English-Video.net comment policy

The comment field is common to all languages

Let's write in your language and use "Google Translate" together

Please refer to informative community guidelines on TED.com

TED Studio

Chris Anderson: TED's secret to great public speaking

クリス・アンダーソン: TEDが素晴らしいスピーチを生む秘密

Filmed
Views 3,210,215

素晴らしいスピーチを作るためのレシピはありませんが、最高のTEDトークが共通して持つ秘密の要素ならあります。TEDの管理人であるクリス・アンダーソンがその秘密を明かし、それを実現するための4つのポイントをお教えします。広める価値あるアイデアを伝えるのに必要なものは、お持ちですか?

- TED Curator
After a long career in journalism and publishing, Chris Anderson became the curator of the TED Conference in 2002 and has developed it as a platform for identifying and disseminating ideas worth spreading. Full bio

Some一部 people think思う thatそれ there'sそこに
aa TEDテッド Talkトーク formula:
TEDプレゼン必勝法みたいなものが
あると思っている人がいます
00:12
"Give与える aa talkトーク on aa round円形, red rugラグ."
「丸い赤絨毯の上で話す」
00:15
"Shareシェア aa childhood子供時代 storyストーリー."
「子供時代の逸話を語る」
00:17
"Divulgeたぶん aa personal個人的 secret秘密."
「個人的な秘密を打ち明ける」
00:18
"End終わり with〜と an inspiring感動的な callコール to actionアクション."
「奮い立たせられるような
行動喚起で締めくくる」
00:20
Noいいえ.
いいえ
00:23
That'sそれは notない howどうやって to think思う of aa TEDテッド Talkトーク.
それはTEDトークの
考え方ではありません
00:24
In fact事実, ifif you君は overuse過度に使用する thoseそれら devicesデバイス,
そういった小道具を使いすぎると
00:26
you'reあなたは justちょうど going行く to come来る across横断する
asとして clichクリチédd orまたは emotionally感情的に manipulative操作的な.
ありきたりとか感情操作的と
取られるのがオチです
00:28
Butだけど thereそこ is one1 thingもの thatそれ allすべて
greatすばらしいです TEDテッド Talks交渉 have持ってる in common一般,
でも すべての優れたTEDトークに
共通するものが1つあります
00:32
andそして I would〜する like好きな to shareシェア
thatそれ thingもの with〜と you君は,
それが何かお教えしましょう
00:36
becauseなぜなら over以上 theその past過去 12 years,
I've私は had持っていました aa ringsideリングサイド seatシート,
それと言うのも
私はこれまで12年以上の間
00:39
listening聞いている to manyたくさんの hundreds数百
of amazing素晴らしい TEDテッド speakersスピーカー, like好きな theseこれら.
何百人もの素晴らしいTED講演者たちの話を
最前列で聞いてきたからです
00:42
I've私は helped助けた themそれら prepare準備する
their彼らの talks交渉 forために primeプライム time時間,
彼らが本番に向け
準備するのを手伝いながら
00:46
andそして learned学んだ directly直接 fromから themそれら
優れたTEDトークを生む秘訣を
00:49
their彼らの secrets秘密 of what
makes作る forために aa greatすばらしいです talkトーク.
彼らから直接学びました
00:50
Andそして even偶数 thoughしかし theseこれら speakersスピーカー
andそして their彼らの topicsトピック allすべて seem思われる
それぞれの人や
その話す内容は
00:53
completely完全に different異なる,
まったく違って見えても
00:56
they彼ら actually実際に do行う have持ってる
one1 keyキー common一般 ingredient成分.
実はひとつの共通する
重要な要素があります
00:57
Andそして it'sそれは thisこの:
それは何か?
01:01
Yourきみの number one1 task仕事 asとして aa speakerスピーカー
講演者のすべきことは
何よりも
01:03
is to transfer転送 into yourきみの listeners'リスナーたちは、 minds
an extraordinary特別な gift贈り物 ---
聴衆の頭の中へ特別な贈り物 —
01:05
aa strange奇妙な andそして beautiful綺麗な objectオブジェクト
thatそれ we我々 callコール an ideaアイディア.
奇妙だけど美しい「アイデア」という
贈り物を届けることなんです
01:10
Let〜する me showショー you君は what I mean平均.
どういうことか
説明しましょう
01:16
Here'sここにいる Haleyヘイリー.
この人はヘイリーです
01:17
She彼女 is about to give与える aa TEDテッド Talkトーク
これからTEDトークを
するところですが
01:18
andそして frankly率直に, she's彼女は terrified恐ろしい.
率直に言って
怯えきっています
01:20
(Videoビデオ) Presenterプレゼンター: Haleyヘイリー Vanバン Dyckダイク!
(司会) ヘイリー・ヴァンダイクです!
01:22
(Applause拍手)
(拍手)
01:24
Over以上 theその courseコース of 18 minutes,
この18分間の中で
01:30
1,200 people, manyたくさんの of whom
have持ってる never決して seen見た each otherその他 before,
1,200人の 多くは互いに
会ったこともない人たちが
01:32
are finding所見 thatそれ their彼らの brains頭脳
are starting起動 to sync同期 with〜と Haley'sヘイリーズ brain
自分の脳とヘイリーの脳が
シンクロし始め
01:36
andそして with〜と each otherその他.
聴衆同士もシンクロしていくのを
感じます
01:40
They're彼らは literally文字通り beginning始まり to exhibit示す
theその same同じ brain-wave脳波 patternsパターン.
彼らの脳波が文字通り
同じ波形を示し始めるんです
01:41
Andそして I don'tしない justちょうど mean平均
they're彼らは feeling感じ theその same同じ emotions感情.
同じ気持ちに
なるだけでなく
01:45
There'sそこに something何か even偶数 moreもっと
startling驚くべき happeningハプニング.
さらに驚くようなことが
起き始めます
01:48
Let'sさあ take取る aa look見える inside内部
Haley'sヘイリーズ brain forために aa moment瞬間.
ヘイリーの脳の中を
ちょっと覗いてみましょう
01:50
Thereそこ are billions何十億 of interconnected相互に接続された
neuronsニューロン in an impossible不可能 tangleもつれ.
途方もなく絡み合った
何十億というニューロンがあります
01:54
Butだけど look見える hereここに, right hereここに ---
でも ほらここに
01:58
aa few少数 million百万 of themそれら
are linkedリンクされた to each otherその他
互いに繋がり合った
数百万のニューロンが
02:00
in aa way方法 whichどの representsは表す aa singleシングル ideaアイディア.
1つのアイデアを
表しています
02:03
Andそして incredibly信じられないほど, thisこの exact正確 patternパターン
is beingであること recreated再作成 in realリアル time時間
そして すごいことに
それとちょうど同じパターンが
02:06
inside内部 theその minds of everyoneみんな listening聞いている.
聞いている1人ひとりの頭の中に
リアルタイムで再構成されていきます
02:10
That'sそれは right; in justちょうど aa few少数 minutes,
そうです ほんの数分の間に
02:13
aa patternパターン involving関与する millions何百万 of neuronsニューロン
何百万というニューロンが
かかわるパターンが
02:15
is beingであること teleportedテレポートされた into 1,200 minds,
1,200人の頭の中へ
テレポートするんです
02:18
justちょうど by〜によって people listening聞いている to aa voice音声
andそして watching見ている aa face.
ただ声に耳を傾け
顔を見ているだけで
02:21
Butだけど wait待つ --- what is an ideaアイディア anywayとにかく?
アイデアとは
そもそも何なのか?
02:24
Wellよく, you君は canできる think思う of itそれ
asとして aa patternパターン of information情報
それは世界を理解し
舵取りしていく上で役立つ
02:27
thatそれ helps助けて you君は understandわかる
andそして navigateナビゲートする theその world世界.
情報のパターンだと
考えるといいでしょう
02:31
Ideasアイデア come来る in allすべて shapes andそして sizesサイズ,
アイデアには様々な形や
大きさがあり
02:34
fromから theその complex複合体 andそして analytical分析的な
複雑なもの 分析的なものから
02:36
to theその simple単純 andそして aesthetic美的.
単純なもの 美的なものまであります
02:38
Hereここに are justちょうど aa few少数 examples
shared共有 fromから theその TEDテッド stageステージ.
TEDのステージから例として
いくつか見てみましょう
02:40
Sirサー Kenケン Robinsonロビンソン --- creativity創造性
is keyキー to our我々の kids'子供たちは、 future未来.
ケン・ロビンソン
“創造性は子どもの未来を握る鍵”
02:43
(Videoビデオ) Sirサー Kenケン Robinsonロビンソン:
Myじぶんの contention競合 is thatそれ creativity創造性 now
(ケン・ロビンソン) 私の主張は
今や創造性は
02:47
is asとして important重要 in education教育 asとして literacyリテラシー,
教育において
読み書き同様に重要であり
02:50
andそして we我々 should〜すべき treat治療する itそれ
with〜と theその same同じ status状態.
同等に扱われるべきだ
ということです
02:53
Chrisクリス Andersonアンダーソン: Eloraエロラ Hardy頑丈な ---
building建物 fromから bamboo is beautiful綺麗な.
(クリス) エローラ・ハーディー
“竹で作られた建物は美しい”
02:56
(Videoビデオ) Eloraエロラ Hardy頑丈な:
Itそれ is growing成長する allすべて aroundまわり us米国,
(エローラ・ハーディー)
竹はそこらじゅうに生えていて
02:59
it'sそれは strong強い, it'sそれは elegantエレガント,
it'sそれは earthquake-resistant耐震性.
強度があり 優雅で
地震にも耐えます
03:01
CAca: Chimamandaキママンダ Adichieアディシー ---
people are moreもっと thanより aa singleシングル identity身元.
(クリス) チママンダ・アディーチェ
“人は単一の概念でくくれるものではない”
03:05
(Videoビデオ) Chimamandaキママンダ Adichieアディシー:
Theその singleシングル storyストーリー creates作成する stereotypesステレオタイプ,
(チママンダ・アディーチェ) 単一の話は
固定観念を作り出します
03:09
andそして theその problem問題 with〜と stereotypesステレオタイプ
is notない thatそれ they彼ら are untrue真実ではない,
固定観念に問題があるのは
間違っているからではなく
03:12
butだけど thatそれ they彼ら are incomplete不完全な.
不完全だからです
03:17
CAca: Yourきみの mindマインド is teeming溢れる with〜と ideasアイデア,
(クリス) 頭の中は
アイデアで満ちていますが
03:19
andそして notない justちょうど randomly無作為に.
ランダムに
入っているのではなく
03:21
They're彼らは carefully慎重に linkedリンクされた together一緒に.
巧妙に繋がり合っていて
03:23
Collectively集合的に they彼ら form
an amazingly驚くほど complex複合体 structure構造
全体として驚くほど
複雑な構造を形成し
03:25
thatそれ is yourきみの personal個人的 worldview世界観.
それが その人の
世界観となります
03:28
It'sそれは yourきみの brain's脳の operatingオペレーティング systemシステム.
いわば脳のオペレーティング
システムです
03:30
It'sそれは howどうやって you君は navigateナビゲートする theその world世界.
それで世の中を
舵取りしていくのです
03:32
Andそして itそれ is built建てられた upアップ outでる of millions何百万
of individual個人 ideasアイデア.
世界観というのは何百万という
個々のアイデアから形成されています
03:34
Soそう, forために example, ifif one1 little少し
component成分 of yourきみの worldview世界観
そのため 例えば世界観の
小さな要素の1つに
03:38
is theその ideaアイディア thatそれ kittens子猫 are adorable愛らしい,
「子猫は可愛い」という
アイデアがあったとすると
03:42
then次に whenいつ you君は see見る thisこの,
これを見たとき
03:44
you'llあなたは react反応する like好きな thisこの.
こんな風に反応するでしょう
03:47
Butだけど ifif another別の component成分 of yourきみの worldview世界観
でも世界観の別の要素に
03:48
is theその ideaアイディア thatそれ leopardsヒョウ are dangerous危険な,
「ヒョウは危険だ」という
アイデアがあったなら
03:51
then次に whenいつ you君は see見る thisこの,
これを見たとき
03:53
you'llあなたは react反応する aa little少し bitビット differently異なって.
反応は少し違ったものに
なるでしょう
03:54
Soそう, it'sそれは prettyかなり obvious明らか
だから世界観を構成するアイデアが
重要だというのは
03:57
whyなぜ theその ideasアイデア thatそれ make作る upアップ
yourきみの worldview世界観 are crucial重大な.
当然のことでしょう
03:59
You君は need必要 themそれら to be〜する asとして reliable信頼性のある
asとして possible可能 --- aa guideガイド,
それをできる限り
確かなものにする必要があります
04:03
to theその scary怖い butだけど wonderful素晴らしい
realリアル world世界 outでる thereそこ.
恐ろしくも素晴らしい現実世界への
案内役なんですから
04:06
Now, different異なる people's人々の worldviews世界観
canできる be〜する dramatically劇的に different異なる.
別の人たちの世界観は
ものすごく違っているかもしれません
04:09
Forために example,
たとえば あなたの世界観は
04:14
howどうやって doesする yourきみの worldview世界観 react反応する
whenいつ you君は see見る thisこの image画像:
この写真を見て
どう反応するでしょう?
04:15
(Videoビデオ) Daliaダリア Mogahedモチェット:
What do行う you君は think思う whenいつ you君は look見える at〜で me?
(ダリア・モガヘッド)
私を見て どう思いますか?
04:19
"Aa woman女性 of faith信仰,"
"an expert専門家," maybe多分 even偶数 "aa sisterシスター"?
「信仰心の強い女性」「専門家」
それとも「尼僧」でしょうか?
04:22
Orまたは "oppressed抑圧された," "brainwashed洗脳された,"
あるいは「抑圧された」「洗脳された」
04:28
"aa terroristテロリスト"?
「テロリスト」でしょうか?
04:32
CAca: Whateverなんでも yourきみの answer回答,
(クリス) あなた自身の答えが
何であれ
04:33
thereそこ are millions何百万 of people outでる thereそこ
who would〜する react反応する very非常に differently異なって.
何百万という 非常に異なった
反応をする人々がいます
04:35
Soそう that'sそれは whyなぜ ideasアイデア really本当に matter問題.
アイデアが重要な理由は
そこにあります
04:38
Ifif communicated伝えられた properly正しく,
they're彼らは capable可能な of changing変化, forever永遠に,
適切に伝達されたなら
アイデアには
04:40
howどうやって someone誰か thinks考える about theその world世界,
人が世界のことをどう思うか
永遠に変える力があり
04:44
andそして shapingシェイピング their彼らの actions行動 bothどちらも now
andそして wellよく into theその future未来.
それによって現在と未来の行動を
方向付けることになります
04:46
Ideasアイデア are theその most最も powerful強力な force
shapingシェイピング human人間 culture文化.
アイデアは人間の文化を形作る
最も強い力なんです
04:51
Soそう ifif you君は accept受け入れる
講演者の何よりの仕事は
04:55
thatそれ yourきみの number one1 task仕事
asとして aa speakerスピーカー is to buildビルドする an ideaアイディア
聴衆の頭の中に
アイデアを構築することだと
04:56
inside内部 theその minds of yourきみの audience聴衆,
もし認めてもらえるなら
04:59
hereここに are four4つの guidelinesガイドライン
forために howどうやって you君は should〜すべき go行く about thatそれ task仕事:
それに取り組む上で従うべき
4つの指針を お教えします
05:01
One1, limit限界 yourきみの talkトーク
to justちょうど one1 majorメジャー ideaアイディア.
【1】スピーチの主要なアイデアは
1つに絞ること
05:04
Ideasアイデア are complex複合体 thingsもの;
アイデアは複雑なものです
05:09
you君は need必要 to slashスラッシュ backバック yourきみの contentコンテンツ
soそう thatそれ you君は canできる focusフォーカス
自分が最も強い想いを抱く
アイデア1つに集中し
05:11
on theその singleシングル ideaアイディア
you'reあなたは most最も passionate情熱的な about,
その1つをきちんと
説明できるよう
05:14
andそして give与える yourselfあなた自身 aa chanceチャンス
to explain説明する thatそれ one1 thingもの properly正しく.
内容を切り詰める
必要があります
05:17
You君は have持ってる to give与える contextコンテキスト,
shareシェア examples, make作る itそれ vivid鮮やかな.
背景が分かるようにし 例を挙げ
アイデアを鮮明に描き出す
05:20
Soそう pickピック one1 ideaアイディア,
選んだ1つのアイデアが
05:24
andそして make作る itそれ theその through-lineスルーライン
runningランニング throughを通して yourきみの entire全体 talkトーク,
スピーチ全体を貫く根幹となり
05:25
soそう thatそれ everythingすべて you君は sayいう
linksリンク backバック to itそれ in some一部 way方法.
話すことのすべてが
そこに繋がるようにしましょう
05:29
Two, give与える yourきみの listenersリスナー aa reason理由 to careお手入れ.
【2】聞く人に関心を持つべき
理由を与えること
05:33
Before you君は canできる start開始 building建物 thingsもの
inside内部 theその minds of yourきみの audience聴衆,
聴衆の頭の中に
何かを作り始める前に
05:37
you君は have持ってる to get取得する their彼らの permission許可
to welcomeようこそ you君は in.
まず中に入れてもらう
必要があります
05:41
Andそして theその mainメイン toolツール to achieve達成する thatそれ?
そのための道具は
何でしょう?
05:44
Curiosity好奇心.
好奇心です
05:46
Stir攪拌する yourきみの audience's観客の curiosity好奇心.
聴衆の好奇心を
掻き立てましょう
05:47
Useつかいます intriguing興味をそそる, provocative挑発的な questions質問
惹き付けられる
挑発的な問いを使い
05:49
to identify識別する whyなぜ something何か
doesn'tしない make作る senseセンス andそして needsニーズ explaining説明する.
あるものが なぜ道理に合わず
説明がいるのかを 明らかにしましょう
05:52
Ifif you君は canできる reveal明らかにする aa disconnection断線
in someone's誰かの worldview世界観,
世界観の中にある穴に
気付かせてやれば
05:56
they'll彼らは feel感じる theその need必要
to bridgeブリッジ thatそれ knowledge知識 gapギャップ.
相手はその穴を
埋めたいと感じます
06:00
Andそして once一度 you'veあなたは sparked発砲した thatそれ desire慾望,
その欲求が
引き起こされたなら
06:04
itそれ will意志 be〜する soそう muchたくさん easierより簡単に
to start開始 building建物 yourきみの ideaアイディア.
こちらのアイデアを組み上げてやるのは
ずっと楽になります
06:06
Three, buildビルドする yourきみの ideaアイディア, pieceピース by〜によって pieceピース,
【3】聴衆が既に
理解している概念を使って
06:10
outでる of conceptsコンセプト thatそれ yourきみの audience聴衆
already既に understands理解する.
1歩1歩アイデアを
築いていくこと
06:13
You君は useつかいます theその powerパワー of language言語
聴衆の頭の中に既にある
06:17
to weave織る together一緒に
conceptsコンセプト thatそれ already既に exist存在する
概念を関連づけるために
06:18
in yourきみの listeners'リスナーたちは、 minds ---
言葉の力を使いましょう
06:21
butだけど notない yourきみの language言語, their彼らの language言語.
ただし自分のではなく
相手の言葉を使います
06:23
You君は start開始 whereどこで they彼ら are.
聴衆のいる地点から
始めるのです
06:25
Theその speakersスピーカー oftenしばしば forget忘れる thatそれ manyたくさんの
of theその terms条項 andそして conceptsコンセプト they彼ら liveライブ with〜と
講演者は自分が日々使っている
用語や概念の多くが
06:27
are completely完全に unfamiliar未知
to their彼らの audiences観客.
聴衆には全然馴染みがないことを
忘れがちです
06:30
Now, metaphors隠喩 canできる play遊びます aa crucial重大な role役割
in showing表示 howどうやって theその pieces作品 fitフィット together一緒に,
パーツがどう組み上がるか示す上で
比喩が重要な役割を果たします
06:33
becauseなぜなら they彼ら reveal明らかにする
theその desired望む shape形状 of theその patternパターン,
望むパターンの形を
06:38
basedベース on an ideaアイディア thatそれ theその listenerリスナー
already既に understands理解する.
聞き手が理解しているアイデアを使って
示すことができるからです
06:42
Forために example, whenいつ Jenniferジェニファー Kahnカーン
たとえばジェニファー・カーンは
こんな風に
06:46
wanted欲しい to explain説明する theその incredible信じられない
new新しい biotechnologyバイオテクノロジー calledと呼ばれる CRISPRクリスプラン,
CRISPRというバイオテクノロジーの
ものすごい新技術を説明しました
06:48
she彼女 said前記, "It'sそれは asとして ifif, forために theその first最初 time時間,
「DNAのためのワープロが
06:51
you君は had持っていました aa wordワード processorプロセッサー to edit編集 DNADNA.
初めてできたようなものです
06:54
CRISPRクリスプラン allows許す you君は to cutカット andそして pasteペースト
genetic遺伝的な information情報 really本当に easily簡単に."
CRISPRを使うと すごく簡単に
遺伝情報のカット&ペーストができるんです」
06:57
Now, aa vivid鮮やかな explanation説明 like好きな thatそれ
delivers配信する aa satisfying満足する ahaアハ moment瞬間
このような鮮やかな説明は
頭の中へ はまり込んだときに
07:02
asとして itそれ snapsスナップ into place場所 in our我々の minds.
満足感を伴う
ひらめきの瞬間をもたらします
07:06
It'sそれは important重要, thereforeしたがって、,
to testテスト yourきみの talkトーク on trusted信頼できる friends友達,
だから自分のスピーチを
信頼できる友人に聞いてもらい
07:08
andそして find見つける outでる whichどの parts部品
they彼ら get取得する confused混乱した by〜によって.
分かりにくい部分を見つける
ことが大事です
07:12
Four4つの, here'sここにいる theその final最後の tip先端:
【4】最後の指針は
07:15
Make作る yourきみの ideaアイディア worth価値 sharing共有.
自分のアイデアを みんなに知らせる
価値のあるものにすること
07:17
By〜によって thatそれ I mean平均, ask尋ねる yourselfあなた自身 theその question質問:
そのためには
07:21
"Who doesする thisこの ideaアイディア benefit利益?"
「そのアイデアで恩恵を受けるのは誰か?」
と自問することです
07:23
Andそして I need必要 you君は to be〜する honest正直な
with〜と theその answer回答.
この問いには 正直に
答える必要があります
07:26
Ifif theその ideaアイディア onlyのみ serves奉仕する you君は
orまたは yourきみの organization組織,
そのアイデアが 自分や自分の組織にしか
役立たないなら
07:29
then次に, I'm私は sorryごめんなさい to sayいう,
it'sそれは probably多分 notない worth価値 sharing共有.
悪いですが みんなに知らせる価値は
多分ないでしょう
07:32
Theその audience聴衆 will意志 see見る right throughを通して you君は.
聴衆はすぐ見抜きます
07:35
Butだけど ifif you君は believe信じる thatそれ theその ideaアイディア
has持っている theその potential潜在的な
でも もしそのアイデアに
07:37
to brighten明るく upアップ someone誰か else's他の day
誰かの心を明るくするとか
07:40
orまたは change変化する someone誰か else's他の
perspective視点 forために theその betterより良い
誰かの考え方を
良い方に変えるとか
07:42
orまたは inspireインスピレーション someone誰か to do行う
something何か differently異なって,
物事のやり方を変えるよう促す
力があると思うなら
07:45
then次に you君は have持ってる theその coreコア ingredient成分
to aa truly真に greatすばらしいです talkトーク,
その人たちや その他すべての人への
贈り物となる
07:48
one1 thatそれ canできる be〜する aa gift贈り物 to themそれら
andそして to allすべて of us米国.
素晴らしいスピーチの
素材を手にしているのです
07:51
Translated by Yasushi Aoki
Reviewed by Maki Sugimoto

▲Back to top

About the speaker:

Chris Anderson - TED Curator
After a long career in journalism and publishing, Chris Anderson became the curator of the TED Conference in 2002 and has developed it as a platform for identifying and disseminating ideas worth spreading.

Why you should listen

Chris Anderson is the Curator of TED, a nonprofit devoted to sharing valuable ideas, primarily through the medium of 'TED Talks' -- short talks that are offered free online to a global audience.

Chris was born in a remote village in Pakistan in 1957. He spent his early years in India, Pakistan and Afghanistan, where his parents worked as medical missionaries, and he attended an American school in the Himalayas for his early education. After boarding school in Bath, England, he went on to Oxford University, graduating in 1978 with a degree in philosophy, politics and economics.

Chris then trained as a journalist, working in newspapers and radio, including two years producing a world news service in the Seychelles Islands.

Back in the UK in 1984, Chris was captivated by the personal computer revolution and became an editor at one of the UK's early computer magazines. A year later he founded Future Publishing with a $25,000 bank loan. The new company initially focused on specialist computer publications but eventually expanded into other areas such as cycling, music, video games, technology and design, doubling in size every year for seven years. In 1994, Chris moved to the United States where he built Imagine Media, publisher of Business 2.0 magazine and creator of the popular video game users website IGN. Chris eventually merged Imagine and Future, taking the combined entity public in London in 1999, under the Future name. At its peak, it published 150 magazines and websites and employed 2,000 people.

This success allowed Chris to create a private nonprofit organization, the Sapling Foundation, with the hope of finding new ways to tackle tough global issues through media, technology, entrepreneurship and, most of all, ideas. In 2001, the foundation acquired the TED Conference, then an annual meeting of luminaries in the fields of Technology, Entertainment and Design held in Monterey, California, and Chris left Future to work full time on TED.

He expanded the conference's remit to cover all topics, including science, business and key global issues, while adding a Fellows program, which now has some 300 alumni, and the TED Prize, which grants its recipients "one wish to change the world." The TED stage has become a place for thinkers and doers from all fields to share their ideas and their work, capturing imaginations, sparking conversation and encouraging discovery along the way.

In 2006, TED experimented with posting some of its talks on the Internet. Their viral success encouraged Chris to begin positioning the organization as a global media initiative devoted to 'ideas worth spreading,' part of a new era of information dissemination using the power of online video. In June 2015, the organization posted its 2,000th talk online. The talks are free to view, and they have been translated into more than 100 languages with the help of volunteers from around the world. Viewership has grown to approximately one billion views per year.

Continuing a strategy of 'radical openness,' in 2009 Chris introduced the TEDx initiative, allowing free licenses to local organizers who wished to organize their own TED-like events. More than 8,000 such events have been held, generating an archive of 60,000 TEDx talks. And three years later, the TED-Ed program was launched, offering free educational videos and tools to students and teachers.

More profile about the speaker
Chris Anderson | Speaker | TED.com