English-Video.net comment policy

The comment field is common to all languages

Let's write in your language and use "Google Translate" together

Please refer to informative community guidelines on TED.com

TEDGlobal 2009

Beau Lotto: Optical illusions show how we see

ボー・ロット:目の錯覚が示す私たちの物の見方

Filmed
Views 5,047,825

ボー・ロットが行う色のゲームは視覚を混乱させますが、脳がどのように働くのかという普段は見えないことにも光を当てます。楽しみながら自分自身で視覚が持つさまざまな感覚を知ることで、進化がいかにして我々の知覚に色づけしているのかがはっきりします。

- Neuroscientist, Artist
Beau Lotto is founder of Lottolab, a hybrid art studio and science lab. With glowing, interactive sculpture -- and old-fashioned peer-reviewed research--he's illuminating the mysteries of the brain's visual system. Full bio

I want欲しいです to start開始 with〜と aa gameゲーム.
まず、ゲームをしてみたいと思います
00:13
Andそして to win勝つ thisこの gameゲーム,
目の前の現実を
00:16
allすべて you君は have持ってる to do行う is see見る theその reality現実 that'sそれは in frontフロント of you君は
そのまま見ることができれば
00:18
asとして itそれ really本当に is. Allすべて right?
勝ちです いいですか?
00:21
Soそう, we我々 have持ってる two panelsパネル hereここに,
2枚のパネルに
00:23
of colored着色 dotsドット.
色のついた円が貼ってあります
00:25
Andそして one1 of thoseそれら dotsドット is theその same同じ
一つだけどちらのパネルでも
00:27
in theその two panelsパネル. Okayはい?
同じ色のものがあります
00:30
Andそして you君は have持ってる to telltell me whichどの one1.
それがどれだか当ててください
00:33
Now, narrow狭い itそれ downダウン to
灰色、緑、オレンジの3つから
00:35
theその grayグレー one1, theその green one1 andそして, sayいう, theその orangeオレンジ one1.
選ぶことにしましょう
00:38
Soそう, by〜によって aa showショー of hands --- we'll私たちは start開始 with〜と theその easiest最も簡単な one1 ---
手を挙げてください いちばん簡単な質問です
00:41
Showショー of hands: howどうやって manyたくさんの people think思う it'sそれは theその grayグレー one1?
挙手ですよ 灰色だと思う人は?
00:44
Really本当に? Okayはい.
そうですか
00:48
Howどうやって manyたくさんの people think思う it'sそれは theその green one1?
緑だと思う人は?
00:50
Andそして howどうやって manyたくさんの people think思う it'sそれは theその orangeオレンジ one1?
オレンジ色だと思う人は?
00:55
Prettyかなり even偶数 splitスプリット.
きれいに3つに分かれました
00:59
Let'sさあ find見つける outでる what theその reality現実 is.
実際はどうか見てみましょう
01:02
Hereここに is theその orangeオレンジ one1.
まず、オレンジ色
01:05
(Laughter笑い)
(笑)
01:08
Hereここに is theその green one1.
次に緑色
01:10
Andそして hereここに is theその grayグレー one1.
そして灰色がこうです
01:13
(Laughter笑い)
(笑)
01:17
Soそう, forために allすべて of you君は who saw見た thatそれ, you'reあなたは aa completeコンプリート realist現実主義者. Allすべて right?
これを見たあなた方はまさに現実主義者です
01:20
(Laughter笑い)
(笑)
01:24
Soそう, thisこの is prettyかなり amazing素晴らしい, actually実際に, isn'tない itそれ?
驚いたでしょう
01:26
Becauseなぜなら nearlyほぼ everyすべて living生活 systemシステム
ほとんど全ての生物が
01:28
has持っている evolved進化した theその ability能力 to detect検出する light in one1 way方法 orまたは another別の.
光を感知する能力を発達させています
01:30
Soそう, forために us米国, seeing見る color is one1 of theその simplest最も単純な thingsもの theその brain doesする.
だから、色を見ることは脳が行うもっとも単純な機能の一つなのです
01:33
Andそして yetまだ, even偶数 at〜で thisこの most最も fundamental基本的な levelレベル,
でも、こんなに基本的なレベルでさえ
01:38
contextコンテキスト is everythingすべて.
状況が全てなのです
01:40
What I want欲しいです to talkトーク about is notない thatそれ contextコンテキスト is everythingすべて,
お伝えしたいのは、状況が全てだということではなく
01:43
butだけど whyなぜ is contextコンテキスト everythingすべて.
なぜそうなのかということです
01:46
Becauseなぜなら it'sそれは answering答える thatそれ question質問 thatそれ tells伝える us米国 notない onlyのみ
その問いに答えることは、なぜ我々がそのように見るかだけでなく
01:48
whyなぜ we我々 see見る what we我々 do行う,
個人として、そして社会として
01:52
butだけど who we我々 are asとして individuals個人,
自分たちが何者なのかということへの
01:54
andそして who we我々 are asとして aa society社会.
答えになるのです
01:56
Butだけど first最初, we我々 have持ってる to ask尋ねる another別の question質問,
でもまず別の問いを立てなくてはなりません
01:59
whichどの is, "What is color forために?"
"色は何のためにあるのか?"
02:01
Andそして instead代わりに of telling伝える you君は, I'll私はよ justちょうど showショー you君は.
お話しするよりもお見せしましょう
02:03
What you君は see見る hereここに is aa jungleジャングル sceneシーン,
ジャングルでの一場面です
02:05
andそして you君は see見る theその surfaces表面 accordingに従って to theその amount
反射する光の量が作り出す光景を
02:08
of light thatそれ thoseそれら surfaces表面 reflect反映する.
見ています
02:10
Now, canできる anyどれか of you君は see見る theその predator捕食者 that'sそれは about to jumpジャンプ outでる at〜で you君は?
自分に飛びかかろうとしてる捕食者が見えますか?
02:12
Andそして ifif you君は haven't持っていない seen見た itそれ yetまだ, you'reあなたは deadデッド. Right?
見えなければ、やられています
02:17
(Laughter笑い)
(笑)
02:19
Canできる anyone誰でも see見る itそれ? Anyone誰でも? Noいいえ?
わかる人?誰もいない?
02:21
Now, let'sさあ see見る theその surfaces表面 accordingに従って to theその quality品質 of light thatそれ they彼ら reflect反映する.
では、反射する光の質が作り出す光景を見てみましょう
02:23
Andそして now you君は see見る itそれ.
今度は見えますね
02:27
Soそう, color enables可能にする us米国 to see見る
物体が反射する光のスペクトラムを通して
02:30
theその similarities類似点 andそして differences相違 betweenの間に surfaces表面,
色によって我々は外見の
02:33
accordingに従って to theその full満員 spectrumスペクトラム of light thatそれ they彼ら reflect反映する.
類似点や相違を見分けることができるのです
02:35
Butだけど what you'veあなたは justちょうど done完了 is, in manyたくさんの respects敬意, mathematically数学的に impossible不可能.
でもそれは多くの点で数学的に不可能です
02:38
Whyなぜ? Becauseなぜなら, asとして Berkeleyバークレー tells伝える us米国,
なぜならば、バークレーが言うように
02:42
we我々 have持ってる noいいえ direct直接 accessアクセス to our我々の physical物理的 world世界,
私たちは自らの感覚器官を通してしか
02:45
otherその他 thanより throughを通して our我々の senses感覚.
物質界に接することができないからです
02:48
Andそして theその light thatそれ falls落ちる onto〜に our我々の eyes
我々の目に入ってくる光は
02:50
is determined決定 by〜によって multiple複数 thingsもの in theその world世界 ---
外界のいろいろな要素の影響を受けます
02:52
notない onlyのみ theその color of objectsオブジェクト,
物体の色ばかりでなく
02:54
butだけど alsoまた、 theその color of their彼らの illuminationイルミネーション,
照明の色や
02:56
andそして theその color of theその spaceスペース betweenの間に us米国 andそして thoseそれら objectsオブジェクト.
その物体と我々の間にある空間の色などです
02:58
You君は vary変化する anyどれか one1 of thoseそれら parametersパラメーター,
そうしたパラメーターを一つでも変えると
03:01
andそして you'llあなたは change変化する theその color of theその light thatそれ falls落ちる onto〜に yourきみの eye.
目に入ってくる光の色が変わります
03:03
Thisこの is aa huge巨大 problem問題 becauseなぜなら itそれ means手段 thatそれ
これは大きな問題です
03:08
theその same同じ image画像 couldできた have持ってる an infinite無限 number
同じ色を作り出す光源に
03:10
of possible可能 real-world現実の世界 sourcesソース.
無限の数の組み合わせが考えられるからです
03:13
Soそう let〜する me showショー you君は what I mean平均. Imagine想像する thatそれ thisこの is theその backバック of yourきみの eye.
こういうことです これが自分の眼の中だと思ってください
03:16
Andそして theseこれら are two projections予測 fromから theその world世界.
こちらの二つは外界を投影したもので
03:19
They彼ら are identical同一 in everyすべて singleシングル way方法.
完全に同一です
03:22
Identical同一 in shape形状, sizeサイズ, spectralスペクトル contentコンテンツ.
形も、大きさも、スペクトル成分も
03:25
They彼ら are theその same同じ, asとして far遠い asとして yourきみの eye is concerned心配している.
眼が感知する限り、同じです
03:29
Andそして yetまだ they彼ら come来る fromから completely完全に different異なる sourcesソース.
でもその二つは全く異なる光源から来たものです
03:33
Theその one1 on theその right
右側は
03:38
comes来る fromから aa yellow surface表面,
黄色い表面を持つ物体の
03:40
in shadow, oriented指向 facing直面する theその left,
左側の影になっている部分を
03:43
viewed見た throughを通して aa pinkishピンク色の medium.
ピンク色の媒体を通して見たものです
03:45
Theその one1 on theその left comes来る fromから an orangeオレンジ surface表面,
左側はオレンジ色の表面を持つ物体が
03:48
under direct直接 light, facing直面する to theその right,
右側から直射日光を受けているところを
03:51
viewed見た throughを通して aa sortソート of aa bluish青みがかった medium.
青っぽい媒体を通して見たものです
03:53
Completely完全に different異なる meanings意味,
全く違う意味合いのものですが
03:55
giving与える rise上昇 to theその exact正確 same同じ retinal網膜 information情報.
網膜には同一の情報を与えます
03:58
Andそして yetまだ it'sそれは onlyのみ theその retinal網膜 information情報
そして我々に届くのは
04:01
thatそれ we我々 get取得する.
網膜への情報だけなのです
04:03
Soそう howどうやって on Earth地球 do行う we我々 even偶数 see見る?
だとしたら、私たちは見ていると言えるのでしょうか?
04:05
Soそう, ifif you君は remember思い出す anything何でも in thisこの next 18 minutes,
この18分の講演で覚えて欲しいことは
04:08
remember思い出す thisこの: thatそれ theその light thatそれ falls落ちる on to yourきみの eye,
眼に入ってくる情報は感覚的な情報であり
04:12
sensory感覚 information情報, is meaningless無意味な,
意味をなさない ということです
04:15
becauseなぜなら itそれ couldできた mean平均 literally文字通り anything何でも.
文字通りどんな意味にもなり得るのです
04:17
Andそして what's何ですか true真実 forために sensory感覚 information情報 is true真実 forために information情報 generally一般的に.
ほかの情報についても大抵同じことが言えます
04:20
Thereそこ is noいいえ inherent固有の meaning意味 in information情報.
情報に固有の意味などないのです
04:23
It'sそれは what we我々 do行う with〜と thatそれ information情報 thatそれ matters問題.
大事なのは、その情報を我々がどうするのかということです
04:25
Soそう, howどうやって do行う we我々 see見る? Wellよく, we我々 see見る by〜によって learning学習 to see見る.
では我々はどうやって見るか? 見ることを学ぶことによってです
04:29
Soそう, theその brain evolved進化した theその mechanismsメカニズム forために finding所見 patternsパターン,
脳は、情報にパターンや関係性を見出し
04:32
finding所見 relationships関係 in information情報
外界と交わりながら
04:36
andそして associating関連付ける thoseそれら relationships関係
そうした関係性を
04:38
with〜と aa behavioral行動的 meaning意味,
行動の意味合いや重要性に
04:40
aa significance意義, by〜によって interacting相互作用する with〜と theその world世界.
結びつける仕組みを発達させてきました
04:42
We're私たちは very非常に aware承知して of thisこの
言葉のように、より認知的な
04:45
in theその form of moreもっと cognitive認知 attributes属性, like好きな language言語.
特性を持つものを考えればおわかりでしょう
04:47
Soそう, I'm私は going行く to give与える you君は some一部 letter文字 strings文字列. Andそして I want欲しいです you君は to read読む themそれら outでる forために me,
ここに文字列があります
04:50
ifif you君は canできる.
読んでみてください
04:52
Audience聴衆: "Canできる you君は read読む thisこの?"
観客: "これを読めますか?"
04:54
"You君は are notない reading読書 thisこの."
"これを読んでいるのではありません"
04:57
"What are you君は reading読書?"
"何を読んでいるのですか?"
04:59
Beauビー Lottoロト: "What are you君は reading読書?" Halfハーフ theその letters手紙 are missing行方不明. Right?
BL: "何を読んでいるのか"ですって?文字の半分は消えています
05:01
Thereそこ is noいいえ aa priori先験的 reason理由 whyなぜ an "Hh" has持っている to go行く
"W"と"A"の間に"H"が来なければならない
05:04
betweenの間に thatそれ "Ww" andそして "Aa."
演繹的な理由などありません
05:06
Butだけど you君は put置く one1 thereそこ. Whyなぜ?
でもそうしました なぜ?
05:08
Becauseなぜなら in theその statistics統計 of yourきみの past過去 experience経験
過去の体験の積み重ねから
05:10
itそれ would〜する have持ってる beenされている useful有用 to do行う soそう. Soそう you君は do行う soそう again再び.
それが有用だと思ったからです だからまたそうした
05:12
Andそして yetまだ you君は don'tしない put置く aa letter文字 after thatそれ first最初 "Tt."
でも最初の"T"の後には文字を入れませんでした
05:15
Whyなぜ? Becauseなぜなら itそれ wouldn'tしないだろう have持ってる beenされている useful有用 in theその past過去.
なぜか? 過去にそうしても役立たなかったからです
05:18
Soそう you君は don'tしない do行う itそれ again再び.
だから今回もしなかった
05:21
Soそう let〜する me showショー you君は howどうやって quickly早く our我々の brains頭脳 canできる redefine再定義する normality正常,
脳がもっとも単純なこと、つまり色についてでさえ、どれほど早く正規性を
05:23
even偶数 at〜で theその simplest最も単純な thingもの theその brain doesする, whichどの is color.
再定義してしまうのか お見せしましょう
05:27
Soそう, ifif I couldできた have持ってる theその lightsライト downダウン upアップ hereここに.
照明を暗くして下さい
05:29
I want欲しいです you君は to first最初 notice通知 thatそれ thoseそれら two desert砂漠 scenesシーン are physically物理的に theその same同じ.
この2つの砂漠の景色は物理的に同じものです
05:32
One1 is simply単に theその flippingフリッピング of theその otherその他. Okayはい?
互いを反転させただけのものです
05:35
Now I want欲しいです you君は to look見える at〜で thatそれ dotドット
では緑と赤の間にある
05:40
betweenの間に theその green andそして theその red. Okayはい?
点を見て下さい
05:42
Andそして I want欲しいです you君は to stare見詰める at〜で thatそれ dotドット. Don'tしない look見える anywhereどこでも elseelse.
その点を凝視して下さい 目をそらさずに
05:45
Andそして we're私たちは going行く to look見える at〜で thatそれ forために about 30 seconds,
30秒間そこを見続けてください
05:48
whichどの is aa bitビット of aa killerキラー in an 18-minute-分 talkトーク.
18分間の講演で30秒も使うのはなかなか大変なのですが
05:49
(Laughter笑い)
(笑)
05:52
Butだけど I really本当に want欲しいです you君は to learn学ぶ.
でも本当に知ってほしいのです
05:53
Andそして I'll私はよ telltell you君は --- don'tしない look見える anywhereどこでも elseelse ---
- 目はそらさないで -
05:55
andそして I'll私はよ telltell you君は what's何ですか happeningハプニング inside内部 yourきみの head.
頭の中ではこんなことが起きています
05:58
Yourきみの brain is learning学習. Andそして it'sそれは learning学習 thatそれ theその right side of itsその visualビジュアル fieldフィールド
脳が学習しています 右側の画像は
06:00
is under red illuminationイルミネーション;
赤い明かりに照らされていて
06:03
theその left side of itsその visualビジュアル fieldフィールド is under green illuminationイルミネーション.
左側は緑の照明がついていると
06:05
That'sそれは what it'sそれは learning学習. Okayはい?
脳がそう学習しているのです
06:08
Now, whenいつ I telltell you君は, I want欲しいです you君は to look見える at〜で theその dotドット betweenの間に theその two desert砂漠 scenesシーン.
合図をしたら2つの砂漠の景色の間にある点を見てください
06:11
Soそう whyなぜ don'tしない you君は do行う thatそれ now?
はい どうぞ
06:16
(Laughter笑い)
(笑)
06:18
Canできる I have持ってる theその lightsライト upアップ again再び?
照明を上げてください
06:21
I take取る itそれ fromから yourきみの response応答 they彼ら don'tしない look見える theその same同じ anymoreもう. Right?
皆さんの反応から、その2つがもう同じには見えないことがわかりました
06:23
(Applause拍手)
(拍手)
06:27
Whyなぜ? Becauseなぜなら yourきみの brain is seeing見る thatそれ same同じ information情報
なぜか?右側の画像はまだ赤い光の下にあり
06:28
asとして ifif theその right one1 is stillまだ under red light,
左側の画像はまだ緑の光の下にあるという
06:31
andそして theその left one1 is stillまだ under green light.
情報を脳が見続けているからです
06:33
That'sそれは yourきみの new新しい normal正常.
それが新しい標準になったのです
06:35
Soそう, what doesする thisこの mean平均 forために contextコンテキスト?
つまりこういうことです
06:37
Itそれ means手段 thatそれ I canできる take取る theseこれら two identical同一 squares四角,
同一な四角が2つあります
06:39
andそして I canできる put置く themそれら in light andそして darkダーク surrounds周囲.
一方は周囲を明るく、他方は暗くします
06:41
Andそして now theその one1 on theその darkダーク surround囲む looks外見 lighterライター thanより theその one1 on theその light surround囲む.
すると周囲が暗い四角の方が周囲が明るい四角よりも明るく見えます
06:43
What's何ですか significant重要な is notない simply単に theその light andそして darkダーク surrounds周囲 thatそれ matter問題.
重要なのは、明るい囲みと暗い囲みだけが問題なのではなく
06:46
It'sそれは what thoseそれら light andそして darkダーク surrounds周囲 meant意味した forために yourきみの behavior動作 in theその past過去.
それらが自らの過去の行動にどんな意味を与えていたかということです
06:50
Soそう I'll私はよ showショー you君は what I mean平均. Hereここに we我々 have持ってる
どういうことか、お見せします
06:54
thatそれ exact正確 same同じ illusion錯覚.
ここに完全に同じように見える幻覚があります
06:56
We我々 have持ってる two identical同一 tilesタイル, on theその left,
同一な2つのタイルです 左側には
06:58
one1 in aa darkダーク surround囲む, one1 in aa light surround囲む.
周囲が暗いものと周囲が明るいものがあり
07:00
Andそして theその same同じ thingもの over以上 on theその right.
右側にも同じものがあります
07:02
Now, what I'm私は going行く to do行う is I'm私は going行く to reviewレビュー thoseそれら two scenesシーン.
これからこの2つの場面をもう一度見ます
07:04
Butだけど I'm私は notない going行く to change変化する anything何でも within以内 thoseそれら boxesボックス,
でもタイルの中は何も変えません
07:07
exceptを除いて their彼らの meaning意味.
その意味合いを除いては
07:09
Andそして see見る what happens起こる to yourきみの perception知覚.
自分の知覚に何が起きるかご確認ください
07:11
Notice通知 thatそれ on theその left
左側では
07:13
theその two tilesタイル look見える nearlyほぼ completely完全に opposite反対の:
2つのタイルは完全に対照的に見えます
07:15
one1 very非常に white andそして one1 very非常に darkダーク.
ひとつは白く、もうひとつは暗い
07:18
Allすべて right? Whereas一方、 on theその right,
一方、右側では
07:20
theその two tilesタイル look見える nearlyほぼ theその same同じ.
2つのタイルはほとんど同じに見えます
07:22
Andそして yetまだ thereそこ is stillまだ one1 on aa darkダーク surround囲む andそして one1 on aa light surround囲む.
でも片方は周囲が暗くもう一方は周囲が明るいのです
07:24
Whyなぜ? Becauseなぜなら ifif theその tileタイル in thatそれ shadow
なぜでしょう? もし影の中にあるタイルが
07:28
wereあった in fact事実 in shadow,
実際影の中にあって
07:31
andそして reflecting反射する theその same同じ amount of light to yourきみの eye
しかも影の外にあるタイルと同じ量の
07:33
asとして theその one1 outside外側 theその shadow,
光を眼に届けているとしたら
07:35
itそれ would〜する have持ってる to be〜する moreもっと reflective反射的な --- justちょうど theその laws法律 of physics物理.
それはより反射性が高いはずだからです-物理学の法則です
07:37
Soそう you君は see見る itそれ thatそれ way方法.
それで明るさが違って見えるのです
07:40
Whereas一方、 on theその right, theその information情報 is consistent整合性のある
一方右側では、情報は一貫していて
07:42
with〜と thoseそれら two tilesタイル beingであること under theその same同じ light.
2つのタイルは同じ光の下にあります
07:45
Ifif they彼ら are under theその same同じ light, reflecting反射する theその same同じ amount of light
同じ光の下で同じ量の光の反射が
07:47
to yourきみの eye,
眼に届いているのならば
07:49
then次に they彼ら must必須 be〜する equally均等に reflective反射的な.
どちらも同じ反射を持っているはずです
07:51
Soそう you君は see見る itそれ thatそれ way方法.
それで同じ明るさに見えるのです
07:53
Whichどの means手段 we我々 canできる bring持参する allすべて thisこの information情報 together一緒に
こうした情報を集めれば
07:55
to create作成する some一部 incredibly信じられないほど strong強い illusions幻想.
非常に強力な幻覚を作り出すことができます
07:57
Thisこの is one1 I made aa few少数 years ago.
これは私が数年前に作ったものです
07:59
Andそして you'llあなたは notice通知 you君は see見る aa darkダーク brown褐色 tileタイル at〜で theその top,
上の面にこげ茶のタイルがあって
08:01
andそして aa bright明るい orangeオレンジ tileタイル at〜で theその side.
脇に明るいオレンジのタイルが見えますね
08:04
Thatそれ is yourきみの perceptual知覚的 reality現実. Theその physical物理的 reality現実
知覚的にはそれが現実です
08:07
is thatそれ thoseそれら two tilesタイル are theその same同じ.
でも物理的な現実ではその2つのタイルは同じなのです
08:09
Hereここに you君は see見る four4つの grayグレー tilesタイル on yourきみの left,
左側には灰色のタイルが4つあり
08:14
sevenセブン grayグレー tilesタイル on theその right.
右側には7つあります
08:17
I'm私は notない going行く to change変化する thoseそれら tilesタイル at〜で allすべて,
タイルは何も変わりませんが
08:19
butだけど I'm私は going行く to reveal明らかにする theその rest残り of theその sceneシーン
他の部分を変えると
08:21
andそして see見る what happens起こる to yourきみの perception知覚.
知覚に変化が起こります
08:23
Theその four4つの blue tilesタイル on theその left are grayグレー.
左側の4つの青いタイルは実は灰色で
08:26
Theその sevenセブン yellow tilesタイル on theその right are alsoまた、 grayグレー.
右の黄色い7つのタイルも同じく実は灰色です
08:30
They彼ら are theその same同じ. Okayはい?
みな、同じものです
08:33
Don'tしない believe信じる me? Let'sさあ watch時計 itそれ again再び.
信じられない?もう一度見てみましょう
08:35
What's何ですか true真実 forために color is alsoまた、 true真実 forために complex複合体 perceptions知覚 of motionモーション.
色について言えることは、複雑な動作の知覚についても言えます
08:39
Soそう hereここに we我々 have持ってる ---
ここに
08:43
let'sさあ turn順番 thisこの aroundまわり --- aa diamondダイヤモンド.
- これを裏返しましょう- ダイアモンドがあります
08:46
Andそして what I'm私は going行く to do行う is, I'm私は going行く to holdホールド itそれ hereここに,
ここを持って
08:51
andそして I'm私は going行く to spinスピン itそれ.
回転させます
08:53
Andそして forために allすべて of you君は, you'llあなたは see見る itそれ probably多分 spinning紡糸 thisこの direction方向.
この方向に回転しているように見えると思います
08:57
Now I want欲しいです you君は to keepキープ looking探している at〜で itそれ.
ずっと見続けてください
09:00
Move動く yourきみの eyes aroundまわり, blink点滅する, maybe多分 close閉じる one1 eye.
眼を動かし、まばたきして、片目を閉じて
09:03
Andそして suddenly突然 itそれ will意志 flipフリップ, andそして start開始 spinning紡糸 theその opposite反対の direction方向.
突然動きが反転し、逆方法に回転し始めます
09:05
Yesはい? Raise上げる yourきみの handハンド ifif you君は got持っている thatそれ. Yesはい?
なりましたか?そうなったら手を挙げてください
09:09
Keepキープ blinking点滅. Everyすべて time時間 you君は blink点滅する itそれ will意志 switchスイッチ. Alright大丈夫?
まばたきを続けて まばたきする度に方向が変わります そうですね?
09:12
Soそう I canできる ask尋ねる you君は, whichどの direction方向 is itそれ rotating回転する?
ではそれはどちらの方向に回転しているのでしょう
09:16
Howどうやって do行う you君は know知っている?
どうやってそれを知るのでしょう
09:20
Yourきみの brain doesn'tしない know知っている. Becauseなぜなら bothどちらも are equally均等に likelyおそらく.
脳にはわかりません どちらの方向も同じようにあり得るのですから
09:22
Soそう depending依存する on whereどこで itそれ looks外見, itそれ flipsフリップ
どこを見るかによって2つの可能性の間を
09:25
betweenの間に theその two possibilities可能性.
行き来するのです
09:27
Are we我々 theその onlyのみ onesもの thatそれ see見る illusions幻想?
幻覚を見るのは人間だけでしょうか?
09:30
Theその answer回答 to thisこの question質問 is noいいえ.
違います
09:32
Even偶数 theその beautiful綺麗な bumblebeeバンブルビー,
マルハナバチは
09:34
with〜と itsその mereほんの one1 million百万 brain cells細胞,
脳細胞が人間の網膜の250分の1の
09:36
whichどの is 250 times fewer少ない cells細胞 thanより you君は have持ってる in one1 retina網膜,
100万個しかありませんが、幻覚を見ます
09:38
sees見える illusions幻想, doesする theその most最も complicated複雑な thingsもの
幻覚は非常に複雑な作用で
09:41
thatそれ even偶数 our我々の most最も sophisticated洗練された computersコンピュータ can'tできない do行う.
最先端のコンピュータでも実現できないのに
09:44
Soそう in myじぶんの lab研究室, we我々 of courseコース work作業 on bumblebeesバンブルビー.
私の研究室ではマルハナバチを研究しています
09:47
Becauseなぜなら we我々 canできる completely完全に controlコントロール their彼らの experience経験,
彼らの体験を完全にコントロールし
09:49
andそして see見る howどうやって thatそれ alters変化する theその architecture建築 of their彼らの brain.
脳の構造にどう影響を与えたかを見ることができます
09:51
Andそして we我々 do行う thisこの in what we我々 callコール theその Bee Matrixマトリックス.
"蜂のマトリックス"と呼ぶ箱の中で実験します
09:53
Andそして hereここに you君は have持ってる theその hiveハイブ. You君は canできる see見る theその queen女王 bee,
蜂の巣があり女王蜂がいます
09:56
thatそれ large bee in theその middle中間 thereそこ. Thoseそれら are allすべて her彼女 daughters, theその eggs.
真ん中の大きい蜂です 周りにいるのは蜂の子や卵です
09:58
Andそして they彼ら go行く backバック andそして forth前進 betweenの間に thisこの hiveハイブ
巣とえさ場の間を
10:01
andそして theその arenaアリーナ, via経由 thisこの tubeチューブ.
この管を通って行き来します
10:04
Andそして you'llあなたは see見る one1 of theその beesミツバチ come来る outでる hereここに.
1匹の蜂がやってきます
10:09
You君は see見る howどうやって she彼女 has持っている aa little少し number on her彼女?
小さく番号がつけられているのがわかりますか?
10:11
Yeahええ thereそこ is another別の one1 coming到来 outでる. She彼女 has持っている another別の number on her彼女.
もう1匹やってきました 別の番号がついています
10:14
Now, they彼ら are notない bornうまれた thatそれ way方法. Right?
生まれた時からそうだった訳ではありません
10:17
We我々 pull引く themそれら outでる, put置く themそれら in theその fridge冷蔵庫, andそして they彼ら fall asleep眠っている.
彼らを連れ出して冷蔵庫で眠らせます
10:20
Andそして then次に you君は canできる superglue強力接着剤 little少し numbers数字 on themそれら.
そして瞬間接着剤で番号をつけるのです
10:22
(Laughter笑い)
(笑)
10:24
Andそして now, in thisこの experiment実験 they彼ら get取得する rewarded報酬を与えられた ifif they彼ら go行く to theその blue flowersフラワーズ.
実験では蜂は青い花に行くとご褒美がもらえます
10:26
Andそして they彼ら land土地 on theその flower. They彼ら stickスティック their彼らの tongue in thereそこ,
花に舞い降り、吻と呼ばれる舌を差し込むと
10:30
calledと呼ばれる aa proboscis鼻腔, andそして they彼ら drinkドリンク sugarシュガー water.
砂糖水を吸うことができます
10:33
Now she彼女 is drinking飲酒 aa glassガラス of water that'sそれは about thatそれ big大きい to you君は andそして I,
この蜂はこれぐらいの大きさのコップから砂糖水を吸い
10:35
will意志 do行う thatそれ about three times, andそして then次に fly飛ぶ.
3回ぐらい繰り返して飛び立ちます
10:38
Andそして sometimes時々 they彼ら learn学ぶ notない to go行く to theその blue,
青い花に行くのではなく、他の蜂と
10:44
butだけど to go行く to whereどこで theその otherその他 beesミツバチ go行く.
同じところに行くことを学ぶこともあります
10:46
Soそう they彼ら copyコピー each otherその他. They彼ら canできる countカウント to five. They彼ら canできる recognize認識する faces.
互いに真似するのです 蜂は5までの数を数え、顔を見分けることもできます
10:48
Andそして hereここに she彼女 comes来る downダウン theその ladderラダー.
蜂が階段を下りてきました
10:51
Andそして she'llシェル come来る into theその hiveハイブ, find見つける an empty空の honeyはちみつ potポット
巣に戻り、空の蜜壺を見つけて
10:54
andそして throwスロー upアップ, andそして that'sそれは honeyはちみつ.
吐き出しました これが蜂蜜です
10:56
(Laughter笑い)
(笑)
10:58
Now remember思い出す --- (Laughter笑い)
覚えておいてください-(笑)
10:59
--- she's彼女は supposed想定される to be〜する going行く to theその blue flowersフラワーズ.
蜂は青い花に行かなくてはなりません
11:02
Butだけど what are theseこれら beesミツバチ doingやっている in theその upperアッパー right cornerコーナー?
でも右上の角では何が起きているでしょう
11:04
Itそれ looks外見 like好きな they're彼らは going行く to green flowersフラワーズ.
緑の花に向かっているように見えます
11:07
Now, are they彼ら getting取得 itそれ wrong違う?
間違っているのでしょうか?
11:09
Andそして theその answer回答 to theその question質問 is noいいえ. Thoseそれら are actually実際に blue flowersフラワーズ.
いいえ あれは実は青い花なのです
11:12
Butだけど thoseそれら are blue flowersフラワーズ under green light.
緑の光が当たっている青い花です
11:15
Soそう they彼ら are usingを使用して theその relationships関係 betweenの間に theその colors to solve解決する theその puzzleパズル,
蜂たちはパズルを解くために色の関係性を使っているのです
11:19
whichどの is exactly正確に what we我々 do行う.
正に我々が行っていることと同じです
11:23
Soそう, illusions幻想 are oftenしばしば used中古,
幻覚は、特にアートの世界で、
11:25
especially特に in artアート, in theその words言葉 of aa moreもっと contemporaryコンテンポラリー artistアーティスト,
現代芸術家の言葉を借りれば"感覚の頼りなさを示すため"に
11:27
"to demonstrate実証する theその fragility脆弱性 of our我々の senses感覚."
しばしば用いられます
11:31
Okayはい, thisこの is completeコンプリート rubbishごみ.
まったく下らない言い分です
11:33
Theその senses感覚 aren'tない fragile壊れやすい. Andそして ifif they彼ら wereあった, we我々 wouldn'tしないだろう be〜する hereここに.
感覚は頼りないものではありません そうだとすれば我々は存在しないでしょう
11:36
Instead代わりに, color tells伝える us米国 something何か completely完全に different異なる,
色は全く別のことを教えてくれます
11:39
thatそれ theその brain didn'tしなかった actually実際に evolve進化する to see見る theその world世界 theその way方法 itそれ is.
脳は外界をそのまま見るために進化してきたのではないということです
11:43
We我々 can'tできない. Instead代わりに, theその brain evolved進化した to see見る theその world世界
そうではなく、脳は外界を過去にそう見て役立った見方で
11:46
theその way方法 itそれ wasあった useful有用 to see見る in theその past過去.
見るように進化してきたのです
11:50
Andそして howどうやって we我々 see見る is by〜によって continually継続的に redefining再定義する normality正常.
視覚は絶えず標準性を見直すことによって形作られているのです
11:53
Soそう howどうやって canできる we我々 take取る thisこの
どうすれば脳の驚くべき柔軟な能力を
11:59
incredible信じられない capacity容量 of plasticity可塑性 of theその brain
人々に理解してもらい
12:03
andそして get取得する people to experience経験 their彼らの world世界 differently異なって?
世界を別の見方から見てもらえるでしょう?
12:06
Wellよく, one1 of theその ways方法 we我々 do行う in myじぶんの lab研究室 andそして studioスタジオ
私の研究室で行っているのは
12:09
is we我々 translate翻訳する theその light into sound
光を音に置き換えて
12:12
andそして we我々 enable有効にする people to hear聞く their彼らの visualビジュアル world世界.
視覚世界を聴いてもらえるようにすることです
12:15
Andそして they彼ら canできる navigateナビゲートする theその world世界 usingを使用して their彼らの ears.
そうすれば耳で外界を探査することができます
12:19
Hereここに is Davidデビッド, in theその right. Andそして he is holdingホールディング aa cameraカメラ.
右にいるのはデイヴィッドです カメラを持っています
12:22
On theその left is what his cameraカメラ sees見える.
左にはカメラの映像です
12:25
Andそして you'llあなたは see見る thereそこ is aa lineライン, aa faintかすかな lineライン going行く across横断する thatそれ image画像.
その映像を通る薄い線が見えますね
12:27
Thatそれ lineライン is broken壊れた upアップ into 32 squares四角.
その線は32の区分に分かれています
12:30
In each square平方 we我々 calculate計算する theその average平均 color.
それぞれで平均の色が計算され
12:33
Andそして then次に we我々 justちょうど simply単に translate翻訳する thatそれ into sound.
その色を音に置き換えます
12:35
Andそして now he's彼は going行く to
デイヴィッドが向きを変え
12:37
turn順番 aroundまわり, close閉じる his eyes,
目を閉じて
12:40
andそして find見つける aa plateプレート on theその ground接地 with〜と his eyes closed閉まっている.
そのまま地面のプレートを見つけようとします
12:44
He finds見つけた itそれ. Amazing素晴らしい. Right?
見つけました すごいですね
13:06
Soそう notない onlyのみ canできる we我々 create作成する aa prosthetic補綴 forために theその visually視覚的に impaired障害者,
視覚障害者向けの装具を作れるだけでなく
13:08
butだけど we我々 canできる alsoまた、 investigate調査する howどうやって people
我々がどのように外界を感知するのか
13:10
literally文字通り make作る senseセンス of theその world世界.
を調べることができます
13:13
Butだけど we我々 canできる alsoまた、 do行う something何か elseelse. We我々 canできる alsoまた、 make作る music音楽 with〜と color.
他のこともできます 音に色をつけるとか
13:16
Soそう, workingワーキング with〜と kids子供たち,
子どもたちに
13:20
they彼ら created作成した imagesイメージ,
絵を描いてもらって
13:22
thinking考え about what mightかもしれない theその imagesイメージ you君は see見る
もしその絵の言葉を聞くことができたら
13:24
sound like好きな ifif we我々 couldできた listen聴く to themそれら.
どんな音なのかを考えるのです
13:26
Andそして then次に we我々 translated翻訳された theseこれら imagesイメージ.
それから絵を翻訳します
13:28
Andそして thisこの is one1 of thoseそれら imagesイメージ.
これがその例です
13:30
Andそして thisこの is aa six-year-old6歳 child composing作曲する aa pieceピース of music音楽
6歳の子どもが32人編成の
13:32
forために aa 32-piece-ピース orchestraオーケストラ.
オーケストラ用の曲を書いています
13:35
Andそして thisこの is what itそれ sounds like好きな.
こんな音がします
13:38
Soそう, aa six-year-old6歳 child. Okayはい?
6歳の子どもですよ
14:06
Now, what doesする allすべて thisこの mean平均?
これが教えてくれるのは
14:09
What thisこの suggests提案する is thatそれ noいいえ one1 is an outside外側 observer観察者
自然の傍観者でいられる人は
14:12
of nature自然. Okayはい?
誰もいないということです
14:15
We我々 are notない defined定義された by〜によって our我々の central中央 propertiesプロパティ,
私たちは自分自身によって
14:17
by〜によって theその bitsビット thatそれ make作る us米国 upアップ.
規定される訳ではありません
14:19
We're私たちは defined定義された by〜によって our我々の environment環境 andそして our我々の interactionインタラクション with〜と thatそれ environment環境 ---
周囲の環境や、環境との関わりあい
14:21
by〜によって our我々の ecology生態学.
つまり生態に規定されるのです
14:24
Andそして thatそれ ecology生態学 is necessarily必ずしも relative相対,
その生態は相対的で
14:26
historical歴史的 andそして empirical経験的.
歴史的、そして経験的なものです
14:30
Soそう what I'd私は like好きな to finish仕上げ with〜と is thisこの over以上 hereここに.
最後の話をします
14:32
Becauseなぜなら what I've私は beenされている trying試す to do行う is really本当に celebrate祝う uncertainty不確実性.
私がやろうとしているのは不確実性を称えることです
14:38
Becauseなぜなら I think思う onlyのみ throughを通して uncertainty不確実性 is thereそこ potential潜在的な forために understanding理解.
不確実さを通してのみ理解することができるからです
14:41
Soそう, ifif some一部 of you君は are stillまだ feeling感じ aa bitビット tooあまりにも certainある,
もしまだ確信に満ちている人がいるなら
14:45
I'd私は like好きな to do行う thisこの one1.
これをやってみてください
14:48
Soそう, ifif we我々 have持ってる theその lightsライト downダウン.
照明を落としてください
14:50
Andそして what we我々 have持ってる hereここに ---
ここに‐
14:52
Canできる everyoneみんな see見る 25 purple紫の surfaces表面
左側に25の紫の穴が開いた
14:58
on yourきみの left,
板があって
15:01
andそして 25, callコール itそれ yellowish黄色の, surfaces表面 on yourきみの right?
右側では黄色っぽい穴が25個開いていますね
15:03
Soそう, now, what I want欲しいです to do行う:
では始めましょう
15:07
I'm私は going行く to put置く theその middle中間 nine9人 surfaces表面 hereここに
真ん中の9個を
15:09
under yellow illuminationイルミネーション
黄色い照明の下に置きます
15:11
by〜によって simply単に puttingパッティング aa filterフィルタ behind後ろに themそれら.
フィルターを通すだけです
15:13
Allすべて right. Now you君は canできる see見る thatそれ changes変更 theその light
あそこから出てきている光が
15:17
that'sそれは coming到来 throughを通して thereそこ. Right?
変わったのがわかりますね
15:20
Becauseなぜなら now theその light is going行く throughを通して aa yellowish黄色の filterフィルタ
光が黄色いフィルターと
15:22
andそして then次に aa purplish紫がかった filterフィルタ.
紫のフィルターを通ってきています
15:24
I'm私は going行く to do行う thisこの opposite反対の on theその left hereここに.
同じことを左側でもやってみましょう
15:26
I'm私は going行く to put置く theその middle中間 nine9人 under aa purplish紫がかった light.
真ん中の9個を紫の光の下に置きます
15:31
Now, some一部 of you君は will意志 notice通知 thatそれ theその consequence結果 is thatそれ
おわかりかもしれませんが
15:38
theその light coming到来 throughを通して thoseそれら middle中間 nine9人 on theその right,
真ん中の9個を通ってくる光は
15:42
orまたは yourきみの left,
右側でも左側でも
15:45
is exactly正確に theその same同じ asとして theその light coming到来 throughを通して
もう片方と
15:47
theその middle中間 nine9人 on yourきみの right.
完全に同じ光です
15:49
Agreed同意した? Yesはい?
いいですね?
15:51
Okayはい. Soそう they彼ら are physically物理的に theその same同じ.
物理的に同じ光です
15:54
Let'sさあ pull引く theその coversカバー offオフ.
カバーを外しましょう
15:56
Now remember思い出す,
覚えておいて下さい
16:02
you君は know知っている theその middle中間 nine9人 are exactly正確に theその same同じ.
真ん中の9個は完全に同じです
16:06
Do行う they彼ら look見える theその same同じ? Noいいえ.
同じに見えますか?見えません
16:09
Theその question質問 is, "Is thatそれ an illusion錯覚?"
これは幻覚でしょうか?
16:13
Andそして I'll私はよ leave離れる you君は with〜と thatそれ.
皆さんの想像にお任せします
16:15
Soそう, thank感謝 you君は very非常に muchたくさん.
どうもありがとうございます
16:17
(Applause拍手)
(拍手)
16:19
Translated by Wataru Narita
Reviewed by Dana Milea

▲Back to top

About the speaker:

Beau Lotto - Neuroscientist, Artist
Beau Lotto is founder of Lottolab, a hybrid art studio and science lab. With glowing, interactive sculpture -- and old-fashioned peer-reviewed research--he's illuminating the mysteries of the brain's visual system.

Why you should listen

"Let there be perception," was evolution's proclamation, and so it was that all creatures, from honeybees to humans, came to see the world not as it is, but as was most useful. This uncomfortable place--where what an organism's brain sees diverges from what is actually out there--is what Beau Lotto and his team at Lottolab are exploring through their dazzling art-sci experiments and public illusions. Their Bee Matrix installation, for example, places a live bee in a transparent enclosure where gallerygoers may watch it seek nectar in a virtual meadow of luminous Plexiglas flowers. (Bees, Lotto will tell you, see colors much like we humans do.) The data captured isn't just discarded, either: it's put to good use in probing scientific papers, and sometimes in more exhibits.

At their home in London’s Science Museum, the lab holds "synesthetic workshops" where kids and adults make abstract paintings that computers interpret into music, and they host regular Lates--evenings of science, music and "mass experiments." Lotto is passionate about involving people from all walks of life in research on perception--both as subjects and as fellow researchers. One such program, called "i,scientist," in fact led to the publication of the first ever peer-reviewed scientific paper written by schoolchildren ("Blackawton Bees," December 2010). It starts, "Once upon a time ..."

These and Lotto's other conjurings are slowly, charmingly bending the science of perception--and our perceptions of what science can be.

More profile about the speaker
Beau Lotto | Speaker | TED.com