English-Video.net comment policy

The comment field is common to all languages

Let's write in your language and use "Google Translate" together

Please refer to informative community guidelines on TED.com

TEDxDanubia

Margaret Heffernan: The dangers of willful blindness

マーガレット・ヘファーナン: 「意図的な無視」の危険性

Filmed
Views 1,555,502

ゲイラ・ベネフィールドは仕事中にある異変に気づき、やがて自分の住む町の恐ろしい秘密を暴いてしまいました。彼女の町はアメリカのどの場所よりも死亡率が高く、80倍にも上っていたのです。しかしそれ以上に彼女が衝撃を受けたのは、住民にそれを伝えようとした時でした。人々がその事実を知りたがらないのです。マーガレット・ヘファーナンは、歴史の教訓とも活動の呼び掛けとも呼べるこの話を通して、「意図的に無視すること」の危険性に警鐘を鳴らすとともに、自ら声をあげた普通の人々を讃えます。(TEDxDanubiaにて収録)

- Management thinker
The former CEO of five businesses, Margaret Heffernan explores the all-too-human thought patterns -- like conflict avoidance and selective blindness -- that lead organizations and managers astray. Full bio

In theその northwest北西 cornerコーナー of theその Unitedユナイテッド States,
アメリカ北西部 ―
00:13
right upアップ near近く theその Canadianカナディアン border境界,
カナダ国境のすぐ近くに
00:16
there'sそこに aa little少し townタウン calledと呼ばれる Libbylibby, Montanaモンタナ,
モンタナ州 リビーという
小さな町があります
00:19
andそして it'sそれは surrounded囲まれた by〜によって pineパイン trees andそして lakes
松林と湖 そして
00:23
andそして justちょうど amazing素晴らしい wildlife野生動物
美しい野生動物と ―
00:28
andそして theseこれら enormous巨大な trees thatそれ scream悲鳴 upアップ into theその sky.
天まで届く様な
巨大な木々に囲まれています
00:32
Andそして in thereそこ is aa little少し townタウン calledと呼ばれる Libbylibby,
こんな環境に囲まれた
小さな町 リビーを
00:38
whichどの I visited訪問した, whichどの feels感じる kind種類 of lonely寂しい,
訪れたのですが
なんだか寂しい所で
00:41
aa little少し isolated分離された.
孤島のようでした
00:45
Andそして in Libbylibby, Montanaモンタナ, there'sそこに aa ratherむしろ unusual珍しい woman女性
リビーにはゲイラ・
ベネフィールドという ―
00:48
named名前 Gaylaゲイラ Benefield有利な.
個性的な女性がいます
00:52
She彼女 always常に feltフェルト aa little少し bitビット of an outsiderアウトサイダー,
ロシア系の彼女は
00:54
althoughただし、 she's彼女は beenされている thereそこ almostほぼ allすべて her彼女 life生活,
人生のほとんどを
この町で暮らして来ましたが
00:56
aa woman女性 of Russianロシア extraction抽出.
常に自分は どこか人と違うと
感じていました
00:58
She彼女 told言った me whenいつ she彼女 went行った to school学校,
学生時代
女子で機械製図を選択したのは
01:01
she彼女 wasあった theその onlyのみ girl女の子 who everこれまで chose選択した
学生時代
女子で機械製図を選択したのは
01:03
to do行う mechanical機械的 drawingお絵かき.
彼女だけだったと
私に話してくれました
01:04
Later後で in life生活, she彼女 got持っている aa jobジョブ going行く house to house
その後 ゲイラは就職し
家を一軒ずつ回って ―
01:08
reading読書 utilityユーティリティー metersメートル --- gasガス metersメートル, electricity電気 metersメートル.
ガスや電気の計量メーターを
検針する仕事を始めました
01:12
Andそして she彼女 wasあった doingやっている theその work作業 in theその middle中間 of theその day,
昼の仕事でしたが
01:16
andそして one1 thingもの particularly特に caught捕らえられた her彼女 notice通知, whichどの wasあった,
彼女が気になったのは
01:19
in theその middle中間 of theその day she彼女 met会った aa lotロット of men男性
昼間なのに男達が
家にいることでした
01:22
who wereあった at〜で home自宅, middle中間 aged老人, late遅く middle中間 aged老人,
それも40~50歳代の
中年の人たちで
01:26
andそして aa lotロット of themそれら seemed見えた to be〜する on oxygen酸素 tanksタンク.
かなりの人々が
酸素ボンベをつけていました
01:31
Itそれ struck打たれた her彼女 asとして strange奇妙な.
彼女は何か変だと思いました
01:36
Then次に, aa few少数 years later後で, her彼女 fatherお父さん died死亡しました at〜で theその age年齢 of 59,
数年後 ゲイラの父親が
59才で亡くなりました
01:39
five days日々 before he wasあった due支払う to receive受け取る his pension年金.
年金の受け取りが始まる
わずか5日前のことでした
01:42
He'd彼は beenされている aa miner鉱夫.
鉱夫だったので
01:46
She彼女 thought思想 he must必須 justちょうど have持ってる beenされている worn着用した outでる by〜によって theその work作業.
きつい仕事の結果だと
ゲイラは思いました
01:47
Butだけど then次に aa few少数 years later後で, her彼女 mother died死亡しました,
ところがその数年後
今度は母親が亡くなります
01:53
andそして thatそれ seemed見えた strangerストレンジャー stillまだ,
母の死は一層奇妙に思えました
01:57
becauseなぜなら her彼女 mother came来た fromから aa long長いです lineライン of people
なぜなら母親の一族は
02:00
who justちょうど seemed見えた to liveライブ forever永遠に.
永久に生きると思うほど
長生きの家系だったのです
02:02
In fact事実, Gayla'sゲイラ uncle叔父 is stillまだ alive生きている to thisこの day,
実際 ゲイラの伯父さんは
今も元気で
02:06
andそして learning学習 howどうやって to waltzワルツ.
ワルツを習っています
02:10
Itそれ didn'tしなかった make作る senseセンス thatそれ Gayla'sゲイラ mother
自分の母親が若くして亡くなる ―
02:12
should〜すべき die死ぬ soそう young若い.
理由が見つかりませんでした
02:16
Itそれ wasあった an anomaly異常, andそして she彼女 kept保管 puzzling困惑 over以上 anomalies異常.
その死は「異常」だったので
ゲイラは悩んだのです
02:18
Andそして asとして she彼女 didした, otherその他 onesもの came来た to mindマインド.
考えるうちに
いろいろ思い出しました
02:22
She彼女 remembered思い出した, forために example,
例えば こんな事がありました
02:24
whenいつ her彼女 mother had持っていました broken壊れた aa leg andそして went行った into theその hospital病院,
母が足を骨折して病院に行った時 ―
02:26
andそして she彼女 had持っていました aa lotロット of x-raysX線,
レントゲン写真を何枚も撮られました
02:29
andそして two of themそれら wereあった leg x-raysX線, whichどの made senseセンス,
2枚の足の写真は当然としても
02:31
butだけど six6 of themそれら wereあった chest x-raysX線, whichどの didn'tしなかった.
胸部の写真が
6枚もあるのは不可解でした
02:34
She彼女 puzzled困惑 andそして puzzled困惑 over以上 everyすべて pieceピース
彼女は自分と両親の人生の
あらゆる瞬間を
02:39
of her彼女 life生活 andそして her彼女 parents'親' life生活,
思い出しながら考えて
02:42
trying試す to understandわかる what she彼女 wasあった seeing見る.
自分が目にしたものを
理解しようとしました
02:44
She彼女 thought思想 about her彼女 townタウン.
自分の町のことを考えました
02:48
Theその townタウン had持っていました aa vermiculiteバーミキュライト mine鉱山 in itそれ.
町にはバーミキュライトの
鉱山がありました
02:50
Vermiculiteバーミキュライト wasあった used中古 forために soil土壌 conditionersコンディショナー,
バーミキュライトを
土壌改良土として使うと
02:53
to make作る plants植物 grow成長する fasterもっと早く andそして betterより良い.
植物は より早く大きく成長します
02:56
Vermiculiteバーミキュライト wasあった used中古 to insulate断熱する loftsロフト,
屋根裏の断熱にも使われました
02:59
huge巨大 amounts金額 of itそれ put置く under theその roofルーフ
大量に屋根裏に入れると
03:02
to keepキープ houses warm暖かい during theその long長いです Montanaモンタナ winters.
長いモンタナの冬でも
暖かく過ごせるのです
03:05
Vermiculiteバーミキュライト wasあった in theその playground遊び場.
バーミキュライトは
公園にも
03:08
Itそれ wasあった in theその footballフットボール ground接地.
フットボール場にも
03:11
Itそれ wasあった in theその skatingスケート rinkリンク.
スケートリンクにも ありました
03:12
What she彼女 didn'tしなかった learn学ぶ until〜まで she彼女 started開始した workingワーキング thisこの problem問題
ゲイラは この問題に取り組んで初めて
バーミキュライトに
03:15
is vermiculiteバーミキュライト is aa very非常に toxic毒性 form of asbestosアスベスト.
非常に有害なアスベストが
含まれていた事を知りました
03:18
Whenいつ she彼女 figured思った outでる theその puzzleパズル,
謎を解いた彼女は
03:26
she彼女 started開始した telling伝える everyoneみんな she彼女 couldできた
皆に伝えようとしました
03:27
what had持っていました happened起こった, what had持っていました beenされている done完了 to her彼女 parents
何が起きていたのか そして ―
03:30
andそして to theその people thatそれ she彼女 saw見た on oxygen酸素 tanksタンク
彼女の両親や酸素ボンベをつけて
昼間も家にいる人々が
03:33
at〜で home自宅 in theその afternoons午後.
どんな仕打ちにあってきたか
03:36
Butだけど she彼女 wasあった really本当に amazed驚く.
ところが彼女は驚愕します
03:39
She彼女 thought思想, whenいつ everybodyみんな knows知っている, they'll彼らは want欲しいです to do行う something何か,
皆が事実を知れば
何かが始まると思っていたのに
03:41
butだけど actually実際に nobody誰も wanted欲しい to know知っている.
誰も知りたがらなかったのです
03:43
In fact事実, she彼女 becameなりました soそう annoying迷惑な
この話を近所の人や友人や
03:46
asとして she彼女 kept保管 insisting主張する on telling伝える thisこの storyストーリー
コミュニティーの皆に
03:48
to her彼女 neighbors隣人, to her彼女 friends友達, to otherその他 people in theその communityコミュニティ,
伝えようとすればするほど
嫌がられるようになり
03:50
thatそれ eventually最終的に aa bunch of themそれら got持っている together一緒に
とうとう住民の一部が
03:53
andそして they彼ら made aa bumperバンパー stickerステッカー,
ステッカーを作って
誇らしげに車に貼るほどでした
03:55
whichどの they彼ら proudly誇らしげに displayed表示される on their彼らの cars, whichどの said前記,
ステッカーを作って
誇らしげに車に貼るほどでした
03:57
"Yesはい, I'm私は fromから Libbylibby, Montanaモンタナ,
こんなステッカーです
04:00
andそして noいいえ, I don'tしない have持ってる asbestosisアスベスト症."
「故郷はモンタナ州 リビー
でもアスベスト症には かかってない」
04:03
Butだけど Gaylaゲイラ didn'tしなかった stopやめる. She彼女 kept保管 doingやっている research研究.
それでもゲイラは
あきらめず調査を続けました
04:08
Theその advent出現 of theその Internetインターネット definitely絶対に helped助けた her彼女.
インターネットの普及が
調査を後押ししました
04:12
She彼女 talked話した to anybody she彼女 couldできた.
できるだけ誰とでも話し ―
04:15
She彼女 argued主張した andそして argued主張した, andそして finally最後に she彼女 struck打たれた lucky幸運な
論争を重ねるうちに
とうとう幸運をつかみます
04:17
whenいつ aa researcher研究者 came来た throughを通して townタウン
ある研究者が鉱山史の調査で
町を訪れることを知ったのです
04:20
studying勉強する theその history歴史 of mines鉱山 in theその areaエリア,
ある研究者が鉱山史の調査で
町を訪れることを知ったのです
04:22
andそして she彼女 told言った him her彼女 storyストーリー, andそして at〜で first最初, of courseコース,
彼女はその人に話をしました
04:25
like好きな everyoneみんな, he didn'tしなかった believe信じる her彼女,
最初は信じてもらえませんでしたが
04:28
butだけど he went行った backバック to Seattleシアトル andそして he didした his own自分の research研究
その研究者がシアトルに戻って
04:30
andそして he realized実現した thatそれ she彼女 wasあった right.
調査する過程で
話が本当だとわかったのです
04:32
Soそう now she彼女 had持っていました an allyアリー.
こうして仲間が出来ました
04:37
Neverthelessそれにもかかわらず, people stillまだ didn'tしなかった want欲しいです to know知っている.
それでも住民は知ろうとしません
04:41
They彼ら said前記 thingsもの like好きな, "Wellよく, ifif itそれ wereあった really本当に dangerous危険な,
彼らの言い分はこうです
「そんなに危険だったら ―
04:44
someone誰か would〜する have持ってる told言った us米国."
誰かが教えてくれるはずだ」
04:47
"Ifif that'sそれは really本当に whyなぜ everyoneみんな wasあった dying死ぬ,
「それが皆が死んでいく
本当の理由だとしたら ―
04:50
theその doctors医師 would〜する have持ってる told言った us米国."
医者が警告したはずだ」
04:53
Some一部 of theその guysみんな used中古 to very非常に heavyヘビー jobsジョブ said前記,
過酷な労働に慣れた
男達はこう言いました
04:58
"I don'tしない want欲しいです to be〜する aa victim犠牲者.
「犠牲者になんて
05:01
I can'tできない possiblyおそらく be〜する aa victim犠牲者, andそして anywayとにかく,
絶対になりたくない ―
05:03
everyすべて industry業界 has持っている itsその accidents事故."
でも どんな産業にも
事故はつきものさ」
05:05
Butだけど stillまだ Gaylaゲイラ went行った on, andそして finally最後に she彼女 succeeded成功した
それでもゲイラはあきらめず
とうとう ―
05:12
in getting取得 aa federal連邦 agency代理店 to come来る to townタウン
町に連邦政府機関を呼んで
05:16
andそして to screen画面 theその inhabitants住民 of theその townタウン ---
住民1万5千人の
健康診断に こぎつけたのです
05:18
15,000 people --- andそして what they彼ら discovered発見された
それでわかったことは
05:23
wasあった thatそれ theその townタウン had持っていました aa mortality死亡 rateレート
この町の死亡率が
05:27
80 times higher高い thanより anywhereどこでも in theその Unitedユナイテッド States.
アメリカ全体の死亡率の
80倍にも上ることでした
05:31
Thatそれ wasあった in 2002, andそして even偶数 at〜で thatそれ moment瞬間,
2002年のことでした
でもその時でさえ
05:37
noいいえ one1 raised育った their彼らの handハンド to sayいう, "Gaylaゲイラ,
進んで警告を発する人は
誰一人いませんでした
05:41
look見える in theその playground遊び場 whereどこで yourきみの grandchildren are playing遊ぶ.
「あなたの孫が遊んでいる
公園を調べてごらん ―
05:45
It'sそれは lined裏打ちされた with〜と vermiculiteバーミキュライト."
バーミキュライトだらけだよ」
などと言う人はいませんでした
05:49
Thisこの wasn'tなかった ignorance無知.
これは無知のせいではありません
05:54
Itそれ wasあった willful故意の blindness失明.
「意図的な無視」によるものです
05:57
Willful故意の blindness失明 is aa legal法的 concept概念 whichどの means手段,
意図的な無視とは法律用語で
05:59
ifif there'sそこに information情報 thatそれ you君は couldできた know知っている andそして you君は should〜すべき know知っている
知り得るだけでなく
知るべき情報なのに
06:03
butだけど you君は somehow何とか manage管理する notない to know知っている,
知らずに済まそうとする場合 ―
06:06
theその law法律 deems考える thatそれ you'reあなたは willfully故意に blindブラインド.
法律上は意図的な無視と見なされます
06:09
You君は have持ってる chosen選ばれた notない to know知っている.
知らずにいることを
自分から選択したのです
06:12
There'sそこに aa lotロット of willful故意の blindness失明 aroundまわり theseこれら days日々.
最近 意図的な無視の例が
身の回りにたくさん見られます
06:16
You君は canできる see見る willful故意の blindness失明 in banks銀行,
お金のない人々に
06:20
whenいつ thousands of people sold売った mortgages住宅ローン to people
住宅ローンを売りつける人が
何千人もいるのは
06:23
who couldn'tできなかった afford余裕 themそれら.
銀行による意図的な無視です
06:26
You君は couldできた see見る themそれら in banks銀行
金利が操作されていると
06:28
whenいつ interest利子 rates料金 wereあった manipulated操作された
誰もが知りながら
わざと放置していたのも
06:30
andそして everyoneみんな aroundまわり knew知っていた what wasあった going行く on,
誰もが知りながら
わざと放置していたのも
06:32
butだけど everyoneみんな studiously慎重に ignored無視された itそれ.
銀行の意図的な無視です
06:34
You君は canできる see見る willful故意の blindness失明 in theその Catholicカトリック Church教会,
カトリック教会内の児童虐待が
何十年にも渡り
06:37
whereどこで decades数十年 of child abuse乱用 went行った ignored無視された.
放置されていたのも
意図的な無視です
06:41
You君は couldできた see見る willful故意の blindness失明
意図的な無視は
06:45
in theその run-up立ち上がり to theその Iraqイラク War戦争.
イラク戦争の
準備段階でも見られました
06:48
Willful故意の blindness失明 exists存在する on epicエピック scalesスケール like好きな thoseそれら,
このように意図的な無視は
大規模に存在する一方 ―
06:52
andそして itそれ alsoまた、 exists存在する on very非常に small小さい scalesスケール,
ごく小規模のものが
06:56
in people's人々の families家族, in people's人々の homes andそして communitiesコミュニティ,
家族や家庭やコミュニティー または
06:59
andそして particularly特に in organizations組織 andそして institutions機関.
組織や団体にも見られます
07:03
Companies企業 thatそれ have持ってる beenされている studied研究した forために willful故意の blindness失明
企業の意図的な無視を
調査する時には
07:08
canできる be〜する asked尋ねた questions質問 like好きな,
こんな質問をします
07:12
"Are thereそこ issues問題 at〜で work作業
「職場に社員が指摘するのを
07:15
thatそれ people are afraid恐れ to raise上げる?"
恐れる様な問題がありますか」
07:17
Andそして whenいつ academics学者 have持ってる done完了 studies研究 like好きな thisこの
研究者がアメリカの企業を対象に
調査したところ ―
07:21
of corporations企業 in theその Unitedユナイテッド States,
研究者がアメリカの企業を対象に
調査したところ ―
07:23
what they彼ら find見つける is 85 percentパーセント of people sayいう yesはい.
こうした質問に
85%の人が「はい」と答えました
07:25
Eighty-five85 percentパーセント of people know知っている there'sそこに aa problem問題,
85%もの人が
問題の存在を知りながら
07:31
butだけど they彼ら won't〜されません sayいう anything何でも.
何も言わないのです
07:34
Andそして whenいつ I duplicated重複した theその research研究 in Europeヨーロッパ,
私がヨーロッパで
同じ質問項目を使って
07:36
asking尋ねる allすべて theその same同じ questions質問,
同じ調査をしたところ ―
07:39
I found見つけた exactly正確に theその same同じ number.
まったく同じ割合になりました
07:42
Eighty-five85 percentパーセント. That'sそれは aa lotロット of silence沈黙.
85%です
とても多くの沈黙 ―
07:45
It'sそれは aa lotロット of blindness失明.
とても多くの無視です
07:49
Andそして what's何ですか really本当に interesting面白い is thatそれ whenいつ I go行く to companies企業 in Switzerlandスイス,
面白いと思ったのは
スイスの企業に行くと
07:51
they彼ら telltell me, "Thisこの is aa uniquely一意に Swissスイス problem問題."
「これはスイス特有の問題です」
と言われ
07:54
Andそして whenいつ I go行く to Germanyドイツ, they彼ら sayいう, "Ohああ yesはい, thisこの is theその Germanドイツ人 disease疾患."
ドイツに行けば
「これはドイツ病です」と言われ
07:58
Andそして whenいつ I go行く to companies企業 in Englandイングランド, they彼ら sayいう,
イギリスの企業では
08:02
"Ohああ, yeahええ, theその Britishイギリス人 are really本当に bad悪い at〜で thisこの."
「イギリス人が苦手とする
ところです」と言われます
08:05
Andそして theその truth真実 is, thisこの is aa human人間 problem問題.
でも本当は
人間固有の問題なのです
08:08
We're私たちは allすべて, under certainある circumstances状況, willfully故意に blindブラインド.
環境がそろうと私達は誰でも
意図的に無視します
08:13
What theその research研究 showsショー is thatそれ some一部 people are blindブラインド
調査で明らかになったのは
08:19
outでる of fear恐れ. They're彼らは afraid恐れ of retaliation報復.
恐怖や報復への恐れから
無視する人もいれば
08:22
Andそして some一部 people are blindブラインド becauseなぜなら they彼ら think思う, wellよく,
目を向ける事は無駄で
08:25
seeing見る anything何でも is justちょうど futile無益な.
どうせ何も変わらないから
08:29
Nothing's何もない everこれまで going行く to change変化する.
無視する人もいることです
08:31
Ifif we我々 make作る aa protest抗議, ifif we我々 protest抗議 againstに対して theその Iraqイラク War戦争,
例えばイラク戦争に抗議しても
08:33
nothing何も changes変更, soそう whyなぜ bother気にする?
何も変わらない
やるだけ無駄
08:36
Betterより良い notない to see見る thisこの stuffもの at〜で allすべて.
見ない方がいいと思うのです
08:38
Andそして theその recurrent再発する themeテーマ thatそれ I encounter出会い allすべて theその time時間
私が繰り返し耳にするのは
08:42
is people sayいう, "Wellよく, you君は know知っている,
人々のこんな言葉です
08:45
theその people who do行う see見る, they're彼らは whistleblowers内部通報者,
「目を向ける人々は
タレ込み屋で
08:48
andそして we我々 allすべて know知っている what happens起こる to themそれら."
奴らがどうなるか
誰だって知っている」
08:51
Soそう there'sそこに thisこの profound深遠な mythology神話 aroundまわり whistleblowers内部通報者
内部告発する人については
根深い誤解があります
08:54
whichどの says言う, first最初 of allすべて, they're彼らは allすべて crazy狂った.
まず彼らは
「頭がおかしい」という誤解です
08:58
Butだけど what I've私は found見つけた going行く aroundまわり theその world世界
私が世界中を巡って ―
09:02
andそして talking話す to whistleblowers内部通報者 is, actually実際に,
内部告発者と話して
気づいたのは
09:05
they're彼らは very非常に loyal忠実な andそして quiteかなり oftenしばしば very非常に conservative保守的な people.
彼らが とても誠実で
保守的な人も多いことです
09:08
They're彼らは hugely大いに dedicated専用 to theその institutions機関 thatそれ they彼ら work作業 forために,
自分が所属する団体への
深い忠誠心を持っています
09:12
andそして theその reason理由 thatそれ they彼ら speak話す upアップ,
彼らが声をあげる理由 ―
09:16
theその reason理由 they彼ら insist主張する on seeing見る,
目を逸らすまいとする理由は
09:19
is becauseなぜなら they彼ら careお手入れ soそう muchたくさん about theその institution機関
その団体を心から大切に思い
09:22
andそして want欲しいです to keepキープ itそれ healthy健康.
健全であってほしいと
願っているからです
09:25
Andそして theその otherその他 thingもの thatそれ people oftenしばしば sayいう
内部告発者について
09:29
about whistleblowers内部通報者 is, "Wellよく, there'sそこに noいいえ pointポイント,
こんなことも言われます
「奴らの活動は無意味だ
09:31
becauseなぜなら you君は see見る what happens起こる to themそれら.
奴らの身に何が起こったか
見るがいい
09:34
They彼ら are crushed破砕されました.
潰されてしまうんだ
09:37
Nobody誰も would〜する want欲しいです to go行く throughを通して something何か like好きな thatそれ."
誰だってそんな経験は
したくないだろう」
09:38
Andそして yetまだ, whenいつ I talkトーク to whistleblowers内部通報者,
一方 告発者達に話を聞くと
09:42
theその recurrent再発する toneトーン thatそれ I hear聞く is pride誇り.
彼らの口調には
常にプライドがあります
09:45
I think思う of Joeジョー Darbyダービー.
例えば ジョー・ダービーです
09:50
We我々 allすべて remember思い出す theその photographs写真 of Abuアブ Ghraibグレイブ,
誰もがアブグレイブ刑務所の
写真を覚えているでしょう
09:53
whichどの soそう shockedショックを受けた theその world世界 andそして showed示した theその kind種類 of war戦争
世界を震撼させ
イラクで行われた戦争が
09:56
thatそれ wasあった beingであること fought戦った in Iraqイラク.
どんなものだったかを
示したのです
10:00
Butだけど I wonderワンダー who remembers覚えている Joeジョー Darbyダービー,
でもジョー・ダービーは
記憶にあるでしょうか
10:02
theその very非常に obedient従順な, good良い soldier兵士
従順で優秀な兵士だった彼が
10:05
who found見つけた thoseそれら photographs写真 andそして handed手渡された themそれら in.
例の写真を発見して
告発したのです
10:09
Andそして he said前記, "You君は know知っている, I'm私は notない theその kind種類 of guy
彼の言葉です 「私は他人を
売るような人間ではありません
10:14
to ratラット people outでる, butだけど some一部 thingsもの justちょうど crossクロス theその lineライン.
でも もう最後の一線を
超えていました
10:17
Ignorance無知 is bliss至福, they彼ら sayいう,
知らない方が身のためだと
10:22
butだけど you君は can'tできない put置く upアップ with〜と thingsもの like好きな thisこの."
言われましたが
そんな事には耐えられません」
10:24
I talked話した to Steveスティーブ Bolsinボルシン, aa Britishイギリス人 doctor医師,
イギリスの医師
スティーブ・ボルシンとも話しました
10:27
who fought戦った forために five years to drawドロー attention注意
彼が5年に渡って
人々に知らせようとしたのは
10:30
to aa dangerous危険な surgeon外科医 who wasあった killing殺す babies赤ちゃん.
赤ちゃんを殺していた
危険な外科医のことでした
10:35
Andそして I asked尋ねた him whyなぜ he didした itそれ, andそして he said前記,
彼にきっかけを尋ねると
10:40
"Wellよく, itそれ wasあった really本当に myじぶんの daughter who prompted促される me to do行う itそれ.
こう答えてくれました
「私の背中を押したのは娘なんです
10:42
She彼女 came来た upアップ to me one1 night, andそして she彼女 justちょうど said前記,
ある晩 娘が来て言ったんです
10:46
'Dadパパ, you君は can'tできない let〜する theその kids子供たち die死ぬ.''"
『パパ 子ども達を死なせないで』って」
10:48
Orまたは I think思う of Cynthiaシンシア Thomasトーマス,
シンシア・トーマスは ―
10:52
aa really本当に loyal忠実な army daughter andそして army wife,
とても誠実な
軍人の娘であり妻です
10:54
who, asとして she彼女 saw見た her彼女 friends友達 andそして relations関係
彼女は イラク戦争から帰還した ―
10:58
coming到来 backバック fromから theその Iraqイラク War戦争, wasあった soそう shockedショックを受けた
友人や親せきに会って
11:01
by〜によって their彼らの mental精神的な condition調子
彼らの精神状態のひどさと
11:06
andそして theその refusal拒否 of theその military軍事 to recognize認識する andそして acknowledge認める
心的外傷後ストレス症候群を
軍が認めようとしないことに
11:08
post-traumatic心的外傷後 stress応力 syndrome症候群
衝撃を受けました
11:12
thatそれ she彼女 setセット upアップ aa cafeカフェ in theその middle中間 of aa military軍事 townタウン
そこで軍人ばかりの町の
真ん中にカフェをオープンして
11:14
to give与える themそれら legal法的, psychological心理的 andそして medical医療 assistance支援.
法律面 精神面 医療面での
支援を始めました
11:20
Andそして she彼女 said前記 to me, she彼女 said前記, "You君は know知っている, Margaretマーガレット,
彼女はこんなことを言っていました
11:25
I always常に used中古 to sayいう I didn'tしなかった know知っている what I wanted欲しい to be〜する
「私はいつも
将来 何になりたいか ―
11:28
whenいつ I grow成長する upアップ.
わからないと言ってきました
11:32
Butだけど I've私は found見つけた myself私自身 in thisこの cause原因,
でも この仕事を始めて ―
11:34
andそして I'll私はよ never決して be〜する theその same同じ."
自分が変わったことに
気づきました」
11:39
We我々 allすべて enjoy楽しんで soそう manyたくさんの freedoms自由 today今日,
今 私達は様々な
自由を享受しています
11:44
hard-wonハードウォン freedoms自由:
苦労の末 手にした自由です
11:47
theその freedom自由 to write書きます andそして publish公開する withoutなし fear恐れ of censorship検閲,
例えば検閲を恐れず
書いたものを出版する自由 ―
11:49
aa freedom自由 thatそれ wasn'tなかった hereここに theその last最終 time時間 I came来た to Hungaryハンガリー;
以前 ここハンガリーに
来た時には存在しなかった自由です
11:53
aa freedom自由 to vote投票, whichどの women女性 in particular特に
そして投票の自由 ―
特に女性にとっては
11:56
had持っていました to fight戦い soそう hardハード forために;
闘わなければ
得られませんでした
11:59
theその freedom自由 forために people of different異なる ethnicities民族 andそして cultures文化
いろいろな人種や文化背景 ―
12:01
andそして sexual性的 orientationオリエンテーション to liveライブ theその way方法 thatそれ they彼ら want欲しいです.
性的志向をもつ人々が
望み通りに生きる自由・・・
12:04
Butだけど freedom自由 doesn'tしない exist存在する ifif you君は don'tしない useつかいます itそれ,
でも自由は行使しなければ
存在しません
12:09
andそして what whistleblowers内部通報者 do行う,
ゲイラ・ベネフィールドのような
12:14
andそして what people like好きな Gaylaゲイラ Benefield有利な do行う
内部告発者達の行いは
12:16
is they彼ら useつかいます theその freedom自由 thatそれ they彼ら have持ってる.
自分達の持つ自由を
行使することに他なりません
12:19
Andそして what they're彼らは very非常に prepared準備された to do行う is recognize認識する
彼らは起こりうる事態への
覚悟を決めています
12:24
thatそれ yesはい, thisこの is going行く to be〜する an argument引数,
「これから議論が起こり
12:27
andそして yesはい I'm私は going行く to have持ってる aa lotロット of rows
隣人や同僚や友人達と
12:30
with〜と myじぶんの neighbors隣人 andそして myじぶんの colleagues同僚 andそして myじぶんの friends友達,
言い争うことになるだろうが
12:33
butだけど I'm私は going行く to become〜になる very非常に good良い at〜で thisこの conflict紛争.
こんな争いにも強くなろう」
12:37
I'm私は going行く to take取る on theその naysayers要塞,
「否定的な人々の相手もしよう
12:40
becauseなぜなら they'll彼らは make作る myじぶんの argument引数 betterより良い andそして strongerより強く.
彼らが 私の主張をもっと優れた
強固なものにするのだから」
12:42
I canできる collaborate協力する with〜と myじぶんの opponents相手
「よりよい活動にするために
12:47
to become〜になる betterより良い at〜で what I do行う.
反対の立場の人とも協力しよう」
12:50
Theseこれら are people of immense巨大 persistence永続性,
彼らはとても粘り強く
12:54
incredible信じられない patience忍耐, andそして an absolute絶対の determination決定
強い忍耐力をもち
12:57
notない to be〜する blindブラインド andそして notない to be〜する silentサイレント.
無視も沈黙もしないと
決意しています
13:02
Whenいつ I went行った to Libbylibby, Montanaモンタナ,
私はモンタナ州 リビーに行った時 ―
13:07
I visited訪問した theその asbestosisアスベスト症 clinic診療所
アスベスト症診療所を訪れました
13:11
thatそれ Gaylaゲイラ Benefield有利な brought持ってきた into beingであること,
ゲイラ・ベネフィールドのおかげで
生まれたものです
13:14
aa place場所 whereどこで at〜で first最初 some一部 of theその people
最初は治療を必要として
13:18
who wanted欲しい help助けて andそして needed必要な medical医療 attention注意
助けを求めに来た人でさえ
13:21
went行った in theその backバック doorドア
裏口から入ることがありました
13:24
becauseなぜなら they彼ら didn'tしなかった want欲しいです to acknowledge認める
彼女が正しいと
認めたくなかったのです
13:27
thatそれ she'd彼女は beenされている right.
彼女が正しいと
認めたくなかったのです
13:29
I sat座っている in aa diner食堂, andそして I watched見た
私が食堂の席から
外を眺めていると
13:31
asとして trucksトラック drove運転した upアップ andそして downダウン theその highwayハイウェイ,
幹線道路をトラックが
行き来するのが見えました
13:35
cartingカートン away離れて theその earth地球 outでる of gardens庭園
家々の庭から土を運び出し
13:39
andそして replacing置き換える itそれ with〜と fresh新鮮な, uncontaminated汚染されていない soil土壌.
汚染のない新しい土と
入れ替えていたのです
13:43
I took取った myじぶんの 12-year-old-歳 daughter with〜と me,
私は12才の娘を連れて行きました
13:50
becauseなぜなら I really本当に wanted欲しい her彼女 to meet会う Gaylaゲイラ.
ゲイラに会わせようと思ったのです
13:52
Andそして she彼女 said前記, "Whyなぜ? What's何ですか theその big大きい deal対処?"
「なんで?」と娘が聞くので
13:55
I said前記, "She's彼女は notない aa movie映画 star,
私はこう言いました
13:58
andそして she's彼女は notない aa celebrity有名人, andそして she's彼女は notない an expert専門家,
「ゲイラは映画スターでも
セレブでも専門家でもないし
14:01
andそして Gayla'sゲイラ theその first最初 person who'd誰が sayいう
ゲイラ自身が言うとおり ―
14:05
she's彼女は notない aa saint聖人.
聖人なんかじゃない
14:08
Theその really本当に important重要 thingもの about Gaylaゲイラ
でも彼女が普通の人だということが
14:11
is she彼女 is ordinary普通の.
とっても大事なの
14:14
She's彼女は like好きな you君は, andそして she's彼女は like好きな me.
彼女は私達と同じ 普通の人 ―
14:16
She彼女 had持っていました freedom自由, andそして she彼女 wasあった ready準備完了 to useつかいます itそれ."
自由を持っていて
それを行使しようとした」
14:21
Thank感謝 you君は very非常に muchたくさん.
ありがとうございました
14:27
(Applause拍手)
(拍手)
14:29
Translated by Kazunori Akashi
Reviewed by Emi Kamiya

▲Back to top

About the speaker:

Margaret Heffernan - Management thinker
The former CEO of five businesses, Margaret Heffernan explores the all-too-human thought patterns -- like conflict avoidance and selective blindness -- that lead organizations and managers astray.

Why you should listen

How do organizations think? In her book Willful Blindness, Margaret Heffernan examines why businesses and the people who run them often ignore the obvious -- with consequences as dire as the global financial crisis and Fukushima Daiichi nuclear disaster.

Heffernan began her career in television production, building a track record at the BBC before going on to run the film and television producer trade association IPPA. In the US, Heffernan became a serial entrepreneur and CEO in the wild early days of web business. She now blogs for the Huffington Post and BNET.com. Her latest book, Beyond Measure, a TED Books original, explores the small steps companies can make that lead to big changes in their culture.

More profile about the speaker
Margaret Heffernan | Speaker | TED.com