English-Video.net comment policy

The comment field is common to all languages

Let's write in your language and use "Google Translate" together

Please refer to informative community guidelines on TED.com

TEDxWomen 2011

Jane Fonda: Life's third act

ジェーン・フォンダ「人生の第三幕」

Filmed
Views 2,383,507

今の時代を生きる人たちは、以前よりも30年長い平均寿命を持っています。そしてそれは、ただ付け加えられただけのものではありませんし、病気のようなものでもありません。TEDxWomenで、ジェイン・フォンダは、この人生の新たな段階をどのように考えるべきかを問いかけました。

- Actor and activist
Jane Fonda has had three extraordinary careers (so far): Oscar-winning actor, fitness guru, impassioned activist. Full bio

Thereそこ have持ってる beenされている manyたくさんの revolutions回転
20世紀には
00:15
over以上 theその last最終 century世紀,
さまざまな大変化が起きました
00:17
butだけど perhapsおそらく noneなし asとして significant重要な
中でも最も重要なのは
00:19
asとして theその longevity長寿 revolution革命.
恐らく長寿革命でしょう
00:21
We我々 are living生活 on average平均 today今日
私たちの平均寿命は 3世代前より
00:24
34 years longerより長いです thanより our我々の great-grandparents曽祖父母 didした.
34年長くなりました
00:26
Think思う about thatそれ.
考えてみて下さい
00:29
That'sそれは an entire全体 second二番 adult大人 lifetime一生
成人してからの人生が
00:31
that'sそれは beenされている added追加された to our我々の lifespan寿命.
2倍に伸びたのです
00:34
Andそして yetまだ, forために theその most最も part,
でも 私たちの文化は
00:36
our我々の culture文化 has持っている notない come来る to terms条項 with〜と what thisこの means手段.
この変化にあまり上手く対応できていません
00:38
We're私たちは stillまだ living生活 with〜と theその old古い paradigmパラダイム
私たちは未だに 人生はアーチのようなものだという
00:41
of age年齢 asとして an archアーチ.
古い考えに捉われています
00:44
That'sそれは theその metaphor隠喩, theその old古い metaphor隠喩.
アーチというのは古いたとえで
00:46
You'reあなたは bornうまれた, you君は peakピーク at〜で midlife中世
人生の真ん中でピークに達し
00:48
andそして decline低下 into decrepitude老朽.
その後は衰えていくというものです
00:50
(Laughter笑い)
(笑)
00:52
Age年齢 asとして pathology病理.
加齢を病気のように捉えています
00:54
Butだけど manyたくさんの people today今日 ---
でも今では 多くの人が -
00:56
philosophers哲学者, artistsアーティスト, doctors医師, scientists科学者 ---
哲学者や芸術家から医者や科学者まで -
00:58
are taking取る aa new新しい look見える at〜で what I callコール theその third三番 act行為,
私が第三幕と呼ぶ人生最後の30年を
01:01
theその last最終 three decades数十年 of life生活.
新たな見方で考えています
01:04
They彼ら realize実現する thatそれ thisこの is actually実際に aa developmental発達する stageステージ of life生活
この時期は それ自身が重要な
01:07
with〜と itsその own自分の significance意義 ---
発展期だと気づいているのです
01:12
asとして different異なる fromから midlife中世
青年期が子ども時代と異なるのと同様
01:14
asとして adolescence思春期 is fromから childhood子供時代.
人生の第三幕は中年期とは異なります
01:17
Andそして they彼ら are asking尋ねる --- we我々 should〜すべき allすべて be〜する asking尋ねる ---
この時期をどう過ごすのか
01:20
howどうやって do行う we我々 useつかいます thisこの time時間?
考えなければなりません
01:23
Howどうやって do行う we我々 liveライブ itそれ successfully正常に?
どうやって上手く過ごすのか?
01:26
What is theその appropriate適切な new新しい metaphor隠喩
年を取ることは
01:28
forために agingエージング?
何に例えればよいのでしょう?
01:30
I've私は spent過ごした theその last最終 year researching研究している andそして writing書き込み about thisこの subject主題.
1年かけてこのテーマを研究し
01:32
Andそして I have持ってる come来る to find見つける
年を取ることは
01:35
thatそれ aa moreもっと appropriate適切な metaphor隠喩 forために agingエージング
階段を上るようなものだと考えるのが
01:37
is aa staircase階段 ---
ふさわしいと思うようになりました
01:41
theその upward上向き ascension上昇 of theその human人間 spirit精神,
精神的な成長が
01:43
bringing持参 us米国 into wisdom知恵, wholeness全体
知性や全体性 信頼性に
01:47
andそして authenticity信憑性.
つながるのです
01:49
Age年齢 notない at〜で allすべて asとして pathology病理;
年を取ることは病気ではなく
01:51
age年齢 asとして potential潜在的な.
将来性のあることなのです
01:53
Andそして guess推測 what?
そしてこの将来性は
01:55
Thisこの potential潜在的な is notない forために theその lucky幸運な few少数.
少数の幸運な人だけのものではなく
01:57
Itそれ turnsターン outでる,
50歳以上の人の多くが
01:59
most最も people over以上 50
精神状態が良く ストレスが少なく
02:01
feel感じる betterより良い, are lessもっと少なく stressed強調された,
敵対心も不安も少ないことが
02:03
are lessもっと少なく hostile敵対的な, lessもっと少なく anxious不安.
わかっています
02:05
We我々 tend傾向がある to see見る commonalities共通点
50歳以上の人は
02:07
moreもっと thanより differences相違.
違いより共通点に目を向けます
02:09
Some一部 of theその studies研究 even偶数 sayいう
50歳を超えるとより幸せになるという
02:11
we're私たちは happierもっと幸せな.
調査結果さえあります
02:13
Thisこの is notない what I expected期待される, trust信頼 me.
これは予想もしていなかったことでした
02:15
I come来る fromから aa long長いです lineライン of depressives抑うつ.
私は長いこと鬱を抱えていました
02:17
Asとして I wasあった approaching接近する myじぶんの late遅く 40ss,
40代の後半を迎えた頃は
02:20
whenいつ I would〜する wake目覚め upアップ in theその morning
朝目覚めて最初に考えることは
02:22
myじぶんの first最初 six6 thoughts思考 would〜する allすべて be〜する negative.
全て悲観的なことでした
02:24
Andそして I got持っている scared怖い.
私は怯えていました
02:26
I thought思想, ohああ myじぶんの goshうんざり.
あぁ なんてことだ
02:28
I'm私は going行く to become〜になる aa crotchety股間 old古い ladyレディ.
自分は偏屈な年寄りになろうとしている
02:30
Butだけど now thatそれ I am午前 actually実際に smack-dabスマックダブ in theその middle中間 of myじぶんの own自分の third三番 act行為,
でも今 私は人生の第三幕のど真ん中にいますが
02:32
I realize実現する I've私は never決して beenされている happierもっと幸せな.
これまでになかったほど幸せです
02:36
I have持ってる suchそのような aa powerful強力な feeling感じ of well-being幸福.
大きな幸福感に満たされています
02:39
Andそして I've私は discovered発見された
私は気づきました
02:44
thatそれ whenいつ you'reあなたは inside内部 oldness古さ,
自らが老年期に差しかかると
02:46
asとして opposed反対 to looking探している at〜で itそれ fromから theその outside外側,
外から見ているのとは対照的に
02:48
fear恐れ subsides沈む.
恐れは弱まるのです
02:50
You君は realize実現する, you'reあなたは stillまだ yourselfあなた自身 ---
自分らしさはそのままですし
02:52
maybe多分 even偶数 moreもっと soそう.
一層自分らしくなるかもしれません
02:54
Picassoピカソ once一度 said前記, "Itそれ takesテイク aa long長いです time時間 to become〜になる young若い."
かつてピカソはこう言いました「若くなるには時間がかかる」
02:56
(Laughter笑い)
(笑)
03:00
I don'tしない want欲しいです to romanticizeロマンチックな agingエージング.
加齢を美化したい訳ではありません
03:02
Obviously明らかに, there'sそこに noいいえ guarantee保証
老年期が実りと成長の時期になる
03:04
thatそれ itそれ canできる be〜する aa time時間 of fruition結実 andそして growth成長.
保証などないのはもちろんです
03:06
Some一部 of itそれ is aa matter問題 of luck.
運の問題や
03:08
Some一部 of itそれ, obviously明らかに, is genetic遺伝的な.
遺伝的なことも関わってきます
03:10
One1 third三番 of itそれ, in fact事実, is genetic遺伝的な.
遺伝的な要素は3分の1を占めます
03:13
Andそして thereそこ isn'tない muchたくさん we我々 canできる do行う about thatそれ.
それに対してできることはあまりありません
03:15
Butだけど thatそれ means手段 thatそれ two-thirds3分の2
でも 老年期の幸せを決める要素の
03:18
of howどうやって wellよく we我々 do行う in theその third三番 act行為,
3分の2は
03:20
we我々 canできる do行う something何か about.
自分で何とかできることなのです
03:22
We're私たちは going行く to discuss話し合います what we我々 canできる do行う
長くなった老年期を上手に過ごし
03:25
to make作る theseこれら added追加された years really本当に successful成功した
その期間を使って変化を生み出すために
03:28
andそして useつかいます themそれら to make作る aa difference.
何ができるのかをお話ししていきましょう
03:31
Now let〜する me sayいう something何か about theその staircase階段,
まず 階段モデルについて説明します
03:34
whichどの mayかもしれない seem思われる like好きな an odd奇妙な metaphor隠喩 forために seniors先輩
年配者の方々は階段に苦労することが多いので
03:36
given与えられた theその fact事実 thatそれ manyたくさんの seniors先輩 are challenged挑戦した by〜によって stairs階段.
階段を例えに使うのは変だと思うかもしれません
03:40
(Laughter笑い)
(笑)
03:43
Myself私自身 included含まれる.
私も階段は苦手です
03:45
Asとして you君は mayかもしれない know知っている,
ご存知かもしれませんが
03:48
theその entire全体 world世界 operates動作する on aa universalユニバーサル law法律:
この世界は普遍的法則の上に成り立っています
03:50
entropyエントロピ, theその second二番 law法律 of thermodynamics熱力学.
エントロピー すなわち熱力学の第二法則です
03:53
Entropyエントロピ means手段 thatそれ everythingすべて in theその world世界, everythingすべて,
エントロピーが意味するのは 全てのものは
03:57
is in aa state状態 of decline低下 andそして decay減衰,
衰え朽ちていくということです
04:00
theその archアーチ.
先にお話ししたアーチのようなものです
04:02
There'sそこに onlyのみ one1 exception例外 to thisこの universalユニバーサル law法律,
この基本法則には一つだけ例外があります
04:04
andそして thatそれ is theその human人間 spirit精神,
人間の精神です
04:07
whichどの canできる continue持続する to evolve進化する upwards上向き ---
人間の精神は 階段を上るように
04:09
theその staircase階段 ---
上に向かって発展し
04:12
bringing持参 us米国 into wholeness全体,
全体性 信頼性 そして知性へと
04:14
authenticity信憑性 andそして wisdom知恵.
我々を導きます
04:16
Andそして here'sここにいる an example of what I mean平均.
1つの例をお話ししましょう
04:19
Thisこの upward上向き ascension上昇
この上昇は 肉体的な困難に
04:21
canできる happen起こる even偶数 in theその face of extreme極端な physical物理的 challenges挑戦.
直面した時にでさえ起きることがあります
04:23
About three years ago,
3年ほど前 私はニューヨーク・タイムズの
04:27
I read読む an article記事 in theその New新しい Yorkヨーク Times.
記事を読みました
04:29
Itそれ wasあった about aa manおとこ named名前 Neilニール Selingerセルリンガー ---
ニール・セリンガーという 57歳の
04:31
57 years old古い, aa retired引退した lawyer弁護士 ---
引退した弁護士についての記事でした
04:33
who had持っていました joined参加した theその writers作家 groupグループ at〜で Sarahサラ Lawrenceローレンス
彼はサラ・ローレンス大学の作家コースに参加し
04:36
whereどこで he found見つけた his writer's作家 voice音声.
そこで自らの作家としての内なる声に気づきました
04:39
Two years later後で,
2年後彼は筋萎縮側索硬化症にかかりました
04:42
he wasあった diagnosed診断された with〜と ALSアル, commonly一般的に known既知の asとして Louラウ Gehrig'sゲッリッジの disease疾患.
ルー・ゲーリック病として知られる
04:44
It'sそれは aa terribleひどい disease疾患. It'sそれは fatal致命的な.
命に関わる難病です
04:47
Itそれ wastes廃棄物 theその body, butだけど theその mindマインド remains残っている intact損なわれていない.
この病気は体を蝕みますが 心は侵しません
04:50
In thisこの article記事, Mr. Selingerセルリンガー wrote書きました theその following以下
記事の中で セリンガー氏は自らに起きていることを
04:54
to describe説明する what wasあった happeningハプニング to him.
このように書き記していました
04:57
Andそして I quote見積もり,
引用します
05:00
"Asとして myじぶんの muscles筋肉 weakened弱まった,
「筋肉が衰えるにつれて
05:03
myじぶんの writing書き込み becameなりました strongerより強く.
私の文章は力強さを増した
05:05
Asとして I slowlyゆっくり lost失われた myじぶんの speechスピーチ,
少しずつ会話ができなくなるにつれて
05:08
I gained得られた myじぶんの voice音声.
私は自分の声を得た
05:11
Asとして I diminished減少した, I grew成長しました.
私は衰えるにつれて成長し
05:14
Asとして I lost失われた soそう muchたくさん,
数多くのものを失う一方で
05:16
I finally最後に started開始した to find見つける myself私自身."
ついに自分自身を見つけ始めた」
05:18
Neilニール Selingerセルリンガー, to me,
私にとってニール・セリンガー氏は
05:22
is theその embodiment実施形態 of mounting取り付け theその staircase階段
人生の第三幕で階段を上ることを
05:24
in his third三番 act行為.
体現した人です
05:27
Now we're私たちは allすべて bornうまれた with〜と spirit精神, allすべて of us米国,
人は皆 生まれた時には元気いっぱいです
05:30
butだけど sometimes時々 itそれ gets取得 tamped詰まった downダウン
しかし暴力 虐待 育児放棄など
05:32
beneath下の theその challenges挑戦 of life生活,
人生の困難が立ちはだかる中
05:35
violence暴力, abuse乱用, neglect無視する.
時にそれは抑えつけられてしまいます
05:37
Perhapsおそらく our我々の parents suffered苦しんだ fromから depressionうつ病.
両親は鬱で苦しんでいたかもしれません
05:40
Perhapsおそらく they彼ら weren'tなかった ableできる to love us米国
子どものことを どれほど活躍したかという
05:42
beyond超えて howどうやって we我々 performed実行した in theその world世界.
視点でしか愛せなかったのかもしれません
05:44
Perhapsおそらく we我々 stillまだ suffer苦しむ
私たちは今でも 心の痛みや傷に
05:48
fromから aa psychic霊魂 pain痛み, aa wound創傷.
苦しんでいるかもしれません
05:50
Perhapsおそらく we我々 feel感じる thatそれ manyたくさんの of our我々の relationships関係 have持ってる notない had持っていました closure閉鎖.
そして そうした関係の多くには結末がなく
05:52
Andそして soそう we我々 canできる feel感じる unfinished未完成の.
まだ終わっていないと感じているかもしれません
05:56
Perhapsおそらく theその task仕事 of theその third三番 act行為
恐らく 人生の第三幕が果たす役割は
06:00
is to finish仕上げ upアップ theその task仕事 of finishing仕上げ ourselves自分自身.
人生の最後に向けての仕上げをすることです
06:03
Forために me, itそれ began始まった asとして I wasあった approaching接近する myじぶんの third三番 act行為,
私は60歳の誕生日を迎え 自らが人生の第三幕に
06:08
myじぶんの 60thth birthdayお誕生日.
入ろうとする頃 そう気づきました
06:12
Howどうやって wasあった I supposed想定される to liveライブ itそれ?
自分はこれからどう過ごせばよいか?
06:14
What wasあった I supposed想定される to accomplish達成する in thisこの final最後の act行為?
この人生の最終章で何を成し遂げるべきか?
06:16
Andそして I realized実現した thatそれ, in order注文 to know知っている whereどこで I wasあった going行く,
向かうべき方向を知るためには 自分がこれまで辿ってきた
06:19
I had持っていました to know知っている whereどこで I'd私は beenされている.
道筋を知らねばならないと思いました
06:23
Andそして soそう I went行った backバック
そこで私は自分の人生の
06:25
andそして I studied研究した myじぶんの first最初 two acts行為,
最初の二幕を振り返り
06:27
trying試す to see見る who I wasあった then次に,
その時自分がどういう人物だったのか
06:29
who I really本当に wasあった ---
自分は何者だったのかを知ろうとしました
06:32
notない who myじぶんの parents orまたは otherその他 people told言った me I wasあった,
両親や他の人が私のことをどう語ったり
06:34
orまたは treated治療された me like好きな I wasあった.
どう接したのかということではありません
06:37
Butだけど who wasあった I? Who wereあった myじぶんの parents ---
私とは何者だったのでしょう?
06:39
notない asとして parents, butだけど asとして people?
両親は 親でなく人間としてどんな人だったのでしょう?
06:41
Who wereあった myじぶんの grandparents祖父母?
私の祖父母はどうでしょう?
06:44
Howどうやって didした they彼ら treat治療する myじぶんの parents?
どのように両親に接したのでしょう?
06:46
Theseこれら kinds種類 of thingsもの.
そうしたことを知ろうとしたのです
06:48
I discovered発見された aa coupleカップル of years later後で
数年後に知ったのですが
06:51
thatそれ thisこの processプロセス thatそれ I had持っていました gone行った throughを通して
私が体験した過程は
06:54
is calledと呼ばれる by〜によって psychologists心理学者
心理学者たちの間では
06:57
"doingやっている aa life生活 reviewレビュー."
「回想法」と呼ばれていて
06:59
Andそして they彼ら sayいう itそれ canできる give与える new新しい significance意義
その人の人生に
07:01
andそして clarity透明度 andそして meaning意味
新たな意義や 明瞭さ 意味合いを
07:03
to aa person's life生活.
与えるとされています
07:05
You君は mayかもしれない discover発見する, asとして I didした,
やってみると気づくかもしれません
07:07
thatそれ aa lotロット of thingsもの thatそれ you君は used中古 to think思う wereあった yourきみの fault不具合,
ずっと自分のせいだと思っていたことや
07:10
aa lotロット of thingsもの you君は used中古 to think思う about yourselfあなた自身,
自分について考えていたことの多くが
07:13
really本当に had持っていました nothing何も to do行う with〜と you君は.
実は自分とは何の関係もなかったのだと
07:16
Itそれ wasn'tなかった yourきみの fault不具合; you'reあなたは justちょうど fine細かい.
自分の落ち度ではなく 何も問題はないのだと知ると
07:19
Andそして you'reあなたは ableできる to go行く backバック
人は当時に思いを巡らせ
07:22
andそして forgive許す themそれら
相手も自分も
07:24
andそして forgive許す yourselfあなた自身.
許すことができます
07:26
You'reあなたは ableできる to free無料 yourselfあなた自身
自分を過去から解放することが
07:28
fromから yourきみの past過去.
できるのです
07:31
You君は canできる work作業 to change変化する
自らの過去との関係性を変えるために
07:33
yourきみの relationship関係 to yourきみの past過去.
できることがあるのです
07:35
Now whilewhile I wasあった writing書き込み about thisこの,
このことを書き物にまとめている時
07:37
I came来た upon〜に aa book calledと呼ばれる "Man's男の Searchサーチ forために Meaning意味"
ヴィクトール・フランクルの
07:39
by〜によって Viktorヴィクトル Franklフランク.
「夜と霧」に出会いました
07:42
Viktorヴィクトル Franklフランク wasあった aa Germanドイツ人 psychiatrist精神科医
フランクルはオーストリアの精神科医で
07:44
who'd誰が spent過ごした five years in aa Naziナチ concentration濃度 campキャンプ.
5年間 ナチスの強制収容所に入れられていました
07:47
Andそして he wrote書きました thatそれ, whilewhile he wasあった in theその campキャンプ,
彼は 収容所にいた時
07:50
he couldできた telltell, should〜すべき they彼ら everこれまで be〜する released解放された,
もし解放されたとして
07:53
whichどの of theその people would〜する be〜する okayはい
問題なく社会復帰できる人と
07:57
andそして whichどの would〜する notない.
そうでない人を見分けられたと言います
07:59
Andそして he wrote書きました thisこの:
そしてこう記しています
08:01
"Everythingすべて you君は have持ってる in life生活 canできる be〜する taken撮影 fromから you君は
「人生で得たものは全て奪い去られかねないが
08:06
exceptを除いて one1 thingもの,
一つだけ例外がある
08:09
yourきみの freedom自由 to choose選択する
それは 与えられた状況に
08:11
howどうやって you君は will意志 respond応答する
どのようにふるまうかという
08:13
to theその situation状況.
選択の自由だ
08:15
Thisこの is what determines決定する
それが私たちの人生の
08:17
theその quality品質 of theその life生活 we've私たちは lived住んでいました ---
質を決めるのだ
08:19
notない whetherかどうか we've私たちは beenされている richリッチ orまたは poor貧しい,
人生の質は 金持ちか貧乏か
08:21
famous有名な orまたは unknown未知の,
有名か無名か 健康か病気かによって
08:23
healthy健康 orまたは suffering苦しみ.
決まるものではない
08:25
What determines決定する our我々の quality品質 of life生活
人生の質を決めるのは
08:27
is howどうやって we我々 relate関連する to theseこれら realities現実,
そうした現実をいかに関連づけ
08:30
what kind種類 of meaning意味 we我々 assign割り当てます themそれら,
そこにどんな意味を与え
08:33
what kind種類 of attitude姿勢 we我々 clingしがみつく to about themそれら,
いかなる態度で臨み
08:35
what state状態 of mindマインド we我々 allow許す themそれら to trigger引き金."
どのような思いを引き出すのかということだ」
08:38
Perhapsおそらく theその central中央 purpose目的 of theその third三番 act行為
人生の第三幕の核となる目的は
08:42
is to go行く backバック andそして to tryお試しください, ifif appropriate適切な,
必要に応じて
08:45
to change変化する our我々の relationship関係
過去との関係性を
08:49
to theその past過去.
変えることなのだと思います
08:51
Itそれ turnsターン outでる thatそれ cognitive認知 research研究 showsショー
認知研究によると
08:53
whenいつ we我々 are ableできる to do行う thisこの,
過去との関係性を変えることができると
08:56
itそれ manifests目録 neurologically神経学的に ---
神経学的にも変化が現れ
08:58
neuralニューラル pathways経路 are created作成した in theその brain.
脳内に神経経路が作られるのだそうです
09:01
You君は see見る, ifif you君は have持ってる, over以上 time時間,
もし長年に渡って
09:04
reacted反応した negatively否定的に to past過去 eventsイベント andそして people,
過去の出来事や人に否定的な対応をしていると
09:06
neuralニューラル pathways経路 are laid敷かれた downダウン
脳からの化学的・電気的な信号により
09:09
by〜によって chemical化学 andそして electrical電気 signalsシグナル thatそれ are sent送られた throughを通して theその brain.
否定的な考えの神経経路が形成されます
09:12
Andそして over以上 time時間, theseこれら neuralニューラル pathways経路 become〜になる hardwiredハードワイヤード,
その神経回路は 時間の経過とともに硬くなり
09:15
they彼ら become〜になる theその norm規範 ---
それが常態になります
09:18
even偶数 ifif it'sそれは bad悪い forために us米国
でもこれは望ましいことではありません
09:20
becauseなぜなら itそれ causes原因 us米国 stress応力 andそして anxiety不安.
ストレスや不安の原因になります
09:22
Ifif howeverしかしながら,
でも もし私たちが
09:25
we我々 canできる go行く backバック andそして alter変更する our我々の relationship関係,
昔に戻って 過去の人や出来事との
09:27
re-visionリビジョン our我々の relationship関係
関係性を変え
09:31
to past過去 people andそして eventsイベント,
それを再構築することができれば
09:33
neuralニューラル pathways経路 canできる change変化する.
神経経路も変わります
09:35
Andそして ifif we我々 canできる maintain維持する
過去に対してより肯定的な感覚を
09:37
theその moreもっと positiveポジティブ feelings感情 about theその past過去,
保つことができれば
09:39
thatそれ becomes〜になる theその new新しい norm規範.
それが新しい常態になります
09:42
It'sそれは like好きな resettingリセットする aa thermostatサーモスタット.
温度調節器をリセットするようなものです
09:44
It'sそれは notない having持つ experiences経験
私たちを賢くするような
09:47
thatそれ make作る us米国 wise賢い,
経験を新たにするということではありません
09:50
it'sそれは reflecting反射する on theその experiences経験 thatそれ we've私たちは had持っていました
これまでにあった 自分を賢くする体験に
09:53
thatそれ makes作る us米国 wise賢い ---
しっかり向き合うことで
09:57
andそして thatそれ helps助けて us米国 become〜になる whole全体,
全体性を高め
09:59
bringsもたらす wisdom知恵 andそして authenticity信憑性.
知性と信頼性を得る助けとするのです
10:01
Itそれ helps助けて us米国 become〜になる what we我々 mightかもしれない have持ってる beenされている.
それは自らの可能性を発揮させる一助となります
10:03
Women女性 start開始 offオフ whole全体, don'tしない we我々?
女性は思春期までは全き存在です
10:07
I mean平均, asとして girls女の子, we我々 start開始 offオフ feisty熱い --- "Yeahええ, who says言う?"
少女の頃は元気が良いものです - 「へえ 誰が言ったのよ?」
10:09
We我々 have持ってる agency代理店.
実行力があり
10:12
We我々 are theその subjects科目 of our我々の own自分の lives人生.
自らの人生の主人公です
10:14
Butだけど very非常に oftenしばしば,
でも 多くの場合
10:16
manyたくさんの, ifif notない most最も of us米国, whenいつ we我々 hitヒット puberty思春期,
思春期を迎えると
10:18
we我々 start開始 worrying心配する about fittingフィッティング in andそして beingであること popular人気.
周りに合わせて上手くやろうと心配し始めます
10:21
Andそして we我々 become〜になる theその subjects科目 andそして objectsオブジェクト of otherその他 people's人々の lives人生.
他人の人生の主役や脇役になるのです
10:24
Butだけど now, in our我々の third三番 acts行為,
でも今 人生の第三幕を迎えると
10:28
itそれ mayかもしれない be〜する possible可能
自分の出発点にぐるりと戻って
10:31
forために us米国 to circleサークル backバック to whereどこで we我々 started開始した
生きるべきは自分の人生なのだと
10:33
andそして know知っている itそれ forために theその first最初 time時間.
初めて気づくことができるかもしれません
10:36
Andそして ifif we我々 canできる do行う thatそれ,
もしそうすることができれば
10:38
itそれ will意志 notない justちょうど be〜する forために ourselves自分自身.
それは自分以外の人のためにもなります
10:41
Olderより古い women女性
年配の女性は
10:44
are theその largest最大 demographic人口統計学 in theその world世界.
世界で最大の人口集団です
10:46
Ifif we我々 canできる go行く backバック andそして redefine再定義する ourselves自分自身
私たちが過去に戻り 自らを再定義して
10:48
andそして become〜になる whole全体,
全き人間になることができれば
10:51
thisこの will意志 create作成する aa cultural文化的 shiftシフト in theその world世界,
世界の文化が変わることになりますし
10:53
andそして itそれ will意志 give与える an example to younger若い generations世代
若い人たちが生き方を見直すための
10:58
soそう thatそれ they彼ら canできる reconceive会話する their彼らの own自分の lifespan寿命.
モデルを提示することにもなります
11:01
Thank感謝 you君は very非常に muchたくさん.
どうもありがとうございました
11:04
(Applause拍手)
(拍手)
11:06
Translated by Wataru Narita
Reviewed by HIROKO ITO

▲Back to top

About the speaker:

Jane Fonda - Actor and activist
Jane Fonda has had three extraordinary careers (so far): Oscar-winning actor, fitness guru, impassioned activist.

Why you should listen

Jane Fonda is an actor, author, producer and activist supporting environmental issues, peace and female empowerment. She founded the Georgia Campaign for Adolescent Pregnancy Prevention, and established the Jane Fonda Center for Adolescent Reproductive Health at  Emory. She cofounded the Women’s Media Center, and sits on the board of V-Day, a global effort to stop violence against women and girls.

Fonda's remarkable screen and stage career includes two Best Actress Oscars, an Emmy, a Tony Award nomination and an Honorary Palme d’Or from the Cannes Film Festival. Offstage, she revolutionized the fitness industry in the 1980s with Jane Fonda’s Workout — the all-time top-grossing home video. She has written a best-selling memoir, My Life So Far, and Prime Time, a comprehensive guide to living life to the fullest.

More profile about the speaker
Jane Fonda | Speaker | TED.com