English-Video.net comment policy

The comment field is common to all languages

Let's write in your language and use "Google Translate" together

Please refer to informative community guidelines on TED.com

TEDGlobal 2013

Toby Shapshak: You don't need an app for that

トビー・シャプシャク: アプリなんて必要ないさ

Filmed
Views 1,478,948

果たして、一番スマートなのはシンプルな携帯か?各国では人々がSNSのアップデートや、スマートフォンのゲームに夢中になっている中、アフリカでは、ショートメッセージを利用した機能が日常生活に多いに役立って いる事を、ジャーナリストのトビー・シャプシャクが語ります。この目からうろこのトークで彼は、アフリカのモバイル発明の最前線を紹介し、私達が持つ先入観にとらわれた「発明」の意味を問いかけます。

- Technology writer
The publisher and editor of Stuff magazine, Toby Shapshak is a South African writer focusing on innovation — and the role it plays in Africa. Full bio

Let〜する me start開始 by〜によって asking尋ねる you君は aa
question質問, justちょうど with〜と aa showショー of hands:
まず 質問から始めます 挙手をお願いします
00:12
Who has持っている an iPhoneiPhone?
iPhoneをお持ちの方?
00:15
Who has持っている an Androidアンドロイド phone電話?
アンドロイドをお持ちの方?
00:17
Who has持っている aa Blackberryブラックベリー?
BlackBerryをお持ちの方?
00:20
Who will意志 admit認める in publicパブリック to having持つ aa Blackberryブラックベリー?
BlackBerryユーザーであることを
よく公言できますね
00:22
(Laughter笑い)
(笑)
00:24
Andそして let〜する me guess推測, howどうやって manyたくさんの of you君は,
では 私のように ここに着いて
00:27
whenいつ you君は arrived到着した hereここに, like好きな me, went行った andそして bought買った
プリペイドのSIMカードを購入した方は
00:29
aa pay-as-you-goあなたのようにpay-as-you-go SIMシム cardカード? Yeahええ?
どれくらいおられます?
いますよね
00:31
I'll私はよ betベット you君は didn'tしなかった even偶数 know知っている
アフリカで生まれた技術を
00:35
you'reあなたは usingを使用して Africanアフリカ人 technology技術.
使っている事とは知らなかったでしょうね
00:36
Pay-as-you-goあなたのようにpay-as-you-go wasあった aa technology技術, orまたは an ideaアイディア,
プリペイド方式はアフリカの会社
00:38
pioneered開拓者 in Africaアフリカ by〜によって aa company会社 calledと呼ばれる Vodacomボダコム
Vodacomが生み出した技術 アイディアです
00:40
aa good良い 15 years ago,
15年も前にね
00:43
andそして now, like好きな franchisingフランチャイズ,
現在では フランチャイズと並び
00:46
pay-as-you-goあなたのようにpay-as-you-go is one1 of theその most最も dominant支配的 forces
世界の最も主要な
00:48
of economic経済的 activityアクティビティ in theその world世界.
経済活動のひとつです
00:51
Soそう I'm私は going行く to talkトーク about innovation革新 in Africaアフリカ,
では アフリカの革新 発明について
お話ししましょう
00:53
whichどの I think思う is theその purest純粋な form,
それは必要性から生まれる
00:55
innovation革新 outでる of necessity必要性.
真の発明です
00:57
Butだけど first最初, I'm私は going行く to ask尋ねる you君は some一部 otherその他 questions質問.
まず いくつか質問させて下さい
00:59
You君は don'tしない have持ってる to put置く yourきみの hands upアップ.
今回は 挙手していただかなくて結構です
01:02
Theseこれら are rhetorical修辞的.
問いかけですから
01:03
Whyなぜ didした Nikolaニコラ Teslaテスラ have持ってる to invent発明する
なぜニコラ・テスラは
01:06
theその alternating交互の current現在 thatそれ powers theその lightsライト
私達が住む 建物や街に明かりを灯す
01:08
in thisこの building建物 orまたは theその cityシティ thatそれ we're私たちは in?
交流電気を発明する必要があったのか?
01:10
Whyなぜ didした Henryヘンリー Fordフォード have持ってる to
invent発明する theその production製造 lineライン
なぜヘンリー・フォード は黒色に限定した
01:13
to produce作物 theseこれら Fordsフォーズ thatそれ came来た in anything何でも
フォード車の生産ラインを
01:15
asとして long長いです asとして they彼ら wereあった black?
発案する必要があったのか?
01:18
Andそして whyなぜ didした Ericエリック Merrifieldメリフィールド
have持ってる to invent発明する theその dolosドルソス?
なぜエリック・メリフィールドはドロス
を発明する必要があったのか?
01:20
Blankブランク stares見つめる. Thatそれ is what aa dolosドルソス looks外見 like好きな,
ポカンとしてますね この様な物ですよ
01:24
andそして in theその backgroundバックグラウンド, you君は canできる see見る Robbenロベン Island.
背景に見えるのはロベン島です
01:27
Thisこの is aa small小さい dolosドルソス, andそして Ericエリック Merrifieldメリフィールド
これが小さいドロスです
みなさん ご存知ないようですが
01:30
is theその most最も famous有名な inventor発明者 you'veあなたは never決して heard聞いた of.
エリック・メリフィールドは
とても著名な発明家です
01:34
In 1963, aa storm ripped裂けた upアップ theその harbor
1963年 南アフリカの小さな町 イーストロンドンの
01:37
in aa small小さい South Africanアフリカ人 townタウン calledと呼ばれる East Londonロンドン,
港を嵐がめちゃくちゃにしました
01:41
andそして whilewhile he wasあった watching見ている his kids子供たち playing遊ぶ
そんな中 彼は牛の骨でできた
01:43
with〜と toysおもちゃ made fromから oxen bones骨格 calledと呼ばれる dolosseドルソー,
ドロスというおもちゃで遊ぶ子供達を見て
01:46
he had持っていました theその ideaアイディア forために thisこの.
このアイディアを思いつきました
01:49
It'sそれは aa bitビット like好きな aa huge巨大 jumpingジャンプする jackジャック,
巨大な操り人形の取手ようですね
01:50
andそして they彼ら have持ってる used中古 thisこの in everyすべて harbor in theその world世界
現在では 世界中の港で防波堤として
01:53
asとして aa breakwater防波堤.
使用されています
01:56
Theその globalグローバル shipping運送 economy経済 would〜する notない be〜する possible可能
世界の海運経済は アフリカの
01:58
withoutなし Africanアフリカ人 technology技術 like好きな thisこの.
このような発明無しでは不可能なのです
02:01
Soそう wheneverいつでも you君は talkトーク about Africaアフリカ,
アフリカについて語るには
02:04
you君は have持ってる to put置く upアップ thisこの picture画像
of theその world世界 fromから spaceスペース,
この宇宙から見た地図が欠かせません
02:07
andそして people go行く, "Look見える, it'sそれは theその Darkダーク Continent大陸."
「見ろ あの闇の大陸」
とみなさん思うでしょう
02:10
Actually実際に, itそれ isn'tない.
実際は 大間違い
02:14
What itそれ is is aa map地図 of innovation革新.
これは発明の地図なのです
02:16
Andそして it'sそれは really本当に easy簡単 to see見る
whereどこで innovation'sイノベーション going行く on.
どこで発明が生まれているか
一目瞭然ですね
02:18
Allすべて theその places場所 with〜と lotsロット of electricity電気, itそれ isn'tない.
電気がいっぱいの場所
ではありませんよ
02:21
(Laughter笑い)
(笑)
02:25
(Applause拍手)
(拍手)
02:28
Andそして theその reason理由 itそれ isn'tない is becauseなぜなら everybody'sみんな
発明の地ではない理由 それはみんな
02:33
watching見ている televisionテレビ orまたは playing遊ぶ Angry怒っている Birds.
テレビを観て アングリーバードで
遊んでばっかりいるからです
02:35
(Laughter笑い) (Applause拍手)
(笑)(拍手)
02:39
Soそう whereどこで it'sそれは happeningハプニング is in Africaアフリカ.
発明はアフリカで生まれています
02:42
Now, thisこの is realリアル innovation革新,
真の革新 発明です
02:45
notない theその way方法 people have持ってる expropriated没収された theその wordワード
新しい商品を売り出すために
02:47
to talkトーク about launching打ち上げ new新しい products製品.
「発明」という言葉を 乱用しているのとは
全く違います
02:50
Thisこの is realリアル innovation革新, andそして I
define定義する itそれ asとして problem-solving問題解決.
真の発明とは ずばり
問題解決術であると私は考えます
02:52
People are solving解決する realリアル problems問題 in Africaアフリカ.
アフリカの人々は
深刻な問題を解決しています
02:56
Whyなぜ? Becauseなぜなら we我々 have持ってる to.
なぜって?
解決するほかないからです
02:59
Becauseなぜなら we我々 have持ってる realリアル problems問題.
やっかいな問題があるからです
03:01
Andそして whenいつ we我々 solve解決する realリアル problems問題 forために people,
そして アフリカの問題を解決するという事は
03:03
we我々 solve解決する themそれら forために theその rest残り of theその world世界
同時に 世界中の問題も
03:05
at〜で theその same同じ time時間.
解決できるということです
03:08
Soそう in Californiaカリフォルニア, everybody'sみんな really本当に excited興奮した
ところで カリフォルニアでは
03:10
about aa little少し square平方 of plasticプラスチック
thatそれ you君は plugプラグ into aa phone電話
携帯電話に取り付けて
クレジットカードの決済ができる
03:13
andそして you君は canできる swipeスワイプ yourきみの creditクレジット cardカード,
四角いプラスチックが話題です
03:16
andそして people sayいう, "We've私たちは liberated解放された theその creditクレジット cardカード
「レジの場所に縛られず カードが使える」
03:18
fromから theその pointポイント of sale販売 terminalターミナル."
とみんな大騒ぎ
03:21
Fantastic素晴らしい. Whyなぜ do行う you君は even偶数 need必要 aa creditクレジット cardカード?
すばらしい事ですが
そもそもクレジットカードが必要ですか?
03:23
In Africaアフリカ, we've私たちは beenされている doingやっている thatそれ forために years,
アフリカでは 何年も前からやっている事ですよ
03:27
andそして we've私たちは beenされている doingやっている itそれ on phones電話機 like好きな thisこの.
このような携帯を使ってね
03:30
Thisこの is aa picture画像 I took取った at〜で aa place場所 calledと呼ばれる Kitengelaキットエンジェラ,
これはキテンゲラという場所で
撮った写真です
03:32
about an hour時間 south of Nairobiナイロビ,
ナイロビから1時間程の場所です
03:35
andそして theその thingもの that'sそれは soそう remarkable顕著
about theその payment支払い systemシステム
このアフリカ生まれのM-Pesaという決済方法の
03:37
that'sそれは beenされている pioneered開拓者 in Africaアフリカ calledと呼ばれる M-Pesam-pesa
凄いところは このような携帯で
03:40
is thatそれ itそれ works作品 on phones電話機 like好きな thisこの.
利用できる事です
03:42
Itそれ works作品 on everyすべて singleシングル phone電話 possible可能,
SNSを使用するのでどの機種でも
03:45
becauseなぜなら itそれ uses用途 SMSSMS.
利用可能です
03:48
You君は canできる pay支払う bills紙幣 with〜と itそれ,
you君は canできる buy購入 yourきみの groceries食料品,
請求書の支払いも
食品の買い出しも
03:50
you君は canできる pay支払う yourきみの kids'子供たちは、 school学校 fees手数料,
子供の学費の支払いもできます
03:53
andそして I'm私は told言った you君は canできる even偶数 bribe賄賂 customs税関 officials関係者.
税関の職員に賄賂を渡す事も
できるそうですよ
03:55
(Laughter笑い)
(笑)
03:59
Something何か like好きな 25 million百万 dollarsドル aa day
1日 約2500万ドルもの金額が
04:01
is transacted取引された throughを通して M-Pesam-pesa.
M-Pesaでやり取りされています
04:04
Forty40 percentパーセント of Kenya'sケニアの GDPgdp
ケニアのGDPの40%が
04:06
moves動き throughを通して M-Pesam-pesa usingを使用して phones電話機 like好きな thisこの.
M-Pesaを介したものです
このような携帯を利用してね
04:08
Andそして you君は think思う thisこの is justちょうど aa feature特徴 phone電話.
ただのガラ携だとお思いでしょう
04:11
Actually実際に it'sそれは theその smartphoneスマートフォン of Africaアフリカ.
実はアフリカ版スマートフォン
04:13
It'sそれは alsoまた、 aa radio無線, andそして it'sそれは alsoまた、 aa torchトーチ,
ラジオや電灯にもなります
04:16
andそして moreもっと thanより anything何でも elseelse,
そして何より
04:19
itそれ has持っている really本当に superb素晴らしいです battery電池 life生活.
電池の持ちがすごい良い
04:20
Whyなぜ? Becauseなぜなら that'sそれは what we我々 need必要.
なぜって?
必要不可欠だからです
04:23
We我々 have持ってる really本当に severe厳しい energyエネルギー problems問題 in Africaアフリカ.
アフリカのエネルギー問題は深刻です
04:25
By〜によって theその way方法, you君は canできる update更新 Facebookフェイスブック
ところで Facebookのアップデートや
04:29
andそして send送信する GmailGmail fromから aa phone電話 like好きな thisこの.
Gmailを送信する事も
このような携帯で出来てしまいます
04:30
Soそう we我々 have持ってる found見つけた aa way方法 to useつかいます
すでに存在する技術を用いて M-Pesaという
04:34
theその available利用可能な technology技術 to send送信する moneyお金 via経由 M-Pesam-pesa,
金銭のやりとりする方法を見つけた訳です
04:36
whichどの is aa bitビット like好きな aa checkチェック systemシステム
モバイル時代の小切手
04:39
forために theその mobileモバイル age年齢.
のようなものですね
04:41
I come来る fromから Johannesburgヨハネスブルグ, whichどの is aa mining鉱業 townタウン.
私は炭鉱の町 ヨハネスバーグから来ました
04:44
It'sそれは built建てられた on goldゴールド.
金鉱で発展した街です
04:46
Thisこの is aa picture画像 I Instagrammed刻まれた earlier先に.
これは私が以前にインスタグラム
に投稿した写真です
04:48
Andそして theその difference today今日 is thatそれ
theその goldゴールド of today今日 is mobileモバイル.
今では モバイルがゴールドの代わりです
04:50
Ifif you君は think思う about theその railroad鉄道 systemシステム
in North Americaアメリカ andそして howどうやって thatそれ worked働いた,
北米の鉄道システムの
成り立ちについて考えてみましょう
04:55
first最初 came来た theその infrastructureインフラ,
最初にインフラが整備され
04:59
then次に came来た theその industry業界 aroundまわり itそれ, theその brothels売春宿 ---
周辺に産業が成長し
売春宿が建つ
05:01
it'sそれは aa bitビット like好きな theその Internetインターネット today今日, right? —
現在のインターネットに
少し似ていますよね
05:05
andそして everythingすべて elseelse thatそれ worked働いた with〜と itそれ:
そして 他にバーやサロンができ
05:07
barsバー, saloonsサルーン, etc.
発展する
05:09
Theその goldゴールド of today今日 is mobileモバイル,
このような発展全てを可能にしてくれる
05:11
andそして mobileモバイル is theその enablerイネーブラー
thatそれ makes作る allすべて of thisこの possible可能.
モバイルは まさに今日のゴールドです
05:13
Soそう what are some一部 of theその
thingsもの thatそれ you君は canできる do行う with〜と itそれ?
では 他に何ができるのでしょうか?
05:16
Wellよく, thisこの is by〜によって aa guy calledと呼ばれる
Bright明るい Simonsシモンズ fromから Ghanaガーナ,
これは ガーナのブライト・サイモンズが
発明した物で
05:18
andそして what you君は do行う is you君は take取る medication投薬,
薬の服用時に役立ちます
05:22
something何か thatそれ some一部 people mightかもしれない
spend費やす their彼らの entire全体 month's salary給料 on,
薬に月給全てを使う方も
いらっしゃるでしょう
05:24
andそして you君は scratchスクラッチ offオフ theその codeコード,
コードを削って
05:28
andそして you君は send送信する thatそれ to an SMSSMS number,
ショートメッセージの番号に送信すれば
05:30
andそして itそれ tells伝える you君は ifif thatそれ is legitimate合法的
薬が正規のものか
期限切れかを
05:32
orまたは ifif it'sそれは expired失効した.
教えてくれます
05:34
Really本当に simple単純, really本当に effective効果的な, really本当に life-saving救命.
とてもシンプルかつ効果的で
命を救ってくれる発明です
05:36
In Kenyaケニア, there'sそこに aa serviceサービス calledと呼ばれる iCowicow,
ケニアにはiCowと呼ばれるサービスがあります
05:40
whichどの justちょうど sendsセンド you君は really本当に important重要 information情報
これは乳牛の世話に関する重要な
05:42
about howどうやって to look見える after yourきみの dairy乳製品.
情報を届けてくれるサービスです
05:45
Theその dairy乳製品 businessビジネス in Kenyaケニア
ケニアの乳製品業は
05:47
is aa $463 million百万 businessビジネス,
4億6300万ドルものビジネスですが
05:48
andそして theその difference betweenの間に aa subsistence生存 farmer農家
生活自給農業者と
05:51
andそして an abundance豊富 farmer農家
商業生産農業者との違いは
05:54
is onlyのみ aa coupleカップル of litersリットル of milkミルク aa day.
1日たった数リットルなのです
05:55
Andそして ifif you君は canできる do行う thatそれ,
you君は canできる rise上昇 outでる of poverty貧困.
その差を埋められたら
貧困から抜け出せます
05:58
Really本当に simple単純, usingを使用して aa basic基本的な phone電話.
シンプルで 基本的な携帯を使うだけ
06:01
Ifif you君は don'tしない have持ってる electricity電気, noいいえ problem問題!
電気がなくても 大丈夫!
06:05
We'll私たちは justちょうど make作る itそれ outでる of old古い bicycle自転車 parts部品
この ウィリアム・カムクワンバのように
06:08
usingを使用して aa windmill風車, asとして Williamウィリアム Kamkwambaカンクワンバ didした.
自転車の部品を利用した
風車で発電できますから
06:10
There'sそこに another別の greatすばらしいです Africanアフリカ人 thatそれ you'veあなたは heard聞いた
彼も アフリカ出身の偉人の一人です。
06:12
that'sそれは busy忙しい disrupting混乱する theその
automobile自動車 industry業界 in theその world世界.
世界の自動車産業に
革命をもたらし続ける彼は
06:14
He's彼は alsoまた、 finding所見 aa way方法 to reinvent再発明 solar太陽 powerパワー
北米で太陽光発電と
06:18
andそして theその electricity電気 industry業界 in North Americaアメリカ,
電気産業を再構築する方法を思案中です
06:21
andそして ifif he's彼は lucky幸運な, he'll地獄 get取得する us米国 to Mars火星,
そして 彼が幸運に満ちた人物なら
私達を火星へと連れて行ってくれるでしょう
06:23
hopefullyうまくいけば in myじぶんの lifetime一生.
できれば私の生きている間に
06:26
He comes来る fromから Pretoriaプレトリア, theその capital資本 of [South Africaアフリカ],
彼は南アフリカの首都プレトリアの出身です
06:28
about 50 kilometersキロメートル fromから whereどこで I liveライブ.
私の街から50キロ程離れています
06:31
Soそう backバック to Joburg職業, whichどの is sometimes時々 calledと呼ばれる Egoliエゴリ,
では 「ゴールドの街」という意味のEgoli
06:34
whichどの means手段 Cityシティ of Goldゴールド.
ヨハネスバーグに話を戻しましょう
06:38
Andそして notない onlyのみ is mobileモバイル theその goldゴールド of today今日,
今日のゴールド 真の財産 は モバイルでもなく
06:40
I don'tしない believe信じる thatそれ theその goldゴールド is under theその ground接地.
地中にあるわけでもありません
06:44
I believe信じる we我々 are theその goldゴールド.
私達自身が財産だと
私は考えます
06:46
Like好きな you'veあなたは heard聞いた theその otherその他 economistsエコノミスト sayいう,
経済学者が言うように
06:48
we我々 are at〜で theその pointポイント whereどこで China中国 wasあった
アフリカは今 中国が
06:51
whenいつ itsその boomブーム years began始まった,
成長を始めた頃の段階にあり
06:53
andそして that'sそれは whereどこで we're私たちは going行く.
後に続こうとしています
06:55
Soそう, you君は hear聞く theその West西 talkトーク
about innovation革新 at〜で theその edgeエッジ.
先進国では
末端諸国の発明が話題ですが
06:56
Wellよく, of courseコース it'sそれは happeningハプニング at〜で theその edgeエッジ,
途上国で発明が生まれているのは
あたりまえのことですよ
07:01
becauseなぜなら in theその middle中間,
everybody'sみんな updating更新する Facebookフェイスブック,
だって 中心諸国ではみんな
Facebookのアップデートに忙しいでしょう
07:03
orまたは worse悪化する stillまだ, they're彼らは trying試す to understandわかる
もっとひどいと Facebookの
プライバシー設定で
07:06
Facebook'sFacebookの privacyプライバシー settings設定.
手こずっているかもしれませんね
07:08
(Laughter笑い)
(笑)
07:10
Thisこの is notない thatそれ catchyキャッチーな catchphraseキャッチフレーズ.
キャッチーなフレーズなんてありません
07:12
Thisこの is innovation革新 over以上 theその edgeエッジ.
境界を越えた発明です
07:15
Soそう, people like好きな to callコール Africaアフリカ aa mobile-firstモバイルファースト continent大陸,
アフリカはモバイル第一の大陸と呼ばれますが
07:19
butだけど actually実際に it'sそれは mobile-onlyモバイルのみ,
実は モバイルオンリーの大陸です
07:24
soそう whilewhile everybodyみんな elseelse is doingやっている allすべて of thoseそれら thingsもの,
みなさんが時間をつぶしている時も
07:26
we're私たちは solving解決する theその world's世界の problems問題.
私達は 世界の問題を解決しているという訳です
07:30
Soそう there'sそこに onlyのみ one1 thingもの left to sayいう.
これが私からの最後の言葉です
07:31
["You'reあなたは welcomeようこそ"] (Laughter笑い)
「どういたしまして」 (笑)
07:34
(Applause拍手)
(拍手)
07:36
Translated by Akari Takenishi
Reviewed by Marika Taniguchi

▲Back to top

About the speaker:

Toby Shapshak - Technology writer
The publisher and editor of Stuff magazine, Toby Shapshak is a South African writer focusing on innovation — and the role it plays in Africa.

Why you should listen

Casual readers of Stuff magazine, with its smart and provocative gadget reviews, might not know the glossy comes from not London or New York but offices in South Africa. Toby Shapshak leads the magazine and news site; he's been called "the most high-profile technology journalist in the country" by GQ South Africa. Formerly a senior newspaper reporter covering everything from crime to politics, Shapshak shadowed Nelson Mandela when he was president, and covered the work of the Truth and Reconciliation Commission after the abolition of apartheid.  

He's been writing about innovation, telecommunications and the Internet — and the impact they have on people's lives — for more than 15 years. He's now working on a book about a passionately held belief: that in Africa, necessity is the mother of innovation. 

More profile about the speaker
Toby Shapshak | Speaker | TED.com