デービット・メリル:考えるブロック玩具「シフタブル」

TED2009

デービット・メリル:考えるブロック玩具「シフタブル」

February 6, 2009


MIT大学院生のデービット・メリルが未来の玩具「シフタブル」のデモを行います。この手のひらサイズの電子ブロック「シフタブル」は、積み上げたりシャッフルすると計算をしたり、音楽を奏でたり、友達と話までできてしまう。次の実践型教育にはこれがくる?

ミルトン・グレイザー: デザインでアイディアをー新する

TED1998

ミルトン・グレイザー: デザインでアイディアをー新する

February 2, 1998


TEDアーカイブス:伝説のグラフィックデザイナー ミルトン・グレイザーが、ピエロ・デッラ・フランチェスカにインスパイアされた自身の新作絵画に深く切り込む。さらに、アイディアをブレイクダウンして一新し、ポスターに説得力を与える方法について考えを巡らせる。

エリザベス・ギルバート "創造性をはぐくむには"

TED2009

エリザベス・ギルバート "創造性をはぐくむには"

February 5, 2009


人々が芸術家や天才に抱く無理な期待を巡ってエリザベス・ギルバートが考察します。そして、わずかばかりの一個人がジーニアス(天才)「である」のではなく、人間はみなジーニアスを「持っている」のだという急進的な考えを語ります。これは私的であり、可笑しいながらも、驚くほど感動的な講演です。

ビル・ゲイツの現在の活動

TED2009

ビル・ゲイツの現在の活動

February 2, 2009


ビル・ゲイツは、新しい形態の慈善活動を通すことで、地球上における重大な幾つかの問題解決を図ろうと考えています。情熱的で且つ笑える18分間のメッセージの中で、彼は問いかける2つの重要な課題に対し、私たちに解決策の考案を求めます。

ビル・グロス: 太陽を追跡する太陽光エネルギー装置

TED2003

ビル・グロス: 太陽を追跡する太陽光エネルギー装置

February 2, 2003


Idealab の創立者であるビル・グロスは、高校時代に始めた太陽エネルギーの図面と道具一式を販売する会社など、発明家としての人生について語ります。革新的な太陽電池システムと未解決の問題について学ぼう。

ナタリー・マクマスター、ドネル・レーヒー: ケープ・ブレトン島のフィドル

TED2003

ナタリー・マクマスター、ドネル・レーヒー: ケープ・ブレトン島のフィドル

February 2, 2003


ナタリー・マクマスターと音楽のパートナーであるドネル・レーヒーが、ケープ・ブレトン島の伝統的音楽の中から何曲か演奏します。軽やかで感情豊かなスタイルのフォーク・フィドルの演奏です。素晴らしいコラボレーションに思わず手拍子したくなったり、踊りだしたくなったりすることでしょう。

ジョー・デリシ:ウイルス・スキャンが解く医学の謎

TED2006

ジョー・デリシ:ウイルス・スキャンが解く医学の謎

February 2, 2006


生化学者 ジョー・デリシがDNAを使った驚くべきウィルス診断法そして病気の治療法を紹介します。デリシ博士の研究はマラリア、 SARS、 鳥インフルエンザの研究や、60%を占める通常の原因不明のウイルス感染の解明に役立つことが期待されます。

ランニングに関するエイミー・マリンズの話

TED1998

ランニングに関するエイミー・マリンズの話

February 2, 1998


この1998年のTEDアーカイブビデオでは、パラリンピック短距離選手エイミー・マリンズが、自身の新記録達成と、その記録を実現を支えたカーボンファイバーの義足について話します。

ウッディ・ノリスの驚嘆の発明の数々

TED2004

ウッディ・ノリスの驚嘆の発明の数々

February 2, 2004


ウッディ・ノリスが音作りの新しい形を可能にした2つの発明を紹介し、発明と教育に対する革新的なアプローチについて語る。「ほとんど何も発明されていない」と彼は言う。次は何を?

シャーウィン・ヌーランド: 普通の人々の素晴らしい力

TED2003

シャーウィン・ヌーランド: 普通の人々の素晴らしい力

February 2, 2003


外科医であり作家でもあるシャーウィン・ヌーランドは、希望 ― つまり、自己と世界をより良くしたいという願望について思考を巡らせます。これからについて考えさせられる、思考に富んだ12分間です。

ピーター・ウォード が語る大量絶滅

TED2008

ピーター・ウォード が語る大量絶滅

February 27, 2008


大量絶滅の原因は隕石衝突説が有力視されますが、『メディア仮説』の著者、ピーター・ウォード博士は地球上の大量絶滅の多くは微生物が引き起したと唱えます。毒性の悪者である硫化水素には医学的に興味深い応用分野がある、と博士は言います。

ジャメイ・キャッシォ: 明日の世界を変えるツール

TED2006

ジャメイ・キャッシォ: 明日の世界を変えるツール

February 2, 2006


世界を良くしたいとは誰もが思うことです。しかし、どうやって変えるのでしょうか? ジャメイ・キャッシォが世界を変えうるツールや技術の数々を取り上げたこのトークは観る人を惹きつける内容です。観た後に行動したくなるかもしれません。

バリー・シュラー:  ゲノム学基礎講座

Taste3 2008

バリー・シュラー: ゲノム学基礎講座

June 30, 2008


ゲノム学とは何か?それは私たちの生活にどう影響するのか?起業家バリー・シュラーはゲノム革命の入門編として大変わかりやすく面白い話をします。彼はゲノム学のおかげで、少なくともより健康的でおいしい食物が手に入るようになると言います。一例としてピノノワール種のぶどうから、よりおいしいワインを作る事例を取り上げます。

デイビッド・カーソン「デザイン + 発見」

TED2003

デイビッド・カーソン「デザイン + 発見」

February 2, 2003


いいデザインとは永遠に終わりのない旅のようなものだ。少しくらいの笑いのセンスがあってちょうどいい。社会学者であり、サーファーからデザイナーへと転身したデイビッド・カーソンが、自身のデザインや身近な所で発見したイメージについて、ユーモアたっぷり話します。

ポーラ・シェア 本気になる

Serious Play 2008

ポーラ・シェア 本気になる

May 5, 2008


ポーラ・シェアが自身のデザイン・キャリアを振返ります。彼女はアルバム・カバー、表紙、シティバンクのロゴ等を手掛けたことで有名です。本気になって遊び心を発揮した境地を語ります。伝説的な、彼女の素晴らしいデザインやイメージをお楽しみください。

ジョセフ・パインの「消費者の望むこと」

TED2004

ジョセフ・パインの「消費者の望むこと」

February 29, 2004


消費者は「本物」を求めている、が「マスカスタマイゼーション」の著者ジョセフ・パインは「本物」を売るのは非常に難しい、なぜならそんなものは存在しないからだ、と言います。かれは「作り物」だがそれでも莫大な収益を上げる体験について語ります。

ピーター・ラインハート「おいしいパンの話」

Taste3 2008

ピーター・ラインハート「おいしいパンの話」

July 17, 2008


いろいろなパンが次々と焼き上がる・・・誰もに愛され、なくてはならない食べ物であるパンへの賛辞として、ピーター・ラインハートが日々私たちが食べているパンを作るための必須の組み合わせ(小麦とイースト、でんぷんと熱)に関して熟考します。

ロブ・フォーブス: ものの見方

TED2006

ロブ・フォーブス: ものの見方

February 2, 2006


Design Within Reachの創設者であるロブ・フォーブスがスナップ写真を交えて、彼のものの見方を紹介します。このスライドショーでは皆さんの周囲にあるかわいらしい配置、ファウンドアート、都市にみられるパターンなど今まで気づきもしなかった世界が見えてくるものの見方についてお話しします。

グレッグ・リン: 建築に関する有機的なアルゴリズム

TED2005

グレッグ・リン: 建築に関する有機的なアルゴリズム

February 2, 2005


グレッグ・リンは建築における数学的なルーツについて、また微積分学やデジタルツールを使用し、どのようにして現代のデザイナーたちが伝統的な建築様式を越えた事を可能してきたかを語ります。クイーンズにある壮麗な教会(そして、チタン製の茶器)が彼の理論を説明してくれます

ポール・モラーとスカイカー

TED2004

ポール・モラーとスカイカー

February 2, 2004


ポール・モラーが将来の空の旅について話します。自動車が空を飛ぶことで道路という制約を離れた真の自由が実現します。ジェットを搭載した車であるモラー・スカイカーと乗員に優しいホバリング・ディスクの二つをご覧に入れます。

ポール・セレノは恐竜を掘る

TED2005

ポール・セレノは恐竜を掘る

February 28, 2005


奇抜な風景と、焼けるような暑さ、ときには泥だらけのワニも、進化の奇跡の証拠を求める科学者達の前途を遮ります。古生物学者のポール・セレノは有史以前の生物との遭遇について語り、そんな冒険に加わる生徒達を支援する新しい方法についても触れます。

ジョン・マエダ 彼のデザインの旅について語る

Serious Play 2008

ジョン・マエダ 彼のデザインの旅について語る

May 5, 2008


デザイナー ジョン・マエダがシアトルの豆腐屋から2008年にロードアイランドデザイン学校の校長に到るまでの道のりについて話します。飽くることのない実験者であり機知に富んだ観察者がデザインとコンピューターを探求する極めて重要な機会です。

キャリー・マリス: 遊び!実験!発見!

TED2002

キャリー・マリス: 遊び!実験!発見!

February 2, 2002


生化学者キャリー・マリスが、現代科学の基礎である「実験」について語ります。 17世紀の実験と、彼自身の裏庭でのロケット製作の日々を物語る中で、マリスは、好奇心、インスピレーション、そして様々な形の正しい科学の厳密さを讃えます。

ジェニファー 8・リー:左 宗棠のチキンを探せ

Taste3 2008

ジェニファー 8・リー:左 宗棠のチキンを探せ

July 7, 2008


ジェニファー 8・リー記者は、おなじみのアメリカン中華料理の起源を探究することについて話します。二つの文化が(とても美味しく)混ざり合って、新しい料理となる隠れた場所を探します

ニコラス・ネグロポンテがコロンビアへOLPCを持って行く

TED in the Field

ニコラス・ネグロポンテがコロンビアへOLPCを持って行く

December 4, 2008


ニコラス・ネグロポンテが、以前ゲリラに支配されていた地域にラップトップを配るのをTEDが追いました。彼のパートナーは?One Laptop per Child (OLPC) を地域への投資として見ているコロンビア国防省です。(あなたもこの活動に参加できます)

スティーヴン・ストロガッツ: 驚くべきシンクロ現象

TED2004

スティーヴン・ストロガッツ: 驚くべきシンクロ現象

February 2, 2004


数学者スティーヴン・ストロガッツが、鳥、蛍、魚といった生物の群が誰の号令もなしにどうやって調和のとれた行動が出来るのかを説明します。無生物にも同調現象が発生します。

ペネロープ・ボストン「火星に生命はいるのか?」

TED2006

ペネロープ・ボストン「火星に生命はいるのか?」

February 2, 2006


マーズ・ローバーは火星で新たな地球外生命を発見しませんでした。しかし科学者ペネロープ・ボストンは火星の地下深い洞窟には、25〜50%程の確率で生命が存在すると考えています。博士が火星の生命について、どんな研究が進んでいるか詳細を語ります。

ダン・ギルバート 私達の誤った予測

TEDGlobal 2005

ダン・ギルバート 私達の誤った予測

July 7, 2005


ダン・ギルバートがあなたにも挑戦できるいくつかの驚くべきテストと実験を示しながら、幸福の追求とそのデータを発表します。TEDでおなじみの顔が火花を散らす、最後のQ&Aのコーナーをお見逃しなく。

ベンジャミン・ウォレス:幸せの価格

Taste3 2008

ベンジャミン・ウォレス:幸せの価格

July 19, 2008


幸せは買えるのか?それを探る為に、著者ベンジャミン・ウォレスは1947年ものシャトー・シュヴァル・ブラン、8オンスの神戸牛や名高い(悪名高い)コピ・ルアクコーヒーを試しました。彼の評論はアナタを驚かせるかもしれません。

ジェイ・ウォーカーによる「人間想像力の図書館」

TED2008

ジェイ・ウォーカーによる「人間想像力の図書館」

February 29, 2008


「人間想像力の図書館」の館長であるジェイ・ウォーカーが、TED 2008 のステージの背景を飾った興味深い品々の中からいくつかを手に取って解説するという目を見張るようなセッションを行います。