シンシア・シュナイダー「視聴者オーディション番組の驚くべき広がり」

TEDGlobal 2009

シンシア・シュナイダー「視聴者オーディション番組の驚くべき広がり」

July 7, 2009


シンシア・シュナイダーがアフガニスタンとアラブ首長国連邦で放送されている「アメリカン・アイドル」形式の番組を取り上げて、これらのリアリティTVが社会に与えている驚くべき影響を示します。

エドワード・バーティンスキーが撮す石油の風景

TEDGlobal 2009

エドワード・バーティンスキーが撮す石油の風景

July 21, 2009


驚く程美しい巨大な写真を使い、エドワード・バーティンスキーが油井からパイプラインや自動車のエンジン -- そして予期されているオイルピークの終わりの先 -- にいたるまで、現代社会の隅々にある石油の道筋を追います。

レイチェル・パイク 「気候に関する見出しの裏にある科学」

TEDGlobal 2009

レイチェル・パイク 「気候に関する見出しの裏にある科学」

July 24, 2009


大気化学者であるレイチェル・パイクが4分間で、気候変動などの大見出しの裏に隠れている膨大な努力の一端を垣間見せてくれます。彼女は何千という貢献者の中の1人として、チームとともに熱帯雨林上の危険なフライトを敢行し、ある鍵となる分子を追いかけています。

キャメロンシンクラー:一時的な活状の難民

TED2009

キャメロンシンクラー:一時的な活状の難民

February 21, 2009


TEDGlobal U にて、キャメロン=シンクレアが巨大不動産プロジェクトの知られざる費用の消失について説明します:何千もの移民建設労働者が無一文の状態で立ち往生しています。他の建築家に向かって、倫理的な対応しかすることは無いと述べます。

ステファーナ・ブロードベント 「インターネットによる親密な人間関係の構築」

TEDGlobal 2009

ステファーナ・ブロードベント 「インターネットによる親密な人間関係の構築」

July 25, 2009


インスタントメッセージや携帯メール、フェイスブックが人間関係を損なうではないかと心配されていますが、ステファーナ・ブロードベントによる調査結果は、コミュニケーション技術がいかにしてより親密な関係を築き、距離や職場のルールといった障害を乗り越えて愛を育むことができるのか教えてくれます。

ロバート・ライト: 思いやりの進化論

TEDSalon 2009 Compassion

ロバート・ライト: 思いやりの進化論

October 14, 2009


私達がなぜ黄金律(己の欲する所を人に施せ)を称えるのか、なぜ時々それを忘れてしまうのか、なぜいつの日か皆が思いやりを持てるという希望があるのか―ロバート・ライトは進化生物学とゲーム理論を用いて説明します。

ロバート・サーマン: 思いやりの輪を広げる

Chautauqua Institution

ロバート・サーマン: 思いやりの輪を広げる

October 1, 2009


日常的に他人に対して思いやりを示すということは、それがとても親しい人に対してであっても、難しいことです。しかし、ロバート・サーマンは、自分の敵と思える人々に対しても、思いやりを示すことを求めます。7段階の瞑想の訓練を通じて、身近な人々を超えて、思いやりの輪を広げることを、彼は提案します。

イマーム ファイサル アブデュル ラウフ: 自我を捨て、慈悲を見つける

TEDSalon 2009 Compassion

イマーム ファイサル アブデュル ラウフ: 自我を捨て、慈悲を見つける

October 1, 2009


イマーム・ファイサル・アブデュル・ラウフがコーランの教えとルーミーの物語、そしてムハンマドとイエス・キリストの人生を使い、どうすれば慈悲を見つけられるかについて話します

ジェームズ・フォーブス: 食卓で学んだ思いやり

Chautauqua Institution

ジェームズ・フォーブス: 食卓で学んだ思いやり

October 1, 2009


日常において愛すべき人と分かち合う本当の思いやりとは何か、ジェームズ・フォーブズ牧師が故郷アメリカ南部の夕食の席における両親の教えをもとに語る。

スワミ・ダヤナンダ・サラスワティ:思いやりへの深遠な道のり

Chautauqua Institution

スワミ・ダヤナンダ・サラスワティ:思いやりへの深遠な道のり

October 1, 2009


スワミ・ダヤナンダ・サラスワティは、人間の成長と真実の思いやりを獲得することが隣り合った道であることを明らかにします。無力な幼少期から他人をいたわるという勇敢な行動まで、自己認識の段階を一つ一つ説明します。

ジャッキー・タビック:憐れみ深くあるということ

TEDSalon 2009 Compassion

ジャッキー・タビック:憐れみ深くあるということ

October 1, 2009


憐れみ深いことは良いことであると誰もが分っている。しかしラビ・タビックは実際に憐れみ深くあることは簡単ではないと考える。ラビはこのスピーチで憐れみと正義のバランスをうまくとることで良い行いをし、同時に心の平和を保つ方法について話す。

マーカス・デュ・ソートイ: 対称性の秘密

TEDGlobal 2009

マーカス・デュ・ソートイ: 対称性の秘密

July 24, 2009


素粒子のスピンから美しいアラベスクまで、世界に溢れる対称性。しかし目に見えるものが全てではありません。 オックスフォードの数学者マーカス・デュ・ソートイが、全ての対称性に共通する見えない数学を語ります。

ベッキー・ブラントン:私のホームレス体験

TEDGlobal 2009

ベッキー・ブラントン:私のホームレス体験

July 23, 2009


ベッキー・ブラントンは、一年間バン暮らしながら旅をして回ろうと考えました。しかし鬱になり、フリーランスの職を失った時、彼女のキャンプ旅行はホームレス状態に変わりました。この個人的トークで、彼女は自分がアメリカのワーキングホームレスの一人になった時の体験を語ります。

レイチェル・アームストロング:「自己修復する建築?」

TEDGlobal 2009

レイチェル・アームストロング:「自己修復する建築?」

July 24, 2009


イタリアのベネチアは沈みかかっています。レイチェル・アームストロングは、それを救うには、不活性素材での建築から脱却し、自分で成長する構造物を作らなくてはならないと言います。彼女は、生物とまでは言えないが、自己修復し、炭素も吸収分離する素材を提案します。

デイヴィッド・ドイチュ:説明を説明するための新しい方法

TEDGlobal 2009

デイヴィッド・ドイチュ:説明を説明するための新しい方法

July 23, 2009


何万年もの間、私達の祖先はこの世界を神話を通して理解してきました。変化のスピードは非常に遅かったのです。科学的な理解の高まりは、この2,3世紀の間に世界を変えました。なぜでしょう?物理学者デイヴィッド・ドイチュは巧妙な答えを提案します。

イアン・ゴールディン:グローバルな未来を航海するために

TEDGlobal 2009

イアン・ゴールディン:グローバルな未来を航海するために

July 23, 2009


グローバリゼーションとテクノロジーの発展が新たな統合された未来に向けて人類を疾走させる中で、ゴールディンは全ての人々が平等に恩恵を受けるわけではないと警告を発します。と同時に、もし私たちがこの危険に気づいたならば、全ての人の生活向上につながる道筋を描くことも可能かもしれないと述べています。

マーク・コスカ: 注射器を再発明する130万の理由

TEDGlobal 2009

マーク・コスカ: 注射器を再発明する130万の理由

July 24, 2009


毎年130万人が、運営資金の少ないクリニックでよく見かける注射器の再使用で犠牲になっています。マーク・コスカは、事実、写真、隠しカメラで捉えた映像と共に、この世界的な問題を伝え、再使用出来ない低コストの注射器を紹介します。

イタイ・タルガム 「偉大な指揮者に学ぶリーダーシップ」

TEDGlobal 2009

イタイ・タルガム 「偉大な指揮者に学ぶリーダーシップ」

July 24, 2009


オーケストラの指揮者はきわめて難しいリーダーシップの問題に直面します。一言も発することなく完璧なハーモニーを作り出すということです。この魅力的な講演で、イタイ・タルガムは20世紀の偉大な指揮者5人それぞれの独特なスタイルを示し、リーダーの立場にいるすべての人にとって重要な教訓を引き出しています。

ポール・デベヴェック 「メイキング・オブ・デジタルエミリー」

TEDxUSC

ポール・デベヴェック 「メイキング・オブ・デジタルエミリー」

March 23, 2009


TEDxUSCでコンピュータグラフィックスの第一人者であるポール・デベヴェックが、デジタルエミリーの背後にある観客の目を奪うような技術について解説します。何度の撮り直しにも応えられるコンピュータで作り出されたリアルな人の顔をご覧ください。

ジョン・ガーズマ:金融危機後の消費者のありかた

TEDxKC

ジョン・ガーズマ:金融危機後の消費者のありかた

August 20, 2009


John Gerzamaは、近年の金融危機に端を発する大混乱を、ポジティブな変化を起こすための絶好の機会だと言う。彼は、新たな消費行動を推進する4つの主要な文化の変化を特定し、企業活動がどのように良識的な消費と結びついて発展しているかを示す。

我々に影響を与える4つの音について

TEDGlobal 2009

我々に影響を与える4つの音について

July 21, 2009


効果音を流すことは楽しくもあり不愉快でもあります。ジュリアン・トレジャーは音が我々に与える代表的な4つの影響について語ります。騒がしいオープンオフィスについてのショッキングな事実をよくお聞きください。

ヘンリー・マークラムがスーパーコンピュータの中に脳を構築

TEDGlobal 2009

ヘンリー・マークラムがスーパーコンピュータの中に脳を構築

July 23, 2009


ヘンリー・マークラムは言います、間もなく--心の謎を解決できると。精神疾患、記憶、知覚:これらはニューロンと電気信号で成り立っています。そして、脳の100,000,000,000,000ものシナプスすべてをモデル化したスーパーコンピュータで心の謎を解明しようとしています。

ロリー・サザーランド:広告マンの人生の教訓

TEDGlobal 2009

ロリー・サザーランド:広告マンの人生の教訓

July 23, 2009


宣伝広告は、製品そのものを変えるのでなく、私たちの見方を変えることで製品の価値を高めます。ロリー・サザーランドは「知覚価値を変えることで、私たちの思う『実際の価値』と同様の満足感を与えることができる」と大胆な主張をし、私たちの人生観に興味深い影響を与える結論を提示します。

デイビッド・ハンソン:「感情を表現する」ロボット

TED2009

デイビッド・ハンソン:「感情を表現する」ロボット

February 4, 2009


デイビッド・ハンソンのロボットは、あなたと似ていて、同じように表情を作ることができます。感情を理解してそれに応えたり、感情の表現もできます。アインシュタイン・ロボットを使ったライブでの「感情」のデモによって、ロボットが本当に人とそっくりになった未来の様子をうかがうことができます。

エリック・サンダーソン:ニューヨークが都市になる前の景観

TEDGlobal 2009

エリック・サンダーソン:ニューヨークが都市になる前の景観

July 22, 2009


ハドソンがニューヨーク湾を発見してから400年後、エリック・サンダーソンが、マンナハッタが都市になる前の、山々や川、野生動物に満ちた素晴らしい生態系の立体地図を作った模様を紹介します。その当時、タイムズスクエアは湿地帯で、配達を受ける事も出来ませんでした。

サム・マーティンが見た「男の空間」という癖のある世界

TEDGlobal 2009

サム・マーティンが見た「男の空間」という癖のある世界

July 24, 2009


作家のサム・マーティンが様々なものに彩られた「男の空間」と言える癖のある趣味の世界の写真を披露してくれます(カスタマイズされた居住空間で、男が働き、くつろぎ、そして自分自身になることができるテリトリーです)。冷たいのを一杯おやり下さい。

ボー・ロット:目の錯覚が示す私たちの物の見方

TEDGlobal 2009

ボー・ロット:目の錯覚が示す私たちの物の見方

July 23, 2009


ボー・ロットが行う色のゲームは視覚を混乱させますが、脳がどのように働くのかという普段は見えないことにも光を当てます。楽しみながら自分自身で視覚が持つさまざまな感覚を知ることで、進化がいかにして我々の知覚に色づけしているのかがはっきりします。

チママンダ・アディーチェ: シングルストーリーの危険性

TEDGlobal 2009

チママンダ・アディーチェ: シングルストーリーの危険性

July 23, 2009


我々の生活や文化は数々の話が重なり合って構成されています。作家のチママンダ・アディーチェは、どのように真の文化的声を探しだしたのかを語り、ある人間や国に対するたった一つの話を聴くだけでは、文化的な誤解を招く可能性があると指摘しています。

デビッド・ローガン:集団のリーダーシップ

TEDxUSC

デビッド・ローガン:集団のリーダーシップ

March 23, 2009


TEDxUSCでは、経営学の教授であるデビッド・ローガンが、学校や職場、そして運転免許センターなどで人間が自然と形成する、5種類の集団についてお話しします。私達が共有する集団の傾向を理解することで、よりよい個人へとお互いを導く一助となるでしょう。

キャロリン スティール:食料による都市の形成

TEDGlobal 2009

キャロリン スティール:食料による都市の形成

July 22, 2009


ロンドンほどの規模の都市では、毎日、三千万食が供給されています。しかし、この食料はどこからやってくるのでしょうか。建築家であるキャロリン・スティールが、食糧が毎日、都市に供給されることがいかに奇跡的であるか、また、食料が運ばれたルートによって、古代にどのようにして都市が形成されたかを語ります。