English-Video.net comment policy

The comment field is common to all languages

Let's write in your language and use "Google Translate" together

Please refer to informative community guidelines on TED.com

TED2007

Steven Pinker: The surprising decline in violence

スティーブン・ピンカー: 暴力にまつわる社会的通念

Filmed
Views 2,118,921

聖書の時代から現在まで暴力が減少してきていることをスティーブン・ピンカーは図示して説明します。イラクやダルフールの非論理的で腹立たしい現実もありますが、それでも人類史上もっとも平和な時代を我々は生きていると語ります。

- Psychologist
Steven Pinker questions the very nature of our thoughts -- the way we use words, how we learn, and how we relate to others. In his best-selling books, he has brought sophisticated language analysis to bear on topics of wide general interest. Full bio

アウシュビッツ強制収容所のようなイメージが
00:25
Imagesイメージ like好きな thisこの, fromから theその Auschwitzアウシュヴィッツ concentration濃度 campキャンプ,
20世紀を通して 我々の意識に焼きついて
00:29
have持ってる beenされている seared睨んだ into our我々の consciousness意識 during theその twentieth20代 century世紀
我々という人間の正体や 我々のたどった道 我々が生きる時代の
00:34
andそして have持ってる given与えられた us米国 aa new新しい understanding理解 of who we我々 are,
新しい解釈をもたらしました
00:39
whereどこで we've私たちは come来る fromから andそして theその times we我々 liveライブ in.
20世紀には数々の残虐行為が見られました
00:42
During theその twentieth20代 century世紀, we我々 witnessed目撃した theその atrocities残虐行為
スターリン ヒトラー 毛沢東 ポルポト ルワンダやその他の集団虐殺
00:46
of Stalinスターリン, Hitlerヒッラー, Maoマオ, Polポール Potポット, Rwandaルワンダ andそして otherその他 genocides大量虐殺,
21世紀に突入して まだ7年しか経過していませんが
00:51
andそして even偶数 thoughしかし theその twenty-first第二十一 century世紀 is onlyのみ sevenセブン years old古い,
既に ダルフール紛争やイラクの日常となった
00:55
we我々 have持ってる already既に witnessed目撃した an ongoing進行中の genocide大量虐殺 in Darfurダルファール
酷い状況を目にしてきました
00:59
andそして theその daily毎日 horrors恐怖 of Iraqイラク.
こうしてある共通の理解に至りました
01:02
Thisこの has持っている ledLED to aa common一般 understanding理解 of our我々の situation状況,
現代社会は 暴力にあふれ
01:05
namelyすなわち thatそれ modernity近代 has持っている brought持ってきた us米国 terribleひどい violence暴力, andそして perhapsおそらく
調和のとれた原始の時代から離れてしまったから今の危難があるのです
01:09
thatそれ nativeネイティブ peoples人々 lived住んでいました in aa state状態 of harmony調和 thatそれ we我々 have持ってる departed出発した fromから, to our我々の peril危険.
例えば 数年前の感謝祭のときの
01:12
Hereここに is an example
ボストングローブ紙の論評です
01:17
fromから an op-edop-ed on Thanksgiving感謝祭, in theその Bostonボストン Globeグローブ
“インディアンの生活は苦しいものであったが
01:20
aa coupleカップル of years ago, whereどこで theその writerライター wrote書きました, "Theその Indianインディアン life生活
雇用問題は無く 仲間意識が強く
01:24
wasあった aa difficult難しい one1, butだけど thereそこ wereあった noいいえ employment雇用 problems問題,
薬物乱用など存在せず
01:27
communityコミュニティ harmony調和 wasあった strong強い, substance物質 abuse乱用 unknown未知の,
犯罪は ほぼ皆無で 部族間の争いは
01:30
crime犯罪 nearlyほぼ non-existent存在しない, what warfare戦争 thereそこ wasあった betweenの間に tribes部族
主に儀式的で 無差別虐殺や
01:34
wasあった largely主に ritualistic儀式的 andそして seldom滅多 resulted結果 in indiscriminate無差別
大量虐殺につながることは滅多になかった” よく聞くお話です
01:37
orまたは wholesale卸売 slaughter虐殺." Now, you'reあなたは allすべて familiar身近な with〜と thisこの treacleおやすみ.
子どもに教え テレビや絵本でも耳にします
01:42
We我々 teach教える itそれ to our我々の children子供. We我々 hear聞く itそれ on televisionテレビ
このセッションのテーマは“常識を疑う” ですが
01:45
andそして in storybooks童話. Now, theその original元の titleタイトル of thisこの sessionセッション
今述べた常識的な理解の誤りについて
01:50
wasあった, "Everythingすべて You君は Know知っている Is Wrong違う," andそして I'm私は going行く to presentプレゼント evidence証拠
論証したいと思います
01:53
thatそれ thisこの particular特に part of our我々の common一般 understanding理解 is wrong違う,
実際に我々の祖先は非常に残虐で
01:56
thatそれ, in fact事実, our我々の ancestors祖先 wereあった far遠い moreもっと violent暴力的な thanより we我々 are,
暴力は長い事 減少してきており
02:00
thatそれ violence暴力 has持っている beenされている in decline低下 forために long長いです stretchesストレッチ of time時間,
我々は おそらく人類史上 もっとも平和な時を生きています
02:04
andそして thatそれ today今日 we我々 are probably多分 living生活 in theその most最も peaceful平和な time時間 in our我々の species'種' existence存在.
ダルフールやイラクでの紛争が起きている時代に
02:07
Now, in theその decade10年 of Darfurダルファール andそして Iraqイラク,
このような陳述は 幻覚か不当にすら感じますが
02:12
aa statementステートメント like好きな thatそれ mightかもしれない seem思われる somewhereどこかで betweenの間に hallucinatory幻覚の
これが正しい理解であると説明していきます
02:15
andそして obscene猥褻. Butだけど I'm私は going行く to tryお試しください to convince説得する you君は
暴力の減少はフラクタル現象です
02:18
thatそれ thatそれ is theその correct正しい picture画像. Theその decline低下 of violence暴力
これは数千年 数百年 数十年
02:24
is aa fractalフラクタル phenomenon現象. You君は canできる see見る itそれ over以上 millennia千年,
そして数年のスケールで観測できます
02:27
over以上 centuries世紀, over以上 decades数十年 andそして over以上 years,
16世紀の理性の時代の始まりが
02:31
althoughただし、 thereそこ seems思われる to have持ってる beenされている aa tipping転倒 pointポイント at〜で theその onset開始
転換点だったようです
02:33
of theその Age年齢 of Reason理由 in theその sixteenth第十六 century世紀. One1 sees見える itそれ
一様ではなくとも世界中に見られます
02:37
allすべて over以上 theその world世界, althoughただし、 notない homogeneously均質に.
啓蒙運動の時代 英国やオランダで始まり
02:41
It'sそれは especially特に evident明らか in theその West西, beginning始まり with〜と Englandイングランド
特に西洋では顕著です
02:44
andそして Hollandオランダ aroundまわり theその time時間 of theその Enlightenment啓発.
では数千年から数年のスケールで
02:47
Let〜する me take取る you君は on aa journey of severalいくつかの powers of 10 ---
説明していきましょう
02:51
fromから theその millenniumミレニアム scale規模 to theその year scale規模 ---
一万年前まで人間は狩猟採集型の生活をして
02:53
to tryお試しください to persuade説得する you君は of thisこの. Until〜まで 10,000 years ago, allすべて humans人間
永住地や政府はありませんでした
02:57
lived住んでいました asとして hunter-gatherers狩猟採集者, withoutなし permanent永久的な settlements和解
これは一般に原始的な調和の一つとして
03:00
orまたは government政府. Andそして thisこの is theその state状態 that'sそれは commonly一般的に thought思想
考えられる状態ですが
03:03
to be〜する one1 of primordial原始的 harmony調和. Butだけど theその archaeologist考古学者
考古学者のローレンス キーリーは
03:09
Lawrenceローレンス Keeleyケーリー, looking探している at〜で casualty犠牲者 rates料金
現代の狩猟採取者の死亡率を参考にして
03:13
among contemporaryコンテンポラリー hunter-gatherers狩猟採集者, whichどの is our我々の bestベスト sourceソース
狩猟採取社会の新しい姿を描きました
03:17
of evidence証拠 about thisこの way方法 of life生活, has持っている shown示された aa ratherむしろ different異なる conclusion結論.
キーリーはこんなグラフに
03:23
Hereここに is aa graphグラフ thatそれ he put置く together一緒に
数々の狩猟採取社会での
03:25
showing表示 theその percentageパーセンテージ of male男性 deaths due支払う to warfare戦争
争いによる男性死者の割合をまとめました
03:28
in aa number of foraging餌食, orまたは hunting狩猟 andそして gathering集まる societies社会.
赤い棒線は 自然死ではなくて
03:33
Theその red barsバー correspond対応する to theその likelihood尤度 thatそれ aa manおとこ will意志 die死ぬ
誰かに殺される確率を示しています
03:39
at〜で theその hands of another別の manおとこ, asとして opposed反対 to passing通過 away離れて
ニューギニア高地やアマゾン熱帯雨林の
03:42
of naturalナチュラル causes原因, in aa variety品種 of foraging餌食 societies社会
様々な原住民社会におけるものです
03:46
in theその New新しい Guineaモルモット Highlands高地 andそして theその Amazonアマゾン Rainforest雨林.
殺される確率が60%の場所もあれば
03:50
Andそして they彼ら range範囲 fromから aa rateレート of almostほぼ aa 60 percentパーセント chanceチャンス thatそれ aa manおとこ will意志 die死ぬ
わずか15%の場所もあります
03:53
at〜で theその hands of another別の manおとこ to, in theその case場合 of theその Gebusiゲブシ,
左下に見られる短い青い棒線は
03:57
onlyのみ aa 15 percentパーセント chanceチャンス. Theその tiny小さな, little少し blue barバー in theその lower低い
20世紀の欧米の統計を表わしたもので
04:01
left-hand左手 cornerコーナー plotsプロット theその corresponding対応する statistic統計 fromから Unitedユナイテッド States
2度の世界大戦の犠牲者を含んでいます
04:05
andそして Europeヨーロッパ in theその twentieth20代 century世紀, andそして includes含む allすべて theその deaths
もし同じ死亡率のまま20世紀を迎えていたら
04:09
of bothどちらも World世界 Wars戦争. Ifif theその death rateレート in tribal部族 warfare戦争 had持っていました prevailed優勢
1億人どころか20億人が死んでいたでしょう
04:14
during theその 20thth century世紀, thereそこ would〜する have持ってる beenされている two billion deaths ratherむしろ thanより 100 million百万.
千年スケールの話の続きですが 聖書から
04:20
Alsoまた、 at〜で theその millenniumミレニアム scale規模, we我々 canできる look見える
古代文明における社会の風習を見ることができます
04:23
at〜で theその way方法 of life生活 of early早い civilizations文明 suchそのような asとして theその onesもの described記載された
道徳的価値の源泉と考えられる聖書の中に
04:28
in theその Bible聖書. Andそして in thisこの supposed想定される sourceソース of our我々の moral道徳 values,
戦争に対する見方がわかる記述があります
04:33
one1 canできる read読む descriptions説明 of what wasあった expected期待される in warfare戦争,
例えば 31章には“わが主がモーゼに命令すると
04:37
suchそのような asとして theその following以下 fromから Numbers数字 31: "Andそして they彼ら warred傷ついた
彼らはミデヤン人と戦い 彼らは
04:40
againstに対して theその Midianitesミディアン派 asとして theその Lord commanded命令された Mosesモーセ,
すべての男どもを殺した そしてモーゼは言った
04:43
andそして they彼ら slewスルー allすべて theその males男性. Andそして Mosesモーセ said前記 unto〜へ themそれら,
女は生かしておいたか? 直ちに 男の子たちを皆 殺せ
04:46
'Have持ってる you君は saved保存された allすべて theその women女性 alive生きている? Now, thereforeしたがって、, kill殺します everyすべて male男性
男と寝て男を知っている女も皆殺せ
04:50
among theその little少し onesもの andそして kill殺します everyすべて woman女性 thatそれ hathhath known既知の manおとこ
ただし 男を知らない娘は あなたたちのために
04:53
by〜によって lying嘘つき with〜と him, butだけど allすべて theその women女性 children子供 thatそれ have持ってる notない know知っている aa manおとこ
生かしておくがよい” と書かれています
04:57
by〜によって lying嘘つき with〜と him keepキープ alive生きている forために yourselvesあなた自身.''" In otherその他 words言葉,
これは男や子どもは殺し 処女を見つけた時は生かしておいて
05:00
kill殺します theその men男性; kill殺します theその children子供; ifif you君は see見る anyどれか virgins処女,
強姦してもよい という意味です
05:05
then次に you君は canできる keepキープ themそれら alive生きている soそう thatそれ you君は canできる rapeレイプ themそれら.
聖書には このような記述が4~5か所に見られます
05:08
You君は canできる find見つける four4つの orまたは five passages通路 in theその Bible聖書 of thisこの ilkilk.
また聖書によると 死刑が容認される罪は
05:12
Alsoまた、 in theその Bible聖書, one1 sees見える thatそれ theその death penaltyペナルティ
同性愛 姦通 冒涜
05:15
wasあった theその accepted受け入れられた punishment forために crimes犯罪 suchそのような asとして homosexuality同性愛,
偶像崇拝 親への口答え
05:20
adultery姦通, blasphemy冒涜, idolatry偶像崇拝, talking話す backバック to yourきみの parents ---
安息日に枝を拾うことなどが含まれます
05:24
(Laughter笑い) --- andそして pickingピッキング upアップ sticksスティック on theその Sabbath安息日.
では一桁分ズームインして
05:28
Wellよく, let'sさあ clickクリック theその zoomズーム lensレンズ
世紀のスケールで見てみましょう
05:31
downダウン one1 order注文 of magnitudeマグニチュード, andそして look見える at〜で theその century世紀 scale規模.
中世から現代に至る期間の 戦争の統計はありませんが
05:34
Althoughただし、 we我々 don'tしない have持ってる statistics統計 forために warfare戦争 throughout全体を通して
歴史をたどれば 社会的に
05:39
theその Middle中間 Ages年齢 to modernモダン times,
容認された暴力が減少してきたのは
05:40
we我々 know知っている justちょうど fromから conventional従来の history歴史 --- theその evidence証拠
はっきりとしています
05:43
wasあった under our我々の nose allすべて along一緒に thatそれ thereそこ has持っている beenされている aa reduction削減
例えば どんな社会でも 手足の切断や拷問は
05:47
in socially社会的に sanctioned認可された formsフォーム of violence暴力.
刑罰として規定された形式でした
05:50
Forために example, anyどれか socialソーシャル history歴史 will意志 reveal明らかにする thatそれ mutilation切除 andそして torture拷問
現在 違反行為に課せられるのは罰金ですが
05:54
wereあった routineルーチン formsフォーム of criminal犯罪者 punishment. Theその kind種類 of infraction違反
当時は舌や耳を切られたり 目をつぶされたり
05:57
today今日 thatそれ would〜する give与える you君は aa fine細かい, in thoseそれら days日々 would〜する result結果 in
手を切断されたりしたのです
06:01
yourきみの tongue beingであること cutカット outでる, yourきみの ears beingであること cutカット offオフ, you君は beingであること blinded盲目,
死刑も火あぶりや解体刑 車裂きの刑
06:05
aa handハンド beingであること chopped切り刻まれた offオフ andそして soそう on.
八つ裂きの刑など
06:07
Thereそこ wereあった numerous多数 ingenious独創的な formsフォーム of sadisticサディスティック capital資本 punishment:
残酷なものは多々ありました
06:12
burning燃焼 at〜で theその stakeステーク, disemboweling解体する, breaking壊す on theその wheelホイール,
王様の批判や パン泥棒など 暴力とは関係のない罪にも
06:15
beingであること pulled引っ張られた apart離れて by〜によって horses andそして soそう on.
死刑は適用され 労働力を確保するために
06:18
Theその death penaltyペナルティ wasあった aa sanction制裁 forために aa long長いです listリスト of non-violent非暴力 crimes犯罪:
奴隷制が多用されていました
06:22
criticizing批判する theその kingキング, stealing窃盗 aa loaf of breadパン. Slavery奴隷, of courseコース,
娯楽も残酷で 一番強烈なのは
06:27
wasあった theその preferred好ましい labor-saving省力化 deviceデバイス, andそして cruelty残酷 wasあった
猫の火あぶりです 吊るされた猫が
06:31
aa popular人気 form of entertainment娯楽. Perhapsおそらく theその most最も vivid鮮やかな example
火の中に入れられ 痛みで鳴き声を上げ
06:34
wasあった theその practice練習 of catネコ burning燃焼, in whichどの aa catネコ wasあった hoisted吊り上げられた
焼死する姿を見て 観客はギャーッと声をあげながら
06:37
on aa stageステージ andそして lowered低下した in aa slingスリング into aa fire火災,
笑っていたのです
06:40
andそして theその spectators観客 shrieked叫んだ in laughter笑い asとして theその catネコ, howlingハウリング in pain痛み,
殺人に関しては 多くの行政機関が
06:46
wasあった burned焼かれた to death.
死因を記録しているので 統計データが出されています
06:48
What about one-on-one一対一 murder殺人? Wellよく, thereそこ, thereそこ are good良い statistics統計,
犯罪学者のマヌエル アイズナーは
06:51
becauseなぜなら manyたくさんの municipalities市町村 recorded記録された theその cause原因 of death.
ヨーロッパ全域で見つけた
06:57
Theその criminologist犯罪学者 Manuelマヌエル Eisnerアイスナー
殺人の全記録を研究し そのデータを
07:02
scoured洗練された allすべて of theその historical歴史的 records記録 across横断する Europeヨーロッパ
国家の統計と
07:04
forために homicide殺人 rates料金 in anyどれか village, hamletハムレット, townタウン, county
継ぎ合わせました
07:09
thatそれ he couldできた find見つける, andそして he supplemented補充された themそれら
対数スケールでプロットすると 年間に10万人あたり100件の殺人という
07:11
with〜と national全国 dataデータ, whenいつ nations started開始した keeping維持 statistics統計.
中世の代表的な値から始まりますが
07:15
He plottedプロットされた on aa logarithmic対数 scale規模, going行く fromから 100 deaths
その数字はどんどん低下して
07:22
per〜ごと 100,000 people per〜ごと year, whichどの wasあった approximately theその rateレート
ヨーロッパ諸国では 年間に 10万人あたり1件以下まで減ります
07:28
of homicide殺人 in theその Middle中間 Ages年齢. Andそして theその figure数字 plummets激しい downダウン
そして 1960年に少し上昇が見られます
07:33
to lessもっと少なく thanより one1 homicide殺人 per〜ごと 100,000 people per〜ごと year
ロックンロールが道徳的価値観を下げるという指摘は
07:38
in sevenセブン orまたは eight8 Europeanヨーロッパ countries. Then次に, thereそこ is aa slightわずかな uptickアップリック
あながち間違いとも言えないようです
07:42
in theその 1960ss. Theその people who said前記 thatそれ rock 'n''n' rollロール would〜する lead
ともかく 殺人件数は現代に至るまで
07:46
to theその decline低下 of moral道徳 values actually実際に had持っていました aa grain of truth真実 to thatそれ.
16世紀初頭を境に
07:50
Butだけど thereそこ wasあった aa decline低下 fromから at〜で least少なくとも two orders注文 of magnitudeマグニチュード
少なくとも二桁の減少を遂げました
07:54
in homicide殺人 fromから theその Middle中間 Ages年齢 to theその presentプレゼント,
10年単位で見てみましょう
07:57
andそして theその elbow occurred発生した in theその early早い sixteenth第十六 century世紀.
非政府組織の統計によれば
08:02
Let'sさあ clickクリック downダウン now to theその decade10年 scale規模.
ヨーロッパと南北アメリカでは1945年以来
08:04
Accordingに従って to non-governmental非政府的 organizations組織
戦争や犠牲者を出す民族暴動
08:07
thatそれ keepキープ suchそのような statistics統計, since以来 1945, in Europeヨーロッパ andそして theその Americasアメリカ,
虐殺や軍事クーデターは減少しています
08:11
thereそこ has持っている beenされている aa steep急な decline低下 in interstate州間 wars戦争,
世界的にも 戦争による犠牲者は激減しています
08:15
in deadly致命的 ethnicエスニック riots暴動 orまたは pogromsポグロム, andそして in military軍事 coupsクーデター,
黄色の棒線は1950年から現在に至るまでの
08:19
even偶数 in South Americaアメリカ. Worldwide世界的に, there'sそこに beenされている aa steep急な decline低下
一つの戦争の年間犠牲者を示しています
08:23
in deaths in interstate州間 wars戦争. Theその yellow barsバー hereここに showショー theその number
50年代には一つの戦争の年間犠牲者数が 6万5千人でしたが
08:29
of deaths per〜ごと war戦争 per〜ごと year fromから 1950 to theその presentプレゼント.
2000年以降は酷い状況とは言え
08:34
Andそして, asとして you君は canできる see見る, theその death rateレート goes行く downダウン fromから 65,000 deaths
年間犠牲者数は2千人以下まで減少しています
08:38
per〜ごと conflict紛争 per〜ごと year in theその 1950ss to lessもっと少なく thanより 2,000 deaths
一年スケールで見ても 暴力の減少がわかります
08:42
per〜ごと conflict紛争 per〜ごと year in thisこの decade10年, asとして horrific恐ろしい asとして itそれ is.
冷戦終結の後 内戦や集団虐殺は減りました
08:46
Even偶数 in theその year scale規模, one1 canできる see見る aa decline低下 of violence暴力.
第二次世界大戦後 90%の減少です
08:50
Since以来 theその end終わり of theその Coldコールド War戦争, thereそこ have持ってる beenされている fewer少ない civil市民 wars戦争,
殺人や暴力犯罪における60年代の上昇分も取り返しました
08:53
fewer少ない genocides大量虐殺 --- indeed確かに, aa 90 percentパーセント reduction削減 since以来 post-Worldポストワールド War戦争 IIii highs高値 ---
これは FBI がまとめた他殺の統計です
08:59
andそして even偶数 aa reversal逆転 of theその 1960ss uptickアップリック in homicide殺人 andそして violent暴力的な crime犯罪.
50年代と60年代は暴力が抑えられていましたが
09:05
Thisこの is fromから theその FBIFBI Uniform統一 Crime犯罪 Statistics統計. You君は canできる see見る
その後 何十年か高めの数字を経て
09:09
thatそれ thereそこ is aa fairlyかなり low低い rateレート of violence暴力 in theその ''50ss andそして theその ''60ss,
1990年代に激減し始め
09:13
then次に itそれ soared急上がった upward上向き forために severalいくつかの decades数十年, andそして began始まった
ほぼ60年代のレベルへと戻りました
09:17
aa precipitous急な decline低下, starting起動 in theその 1990ss, soそう thatそれ itそれ went行った backバック
クリントン大統領 ありがとう
09:21
to theその levelレベル thatそれ wasあった last最終 enjoyed楽しんだ in 1960.
(笑)
09:25
President大統領 Clintonクリントン, ifif you'reあなたは hereここに, thank感謝 you君は.
さて これだけ大切な事実に対し
09:27
(Laughter笑い)
誤解が生じる理由は多々あると思います
09:29
Soそう theその question質問 is, whyなぜ are soそう manyたくさんの people soそう wrong違う
報道が充実したということも理由の一つです
09:32
about something何か soそう important重要? I think思う thereそこ are aa number of reasons理由.
AP通信は16世紀の修道士よりも
09:36
One1 of themそれら is we我々 have持ってる betterより良い reporting報告. Theその Associated関連する Press押す
戦争に関して上をいく年代史家です
09:39
is aa betterより良い chronicler年代記者 of wars戦争 over以上 theその surface表面 of theその Earth地球
認知的錯覚によって ある具体的な事例を思い出すのが簡単になるほど
09:43
thanより sixteenth-century16世紀 monks修道士 wereあった.
先入観が強くなるというのが
09:47
There'sそこに aa cognitive認知 illusion錯覚. We我々 cognitive認知 psychologists心理学者 know知っている thatそれ theその easierより簡単に itそれ is
認知心理学の知見です
09:52
to recall想起 specific特定 instancesインスタンス of something何か,
新聞で目にする残虐な写真やニュースは
09:55
theその higher高い theその probability確率 thatそれ you君は assign割り当てます to itそれ.
老衰で亡くなるお年寄りよりも 記憶に焼きつきやすいのです
09:58
Thingsもの thatそれ we我々 read読む about in theその paper with〜と gory深刻な footage映像
世論や政策提言における力学の問題として
10:02
burn燃やす into memory記憶 moreもっと thanより reportsレポート of aa lotロット moreもっと people dying死ぬ
状況は改善し続けていると訴え 注目をあびて
10:06
in their彼らの bedsベッド of old古い age年齢. Thereそこ are dynamicsダイナミクス in theその opinion意見
支持や支援を集めることはできません
10:12
andそして advocacyアドボカシー markets市場: noいいえ one1 everこれまで attracted引き寄せた observersオブザーバー, advocates支持者
(笑)
10:17
andそして donorsドナー by〜によって saying言って
先住民に対して罪悪感があるため
10:19
thingsもの justちょうど seem思われる to be〜する getting取得 betterより良い andそして betterより良い.
現代の知識人たちは西洋文化の特長を
10:21
(Laughter笑い)
素直に認めようとはしません
10:22
There'sそこに guilt罪悪感 about our我々の treatment処理 of nativeネイティブ peoples人々
道徳の変化が行動の変化を追い抜くこともあるでしょう
10:25
in modernモダン intellectual知的 life生活, andそして an unwillingness不本意 to acknowledge認める
暴力が減少した理由の一つは
10:28
thereそこ couldできた be〜する anything何でも good良い about Western西洋 culture文化.
人々が当時の大虐殺や残酷な行為に嫌気がさしたからです
10:31
Andそして of courseコース, our我々の change変化する in standards基準 canできる outpace前に theその change変化する
今もそうですが 道徳が行動を追い越して
10:36
in behavior動作. One1 of theその reasons理由 violence暴力 went行った downダウン
変化してしまうと 当時の歴史的な基準に照らした場合以上に
10:39
is thatそれ people got持っている sick病気 of theその carnage大虐殺 andそして cruelty残酷 in their彼らの time時間.
野蛮であったと見なされます
10:42
That'sそれは aa processプロセス thatそれ seems思われる to be〜する continuing続ける,
よって 15年の司法手続を経た殺人犯たちが
10:45
butだけど ifif itそれ outstrips引き出し behavior動作 by〜によって theその standards基準 of theその day,
薬殺刑で死刑になることが 気にかかるのも無理はありません
10:49
thingsもの always常に look見える moreもっと barbaric野蛮な thanより they彼ら would〜する have持ってる beenされている
数百年前であれば王様を批判したことで
10:52
by〜によって historic歴史的な standards基準. Soそう today今日, we我々 get取得する exercised行使された --- andそして rightly正しく soそう ---
10分程度の裁判にかけられ
10:56
ifif aa handful一握りの of murderers殺人犯 get取得する executed実行された by〜によって lethal致死 injection注入
火あぶりの刑に処せられたかもしれません
11:02
in Texasテキサス after aa 15-year-年 appealアピール processプロセス. We我々 don'tしない consider検討する
むしろ 幾度となく繰り返されたことだったでしょう
11:07
thatそれ aa coupleカップル of hundred years ago, they彼ら mayかもしれない have持ってる beenされている burned焼かれた
今日 死刑制度は野蛮な行為として
11:10
at〜で theその stakeステーク forために criticizing批判する theその kingキング after aa trial試行
捉えられています
11:13
thatそれ lasted持続した 10 minutes, andそして indeed確かに, thatそれ thatそれ would〜する have持ってる beenされている repeated繰り返し
基準の向上とは見なされません
11:16
over以上 andそして over以上 again再び. Today今日, we我々 look見える at〜で capital資本 punishment
なぜ暴力が減少したのか 誰もわかりませんが
11:21
asとして evidence証拠 of howどうやって low低い our我々の behavior動作 canできる sinkシンク,
私が知っている4つの説明は どれも
11:24
ratherむしろ thanより howどうやって high高い our我々の standards基準 have持ってる risen上昇した.
ある程度うなずけるものです
11:28
Wellよく, whyなぜ has持っている violence暴力 declined拒否した? Noいいえ one1 really本当に knows知っている,
一つ目はトマスホッブズが正しいというものです
11:31
butだけど I have持ってる read読む four4つの explanations説明, allすべて of whichどの, I think思う,
ホッブズによると 人間の自然状態とは “孤独で貧しく
11:36
have持ってる some一部 grain of plausibility妥当性. Theその first最初 is, maybe多分
不機嫌で残酷 しかも短命”
11:39
Thomasトーマス Hobbesホッブズ got持っている itそれ right. He wasあった theその one1 who said前記
血の渇望や 攻撃的な本能や
11:42
thatそれ life生活 in aa state状態 of nature自然 wasあった "solitary孤独な, poor貧しい, nasty不快な, brutish野蛮な
縄張り争いが原因なのではなく
11:47
andそして shortショート." Notない becauseなぜなら, he argued主張した,
無政府状態のロジックが原因だと言っています
11:51
humans人間 have持ってる some一部 primordial原始的 thirst渇き forために blood血液
無政府状態では やられる前にやらなければおしまいです
11:54
orまたは aggressive積極的な instinct本能 orまたは territorial領土 imperative命令的,
トーマス シェリングがこれについて
11:58
butだけど becauseなぜなら of theその logic論理 of anarchyアナーキー. In aa state状態 of anarchyアナーキー,
自宅の地下で物音がした状況で例示しています
12:01
there'sそこに aa constant定数 temptation誘惑 to invade侵入する yourきみの neighbors隣人 preemptively先制的,
アメリカ人の常として
12:05
before they彼ら invade侵入する you君は. Moreもっと recently最近, Thomasトーマス Schellingシェリング
ベッド脇から銃を掴み 階下へ降ります
12:08
gives与える theその analogy類推 of aa homeowner住宅所有者 who hears聞く aa rustling騒がしい
目に飛び込んだのは 銃を持った侵入者
12:11
in theその basement地下. Beingであること aa good良い Americanアメリカ人, he has持っている aa pistolピストル
お互いに考えるのは
12:13
in theその nightstandナイトスタンド, pulls引っ張る outでる his gun, andそして walksあるきます downダウン theその stairs階段.
“人殺しはいやだが 撃たれるぐらいなら
12:17
Andそして what doesする he see見る butだけど aa burglar泥棒 with〜と aa gun in his handハンド.
その前に撃った方がよさそうだ
12:20
Now, each one1 of themそれら is thinking考え,
奴も殺す気はないかもしれないが
12:21
"I don'tしない really本当に want欲しいです to kill殺します thatそれ guy, butだけど he's彼は about to kill殺します me.
殺される可能性があることを
12:25
Maybe多分 I had持っていました betterより良い shootシュート him, before he shoots芽吹く me,
恐れているだろう”
12:29
especially特に since以来, even偶数 ifif he doesn'tしない want欲しいです to kill殺します me,
狩猟採集の部族はこの一連の考えをたどり
12:31
he's彼は probably多分 worrying心配する right now thatそれ I mightかもしれない kill殺します him
襲われる恐怖から 相手を襲うのです
12:34
before he kills殺す me." Andそして soそう on.
さて 抑止力がこの問題の解決策の一つです
12:37
Hunter-gathererハンター・ギャザー peoples人々 explicitly明示的 go行く throughを通して thisこの train列車 of thought思想,
先制攻撃はしませんが もしも侵略されたら
12:42
andそして will意志 oftenしばしば raid襲撃 their彼らの neighbors隣人 outでる of fear恐れ of beingであること raided襲撃 first最初.
はげしく報復するという方針を公言しておくのです
12:47
Now, one1 way方法 of dealing対処する with〜と thisこの problem問題 is by〜によって deterrence抑止.
このポリシーは 虚勢と見なされがちですが
12:50
You君は don'tしない strikeストライク first最初, butだけど you君は have持ってる aa publicly公然と announced発表 policyポリシー
本気だと思われたときにだけ効力を発揮します
12:55
thatそれ you君は will意志 retaliate報復する savagely残酷に ifif you君は are invaded侵略された.
本気と知らせるためには 全ての侵入に復讐を果たし
12:58
Theその onlyのみ thingもの is thatそれ it'sそれは
借りは必ず返して やがて血の復讐に至るのです
13:00
liable責任を負う to having持つ itsその bluffブラフ calledと呼ばれる, andそして thereforeしたがって、 canできる onlyのみ work作業
ギャング映画の世界です ホッブスの解決策である「リヴァイアサン」では
13:05
ifif it'sそれは credible信頼できる. To make作る itそれ credible信頼できる, you君は must必須 avenge討つ allすべて insults侮辱
暴力の公使における正統性を
13:10
andそして settle解決する allすべて scores得点, whichどの leadsリード to theその cyclesサイクル of bloody血まみれの vendetta復讐.
リヴァイアサンという民主的機関だけに帰属させた状態なら
13:14
Life生活 becomes〜になる an episodeエピソード of "Theその Sopranosソプラノ." Hobbes'ホッブズ ' solution溶液,
攻撃の企てが減るというものでした
13:19
theその "Leviathanリバイアサン," wasあった thatそれ ifif authority権限 forために theその legitimate合法的 useつかいます
なぜなら いかなる攻撃も罰せられ
13:23
of violence暴力 wasあった vested既得 in aa singleシングル democratic民主的 agency代理店 --- aa leviathanリバイアサン ---
そこから得られるものは無いので 自分が襲われる恐怖からの
13:29
then次に suchそのような aa state状態 canできる reduce減らす theその temptation誘惑 of attack攻撃,
先制攻撃を抑止するのです
13:32
becauseなぜなら anyどれか kind種類 of aggression侵略 will意志 be〜する punished処罰された,
抑止力では 本気だと示すために一触即発で復讐する必要があったのが
13:35
leaving去る itsその profitability収益性 asとして zeroゼロ. Thatそれ would〜する remove除去する theその temptation誘惑
不要となり こうして平和へと至るのです
13:40
to invade侵入する preemptively先制的, outでる of fear恐れ of themそれら attacking攻撃 you君は first最初.
先ほどお見せ出来なかった 殺人件数の割合を
13:44
Itそれ removes除去する theその need必要 forために aa hairヘア trigger引き金 forために retaliation報復
グラフにしたアイズナーは
13:48
to make作る yourきみの deterrent抑止 threat脅威 credible信頼できる. Andそして thereforeしたがって、, itそれ would〜する lead
ヨーロッパで殺人が減少した時期は
13:51
to aa state状態 of peace平和. Eisnerアイスナー --- theその manおとこ who plottedプロットされた theその homicide殺人 rates料金
中央集権国家の勃興と期を同じくすると指摘しています
13:57
thatそれ you君は failed失敗した to see見る in theその earlier先に slide滑り台 ---
リヴァイアサン理論のちょっとした裏付けです
14:00
argued主張した thatそれ theその timingタイミング of theその decline低下 of homicide殺人 in Europeヨーロッパ
今日 無政府状態の地域で暴力が吹き荒れることも
14:04
coincided一致した with〜と theその rise上昇 of centralized集中化された states.
理論を裏付けます 破たん国家や崩壊した帝国
14:08
Soそう that'sそれは aa bitビット of aa supportサポート forために theその leviathanリバイアサン theory理論.
辺境地帯 マフィアやストリートギャング等です
14:11
Alsoまた、 supportingサポートする itそれ is theその fact事実 thatそれ we我々 today今日 see見る eruptions噴火 of violence暴力
二つ目の説明は 人生は取るに足らないものと
14:15
in zonesゾーン of anarchyアナーキー, in failed失敗した states, collapsed崩壊した empires帝国,
見られていた時代と場所が多かったことです
14:19
frontierフロンティア regions地域, mafiasマフィア, street通り gangsギャング andそして soそう on.
苦しみや若死にが普通であった昔
14:25
Theその second二番 explanation説明 is thatそれ in manyたくさんの times andそして places場所,
他人に危害を加えることに抵抗は感じませんでした
14:28
thereそこ is aa widespread広範囲 sentiment感情 thatそれ life生活 is cheap安いです.
テクノロジーや経済効率が人生をより長く楽しくさせるにつれて
14:32
In earlier先に times, whenいつ suffering苦しみ andそして early早い death wereあった common一般
人間は一般的に人生への価値を高めるようになります
14:36
in one's一人 own自分の life生活, one1 has持っている fewer少ない compunctionsコンパンク about inflicting襲う themそれら
これは政治学者のジェームズ ペインの議論です
14:40
on othersその他. Andそして asとして technology技術 andそして economic経済的 efficiency効率 make作る life生活
三つ目の説明は“非ゼロ和” の概念を連想させます
14:44
longerより長いです andそして moreもっと pleasant楽しい, one1 puts置く aa higher高い value on life生活 in general一般.
ジャーナリストであるロバート ライトは
14:48
Thisこの wasあった an argument引数 fromから theその political政治的 scientist科学者 Jamesジェームズ Payneペイン.
ある種の状況下で 非暴力を含む協力は
14:52
Aa third三番 explanation説明 invokes呼び出し theその concept概念 of aa nonzero-sum非ゼロ和 gameゲーム,
双方に利益があると指摘しています
14:56
andそして wasあった worked働いた outでる in theその book "Nonzeroゼロ以外" by〜によって theその journalistジャーナリスト
過剰な物資の貿易を行い 両者が争いをしないこと 又は
15:00
Robertロバート Wrightライト. Wrightライト pointsポイント outでる thatそれ in certainある circumstances状況,
戦時編制を解き いわゆる平和の配当を分配することで
15:04
cooperation協力 orまたは non-violence非暴力 canできる benefit利益 bothどちらも partiesパーティー
いかなる時でも 戦う必要がなくなることに
15:07
in an interactionインタラクション, suchそのような asとして gains利益 in tradeトレード whenいつ two partiesパーティー tradeトレード
つながると言っています
15:13
their彼らの surpluses余剰 andそして bothどちらも come来る outでる ahead前方に, orまたは whenいつ two partiesパーティー
ライトは 人が関わる
15:17
lay寝る downダウン their彼らの arms武器 andそして splitスプリット theその so-calledいわゆる peace平和 dividend配当
ポジティブサムゲームの件数が増えたと言います
15:20
thatそれ results結果 in themそれら notない having持つ to fight戦い theその whole全体 time時間.
テクノロジーが 物資やサービスやアイデアの交換を
15:24
Wrightライト argues主張する thatそれ technology技術 has持っている increased増加した theその number
より遠方と より大人数で行えるようにしたからです
15:26
of positive-sum正の和 gamesゲーム thatそれ humans人間 tend傾向がある to be〜する embroiled混乱した in,
その結果 死者よりも生きている他者の価値が高まり
15:31
by〜によって allowing許す theその tradeトレード of goods, servicesサービス andそして ideasアイデア
自己中心的な理由での暴力は減るのです ライトに言わせると
15:34
over以上 longerより長いです distances距離 andそして among larger大きい groupsグループ of people.
“日本への爆弾投下はいけない
15:38
Theその result結果 is thatそれ otherその他 people become〜になる moreもっと valuable貴重な alive生きている thanより deadデッド,
彼らは私のミニバンを作ってくれたのだ”
15:41
andそして violence暴力 declines低下する forために selfish利己的 reasons理由. Asとして Wrightライト put置く itそれ,
(笑)
15:47
"Among theその manyたくさんの reasons理由 thatそれ I think思う thatそれ we我々 should〜すべき notない bomb爆弾
四つ目の説明は哲学者であるピーター シンガーが書いた
15:49
theその Japanese日本語 is thatそれ they彼ら built建てられた myじぶんの mini-vanミニバン."
本のタイトルに示されています
15:52
(Laughter笑い)
彼は 進化によって人間は共感できるようになったと論じています
15:54
Theその fourth第4 explanation説明 is captured捕獲 in theその titleタイトル of aa book
他人の利害を自らのものとして考える力です
15:58
calledと呼ばれる "Theその Expanding拡大する Circleサークル," by〜によって theその philosopher哲学者 Peterピーター Singer歌手,
残念ながら 我々がそうするのは基本的に
16:02
who argues主張する thatそれ evolution進化 bequeathed残された humans人間 with〜と aa senseセンス
非常に限られた仲間や身内だけです
16:05
of empathy共感, an ability能力 to treat治療する otherその他 peoples'人々は、 interests関心
それ以外の人は人間以下の扱いを受け
16:10
asとして comparable匹敵します to one's一人 own自分の. Unfortunately残念ながら, by〜によって defaultデフォルト
当然のことのように食い物にされるのです しかし時間が経つうちに
16:14
we我々 apply適用する itそれ onlyのみ to aa very非常に narrow狭い circleサークル of friends友達 andそして family家族.
その範囲は広がり 歴史上の記録には
16:18
People outside外側 thatそれ circleサークル are treated治療された asとして sub-human亜人,
村から一族へ 部族へ
16:21
andそして canできる be〜する exploited悪用された with〜と impunity免責. Butだけど, over以上 history歴史,
国家へ 他の人種へ 男女へと広がり
16:25
theその circleサークル has持っている expanded拡張された. One1 canできる see見る, in historical歴史的 record記録,
シンガー自身の議論では 感覚をもつ他の種にも
16:29
itそれ expanding拡大する fromから theその village, to theその clan一族, to theその tribe部族,
広げるべきものだとしています
16:33
to theその nation国家, to otherその他 racesレース, to bothどちらも sexes性別,
そこで この広がりの原動力は何かという問いが生じます
16:36
andそして, in Singer's歌手の own自分の arguments議論, something何か thatそれ we我々 should〜すべき extend拡張する
可能性はたくさんあります
16:38
to otherその他 sentient感覚的 species. Theその question質問 is,
ロバート ライトが論じる相互依存の輪の増加や黄金律などです
16:43
ifif thisこの has持っている happened起こった, what has持っている powered動力 thatそれ expansion拡張?
つまり他者のことを考え影響しあうほどに
16:46
Andそして thereそこ are aa number of possibilities可能性, suchそのような asとして increasing増加する circles
相手に耳を傾けてほしい場合には
16:49
of reciprocity相互主義 in theその senseセンス thatそれ Robertロバート Wrightライト argues主張する forために.
自分の利益を優先するのは
16:54
Theその logic論理 of theその goldenゴールデン ruleルール --- theその moreもっと you君は think思う about andそして interact相互作用する
良くないことがわかります
16:58
with〜と otherその他 people, theその moreもっと you君は realize実現する thatそれ itそれ is untenable断ることができない
自己中心的な態度は不適切です
17:02
to privilege特権 yourきみの interests関心 over以上 theirsそれらの,
自分が今いる場所が
17:06
at〜で least少なくとも notない ifif you君は want欲しいです themそれら to listen聴く to you君は. You君は can'tできない sayいう
宇宙の中で特別な場所だと言えないのと
17:09
thatそれ myじぶんの interests関心 are special特別 compared比較した to yoursあなたの,
同じことです
17:12
anymoreもう thanより you君は canできる sayいう thatそれ theその particular特に spotスポット
世界主義も理由かもしれません
17:15
thatそれ I'm私は standing立っている on is aa uniqueユニークな part of theその universe宇宙
歴史 報道 記憶 リアルな小説 旅行記 識字―
17:18
becauseなぜなら I happen起こる to be〜する standing立っている on itそれ thatそれ very非常に minute.
こうして かつて人間以下に見ていた他人の姿に
17:21
Itそれ mayかもしれない alsoまた、 be〜する powered動力 by〜によって cosmopolitanismコスモポリタン主義, by〜によって histories歴史,
自分の姿を重ね合わせることを可能にして
17:25
andそして journalismジャーナリズム, andそして memoirs紀要, andそして realistic現実的な fictionフィクション, andそして travel旅行,
自分の人生の立場が偶然の結果と気づかせます
17:29
andそして literacyリテラシー, whichどの allows許す you君は to projectプロジェクト yourselfあなた自身 into theその lives人生
誰にでも起こり得るということです
17:33
of otherその他 people thatそれ formerly以前 you君は mayかもしれない have持ってる treated治療された asとして sub-human亜人,
原因は何にせよ 暴力の減少には
17:37
andそして alsoまた、 to realize実現する theその accidental偶然 contingency不測の事態 of yourきみの own自分の station
深い意味があるため “なぜ戦争をするのか” と問わずに
17:41
in life生活, theその senseセンス thatそれ "thereそこ butだけど forために fortune go行く I."
“なぜ平和があるのか” と問うべきです
17:46
Whateverなんでも itsその causes原因, theその decline低下 of violence暴力, I think思う,
“我々の過ち” だけではなく “我々の正しい行い”も問うべきです
17:49
has持っている profound深遠な implications意義. Itそれ should〜すべき force us米国 to ask尋ねる notない justちょうど, whyなぜ
そこを追究するのは
17:53
is thereそこ war戦争? Butだけど alsoまた、, whyなぜ is thereそこ peace平和? Notない justちょうど,
価値あることだと思います
17:58
what are we我々 doingやっている wrong違う? Butだけど alsoまた、, what have持ってる we我々 beenされている doingやっている right?
どうもありがとう
18:02
Becauseなぜなら we我々 have持ってる beenされている doingやっている something何か right,
(拍手)
18:04
andそして itそれ sure確かに would〜する be〜する good良い to find見つける outでる what itそれ is.
素晴らしい内容でした ピーターシンガーが書いた内容ですが
18:06
Thank感謝 you君は very非常に muchたくさん.
あの広がりとは テクノロジーや
18:07
(Applause拍手).
目に見える他者の増加が 引き起こしたと
18:18
Chrisクリス Andersonアンダーソン: I loved愛された thatそれ talkトーク. I think思う aa lotロット of people hereここに in theその roomルーム would〜する sayいう
感じる人も多いと思います そして それゆえに世界が
18:22
thatそれ thatそれ expansion拡張 of --- thatそれ you君は wereあった talking話す about,
小さくなっているという感覚 これも真実なのでしょうか?
18:25
thatそれ Peterピーター Singer歌手 talks交渉 about, is alsoまた、 driven駆動される by〜によって, justちょうど by〜によって technology技術,
はい どちらもライト氏の理論にあてはまります
18:28
by〜によって greater大きい visibility可視性 of theその otherその他, andそして theその senseセンス thatそれ theその world世界
ずっと大きな輪の中での協力はメリットが大きいのです
18:32
is thereforeしたがって、 getting取得 smaller小さい. I mean平均, is thatそれ alsoまた、 aa grain of truth真実?
また 他人の立場に思いを馳せることの
18:36
Stevenスティーブン Pinkerピッカー: Very非常に muchたくさん. Itそれ would〜する fitフィット bothどちらも in Wright'sライト theory理論,
手助けにもなっています
18:40
thatそれ itそれ allows許す us米国 to enjoy楽しんで theその benefits利点 of cooperation協力
中世の恐ろしい拷問の話を読んだら
18:44
over以上 larger大きい andそして larger大きい circles. Butだけど alsoまた、, I think思う itそれ helps助けて us米国
なぜ そんなことが出来たのか
18:49
imagine想像する what it'sそれは like好きな to be〜する someone誰か elseelse. I think思う whenいつ you君は read読む
犠牲者をかわいそうだと思わなかったのかと
18:52
theseこれら horrific恐ろしい tortures拷問 thatそれ wereあった common一般 in theその Middle中間 Ages年齢, you君は think思う,
思うでしょうが 彼らにとっては
18:55
howどうやって couldできた they彼ら possiblyおそらく have持ってる done完了 itそれ,
自分と似た存在だとは思いようもない―
18:57
howどうやって couldできた they彼ら have持ってる notない have持ってる empathized共感した with〜と theその person
ただのよそ者に過ぎなかったのです
19:00
thatそれ they're彼らは disemboweling解体する? Butだけど clearlyはっきりと,
他人と立場を入れ替える想像を
19:03
asとして far遠い asとして they're彼らは concerned心配している, thisこの is justちょうど an alienエイリアン beingであること
容易にするものは何でも 他人への配慮を
19:06
thatそれ doesする notない have持ってる feelings感情 akin同族の to their彼らの own自分の. Anything何でも, I think思う,
高めるのです
19:09
thatそれ makes作る itそれ easierより簡単に to imagine想像する tradingトレーディング places場所
大切なことなので 近いうちに報道機関にも聴いてもらいたいですね
19:12
with〜と someone誰か elseelse means手段 thatそれ itそれ increases増加する yourきみの moral道徳 consideration考慮
どうもありがとう
19:15
to thatそれ otherその他 person.
どういたしまして
19:16
CAca: Wellよく, Steveスティーブ, I would〜する love everyすべて newsニュース mediaメディア ownerオーナー to hear聞く thatそれ talkトーク
19:20
at〜で some一部 pointポイント in theその next year. I think思う it'sそれは really本当に important重要. Thank感謝 you君は soそう muchたくさん.
19:22
SPsp: Myじぶんの pleasure喜び.
Translated by Takako Sato
Reviewed by Natsuhiko Mizutani

▲Back to top

About the speaker:

Steven Pinker - Psychologist
Steven Pinker questions the very nature of our thoughts -- the way we use words, how we learn, and how we relate to others. In his best-selling books, he has brought sophisticated language analysis to bear on topics of wide general interest.

Why you should listen

Steven Pinker's books have been like bombs tossed into the eternal nature-versus-nurture debate. Pinker asserts that not only are human minds predisposed to certain kinds of learning, such as language, but that from birth our minds -- the patterns in which our brain cells fire -- predispose us each to think and behave differently.

His deep studies of language have led him to insights into the way that humans form thoughts and engage our world. He argues that humans have evolved to share a faculty for language, the same way a spider evolved to spin a web. We aren't born with “blank slates” to be shaped entirely by our parents and environment, he argues in books including The Language Instinct; How the Mind Works; and The Blank Slate: The Modern Denial of Human Nature.

Time magazine named Pinker one of the 100 most influential people in the world in 2004. His book The Stuff of Thought was previewed at TEDGlobal 2005. His 2012 book The Better Angels of Our Nature looks at our notion of violence.

For the BBC, he picks his Desert Island Discs >>

More profile about the speaker
Steven Pinker | Speaker | TED.com