English-Video.net comment policy

The comment field is common to all languages

Let's write in your language and use "Google Translate" together

Please refer to informative community guidelines on TED.com

TEDxChapmanU

Mandy Len Catron: Falling in love is the easy part

マンディ・レン・カトロン: 恋に落ちるのは簡単だけど・・・

Filmed
Views 3,156,621

36の質問をするだけで、見知らぬ2人が恋に落ちるなんて想像できますか?マンディ・レン・カトロンが実際に試したところ効果がありました。そして、記事を書いたところ、あっという間に広まったのです(お母さんから記事が送られてきた人もいるかも)。 しかし、それは真実の愛でしょうか?長続きするのでしょうか?そして、恋に落ちることと愛し続けることの違いとは何でしょうか?

- Writer
Mandy Len Catron explores love stories. Full bio

I published出版された thisこの article記事
今年の1月に
00:12
in theその New新しい Yorkヨーク Times Modernモダン Love columnカラム
in January1月 of thisこの year.
ニューヨークタイムズ紙の
現代恋愛コラムに こんな記事を載せました
00:14
"To Fall in Love With〜と Anyone誰でも, Do行う Thisこの."
『こうすれば あなたも恋に落ちる』
00:18
Andそして theその article記事
is about aa psychological心理的 study調査
この記事は
00:21
designed設計 to create作成する romanticロマンチック love
in theその laboratory研究室,
恋愛を人為的に作り出すという
心理学研究と
00:23
andそして myじぶんの own自分の experience経験
trying試す theその study調査 myself私自身
私自身が昨年の夏
実際に試してみた際の
00:26
one1 night last最終 summer.
実体験を書いたものです
00:29
Soそう theその procedure手順 is fairlyかなり simple単純:
手順はとても簡単です
00:31
two strangers見知らぬ人 take取る turnsターン asking尋ねる each otherその他
36 increasinglyますます personal個人的 questions質問
初対面の2人で36の質問を交互にします
内容は少しずつ個人的になっていきます
00:34
andそして then次に they彼ら stare見詰める into each other'sその他の eyes
質問が終わったら お互いの目を
00:41
withoutなし speaking話し中 forために four4つの minutes.
黙って4分間見つめます
00:44
Soそう hereここに are aa coupleカップル of sampleサンプル questions質問.
質問をいくつか見てみましょう
00:47
Number 12: Ifif you君は couldできた wake目覚め upアップ tomorrow明日
having持つ gained得られた anyどれか one1 quality品質 orまたは ability能力,
質問12 明日の朝 目覚めたら
新しい資質や能力が1つ備わっているとします
00:50
what would〜する itそれ be〜する?
それは何ですか?
00:56
Number 28: Whenいつ didした you君は last最終 cry泣く
in frontフロント of another別の person?
質問28
最近 人前で泣いたのはいつですか?
00:58
By〜によって yourselfあなた自身?
ひとりで泣いたのは?
01:02
Asとして you君は canできる see見る, they彼ら really本当に do行う
get取得する moreもっと personal個人的 asとして they彼ら go行く along一緒に.
お気づきのように 進めば進むほど
個人的な内容になります
01:04
Number 30, I really本当に like好きな thisこの one1:
質問30 これは私のお気に入り―
01:08
Telltell yourきみの partnerパートナー
what you君は like好きな about themそれら;
相手の好きなところを言ってください
01:10
be〜する very非常に honest正直な thisこの time時間,
初対面では口にしないようなことも
01:13
saying言って thingsもの you君は mightかもしれない notない sayいう
to someone誰か you君は justちょうど met会った.
正直に言いましょう
01:15
Soそう whenいつ I first最初 came来た across横断する thisこの study調査
aa few少数 years earlier先に,
数年前 この研究と出会ったとき
01:20
one1 detail詳細 really本当に stuck立ち往生 outでる to me,
すごく気になったことがありました
01:25
andそして thatそれ wasあった theその rumor
thatそれ two of theその participants参加者
実験の参加者2人が
01:27
had持っていました gotten得た married既婚 six6 months数ヶ月 later後で,
6ヶ月後に結婚して
01:30
andそして they'd彼らは invited招待された theその entire全体 lab研究室
to theその ceremony.
研究室全体を式に
招待したという噂です
01:33
Soそう I wasあった of courseコース very非常に skeptical懐疑的な
もちろん
01:37
about thisこの processプロセス of justちょうど
manufacturing製造 romanticロマンチック love,
単に恋愛を作り出すだけの手順なんて
信じていませんでした
01:40
butだけど of courseコース I wasあった intrigued興味をそそられる.
でも 興味をそそられました
01:43
Andそして whenいつ I got持っている theその chanceチャンス
to tryお試しください thisこの study調査 myself私自身,
そして 私にも実験する機会が
やって来ました
01:46
with〜と someone誰か I knew知っていた
butだけど notない particularly特に wellよく,
相手は知人だったのですが
特に親しくもなかったですし
01:50
I wasn'tなかった expecting期待している to fall in love.
恋に落ちるなんて期待してませんでした
01:53
Butだけど then次に we我々 didした, andそして ---
でも 落ちちゃいました
01:56
(Laughter笑い)
(笑)
01:59
Andそして I thought思想 itそれ made aa good良い storyストーリー,
soそう I sent送られた itそれ to theその Modernモダン Love columnカラム
いい記事ができたと思って
数ヶ月後 例の恋愛コラムに
02:01
aa few少数 months数ヶ月 later後で.
投稿しました
02:05
Now, thisこの wasあった published出版された in January1月,
記事は1月に掲載され
02:07
andそして now itそれ is August8月,
今 8月です
02:11
soそう I'm私は guessing推測 thatそれ some一部 of you君は
are probably多分 wondering不思議,
たぶん こんな風に思っている人が
いるのではないでしょうか
02:13
are we我々 stillまだ together一緒に?
まだ付き合ってるの?
02:17
Andそして theその reason理由 I think思う
you君は mightかもしれない be〜する wondering不思議 thisこの
なぜ そう考えたかというと
02:19
is becauseなぜなら I have持ってる beenされている asked尋ねた thisこの question質問
私自身がこの7ヶ月間
02:22
again再び andそして again再び andそして again再び
forために theその past過去 sevenセブン months数ヶ月.
何度も何度も尋ねられたからです
02:24
Andそして thisこの question質問 is really本当に
what I want欲しいです to talkトーク about today今日.
そして この質問が今日の本題です
02:28
Butだけど let'sさあ come来る backバック to itそれ.
でも 答えはまた後で
02:32
(Laughter笑い)
(笑)
02:33
Soそう theその week週間 before theその article記事 came来た outでる,
記事が掲載される1週間前
02:36
I wasあった very非常に nervous神経質な.
私はとても不安でした
02:38
I had持っていました beenされている workingワーキング
on aa book about love stories物語
恋愛についての本を書き始めてから
02:41
forために theその past過去 few少数 years,
数年になります
02:44
soそう I had持っていました gotten得た used中古 to writing書き込み
about myじぶんの own自分の experiences経験
ブログに自分の恋愛について
02:46
with〜と romanticロマンチック love on myじぶんの blogブログ.
書くことには慣れていました
02:48
Butだけど aa blogブログ post役職 mightかもしれない get取得する
aa coupleカップル hundred views再生回数 at〜で theその most最も,
でも ブログ投稿の閲覧数は
多くても数百件で
02:51
andそして thoseそれら wereあった usually通常
justちょうど myじぶんの Facebookフェイスブック friends友達,
ほとんどがフェイスブックの友だちです
02:56
andそして I figured思った myじぶんの article記事
in theその New新しい Yorkヨーク Times
そこで ニューヨークタイムズの
記事になれば
02:59
would〜する probably多分 get取得する aa few少数 thousand views再生回数.
数千件にもなるかもしれない
03:02
Andそして thatそれ feltフェルト like好きな aa lotロット of attention注意
この比較的新しい交際にしては
それでも―
03:06
on aa relatively比較的 new新しい relationship関係.
かなりの注目度だと思っていました
03:08
Butだけど asとして itそれ turned回した outでる, I had持っていました noいいえ ideaアイディア.
でも 蓋を開けて見て びっくり
03:12
Soそう theその article記事 wasあった published出版された onlineオンライン
記事は金曜日の夕方
03:16
on aa Friday金曜日 eveningイブニング,
インターネットで公開されました
03:18
andそして by〜によって Saturday土曜日, thisこの had持っていました happened起こった
to theその trafficトラフィック on myじぶんの blogブログ.
土曜日までの
ブログのアクセス数がこれです
03:20
Andそして by〜によって Sunday日曜日, bothどちらも theその Today今日 Showショー
andそして Good良い Morning Americaアメリカ had持っていました calledと呼ばれる.
日曜日までには 朝のトーク番組の
出演依頼が2件ありました
03:26
Within以内 aa month, theその article記事
would〜する receive受け取る over以上 8 million百万 views再生回数,
1ヶ月の間に記事の閲覧数は
800万件以上にのぼりました
03:32
andそして I wasあった, to sayいう theその least少なくとも,
少なくとも 私は
03:37
underprepared不十分な forために thisこの sortソート of attention注意.
こんなに注目を集めるとは
思っていなかったのです
03:39
It'sそれは one1 thingもの to work作業 upアップ
theその confidence信頼 to write書きます honestly正直
自分の恋愛経験について
03:43
about yourきみの experiences経験 with〜と love,
オープンに書く自信を持つことと
03:46
butだけど itそれ is another別の thingもの to discover発見する
自分の恋愛が
03:48
thatそれ yourきみの love life生活
has持っている made international国際 newsニュース ---
国際ニュースになってしまい
03:51
(Laughter笑い)
(笑)
03:54
andそして to realize実現する
thatそれ people across横断する theその world世界
世界中の人々が 始まったばかりの
私の恋愛の行方に
03:55
are genuinely真に invested投資した
in theその status状態 of yourきみの new新しい relationship関係.
本気で一喜一憂することに
気づくのは別の話です
03:59
(Laughter笑い)
(笑)
04:04
Andそして whenいつ people calledと呼ばれる orまたは emailedメールで送信,
whichどの they彼ら didした everyすべて day forために weeks,
何週間もの間 毎日電話やメールを
もらったのですが
04:06
they彼ら always常に asked尋ねた theその same同じ question質問 first最初:
誰もが決まって最初に
同じ質問をします
04:11
are you君は guysみんな stillまだ together一緒に?
まだ 付き合ってるんですか? って
04:14
In fact事実, asとして I wasあった preparing準備 thisこの talkトーク,
実際 今日の講演準備をしながら
04:17
I didした aa quickクイック searchサーチ of myじぶんの emailEメール inbox受信トレイ
そんな質問が来ているかどうか
メールの受信箱を
04:19
forために theその phraseフレーズ "Are you君は stillまだ together一緒に?"
ちょっと見てみました
04:21
andそして severalいくつかの messagesメッセージ
poppedポップされた upアップ immediatelyすぐに.
すぐに 何通か見つかりました
04:23
They彼ら wereあった fromから students学生の andそして journalistsジャーナリスト
差出人は学生や記者や―
04:26
andそして friendlyフレンドリーな strangers見知らぬ人 like好きな thisこの one1.
こちらのような好意的な他人でした
04:29
I didした radio無線 interviewsインタビュー andそして they彼ら asked尋ねた.
ラジオに出たら
同じことを尋ねられました
04:32
I even偶数 gave与えた aa talkトーク, andそして one1 woman女性
shouted叫んだ upアップ to theその stageステージ,
講演をすれば
大声でこんなことを言う聴講者もいました
04:34
"Heyねえ Mandyマンディー, where'sどこですか yourきみの boyfriendボーイフレンド?"
「ねえ マンディ 彼氏はどこにいるの?」
04:38
Andそして I promptly速やかに turned回した bright明るい red.
途端に顔が真っ赤になりました
04:42
I understandわかる thatそれ thisこの
is part of theその deal対処.
これも記事の反響の1つなのだと思います
04:45
Ifif you君は write書きます about yourきみの relationship関係
in an international国際 newspaper新聞,
自分の恋愛についての記事を
国際的な新聞に載せたら
04:48
you君は should〜すべき expect期待する people
to feel感じる comfortable快適 asking尋ねる about itそれ.
読者が気兼ねなく質問してくることは
想像つきます
04:51
Butだけど I justちょうど wasn'tなかった prepared準備された
forために theその scope範囲 of theその response応答.
ただ これほどの反響になるとは
思ってもみなかったのです
04:55
Theその 36 questions質問 seem思われる
to have持ってる taken撮影 on aa life生活 of their彼らの own自分の.
36の質問は
ひとり歩きしているようでした
05:00
In fact事実, theその New新しい Yorkヨーク Times
published出版された aa follow-upファローアップ article記事
実際 ニューヨークタイムズ紙は
バレンタインデー当日に
05:04
forために Valentine'sバレンタイン Day,
追加記事を載せました
05:07
whichどの featured特集 readers'読者は、 experiences経験
of trying試す theその study調査 themselves自分自身,
この研究を自身で試した
読者を特集したもので
05:09
with〜と varying変化する degrees of success成功.
成功度合いも様々です
05:13
Soそう myじぶんの first最初 impulseインパルス
in theその face of allすべて of thisこの attention注意
これだけの注目を受けて
私はまず反射的に
05:16
wasあった to become〜になる very非常に protective保護的な
of myじぶんの own自分の relationship関係.
自分の恋愛関係を守ろうとしました
05:21
I said前記 noいいえ to everyすべて request要求
forために theその two of us米国
彼と一緒にマスコミの前に出る依頼は
05:25
to do行う aa mediaメディア appearance外観 together一緒に.
全て断りました
05:28
I turned回した downダウン TVテレビ interviewsインタビュー,
テレビのインタビューも
05:31
andそして I said前記 noいいえ to everyすべて request要求
forために photos写真 of theその two us米国.
ツーショット写真を求められても
断りました
05:33
I think思う I wasあった afraid恐れ thatそれ we我々 would〜する become〜になる
恋に落ちるというプロセスの
象徴に
05:37
inadvertent不慮の iconsアイコン
forために theその processプロセス of falling落下 in love,
思いがけず なってしまうことが
怖かったのだと思います
05:39
aa positionポジション I didした notない at〜で allすべて
feel感じる qualified修飾された forために.
自分にふさわしいとは全く
思えない立場でしたから
05:43
Andそして I get取得する itそれ:
ええ 分かっています
05:48
people didn'tしなかった justちょうど want欲しいです to know知っている
ifif theその study調査 worked働いた,
皆さんが知りたいのは
研究の成果ではなく
05:51
they彼ら wanted欲しい to know知っている ifif itそれ really本当に worked働いた:
実際に効果があるのかどうかです
05:54
thatそれ is, ifif itそれ wasあった capable可能な
of producing生産する love thatそれ would〜する last最終,
単なる遊びの恋愛ではなく
本物の 長続きする愛を
05:57
notない justちょうど aa fling飛ぶ, butだけど realリアル love,
sustainable持続可能な love.
作り出すことができるかを
知りたいのでしょう
06:01
Butだけど thisこの wasあった aa question質問
I didn'tしなかった feel感じる capable可能な of answering答える.
でも 私には答えられない
質問のような気がしました
06:07
Myじぶんの own自分の relationship関係
wasあった onlyのみ aa few少数 months数ヶ月 old古い,
付き合い始めてから
ほんの数ヶ月でしたし
06:11
andそして I feltフェルト like好きな people wereあった asking尋ねる
theその wrong違う question質問 in theその first最初 place場所.
そもそも 皆の質問自体が
間違っているように思えました
06:13
What would〜する knowing知っている whetherかどうか orまたは notない
we我々 wereあった stillまだ together一緒に really本当に telltell themそれら?
まだ続いているか知ったところで
何になるのでしょうか?
06:20
Ifif theその answer回答 wasあった noいいえ,
もし 別れたと言えば
06:24
would〜する itそれ make作る theその experience経験
of doingやっている theseこれら 36 questions質問
36の質問を試す価値が
06:25
anyどれか lessもっと少なく worthwhile価値がある?
無くなってしまうのでしょうか?
06:29
Drドクター. Arthurアーサー Aronアロン first最初 wrote書きました
about theseこれら questions質問
アーサー・アーロン博士が
36の質問についての
06:32
in thisこの study調査 hereここに in 1997,
研究を発表したのは1997年です
06:35
andそして hereここに, theその researcher's研究者 goalゴール
wasあった notない to produce作物 romanticロマンチック love.
研究の目的は
恋愛を作り出すことではありませんでした
06:40
Instead代わりに, they彼ら wanted欲しい to foster育てる
大学の学生たちの間に
06:44
interpersonal対人関係 closeness親密さ
among collegeカレッジ students学生の,
親密な人間関係を作るという
目的でした
06:46
by〜によって usingを使用して what Aronアロン calledと呼ばれる
そこで用いられたのが 博士曰く
06:50
"sustained持続する, escalatingエスカレートする, reciprocal相互,
personalistic個人主義的 self-disclosure自己開示."
「持続的に個人的な相互開示欲を高める」
方法である例の36の質問です
06:52
Sounds romanticロマンチック, doesn'tしない itそれ?
何ともロマンティックな名前ですよね?
(笑)
06:57
Butだけど theその study調査 didした work作業.
でも 効果は確かにありました
07:01
Theその participants参加者
didした feel感じる closerクローザー after doingやっている itそれ,
参加者たちは お互いに
より親近感を持つようになりました
07:03
andそして severalいくつかの subsequentその後の studies研究 have持ってる alsoまた、
used中古 Aron'sアロン fast速い friends友達 protocolプロトコル
見知らぬ人同士の間に信頼と
親密な関係を手早く作る方法として
07:06
asとして aa way方法 to quickly早く create作成する
trust信頼 andそして intimacy親密 betweenの間に strangers見知らぬ人.
博士の「ファスト・フレンド」方式は
その後の研究でも使われました
07:11
They've彼らは used中古 itそれ betweenの間に membersメンバー
of theその police警察 andそして membersメンバー of communityコミュニティ,
警察と地域住民の間や
07:15
andそして they've彼らは used中古 itそれ betweenの間に people
of opposing反対 political政治的 ideologiesイデオロギー.
対立する政治思想を持つ人々の間で
利用されました
07:19
Theその original元の versionバージョン of theその storyストーリー,
個人的な質問をした後
07:23
theその one1 thatそれ I tried試した last最終 summer,
4分間見つめ合うという―
07:25
thatそれ pairsペア theその personal個人的 questions質問
with〜と four4つの minutes of eye contact接触,
私が昨年の夏に試した実験の原型は
07:28
wasあった referenced参照される in thisこの article記事,
この論文でも言及されていますが
07:32
butだけど unfortunately残念ながら itそれ wasあった never決して published出版された.
あいにく 公表されなかったようです
07:34
Soそう aa few少数 months数ヶ月 ago, I wasあった giving与える aa talkトーク
数ヶ月前
小さなリベラルアーツ・カレッジ で
07:38
at〜で aa small小さい liberalリベラル arts芸術 collegeカレッジ,
講演をした後に
07:41
andそして aa student学生 came来た upアップ to me afterwardsその後
1人の学生が私のところへ来て
07:44
andそして he said前記, kind種類 of shyly恥ずかしがり屋,
少し恥ずかしそうに言いました
07:46
"Soそう, I tried試した yourきみの study調査,
andそして itそれ didn'tしなかった work作業."
「この研究を試したけど
効果がなかったんだ」 と
07:49
He seemed見えた aa little少し mystifiedミステリー by〜によって thisこの.
キツネにつままれた様子でした
07:54
"You君は mean平均, you君は didn'tしなかった fall in love
with〜と theその person you君は didした itそれ with〜と?" I asked尋ねた.
「一緒に試した人と恋に落ちなかった
ということね?」と私は尋ねました
07:57
"Wellよく..." He paused一時停止した.
「う~ん・・・」 と一息ついて
08:02
"I think思う she彼女 justちょうど wants望む to be〜する friends友達."
「彼女は ただ友だちでいたいんだ」
と言いました
08:04
"Butだけど didした you君は become〜になる
betterより良い friends友達?" I asked尋ねた.
私は聞きました
「以前より親しくなれた?」
08:09
"Didした you君は feel感じる like好きな you君は got持っている to really本当に
know知っている each otherその他 after doingやっている theその study調査?"
「この研究を試した後
もっとお互いを分かりあえたと思った?」
08:13
He noddedうなずき.
彼はうなずきました
08:16
"Soそう, then次に itそれ worked働いた," I said前記.
「それは 効果ありよ」
と私は言いました
08:18
I don'tしない think思う thisこの is theその answer回答
he wasあった looking探している forために.
これが彼が求めていた回答だ
とは思いません
08:21
In fact事実, I don'tしない think思う thisこの is theその answer回答
thatそれ anyどれか of us米国 are looking探している forために
実際 恋愛において
誰も こんな答えは
08:25
whenいつ itそれ comes来る to love.
求めていないと思います
08:29
I first最初 came来た across横断する thisこの study調査
初めてこの研究に出会ったのは
08:32
whenいつ I wasあった 29
29歳のときでした
08:33
andそして I wasあった going行く throughを通して
aa really本当に difficult難しい breakup別れる.
本当に辛い別れを経験した頃でした
08:35
I had持っていました beenされている in theその relationship関係
since以来 I wasあった 20,
その彼とは
20歳から付き合っていました
08:38
whichどの wasあった basically基本的に myじぶんの entire全体 adult大人 life生活,
つまり 成人してからずっとです
08:41
andそして he wasあった myじぶんの first最初 realリアル love,
私が初めて本当に愛した人で―
08:44
andそして I had持っていました noいいえ ideaアイディア howどうやって orまたは ifif
I couldできた make作る aa life生活 withoutなし him.
彼なしの生活なんて
考えられませんでした
08:46
Soそう I turned回した to science科学.
だから 科学に頼りました
08:51
I researched研究した everythingすべて I couldできた find見つける
about theその science科学 of romanticロマンチック love,
恋愛の科学について
見つけられる限り調べました
08:53
andそして I think思う I wasあった hoping望んでいる thatそれ itそれ mightかもしれない
somehow何とか inoculate接種する me fromから heartache心痛.
二度と心が痛まないように
免疫をつけようとしたのでしょう
08:58
I don'tしない know知っている ifif I realized実現した
thisこの at〜で theその time時間 ---
当時 そのことを自覚していたかどうか
わかりません
09:03
I thought思想 I wasあった justちょうど doingやっている research研究
forために thisこの book I wasあった writing書き込み ---
自分が書いている本のリサーチを
しているだけだと思っていました
09:07
butだけど itそれ seems思われる really本当に obvious明らか in retrospect振り返る.
でも 今思うと
本当に 見え見えですね
09:10
I hoped望んでいた thatそれ ifif I armed武装した myself私自身
with〜と theその knowledge知識 of romanticロマンチック love,
恋愛について知識を増やせば
当時 経験したような
09:13
I mightかもしれない never決して have持ってる to feel感じる
asとして terribleひどい andそして lonely寂しい asとして I didした then次に.
辛くて寂しい思いを二度としないで済む
と思ったのでしょう
09:18
Andそして allすべて thisこの knowledge知識
has持っている beenされている useful有用 in some一部 ways方法.
この知識は全て
それなりに役立っています
09:24
I am午前 moreもっと patient患者 with〜と love.
I am午前 moreもっと relaxedリラックスした.
恋愛で我慢強くなり
ゆったり構えるようになりました
09:28
I am午前 moreもっと confident自信を持って
about asking尋ねる forために what I want欲しいです.
自分の要求を伝える自信がつきました
09:31
Butだけど I canできる alsoまた、 see見る myself私自身 moreもっと clearlyはっきりと,
自分自身が
はっきり見えるようにもなりました
09:35
andそして I canできる see見る thatそれ what I want欲しいです
is sometimes時々 moreもっと
また 自分の欲求には
時折 無理があるということも
09:39
thanより canできる reasonably合理的に be〜する asked尋ねた forために.
わかるようになりました
09:43
What I want欲しいです fromから love is aa guarantee保証,
私が恋愛に求めているのは 保証です
09:46
notない justちょうど thatそれ I am午前 loved愛された today今日
今日愛されて
09:50
andそして thatそれ I will意志 be〜する loved愛された tomorrow明日,
明日も愛される保証ではなく
09:52
butだけど thatそれ I will意志 continue持続する to be〜する loved愛された
by〜によって theその person I love indefinitely無限に.
愛する人から永久に愛され続ける
という保証です
09:54
Maybe多分 it'sそれは thisこの possibility可能性 of aa guarantee保証
私と彼が続いているかを知りたい人々が
10:01
thatそれ people wereあった really本当に asking尋ねる about
本当に聞きたいことは
10:04
whenいつ they彼ら wanted欲しい to know知っている
ifif we我々 wereあった stillまだ together一緒に.
この「保証」の部分なのかもしれません
10:06
Soそう theその storyストーリー thatそれ theその mediaメディア told言った
about theその 36 questions質問
メディアが伝えた36の質問の記事は
10:10
wasあった thatそれ thereそこ mightかもしれない be〜する
aa shortcutショートカット to falling落下 in love.
恋に落ちる近道があるかもしれない
10:14
Thereそこ mightかもしれない be〜する aa way方法 to somehow何とか
mitigate緩和する some一部 of theその riskリスク involved関係する,
起こりうるリスクを和らげる方法が
あるかもしれないという内容でした
10:18
andそして thisこの is aa very非常に appealing訴える storyストーリー,
とても魅力的な話ですよね
10:21
becauseなぜなら falling落下 in love feels感じる amazing素晴らしい,
恋をするのは素晴らしいけれど
10:24
butだけど it'sそれは alsoまた、 terrifying恐ろしい.
怖いことでもありますから
10:27
Theその moment瞬間 you君は admit認める to loving愛する someone誰か,
誰かを愛していると自覚したら
10:30
you君は admit認める to having持つ aa lotロット to lose失う,
失うものが
たくさんあることにも気づきます
10:33
andそして it'sそれは true真実 thatそれ theseこれら questions質問
do行う provide提供する aa mechanism機構
36の質問は誰かと
手っ取り早く親しくなれる―
10:36
forために getting取得 to know知っている someone誰か quickly早く,
方法であるのは確かですし
10:40
whichどの is alsoまた、 aa mechanism機構 forために beingであること known既知の,
自分を知ってもらう方法
でもあります
10:43
andそして I think思う thisこの is theその thingもの
thatそれ most最も of us米国 really本当に want欲しいです fromから love:
これこそ 恋愛において
私たちが本当に望んでいることですよね
10:45
to be〜する known既知の, to be〜する seen見た, to be〜する understood理解された.
つまり 知ってもらい 見てもらい
理解してもらうこと
10:50
Butだけど I think思う whenいつ itそれ comes来る to love,
しかし 恋愛をするとなると
10:55
we我々 are tooあまりにも willing喜んで to accept受け入れる
theその shortショート versionバージョン of theその storyストーリー.
私たちはこの手順をすぐ
短縮したがる傾向にあります
10:57
Theその versionバージョン of theその storyストーリー thatそれ asks尋ねる,
"Are you君は stillまだ together一緒に?"
短縮版は「まだ 付き合っているの?」
という質問で始まり
11:01
andそして is contentコンテンツ with〜と aa yesはい orまたは noいいえ answer回答.
「はい」 か 「 いいえ」で
満足してしまいます
11:05
Soそう ratherむしろ thanより thatそれ question質問,
そこで それよりも
11:09
I would〜する propose提案する we我々 ask尋ねる
some一部 moreもっと difficult難しい questions質問,
もっと難しい質問をすることを
提案します
11:11
questions質問 like好きな:
例えば
11:15
Howどうやって do行う you君は decide決めます who deserves〜に値する yourきみの love
誰が自分にふさわしくて
誰がふさわしくないかを
11:17
andそして who doesする notない?
どのように決めるのか?
11:20
Howどうやって do行う you君は stay滞在 in love
whenいつ thingsもの get取得する difficult難しい,
うまくいかなくなったとき
どのように関係を守るのか?
11:22
andそして howどうやって do行う you君は know知っている
whenいつ to justちょうど cutカット andそして run走る?
別れるべき時をどう見極めるのか?
11:26
Howどうやって do行う you君は liveライブ with〜と theその doubt疑問に思う
恋愛につきものの不安を
11:29
thatそれ inevitably必然的に creeps忍び寄る
into everyすべて relationship関係,
どう乗り越えるのか?
11:31
orまたは even偶数 harderもっと強く,
もっと難しい質問をするなら
11:34
howどうやって do行う you君は liveライブ with〜と yourきみの partner'sパートナーの doubt疑問に思う?
どのように
相手の不安と付き合うのか?
11:36
I don'tしない necessarily必ずしも know知っている
theその answers答え to theseこれら questions質問,
こういった質問に
私が答えられるわけではありません
11:39
butだけど I think思う they're彼らは an important重要 start開始
at〜で having持つ aa moreもっと thoughtful思慮深い conversation会話
でも 人を愛する意味について
深く考えながら会話をする―
11:43
about what itそれ means手段 to love someone誰か.
大事なきっかけになる問いだと
思います
11:48
Soそう, ifif you君は want欲しいです itそれ,
さて 皆さんが気になっている―
11:52
theその shortショート versionバージョン of theその storyストーリー
of myじぶんの relationship関係 is thisこの:
私の体験談の短縮版は
こんな感じです
11:54
aa year ago, an acquaintance知り合い
andそして I didした aa study調査
1年前 私は知人と
恋を人為的に作り出せるかを
11:58
designed設計 to create作成する romanticロマンチック love,
試してみました
12:01
andそして we我々 fell落ちた in love,
そして 私たちは恋に落ち
12:04
andそして we我々 are stillまだ together一緒に,
今も付き合っていますし
12:06
andそして I am午前 soそう gladうれしい.
ありがたいことです
12:08
Butだけど falling落下 in love is notない
theその same同じ thingもの asとして staying滞在 in love.
でも 恋に落ちることと
愛し続けることは同じではありません
12:11
Falling落下 in love is theその easy簡単 part.
恋に落ちるのは簡単です
12:16
Soそう at〜で theその end終わり of myじぶんの article記事, I wrote書きました,
"Love didn'tしなかった happen起こる to us米国.
だから記事の最後に こう綴りました
「偶然 恋愛が降ってきたのではなく―
12:20
We're私たちは in love becauseなぜなら we我々 each
made theその choice選択 to be〜する."
それぞれが 自分の意思で
選んで恋愛をしているのです」
12:24
Andそして I cringeうんざりする aa little少し
whenいつ I read読む thatそれ now,
でも今 改めて読むと
少し気まずい気分になります
12:28
notない becauseなぜなら itそれ isn'tない true真実,
これが真実ではないからではなく
12:32
butだけど becauseなぜなら at〜で theその time時間,
I really本当に hadn'tなかった considered考慮される
当時は その選択が意味することにまで
12:34
everythingすべて thatそれ wasあった contained含まれる
in thatそれ choice選択.
考えが及ばなかったからです
12:37
I didn'tしなかった consider検討する howどうやって manyたくさんの times
we我々 would〜する each have持ってる to make作る thatそれ choice選択,
つまり こういう選択の時が
それぞれに 何度訪れるのか
12:41
andそして howどうやって manyたくさんの times I will意志 continue持続する
to have持ってる to make作る thatそれ choice選択
彼が常に
私を選んでくれるとは限らないのに―
12:46
withoutなし knowing知っている whetherかどうか orまたは notない
he will意志 always常に choose選択する me.
私は何回 同じ選択を繰り返さなければ
ならないのか ということです
12:50
I want欲しいです itそれ to be〜する enough十分な to have持ってる asked尋ねた
andそして answered答えた 36 questions質問,
36の質問を
交互に質問して答えたこと
12:54
andそして to have持ってる chosen選ばれた to love someone誰か
soそう generous寛大な andそして kind種類 andそして fun楽しい
寛大で、優しく、面白い人と
恋愛することにしたこと
12:59
andそして to have持ってる broadcast放送 thatそれ choice選択
in theその biggest最大 newspaper新聞 in Americaアメリカ.
それをアメリカで最大の新聞で
発表したことで満足だったのです
13:04
Butだけど what I have持ってる done完了 instead代わりに
is turn順番 myじぶんの relationship関係
でも その代わり 私たちの関係は
13:10
into theその kind種類 of myth神話
I don'tしない quiteかなり believe信じる in.
自分ではイマイチ信じられないタイプの
神話と化してしまいました
13:14
Andそして what I want欲しいです, what perhapsおそらく
I will意志 spend費やす myじぶんの life生活 wanting欲しい,
私が望むこと おそらく
この先も一生ずっと望むことは
13:18
is forために thatそれ myth神話 to be〜する true真実.
この神話が真実になることです
13:22
I want欲しいです theその happyハッピー endingエンディング
implied暗黙の by〜によって theその titleタイトル to myじぶんの article記事,
記事のタイトルがほのめかす
ハッピーエンドにしたいと思います
13:25
whichどの is, incidentally偶然に,
ちなみに 偶然にも
13:30
theその onlyのみ part of theその article記事
thatそれ I didn'tしなかった actually実際に write書きます.
唯一 私が書いてない部分が
このタイトルなんです
13:31
(Laughter笑い)
(笑)
13:35
Butだけど what I have持ってる instead代わりに is theその chanceチャンス
to make作る theその choice選択 to love someone誰か,
その代わり 私には
誰かを愛することを選ぶチャンスと
13:38
andそして theその hope希望 thatそれ he will意志 choose選択する
to love me backバック,
彼も私を愛することを
選んで欲しいという願いがあります
13:43
andそして itそれ is terrifying恐ろしい,
怖いけれど
13:46
butだけど that'sそれは theその deal対処 with〜と love.
これが恋愛なのです
13:49
Thank感謝 you君は.
ありがとうございました
13:51
Translated by Yurie Yamane
Reviewed by Riaki Ponist

▲Back to top

About the speaker:

Mandy Len Catron - Writer
Mandy Len Catron explores love stories.

Why you should listen

Mandy Len Catron is a writer living and working in Vancouver, BC. She blogs at The Love Story Project, a collage of research, memoir and family mythology. As she says: "I’ve been writing a book about love stories for the past five years and, miraculously, I still haven’t tired of talking about it. If you’d like to share your own story or theory or rant, get in touch at @LenMandy."

More profile about the speaker
Mandy Len Catron | Speaker | TED.com