English-Video.net comment policy

The comment field is common to all languages

Let's write in your language and use "Google Translate" together

Please refer to informative community guidelines on TED.com

TEDGlobal 2009

Chimamanda Ngozi Adichie: The danger of a single story

チママンダ・アディーチェ: シングルストーリーの危険性

Filmed
Views 13,679,156

我々の生活や文化は数々の話が重なり合って構成されています。作家のチママンダ・アディーチェは、どのように真の文化的声を探しだしたのかを語り、ある人間や国に対するたった一つの話を聴くだけでは、文化的な誤解を招く可能性があると指摘しています。

- Novelist
Inspired by Nigerian history and tragedies all but forgotten by recent generations of westerners, Chimamanda Ngozi Adichie’s novels and stories are jewels in the crown of diasporan literature. Full bio

I'm私は aa storytellerストーリーテラー.
私は作家です
00:12
Andそして I would〜する like好きな to telltell you君は aa few少数 personal個人的 stories物語
“シングルストーリーの危険性” と呼んでいる―
00:14
about what I like好きな to callコール "theその danger危険 of theその singleシングル storyストーリー."
個人的なお話をいくつかしたいと思います
00:17
I grew成長しました upアップ on aa university大学 campusキャンパス in eastern東部 Nigeriaナイジェリア.
私は東ナイジェリアの大学キャンパスで育ちました
00:22
Myじぶんの mother says言う thatそれ I started開始した reading読書 at〜で theその age年齢 of two,
私が2歳から本を読みだしたと 母は言うけれど
00:26
althoughただし、 I think思う four4つの is probably多分 close閉じる to theその truth真実.
実際は4歳が正しいでしょう
00:29
Soそう I wasあった an early早い readerリーダー, andそして what I read読む
そんな私が読んでいたのは
00:34
wereあった Britishイギリス人 andそして Americanアメリカ人 children's子供たち books.
イギリスやアメリカの子どもの本です
00:36
I wasあった alsoまた、 an early早い writerライター,
文筆に親しみ始めたのも早く
00:39
andそして whenいつ I began始まった to write書きます, at〜で about theその age年齢 of sevenセブン,
7才頃にはクレヨンの絵付きで
00:42
stories物語 in pencil鉛筆 with〜と crayonクレヨン illustrationsイラスト
物語を書き始め
00:46
thatそれ myじぶんの poor貧しい mother wasあった obligated義務付けられた to read読む,
母に読ませたものでした
00:48
I wrote書きました exactly正確に theその kinds種類 of stories物語 I wasあった reading読書:
私が書くのは まさに私が読んでいたような話です
00:51
Allすべて myじぶんの characters文字 wereあった white andそして blue-eyed青い目,
登場人物はみな青い目をした白人
00:55
they彼ら playedプレーした in theその snow,
雪遊びをして
01:00
they彼ら ate食べた applesりんご,
リンゴを食べました
01:02
andそして they彼ら talked話した aa lotロット about theその weather天気,
(笑)
01:04
howどうやって lovely美しい itそれ wasあった
そしてよくするのは天気の話
01:06
thatそれ theその sun太陽 had持っていました come来る outでる.
太陽が顔を出してよかったね と
01:08
(Laughter笑い)
(笑)
01:10
Now, thisこの despite何と theその fact事実 thatそれ I lived住んでいました in Nigeriaナイジェリア.
実際は太陽がギラギラしてましたけどね
01:12
I had持っていました never決して beenされている outside外側 Nigeriaナイジェリア.
当時 私は外国へ行ったことがありませんでした
01:15
We我々 didn'tしなかった have持ってる snow, we我々 ate食べた mangoesマンゴー,
雪は降らないし 食べていたのはマンゴ
01:19
andそして we我々 never決して talked話した about theその weather天気,
太陽が照っているので天気が
01:22
becauseなぜなら thereそこ wasあった noいいえ need必要 to.
話題になったこともありません
01:24
Myじぶんの characters文字 alsoまた、 drank飲んだ aa lotロット of gingerショウガ beerビール
私の本の登場人物はジンジャービールもよく飲みました
01:26
becauseなぜなら theその characters文字 in theその Britishイギリス人 books I read読む
それがどんな飲み物か知らなかったけれど
01:29
drank飲んだ gingerショウガ beerビール.
私が読んだイギリスの本の
01:31
Never決して mindマインド thatそれ I had持っていました noいいえ ideaアイディア what gingerショウガ beerビール wasあった.
登場人物が飲んでいたからです
01:33
(Laughter笑い)
(笑)
01:36
Andそして forために manyたくさんの years afterwardsその後, I would〜する have持ってる aa desperate絶望的な desire慾望
その後何年もジンジャービールを
01:37
to taste gingerショウガ beerビール.
無性に飲んでみたかった
01:40
Butだけど thatそれ is another別の storyストーリー.
でも その話はまた今度
01:42
What thisこの demonstrates説明する, I think思う,
これは物語に対する
01:44
is howどうやって impressionable印象的 andそして vulnerable脆弱な we我々 are
我々や 特に子どもの感受性の強さと
01:46
in theその face of aa storyストーリー,
影響を受けやすさを
01:49
particularly特に asとして children子供.
立証していると思います
01:51
Becauseなぜなら allすべて I had持っていました read読む wereあった books
私が読んだことのある本はどれも
01:53
in whichどの characters文字 wereあった foreign外国人,
登場人物が外国人だったので
01:55
I had持っていました become〜になる convinced確信している thatそれ books
本とは本来 登場人物が外国人で
01:57
by〜によって their彼らの very非常に nature自然 had持っていました to have持ってる foreigners外国人 in themそれら
私が感情移入することのできない―
01:59
andそして had持っていました to be〜する about thingsもの with〜と whichどの
内容でなければならないと
02:02
I couldできた notない personally個人的に identify識別する.
思い込んでいたのです
02:04
Thingsもの changedかわった whenいつ I discovered発見された Africanアフリカ人 books.
アフリカの本を読んで 考え方が変わりました
02:07
Thereそこ weren'tなかった manyたくさんの of themそれら available利用可能な, andそして they彼ら weren'tなかった
あまりアフリカの本は出版されておらず
02:11
quiteかなり asとして easy簡単 to find見つける asとして theその foreign外国人 books.
洋書ほど簡単に手に入りませんでした
02:13
Butだけど becauseなぜなら of writers作家 like好きな Chinuaチヌア Achebe痛み andそして Camaraカマラ Layeレイエ
チヌワ アチェベやカマラ ライのような作家が
02:15
I went行った throughを通して aa mental精神的な shiftシフト in myじぶんの perception知覚
私の文学に対する
02:19
of literature文献.
見方を変えたのです
02:21
I realized実現した thatそれ people like好きな me,
私のようにチョコレート色の肌をして
02:23
girls女の子 with〜と skin theその color of chocolateチョコレート,
ポニーテールが出来ない―
02:25
whoseその kinky変態 hairヘア couldできた notない form ponytailsポニーテール,
縮れ髪の少女も
02:27
couldできた alsoまた、 exist存在する in literature文献.
登場人物になれるのです
02:30
I started開始した to write書きます about thingsもの I recognized認識された.
私は自分が気づいた事を書き始めました
02:32
Now, I loved愛された thoseそれら Americanアメリカ人 andそして Britishイギリス人 books I read読む.
私の想像力をかきたて 新しい世界を切り開いた―
02:36
They彼ら stirred攪拌した myじぶんの imagination想像力. They彼ら opened開かれた upアップ new新しい worlds世界 forために me.
米国や英国の本は大好きでしたが
02:40
Butだけど theその unintended意図しない consequence結果
文学には私のような人間も
02:44
wasあった thatそれ I didした notない know知っている thatそれ people like好きな me
登場するんだと 知らなかったのは
02:46
couldできた exist存在する in literature文献.
意図せざる結果でした
02:48
Soそう what theその discovery発見 of Africanアフリカ人 writers作家 didした forために me wasあった thisこの:
アフリカ人作家を知ったことで
02:50
Itそれ saved保存された me fromから having持つ aa singleシングル storyストーリー
本とは何であるかという―
02:54
of what books are.
シングルストーリーから救われました
02:57
I come来る fromから aa conventional従来の, middle-class中流階級 Nigerianナイジェリア人 family家族.
私は普通のナイジェリアの中流階級出身です
02:59
Myじぶんの fatherお父さん wasあった aa professor教授.
父は大学教授で 母は
03:02
Myじぶんの mother wasあった an administrator管理者.
会社の理事をしていました
03:04
Andそして soそう we我々 had持っていました, asとして wasあった theその norm規範,
ですから 我が家には 普通に
03:07
live-inに住んでいる domestic国内の help助けて, who would〜する oftenしばしば come来る fromから nearby近所の rural農村 villages.
たいてい近くの村から来る 住み込みのお手伝いがいました
03:10
Soそう theその year I turned回した eight8 we我々 got持っている aa new新しい house boy男の子.
私が8歳になった年 新しい少年を雇いました
03:15
His name wasあった Fide元気.
彼の名はフィデといい
03:19
Theその onlyのみ thingもの myじぶんの mother told言った us米国 about him
母が彼について唯一教えてくれたのは
03:21
wasあった thatそれ his family家族 wasあった very非常に poor貧しい.
彼の家はとても貧しいということ
03:24
Myじぶんの mother sent送られた yamsヤム andそして riceご飯,
母は彼の家にヤム芋や米や
03:27
andそして our我々の old古い clothes, to his family家族.
私たちの古着を送っていました
03:29
Andそして whenいつ I didn'tしなかった finish仕上げ myじぶんの dinnerディナー myじぶんの mother would〜する sayいう,
ご飯を残すと母は言ったものです
03:32
"Finish仕上げ yourきみの foodフード! Don'tしない you君は know知っている? People like好きな Fide'sfide's family家族 have持ってる nothing何も."
“全部 食べなさい フィデの家族のような人は何もないのよ”
03:34
Soそう I feltフェルト enormous巨大な pity残念 forために Fide'sfide's family家族.
フィデの家族を気の毒に感じました
03:39
Then次に one1 Saturday土曜日 we我々 went行った to his village to visit訪問,
ある土曜日のこと 彼の村を訪ねたのです
03:43
andそして his mother showed示した us米国 aa beautifully美しく patterned模様付きの basketバスケット
フィデの兄が編んだヤシの葉の素敵なバスケットを
03:46
made of dyed染め raffiaラフィア thatそれ his brother had持っていました made.
彼のお母さんが見せてくれて
03:50
I wasあった startled驚いた.
私は驚きました
03:53
Itそれ had持っていました notない occurred発生した to me thatそれ anybody in his family家族
彼の家族が何かを作れるなんて
03:55
couldできた actually実際に make作る something何か.
思いもしなかったのです
03:58
Allすべて I had持っていました heard聞いた about themそれら wasあった howどうやって poor貧しい they彼ら wereあった,
貧乏だとしか聞いてなかったので
04:01
soそう thatそれ itそれ had持っていました become〜になる impossible不可能 forために me to see見る themそれら
それ以外のことと彼らを結びつけるのが
04:04
asとして anything何でも elseelse butだけど poor貧しい.
私にはできなかったのです
04:06
Their彼らの poverty貧困 wasあった myじぶんの singleシングル storyストーリー of themそれら.
貧困は私が抱く彼らのシングルストーリーでした
04:09
Years later後で, I thought思想 about thisこの whenいつ I left Nigeriaナイジェリア
何年もして私がアメリカの大学進学に
04:13
to go行く to university大学 in theその Unitedユナイテッド States.
国を離れた際 この事を考えることになったのです
04:15
I wasあった 19.
私は19歳でした
04:18
Myじぶんの Americanアメリカ人 roommateルームメイト wasあった shockedショックを受けた by〜によって me.
アメリカ人のルームメイトは驚いて
04:20
She彼女 asked尋ねた whereどこで I had持っていました learned学んだ to speak話す English英語 soそう wellよく,
私がどこで英語を身につけたのか尋ね
04:24
andそして wasあった confused混乱した whenいつ I said前記 thatそれ Nigeriaナイジェリア
ナイジェリアの公用語は
04:27
happened起こった to have持ってる English英語 asとして itsその official公式 language言語.
英語だと言うと困惑していました
04:29
She彼女 asked尋ねた ifif she彼女 couldできた listen聴く to what she彼女 calledと呼ばれる myじぶんの "tribal部族 music音楽,"
彼女は私の“部族音楽” を聴きたがって
04:34
andそして wasあった consequentlyその結果 very非常に disappointed失望した
私がマライアキャリーのテープを見せると
04:38
whenいつ I produced生産された myじぶんの tapeテープ of Mariahマライア Careyキャリー.
がっかりしていました
04:40
(Laughter笑い)
(笑)
04:42
She彼女 assumed想定される thatそれ I didした notない know知っている howどうやって
彼女は私がコンロの使い方を
04:45
to useつかいます aa stoveレンジ.
知らないだろうと決め込んでいました
04:47
What struck打たれた me wasあった thisこの: She彼女 had持っていました feltフェルト sorryごめんなさい forために me
顔を合わせる前から私に同情していたと
04:50
even偶数 before she彼女 saw見た me.
いうのには面を食らいました
04:52
Her彼女 defaultデフォルト positionポジション toward〜に向かって me, asとして an Africanアフリカ人,
アフリカ人である私に対する彼女の
04:54
wasあった aa kind種類 of patronizing懐かしい, well-meaning意味のある pity残念.
標準的見解は憐みだったのです
04:58
Myじぶんの roommateルームメイト had持っていました aa singleシングル storyストーリー of Africaアフリカ:
彼女が抱くアフリカのシングルストーリーは
05:02
aa singleシングル storyストーリー of catastrophe災害.
アフリカの悲劇でした
05:05
In thisこの singleシングル storyストーリー thereそこ wasあった noいいえ possibility可能性
そのシングルストーリーでは
05:08
of Africansアフリカ人 beingであること similar類似 to her彼女 in anyどれか way方法,
アフリカ人が彼女のようになれる訳もなく
05:10
noいいえ possibility可能性 of feelings感情 moreもっと complex複合体 thanより pity残念,
憐みより複雑な感情はなく
05:14
noいいえ possibility可能性 of aa connection接続 asとして human人間 equals等しい.
人間として対等に見られていませんでした
05:17
I must必須 sayいう thatそれ before I went行った to theその Uあなた.Ss. I didn'tしなかった
私はアメリカへ行くまで
05:21
consciously意識的に identify識別する asとして Africanアフリカ人.
アフリカ人という意識はなかったのです
05:23
Butだけど in theその Uあなた.Ss. wheneverいつでも Africaアフリカ came来た upアップ people turned回した to me.
私がナミビアのような場所を知らないにも関わらず
05:26
Never決して mindマインド thatそれ I knew知っていた nothing何も about places場所 like好きな Namibiaナミビア.
アメリカでアフリカと言えば 私に注意が向けられました
05:29
Butだけど I didした come来る to embrace擁する thisこの new新しい identity身元,
でも この新しい自我を受け入れるようになり
05:33
andそして in manyたくさんの ways方法 I think思う of myself私自身 now asとして Africanアフリカ人.
今は様々な点で自分がアフリカ人だと思っています
05:35
Althoughただし、 I stillまだ get取得する quiteかなり irritable過敏な whenいつ
アフリカが国だとみなされるのは
05:38
Africaアフリカ is referred言及 to asとして aa country,
未だに頭に来ますけど…
05:40
theその most最も recent最近 example beingであること myじぶんの otherwiseさもないと wonderful素晴らしい flightフライト
2日前に乗ったラゴス発のヴァージン航空は
05:42
fromから Lagosラゴス two days日々 ago, in whichどの
快適でしたが チャリティーに
05:46
thereそこ wasあった an announcement発表 on theその Virginバージン flightフライト
関する機内放送があり
05:48
about theその charity慈善団体 work作業 in "Indiaインド, Africaアフリカ andそして otherその他 countries."
“インド アフリカ その他の国々” と言っていました
05:50
(Laughter笑い)
(笑)
05:55
Soそう after I had持っていました spent過ごした some一部 years in theその Uあなた.Ss. asとして an Africanアフリカ人,
アフリカ人としてアメリカで暮らしてみて
05:56
I began始まった to understandわかる myじぶんの roommate'sルームメイト response応答 to me.
ルームメイトの反応がわかるようになりました
06:00
Ifif I had持っていました notない grown成長した upアップ in Nigeriaナイジェリア, andそして ifif allすべて I knew知っていた about Africaアフリカ
もしも 私がナイジェリア出身ではなく
06:04
wereあった fromから popular人気 imagesイメージ,
アフリカの知識をイメージから得ていたら
06:07
I tooあまりにも would〜する think思う thatそれ Africaアフリカ wasあった aa place場所 of
私が持つ印象も 綺麗な景色や
06:09
beautiful綺麗な landscapes風景, beautiful綺麗な animals動物,
動物 そして無意味な戦争をする―
06:12
andそして incomprehensible理解不能な people,
理解できない人たち
06:16
fighting戦う senseless無意味な wars戦争, dying死ぬ of poverty貧困 andそして AIDSエイズ,
貧困とエイズで死んでいき
06:18
unableできない to speak話す forために themselves自分自身
人々は意見も言えずに
06:21
andそして waiting待っている to be〜する saved保存された
親切な白人の救いの手を
06:24
by〜によって aa kind種類, white foreigner外国人.
待っている と思っていたでしょう
06:26
I would〜する see見る Africansアフリカ人 in theその same同じ way方法 thatそれ I,
子どもの頃 フィデの家族を
06:29
asとして aa child, had持っていました seen見た Fide'sfide's family家族.
見ていたように アフリカ人を見ていたことでしょう
06:31
Thisこの singleシングル storyストーリー of Africaアフリカ ultimately最終的に comes来る, I think思う, fromから Western西洋 literature文献.
アフリカのシングルストーリーは結局のところ西洋文学から来ていると思います
06:35
Now, hereここに is aa quote見積もり fromから
1561年に西アフリカに航海して
06:39
theその writing書き込み of aa Londonロンドン merchant商人 calledと呼ばれる Johnジョン Lockeロック,
興味深い旅の記述を残した
06:41
who sailed航海した to west西 Africaアフリカ in 1561
ロンドン貿易商のジョン ロックの
06:44
andそして kept保管 aa fascinating魅力的な accountアカウント of his voyage航海.
文章からの引用です
06:47
After referring参照する to theその black Africansアフリカ人
黒人のアフリカ人を
06:52
asとして "beasts who have持ってる noいいえ houses,"
“家なき野獣” とした後に
06:54
he writes書き込み, "They彼ら are alsoまた、 people withoutなし heads,
“彼らは頭がなくて 胸の中に
06:56
having持つ their彼らの mouth andそして eyes in their彼らの breasts."
口と目がある人間である” と書いています
07:00
Now, I've私は laughed笑った everyすべて time時間 I've私は read読む thisこの.
これを読むたびに笑ってしまいます
07:05
Andそして one1 must必須 admire賞賛する theその imagination想像力 of Johnジョン Lockeロック.
ジョンロックの想像力には脱帽です
07:07
Butだけど what is important重要 about his writing書き込み is thatそれ
要は 彼の文章は
07:11
itそれ representsは表す theその beginning始まり
西洋で語られる
07:13
of aa tradition伝統 of telling伝える Africanアフリカ人 stories物語 in theその West西:
アフリカ伝承の発端を表しているのです
07:15
Aa tradition伝統 of Sub-Saharanサブサハラン Africaアフリカ asとして aa place場所 of negativesネガ,
報われぬ暗い場所のサブ サハラ アフリカ
07:18
of difference, of darkness,
素晴らしい詩人―
07:21
of people who, in theその words言葉 of theその wonderful素晴らしい poet詩人
ラドヤード キップリングの言葉で言い現わすと
07:23
Rudyard荒野 Kiplingキプリング,
“半分悪魔 半分子ども” の
07:27
are "halfハーフ devil悪魔, halfハーフ child."
人々がいる場所です
07:29
Andそして soそう I began始まった to realize実現する thatそれ myじぶんの Americanアメリカ人 roommateルームメイト
ルームメイトも生まれてからずっと
07:32
must必須 have持ってる throughout全体を通して her彼女 life生活
このシングルストーリーの
07:35
seen見た andそして heard聞いた different異なる versionsバージョン
違ったバージョンを見聞きしたに
07:37
of thisこの singleシングル storyストーリー,
違いないと気づき始めました
07:39
asとして had持っていました aa professor教授,
私の小説を “真のアフリカ” ではないと
07:41
who once一度 told言った me thatそれ myじぶんの novel小説 wasあった notない "authentically真に Africanアフリカ人."
言った教授もそうだったに違いないでしょう
07:43
Now, I wasあった quiteかなり willing喜んで to contend争う thatそれ thereそこ wereあった aa number of thingsもの
私の小説の中には誤りや
07:48
wrong違う with〜と theその novel小説,
未熟な部分が多いのは
07:50
thatそれ itそれ had持っていました failed失敗した in aa number of places場所,
私も認めますが
07:52
butだけど I had持っていました notない quiteかなり imagined想像した thatそれ itそれ had持っていました failed失敗した
真のアフリカと呼ばれるものに
07:56
at〜で achieving達成する something何か calledと呼ばれる Africanアフリカ人 authenticity信憑性.
見合わないとは想像もしませんでした
07:58
In fact事実 I didした notない know知っている what
真のアフリカとは何を指すのか―
08:01
Africanアフリカ人 authenticity信憑性 wasあった.
私は知りもしませんでした
08:03
Theその professor教授 told言った me thatそれ myじぶんの characters文字
教授に 私が書く人物は
08:06
wereあった tooあまりにも muchたくさん like好きな him,
彼のような学がある中流階級の
08:08
an educated教育を受けた andそして middle-class中流階級 manおとこ.
男だと言われました
08:10
Myじぶんの characters文字 drove運転した cars.
車を運転して
08:12
They彼ら wereあった notない starving飢えている.
飢えに苦しんでいなかったゆえに
08:14
Thereforeしたがって、 they彼ら wereあった notない authentically真に Africanアフリカ人.
"真のアフリカ" ではなかったのです
08:17
Butだけど I must必須 quickly早く add追加する thatそれ I tooあまりにも am午前 justちょうど asとして guilty有罪
でも 私もシングルストーリーに
08:21
in theその question質問 of theその singleシングル storyストーリー.
身に覚えがないとは言えません
08:24
Aa few少数 years ago, I visited訪問した Mexicoメキシコ fromから theその Uあなた.Ss.
数年前 アメリカからメキシコに行きました
08:27
Theその political政治的 climate気候 in theその Uあなた.Ss. at〜で theその time時間 wasあった tense時制,
当時 アメリカの政治風土は張り詰めており
08:31
andそして thereそこ wereあった debates議論 going行く on about immigration移民.
移民に関する議論がなされていたのです
08:33
Andそして, asとして oftenしばしば happens起こる in Americaアメリカ,
アメリカではよく見られるように
08:37
immigration移民 becameなりました synonymous同義語 with〜と Mexicansメキシコ人.
移民はメキシコ人の類義語となりました
08:39
Thereそこ wereあった endless無限 stories物語 of Mexicansメキシコ人
メキシコ人が
08:42
asとして people who wereあった
保健医療制度を悪用したり
08:44
fleecing逃げる theその healthcare健康管理 systemシステム,
こっそり国境越えをしたり
08:46
sneaking忍び寄る across横断する theその border境界,
国境で逮捕される人たちだという―
08:48
beingであること arrested逮捕された at〜で theその border境界, thatそれ sortソート of thingもの.
話には切りがありませんでした
08:50
I remember思い出す walking歩く aroundまわり on myじぶんの first最初 day in Guadalajaraグアダラジャラ,
グアダラハラで過ごした初日に
08:54
watching見ている theその people going行く to work作業,
通勤する人たちを眺め
08:58
rolling圧延 upアップ tortillasトルティーヤ in theその marketplace市場,
トルティーヤを食べ タバコを吸って
09:00
smoking喫煙, laughing笑い.
楽しい時間を過ごしました
09:02
I remember思い出す first最初 feeling感じ slightわずかな surprise驚き.
最初に少し驚いた記憶があり
09:05
Andそして then次に I wasあった overwhelmed圧倒される with〜と shame.
そして恥ずかしさで打ちのめされました
09:08
I realized実現した thatそれ I had持っていました beenされている soそう immersed没頭した
報道されるメキシコ人に
09:11
in theその mediaメディア coverageカバレッジ of Mexicansメキシコ人
どっぷりと浸かっていた自分は
09:14
thatそれ they彼ら had持っていました become〜になる one1 thingもの in myじぶんの mindマインド,
彼らをみじめな移民としか
09:16
theその abject暴力 immigrant移民.
思っていなかったことに気がついたのです
09:18
I had持っていました bought買った into theその singleシングル storyストーリー of Mexicansメキシコ人
彼らのシングルストーリーを受け入れていた―
09:21
andそして I couldできた notない have持ってる beenされている moreもっと ashamed恥ずかしい of myself私自身.
自分が恥ずかしくてたまりませんでした
09:23
Soそう thatそれ is howどうやって to create作成する aa singleシングル storyストーリー,
このようにシングルストーリーは
09:26
showショー aa people asとして one1 thingもの,
作りだされるのです
09:28
asとして onlyのみ one1 thingもの,
唯一のものとして
09:31
over以上 andそして over以上 again再び,
繰り返し人に見せられ
09:33
andそして thatそれ is what they彼ら become〜になる.
作られていくのです
09:35
Itそれ is impossible不可能 to talkトーク about theその singleシングル storyストーリー
影響力を語らずにシングルストーリーを
09:38
withoutなし talking話す about powerパワー.
語ることはできません
09:40
Thereそこ is aa wordワード, an Igboigbo wordワード,
世界の権力構造を考える時に
09:43
thatそれ I think思う about wheneverいつでも I think思う about
いつも思い出す “ンカリ” という
09:45
theその powerパワー structures構造 of theその world世界, andそして itそれ is "nkaliヌカリ."
イボの言葉があります
09:47
It'sそれは aa noun名詞 thatそれ looselyゆるく translates翻訳する
“他よりも偉大であること” と
09:50
to "to be〜する greater大きい thanより another別の."
意訳できる名詞です
09:52
Like好きな our我々の economic経済的 andそして political政治的 worlds世界,
経済や政治の世界のように
09:55
stories物語 tooあまりにも are defined定義された
物語もンカリの法則で
09:58
by〜によって theその principle原理 of nkaliヌカリ:
定義されます
10:00
Howどうやって they彼ら are told言った, who tells伝える themそれら,
どのように 誰が
10:03
whenいつ they're彼らは told言った, howどうやって manyたくさんの stories物語 are told言った,
いつ どれだけの話を語ったのか
10:05
are really本当に dependent依存 on powerパワー.
それは影響力に左右されます
10:08
Powerパワー is theその ability能力 notない justちょうど to telltell theその storyストーリー of another別の person,
影響力とはある人の話を語るだけではなく
10:12
butだけど to make作る itそれ theその definitive決定的な storyストーリー of thatそれ person.
その人の完全で正確な話を作る才能のことです
10:15
Theその Palestinianパレスチナ人 poet詩人 Mouridモリッド Barghoutiバーグーチ writes書き込み
パレスチナの詩人曰く
10:19
thatそれ ifif you君は want欲しいです to dispossess欲求不満 aa people,
人々を追い出したければ
10:21
theその simplest最も単純な way方法 to do行う itそれ is to telltell their彼らの storyストーリー
一番簡単なのは “第二に” から始まる―
10:24
andそして to start開始 with〜と, "secondly第二に."
彼らの話をすることです
10:27
Start開始 theその storyストーリー with〜と theその arrows of theその Nativeネイティブ Americansアメリカ人,
物語の出だしを英国人の米国到達にせず
10:30
andそして notない with〜と theその arrival到着 of theその Britishイギリス人,
ネイティブアメリカンの矢にすると
10:34
andそして you君は have持ってる an entirely完全に different異なる storyストーリー.
まったく違う話が出来上がります
10:37
Start開始 theその storyストーリー with〜と
物語の出だしをアフリカにおける
10:40
theその failure失敗 of theその Africanアフリカ人 state状態,
植民地の成立にせず
10:42
andそして notない with〜と theその colonialコロニアル creation創造 of theその Africanアフリカ人 state状態,
アフリカの問題点にすると
10:44
andそして you君は have持ってる an entirely完全に different異なる storyストーリー.
まったく違う話が出来上がります
10:48
I recently最近 spokeスポーク at〜で aa university大学 whereどこで
最近 大学で講演をした際
10:52
aa student学生 told言った me thatそれ itそれ wasあった
学生が言ったんです
10:54
suchそのような aa shame
ナイジェリアの男は私の本に
10:56
thatそれ Nigerianナイジェリア人 men男性 wereあった physical物理的 abusers虐待者
出てくる父親のように
10:58
like好きな theその fatherお父さん characterキャラクター in myじぶんの novel小説.
身体的虐待をして残念だ と
11:01
I told言った him thatそれ I had持っていました justちょうど read読む aa novel小説
私は「アメリカンサイコ」 を
11:04
calledと呼ばれる Americanアメリカ人 Psychoサイコ ---
最近読んだと彼に言い
11:06
(Laughter笑い)
(笑)
11:08
--- andそして thatそれ itそれ wasあった suchそのような aa shame
若いアメリカ人が
11:10
thatそれ young若い Americansアメリカ人 wereあった serialシリアル murderers殺人犯.
連続殺人犯で残念だと返しました
11:12
(Laughter笑い)
(笑)
11:15
(Applause拍手)
(拍手)
11:19
Now, obviously明らかに I said前記 thisこの in aa fitフィット of mildマイルド irritation刺激.
明らかに ちょっとした苛立ったもので
11:25
(Laughter笑い)
(笑)
11:28
Butだけど itそれ would〜する never決して have持ってる occurred発生した to me to think思う
主人公が連続殺人犯である―
11:30
thatそれ justちょうど becauseなぜなら I had持っていました read読む aa novel小説
小説を読むだけで
11:32
in whichどの aa characterキャラクター wasあった aa serialシリアル killerキラー
その主人公がアメリカ人全体の
11:34
thatそれ he wasあった somehow何とか representative代表
代表になるとは 私は
11:36
of allすべて Americansアメリカ人.
思いもしませんでした
11:38
Thisこの is notない becauseなぜなら I am午前 aa betterより良い person thanより thatそれ student学生,
私がその学生より賢いというのではなく
11:40
butだけど becauseなぜなら of America'sアメリカの cultural文化的 andそして economic経済的 powerパワー,
アメリカの文化的 経済的影響力のために
11:43
I had持っていました manyたくさんの stories物語 of Americaアメリカ.
私にはたくさんのアメリカの物語がありました
11:46
I had持っていました read読む Tylerタイラー andそして Updikeアップイケ andそして SteinbeckSteinbeck andそして Gaitskillガイトキル.
タイラー アップダイク スタインベック ゲイツキルと読んでいたので
11:48
I didした notない have持ってる aa singleシングル storyストーリー of Americaアメリカ.
アメリカのシングルストーリーはなかったのです
11:52
Whenいつ I learned学んだ, some一部 years ago, thatそれ writers作家 wereあった expected期待される
何年か前 成功する作家というのは
11:55
to have持ってる had持っていました really本当に unhappy不幸 childhoods子供時代
不幸せな幼年時代を送っていないと
11:58
to be〜する successful成功した,
だめだと聞いた時
12:02
I began始まった to think思う about howどうやって I couldできた invent発明する
両親が私にした恐ろしい事を
12:04
horrible恐ろしい thingsもの myじぶんの parents had持っていました done完了 to me.
どうやって創作できるか考え始めました
12:06
(Laughter笑い)
(笑)
12:08
Butだけど theその truth真実 is thatそれ I had持っていました aa very非常に happyハッピー childhood子供時代,
でも本当のところ 絆の強い家族の中で
12:10
full満員 of laughter笑い andそして love, in aa very非常に close-knitクローズニット family家族.
笑い声と愛に満ちた幼年期を過ごしたのです
12:14
Butだけど I alsoまた、 had持っていました grandfathers祖父 who died死亡しました in refugee難民 campsキャンプ.
しかし 難民収容所で亡くなった祖父もいましたし
12:17
Myじぶんの cousinいとこ Polleポール died死亡しました becauseなぜなら he couldできた notない get取得する adequate十分な healthcare健康管理.
いとこは十分な医療が受けられず亡くなりました
12:21
One1 of myじぶんの closest最も近い friends友達, Okolomaオコロマ, died死亡しました in aa plane飛行機 crashクラッシュ
消防車に水が無く 私の親友は
12:25
becauseなぜなら our我々の fire火災 trucksトラック didした notない have持ってる water.
飛行機事故で亡くなりました
12:28
I grew成長しました upアップ under repressive抑圧的な military軍事 governments政府
私は教育を重んじない抑圧的な
12:31
thatそれ devalued評価されていない education教育,
軍事政権のもとで育ったので
12:34
soそう thatそれ sometimes時々 myじぶんの parents wereあった notない paid支払った their彼らの salaries給料.
時々 両親の給料が支払われませんでした
12:36
Andそして soそう, asとして aa child, I saw見た jamジャム disappear姿を消す fromから theその breakfast朝ごはん table,
ですから 当時はジャムが食卓から消え
12:39
then次に margarineマーガリン disappeared消えた,
次にマーガリンが消え
12:43
then次に breadパン becameなりました tooあまりにも expensive高価な,
パンはとても高くなって
12:45
then次に milkミルク becameなりました rationed配給された.
牛乳が制限されるようになりました
12:48
Andそして most最も of allすべて, aa kind種類 of normalized正規化された political政治的 fear恐れ
何よりも日常化した政治的恐怖が
12:51
invaded侵略された our我々の lives人生.
私たちの暮らしを侵略したのです
12:54
Allすべて of theseこれら stories物語 make作る me who I am午前.
こういった話のすべてが今の私を作り上げます
12:58
Butだけど to insist主張する on onlyのみ theseこれら negative stories物語
しかし 否定的な話のみを強要するのは
13:00
is to flatten平らにする myじぶんの experience経験
自分の経験を打ちひしぎ
13:04
andそして to overlook見落とす theその manyたくさんの otherその他 stories物語
私を作り上げた他の話を
13:07
thatそれ formed形成された me.
見落とすことになります
13:09
Theその singleシングル storyストーリー creates作成する stereotypesステレオタイプ,
シングルストーリーは固定観念を作りだします
13:11
andそして theその problem問題 with〜と stereotypesステレオタイプ
固定観念の問題は
13:14
is notない thatそれ they彼ら are untrue真実ではない,
忠実でないことではなく
13:17
butだけど thatそれ they彼ら are incomplete不完全な.
不完全だということです
13:19
They彼ら make作る one1 storyストーリー become〜になる theその onlyのみ storyストーリー.
ある話を “唯一の話” に変えてしまいます
13:21
Of courseコース, Africaアフリカ is aa continent大陸 full満員 of catastrophes惨事:
確かにアフリカは不幸に満ちた大陸です
13:25
Thereそこ are immense巨大 onesもの, suchそのような asとして theその horrific恐ろしい rapesレイプ in Congoコンゴ
コンゴで続く強姦のような測り知れない悲劇
13:27
andそして depressing落ち込む onesもの, suchそのような asとして theその fact事実 thatそれ
ナイジェリアで一つの求人に
13:31
5,000 people apply適用する forために one1 jobジョブ vacancy欠員 in Nigeriaナイジェリア.
五千人が応募するような気の滅入る事実
13:33
Butだけど thereそこ are otherその他 stories物語 thatそれ are notない about catastrophe災害,
でも 不幸と関係のない話はあって
13:38
andそして itそれ is very非常に important重要, itそれ is justちょうど asとして important重要, to talkトーク about themそれら.
それについて話すことも重要です
13:41
I've私は always常に feltフェルト thatそれ itそれ is impossible不可能
ある場所や人の話すべてに
13:45
to engage従事する properly正しく with〜と aa place場所 orまたは aa person
関与せず それらに誤りなく関わるのは
13:47
withoutなし engaging魅力的 with〜と allすべて of theその stories物語 of thatそれ place場所 andそして thatそれ person.
不可能だといつも感じています
13:50
Theその consequence結果 of theその singleシングル storyストーリー
シングルストーリーの結果は
13:54
is thisこの: Itそれ robs盗む people of dignity尊厳.
“人間の尊厳を奪う” のです
13:57
Itそれ makes作る our我々の recognition認識 of our我々の equal等しい humanity人類 difficult難しい.
我々人間の平等の認識を困難にします
14:00
Itそれ emphasizes強調する howどうやって we我々 are different異なる
我々の類似点よりも
14:04
ratherむしろ thanより howどうやって we我々 are similar類似.
差異を強調します
14:07
Soそう what ifif before myじぶんの Mexicanメキシコ人 trip旅行
もし メキシコ旅行の前に
14:09
I had持っていました followed続く theその immigration移民 debateディベート fromから bothどちらも sides両側,
アメリカとメキシコの両国側から移民の議論に
14:11
theその Uあなた.Ss. andそして theその Mexicanメキシコ人?
注目していたらどうだったのでしょう?
14:15
What ifif myじぶんの mother had持っていました told言った us米国 thatそれ Fide'sfide's family家族 wasあった poor貧しい
もし 母がフィデの家族は貧乏だけど
14:17
andそして hardworking勤勉な?
働き者だと教えてくれていたら?
14:21
What ifif we我々 had持っていました an Africanアフリカ人 televisionテレビ networkネットワーク
もし 異なるアフリカ人を世界中に紹介する
14:23
thatそれ broadcast放送 diverse多様 Africanアフリカ人 stories物語 allすべて over以上 theその world世界?
アフリカのテレビ局があったとしたら?
14:25
What theその Nigerianナイジェリア人 writerライター Chinuaチヌア Achebe痛み callsコール
ナイジェリア作家のチヌア アチェベが
14:29
"aa balanceバランス of stories物語."
“物語のバランス”と呼んだもの
14:31
What ifif myじぶんの roommateルームメイト knew知っていた about myじぶんの Nigerianナイジェリア人 publisher出版社,
もし ルームメイトが 夢を追って
14:34
Muktaムタ Bakarayバカレー,
銀行を辞め 出版社を立ち上げた―
14:37
aa remarkable顕著 manおとこ who left his jobジョブ in aa bankバンク
ナイジェリア人の
14:39
to followフォローする his dream andそして start開始 aa publishing出版 house?
ムクタ バカレーを知っていたら?
14:41
Now, theその conventional従来の wisdom知恵 wasあった thatそれ Nigeriansナイジェリア人 don'tしない read読む literature文献.
世間一般の通念は ナイジェリア人は文学を読まないというものでしたが
14:44
He disagreed不一致. He feltフェルト
バカレーの意見は違って
14:48
thatそれ people who couldできた read読む, would〜する read読む,
文学が手の届くものになれば
14:50
ifif you君は made literature文献 affordable手頃な価格 andそして available利用可能な to themそれら.
字が読める人は読むだろうという見解でした
14:52
Shortlyまもなく after he published出版された myじぶんの first最初 novel小説
彼が私の最初の本を出版してから間もなく
14:56
I went行った to aa TVテレビ station in Lagosラゴス to do行う an interviewインタビュー,
私はラゴスのテレビ局でインタビューをされました
14:59
andそして aa woman女性 who worked働いた thereそこ asとして aa messengerメッセンジャー came来た upアップ to me andそして said前記,
そこで働く伝言係の女性が言ったんです
15:02
"I really本当に liked好き yourきみの novel小説. I didn'tしなかった like好きな theその endingエンディング.
“小説とても良かったけど 最後が気に入らなかった
15:05
Now you君は must必須 write書きます aa sequel続編, andそして thisこの is what will意志 happen起こる ..."
続編はこうやって書いてほしいの”
15:08
(Laughter笑い)
(笑)
15:11
Andそして she彼女 went行った on to telltell me what to write書きます in theその sequel続編.
そして彼女は続編で書くべき点を話し続けたのです
15:14
I wasあった notない onlyのみ charmedチャームド〜魔女3姉妹, I wasあった very非常に moved移動した.
魅せられるだけではなく 感動しました
15:17
Hereここに wasあった aa woman女性, part of theその ordinary普通の masses大衆 of Nigeriansナイジェリア人,
読書をしないはずの ごく普通のナイジェリア人に
15:20
who wereあった notない supposed想定される to be〜する readers読者.
こんな女性がいたなんて!
15:23
She彼女 had持っていました notない onlyのみ read読む theその book, butだけど she彼女 had持っていました taken撮影 ownership所有 of itそれ
本を読むだけではなく 続編に
15:26
andそして feltフェルト justified正当化された in telling伝える me
書きつづる内容を 私に伝える
15:28
what to write書きます in theその sequel続編.
使命を彼女は果たしたのです
15:31
Now, what ifif myじぶんの roommateルームメイト knew知っていた about myじぶんの friend友人 Fumiふみ Ondaオンダ,
もし 我々の過去の悪事を
15:33
aa fearless恐れる woman女性 who hostsホスト aa TVテレビ showショー in Lagosラゴス,
隠さず話す テレビ司会者の我が友を
15:37
andそして is determined決定 to telltell theその stories物語 thatそれ we我々 prefer好む to forget忘れる?
ルームメイトが知っていたら?
15:40
What ifif myじぶんの roommateルームメイト knew知っていた about theその heartハート procedure手順
もし 先週ラゴスで行われた心臓手術について
15:43
thatそれ wasあった performed実行した in theその Lagosラゴス hospital病院 last最終 week週間?
ルームメイトが知っていたら?
15:47
What ifif myじぶんの roommateルームメイト knew知っていた about contemporaryコンテンポラリー Nigerianナイジェリア人 music音楽,
もし 彼女がナイジェリアの現代音楽を知っていたら?
15:50
talented才能のある people singing歌う in English英語 andそして Pidginピジン,
ジェイZ フェラクティ ボブマーリー 自らの祖父から
15:54
andそして Igboigbo andそして Yorubaヨルバ andそして Ijoアイジョ,
受けた影響を混ぜ込みながら
15:57
mixing混合 influences影響 fromから Jay-Zジェイ・Z to Felaフェラ
英語 混成語 イボ語 ヨルバ語 イジョ語で歌う
15:59
to Bobボブ Marleyマーリー to their彼らの grandfathers祖父.
才能ある人たち
16:03
What ifif myじぶんの roommateルームメイト knew知っていた about theその female女性 lawyer弁護士
女性がパスポートの切り替えをするには
16:06
who recently最近 went行った to court裁判所 in Nigeriaナイジェリア
夫の同意が必要だという
16:08
to challengeチャレンジ aa ridiculousばかげた law法律
バカげた法律について 最近
16:10
thatそれ required必須 women女性 to get取得する their彼らの husband's夫の consent同意
ナイジェリアの裁判所に異議申し立てした
16:12
before renewing更新 their彼らの passportsパスポート?
女性弁護士をもしルームメイトが知っていたら?
16:15
What ifif myじぶんの roommateルームメイト knew知っていた about Nollywoodノーウィリー,
もし 技術的ハンデにも関わらずナリウッド映画を
16:18
full満員 of innovative革新的な people making作る films映画 despite何と greatすばらしいです technicalテクニカル oddsオッズ,
制作する革新的な人々をルームメイトが知っていたら?
16:21
films映画 soそう popular人気
映画はとても人気があって
16:25
thatそれ they彼ら really本当に are theその bestベスト example
ナイジェリア人が自ら生み出した―
16:27
of Nigeriansナイジェリア人 consuming消費する what they彼ら produce作物?
製品を消費している最高の例なのです
16:29
What ifif myじぶんの roommateルームメイト knew知っていた about myじぶんの wonderfullyすばらしい ambitious意欲的な hairヘア braiderブレーダー,
もし エクステンションを売る仕事を始めた―
16:32
who has持っている justちょうど started開始した her彼女 own自分の businessビジネス selling販売 hairヘア extensions拡張?
野心ある私の髪編み師や 起業して
16:35
Orまたは about theその millions何百万 of otherその他 Nigeriansナイジェリア人
時に失敗しても 野心を
16:39
who start開始 businessesビジネス andそして sometimes時々 fail失敗します,
抱き続ける何百万人もの
16:41
butだけど continue持続する to nurseナース ambition野心?
ナイジェリア人を ルームメイトが知っていたら?
16:43
Everyすべて time時間 I am午前 home自宅 I am午前 confronted直面した with〜と
私は帰省すると ナイジェリア人の
16:47
theその usual通常の sourcesソース of irritation刺激 forために most最も Nigeriansナイジェリア人:
苛立ちの原因であるインフラや
16:49
our我々の failed失敗した infrastructureインフラ, our我々の failed失敗した government政府,
政府の問題点にいつも直面します
16:52
butだけど alsoまた、 by〜によって theその incredible信じられない resilience反発力 of people who
でも そんな政府にも関わらず
16:55
thrive成功する despite何と theその government政府,
元気な人々の驚くべき回復力も
16:58
ratherむしろ thanより becauseなぜなら of itそれ.
感じられます
17:01
I teach教える writing書き込み workshopsワークショップ in Lagosラゴス everyすべて summer,
私は毎夏 ラゴスで文章の書き方を教えています
17:03
andそして itそれ is amazing素晴らしい to me howどうやって manyたくさんの people apply適用する,
どれだけ多くの人が申し込んで
17:06
howどうやって manyたくさんの people are eager熱心な to write書きます,
執筆したがっているか―
17:09
to telltell stories物語.
驚くばかりです
17:12
Myじぶんの Nigerianナイジェリア人 publisher出版社 andそして I have持ってる justちょうど started開始した aa non-profit非営利
出版社と私はFarafina Trust という
17:14
calledと呼ばれる Farafinaファラフィナ Trust信頼,
NPOを立ち上げました
17:17
andそして we我々 have持ってる big大きい dreams of building建物 libraries図書館
我々の大きな夢は 新しく図書館を建て
17:19
andそして refurbishing修復する libraries図書館 thatそれ already既に exist存在する
古いものは改修工事をして
17:22
andそして providing提供する books forために state状態 schools学校
空っぽの公立学校には
17:24
thatそれ don'tしない have持ってる anything何でも in their彼らの libraries図書館,
本を寄贈したいのです
17:27
andそして alsoまた、 of organizing整理する lotsロット andそして lotsロット of workshopsワークショップ,
そして自分たちの物語を語りたいと
17:29
in reading読書 andそして writing書き込み,
思っている全ての人へ
17:31
forために allすべて theその people who are eager熱心な to telltell our我々の manyたくさんの stories物語.
読書や執筆の研究会を開きたいのです
17:33
Stories物語 matter問題.
物語の影響は大きいのです
17:36
Manyたくさんの stories物語 matter問題.
様々な物語がなくてはなりません
17:38
Stories物語 have持ってる beenされている used中古 to dispossess欲求不満 andそして to malign悪魔,
物語は略奪と中傷に使われてきましたが
17:40
butだけど stories物語 canできる alsoまた、 be〜する used中古 to empower力を与える andそして to humanize人間化する.
物語とは人に力を与え人間味を与えることも出来るのです
17:44
Stories物語 canできる breakブレーク theその dignity尊厳 of aa people,
物語は人の尊厳を砕くことができますが
17:48
butだけど stories物語 canできる alsoまた、 repair修復 thatそれ broken壊れた dignity尊厳.
打ち砕かれた尊厳を修復する力も持っています
17:51
Theその Americanアメリカ人 writerライター Aliceアリス Walker歩行者 wrote書きました thisこの
米国人作家 アリス ウォーカーは
17:56
about her彼女 Southern南方の relatives親族
南部から北部に移り住んだ
17:58
who had持っていました moved移動した to theその North.
親戚に関し本を書いています
18:00
She彼女 introduced導入された themそれら to aa book about
彼女は終止符を打った南部の生活が
18:02
theその Southern南方の life生活 thatそれ they彼ら had持っていました left behind後ろに:
書かれた本を その親戚に紹介したのです
18:04
"They彼ら sat座っている aroundまわり, reading読書 theその book themselves自分自身,
“彼らはのんびりと読書をしたり
18:07
listening聞いている to me read読む theその book, andそして aa kind種類 of paradiseパラダイス wasあった regained回復した."
私の朗読を聴いた そして一種の理想郷が取り戻された”
18:11
I would〜する like好きな to end終わり with〜と thisこの thought思想:
私からのメッセージです
18:17
Thatそれ whenいつ we我々 reject拒絶する theその singleシングル storyストーリー,
我々がシングルストーリーを退けて
18:20
whenいつ we我々 realize実現する thatそれ thereそこ is never決して aa singleシングル storyストーリー
いかなる場所にもシングルストーリーなど
18:23
about anyどれか place場所,
無いと気づいたとき
18:26
we我々 regain回復する aa kind種類 of paradiseパラダイス.
一種の理想郷を取り戻します
18:28
Thank感謝 you君は.
ありがとうございました
18:30
(Applause拍手)
(拍手)
18:32
Translated by Takako Sato
Reviewed by Masahiro Kyushima

▲Back to top

About the speaker:

Chimamanda Ngozi Adichie - Novelist
Inspired by Nigerian history and tragedies all but forgotten by recent generations of westerners, Chimamanda Ngozi Adichie’s novels and stories are jewels in the crown of diasporan literature.

Why you should listen

In Nigeria, Chimamanda Ngozi Adichie's novel Half of a Yellow Sun has helped inspire new, cross-generational communication about the Biafran war. In this and in her other works, she seeks to instill dignity into the finest details of each character, whether poor, middle class or rich, exposing along the way the deep scars of colonialism in the African landscape.

Adichie's newest book, The Thing Around Your Neck, is a brilliant collection of stories about Nigerians struggling to cope with a corrupted context in their home country, and about the Nigerian immigrant experience.

Adichie builds on the literary tradition of Igbo literary giant Chinua Achebe—and when she found out that Achebe liked Half of a Yellow Sun, she says she cried for a whole day. What he said about her rings true: “We do not usually associate wisdom with beginners, but here is a new writer endowed with the gift of ancient storytellers.”

More profile about the speaker
Chimamanda Ngozi Adichie | Speaker | TED.com