに
限られるが
09:36
andそして aa Down'sダウン is notない aa person."
ダウン症は人間ではない」
09:40
There'sそこに beenされている aa lotロット of inkインク given与えられた to theその enormous巨大な progress進捗 thatそれ we've私たちは made
ゲイに対する待遇が
大きく進展したことについては
09:45
in theその treatment処理 of gay同性愛者 people.
多くの言説が公になっています
09:49
Theその fact事実 thatそれ our我々の attitude姿勢 has持っている changedかわった is in theその headlines見出し everyすべて day.
ゲイに対する態度が変化したことを
日々マスコミが取り上げています
09:51
Butだけど we我々 forget忘れる howどうやって we我々 used中古 to see見る people who had持っていました otherその他 differences相違,
ところが私たちは他の違いを持つ人々を
過去にどういう目で見ていたか
09:55
howどうやって we我々 used中古 to see見る people who wereあった disabled無効,
障害者を どう見ていたのか
10:00
howどうやって inhuman非人道的な we我々 held開催 people to be〜する.
人々をいかに残酷な生き物にしてきたか
忘れていました
10:02
Andそして theその change変化する that'sそれは beenされている accomplished達成された thereそこ,
今日達成された変化は
10:05
whichどの is almostほぼ equally均等に radicalラジカル,
ゲイと同程度に急進的ですが
10:07
is one1 thatそれ we我々 pay支払う notない very非常に muchたくさん attention注意 to.
私たちは十分に注意を
払ってきませんでした
10:09
One1 of theその families家族 I interviewedインタビューされた, Tomトム andそして Karenカレン Robardsロバース,
私が取材した家族の中に
トム&カレン・ロバーズがいます
10:11
wereあった taken撮影 aback荒れ狂う whenいつ, asとして young若い andそして successful成功した New新しい Yorkersヨークシャー,
若くして成功したニューヨーカーである
夫妻は非常に驚きました
10:15
their彼らの first最初 child wasあった diagnosed診断された with〜と Downダウン syndrome症候群.
初めての子供がダウン症と
診断されたのです
10:19
They彼ら thought思想 theその educational教育的 opportunities機会 forために him wereあった notない what they彼ら should〜すべき be〜する,
夫妻は息子に用意された教育が
適切なものではないと考え
10:23
andそして soそう they彼ら decided決定しました they彼ら would〜する buildビルドする aa little少し centerセンター ---
自らの手で小さな教育センターを
作る決意をしました
10:27
two classrooms教室 thatそれ they彼ら started開始した with〜と aa few少数 otherその他 parents ---
他の親たちと一緒に2つの教室を作り
10:31
to educate教育する kids子供たち with〜と Dd.Ss.
ダウン症の子の教育を始めました
10:34
Andそして over以上 theその years, thatそれ centerセンター grew成長しました into something何か calledと呼ばれる theその Cookeクック Centerセンター,
やがて拡大し「クック・センター」と
呼ばれるまでになり
10:37
whereどこで thereそこ are now thousands upon〜に thousands
今や何千もの知的障害を持つ子たちが
10:41
of children子供 with〜と intellectual知的 disabilities障害 who are beingであること taught教えた.
そこで教育を受けています
10:43
In theその time時間 since以来 thatそれ Atlanticアトランティック Monthly毎月 storyストーリー ran走った,
例のアトランティック誌の記事掲載から
今日までに
10:47
theその life生活 expectancy期待 forために people with〜と Downダウン syndrome症候群 has持っている tripled三倍.
ダウン症の人々の平均余命は
3倍になりました
10:50
Theその experience経験 of Downダウン syndrome症候群 people includes含む thoseそれら who are actors俳優,
ダウン症の人々の中には 役者になったり
10:54
thoseそれら who are writers作家, some一部 who are ableできる to liveライブ fully完全に independently独立して in adulthood成人期.
作家になったり 完全に独立した成人として
生活できている人もいます
10:59
Theその Robardsロバース had持っていました aa lotロット to do行う with〜と thatそれ.
ロバーズ夫妻の功績です
11:05
Andそして I said前記, "Do行う you君は regret後悔 itそれ?
夫妻に尋ねました
「悔いはありますか?」
11:07
Do行う you君は wish望む yourきみの child didn'tしなかった have持ってる Downダウン syndrome症候群?
「我が子がダウン症でなかったらと
思いますか?
11:08
Do行う you君は wish望む you'dあなたは never決して heard聞いた of itそれ?"
ダウン症と縁のない人生を
望みますか?」
11:11
Andそして interestingly興味深いことに his fatherお父さん said前記,
父親の答えは興味深いものでした
11:12
"Wellよく, forために Davidデビッド, our我々の son息子, I regret後悔 itそれ,
「息子のデビッドに関しては
悔いがあります
11:15
becauseなぜなら forために Davidデビッド, it'sそれは aa difficult難しい way方法 to be〜する in theその world世界,
デビッドにとっては
生き辛くさせていますからね
11:17
andそして I'd私は like好きな to give与える Davidデビッド an easierより簡単に life生活.
息子には もっと楽な生き方を
させてあげたかった
11:21
Butだけど I think思う ifif we我々 lost失われた everyoneみんな with〜と Downダウン syndrome症候群, itそれ would〜する be〜する aa catastrophic壊滅的な loss損失."
でも もしダウン症の子を皆 失ったら
それは とてつもない損失です」
11:24
Andそして Karenカレン Robardsロバース said前記 to me, "I'm私は with〜と Tomトム.
カレン・ロバーズは言いました
「私もトムと同じです
11:29
Forために Davidデビッド, I would〜する cure治す itそれ in an instantインスタント to give与える him an easierより簡単に life生活.
息子に関しては すぐにでも治して
もっと楽に生きられるようにしてあげたい
11:32
Butだけど speaking話し中 forために myself私自身 --- wellよく, I would〜する never決して have持ってる believed信じる 23 years ago whenいつ he wasあった bornうまれた
だけど 自分に関して言えば
デビッドが生まれた23年前には
11:36
thatそれ I couldできた come来る to suchそのような aa pointポイント ---
考えられなかったことだけど
11:41
speaking話し中 forために myself私自身, it'sそれは made me soそう muchたくさん betterより良い andそして soそう muchたくさん kinderキンダー
私自身は ダウン症と関わって
ずっと親切で良い人間になれたし
11:43
andそして soそう muchたくさん moreもっと purposeful意図的 in myじぶんの whole全体 life生活,
はっきり目的を持って
生きられるようになったわ
11:48
thatそれ speaking話し中 forために myself私自身, I wouldn'tしないだろう give与える itそれ upアップ forために anything何でも in theその world世界."
だから私に関して言えば
悔いは何一つありません」
11:51
We我々 liveライブ at〜で aa pointポイント whenいつ socialソーシャル acceptance受け入れ forために theseこれら andそして manyたくさんの otherその他 conditions条件
ダウン症を含む様々な障害が
確実に社会で受容される時代に
11:57
is on theその upアップ andそして upアップ.
私たちは生きています
12:02
Andそして yetまだ we我々 alsoまた、 liveライブ at〜で theその moment瞬間
そして同時に この時代は
12:03
whenいつ our我々の ability能力 to eliminate排除する thoseそれら conditions条件
その障害を取り除くための
我々の能力も
12:05
has持っている reached到達した aa height高さ we我々 never決して imagined想像した before.
かつて想像できなかった程の
レベルに達しています
12:08
Most最も deaf聴覚障害者 infants幼児 bornうまれた in theその Unitedユナイテッド States now
今日 アメリカで ろうで生まれた子の
ほとんどは
12:11
will意志 receive受け取る Cochlear蝸牛 implantsインプラント,
人工内耳の手術が受けられます
12:14
whichどの are put置く into theその brain andそして connected接続された to aa receiver受信機,
人工内耳を脳に埋め込み
受信機と接続することで
12:16
andそして whichどの allow許す themそれら to acquire獲得する aa facsimileファクシミリ of hearing聴覚 andそして to useつかいます oralオーラル speechスピーチ.
彼らは電送によって聞き
発語できるようになります
12:21
Aa compound化合物 thatそれ has持っている beenされている testedテストされた in miceマウス, BMN-bmn-111,
すでにマウス実験を終えた
BMN-111という治験薬は
12:26
is useful有用 in preventing予防する theその actionアクション of theその achondroplasia無軟骨形成 gene遺伝子.
軟骨発育不全症の遺伝子の作用を
防ぐのに効果があります
12:30
Achondroplasia無軟骨形成 is theその most最も common一般 form of dwarfism小人症,
軟骨発育不全は小人症の原因として
最も多いものですが
12:35
andそして miceマウス who have持ってる beenされている given与えられた thatそれ substance物質 andそして who have持ってる theその achondroplasia無軟骨形成 gene遺伝子,
軟骨発育不全の遺伝子を持つマウスに
その薬を与えると
12:38
grow成長する to full満員 sizeサイズ.
通常のサイズに成長します
12:42
Testingテスト in humans人間 is aroundまわり theその cornerコーナー.
人間への臨床試験まで
あと少しです
12:44
Thereそこ are blood血液 testsテスト whichどの are making作る progress進捗
ダウン症の胎児をより正確に
12:46
thatそれ would〜する pickピック upアップ Downダウン syndrome症候群 moreもっと clearlyはっきりと andそして earlier先に in pregnancies妊娠 thanより everこれまで before,
かつてないほど早い段階で判定できる
血液検査も進歩しています
12:48
making作る itそれ easierより簡単に andそして easierより簡単に forために people to eliminate排除する thoseそれら pregnancies妊娠,
これにより妊娠中絶を望む場合には
より簡単に
12:54
orまたは to terminate終了する themそれら.
できるようになります
12:59
Andそして soそう we我々 have持ってる bothどちらも socialソーシャル progress進捗 andそして medical医療 progress進捗.
このように社会的にも医学的にも
進歩があります
13:00
Andそして I believe信じる in bothどちらも of themそれら.
私はどちらも大切なことだと思います
13:05
I believe信じる theその socialソーシャル progress進捗 is fantastic素晴らしい andそして meaningful意味のある andそして wonderful素晴らしい,
社会的な進歩は素敵なことですし
有意義で素晴らしいと思います
13:07
andそして I think思う theその same同じ thingもの about theその medical医療 progress進捗.
医学的な進歩も同様に
素晴らしいと考えています
13:11
Butだけど I think思う it'sそれは aa tragedy悲劇 whenいつ one1 of themそれら doesn'tしない see見る theその otherその他.
しかし 双方の思惑がすれ違っていては
悲劇です
13:14
Andそして whenいつ I see見る theその way方法 they're彼らは intersecting交差する
私が挙げた3つの障害を取り巻く環境で
13:18
in conditions条件 like好きな theその three I've私は justちょうど described記載された,
2つの進歩が交差する様子は
13:20
I sometimes時々 think思う it'sそれは like好きな thoseそれら moments瞬間 in grand壮大 operaオペラ
まるでグランド・オペラの一幕のようだと
思うことがあります
13:23
whenいつ theその heroヒーロー realizes実現する he loves愛する theその heroineヒロイン
主人公がヒロインを愛していると悟った
まさにその時
13:26
at〜で theその exact正確 moment瞬間 thatそれ she彼女 lies expiring失効する on aa divan恋人.
ヒロインは横たわり息を引き取るという
あの場面です
13:29
(Laughter笑い)
(笑)
13:33
We我々 have持ってる to think思う about howどうやって we我々 feel感じる about cures治癒 altogether全部.
私たちは 治療に対する感情について
一緒に考えなくてはなりません
13:36
Andそして aa lotロット of theその time時間 theその question質問 of parenthood親父 is,
親の立場から
いつも問題となるのは
13:40
what do行う we我々 validate検証 in our我々の children子供,
自分たちの子供の何に
価値を見出すのか
13:43
andそして what do行う we我々 cure治す in themそれら?
子供の何を治すのかということです
13:45
Jimジム Sinclairシンクレア, aa prominent著名な autism自閉症 activist活動家, said前記,
ジム・シンクレアという有名な
自閉症の活動家がこう言っています
13:47
"Whenいつ parents sayいう 'I'私 wish望む myじぶんの child didした notない have持ってる autism自閉症,''
「親が 『うちの子に自閉症がなければ
良かったのに』と言ったら それは
13:51
what they're彼らは really本当に saying言って is 'I'私 wish望む theその child I have持ってる didした notない exist存在する
『この子が生まれてこなかったら
良かったのに そして代わりに―
13:55
andそして I had持っていました aa different異なる, non-autistic非自閉症 child instead代わりに.''
自閉症でない子供がほしかった』と
言っているのと同じです」
14:00
Read読む thatそれ again再び. Thisこの is what we我々 hear聞く whenいつ you君は mourn嘆く over以上 our我々の existence存在.
「よく考えてください 私たちの存在を
嘆いているように聞こえるのですよ
14:04
Thisこの is what we我々 hear聞く whenいつ you君は pray祈る forために aa cure治す ---
あなた方が私たちの治癒を願う時
私たちは こう感じています
14:09
thatそれ yourきみの fondest思慮深く wish望む forために us米国
あなた方の一番の願いは
14:12
is thatそれ somedayいつか we我々 will意志 cease停止する to be〜する
私たちの存在がなくなり
その中身だけが
14:14
andそして strangers見知らぬ人 you君は canできる love will意志 move動く in behind後ろに our我々の faces."
あなた方の愛せる知らない誰かと
こっそり入れ替わることなのだと」
14:17
It'sそれは aa very非常に extreme極端な pointポイント of view見る,
これは非常に極端な物の見方ですが
14:22
butだけど itそれ pointsポイント to theその reality現実 thatそれ people engage従事する with〜と theその life生活 they彼ら have持ってる
障害を持つ人々が人生で直面している
現実を示しています
14:25
andそして they彼ら don'tしない want欲しいです to be〜する cured硬化した orまたは changedかわった orまたは eliminated除去された.
彼らは治癒も変化も
障害の除去も 望んではいないのです
14:29
They彼ら want欲しいです to be〜する whoever誰でも itそれ is thatそれ they've彼らは come来る to be〜する.
どんな境遇であれ
彼らは自分のままでありたいのです
14:34
One1 of theその families家族 I interviewedインタビューされた forために thisこの projectプロジェクト
このプロジェクトのために
インタビューした家族の中に
14:37
wasあった theその family家族 of Dylanディラン Kleboldクレボルド who wasあった one1 of theその perpetrators加害者 of theその Columbineコルンビン massacre虐殺.
コロンバイン高校の虐殺犯の一人
ディラン・クレボルドの家族がいました
14:41
Itそれ took取った aa long長いです time時間 to persuade説得する themそれら to talkトーク to me,
話してくれるよう説得するには
長い時間がかかりましたが
14:46
andそして once一度 they彼ら agreed同意した, they彼ら wereあった soそう full満員 of their彼らの storyストーリー
一旦了解すると 彼らからは
様々な話が溢れ出し
14:49
thatそれ they彼ら couldn'tできなかった stopやめる telling伝える itそれ.
止めどもなく 語ってくれました
14:52
Andそして theその first最初 weekend週末 I spent過ごした with〜と themそれら --- theその first最初 of manyたくさんの ---
週末ごとに何度も 彼らに会いましたが
14:53
I recorded記録された moreもっと thanより 20 hours時間 of conversation会話.
その初回だけでも
20時間以上の会話を録音しました
14:56
Andそして on Sunday日曜日 night, we我々 wereあった allすべて exhausted疲れた.
日曜の夜には全員 疲れ果てていました
14:59
We我々 wereあった sitting座っている in theその kitchenキッチン. Sue訴える Kleboldクレボルド wasあった fixing固定 dinnerディナー.
私たちは台所に座り スー・クレボルドは
晩御飯の支度中でした
15:01
Andそして I said前記, "Ifif Dylanディラン wereあった hereここに now,
私は尋ねました
「もしディランが今ここに居たら
15:04
do行う you君は have持ってる aa senseセンス of what you'dあなたは want欲しいです to ask尋ねる him?"
彼に何か聞きたいという気持ちは
ありますか?」
15:07
Andそして his fatherお父さん said前記, "I sure確かに do行う.
父親はこう答えました
「もちろんです
15:10
I'd私は want欲しいです to ask尋ねる him what theその hell地獄 he thought思想 he wasあった doingやっている."
どういうつもりで あんな事をしでかしたか
聞いてやりたいです」
15:12
Andそして Sue訴える looked見た at〜で theその floor, andそして she彼女 thought思想 forために aa minute.
スーは床を見つめて
しばらく考えていました
15:16
Andそして then次に she彼女 looked見た backバック upアップ andそして said前記,
顔を上げると 彼女はこう言いました
15:19
"I would〜する ask尋ねる him to forgive許す me forために beingであること his mother
「私は母親でありながら
彼の内面で何が起きているのか
15:21
andそして never決して knowing知っている what wasあった going行く on inside内部 his head."
分かってあげられなかったことを
許してと言いたいわ」
15:25
Whenいつ I had持っていました dinnerディナー with〜と her彼女 aa coupleカップル of years later後で ---
数年後 彼女と夕食を
とっていた時のことです
15:30
one1 of manyたくさんの dinners夕食 thatそれ we我々 had持っていました together一緒に ---
何度も ご一緒したうちの一回です
15:33
she彼女 said前記, "You君は know知っている, whenいつ itそれ first最初 happened起こった,
彼女は言いました
「あの事件があった時
15:35
I used中古 to wish望む thatそれ I had持っていました never決して married既婚, thatそれ I had持っていました never決して had持っていました children子供.
私は結婚して子供を持ったことを
とても悔やんでいたわ
15:38
Ifif I hadn'tなかった gone行った to Ohioオハイオ州 State状態 andそして crossed交差した pathsパス with〜と Tomトム,
もし私がオハイオ州立大に行かず
トムと出会わなければ
15:42
thisこの child wouldn'tしないだろう have持ってる existed存在した andそして thisこの terribleひどい thingもの wouldn'tしないだろう have持ってる happened起こった.
あの子は生まれてこなかったし
あの悲惨な事件も起きなかったでしょう
15:45
Butだけど I've私は come来る to feel感じる thatそれ I love theその children子供 I had持っていました soそう muchたくさん
でも ようやく私は子供たちを
とても愛していたと思えるようになったの
15:49
thatそれ I don'tしない want欲しいです to imagine想像する aa life生活 withoutなし themそれら.
子供たち抜きの人生なんて
想像できないわ
15:54
I recognize認識する theその pain痛み they彼ら caused原因 to othersその他, forために whichどの thereそこ canできる be〜する noいいえ forgiveness許し,
あの子達が他の人に与えた苦しみは
決して許されるものではありません
15:57
butだけど theその pain痛み they彼ら caused原因 to me, thereそこ is," she彼女 said前記.
でも 私の苦しみに限っては
許してやろうと思うの」
16:02
"Soそう whilewhile I recognize認識する thatそれ itそれ would〜する have持ってる beenされている betterより良い forために theその world世界
「だから もしディランが
生まれてこなかったとしたら
16:05
ifif Dylanディラン had持っていました never決して beenされている bornうまれた,
世の中にとって良かったとは思うけど
16:09
I've私は decided決定しました thatそれ itそれ would〜する notない have持ってる beenされている betterより良い forために me."
私にとっては そうではなかったと
思うことに決めたの」
16:12
I thought思想 itそれ wasあった surprising驚くべき howどうやって allすべて of theseこれら families家族 had持っていました allすべて of theseこれら children子供 with〜と allすべて of theseこれら problems問題,
驚くべきことだと思いました
様々な問題のある子供を持つ家族は皆
16:17
problems問題 thatそれ they彼ら mostly主に would〜する have持ってる done完了 anything何でも to avoid避ける,
大抵 その問題を何とか回避しようとし
16:24
andそして thatそれ they彼ら had持っていました allすべて found見つけた soそう muchたくさん meaning意味 in thatそれ experience経験 of parenting子育て.
そこで親として経験したことに
とても大きな意義を見出しているのです
16:27
Andそして then次に I thought思想, allすべて of us米国 who have持ってる children子供
そして私は 子供を持つ全ての親は
16:30
love theその children子供 we我々 have持ってる, with〜と their彼らの flaws欠陥.
その欠陥も含めて我が子を
愛しているのだと思いました
16:34
Ifif some一部 glorious栄光の angel天使 suddenly突然 descended降下した throughを通して myじぶんの living生活 roomルーム ceiling天井
もしも突然 美しい天使が
リビングの天井から舞い降りて来て
16:36
andそして offered提供された to take取る away離れて theその children子供 I have持ってる
私の子供を取り上げる代わりに
16:41
andそして give与える me otherその他, betterより良い children子供 --- moreもっと polite丁寧, funnier面白い, nicerより良い, smarterスマートな ---
もっと良い子供― 礼儀正しくて 愉快で
素直で 賢い子供をあげると言われたら
16:43
I would〜する clingしがみつく to theその children子供 I have持ってる andそして pray祈る away離れて thatそれ atrociousひどい spectacle光景.
私は我が子に しがみついて
その最悪な状況が過ぎ去るよう祈るでしょう
16:49
Andそして ultimately最終的に I feel感じる
こうした感情は 結局のところ
16:54
thatそれ in theその same同じ way方法 thatそれ we我々 testテスト flame-retardant難燃剤 pajamasパジャマ in an infernoインフェルノ
我が子がストーブに手を伸ばした時
火がつかないように
16:56
to ensure確実に they彼ら won't〜されません catchキャッチ fire火災 whenいつ our我々の child reaches届く across横断する theその stoveレンジ,
燃えないパジャマを
念のため火にくべてみるのと同じです
17:00
soそう theseこれら stories物語 of families家族 negotiating交渉 theseこれら extreme極端な differences相違
乗り越えてきた違いは極端でも
これらの家族のストーリーは
17:05
reflect反映する on theその universalユニバーサル experience経験 of parenting子育て,
万国共通の親心の表れであって
17:09
whichどの is always常に thatそれ sometimes時々 you君は look見える at〜で yourきみの child andそして you君は think思う,
親が子供の顔を見て ふと思う
あの感慨と同じです
17:11
whereどこで didした you君は come来る fromから?
「あなたはどこから来たの?」
17:15
(Laughter笑い)
(笑)
17:18
Itそれ turnsターン outでる thatそれ whilewhile each of theseこれら individual個人 differences相違 is siloed無垢 ---
それぞれの違いは個別で
それ自体に関連性はありませんから
17:20
thereそこ are onlyのみ soそう manyたくさんの families家族 dealing対処する with〜と schizophrenia統合失調症,
ある家族は統合失調症に取り組み
17:25
thereそこ are onlyのみ soそう manyたくさんの families家族 of children子供 who are transgenderトランスジェンダー,
ある家族はトランスジェンダーの子を持つ
という具合ですが
17:28
thereそこ are onlyのみ soそう manyたくさんの families家族 of prodigies新星 ---
天才児を抱えた家族にしても
17:30
who alsoまた、 face similar類似 challenges挑戦 in manyたくさんの ways方法 ---
直面する困難としては よく似ています
17:32
thereそこ are onlyのみ soそう manyたくさんの families家族 in each of thoseそれら categoriesカテゴリ ---
各カテゴリーに分類される家族の
数は限られるものの
17:35
butだけど ifif you君は start開始 to think思う
家族の間で生じた違いに―
17:37
thatそれ theその experience経験 of negotiating交渉 difference within以内 yourきみの family家族
折り合いをつけていく経験を
他の人々も取り組んでいるのだと
17:39
is what people are addressingアドレッシング,
考えるようにすれば
17:42
then次に you君は discover発見する thatそれ it'sそれは aa nearlyほぼ universalユニバーサル phenomenon現象.
それが ごく一般的な現象であることに
気づくでしょう
17:44
Ironically皮肉なことに, itそれ turnsターン outでる, thatそれ it'sそれは our我々の differences相違, andそして our我々の negotiationネゴシエーション of difference,
皮肉なことですが 違いがあり
その違いに折り合いをつけていくからこそ
17:48
thatそれ unite団結する us米国.
私たちの間に 結びつきが生まれるのです
17:53
I decided決定しました to have持ってる children子供 whilewhile I wasあった workingワーキング on thisこの projectプロジェクト.
このプロジェクトに取り組みながら 私は
自分も子供を持つことを決心しました
17:55
Andそして manyたくさんの people wereあった astonished驚いた andそして said前記,
多くの人たちは驚いて こう言いました
18:01
"Butだけど howどうやって canできる you君は decide決めます to have持ってる children子供
「子育ての大変さを調査している最中に
18:04
in theその midst of studying勉強する everythingすべて thatそれ canできる go行く wrong違う?"
よく子供を持とうと思ったね」
18:05
Andそして I said前記, "I'm私は notない studying勉強する everythingすべて thatそれ canできる go行く wrong違う.
こう返しました 「私は大変さを
調査しているんじゃないですよ
18:10
What I'm私は studying勉強する is howどうやって muchたくさん love thereそこ canできる be〜する,
私が調査しているのは
ものすごく大変そうな中に
18:13
even偶数 whenいつ everythingすべて appears登場する to be〜する going行く wrong違う."
いかに たくさんの愛が存在しているか
ということです」
18:16
I thought思想 aa lotロット about theその mother of one1 disabled無効 child I had持っていました seen見た,
私は障害児を持った ある母親のことを
よく考えました
18:21
aa severelyひどく disabled無効 child who died死亡しました throughを通して caregiver介護者 neglect無視する.
その子は重度の障害児で
介護者のネグレクトによって亡くなりました
18:26
Andそして whenいつ his ashes wereあった interred間もなく, his mother said前記,
遺灰を埋める時 母親はこう言いました
18:30
"I pray祈る hereここに forために forgiveness許し forために having持つ beenされている twice二度 robbed強盗,
「2度に渡って奪われた罪を
お赦しいただきたく 祈ります
18:33
once一度 of theその child I wanted欲しい andそして once一度 of theその son息子 I loved愛された."
一度は私が望んだ子
そして もう一度は私が愛した子を」
18:41
Andそして I figured思った itそれ wasあった possible可能 then次に forために anyone誰でも to love anyどれか child
それを聞き私は 強い意志さえあれば
どんな人でも どんな子でも
18:47
ifif they彼ら had持っていました theその effective効果的な will意志 to do行う soそう.
愛することが可能なのだと気づきました
18:52
Soそう myじぶんの husband is theその biological生物学的 fatherお父さん of two children子供
私の夫には ミネアポリスに住む
レズビアンの友人との間に
18:54
with〜と some一部 lesbianレズビアン friends友達 in Minneapolisミネアポリス.
血のつながった子が2人います
18:59
I had持っていました aa close閉じる friend友人 fromから collegeカレッジ who'd誰が gone行った throughを通して aa divorce離婚 andそして wanted欲しい to have持ってる children子供.
私には 大学からの親友で 離婚を経て
子供が欲しくなった女性がいて
19:02
Andそして soそう she彼女 andそして I have持ってる aa daughter,
彼女と私の間に娘がいます
19:08
andそして mother andそして daughter liveライブ in Texasテキサス.
彼女と娘はテキサスで暮らしています
19:10
Andそして myじぶんの husband andそして I have持ってる aa son息子 who lives人生 with〜と us米国 allすべて theその time時間
夫と私にはずっと一緒に暮らしている
息子がいますが
19:12
of whom I am午前 theその biological生物学的 fatherお父さん,
息子と私は血がつながっています
19:15
andそして our我々の surrogate代理 forために theその pregnancy妊娠 wasあった Lauraローラ,
代理母になってくれたのはローラという
ミネアポリスに住むレズビアンで
19:17
theその lesbianレズビアン mother of Oliverオリバー andそして Lucyルシー in Minneapolisミネアポリス.
彼女にはオリバーとルーシーという
子供がいます
19:21
(Applause拍手)
(拍手)
19:24
Soそう theその shorthand簡略 is five parents of four4つの children子供 in three states.
要約すると 3つの州に
4人の子供の親が5人いるわけです
19:33
Andそして thereそこ are people who think思う thatそれ theその existence存在 of myじぶんの family家族
こんな家族が存在すると
自分たちの家族が傷つけられたり
19:39
somehow何とか undermines衰弱する orまたは weakens弱くする orまたは damages損害 their彼らの family家族.
弱体化させられたり 害を与えられると
考える人々がいます
19:42
Andそして thereそこ are people who think思う thatそれ families家族 like好きな mine鉱山
私の家族のようなものの存在は
許されるべきでないと
19:47
shouldn'tすべきではない be〜する allowed許可された to exist存在する.
考える人々もいます
19:50
Andそして I don'tしない accept受け入れる subtractive減算 modelsモデル of love, onlyのみ additive添加剤 onesもの.
私は 引き算の愛は認めません
認めるのは足し算の愛のみです
19:52
Andそして I believe信じる thatそれ in theその same同じ way方法 thatそれ we我々 need必要 species diversity多様性
この星が確実に存続していくために
19:58
to ensure確実に thatそれ theその planet惑星 canできる go行く on,
種の多様性が必要なように
20:01
soそう we我々 need必要 thisこの diversity多様性 of affection愛情 andそして diversity多様性 of family家族
優しさの生態圏を強化するために
20:03
in order注文 to strengthen強化する theその ecosphereエコスフィア of kindness親切.
私たちには愛情の多様性と
家族の多様性が必要なのです
20:08
Theその day after our我々の son息子 wasあった bornうまれた,
息子が生まれた翌日
20:12
theその pediatrician小児科医 came来た into theその hospital病院 roomルーム andそして said前記 she彼女 wasあった concerned心配している.
小児科医が病室に入ってきて
気になることがあると言いました
20:15
He wasn'tなかった extending拡張する his legs appropriately適切に.
息子の足の伸ばし方が
おかしいと言うのです
20:19
She彼女 said前記 thatそれ mightかもしれない mean平均 thatそれ he had持っていました brain damage損傷.
脳に障害があるかもしれないと
いうことでした
20:22
In soそう far遠い asとして he wasあった extending拡張する themそれら, he wasあった doingやっている soそう asymmetrically非対称に,
確かに彼の足の伸ばし方は
左右対称ではなく
20:25
whichどの she彼女 thought思想 couldできた mean平均 thatそれ thereそこ wasあった aa tumor腫瘍 of some一部 kind種類 in actionアクション.
それで医者は何らかの腫瘍のせい
ではないかと考えたのです
20:29
Andそして he had持っていました aa very非常に large head, whichどの she彼女 thought思想 mightかもしれない indicate示す hydrocephalus水頭症.
更に彼は頭がとても大きく 医者は
水頭症の兆候かもしれないと考えました
20:32
Andそして asとして she彼女 told言った me allすべて of theseこれら thingsもの,
医者の説明を聞いて
20:37
I feltフェルト theその very非常に centerセンター of myじぶんの beingであること pouring注ぐ outでる onto〜に theその floor.
私は 自分の中心が 床の上に
溢れ出すような感覚を覚えました
20:39
Andそして I thought思想, hereここに I had持っていました beenされている workingワーキング forために years
それまでの仕事で 私は
20:43
on aa book about howどうやって muchたくさん meaning意味 people had持っていました found見つけた
障害児を育てる経験を通して
20:45
in theその experience経験 of parenting子育て children子供 who are disabled無効,
人々が感得する意義について
執筆していながら
20:48
andそして I didn'tしなかった want欲しいです to join参加する their彼らの number.
自分は仲間に入りたくないと思いました
20:51
Becauseなぜなら what I wasあった encountering遭遇する wasあった an ideaアイディア of illness病気.
私が直面していたのは
病気という観念だったからです
20:55
Andそして like好きな allすべて parents since以来 theその dawn夜明け of time時間,
歴史開闢以来 どの親もそうであるように
20:58
I wanted欲しい to protect保護する myじぶんの child fromから illness病気.
私は我が子を
病気から守りたいと思いました
21:00
Andそして I wanted欲しい alsoまた、 to protect保護する myself私自身 fromから illness病気.
私自身も病気から
身を守りたいと思いました
21:03
Andそして yetまだ, I knew知っていた fromから theその work作業 I had持っていました done完了
同時に 私は自分の仕事を通じて
21:07
thatそれ ifif he had持っていました anyどれか of theその thingsもの we我々 wereあった about to start開始 testingテスト forために,
これから検査をして 息子に何らかの
問題があったとしても
21:09
thatそれ thoseそれら would〜する ultimately最終的に be〜する his identity身元,
結局はそれが この子の
アイデンティティとなり
21:13
andそして ifif they彼ら wereあった his identity身元 they彼ら would〜する become〜になる myじぶんの identity身元,
だとすれば それは
私のアイデンティティにもなるのだと
21:16
thatそれ thatそれ illness病気 wasあった going行く to take取る aa very非常に different異なる shape形状 asとして itそれ unfolded折りたたまれていない.
その病気はこの先 大きく形を
変えていくのだと 知っていました
21:21
We我々 took取った him to theその MRImri machine機械, we我々 took取った him to theその CATネコ scannerスキャナ,
私たちは息子を MRI や CT にかけ
21:25
we我々 took取った thisこの day-old一歳 child andそして gave与えた him over以上 forために an arterial動脈 blood血液 drawドロー.
生後1日の我が子に
動脈血の検査を受けさせました
21:28
We我々 feltフェルト helpless無力.
無力感を味わいました
21:32
Andそして at〜で theその end終わり of five hours時間,
そして5時間が経過した後
21:33
they彼ら said前記 thatそれ his brain wasあった completely完全に clearクリア
医者たちは彼の脳には何の問題もなく
21:34
andそして thatそれ he wasあった by〜によって then次に extending拡張する his legs correctly正しく.
足の伸ばし方も良くなったと言いました
21:37
Andそして whenいつ I asked尋ねた theその pediatrician小児科医 what had持っていました beenされている going行く on,
私が小児科医に何が起きたのか尋ねると
21:40
she彼女 said前記 she彼女 thought思想 in theその morning he had持っていました probably多分 had持っていました aa crampけいれん.
こんな答えでした
「朝 痙攣を起こしたせいかしらね」
21:43
(Laughter笑い)
(笑)
21:47
Butだけど I thought思想 howどうやって myじぶんの mother wasあった right.
それにしても 私は母の言ったことは
正しかったと思いました
21:51
I thought思想, theその love you君は have持ってる forために yourきみの children子供
「子供に対する親の愛情は
21:58
is unlike違う anyどれか otherその他 feeling感じ in theその world世界,
他のどんな感情にも
代えがたいものであり
22:02
andそして until〜まで you君は have持ってる children子供, you君は don'tしない know知っている what itそれ feels感じる like好きな.
子供を持ってみないと わからない」
本当にそうだと思いました
22:05
I think思う children子供 had持っていました ensnared捕まえられた me
私が父親になることと 失うことを
22:11
theその moment瞬間 I connected接続された fatherhood父親 with〜と loss損失.
結びつけた その瞬間
私は子供たちに試されたのだと思います
22:14
Butだけど I'm私は notない sure確かに I would〜する have持ってる noticed気づいた thatそれ
しかし 調査の真っ最中でなかったら
22:17
ifif I hadn'tなかった beenされている soそう in theその thick厚い of thisこの research研究 projectプロジェクト of mine鉱山.
私はそのことに気づけたかどうか
分かりません
22:19
I'd私は encountered遭遇した soそう muchたくさん strange奇妙な love,
私はたくさんの
不思議な愛の形を見てきました
22:25
andそして I fell落ちた very非常に naturally当然 into itsその bewitching魔法使い patternsパターン.
そして私はその魅惑的なパターンに
自然と はまりこんでいきました
22:28
Andそして I saw見た howどうやって splendor素晴らしい canできる illuminate照らす even偶数 theその most最も abject暴力 vulnerabilities脆弱性.
そして どんなに救いがたい弱さにも
光は当たるのだということを見てきました
22:32
During theseこれら 10 years, I had持っていました witnessed目撃した andそして learned学んだ
この10年間で私が目撃し学んできたのは
22:38
theその terrifying恐ろしい joy喜び of unbearable耐え難い responsibility責任,
耐え難いほどの重責がもたらす
身のすくむような喜びです
22:42
andそして I had持っていました come来る to see見る howどうやって itそれ conquers征服する everythingすべて elseelse.
それは他の何物にも勝るということが
分かるようになりました
22:46
Andそして whilewhile I had持っていました sometimes時々 thought思想 theその parents I wasあった interviewing面接 wereあった fools愚か者,
私はインタビューをしながら この親は
馬鹿だと思うことがありました
22:49
enslaving奴隷化 themselves自分自身 to aa lifetime's生涯 journey with〜と their彼らの thankless感謝しない children子供
感謝もしない子供のために一生を捧げ
人生を棒に振り
22:54
andそして trying試す to breed繁殖 identity身元 outでる of misery不幸,
不幸の中からアイデンティティを
つむぎ出そうとするなんて
22:58
I realized実現した thatそれ day thatそれ myじぶんの research研究 had持っていました built建てられた me aa plank
しかし 私はあの日 気づいたのです
調査のおかげで私には素地ができており
23:01
andそして thatそれ I wasあった ready準備完了 to join参加する themそれら on their彼らの ship.
他の親たちと
運命を共にする覚悟があると
23:06
Thank感謝 you君は.
ありがとうございました
23:09
(Applause拍手)
(拍手)
23:11
Translated by Seiryu Matsuura
Reviewed by Emi Kamiya

▲Back to top

About the speaker:

Andrew Solomon - Writer
Andrew Solomon writes about politics, culture and psychology.

Why you should listen

Andrew Solomon is a writer, lecturer and Professor of Clinical Psychology at Columbia University. He is president of PEN American Center. He writes regularly for The New Yorker and the New York Times.

Solomon's newest book, Far and Away: Reporting from the Brink of Change, Seven Continents, Twenty-Five Years was published in April, 2016. His previous book, Far From the Tree: Parents, Children, and the Search for Identity won the National Book Critics Circle award for nonfiction, the Wellcome Prize and 22 other national awards. It tells the stories of parents who not only learn to deal with their exceptional children but also find profound meaning in doing so. It was a New York Times bestseller in both hardcover and paperback editions. Solomon's previous book, The Noonday Demon: An Atlas of Depression, won the 2001 National Book Award for Nonfiction, was a finalist for the 2002 Pulitzer Prize and was included in The Times of London's list of one hundred best books of the decade. It has been published in twenty-four languages. Solomon is also the author of the novel A Stone Boat and of The Irony Tower: Soviet Artists in a Time of Glasnost.

Solomon is an activist in LGBT rights, mental health, education and the arts. He is a member of the boards of directors of the National LGBTQ Force and Trans Youth Family Allies. He is a member of the Board of Visitors of Columbia University Medical Center, serves on the National Advisory Board of the Depression Center at the University of Michigan, is a director of Columbia Psychiatry and is a member of the Advisory Board of the Depression and Bipolar Support Alliance. Solomon also serves on the boards of the Metropolitan Museum of Art, Yaddo and The Alex Fund, which supports the education of Romani children. He is also a fellow of Berkeley College at Yale University and a member of the New York Institute for the Humanities and the Council on Foreign Relations.

Solomon lives with his husband and son in New York and London and is a dual national. He also has a daughter with a college friend; mother and daughter live in Texas but visit often.


More profile about the speaker
Andrew Solomon | Speaker | TED.com