English-Video.net comment policy

The comment field is common to all languages

Let's write in your language and use "Google Translate" together

Please refer to informative community guidelines on TED.com

TEDGlobal 2005

Barry Schwartz: The paradox of choice

バリー・シュワルツ氏が語る、選択のパラドックスについて

Filmed
Views 10,160,419

心理学者バリー・シュワルツが、選択の自由という西欧社会の根幹をなす教義に狙いを定めます。シュワルツの推定によると、選択は我々を更に自由にではなくより無力に、もっと幸せにではなくより不満足にしています。

- Psychologist
Barry Schwartz studies the link between economics and psychology, offering startling insights into modern life. Lately, working with Ken Sharpe, he's studying wisdom. Full bio

私自身の著書にあることについてお話します
00:25
I'm私は going行く to talkトーク to you君は about some一部 stuffもの that'sそれは in thisこの book of mine鉱山
既にどこかで聞いた事があるような
他のことと共鳴するでしょう
00:28
thatそれ I hope希望 will意志 resonate共鳴する with〜と otherその他 thingsもの you'veあなたは already既に heard聞いた,
00:31
andそして I'll私はよ tryお試しください to make作る some一部 connections接続 myself私自身, in case場合 you君は missミス themそれら.
しかしそうでない方のために
私が関連付けながら話していきます
まずは私が「公式教義」と呼ぶもの
から始めたいと思います
00:35
I want欲しいです to start開始 with〜と what I callコール theその "official公式 dogmaドグマ."
00:39
Theその official公式 dogmaドグマ of what?
何の公式教義なのか?
00:41
Theその official公式 dogmaドグマ of allすべて western西洋 industrial工業用 societies社会.
西欧の産業社会全ての公式教義です
その公式教義はこんな調子のものです
00:45
Andそして theその official公式 dogmaドグマ runs走る like好きな thisこの:
もし我々が自らの市民の繁栄を
最大限にすることに興味があるのなら
00:47
ifif we我々 are interested興味がある in maximizing最大化する theその welfare福祉 of our我々の citizens市民,
その方法は
個人の自由を最大限にすることである
00:51
theその way方法 to do行う thatそれ is to maximize最大化する individual個人 freedom自由.
00:57
Theその reason理由 forために thisこの is bothどちらも thatそれ freedom自由 is in andそして of itself自体 good良い,
その理由はひとつは
自由そのものが良いということ
貴重で、価値があり、
人であることの根幹をなしているから
01:02
valuable貴重な, worthwhile価値がある, essential本質的な to beingであること human人間.
01:05
Andそして becauseなぜなら ifif people have持ってる freedom自由,
更に、もし人に自由が与えられれば
一人一人が個人に基づいて行動できる
01:08
then次に each of us米国 canできる act行為 on our我々の own自分の
我々自身の繁栄を最大限にするように行動し
01:10
to do行う theその thingsもの thatそれ will意志 maximize最大化する our我々の welfare福祉,
他の誰も
我々のために決断をしないで済みます
01:12
andそして noいいえ one1 has持っている to decide決めます on our我々の behalf代わって.
自由を最大限にするためには
最大限の選択を与えることです
01:16
Theその way方法 to maximize最大化する freedom自由 is to maximize最大化する choice選択.
選択が多ければ
その分自由度は増し
01:21
Theその moreもっと choice選択 people have持ってる, theその moreもっと freedom自由 they彼ら have持ってる,
01:24
andそして theその moreもっと freedom自由 they彼ら have持ってる,
自由度が増せば
その分繁栄する
01:26
theその moreもっと welfare福祉 they彼ら have持ってる.
この考えが 私が思うに
あまりにも深く浸透しているため
01:29
Thisこの, I think思う, is soそう deeply深く embedded埋め込み in theその water supply供給
誰もこれに異議を唱えようとすら
思わないのです
01:34
thatそれ itそれ wouldn'tしないだろう occur発生する to anyone誰でも to question質問 itそれ.
01:37
Andそして it'sそれは alsoまた、 deeply深く embedded埋め込み in our我々の lives人生.
またこれは我々の人生にも
深く埋め込まれています
01:42
I'll私はよ give与える you君は some一部 examples of what modernモダン progress進捗 has持っている made possible可能 forために us米国.
近代の発展で可能になったものから
いくつか例を出しましょう
これが私のスーパーです
それほど大きくはない
01:48
Thisこの is myじぶんの supermarketスーパーマーケット. Notない suchそのような aa big大きい one1.
サラダ・ドレッシングについて一言
01:52
I want欲しいです to sayいう justちょうど aa wordワード about saladサラダ dressingドレッシング.
01:54
175 saladサラダ dressings包帯 in myじぶんの supermarketスーパーマーケット,
私のスーパーには
175種のドレッシングがあって
01:57
ifif you君は don'tしない countカウント theその 10 extra-virginエキストラバージン oliveオリーブ oils
それに加えて10種の
エキストラ・バージン・オリーブ・オイルと
12種のバルサミコ酢があります
02:00
andそして 12 balsamicバルサミコ vinegars you君は couldできた buy購入
もしここの
175の既製品のドレッシングの中には
02:03
to make作る aa very非常に large number of yourきみの own自分の saladサラダ dressings包帯,
気に入ったのがなかった時に
自分で作れるようにね
02:06
in theその off-chanceオフチャンス thatそれ noneなし of theその 175 theその store格納 has持っている on offer提供 suitスーツ you君は.
02:11
Soそう thisこの is what theその supermarketスーパーマーケット is like好きな.
まあ、このスーパーはこんな感じです
02:13
Andそして then次に you君は go行く to theその consumer消費者 electronicsエレクトロニクス store格納 to setセット upアップ aa stereoステレオ systemシステム ---
で、次に電機店にステレオシステムを
作るために行って
スピーカー、CDプレーヤー、テープデッキ、
チューナー、アンプなど
02:17
speakersスピーカー, CDCD playerプレーヤー, tapeテープ playerプレーヤー, tunerチューナー, amplifier増幅器 ---
それでこの電機店1店舗の中に
02:21
andそして in thisこの one1 singleシングル consumer消費者 electronicsエレクトロニクス store格納,
上のスーパーと同じ数くらいの
ステレオシステムがある
02:25
thereそこ are thatそれ manyたくさんの stereoステレオ systemsシステム.
1店舗の中にある部品を
組み合わせていくだけで
02:29
We我々 canできる construct構成する six-and-a-half-million6,500万ドル different異なる stereoステレオ systemsシステム
650万種もの
ステレオシステムが組み立てられるのです
02:34
outでる of theその componentsコンポーネント thatそれ are on offer提供 in one1 store格納.
これは莫大な数の選択肢だと
認めざるを得ませんね
02:37
You'veあなたは got持っている to admit認める that'sそれは aa lotロット of choice選択.
他の分野では
コミュニケーションの世界
02:39
In otherその他 domainsドメイン --- theその world世界 of communicationsコミュニケーション.
私が子供だった頃は
02:43
Thereそこ wasあった aa time時間, whenいつ I wasあった aa boy男の子,
マーベル社からでさえあれば
どんな電話サービスでも
02:45
whenいつ you君は couldできた get取得する anyどれか kind種類 of telephone電話 serviceサービス you君は wanted欲しい,
受ける事ができる時代がありました
02:48
asとして long長いです asとして itそれ came来た fromから Ma Bellベル.
電話は買うものではなく借りるものでした
02:50
You君は rented借りた yourきみの phone電話. You君は didn'tしなかった buy購入 itそれ.
その結果 電話が壊れる事はない
ということがありました
02:52
One1 consequence結果 of thatそれ, by〜によって theその way方法, is thatそれ theその phone電話 never決して broke壊れた.
そんな日々も今は昔
02:55
Andそして thoseそれら days日々 are gone行った.
02:58
We我々 now have持ってる an almostほぼ unlimited無制限 variety品種 of phones電話機,
我々の前には
特に携帯電話の世界においては
無尽蔵の選択肢が用意されています
03:01
especially特に in theその world世界 of cell細胞 phones電話機.
03:03
Theseこれら are cell細胞 phones電話機 of theその future未来.
これらは携帯電話の未来の形です
私のお気に入りは真ん中の
03:06
Myじぶんの favoriteお気に入り is theその middle中間 one1 ---
MP3プレーヤー、鼻毛切り
クレームブリュレバーナーが一体化してるもの
03:08
theその MPmp3 playerプレーヤー, nose hairヘア trimmerトリマー, andそして cremeクリーム bruleeブリュレ torchトーチ.
もしお近くの店舗で
まだ見かけていなかったとしても大丈夫
03:12
Andそして ifif by〜によって some一部 chanceチャンス you君は haven't持っていない seen見た thatそれ in yourきみの store格納 yetまだ,
近日中にお目にかかれますよ
03:18
you君は canできる rest残り assured保証された thatそれ one1 day soonすぐに you君は will意志.
03:20
Andそして what thisこの doesする is
これが何をもたらすかというと
03:22
itそれ leadsリード people to walk歩く into their彼らの stores店舗 asking尋ねる thisこの question質問.
人々が店に来る際
ある質問が既に問われています
その質問の答えを今知りたいですか?
03:26
Andそして do行う you君は know知っている what theその answer回答 to thisこの question質問 now is?
答えはNoです
03:28
Theその answer回答 is "Noいいえ."
余計なことをしない携帯電話を
買おうとしてもそれは不可能なのです
03:30
Itそれ is notない possible可能 to buy購入 aa cell細胞 phone電話 thatそれ doesn'tしない do行う tooあまりにも muchたくさん.
さて 購買活動以上に重要な
人生の他の局面においても
03:34
Soそう, in otherその他 aspects側面 of life生活 thatそれ are muchたくさん moreもっと significant重要な thanより buying買う thingsもの,
同じような選択の爆発が起こっています
03:39
theその same同じ explosion爆発 of choice選択 is true真実.
医療について 米国では既に
皆さんが医者のところに行くと
03:43
Health健康 careお手入れ --- itそれ is noいいえ longerより長いです theその case場合 in theその Unitedユナイテッド States
医者がどうすれば良いか教えてくれる
という時代は終わりました
03:47
thatそれ you君は go行く to theその doctor医師, andそして theその doctor医師 tells伝える you君は what to do行う.
その代わりに
皆さんが医者に行くと
03:50
Instead代わりに, you君は go行く to theその doctor医師,
医者から Aをすることができるし
Bをする事もできる と言われます
03:52
andそして theその doctor医師 tells伝える you君は, "Wellよく, we我々 couldできた do行う Aa, orまたは we我々 couldできた do行う Bb.
Aにはこのような効果とリスクがあって
03:55
Aa has持っている theseこれら benefits利点, andそして theseこれら risksリスク.
Bにはこのような効果とリスクがある
あなたはどうしたいですか?と聞かれます
03:58
Bb has持っている theseこれら benefits利点, andそして theseこれら risksリスク. What do行う you君は want欲しいです to do行う?"
04:02
Andそして you君は sayいう, "Docdoc, what should〜すべき I do行う?"
そこで「先生 私はどうしたらいいでしょう?」
と聞くと
医者はAにはこのような効果とリスクが
Bにはこのような効果とリスクがあります
04:05
Andそして theその docdoc says言う, "Aa has持っている theseこれら benefits利点 andそして risksリスク, andそして Bb has持っている theseこれら benefits利点 andそして risksリスク.
04:09
What do行う you君は want欲しいです to do行う?"
あなたはどうしたいですか?
そこで「先生が私だったらどうしますか?」
と聞いてみると
04:12
Andそして you君は sayいう, "Ifif you君は wereあった me, Docdoc, what would〜する you君は do行う?"
04:15
Andそして theその docdoc says言う, "Butだけど I'm私は notない you君は."
すると医者は
「でも私はあなたではありません」と言う
04:19
Andそして theその result結果 is --- we我々 callコール itそれ "patient患者 autonomy自律性,"
そしてその結果
―これを「患者の自己決定権」と呼び
こう呼ぶと
とてもいい事のように聞こえますが―
04:22
whichどの makes作る itそれ sound like好きな aa good良い thingもの,
でも本当は何が起こっているのかと言うと
決断権の重荷と責任を
04:24
butだけど what itそれ really本当に is is aa shiftingシフト of theその burden重荷 andそして theその responsibility責任
04:26
forために decision-making意思決定 fromから somebody誰か who knows知っている something何か ---
何らかの知識のある者から
―この場合は医者から―
04:29
namelyすなわち, theその doctor医師 ---
04:30
to somebody誰か who knows知っている nothing何も andそして is almostほぼ certainly確かに sick病気
何も知らず
少なくともとても具合が悪いので
04:33
andそして thusしたがって notない in theその bestベスト shape形状 to be〜する making作る decisions決定 ---
判断をくだすのに
必ずしも適さない者
すなわち患者に委ねているのです
04:36
namelyすなわち, theその patient患者.
処方箋薬の市場では
われわれ消費者に対して
04:38
There'sそこに enormous巨大な marketingマーケティング of prescription処方 drugs薬物
莫大なマーケティング活動が行われてますが
04:41
to people like好きな you君は andそして me,
よくよく考えてみると
これは全く意味のない事で
04:42
whichどの, ifif you君は think思う about itそれ, makes作る noいいえ senseセンス at〜で allすべて,
我々に買う事はできないのです
04:44
since以来 we我々 can'tできない buy購入 themそれら.
我々が購入することができないものを
なぜ売り込むのか?
04:46
Whyなぜ do行う they彼ら market市場 to us米国 ifif we我々 can'tできない buy購入 themそれら?
その答えは我々が翌朝
かかりつけの医者に電話をして
04:48
Theその answer回答 is thatそれ they彼ら expect期待する us米国 to callコール our我々の doctors医師 theその next morning
処方箋を変えてもらいたいと
頼ませようとしているのです
04:52
andそして ask尋ねる forために our我々の prescriptions処方箋 to be〜する changedかわった.
私たちのアイデンティティーという
ドラマチックなものでさえ
04:56
Something何か asとして dramatic劇的 asとして our我々の identity身元
選択できるものとなったことを
05:00
has持っている now become〜になる aa matter問題 of choice選択,
このスライドは示しています
[性別は本人に選ばせようと思うの]
05:02
asとして thisこの slide滑り台 is meant意味した to indicate示す.
アイデンティティーを受け継がず
05:06
We我々 don'tしない inherit継承する an identity身元; we我々 get取得する to invent発明する itそれ.
発明する しかも好きなだけ
再発明するようになると
05:08
Andそして we我々 get取得する to re-invent再発明する ourselves自分自身 asとして oftenしばしば asとして we我々 like好きな.
それが意味するところは毎朝目が覚めた時に
05:12
Andそして thatそれ means手段 thatそれ everyday毎日, whenいつ you君は wake目覚め upアップ in theその morning,
05:14
you君は have持ってる to decide決めます what kind種類 of person you君は want欲しいです to be〜する.
自分がどんな人になりたいのか
決断しなくてはならない
結婚や家族に関しては
05:19
With〜と respect尊敬 to marriage結婚 andそして family家族,
以前には
みんなが持つ共通認識として
05:22
thereそこ wasあった aa time時間 whenいつ theその defaultデフォルト assumption仮定 thatそれ almostほぼ everyoneみんな had持っていました
できるだけ早く結婚をして
05:28
is thatそれ you君は got持っている married既婚 asとして soonすぐに asとして you君は couldできた,
05:29
andそして then次に you君は started開始した having持つ kids子供たち asとして soonすぐに asとして you君は couldできた.
できるだけ早く
子づくりをするということがありました
05:31
Theその onlyのみ realリアル choice選択 wasあった who,
本当の選択は誰と結婚するかであって
いつ結婚するかとか
結婚後どうするかではありませんでした
05:35
notない whenいつ, andそして notない what you君は didした after.
05:38
Nowadays今日は, everythingすべて is very非常に muchたくさん upアップ forために grabsグラブ.
現在では
全てのものがどうにでもなってしまっています
私は素晴らしく知性にあふれた学生達を
教えていますが
05:41
I teach教える wonderfullyすばらしい intelligentインテリジェントな students学生の,
以前と比べて与える課題を
20%くらい減らしています
05:44
andそして I assign割り当てます 20 percentパーセント lessもっと少なく work作業 thanより I used中古 to.
それは学生達の頭が
悪くなっているからではなく
05:47
Andそして it'sそれは notない becauseなぜなら they're彼らは lessもっと少なく smartスマート,
熱心でなくなったからでもありません
05:50
andそして it'sそれは notない becauseなぜなら they're彼らは lessもっと少なく diligent勤勉な.
05:52
It'sそれは becauseなぜなら they彼ら are preoccupied占領された, asking尋ねる themselves自分自身,
それは学生達が
他のことで頭がいっぱいだからです
「結婚をするべきか否か?
今結婚をするべきか?
05:56
"Should〜すべき I get取得する married既婚 orまたは notない? Should〜すべき I get取得する married既婚 now?
05:58
Should〜すべき I get取得する married既婚 later後で? Should〜すべき I have持ってる kids子供たち first最初, orまたは aa careerキャリア first最初?"
結婚を遅らせるべきか?
子供が先か、キャリアが先か?」
これらは圧倒的な質問です
06:02
Allすべて of theseこれら are consuming消費する questions質問.
そして学生達は
私の出した課題を全てやり遂げるかどうかや
06:05
Andそして they're彼らは going行く to answer回答 theseこれら questions質問,
06:07
whetherかどうか orまたは notない itそれ means手段 notない doingやっている allすべて theその work作業 I assign割り当てます
いい成績をとるかどうかに関わらず
06:09
andそして notない getting取得 aa good良い gradeグレード in myじぶんの coursesコース.
これらの質問の答を出していくのです
そしてそうすべきなのです
これらはとても重要な質問ですから
06:12
Andそして indeed確かに they彼ら should〜すべき. Theseこれら are important重要 questions質問 to answer回答.
カールが指摘したように
仕事に関して 我々は恵まれています
06:17
Work作業 --- we我々 are blessed祝福された, asとして Carlカール wasあった pointingポインティング outでる,
06:20
with〜と theその technology技術 thatそれ enables可能にする us米国
世界中のどこにいても
一日のどの時間でも
06:22
to work作業 everyすべて minute of everyすべて day fromから anyどれか place場所 on theその planet惑星 ---
仕事をすることを可能にする
テクノロジーがあるからです
ランドルフ・ホテルを除いてね
06:29
exceptを除いて theその Randolphランドルフ Hotelホテル.
(笑)
06:31
(Laughter笑い)
それはそうと
1か所だけ
06:36
Thereそこ is one1 cornerコーナー, by〜によって theその way方法,
無線が通じる秘密のところがあるんですよ
06:38
thatそれ I'm私は notない going行く to telltell anybody about, whereどこで theその WiFiWi-Fi works作品.
私が使いたいから誰にも言いません
06:43
I'm私は notない telling伝える you君は about itそれ becauseなぜなら I want欲しいです to useつかいます itそれ.
これが意味するところは
仕事に関して我々に与えられている
06:45
Soそう what thisこの means手段, thisこの incredible信じられない freedom自由 of choice選択
素晴らしい選択の自由ということですが
06:48
we我々 have持ってる with〜と respect尊敬 to work作業, is thatそれ we我々 have持ってる to make作る aa decision決定,
私達は常に
何度も何度も何度も仕事をすべきか否かの
06:51
again再び andそして again再び andそして again再び,
決断を下さなくてはならない
06:53
about whetherかどうか we我々 should〜すべき orまたは shouldn'tすべきではない be〜する workingワーキング.
子供のサッカーの試合を見に行って
06:56
We我々 canできる go行く to watch時計 our我々の kidキッド play遊びます soccerサッカー,
尻ポケットに携帯電話を突っ込んで
06:59
andそして we我々 have持ってる our我々の cell細胞 phone電話 on one1 hipヒップ,
反対のポケットにはモバイル端末
07:01
andそして our我々の Blackberryブラックベリー on our我々の otherその他 hipヒップ,
膝の上にノートパソコンを開いている
07:03
andそして our我々の laptopラップトップ, presumablyおそらく, on our我々の lapsラップ.
それらが全て電源が落とされていたとしても
07:05
Andそして even偶数 ifif they're彼らは allすべて shutシャット offオフ,
子供がサッカーの試合を
むちゃくちゃにしているのを観ながら
07:08
everyすべて minute thatそれ we're私たちは watching見ている our我々の kidキッド mutilate切り裂く aa soccerサッカー gameゲーム,
常に自問自答をしているのです
07:10
we我々 are alsoまた、 asking尋ねる ourselves自分自身,
「この電話にでるべきだろうか?
07:12
"Should〜すべき I answer回答 thisこの cell細胞 phone電話 callコール?
このメールの返事は?
レポートのドラフトは?」
07:15
Should〜すべき I respond応答する to thisこの emailEメール? Should〜すべき I draftドラフト thisこの letter文字?"
そしてそれらの答えが
たとえ全てNoであったとしても
07:17
Andそして even偶数 ifif theその answer回答 to theその question質問 is "noいいえ,"
子供のサッカーの試合を見ると言う経験は
自問自答がなかった時とは
07:20
it'sそれは certainly確かに going行く to make作る theその experience経験 of yourきみの kid's子供の soccerサッカー gameゲーム
とても違ったものになっています
07:23
very非常に different異なる thanより itそれ would've〜するだろう beenされている.
周りを見回してみると
07:26
Soそう everywhereどこにでも we我々 look見える,
大きなことも小さなことも
物質的なことも生活に関わることも
07:28
big大きい thingsもの andそして small小さい thingsもの, material材料 thingsもの andそして lifestyleライフスタイル thingsもの,
07:31
life生活 is aa matter問題 of choice選択.
人生の全てが選択に集約されています
07:34
Andそして theその world世界 we我々 used中古 to liveライブ in looked見た like好きな thisこの.
我々が以前生きていた世界は
このようなものでした
[全て定めのとおり]
というのは
いくつかの選択はありましたが
07:40
Thatそれ is to sayいう, thereそこ wereあった some一部 choices選択肢,
全ての物事が選択ということではなかった
07:42
butだけど notない everythingすべて wasあった aa matter問題 of choice選択.
我々が今生きている世界はこんな感じです
07:44
Andそして theその world世界 we我々 now liveライブ in looks外見 like好きな thisこの.
ここで出てくる問いは
これはいいニュースか 悪いニュースか?
07:47
Andそして theその question質問 is, is thisこの good良い newsニュース, orまたは bad悪い newsニュース?
その答えはYesです
07:53
Andそして theその answer回答 is yesはい.
(笑)
07:56
(Laughter笑い)
我々はみんな良さについては知っています
07:58
We我々 allすべて know知っている what's何ですか good良い about itそれ,
ですので私は悪い面について
話したいと思います
08:00
soそう I'm私は going行く to talkトーク about what's何ですか bad悪い about itそれ.
これら全ての選択には二つの効果があります
08:03
Allすべて of thisこの choice選択 has持っている two effects効果,
08:06
two negative effects効果 on people.
二つの悪い効果です
一つは 矛盾しているのですが
08:09
One1 effect効果, paradoxically逆説的,
これが開放感ではなく
無力感を生むということです
08:11
is thatそれ itそれ produces生産する paralysis麻痺, ratherむしろ thanより liberation解放.
あまりにも多くの選択肢を前にすると
08:16
With〜と soそう manyたくさんの optionsオプション to choose選択する fromから,
人は選択が非常に難しくなってしまいます
08:18
people find見つける itそれ very非常に difficult難しい to choose選択する at〜で allすべて.
これの非常にいい例をひとつ出しましょう
08:22
I'll私はよ give与える you君は one1 very非常に dramatic劇的 example of thisこの:
定年後の年金投資計画に関する研究で
私の同僚が
08:25
aa study調査 thatそれ wasあった done完了 of investments投資 in voluntary自発的 retirement退職 plans予定.
ヴァンガードという巨大な投資信託会社から
08:31
Aa colleague同僚 of mine鉱山 got持っている accessアクセス to investment投資 records記録 fromから Vanguard前衛,
約2000か所の職場に渡る
08:36
theその gigantic巨大 mutual相互 fund基金 company会社
約100万人の社員の情報を手に入れたのです
08:38
of about aa million百万 employees従業員 andそして about 2,000 different異なる workplaces職場.
彼女が調べたところによると
08:42
Andそして what she彼女 found見つけた is thatそれ
会社が提示する投資信託が10件増えるごとに
08:44
forために everyすべて 10 mutual相互 funds資金 theその employer雇用者 offered提供された,
参加率が2パーセント落ちた
という結果が出たのです
08:47
rateレート of participation参加 went行った downダウン two percentパーセント.
50件の投資信託を提示すると
5件提示した時と比べて
08:52
You君は offer提供 50 funds資金 --- 10 percentパーセント fewer少ない employees従業員 participate参加する
参加する社員は10%減る
何故でしょう?
08:56
thanより ifif you君は onlyのみ offer提供 five. Whyなぜ?
それは 50件もの投資信託が提示されると
09:00
Becauseなぜなら with〜と 50 funds資金 to choose選択する fromから,
09:02
it'sそれは soそう damnくそー hardハード to decide決めます whichどの fund基金 to choose選択する
どれを選べばいいのか決めるのが難しくなり
後回しにしてしまうのです
09:06
thatそれ you'llあなたは justちょうど put置く itそれ offオフ until〜まで tomorrow明日.
それで 一日一日と延ばしていき
09:08
Andそして then次に tomorrow明日, andそして then次に tomorrow明日,
それがどんどん積み重なって
09:10
andそして tomorrow明日, andそして tomorrow明日,
結局決断を下す事はなくなるのです
09:12
andそして of courseコース tomorrow明日 never決して comes来る.
理解しなくてはならないのは
これが人々が
09:14
Understandわかる thatそれ notない onlyのみ doesする thisこの mean平均
引退した時資金不足に陥り
ドッグフードを食べざるを得ない状況に
09:16
thatそれ people are going行く to have持ってる to eat食べる dog foodフード whenいつ they彼ら retire引退する
陥るということを意味するだけでなく
09:18
becauseなぜなら they彼ら don'tしない have持ってる enough十分な moneyお金 put置く away離れて,
決断を下す事があまりにも難しいので
09:20
itそれ alsoまた、 means手段 thatそれ making作る theその decision決定 is soそう hardハード
会社から受け取る権利のある資金を
放棄してしまっているということです
09:23
thatそれ they彼ら passパス upアップ significant重要な matchingマッチング moneyお金 fromから theその employer雇用者.
彼等は参加しないことによって
年間5000ドルもの
09:27
By〜によって notない participating参加する, they彼ら are passing通過 upアップ asとして muchたくさん asとして 5,000 dollarsドル aa year
会社が喜んで提供すべき資金を
受ける権利を放棄してしまうのです
09:31
fromから theその employer雇用者, who would〜する happily幸せに match一致 their彼らの contribution貢献.
この無力感は
選択が多すぎることに起因しています
09:35
Soそう paralysis麻痺 is aa consequence結果 of having持つ tooあまりにも manyたくさんの choices選択肢.
そして世界をこのようにしてしまう
09:39
Andそして I think思う itそれ makes作る theその world世界 look見える like好きな thisこの.
(笑) [最後にドレッシングですが フレンチ
ブルーチーズ、 「ランチ」のどれに?]
09:41
(Laughter笑い)
今後無限に影響を及ぼす決断は
正しく下したいですよね?
09:48
You君は really本当に want欲しいです to get取得する theその decision決定 right ifif it'sそれは forために allすべて eternity永遠, right?
間違った投資信託や ましてや
間違ったドレッシングを選びたくはない
09:52
You君は don'tしない want欲しいです to pickピック theその wrong違う mutual相互 fund基金, orまたは even偶数 theその wrong違う saladサラダ dressingドレッシング.
09:55
Soそう that'sそれは one1 effect効果. Theその second二番 effect効果 is thatそれ
という これが一つの影響です
二つ目の影響は
このような無力感に打ち勝って
決断を下したとしても
09:58
even偶数 ifif we我々 manage管理する to overcome克服する theその paralysis麻痺 andそして make作る aa choice選択,
選択肢が少なかった時と比べて
決断の結果に対して
10:03
we我々 end終わり upアップ lessもっと少なく satisfied満足 with〜と theその result結果 of theその choice選択
得られる満足度は低いということです
10:07
thanより we我々 would〜する be〜する ifif we我々 had持っていました fewer少ない optionsオプション to choose選択する fromから.
これにはいくつかの理由があります
10:10
Andそして thereそこ are severalいくつかの reasons理由 forために thisこの.
ひとつは
ドレッシングの選択肢がたくさんあると
10:13
One1 of themそれら is thatそれ with〜と aa lotロット of different異なる saladサラダ dressings包帯 to choose選択する fromから,
一つ買ってそれが完璧ではなかった時
完璧であった試しがありましたか?
10:17
ifif you君は buy購入 one1, andそして it'sそれは notない perfect完璧な --- andそして, you君は know知っている, what saladサラダ dressingドレッシング is? ---
もっといいものを選べたはずなのに
10:20
it'sそれは easy簡単 to imagine想像する thatそれ you君は couldできた have持ってる made aa different異なる choice選択
と想像することは
いとも たやすいことです
10:23
thatそれ would〜する have持ってる beenされている betterより良い. Andそして what happens起こる is
そこで何が起こるかというと
この取らなかった選択肢が
自分の決断を後悔させることになり
10:27
thisこの imagined想像した alternative代替 induces誘導する you君は to regret後悔 theその decision決定 you君は made,
この後悔が下した決断の満足度から
差し引かれていくのです
10:32
andそして thisこの regret後悔 subtracts減算する fromから theその satisfaction満足 you君は get取得する outでる of theその decision決定 you君は made,
例えそれがとてもいい決断だったとしても
10:36
even偶数 ifif itそれ wasあった aa good良い decision決定.
選択肢が増えれば増える程
自分が選んだオプションに対し
10:39
Theその moreもっと optionsオプション thereそこ are, theその easierより簡単に itそれ is to regret後悔 anything何でも at〜で allすべて
不満を感じやすいことになります
10:42
thatそれ is disappointing失望する about theその optionオプション thatそれ you君は chose選択した.
二つ目は
経済学者が機会費用と呼ぶものです
10:45
Second二番, what economistsエコノミスト callコール "opportunity機会 costsコスト."
今朝 ダン・ギルバート氏が
我々の価値判断は
10:48
Danダン Gilbertギルバート made aa big大きい pointポイント thisこの morning
比較対象されるものに
影響されると言う点を
10:50
of talking話す about howどうやって muchたくさん theその way方法 in whichどの we我々 value thingsもの
その講演の中で語っておられました
10:55
depends依存する on what we我々 compare比較する themそれら to.
多くの選択肢を検討しなくてはならないと
10:57
Wellよく, whenいつ thereそこ are lotsロット of alternatives代替案 to consider検討する,
選ばなかった選択肢の良いところを
11:01
itそれ is easy簡単 to imagine想像する theその attractive魅力的 features特徴
想像し 選んだ選択肢に
11:04
of alternatives代替案 thatそれ you君は reject拒絶する,
その分不満を持つ度合いが多くなることは
たやすく想像できます
11:07
thatそれ make作る you君は lessもっと少なく satisfied満足 with〜と theその alternative代替 thatそれ you'veあなたは chosen選ばれた.
ここに一つの例があります
11:12
Here'sここにいる an example. Forために thoseそれら of you君は who aren'tない New新しい Yorkersヨークシャー, I apologizeお詫びする.
ニューヨークから来た人には悪いのですが
[85番街の駐車スペースが気になるんだ]
11:16
(Laughter笑い)
このように考えてください
[85番街の駐車スペースが気になるんだ]
11:17
Butだけど here'sここにいる what you'reあなたは supposed想定される to be〜する thinking考え.
ここにハンプトンズのカップルがいます
11:19
Here'sここにいる thisこの coupleカップル on theその Hamptonsハムプトン.
高価な邸宅に暮らし
11:21
Very非常に expensive高価な realリアル estateエステート.
素晴らしい浜辺で過ごす 素晴らしい日です
全てを手に入れてる
11:23
Gorgeousゴージャスな beachビーチ. Beautiful綺麗な day. They彼ら have持ってる itそれ allすべて to themselves自分自身.
他に何を望むというのでしょう
11:26
What couldできた be〜する betterより良い? "Wellよく, damnくそー itそれ,"
この男性は思ってます
「ええい くそっ
11:28
thisこの guy is thinking考え, "It'sそれは August8月.
今は八月で マンハッタンの隣人達は
みんなどこかに出かけている
11:30
Everybodyみんな in myじぶんの Manhattanマンハッタン neighborhoodご近所 is away離れて.
だからマンションの目の前の
駐車場が空いているじゃないか」
11:34
I couldできた be〜する parkingパーキング right in frontフロント of myじぶんの building建物."
そして2週間 毎日毎日
あの素晴らしい駐車スペースを逃している
11:38
Andそして he spends支出 two weeks naggedかわいそう by〜によって theその ideaアイディア
11:41
thatそれ he is missing行方不明 theその opportunity機会, day after day, to have持ってる aa greatすばらしいです parkingパーキング spaceスペース.
という考えに 捕われているのです
機会費用は 我々の選択が
たとえどんなに良いものであっても
11:48
Opportunity機会 costsコスト subtract減算 fromから theその satisfaction満足 we我々 get取得する outでる of what we我々 choose選択する,
その満足度から
差し引かれていくのです
11:52
even偶数 whenいつ what we我々 choose選択する is terrific素晴らしい.
だから選択肢が多ければ多いほど
11:55
Andそして theその moreもっと optionsオプション thereそこ are to consider検討する,
11:57
theその moreもっと attractive魅力的 features特徴 of theseこれら optionsオプション
またそれらが魅力的であればあるほど
11:59
are going行く to be〜する reflected反射した by〜によって us米国 asとして opportunity機会 costsコスト.
それらは機会費用として
我々に跳ね返ってくるのです
もう一つの例を挙げましょう
12:03
Here'sここにいる another別の example.
この漫画は多くの点を示しています
12:09
Now thisこの cartoon漫画 makes作る aa lotロット of pointsポイント.
12:11
Itそれ makes作る pointsポイント about living生活 in theその moment瞬間 asとして wellよく,
ひとつは 今を生きるという点
また ゆっくりと時間をかけてやるということ
12:15
andそして probably多分 about doingやっている thingsもの slowlyゆっくり.
でも一つあげるとしたら
どれか一つのことを選んだとしたら
12:17
Butだけど one1 pointポイント itそれ makes作る is thatそれ wheneverいつでも you'reあなたは choosing選択 one1 thingもの,
他の事をやらないことを選んだ
ということでもある
12:20
you'reあなたは choosing選択 notない to do行う otherその他 thingsもの.
そしてその他のことには
たくさんの魅力的なことがあるかもしれない
12:22
Andそして thoseそれら otherその他 thingsもの mayかもしれない have持ってる lotsロット of attractive魅力的 features特徴,
そのことが今自分がやっていることから
魅力を損ねるのです
12:24
andそして it'sそれは going行く to make作る what you'reあなたは doingやっている lessもっと少なく attractive魅力的.
三つ目は期待値の増大です
12:27
Third三番: escalationエスカレーション of expectations期待.
12:29
Thisこの hitヒット me whenいつ I went行った to replace置き換える myじぶんの jeansジーンズ.
これはジーパンを買い換えに行った時に
気がついたのですが
12:32
I wear着る jeansジーンズ almostほぼ allすべて theその time時間.
私はいつもジーパンを履いてます
12:34
Andそして thereそこ wasあった aa time時間 whenいつ jeansジーンズ came来た in one1 flavor風味,
以前はジーパンは一種類しかなく
それを購入して
全然体にあってなくて
12:37
andそして you君は bought買った themそれら, andそして they彼ら fitフィット like好きな crapひどい,
12:39
andそして they彼ら wereあった incredibly信じられないほど uncomfortable不快な,
信じられないくらい着心地も悪くて
でも長い事履いて何度も洗うことによって
12:41
andそして ifif you君は wore着て themそれら long長いです enough十分な andそして washed洗った themそれら enough十分な times,
なんとなく良くなっていった
12:43
they彼ら started開始した to feel感じる OKOK.
そこで何年も何年も履いていたジーパンを
買い替えるために出かけていって
12:45
Soそう I went行った to replace置き換える myじぶんの jeansジーンズ after years andそして years of wearing着る theseこれら old古い onesもの,
12:48
andそして I said前記, you君は know知っている, "I want欲しいです aa pairペア of jeansジーンズ. Here'sここにいる myじぶんの sizeサイズ."
「ジーパンが欲しい 私のサイズはこれです」
と言いました
すると店員が
12:51
Andそして theその shopkeeper店主 said前記,
12:52
"Do行う you君は want欲しいです slimスリム fitフィット, easy簡単 fitフィット, relaxedリラックスした fitフィット?
「スリムとストレートとリラックスと
どれにしますか?
ボタンフライかジッパーにしますか?
ストーンウォッシュそれともアシッド?
12:55
You君は want欲しいです buttonボタン fly飛ぶ orまたは zipperジッパー fly飛ぶ? You君は want欲しいです stonewashedストーンウォッシュ orまたは acid-washed酸洗浄?
ダメージ加工のものにしますか?
12:58
Do行う you君は want欲しいです themそれら distressed苦しい?
ブーツカットにするかテーパードにするか
それともそれとも」と永遠に続く
13:00
You君は want欲しいです bootブート cutカット, you君は want欲しいです taperedテーパード, blahああ blahああ blahああ ..." On andそして on he went行った.
私は呆れて何も言えなくなって
しまったのですが ほどなくして
13:03
Myじぶんの jaw dropped落とした, andそして after I recovered回復した, I said前記,
「以前一つしかなかったやつと
同じものが欲しい」と言ったのです
13:06
"I want欲しいです theその kind種類 thatそれ used中古 to be〜する theその onlyのみ kind種類."
(笑)
13:09
(Laughter笑い)
彼はそれがどんなものか
見当もつかなかったので
13:14
He had持っていました noいいえ ideaアイディア what thatそれ wasあった,
私はいろいろのジーパンを
1時間にも渡り試着して
13:16
soそう I spent過ごした an hour時間 trying試す on allすべて theseこれら damnくそー jeansジーンズ,
13:20
andそして I walked歩いた outでる of theその store格納 --- truth真実! --- with〜と theその best-fittingベストフィッティング jeansジーンズ I had持っていました everこれまで had持っていました.
正直に言うと今までで最高にフィットした
ジーパンを手に入れてお店を後にしました
これらの多くの選択肢が
私が最高のものを選ぶ事を可能にしました
13:25
I didした betterより良い. Allすべて thisこの choice選択 made itそれ possible可能 forために me to do行う betterより良い.
13:29
Butだけど I feltフェルト worse悪化する.
でも気分は最悪でした
何故か?それを自分に説明するために
本を1冊書きました
13:33
Whyなぜ? I wrote書きました aa whole全体 book to tryお試しください to explain説明する thisこの to myself私自身. (Laughter笑い)
13:37
Theその reason理由 I feltフェルト worse悪化する is thatそれ,
私の気分が最悪だった理由は
これだけ多くの選択肢が
与えられていることで
13:45
with〜と allすべて of theseこれら optionsオプション available利用可能な,
私にとっての良いジーパンの
期待値が上がったからです
13:48
myじぶんの expectations期待 about howどうやって good良い aa pairペア of jeansジーンズ should〜すべき be〜する went行った upアップ.
もともと 選択肢が一つしかなかった時は
全く期待などしていなかったのです
13:54
I had持っていました very非常に low低い ---
13:55
I had持っていました noいいえ particular特に expectations期待 whenいつ they彼ら onlyのみ came来た in one1 flavor風味.
それが100に増えてしまったとたんに、
13:58
Whenいつ they彼ら came来た in 100 flavors風味, damnくそー itそれ,
どれかひとつ完璧であるべきだと
14:00
one1 of themそれら should'veすべきだった beenされている perfect完璧な.
そして私が得たものは良いものだったけど
完璧ではない
14:02
Andそして what I got持っている wasあった good良い, butだけど itそれ wasn'tなかった perfect完璧な.
そこで期待していたものと
実際のものを比較して
14:04
Andそして soそう I compared比較した what I got持っている to what I expected期待される,
期待していたものと比べて
満足度の低いものを得たのでした
14:07
andそして what I got持っている wasあった disappointing失望する in comparison比較 to what I expected期待される.
人々の生活に選択肢を増やすことは
14:10
Adding追加する optionsオプション to people's人々の lives人生
それらの選択肢に対する
期待値を増大させることを
14:13
can'tできない help助けて butだけど increase増加する theその expectations期待 people have持ってる
余儀なくさせてしまいます
14:17
about howどうやって good良い thoseそれら optionsオプション will意志 be〜する.
そしてそれは結果がたとえ良くても
その満足度を
14:19
Andそして what that'sそれは going行く to produce作物 is lessもっと少なく satisfaction満足 with〜と results結果,
より少なくするということを生み出します
[どれも素晴らしそう 間違いなくがっかりする]
14:22
even偶数 whenいつ they're彼らは good良い results結果.
マーケティング業界は誰もこれを知りません
[どれも素晴らしそう 間違いなくがっかりする]
14:25
Nobody誰も in theその world世界 of marketingマーケティング knows知っている thisこの,
知っていたとしたら
誰もこれが何の事がわからないでしょうから
14:28
becauseなぜなら ifif they彼ら didした, you君は wouldn'tしないだろう allすべて know知っている what thisこの wasあった about.
真実とはこのようなものです
14:34
Theその truth真実 is moreもっと like好きな thisこの.
(笑)
[全てがひどかった頃の方が全てが良かった]
14:37
(Laughter笑い)
全てががひどかった頃の方が
全てが良かった理由とは
14:40
Theその reason理由 thatそれ everythingすべて wasあった betterより良い backバック whenいつ everythingすべて wasあった worse悪化する
何もかもが良く無かった頃は
14:44
is thatそれ whenいつ everythingすべて wasあった worse悪化する,
良い意味での驚きをもたらす体験をすることが
可能だったからです
14:46
itそれ wasあった actually実際に possible可能 forために people to have持ってる experiences経験 thatそれ wereあった aa pleasant楽しい surprise驚き.
今現在 我々裕福な産業国に住む市民が
この世界で生きている限り
14:51
Nowadays今日は, theその world世界 we我々 liveライブ in --- we我々 affluent豊かな, industrialized工業化された citizens市民,
期待値が完璧を求めている中で
14:55
with〜と perfection完璧 theその expectation期待 ---
望みうる最高のことは
期待通りということなのです
14:57
theその bestベスト you君は canできる everこれまで hope希望 forために is thatそれ stuffもの is asとして good良い asとして you君は expect期待する itそれ to be〜する.
良い意味での驚きというものは
あり得なくなっている
15:01
You君は will意志 never決して be〜する pleasantly楽しく surprised驚いた
それは我々の期待値が
天井知らずになってしまったからなのです
15:03
becauseなぜなら yourきみの expectations期待, myじぶんの expectations期待, have持ってる gone行った throughを通して theその roofルーフ.
皆さんが今日ここに来た目的
幸せを得る秘密とは
15:07
Theその secret秘密 to happiness幸福 --- thisこの is what you君は allすべて came来た forために ---
期待値を低く持つということです
15:10
theその secret秘密 to happiness幸福 is low低い expectations期待.
(笑)
15:16
(Laughter笑い)
[頼んだよ]
(拍手)
15:18
(Applause拍手)
ひとつ 個人的な話をします
15:24
I want欲しいです to sayいう --- justちょうど aa little少し autobiographical自伝的な moment瞬間 ---
私は大変素晴らしい女性を
15:28
thatそれ I actually実際に am午前 married既婚 to aa wife,
妻としています
15:31
andそして she's彼女は really本当に quiteかなり wonderful素晴らしい.
これ以上はないというくらい
妥協しませんでした
15:33
I couldn'tできなかった have持ってる done完了 betterより良い. I didn'tしなかった settle解決する.
でも妥協するというのは
必ずしも悪い事ではありません
15:36
Butだけど settling沈む isn'tない always常に suchそのような aa bad悪い thingもの.
最後にきちんとフィットしていない
ジーパンを買う事の 悪影響の一つとして
15:39
Finally最後に, one1 consequence結果 of buying買う aa bad-fitting不良嵌合 pairペア of jeansジーンズ
買うものが一種類しかない場合
15:44
whenいつ thereそこ is onlyのみ one1 kind種類 to buy購入
満足していない理由を考えてみて
15:47
is thatそれ whenいつ you君は are dissatisfied不満, andそして you君は ask尋ねる whyなぜ,
誰の責任か
答えは明確です
15:49
who'sだれの responsible責任ある, theその answer回答 is clearクリア:
この世の中が悪い
あなたに何ができたでしょう?
15:51
theその world世界 is responsible責任ある. What couldできた you君は do行う?
ジーパンの種類が何百もあるとなって
15:54
Whenいつ thereそこ are hundreds数百 of different異なる stylesスタイル of jeansジーンズ available利用可能な,
満足のいかないものを買ってしまった時
15:57
andそして you君は buy購入 one1 thatそれ is disappointing失望する,
誰の責任かと自問自答すると
16:00
andそして you君は ask尋ねる whyなぜ, who'sだれの responsible責任ある?
同じように明確に答えは
あなた自身なのです
16:02
Itそれ is equally均等に clearクリア thatそれ theその answer回答 to theその question質問 is you君は.
あなたはもっといいものを選べたはずです
16:07
You君は couldできた have持ってる done完了 betterより良い.
何百種類ものジーパンを前にして
16:09
With〜と aa hundred different異なる kinds種類 of jeansジーンズ on display表示,
失敗は許されません
16:12
thereそこ is noいいえ excuse言い訳 forために failure失敗.
だから人々が決断を下す時
16:14
Andそして soそう whenいつ people make作る decisions決定,
またその決断が
たとえいいものであったとしても
16:16
andそして even偶数 thoughしかし theその results結果 of theその decisions決定 are good良い,
それに満足が得られなかったら
16:19
they彼ら feel感じる disappointed失望した about themそれら;
自分自身を責めるのです
16:22
they彼ら blame責任 themselves自分自身.
ここ数10年で産業国において鬱病が
爆発的に増加しました
16:24
Clinical臨床的 depressionうつ病 has持っている exploded爆発した in theその industrial工業用 world世界 in theその last最終 generation世代.
私は 鬱病や自殺が爆発的に増えた
大きな要因は
16:28
I believe信じる aa significant重要な --- notない theその onlyのみ, butだけど aa significant重要な --- contributor投稿者
―これだけではありませんが―
人々の期待値が高すぎて
16:32
to thisこの explosion爆発 of depressionうつ病, andそして alsoまた、 suicide自殺,
その結果 経験が不満足なものに
なってしまっているという
16:35
is thatそれ people have持ってる experiences経験 thatそれ are disappointing失望する
ことがあると思っています
16:38
becauseなぜなら their彼らの standards基準 are soそう high高い,
そしてそのような体験を自分自身に
説明しようとする際
16:40
andそして then次に whenいつ they彼ら have持ってる to explain説明する theseこれら experiences経験 to themselves自分自身,
全て 自分の責任だと思ってしまうのです
16:43
they彼ら think思う they're彼らは at〜で fault不具合.
すると総体的な結果として 一般的に
客観的には良い事になっているのに
16:45
Andそして soそう theその netネット result結果 is thatそれ we我々 do行う betterより良い in general一般, objectively客観的に,
気持ちは最悪になっています
16:49
andそして we我々 feel感じる worse悪化する.
そこで皆さん覚えていてください
16:52
Soそう let〜する me remind思い出させる you君は.
これが皆が自明のこととして信じている
公式教義ですが
16:55
Thisこの is theその official公式 dogmaドグマ, theその one1 thatそれ we我々 allすべて take取る to be〜する true真実,
それはみんな嘘っぱち
真実ではないのです
16:59
andそして it'sそれは allすべて false. Itそれ is notない true真実.
全く選択肢がないよりは
多少あった方がいいに決まっています
17:03
There'sそこに noいいえ question質問 thatそれ some一部 choice選択 is betterより良い thanより noneなし,
だからといって選択肢は
多ければ多いほどいいわけではありません
17:07
butだけど itそれ doesn'tしない followフォローする fromから thatそれ thatそれ moreもっと choice選択 is betterより良い thanより some一部 choice選択.
私にはわかりませんが
秘密の数値があるのでしょう
17:12
There'sそこに some一部 magical魔法の amount. I don'tしない know知っている what itそれ is.
私は選択肢の多さが
我々に繁栄をもたらすという地点を
17:15
I'm私は prettyかなり confident自信を持って thatそれ we我々 have持ってる long長いです since以来 passed合格 theその pointポイント
とっくに通過してしまったと
自信を持って言えます
17:18
whereどこで optionsオプション improve改善する our我々の welfare福祉.
そこで 政策問題として
もう少しで終わりますよ
17:20
Now, asとして aa policyポリシー matter問題 --- I'm私は almostほぼ done完了 ---
政策問題として考えなくてはならないのは
次の点です
17:23
asとして aa policyポリシー matter問題, theその thingもの to think思う about is thisこの:
産業社会において選択肢を与えているものは
物質的な豊かさです
17:27
what enables可能にする allすべて of thisこの choice選択 in industrial工業用 societies社会 is material材料 affluence豊かな.
17:34
Thereそこ are lotsロット of places場所 in theその world世界,
この世の中には
選択肢の多さが問題に
17:36
andそして we我々 have持ってる heard聞いた about severalいくつかの of themそれら,
なっているのではないところが
まだ数多くあることを
我々は聞き知っています
17:38
whereどこで their彼らの problem問題 is notない thatそれ they彼ら have持ってる tooあまりにも muchたくさん choice選択.
彼等の問題は選択肢が少なすぎることです
17:40
Their彼らの problem問題 is thatそれ they彼ら have持ってる tooあまりにも little少し.
だから私が言っていることは
17:43
Soそう theその stuffもの I'm私は talking話す about is theその peculiar特有の problem問題
近代の 豊かな西欧社会独特の問題なのです
17:46
of modernモダン, affluent豊かな, Western西洋 societies社会.
そこで非常に不愉快でいらいらさせるのは
次の点です
17:49
Andそして what is soそう frustratingイライラする andそして infuriating怒る is thisこの:
スティーブ・レヴィットが
昨日皆さんにお話しした
17:53
Steveスティーブ Levittレビット talked話した to you君は yesterday昨日 about howどうやって
17:55
theseこれら expensive高価な andそして difficult-to-installインストールが難しい child seats don'tしない help助けて. It'sそれは aa waste廃棄物 of moneyお金.
高価で取扱が難しいチャイルドシートが
何の効果もなくお金の無駄だということ
私が言いたいのは
このような高価で難しい選択肢が
18:06
What I'm私は telling伝える you君は is thatそれ theseこれら expensive高価な, complicated複雑な choices選択肢 ---
役に立たないだけではない
18:10
it'sそれは notない simply単に thatそれ they彼ら don'tしない help助けて.
実際には危害を加えるのです
18:12
They彼ら actually実際に hurt傷つける.
我々をより悪い方へと導く事になるのです
18:14
They彼ら actually実際に make作る us米国 worse悪化する offオフ.
我々の社会において
多くの選択肢を可能にしているものを
18:17
Ifif some一部 of what enables可能にする people in our我々の societies社会 to make作る allすべて of theその choices選択肢 we我々 make作る
18:22
wereあった shiftedシフトした to societies社会 in whichどの people have持ってる tooあまりにも few少数 optionsオプション,
選択肢が少なすぎる社会に
移す事ができたとしたら
選択肢の少なすぎる社会の人たちの
生活が向上するだけでなく
18:27
notない onlyのみ would〜する thoseそれら people's人々の lives人生 be〜する improved改善された,
18:29
butだけど ours私たちのもの would〜する be〜する improved改善された alsoまた、.
我々の生活も向上するのです
これが 経済学者が言うところの
パレート改善ということです
18:32
Thisこの is what economistsエコノミスト callコール aa "Pareto-improvingパレート改良 move動く."
収入の再分配は 貧しい人たちだけでなく
全ての人たちを幸せにします
18:35
Income所得 redistribution再分配 will意志 make作る everyoneみんな betterより良い offオフ --- notない justちょうど poor貧しい people ---
それは多すぎる選択肢の悩みから
解放されるからです
18:40
becauseなぜなら of howどうやって allすべて thisこの excess過剰 choice選択 plagues災害 us米国.
結論として この漫画を読んだ時
[限界などない ―願ったとおりになれるのだ]
18:44
Soそう to conclude結論づける. You'reあなたは supposed想定される to read読む thisこの cartoon漫画,
洗練された人は
「この魚が何を知っているのだろう
18:48
andそして, beingであること aa sophisticated洗練された person, sayいう,
この金魚鉢の中では
何も可能性などないことを
18:50
"Ahああ! What doesする thisこの fish know知っている?
知っているでしょうに」と言うべきなのです
18:52
You君は know知っている, nothing何も is possible可能 in thisこの fishbowlフィッシュボウル."
想像力の欠如 近視眼的な世界観
18:56
Impoverished貧しい imagination想像力, aa myopic近視の view見る of theその world世界 ---
私も初めはそのように解釈していました
18:58
andそして that'sそれは theその way方法 I read読む itそれ at〜で first最初.
でも色々考えを進めて行くうちに
19:00
Theその moreもっと I thought思想 about itそれ, howeverしかしながら,
この魚は何事かを知っているかもしれない
と思うようになりました
19:02
theその moreもっと I came来た to theその view見る thatそれ thisこの fish knows知っている something何か.
それは 究極のところ
19:06
Becauseなぜなら theその truth真実 of theその matter問題 is thatそれ
可能性を広げるために
金魚鉢を叩き割ってしまったら
19:08
ifif you君は shatter粉砕する theその fishbowlフィッシュボウル soそう thatそれ everythingすべて is possible可能,
得られるのは自由ではなく
無力感だからです
19:13
you君は don'tしない have持ってる freedom自由. You君は have持ってる paralysis麻痺.
可能性を広げるために
金魚鉢を叩き割ってしまったら
19:16
Ifif you君は shatter粉砕する thisこの fishbowlフィッシュボウル soそう thatそれ everythingすべて is possible可能,
満足度を低下させてしまいます
19:19
you君は decrease減少 satisfaction満足.
無力感を増大させ
満足度を低下させる
19:23
You君は increase増加する paralysis麻痺, andそして you君は decrease減少 satisfaction満足.
みんなが金魚鉢を必要としています
19:27
Everybodyみんな needsニーズ aa fishbowlフィッシュボウル.
今あるものはどうしても限界がある
19:29
Thisこの one1 is almostほぼ certainly確かに tooあまりにも limited限られた ---
我々にとってだけでなく
魚にとってさえも
19:31
perhapsおそらく even偶数 forために theその fish, certainly確かに forために us米国.
でも隠喩的な金魚鉢の欠如は
不幸を作るレシピに過ぎません
19:34
Butだけど theその absence不在 of some一部 metaphorical比喩的 fishbowlフィッシュボウル is aa recipeレシピ forために misery不幸,
また 大災害のもとにもなることでしょう
19:38
andそして, I suspect容疑者, disaster災害.
ありがとうございました
19:41
Thank感謝 you君は very非常に muchたくさん.
(拍手)
19:43
(Applause拍手)
Translated by Miwa Nakamura
Reviewed by Keisuke Kusunoki

▲Back to top

About the speaker:

Barry Schwartz - Psychologist
Barry Schwartz studies the link between economics and psychology, offering startling insights into modern life. Lately, working with Ken Sharpe, he's studying wisdom.

Why you should listen

In his 2004 book The Paradox of Choice , Barry Schwartz tackles one of the great mysteries of modern life: Why is it that societies of great abundance — where individuals are offered more freedom and choice (personal, professional, material) than ever before — are now witnessing a near-epidemic of depression? Conventional wisdom tells us that greater choice is for the greater good, but Schwartz argues the opposite: He makes a compelling case that the abundance of choice in today's western world is actually making us miserable.

Infinite choice is paralyzing, Schwartz argues, and exhausting to the human psyche. It leads us to set unreasonably high expectations, question our choices before we even make them and blame our failures entirely on ourselves. His relatable examples, from consumer products (jeans, TVs, salad dressings) to lifestyle choices (where to live, what job to take, who and when to marry), underscore this central point: Too much choice undermines happiness.

Schwartz's previous research has addressed morality, decision-making and the varied inter-relationships between science and society. Before Paradox he published The Costs of Living, which traces the impact of free-market thinking on the explosion of consumerism -- and the effect of the new capitalism on social and cultural institutions that once operated above the market, such as medicine, sports, and the law.

Both books level serious criticism of modern western society, illuminating the under-reported psychological plagues of our time. But they also offer concrete ideas on addressing the problems, from a personal and societal level.

More profile about the speaker
Barry Schwartz | Speaker | TED.com