English-Video.net comment policy

The comment field is common to all languages

Let's write in your language and use "Google Translate" together

Please refer to informative community guidelines on TED.com

TED2009

Philip Zimbardo: The psychology of time

フィリップ・ジンバルド:「時間と健全に向き合う処方箋」

Filmed
Views 1,600,163

心理学者フィリップ・ジンバルドは幸福と成功は我々が一番無視しがちな特質にある、といいます:それは我々が過去・現在・未来に向き合う方法です。彼は、時間に関する観点を修正することが、人生をより良くする最初のステップだと言います。

- Psychologist
Philip Zimbardo was the leader of the notorious 1971 Stanford Prison Experiment -- and an expert witness at Abu Ghraib. His book The Lucifer Effect explores the nature of evil; now, in his new work, he studies the nature of heroism. Full bio

I want欲しいです to shareシェア with〜と you君は
これから皆さんと
00:18
some一部 ideasアイデア about theその secret秘密 powerパワー of time時間,
とても短い時間で、時間の秘密を
00:20
in aa very非常に shortショート time時間.
分かち合いたいと思います
00:22
Videoビデオ: Allすべて right, start開始 theその clockクロック pleaseお願いします. 30 seconds studioスタジオ.
ビデオ:オーケー、時計スタート 本番30秒前
00:25
Keepキープ itそれ quiet静か pleaseお願いします. Settle解決する downダウン.
お静かに じっとして
00:28
It'sそれは about time時間. End終わり sequenceシーケンス. Take取る one1.
「そろそろだ」 最終シーン テイク1
00:33
15 seconds studioスタジオ.
15秒前
00:39
10, nine9人, eight8, sevenセブン,
10, 9, 8, 7
00:42
six6, five, four4つの, three, two ...
6,5,4,3,2...
00:45
Philipフィリップ Zimbardoジンバード: Let'sさあ tune into theその conversation会話
フィリップ・ジンバルド:アダムの誘惑の原理に関する
00:52
of theその principalsプリンシパル in Adam'sアダムズ temptation誘惑.
会話を聴いてみましょう
00:54
"Come来る on Adamアダム, don'tしない be〜する soそう wishy-washyウィーディー・ワッシュ. Take取る aa bite一口." "I didした."
イヴ:なにやってんの、アダム ぐだぐだしないの 一口よ 私は食べたわ
00:58
"One1 bite一口, Adamアダム. Don'tしない abandon放棄する Eveイブ."
蛇:食べちまいなよ、アダム イヴを見捨てるのか?
01:02
"I don'tしない know知っている, guysみんな.
アダム:わからないよ
01:05
I don'tしない want欲しいです to get取得する in troubleトラブル."
トラブルはいやだ
01:08
"Okayはい. One1 bite一口. What theその hell地獄?"
イヴ:ねえ 一口なのよ どうしたっていうの?
01:10
(Laughter笑い)
(笑)
01:15
Life生活 is temptation誘惑. It'sそれは allすべて about yielding収穫, resisting抵抗する,
人生は誘惑です 誘惑に負けるか、抵抗するか
01:17
yesはい, noいいえ, now, later後で, impulsive衝動的な, reflective反射的な,
イエス、ノー、今すぐ、後で、衝動的、思索的、
01:20
presentプレゼント focusフォーカス andそして future未来 focusフォーカス.
現在志向か、未来志向か
01:23
Promised約束された virtues美徳 fall prey獲物 to theその passions情熱 of theその moment瞬間.
約束の美徳が、束の間の情熱に打ち負かされる
01:26
Of teenage十代 girls女の子 who pledged約束 sexual性的 abstinence禁欲 andそして virginity処女 until〜まで marriage結婚 ---
結婚までは純潔を守ると誓ったティーンエイジャーたちが
01:28
thank感謝 you君は Georgeジョージ Bushブッシュ ---
ありがとう、ジョージ・ブッシュ
01:31
theその majority多数, 60 percentパーセント, yielded降伏 to sexual性的 temptations誘惑 within以内 one1 year.
その大半、60%が一年以内に性の誘惑に身を任せる
01:33
Andそして most最も of themそれら didした soそう withoutなし usingを使用して birth誕生 controlコントロール.
ほとんどは産児制限の手段をとらずに
01:37
Soそう muchたくさん forために promises約束.
約束よさようなら
01:40
Now lets〜する tempt誘惑する four-year-olds4歳, giving与える themそれら aa treat治療する.
さて、4歳児を誘惑してみます ごちそうで
01:42
They彼ら canできる have持ってる one1 marshmallowマシュマロ now. Butだけど ifif they彼ら wait待つ
彼らは、今マシュマロを一つもらえる でも
01:46
until〜まで theその experimenter実験者 comes来る backバック, they彼ら canできる have持ってる two.
もし実験者が戻ってくるまで待てば、二つもらえる
01:48
Of courseコース itそれ pays払う, ifif you君は like好きな marshmallowsマシュマロ, to wait待つ.
もちろんマシュマロが好きなら、待つ甲斐がある
01:50
What happens起こる is two-thirds3分の2 of theその kids子供たち give与える in to temptation誘惑.
実際は、子どものうち3分の2は誘惑に負けるのです
01:53
They彼ら cannotできない wait待つ. Theその othersその他, of courseコース, wait待つ.
彼らは待てないのです その他の子は、もちろん待てます
01:56
They彼ら resistレジスト theその temptation誘惑. They彼ら delayディレイ theその now forために later後で.
誘惑に勝てる子がいる 彼らは「後々」のために「今」を遅らせます
01:59
Walterウォルター Mischelミッシェル, myじぶんの colleague同僚 at〜で Stanfordスタンフォード,
私のスタンフォードの同僚、ウォルター・ミシェルは
02:03
went行った backバック 14 years later後で,
14年後に戻って来て
02:05
to tryお試しください to discover発見する what wasあった different異なる about thoseそれら kids子供たち.
この子供たちがどう違うかを見つけようとしました
02:07
Thereそこ wereあった enormous巨大な differences相違 betweenの間に kids子供たち who resisted抵抗した
誘惑に勝った子どもと負けた子どもの間には、多くの点で
02:10
andそして kids子供たち who yielded降伏, in manyたくさんの ways方法.
ものすごく大きな差がありました
02:12
Theその kids子供たち who resisted抵抗した scored得点する 250 pointsポイント higher高い on theその SAT座っている.
打ち勝った子供たちは大学進学適性試験で250点も得点が高く
02:14
That'sそれは enormous巨大な. That'sそれは like好きな aa whole全体 setセット of different異なる IQiq pointsポイント.
これは莫大です IQの段階が違うくらいです
02:18
They彼ら didn'tしなかった get取得する in asとして muchたくさん troubleトラブル. They彼ら wereあった betterより良い students学生の.
余りトラブルにかかわり合わない より良い学生です
02:22
They彼ら wereあった self-confident自信を持って andそして determined決定. Andそして theその keyキー forために me today今日,
彼らには自信と決意があります 今日の私のポイント、
02:25
theその keyキー forために you君は,
あなたへのポイントは
02:27
is, they彼ら wereあった future-focused未来重視 ratherむしろ thanより present-focused現在の焦点.
彼らは「現在志向」でなく「未来志向」だという事です
02:29
Soそう what is time時間 perspective視点? That'sそれは what I'm私は going行く to talkトーク about today今日.
「時間的展望」とはなにか? 今日お話しすることはそれです
02:32
Time時間 perspective視点 is theその study調査 of howどうやって individuals個人,
「時間的展望」とは、我々個人が、
02:35
allすべて of us米国, divide分ける theその flowフロー of yourきみの human人間 experience経験
経験の流れをどうやって切り分けて、どの
02:38
into time時間 zonesゾーン orまたは time時間 categoriesカテゴリ.
時間の枠に入れるかを研究することです
02:41
Andそして you君は do行う itそれ automatically自動的に andそして non-consciously無意識のうちに.
それは自動的、無意識的に行われます
02:43
They彼ら vary変化する betweenの間に cultures文化, betweenの間に nations,
それは文化や、国民性や、
02:45
betweenの間に individuals個人, betweenの間に socialソーシャル classesクラス,
個人差や、社会階層の差や、
02:47
betweenの間に education教育 levelsレベル.
教育レベルの差によって違いがあります
02:49
Andそして theその problem問題 is thatそれ they彼ら canできる become〜になる biased偏った,
問題は、それが偏向性をもたらすということです
02:51
becauseなぜなら you君は learn学ぶ to over-use過剰使用 some一部 of themそれら andそして under-use不使用 theその othersその他.
あるものは使い過ぎたり、他のものは使わな過ぎたりするからです
02:53
What determines決定する anyどれか decision決定 you君は make作る?
あなたの決断を決定するのは何か?
02:57
You君は make作る aa decision決定 on whichどの you'reあなたは going行く to baseベース an actionアクション.
あなたは決断し、それを元に行動します
02:59
Forために some一部 people it'sそれは onlyのみ about what is in theその immediate即時 situation状況,
ある人たちには、今この瞬間、他人が何をしているか、
03:02
what otherその他 people are doingやっている andそして what you'reあなたは feeling感じ.
あなたがどう感じているかが重要です
03:05
Andそして thoseそれら people, whenいつ they彼ら make作る their彼らの decisions決定 in thatそれ formatフォーマット ---
このような方式で決断する人たちを
03:08
we're私たちは going行く to callコール themそれら "present-oriented現在の指向の,"
「現在志向」と呼びましょう
03:11
becauseなぜなら their彼らの focusフォーカス is what is now.
彼らは「今」に集中しているのです
03:13
Forために othersその他, theその presentプレゼント is irrelevant無関係.
他の人たちにとっては、現在は関係ありません
03:15
It'sそれは always常に about "What is thisこの situation状況 like好きな thatそれ I've私は experienced経験豊富な in theその past過去?"
常に「昔こういうことを経験した時は、どんな状態だったか?」が重要です
03:17
Soそう thatそれ their彼らの decisions決定 are basedベース on past過去 memories思い出.
彼らの決定は過去の記憶に基づいています
03:20
Andそして we're私たちは going行く to callコール thoseそれら people "past-oriented過去指向の," becauseなぜなら they彼ら focusフォーカス on what wasあった.
この人たちは過去に集中しているので「過去志向」と呼びましょう
03:23
Forために othersその他 it'sそれは notない theその past過去, it'sそれは notない theその presentプレゼント,
また別の人たちには、現在でも、過去でもなく
03:27
it'sそれは onlyのみ about theその future未来.
未来が重要です
03:29
Their彼らの focusフォーカス is always常に about anticipated予想される consequences結果.
彼らは「予想される結果」に集中しています
03:31
Cost-benefitコスト便益 analysis分析.
費用対効果分析です
03:33
We're私たちは going行く to callコール themそれら "future-oriented未来志向の." Their彼らの focusフォーカス is on what will意志 be〜する.
彼らを「未来志向」と呼びましょう 彼らは将来に集中しています
03:36
Soそう, time時間 paradox逆説, I want欲しいです to argue主張する,
それで「タイムパラドックス」についてですが
03:39
theその paradox逆説 of time時間 perspective視点,
時間的展望のパラドックスは
03:41
is something何か thatそれ influences影響 everyすべて decision決定 you君は make作る,
我々全ての決断に影響します
03:43
you'reあなたは totally完全に unaware認識しない of.
それも全く無意識にです
03:46
Namelyすなわち, theその extentエクステント to whichどの you君は have持ってる one1 of theseこれら
つまりあなたがこれらの時間的展望のどれに
03:48
biased偏った time時間 perspectives視点.
偏向しているかによるのです
03:50
Wellよく thereそこ is actually実際に six6 of themそれら. Thereそこ are two ways方法 to be〜する present-oriented現在の指向の.
実際は6つになります 現在志向に二つ
03:52
Thereそこ is two ways方法 to be〜する past-oriented過去指向の, two ways方法 to be〜する future未来.
過去志向にも二つ、未来志向にも二つです
03:55
You君は canできる focusフォーカス on past-positive過去の陽性, orまたは past-negative過去のネガティブ.
過去のポジティブ、あるいはネガティブに集中できます
03:57
You君は canできる be〜する present-hedonistic現代快楽主義的,
現在―快楽型にもなれます
04:01
namelyすなわち you君は focusフォーカス on theその joys喜び of life生活, orまたは present-fatalist現在の死者 ---
人生の喜びに集中するのです あるいは現在―運命論にも
04:03
itそれ doesn'tしない matter問題, yourきみの life生活 is controlled制御された.
どちらの場合も 人生はコントロールできています
04:06
You君は canできる be〜する future-oriented未来志向の, setting設定 goalsゴール.
未来志向にもなれます 目標を設定したり、
04:08
Orまたは you君は canできる be〜する transcendental超越的 future未来:
あるいは常識を超えた未来:つまり
04:10
namelyすなわち, life生活 begins始まる after death.
死後に始まる世界を考えたり
04:12
Developing現像 theその mental精神的な flexibility柔軟性 to shiftシフト time時間 perspectives視点 fluidly流動的に
状況に応じて 時間的展望を自由にずらしていく
04:15
depending依存する on theその demands要求 of theその situation状況,
精神の柔軟さを習得すること
04:17
that'sそれは what you'veあなたは got持っている to learn学ぶ to do行う.
それを学習しなくてはなりません
04:20
Soそう, very非常に quickly早く, what is theその optimal最適な time時間 profileプロフィール?
それで、ちょうどいい時間的展望の全体像はどんなものか?
04:22
High高い on past-positive過去の陽性. Moderately適度に high高い on future未来.
過去-ポジティブが高く、未来にはやや高め
04:25
Andそして moderate中程度の on present-hedonism現在の快楽主義.
現在-快楽には中程度
04:27
Andそして always常に low低い on past-negative過去のネガティブ
そして過去-ネガティブと
04:29
andそして present-fatalism現在の致命傷.
現在-運命論はは常に低いのがよい
04:32
Soそう theその optimal最適な temporal時間的 mixミックス is what you君は get取得する fromから theその past過去 ---
したがって、至適な時制のミックスでは、過去からは
04:34
past-positive過去の陽性 gives与える you君は rootsルーツ. You君は connect接続する yourきみの family家族, identity身元 andそして yourきみの self自己.
過去-ポジティブでルーツを得る 家族、アイデンティティ、自分自身とつながる
04:37
What you君は get取得する fromから theその future未来 is wings
未来から得るのは「翼」
04:41
to soar飛躍 to new新しい destinations行き先, new新しい challenges挑戦.
新しい目的地、新しいチャレンジへ飛び立つための
04:43
What you君は get取得する fromから theその presentプレゼント hedonism快楽主義
現在-快楽から得られるのは
04:45
is theその energyエネルギー, theその energyエネルギー to explore探検する yourselfあなた自身,
自分自身や、場所や、人々や、官能を
04:47
places場所, people, sensuality官能.
探索するエネルギー
04:50
Anyどれか time時間 perspective視点 in excess過剰 has持っている moreもっと negativesネガ thanより positivesポジティブ.
時間的展望のいかなる行き過ぎも、悪い方向に働きます
04:54
What do行う futures先物 sacrifice犠牲 forために success成功?
未来が、成功のために何を犠牲にするか?
04:58
They彼ら sacrifice犠牲 family家族 time時間. They彼ら sacrifice犠牲 friend友人 time時間.
犠牲になるのは家族との時間、友人との時間、
05:01
They彼ら sacrifice犠牲 fun楽しい time時間. They彼ら sacrifice犠牲 personal個人的 indulgence耽溺.
楽しみのための時間、自分の道楽、
05:03
They彼ら sacrifice犠牲 hobbies趣味. Andそして they彼ら sacrifice犠牲 sleep睡眠. Soそう itそれ affects影響を与える their彼らの health健康.
趣味が犠牲に、睡眠が犠牲になり、健康に影響する
05:07
Andそして they彼ら liveライブ forために work作業, achievement成果 andそして controlコントロール.
そして仕事と、達成と、支配のために生きる
05:12
I'm私は sure確かに thatそれ resonates共鳴する with〜と some一部 of theその TEDstersテダー.
そういわれて心に響くTEDsterもいるでしょう
05:15
(Laughter笑い)
(笑)
05:18
Andそして itそれ resonated共鳴した forために me. I grew成長しました upアップ asとして aa poor貧しい kidキッド in theその South Bronxブロンクス ghettoゲットー,
私の心にも響きます 私はサウスブロンクスのスラム街の
05:20
aa Sicilianシチリア人 family家族 --- everyoneみんな lived住んでいました in theその past過去 andそして presentプレゼント.
シチリア人家族で育ちました 誰もが過去と現在に生きている
05:23
I'm私は hereここに asとして aa future-oriented未来志向の person
私は今や未来志向の人間ですが
05:26
who went行った over以上 theその top, who didした allすべて theseこれら sacrifices犠牲
トップに上り詰めるのに全てを犠牲にしました
05:28
becauseなぜなら teachers教師 intervened介入した, andそして made me future未来 oriented指向.
先生が介入して、私を未来志向にしたのです
05:30
Told言った me don'tしない eat食べる thatそれ marshmallowマシュマロ,
「そのマシュマロを食べるな
05:34
becauseなぜなら ifif you君は wait待つ you'reあなたは going行く to get取得する two of themそれら,
今我慢すれば、あとで二つもらえるから」と
05:36
until〜まで I learned学んだ to balanceバランス outでる.
私がバランスを身につけられるまで
05:38
I've私は added追加された present-hedonism現在の快楽主義, I've私は added追加された aa focusフォーカス on theその past-positive過去の陽性,
私は現在-快楽を加え、過去-ポジティブを加えました
05:41
soそう, at〜で 76 years old古い, I am午前 moreもっと energeticエネルギッシュな thanより everこれまで, moreもっと productive生産的な,
そして76歳の今、私は未だかつてなくエネルギッシュで、生産的です
05:46
andそして I'm私は happierもっと幸せな thanより I have持ってる everこれまで beenされている.
今までより以上に幸せです
05:49
I justちょうど want欲しいです to sayいう thatそれ we我々 are applying申請中 thisこの to manyたくさんの world世界 problems問題:
私は、このことを世界のいろいろな問題に当てはめたいと言いたいのです
05:52
changing変化 theその drop-out脱落 rates料金 of school学校 kids子供たち,
学校をドロップアウトする生徒の率を減らし、
05:54
combating戦う addictions中毒, enhancing強化する teen十代 health健康,
薬物依存と闘い、十代の健康を増進し、
05:56
curing硬化する vets'vets ' PTSDptsd with〜と time時間 metaphors隠喩 --- getting取得 miracle奇跡 cures治癒 ---
時間の暗喩で退役軍人のPTSDを治療し、―奇跡的に回復します―
05:59
promoting促進する sustainability持続可能性 andそして conservation保全,
持続可能性と自然保護を促進し、
06:02
reducing還元する physical物理的 rehabilitationリハビリ whereどこで thereそこ is aa 50-percent-パーセント dropドロップ outでる rateレート,
身体リハビリテーションの50%の脱落率を減らし、
06:04
altering改変する appeals上訴 to suicidal自殺 terroristsテロリスト,
自殺テロ集団に対しもっと現在に目を向けさせたり
06:08
andそして modifying変更する family家族 conflicts紛争 asとして time-zoneタイムゾーン clashes衝突.
時間的展望の衝突で起きる家族の争いを変えたいのです
06:10
Soそう I want欲しいです to end終わり by〜によって saying言って:
そこで終りにこう言いたい
06:14
manyたくさんの of life's人生 puzzlesパズル canできる be〜する solved解決した
人生の多くのパズルは、自分や他人の時間的展望を
06:16
by〜によって understanding理解 yourきみの time時間 perspective視点 andそして thatそれ of othersその他.
理解することで解決できます
06:19
Andそして theその ideaアイディア is soそう simple単純, soそう obvious明らか,
この考えはとてもシンプルで、明らかですが
06:22
butだけど I think思う theその consequences結果 are really本当に profound深遠な.
その結果はものすごく深いのです
06:24
Thank感謝 you君は soそう muchたくさん.
どうもありがとう
06:26
(Applause拍手)
(拍手)
06:28
Translated by Masahiro Kyushima
Reviewed by Masaaki Ueno

▲Back to top

About the speaker:

Philip Zimbardo - Psychologist
Philip Zimbardo was the leader of the notorious 1971 Stanford Prison Experiment -- and an expert witness at Abu Ghraib. His book The Lucifer Effect explores the nature of evil; now, in his new work, he studies the nature of heroism.

Why you should listen

Philip Zimbardo knows what evil looks like. After serving as an expert witness during the Abu Ghraib trials, he wrote The Lucifer Effect: Understanding How Good People Turn Evil. From Nazi comic books to the tactics of used-car salesmen, he explores a wealth of sources in trying to explain the psychology of evil.

A past president of the American Psychological Association and a professor emeritus at Stanford, Zimbardo retired in 2008 from lecturing, after 50 years of teaching his legendary introductory course in psychology. In addition to his work on evil and heroism, Zimbardo recently published The Time Paradox, exploring different cultural and personal perspectives on time.

Still well-known for his controversial Stanford Prison Experiment, Zimbardo in his new research looks at the psychology of heroism. He asks, "What pushes some people to become perpetrators of evil, while others act heroically on behalf of those in need?"

More profile about the speaker
Philip Zimbardo | Speaker | TED.com