English-Video.net comment policy

The comment field is common to all languages

Let's write in your language and use "Google Translate" together

Please refer to informative community guidelines on TED.com

TEDGlobal>London

Tim Harford: How frustration can make us more creative

ティム・ハワード: 障害こそが人をクリエイティブにさせる

Filmed
Views 2,478,901

障害や問題は人の創造的プロセスを狂わせるのか?それとも、これまでにないほど人の創造性を高める可能性があるのか?空前のベストセラーとなったピアノ独奏のアルバムの驚くべき裏話を例にとりながら、ティム・ハワードは、ちょっとした障害や問題に取り組まなければならないことにはメリットがあると説明します。

- Economist, journalist and broadcaster
Tim Harford's writings reveal the economic ideas behind everyday experiences. Full bio

Late遅く in January1月 1975,
1975年の1月の終わりごろ
00:12
aa 17-year-old-歳 Germanドイツ人 girl女の子
calledと呼ばれる Veraベラ Brandesブランド
ベラ・ブランダースという
17歳のドイツ人少女が
00:15
walked歩いた outでる onto〜に theその stageステージ
of theその Cologneコロンヌ Operaオペラ House.
ケルンオペラハウスのステージに歩み出ました
00:19
Theその auditorium講堂 wasあった empty空の.
客席は空でした
00:24
Itそれ wasあった lit点灯 onlyのみ by〜によって theその dim暗い, green glow輝き
of theその emergency緊急 exit出口 sign符号.
ただグリーンの非常口のサインが
淡く光るだけでした
00:27
Thisこの wasあった theその most最も
excitingエキサイティング day of Vera'sベラ life生活.
この日はベラの人生で最も心踊る日でした
00:32
She彼女 wasあった theその youngest最年少
concertコンサート promoterプロモーター in Germanyドイツ,
彼女はドイツで最年少の
コンサート主催者でした
00:36
andそして she彼女 had持っていました persuaded説得された
theその Cologneコロンヌ Operaオペラ House
ケルンオペラハウスを説き伏せ
00:39
to hostホスト aa late-night深夜 concertコンサート of jazzジャズ
アメリカのミュージシャン
キース・ジャレットの
00:41
fromから theその Americanアメリカ人 musicianミュージシャン, Keithキース Jarrettジャレット.
レイトナイト・ジャズ・コンサートを
開く予定でした
00:45
1,400 people wereあった coming到来.
1400人が来ることになっていました
00:48
Andそして in justちょうど aa few少数 hours時間,
ほんの数時間後には
00:51
Jarrettジャレット would〜する walk歩く outでる on theその same同じ stageステージ,
ジャレットがステージに上がり
00:53
he'd彼は sit座る downダウン at〜で theその pianoピアノ
ピアノの前に座り
00:55
andそして withoutなし rehearsalリハーサル orまたは sheetシート music音楽,
一切のリハーサルも楽譜もなしに
00:57
he would〜する beginベギン to play遊びます.
演奏を始める予定でした
01:01
Butだけど right now,
しかし ここで
01:04
Veraベラ wasあった introducing導入 Keithキース
to theその pianoピアノ in question質問,
ベラが手配したピアノを
キースに見せたときに
01:05
andそして itそれ wasn'tなかった going行く wellよく.
問題が起きました
01:09
Jarrettジャレット looked見た to theその instrument計器
aa little少し warily辛抱強く,
ジャレットはそのピアノを少し注意深く見て
01:11
playedプレーした aa few少数 notesノート,
鍵盤をいくつか鳴らし
01:13
walked歩いた aroundまわり itそれ,
ピアノのまわりを歩き
01:15
playedプレーした aa few少数 moreもっと notesノート,
またピアノを弾き
01:16
muttered騒がれた something何か to his producerプロデューサー.
プロデューサーに何かをつぶやきました
01:18
Then次に theその producerプロデューサー
came来た over以上 to Veraベラ andそして said前記 ...
プロデューサーが
ベラのところに来て言うには
01:19
"Ifif you君は don'tしない get取得する aa new新しい pianoピアノ,
Keithキース can'tできない play遊びます."
「新しいピアノを用意しなければ
キースは演奏できない」
01:24
There'd赤い beenされている aa mistake間違い.
手違いがあったのです
01:30
Theその operaオペラ house had持っていました provided提供された
theその wrong違う instrument計器.
オペラハウスが問題のある
ピアノを提供したのです
01:31
Thisこの one1 had持っていました thisこの harsh厳しい,
tinnyスティニー upperアッパー register登録,
このピアノの高音域は
耳障りで音量も小さく
01:33
becauseなぜなら allすべて theその feltフェルト had持っていました worn着用した away離れて.
ハンマーフェルトが擦り切れていたからです
01:36
Theその black notesノート wereあった sticking固着する,
黒鍵はひっかかるし
01:39
theその white notesノート wereあった outでる of tune,
白鍵の音は外れていて
01:42
theその pedalsペダル didn'tしなかった work作業
ペダルは使い物にならず
01:44
andそして theその pianoピアノ itself自体 wasあった justちょうど tooあまりにも small小さい.
ピアノ自体も小さすぎました
01:46
Itそれ wouldn'tしないだろう create作成する theその volumeボリューム
これでは音量が小さすぎて
01:48
thatそれ would〜する fill埋める aa large spaceスペース
suchそのような asとして theその Cologneコロンヌ Operaオペラ House.
ケルンオペラハウスのような
大空間は満たせないでしょう
01:50
Soそう Keithキース Jarrettジャレット left.
キース・ジャレットはホールを後にして
01:54
He went行った andそして sat座っている outside外側 in his car,
会場の外の車に乗り込んでしまい
01:58
leaving去る Veraベラ Brandesブランド
後に残されたベラは
02:01
to get取得する on theその phone電話
to tryお試しください to find見つける aa replacement置換 pianoピアノ.
なんとか代わりのピアノを
探そうと電話をかけました
02:03
Now she彼女 got持っている aa pianoピアノ tunerチューナー,
ピアノの調律師は見つかりましたが
02:07
butだけど she彼女 couldn'tできなかった get取得する aa new新しい pianoピアノ.
新しいピアノは無理でした
02:09
Andそして soそう she彼女 went行った outside外側
だから彼女は外に出て
02:12
andそして she彼女 stood立っていた thereそこ in theその rain,
雨の中に立って
02:14
talking話す to Keithキース Jarrettジャレット,
キース・ジャレットに話し
02:17
begging乞う him notない to cancelキャンセル theその concertコンサート.
どうかコンサートを中止しないで
と懇願しました
02:20
Andそして he looked見た outでる of his car
彼は車のなかから
02:24
at〜で thisこの bedraggledぼやけた,
rain-drenched雨が降った Germanドイツ人 teenagerティーンエイジャー,
このみすぼらしい ずぶぬれの
ドイツ人の女の子を見て
02:25
took取った pity残念 on her彼女,
不憫に思い
02:30
andそして said前記,
彼は言いました
02:32
"Never決して forget忘れる ... onlyのみ forために you君は."
「これはあなただから してあげることですよ」
02:33
Andそして soそう aa few少数 hours時間 later後で,
そして数時間後
02:39
Jarrettジャレット didした indeed確かに stepステップ outでる
onto〜に theその stageステージ of theその operaオペラ house,
ジャレットは
オペラハウスのステージに立ち
02:40
he sat座っている downダウン at〜で theその unplayable再生できない pianoピアノ
彼は演奏不可能なピアノの前に座り
02:45
andそして began始まった.
演奏をはじめたのです
02:49
(Music音楽)
(音楽)
02:51
Within以内 moments瞬間 itそれ becameなりました clearクリア
thatそれ something何か magical魔法の wasあった happeningハプニング.
すぐに 奇跡が起こっていることが
明らかになりました
03:04
Jarrettジャレット wasあった avoiding避ける
thoseそれら upperアッパー registersレジスタ,
ジャレットは高音域を避けて
03:10
he wasあった sticking固着する to theその middle中間
tonesトーン of theその keyboardキーボード,
中音域だけを使いながら
03:12
whichどの gave与えた theその pieceピース
aa soothing癒しの, ambient周囲 quality品質.
うっとりするような
心地よい音で奏でたのです
03:15
Butだけど alsoまた、, becauseなぜなら theその pianoピアノ wasあった soそう quiet静か,
さらに ピアノの音量不足を補うため
03:19
he had持っていました to setセット upアップ theseこれら rumblingぐすぐる,
repetitive繰り返す riffsリフ in theその bassベース.
低音に うなるような反復楽句を低音に
アレンジせねばなりませんでした
03:22
Andそして he stood立っていた upアップ twistingねじれ,
pounding打つ downダウン on theその keysキー,
また 椅子から立ち上がり体をツイストさせて
叩きつけるように演奏することで
03:26
desperately必死に trying試す to create作成する enough十分な volumeボリューム
to reachリーチ theその people in theその backバック row.
最後列の観客まで聞こえるよう
最善をつくしたのです
03:32
It'sそれは an electrifying電化 performanceパフォーマンス.
しびれるような演奏でした
03:37
Itそれ somehow何とか has持っている thisこの peaceful平和な quality品質,
演奏は 穏やかでありながら
03:39
andそして at〜で theその same同じ time時間 it'sそれは full満員 of energyエネルギー,
同時にパワフルで
03:42
it'sそれは dynamic動的.
ダイナミックでした
03:44
Andそして theその audience聴衆 loved愛された itそれ.
この演奏は今日に至るまで
03:47
Audiences観客 continue持続する to love itそれ
人々に長く愛され続けています
03:49
becauseなぜなら theその recording録音 of theその Kkölnln Concertコンサート
そのため「ザ・ケルン・コンサート」の
収録アルバムは
03:51
is theその best-sellingベストセラー pianoピアノ albumアルバム in history歴史
ピアノアルバムとして
史上最高の売り上げとなり
03:54
andそして theその best-sellingベストセラー
soloソロ jazzジャズ albumアルバム in history歴史.
ジャズのアルバムとしても
史上最高の売り上げとなりました
03:56
Keithキース Jarrettジャレット had持っていました beenされている handed手渡された aa mess混乱.
キース・ジャレットは
ひどい状況に置かれましたが
04:02
He had持っていました embraced包まれた thatそれ mess混乱, andそして itそれ soared急上がった.
彼はピンチを受け入れ
チャンスへと昇華したのです
04:06
Butだけど let'sさあ think思う forために aa moment瞬間
about Jarrett'sジャレット initial初期 instinct本能.
でも最初のジャレットの直感は
どうだったでしょうか
04:12
He didn'tしなかった want欲しいです to play遊びます.
彼は演奏したくないと言いましたね
04:17
Of courseコース,
もちろん
04:18
I think思う anyどれか of us米国,
in anyどれか remotely遠隔に similar類似 situation状況,
誰だって同じような境遇に置かれたら
04:20
would〜する feel感じる theその same同じ way方法,
we'd結婚した have持ってる theその same同じ instinct本能.
同じような気持ちになるでしょう
人間誰しも同じです
04:23
We我々 don'tしない want欲しいです to be〜する asked尋ねた
to do行う good良い work作業 with〜と bad悪い toolsツール.
ダメな道具で良い結果を出せとは
言われたくありませんよね
04:25
We我々 don'tしない want欲しいです to have持ってる to overcome克服する
unnecessary不要 hurdlesハードル.
不必要なハードルを
乗り越えたいと思いません
04:29
Butだけど Jarrett'sジャレット instinct本能 wasあった wrong違う,
でもジャレットの直感は
間違いでした
04:34
andそして thank感謝 goodness良さ he changedかわった his mindマインド.
彼が心変わりをしてくれて幸いでした
04:37
Andそして I think思う our我々の instinct本能 is alsoまた、 wrong違う.
そして私たちの直感も
間違いだと思います
04:39
I think思う we我々 need必要 to gain利得
aa bitビット moreもっと appreciation感謝
多少の障害の対処を迫られると
思いがけない利点があることに
04:44
forために theその unexpected予想外の advantages利点
of having持つ to cope対処する with〜と aa little少し mess混乱.
私たちは もっと認識を深める
必要があると思います
04:48
Soそう let〜する me give与える you君は some一部 examples
いくつか例をあげさせてください
04:55
fromから cognitive認知 psychology心理学,
認知心理学から
04:57
fromから complexity複雑 science科学,
複雑系の科学から
05:00
fromから socialソーシャル psychology心理学,
社会心理学から
05:01
andそして of courseコース, rock 'n''n' rollロール.
そして ロックンロールです
05:03
Soそう cognitive認知 psychology心理学 first最初.
まず認知心理学から行きましょう
05:05
We've私たちは actually実際に known既知の forために aa whilewhile
先ほど 示したように
05:07
thatそれ certainある kinds種類 of difficulty困難,
ある種の問題や
05:09
certainある kinds種類 of obstacle障害,
ある種の障害は
05:11
canできる actually実際に improve改善する our我々の performanceパフォーマンス.
パフォーマンスを
高めることがあります
05:13
Forために example,
例えば
05:15
theその psychologist心理学者 Danielダニエル Oppenheimerオッペンハイマー,
心理学者のダニエル・オッペンハイマーは
05:17
aa few少数 years ago,
数年前
05:18
teamedチームを組んだ upアップ with〜と high高い school学校 teachers教師.
高校教師と共同研究を行いました
05:20
Andそして he asked尋ねた themそれら to reformat再フォーマット theその handouts配布資料
彼は教師たちに授業で出す配布物の
05:22
thatそれ they彼ら wereあった giving与える
to some一部 of their彼らの classesクラス.
字体を変えてもらうようにお願いしました
05:24
Soそう theその regular定期的 handout配布資料 would〜する be〜する formatted書式設定された
in something何か straightforward簡単,
通常 配布物はヘルベチカや
タイムズ・ニュー・ローマンといった
05:28
suchそのような asとして Helveticaヘルベティカ orまたは Times New新しい Romanローマ人.
読みやすい字体で設定されます
05:31
Butだけど halfハーフ theseこれら classesクラス wereあった getting取得
handouts配布資料 thatそれ wereあった formatted書式設定された
実験では 生徒の半分に
ヘッテン・シュヴァイラー等の癖のある字体や
05:34
in something何か sortソート of intense激しい,
like好きな Haettenschweilerハートテンシュヴァイラー,
コミック・サンス斜体字の
ような風味のあるフォントに
05:37
orまたは something何か with〜と aa zesty欲望 bounceバウンス,
like好きな Comic漫画 Sansサンズ italicizedイタリック体の.
変えたものが配布されることになります
05:41
Now, theseこれら are really本当に ugly醜い fontsフォント,
さあ おかしな字体で
05:45
andそして they're彼らは difficult難しい fontsフォント to read読む.
読みにくい配布物になりました
05:47
Butだけど at〜で theその end終わり of theその semester学期,
しかし学期末に
05:49
students学生の wereあった given与えられた exams試験,
生徒たちはテストを受けたのですが
05:51
andそして theその students学生の who'd誰が beenされている asked尋ねた
to read読む theその moreもっと difficult難しい fontsフォント,
その結果は 読みにくい字体の
配布物を出された生徒たちのほうが
05:54
had持っていました actually実際に done完了 betterより良い on their彼らの exams試験,
なんと さまざまな科目で
05:58
in aa variety品種 of subjects科目.
良い成績を収めたのです
06:00
Andそして theその reason理由 is,
理由として考えられるのは
06:01
theその difficult難しい fontフォント had持っていました slowed減速した themそれら downダウン,
読みにくい字体のせいで
読む速度が遅くなり
06:03
forced強制された themそれら to work作業 aa bitビット harderもっと強く,
少し頑張って取り組み
06:06
to think思う aa bitビット moreもっと
about what they彼ら wereあった reading読書,
少し 読む内容を 熟慮し
06:08
to interpret解釈する itそれ ...
解釈し…
06:11
andそして soそう they彼ら learned学んだ moreもっと.
そのため 多くを学んだからです
06:13
Another別の example.
次の例です
06:16
Theその psychologist心理学者 Shelleyシェリー Carsonカーソン
has持っている beenされている testingテスト Harvardハーバード undergraduates学部
心理学者のシェリー・カーソンは
ハーバード大学の学部生に
06:18
forために theその quality品質
of their彼らの attentional注意 filtersフィルター.
外部情報のフィルタリング能力を
測る実験をしました
06:23
What do行う I mean平均 by〜によって thatそれ?
いったい何のことでしょう?
06:26
What I mean平均 is,
imagine想像する you'reあなたは in aa restaurantレストラン,
これはつまり
あなたがレストランにいて
06:28
you'reあなたは having持つ aa conversation会話,
会話をしているとしましょう
06:30
thereそこ are allすべて kinds種類 of otherその他 conversations会話
going行く on in theその restaurantレストラン,
レストランには他にも様々な
会話をしている人たちがいます
06:32
you君は want欲しいです to filterフィルタ themそれら outでる,
自分の会話に集中するため
06:35
you君は want欲しいです to focusフォーカス
on what's何ですか important重要 to you君は.
他の人の会話を遮断したいでしょう
06:36
Canできる you君は do行う thatそれ?
遮断できるでしょうか?
06:38
Ifif you君は canできる, you君は have持ってる
good良い, strong強い attentional注意 filtersフィルター.
もしできるならあなたは良い
フィルタリング能力をお持ちです
06:40
Butだけど some一部 people really本当に struggle闘争 with〜と thatそれ.
ですが 中には苦労する人もいます
06:43
Some一部 of Carson'sカーソン undergraduate学部
subjects科目 struggled苦戦した with〜と thatそれ.
学生の被験者にも
苦労する人がいました
06:45
They彼ら had持っていました weak弱い filtersフィルター,
they彼ら had持っていました porous多孔質の filtersフィルター ---
フィルター能力が弱く
穴だらけなせいで
06:49
let〜する aa lotロット of external外部 information情報 in.
外部情報がとめどなく
入ってきてしまう
06:52
Andそして soそう what thatそれ meant意味した is they彼ら wereあった
constantly常に beingであること interrupted中断された
従って 彼らは
周囲のあらゆる音や視覚情報に
06:55
by〜によって theその sights観光スポット andそして theその sounds
of theその world世界 aroundまわり themそれら.
いつも遮られていることになります
06:58
Ifif thereそこ wasあった aa televisionテレビ on
whilewhile they彼ら wereあった doingやっている their彼らの essaysエッセイ,
小論文を書いているときに
テレビがついていたら
07:01
they彼ら couldn'tできなかった screen画面 itそれ outでる.
彼らはそれを無視できません
07:04
Now, you君は would〜する think思う
thatそれ thatそれ wasあった aa disadvantage不利益 ...
みなさんはこれを不利に思う
かもしれませんが…
07:05
butだけど noいいえ.
実際は 違うのです
07:09
Whenいつ Carsonカーソン looked見た at〜で what
theseこれら students学生の had持っていました achieved達成された,
カーソンが学生の過去の成績に注目したとき
07:10
theその onesもの with〜と theその weak弱い filtersフィルター
フィルタリング能力に乏しい
07:14
wereあった vastly大いに moreもっと likelyおそらく
学生のほうが総じて
07:16
to have持ってる some一部 realリアル
creative創造的な milestoneマイルストーン in their彼らの lives人生,
人生で 創造的な目標を達成していました
07:18
to have持ってる published出版された their彼らの first最初 novel小説,
それは初めての小説の出版や
07:21
to have持ってる released解放された their彼らの first最初 albumアルバム.
初アルバムのリリースでした
07:24
Theseこれら distractions気晴らし wereあった actually実際に
grists手首 to their彼らの creative創造的な millミル.
気を散らされたおかげで
創造的な成果が出たのです
07:27
They彼ら wereあった ableできる to think思う outside外側 theその boxボックス
becauseなぜなら their彼らの boxボックス wasあった full満員 of holes.
フィルターが穴だらけだからこそ
既成概念にとらわれずに考えられたのです
07:30
Let'sさあ talkトーク about complexity複雑 science科学.
次に複雑系の科学についてです
07:36
Soそう howどうやって do行う you君は solve解決する aa really本当に complex複合体 ---
実に複雑な問題をいかに解決するか―
07:37
theその world's世界の full満員
of complicated複雑な problems問題 ---
世界は複雑な問題であふれています
07:39
howどうやって do行う you君は solve解決する
aa really本当に complicated複雑な problem問題?
あなたは複雑な問題をどう解決しますか
07:41
Forために example, you君は tryお試しください to make作る aa jetジェット engineエンジン.
たとえばジェットエンジンを
作ろうというとき
07:44
Thereそこ are lotsロット andそして lotsロット
of different異なる variables変数,
そこには数多くの不確定要素があります
07:46
theその operatingオペレーティング temperature温度, theその materials材料,
動作温度や素材
07:48
allすべて theその different異なる dimensionsディメンション, theその shape形状.
様々な大きさや形状
07:50
You君は can'tできない solve解決する thatそれ kind種類
of problem問題 allすべて in one1 go行く,
これらを一気に
解決することはできません
07:52
it'sそれは tooあまりにも hardハード.
それは大変に難しい
07:55
Soそう what do行う you君は do行う?
ではどうするか?
07:56
Wellよく, one1 thingもの you君は canできる do行う
is tryお試しください to solve解決する itそれ step-by-stepステップバイステップ.
ひとつは ステップ・バイ・ステップ
で進めることです
07:57
Soそう you君は have持ってる some一部 kind種類 of prototypeプロトタイプ
まずプロトタイプを作り
08:02
andそして you君は tweak微調整する itそれ,
you君は testテスト itそれ, you君は improve改善する itそれ.
調整してテストして改善する
08:04
You君は tweak微調整する itそれ, you君は testテスト itそれ, you君は improve改善する itそれ.
そしてまた調整してテストして改善する
08:08
Now, thisこの ideaアイディア of marginal限界的 gains利益
will意志 eventually最終的に get取得する you君は aa good良い jetジェット engineエンジン.
小さな積み重ねというアイデアは最後には
良いジェットエンジンにつながるでしょう
08:12
Andそして it'sそれは beenされている quiteかなり widely広く
implemented実装された in theその world世界.
そしてこのアイデアは世界中で幅広く
実施されています
08:17
Soそう you'llあなたは hear聞く about itそれ, forために example,
in high高い performanceパフォーマンス cyclingサイクリング,
だから例えば
ウェブデザイナーは
08:20
webウェブ designersデザイナー will意志 talkトーク about trying試す
to optimize最適化する their彼らの webウェブ pagesページ,
このサイクルを高速に回して行う
ページの最適化を語るでしょう
08:24
they're彼らは looking探している
forために theseこれら step-by-stepステップバイステップ gains利益.
少しずつ改善策を模索していくのです
08:27
That'sそれは aa good良い way方法
to solve解決する aa complicated複雑な problem問題.
それが複雑な問題を解決するのに
適した方法だからです
08:30
Butだけど you君は know知っている what would〜する
make作る itそれ aa betterより良い way方法?
でも何が加われば
もっと良い方法になるか?
08:34
Aa dashダッシュ of mess混乱.
少しの障害です
08:38
You君は add追加する randomnessランダム性,
初期の段階で
08:41
early早い on in theその processプロセス,
でたらめさが加われば
08:43
you君は make作る crazy狂った moves動き,
変則的な動きをすることになり
08:44
you君は tryお試しください stupid愚か thingsもの thatそれ shouldn'tすべきではない work作業,
役に立ちそうにない
馬鹿な試みをすることになり
08:46
andそして thatそれ will意志 tend傾向がある to make作る
theその problem-solving問題解決 work作業 betterより良い.
その試みのおかげで
問題解決の取り組みが向上するのです
08:49
Andそして theその reason理由 forために thatそれ is
なぜかといえば
08:52
theその troubleトラブル with〜と theその step-by-stepステップバイステップ processプロセス,
ステップ・バイ・ステップで
08:54
theその marginal限界的 gains利益,
トラブルを抱えてしまうと
08:56
is they彼ら canできる walk歩く you君は
gradually徐々に downダウン aa deadデッド end終わり.
徐々に袋小路にはまってしまう
ことがあるからです
08:57
Andそして ifif you君は start開始 with〜と theその randomnessランダム性,
thatそれ becomes〜になる lessもっと少なく likelyおそらく,
でも 最初がでたらめだったら
そういうことは起こりにくく
09:01
andそして yourきみの problem-solving問題解決
becomes〜になる moreもっと robustロバストな.
問題解決までの道筋がはっきりします
09:05
Let'sさあ talkトーク about socialソーシャル psychology心理学.
続いて社会心理学にまいりましょう
09:10
Soそう theその psychologist心理学者 Katherineキャサリン Phillipsフィリップス,
with〜と some一部 colleagues同僚,
心理学者のキャサリン・フィリップスは
同僚とともに
09:12
recently最近 gave与えた murder殺人 mystery神秘
problems問題 to some一部 students学生の,
殺人事件のミステリ問題を学生に出しました
09:15
andそして theseこれら students学生の
wereあった collected集めました in groupsグループ of four4つの
学生たちは4人ずつのグループに分かれ
09:19
andそして they彼ら wereあった given与えられた dossiers書類
with〜と information情報 about aa crime犯罪 ---
各グループに提示されたのは
犯罪情報を記した事件簿—
09:22
alibisアリビス andそして evidence証拠,
witness証人 statementsステートメント andそして three suspects容疑者.
アリバイ、証拠、目撃者の供述
及び3人の容疑者でした
09:26
Andそして theその groupsグループ of four4つの students学生の
wereあった asked尋ねた to figure数字 outでる who didした itそれ,
そして4人組の学生は
誰が殺し 誰が罪を犯したかの
09:31
who committedコミットした theその crime犯罪.
特定を求められました
09:35
Andそして thereそこ wereあった two treatments治療
in thisこの experiment実験.
この実験では
2種類のグループが作られました
09:37
In some一部 cases症例 theseこれら wereあった four4つの friends友達,
ひとつは4人がそれぞれ友人関係で
09:40
they彼ら allすべて knew知っていた each otherその他 wellよく.
お互いを良く知っているグループ
09:44
In otherその他 cases症例,
もうひとつは
09:46
three friends友達 andそして aa strangerストレンジャー.
3人の友人と知らない1人のグループです
09:47
Andそして you君は canできる see見る whereどこで I'm私は going行く with〜と thisこの.
私が何を言おうとしているかおわかりでしょう
09:51
Obviously明らかに I'm私は going行く to sayいう
そのとおり
09:53
thatそれ theその groupsグループ with〜と theその strangerストレンジャー
solved解決した theその problem問題 moreもっと effectively効果的に,
3人と知らない1人のグループの方が
効果的に事件を解決しました
09:54
whichどの is true真実, they彼ら didした.
本当ですよ
09:57
Actually実際に, they彼ら solved解決した theその problem問題
quiteかなり aa lotロット moreもっと effectively効果的に.
ずっと効果的だったのです
09:59
Soそう theその groupsグループ of four4つの friends友達,
対して友人同士のグループでは
10:03
they彼ら onlyのみ had持っていました aa 50--50 chanceチャンス
of getting取得 theその answer回答 right.
正しく犯人を特定できたのは半分でした
10:07
Whichどの is actually実際に notない thatそれ greatすばらしいです ---
これはいい成績とは言えませんね
10:10
in multiple複数 choice選択, forために three answers答え?
50--50's〜の notない good良い.
3択で正解率5割はひどいですね
10:11
(Laughter笑い)
(笑)
10:14
Theその three friends友達 andそして theその strangerストレンジャー,
3人と知らない1人のグループは
10:16
even偶数 thoughしかし theその strangerストレンジャー
didn'tしなかった have持ってる anyどれか extra余分な information情報,
その1人が何か追加情報を持っていた
わけでもないのに
10:17
even偶数 thoughしかし itそれ wasあった justちょうど aa case場合
そこに他人がいるという
10:20
of howどうやって thatそれ changedかわった theその conversation会話
to accommodate収容する thatそれ awkwardnessぎこちなさ,
気まずさを補うために
会話に変化が起きただけなのに
10:22
theその three friends友達 andそして theその strangerストレンジャー,
3人と知らない1人のグループは
10:28
they彼ら had持っていました aa 75 percentパーセント chanceチャンス
of finding所見 theその right answer回答.
正解率75%でした
10:30
That'sそれは quiteかなり aa big大きい leap飛躍 in performanceパフォーマンス.
成績に大きな向上があったと言えます
10:32
Butだけど I think思う what's何ですか really本当に interesting面白い
しかし私が興味深いと思うのは
10:34
is notない justちょうど thatそれ theその three friends友達
andそして theその strangerストレンジャー didした aa betterより良い jobジョブ,
彼らの方が成績が良かったことだけではなく
10:36
butだけど howどうやって they彼ら feltフェルト about itそれ.
彼らがどう感じたか なのです
10:40
Soそう whenいつ Katherineキャサリン Phillipsフィリップス
interviewedインタビューされた theその groupsグループ of four4つの friends友達,
キャサリン・フィリップスが
友人同士のグループに感想を求めたとき
10:42
they彼ら had持っていました aa niceいい time時間,
彼らは楽しかったと言いました
10:47
they彼ら alsoまた、 thought思想 they'd彼らは done完了 aa good良い jobジョブ.
また彼らは良い仕事ができたとも言いました
10:49
They彼ら wereあった complacent満足している.
彼らは満足していました
10:52
Whenいつ she彼女 spokeスポーク to theその three
friends友達 andそして theその strangerストレンジャー,
対して3人と知らない1人のグループでは
10:54
they彼ら had持っていました notない had持っていました aa niceいい time時間 ---
彼らは楽しくなかったと言いました
10:57
it'sそれは actually実際に ratherむしろ difficult難しい,
it'sそれは ratherむしろ awkward厄介な ...
厄介で 気まずい時間だったと言い
10:58
andそして they彼ら wereあった full満員 of doubt疑問に思う.
そして不信感でいっぱいでした
11:02
They彼ら didn'tしなかった think思う they'd彼らは done完了 aa good良い jobジョブ
even偶数 thoughしかし they彼ら had持っていました.
彼らは事実に反して
良い仕事ができたとは言いませんでした
11:06
Andそして I think思う thatそれ really本当に exemplifies例示する
このことが実証しているのは
11:10
theその challengeチャレンジ thatそれ we're私たちは
dealing対処する with〜と hereここに.
今回取り上げている障害だと 思います
11:11
Becauseなぜなら, yeahええ ---
なぜなら―
11:14
theその ugly醜い fontフォント,
読みにくい字体や
11:16
theその awkward厄介な strangerストレンジャー,
気まずい他人や
11:18
theその randomランダム move動く ...
でたらめな行動などは
11:20
theseこれら disruptions混乱 help助けて us米国 solve解決する problems問題,
私たちを問題解決へ導く障害です
11:22
they彼ら help助けて us米国 become〜になる moreもっと creative創造的な.
これらの障害のおかげで
私たちは独創的になります
11:25
Butだけど we我々 don'tしない feel感じる thatそれ they're彼らは helping助ける us米国.
でも私たちは障害が役立つとは思っていません
11:28
We我々 feel感じる thatそれ they're彼らは
getting取得 in theその way方法 ...
障害は行く手を阻むと感じ
11:30
andそして soそう we我々 resistレジスト.
受け入れようとしない
11:33
Andそして that'sそれは whyなぜ theその last最終 example
is really本当に important重要.
だから最後の例が本当に大事です
11:36
Soそう I want欲しいです to talkトーク about somebody誰か
ロック界の舞台裏を背負ってきた
11:39
fromから theその backgroundバックグラウンド
of theその world世界 of rock 'n''n' rollロール.
ある人の話をしたいと思います
11:41
Andそして you君は mayかもしれない know知っている him,
he's彼は actually実際に aa TED-sterテッドスター.
皆さんご存知かもしれません
彼はTEDにも出演しています
11:46
His name is Brianブライアン Enoエノ.
ブライアン・イーノです
11:49
He is an ambient周囲 composer作曲家 ---
ratherむしろ brilliantブリリアント.
彼は才能ある環境音楽の作曲者です
11:50
He's彼は alsoまた、 aa kind種類 of catalyst触媒
彼はある種のカタリストとしても
11:53
behind後ろに some一部 of theその greatすばらしいです
rock 'n''n' rollロール albumsアルバム of theその last最終 40 years.
40年間 ロックのヒットアルバム
製作の舞台裏を支えてきました
11:57
He's彼は worked働いた with〜と Davidデビッド Bowieボウイ on "Heroesヒーロー,"
デヴィッド・ボウイの『ヒーローズ』や
12:01
he worked働いた with〜と Uあなた2 on "Achtungアーチング Baby赤ちゃん"
andそして "Theその Joshuaジョシュア Tree,"
U2の『アクトン・ベイビー』や
『ヨシュア・トゥリー』
12:04
he's彼は worked働いた with〜と DEVOデボ,
ディーヴォや
12:08
he's彼は worked働いた with〜と Coldplayコールドプレイ,
he's彼は worked働いた with〜と everybodyみんな.
コールドプレイやたくさんの
アーティストと組んできました
12:09
Andそして what doesする he do行う to make作る
theseこれら greatすばらしいです rock bandsバンド betterより良い?
偉大なロックバンドを更に良くするため
彼は何をしているのか?
12:12
Wellよく, he makes作る aa mess混乱.
そう 邪魔をしているのです
12:17
He disrupts混乱する their彼らの creative創造的な processesプロセス.
アルバム制作を
混乱させているのです
12:19
It'sそれは his role役割 to be〜する theその awkward厄介な strangerストレンジャー.
彼の役割は
気まずい他人になることです
12:21
It'sそれは his role役割 to telltell themそれら
彼の役目はバンドに
12:23
thatそれ they彼ら have持ってる to play遊びます
theその unplayable再生できない pianoピアノ.
演奏不可能なピアノを弾けと
いうことです
12:25
Andそして one1 of theその ways方法
in whichどの he creates作成する thisこの disruption混乱
彼がこの手の混乱を作り出すのに
使った手法の1つが
12:28
is throughを通して thisこの remarkable顕著
deckデッキ of cardsカード ---
この素晴らしいカードセットです
12:31
I have持ってる myじぶんの signed署名された copyコピー hereここに ---
thank感謝 you君は, Brianブライアン.
ここにサインをしてもらっています—
ブライアンに感謝
12:34
They're彼らは calledと呼ばれる Theその Oblique斜めの Strategies戦略,
『オブリーク・ストラテジーズ』です
12:38
he developed発展した themそれら with〜と aa friend友人 of his.
彼はこれを友人と一緒に作りました
12:40
Andそして whenいつ they're彼らは stuck立ち往生 in theその studioスタジオ,
スタジオで行き詰まると
12:42
Brianブライアン Enoエノ will意志 reachリーチ forために one1 of theその cardsカード.
ブライアンはこのカードから1枚ひきます
12:46
He'll地獄 drawドロー one1 at〜で randomランダム,
ランダムな1枚をひいて
12:49
andそして he'll地獄 make作る theその bandバンド
followフォローする theその instructions指示 on theその cardカード.
カードの指示通りのことを
バンドにやらせるのです
12:50
Soそう thisこの one1 ...
たとえばこれは…
12:54
"Change変化する instrument計器 roles役割."
「楽器の役割を変えよ」
12:57
Yeahええ, everyoneみんな swapスワップ instruments楽器 ---
Drummerドラマー on theその pianoピアノ ---
そう 全員が楽器を交換します
ドラマーはピアノを―
12:58
Brilliantブリリアント, brilliantブリリアント ideaアイディア.
実に素晴らしいアイデアですね
13:01
"Look見える closely密接に at〜で theその most最も
embarrassing恥ずかしい details詳細. Amplify増幅する themそれら."
「今までで一番恥ずかしかったことを
細かく吟味して 大きな声で話せ」
13:03
"Make作る aa sudden突然, destructive破壊的,
unpredictable予測不可能な actionアクション. Incorporate組み込む."
「突然の破壊的で予測不能な行動を取り込め」
13:08
Theseこれら cardsカード are disruptive破壊的な.
どのカードも混乱を招きます
13:14
Now, they've彼らは proved証明された their彼らの worth価値
in albumアルバム after albumアルバム.
でもカードの価値はアルバムで
次々と証明されました
13:17
Theその musiciansミュージシャン hate嫌い themそれら.
アーティストは
このカードが大嫌いです
13:21
(Laughter笑い)
(笑)
13:24
Soそう Philフィール Collinsコリンズ wasあった playing遊ぶ drumsドラム
on an early早い Brianブライアン Enoエノ albumアルバム.
ブライアン・イーノの初期アルバムで
ドラムを演奏したフィル・コリンズは
13:25
He got持っている soそう frustrated挫折した he started開始した
throwing投げ beerビール cans across横断する theその studioスタジオ.
不満を抱くあまり スタジオ中に
ビールの缶を投げ散らかしました
13:29
Carlosカーロス Alomarアロマ, greatすばらしいです rock guitaristギタリスト,
偉大なるロックギタリストの
カルロス・アロマーは
13:34
workingワーキング with〜と Enoエノ
on Davidデビッド Bowie'sボウイの "Lodgerロジャー" albumアルバム,
デビッド・ボウイのアルバム『ロジャー』で
ブライアンとの制作中に
13:36
andそして at〜で one1 pointポイント
he turnsターン to Brianブライアン andそして says言う,
ある時 ブライアンに向かって言いました
13:40
"Brianブライアン, thisこの experiment実験 is stupid愚か."
「ブライアン こんな実験は馬鹿げている」
13:43
Butだけど theその thingもの is
itそれ wasあった aa prettyかなり good良い albumアルバム,
でも出来上がったアルバムはとても良かった
13:49
butだけど alsoまた、,
しかも 35年後の今
13:53
Carlosカーロス Alomarアロマ, 35 years later後で,
now uses用途 Theその Oblique斜めの Strategies戦略.
カルロス・アロマーも
『オブリーク・ストラテジーズ』を使っています
13:55
Andそして he tells伝える his students学生の
to useつかいます Theその Oblique斜めの Strategies戦略
彼は生徒たちにもこれを
使うように教えています
13:59
becauseなぜなら he's彼は realized実現した something何か.
なぜなら彼は気づいたのです
14:02
Justちょうど becauseなぜなら you君は don'tしない like好きな itそれ
doesn'tしない mean平均 itそれ isn'tない helping助ける you君は.
嫌いだからといって
それが自身のためにならないわけではないと
14:05
Theその strategies戦略 actually実際に
weren'tなかった aa deckデッキ of cardsカード originally元々,
このストラテジーズは元々
カードセットではなく
14:12
they彼ら wereあった justちょうど aa listリスト ---
最初は単なるリストで
14:14
listリスト on theその recording録音 studioスタジオ wall.
収録スタジオの壁に貼られていたのです
14:16
Aa checklistチェックリスト of thingsもの
you君は mightかもしれない tryお試しください ifif you君は got持っている stuck立ち往生.
行き詰ったときに
試すリストとして です
14:17
Theその listリスト didn'tしなかった work作業.
でもリストではだめでした
14:23
Know知っている whyなぜ?
なぜでしょう?
14:26
Notない messy厄介な enough十分な.
混乱が足りなかったのです
14:29
Yourきみの eye would〜する go行く downダウン theその listリスト
誰もがそのリストを上から読んでいき
14:31
andそして itそれ would〜する settle解決する on whateverなんでも
wasあった theその least少なくとも disruptive破壊的な,
結局は一番簡単で
当たり障りのないものを
14:33
theその least少なくとも troublesome面倒な,
選んでしまったからです
14:37
whichどの of courseコース missesミス theその pointポイント entirely完全に.
これでは焦点を外してしまいます
14:40
Andそして what Brianブライアン Enoエノ came来た to realize実現する wasあった,
そこでブライアン・イーノが気づいたのは
14:46
yesはい, we我々 need必要 to run走る
theその stupid愚か experiments実験,
馬鹿げた実験は必要で
14:48
we我々 need必要 to deal対処
with〜と theその awkward厄介な strangers見知らぬ人,
気の置ける他人との駆け引きも必要で
14:53
we我々 need必要 to tryお試しください to read読む theその ugly醜い fontsフォント.
読みにくい字体を読む努力も必要ということ
14:55
Theseこれら thingsもの help助けて us米国.
こういったことが助けとなり
14:57
They彼ら help助けて us米国 solve解決する problems問題,
自分たちが問題を解決でき
14:58
they彼ら help助けて us米国 be〜する moreもっと creative創造的な.
創造的な行動ができるのだと
15:00
Butだけど alsoまた、 ...
それだけではなく—
15:01
we我々 really本当に need必要 some一部 persuasion説得
ifif we're私たちは going行く to accept受け入れる thisこの.
この気づきを受け入れるなら
ある種の信念が必要です
15:04
Soそう howeverしかしながら we我々 do行う itそれ ...
何がきっかけにせよ
15:08
whetherかどうか it'sそれは sheer薄い willpower意志力,
純粋な意志の力にせよ
15:10
whetherかどうか it'sそれは theその flipフリップ of aa cardカード
引いたカードのせいにせよ
15:12
orまたは whetherかどうか it'sそれは aa guilt罪悪感 trip旅行
fromから aa Germanドイツ人 teenagerティーンエイジャー,
10代のドイツ人の女の子を
不憫に思ったにせよ
15:15
allすべて of us米国, fromから time時間 to time時間,
私たちは皆 ときには
15:19
need必要 to sit座る downダウン andそして tryお試しください andそして play遊びます
theその unplayable再生できない pianoピアノ.
使い物にならないピアノの前に座り
弾いてみることも必要なのです
15:21
Thank感謝 you君は.
ありがとうございました
15:27
(Applause拍手)
(拍手)
15:28
Translated by Yuya Koike
Reviewed by Hiroko Kawano

▲Back to top

About the speaker:

Tim Harford - Economist, journalist and broadcaster
Tim Harford's writings reveal the economic ideas behind everyday experiences.

Why you should listen

In the Undercover Economist column he writes for the Financial Times, Tim Harford looks at familiar situations in unfamiliar ways and explains the fundamental principles of the modern economy. He illuminates them with clear writing and a variety of examples borrowed from daily life.

His book, Adapt: Why Success Always Starts With Failure, argues that the world has become far too unpredictable and complex for today's challenges to be tackled with ready-made solutions and expert opinions. Instead, Harford suggests, we need to learn to embrace failure and to constantly adapt, to improvise rather than plan, to work from the bottom up rather than the top down. His next book, Messy: Thriving in a Tidy-Minded World will be published in September 2016. 

Harford also presents the BBC radio series More or Less, a rare broadcast program devoted, as he says, to "the powerful, sometimes beautiful, often abused but ever ubiquitous world of numbers."

He says: "I’d like to see many more complex problems approached with a willingness to experiment."

More profile about the speaker
Tim Harford | Speaker | TED.com