アーロン・オコンネル:目に見える量子物体を理解する

TED2011

アーロン・オコンネル:目に見える量子物体を理解する


物理学者は素粒子が通常の物体とは全く異なり、奇抜な量子力学の法則に従って振る舞うという考えに慣れています。アーロン・オコンネルは画期的な実験によって、肉眼で確認ができ、二つの場所に同時に存在することが実証可能な物体を作り、そのような区別を曖昧にさせました。本トークではその結果に対して興味深い考察を紹介します。

ステファン・サグマイスター: 幸せを生む7つのルール

TED@Cannes

ステファン・サグマイスター: 幸せを生む7つのルール


デザイナーのステファン・サグマイスターは単純で愉快な絵を使って幸せ(意識的と無意識的の両方)についての彼の最新の見解を共有します。彼の生活のための7つのルールと幸せのデザインはいくつかをカスタマイズすれば更なる喜びを求める皆に当てはまります。

デニス・ホン 「視覚障害者が運転できる車を作る」

TED2011

デニス・ホン 「視覚障害者が運転できる車を作る」


ロボティクス、レーザーレンジファインダー、GPS、フィードバック装置を使い、デニス・ホンは視覚障害者が運転できる車を作ろうとしています。これは「自動運転車」ではないことに注意してください。目の不自由なドライバーが、速度、障害物との距離、ルートを把握し、自分で運転できる車なのです。

Malcolm McLaren: Authentic creativity vs. karaoke culture

Handheld Learning

Malcolm McLaren: Authentic creativity vs. karaoke culture

No Transcript

How does one find authentic creativity? In his last talk before passing away, Malcolm McLaren tells remarkable stories from his own life, from failing school to managing the Sex Pistols. He argues that we're living in a karaoke culture, with false promises of instant success, and that messiness and failure are the key to true learning.

ロバート・グプタ、ジョシュア・ローマン「ヘンデルの主題によるパッサカリア」

TED2011

ロバート・グプタ、ジョシュア・ローマン「ヘンデルの主題によるパッサカリア」


ヴァイオリニストのロバート・グプタとチェリストのジョシュア・ローマンの演奏でハルヴォルセンの「ヴァイオリンとヴィオラのためのヘンデルの主題によるパッサカリア」をお聞きいただきます。ローマンはストラディバリウスのチェロでヴィオラのパートを弾いています。2人の音楽家が瞬間と瞬間をつなぎ合わせる姿(そしてハプニングをものともしない集中力)には強く訴えるものがあります。2人はTEDフェローであり、その深い絆がこの眩いばかりのデュエットに力を与えています。

ムスタファ・アキオル:イスラムにおける信仰と伝統の対立

TEDxWarwick

ムスタファ・アキオル:イスラムにおける信仰と伝統の対立


TEDxWarwickにて、ジャーナリストのムスタファ・アキオルが、地方の習慣(ハンカチーフを頭に巻くなど)がどのように大衆心理に結び付けられ、イスラムの信仰体系に加えられるようになったのかについて話します。イスラムに対する世界の一般通念は、核心の教えではなく、その習慣についてばかりに比重が偏っていないでしょうか?

シュリン・ネスハット「追放の身の芸術」

TEDWomen 2010

シュリン・ネスハット「追放の身の芸術」


自国に帰ることはできないが自国民に向けての発言力を持つ、イラン生まれの芸術家シュリン・ネスハットが、国外追放の身の芸術家のパラドックスを考察します。彼女は、作品中で力強いイラン人女性のイメージを通じて、イスラム革命をまたいだ政治的・社会的変革を探求します。

ブルース・エイルワード 「ポリオを永久に根絶させる方法」

TED2011

ブルース・エイルワード 「ポリオを永久に根絶させる方法」


ポリオはほぼ完全に根絶されたようなものだ。しかし、ブルース・エイルワード氏いわく、「この恐ろしい病気の場合、ほぼ根絶というのでは不十分」なのだ。科学の奇跡によって、世界の殆どの地域ではポリオが撲滅されたが、これからもこの奇跡を起こし続け、地球上から永久にポリオを根絶させる計画についてエイルワード氏は語る。

アーロン・コブリン:人間性を巧みに描く

TED2011

アーロン・コブリン:人間性を巧みに描く


芸術家アーロン・コブリンは、彼が保有する膨大なデータを視覚化します。飛行機の軌跡を描いた美しい線や携帯電話からの発信データによる景観、クラウド・ソーシングで集約された描画によるジョニー・キャッシュのビデオや、ユーザーのためにカスタマイズされる “荒野の街” 等の作品を発表しています。彼は現代的なテクノロジーを使って、私達をより人間らしく表現します。

Improv Everywhere: Gotta share!

Gel Conference

Improv Everywhere: Gotta share!

No Transcript

At the onstage introduction of Twirlr, a new social-sharing platform, someone forgets to silence their cell phone. And then ... this happens. (Song by Scott Brown and Anthony King; edit by Nathan Russell.)

テリー・ムーア:靴紐の正しい結び方

TED2005

テリー・ムーア:靴紐の正しい結び方


ある日、テリー・ムーアは彼の人生のその時まで、ずっと靴紐を間違った方法で結んでいたと分かりました。TED精神にのっとって、よりよい靴紐の結び方を皆さんにお伝えします。 (ちなみにこの2005年に行われたTEDトークが3分間トークのさきがけでした)。

エディス・ウィダー:不思議ですばらしい生物発光の世界

TED2011

エディス・ウィダー:不思議ですばらしい生物発光の世界


深く暗い海の底には、獲物を獲り、交尾の相手を求め、自衛のために光を放つ多くの生物が棲息しています。生物発光の専門家エディス・ウィダーは、この薄明の世界を最初にフィルムに収めた一人です。TED2011で彼女は、光を放つ生物をステージに登場させ、発光する海洋生物の驚くべき映像を見せてくれます。

エリオット・クレーン:慢性痛の謎

TED2011

エリオット・クレーン:慢性痛の謎


「痛み」を何かの兆候だと思うかもしれませんが、神経が反応を繰り返し、痛み自体が恐ろしい病気になってしまうことがあります。エリオット・クレーンは、手首の捻挫が悪夢と化してしまったある少女の話を始めに、慢性痛の複雑な謎について、慢性痛がどのように機能するか、そしてどのようにそれを対処するかについて語ります。

トーマス・ヘザウィック: 「種の聖殿」の建築

TED2011

トーマス・ヘザウィック: 「種の聖殿」の建築


今よりも美しい未来はつくりだせるでしょうか?建築家のトーマス・ヘザウィックが、生物からヒントを得たという5つの独創的なプロジェクトを紹介します。バスや橋や発電所など、普通に目にするものをつくり直したものもあれば、成長と光を題材とした並はずれたデザインの「種の聖殿」も出てきます。

エド・ボイデン: ニューロンの光スイッチ

TED2011

エド・ボイデン: ニューロンの光スイッチ


感光性タンパク質の遺伝子を脳細胞に導入し、移植したファイバー光学系を用いて特定のニューロンを選択的にオンオフできることをエド・ボイデンが示します。この先例のない制御技術によって、PTSD やある種の失明のマウスモデルを治療することにも成功しました。神経補装具という新たな地平線が見えてきました。セッション司会のファン・エンリケズによる簡単な質疑応答も収録。

レナード・サスキンド:友人リチャード・ファインマン

TEDxCaltech

レナード・サスキンド:友人リチャード・ファインマン


天才との親交とはどんなものなのでしょう。TEDxCaltechの壇上から、物理学者レナード・サスキンドが、伝説ともいえるリチャード・ファインマンとの交友関係について少しばかり披露してくれます。まじめな問題も、そうでない問題も、解決に導くファインマン流の型破りなアプローチについて語ります。

アミット・スード 「Webに作る美術館の美術館」

TED2011

アミット・スード 「Webに作る美術館の美術館」


世界最高の美術館にある美術作品の数々を自宅にいながら見られるところを想像してみてください。まさにそれを実現するために開発されたGoogle Art Projectについて、アミット・スードが話します。

ロン・ガットマン: 笑みの隠れた力

TED2011

ロン・ガットマン: 笑みの隠れた力


ロン・ガットマンが笑みに関する研究の数々を概説し、その驚くべき研究結果を明らかにします。皆さんは笑みが寿命の予想因子になることをご存じでしょうか。また、ごく普通の笑顔が幸せと健康に影響することもご存知ですか?進化的に見て人から人へとうつる笑顔に関することを学びながら、実際に微笑んでみてはどうでしょう?

フィオレンゾ・オメネト 「絹―歴史ある、未来の素材」

TED2011

フィオレンゾ・オメネト 「絹―歴史ある、未来の素材」


自然界で最もエレガントな素材の1つ、絹。フィオレンゾ・オメネトが、光の伝送・持続可能性の向上・耐久性の増加・医療の飛躍や限界への挑戦など、20以上の驚くべき絹の新利用法を紹介し、ステージではこの万能素材でできた品々を披露します。

ポール・ニックリン 「氷に閉ざされた不思議の国の話」

TED2011

ポール・ニックリン 「氷に閉ざされた不思議の国の話」


とても恐れられている動物であるヒョウアザラシに近づくため北極海の氷の下へと潜ったポール・ニックリンは、そこで意外な友達を見つけることになります。不思議の地・北極で彼が体験した可笑しくも心温まる物語を、氷の上や下に生きる動物たちの見事な写真とともにお楽しみください。

ルイ・シュワルツバーグ: 受粉の隠れた美しさ

TED2011

ルイ・シュワルツバーグ: 受粉の隠れた美しさ


受粉は地球上の生命には欠かせないものですが、人間の目に留まることはほとんどありません。主要な送粉者であるミツバチが失踪していることに突き動かされ、映像作家のルイ・シュワルツバーグは、映画「Wings of Life」を製作しました。シュワルツバーグが、その映画で使われているハイスピードカメラで撮影した美しい映像と共に、花粉や送粉者の入り組んだ世界を紹介します。

ショーン・キャロル:遥かなる時間と多元宇宙の可能性

TEDxCaltech

ショーン・キャロル:遥かなる時間と多元宇宙の可能性


宇宙学者のショーン・キャロルがTEDxCaltechにおいて、時間と宇宙の本質を愉快にかつ刺激的に紹介し、一見簡単そうにも見える問題「なぜ時間が存在するのか?」に挑みます。その可能な答えは、宇宙の本質および宇宙における私たちの立場に関する驚くべき見解を示唆します。

スザンヌ・リー: 自分の服を育てよう

TED2011

スザンヌ・リー: 自分の服を育てよう


デザイナーのスザンヌ・リーが服飾用の生地やベジタブルレザーのように使用できる昆布茶ベースの素材をつくる実験を紹介します。そのプロセスはとても面白いもので、仕上がりも素敵です。まだ欠点が一つありますが、この素材がもつ可能性は素晴らしいものです。

カルロ・ラッティ: 感知し、応答する建築

TED2011

カルロ・ラッティ: 感知し、応答する建築


MIT のカルロ・ラッティと SENSEable City Lab チームは、私たちが作り出すデータを読み取って興味深いものを作り出しています。例えば電話記録や廃棄ゴミといったデータから、都市生活を見事に視覚化しています。またラッティらのチームはセンサでキャプチャした簡単なジェスチャーを基礎とした、動く水や飛ぶ光などで構成されたインタラクティブな建築物を創造しています。

9・11テロの苦しみからの解放 ― 許しと友情を見つけた母たち

TEDWomen 2010

9・11テロの苦しみからの解放 ― 許しと友情を見つけた母たち


大切な家族を思いもよらない形で失ったことで、フィリス・ロドリゲスとアイーシャ・エルファフィは強い絆で結ばれました。2001年9月11日に起きたアメリカ同時多発テロ事件で、ロドリゲスは息子を亡くし、エルファフィの息子であるザカリアス・ムサウイはテロの関与から有罪判決で終身刑となりました。平和を願う思いから、この二人の母親はお互いを理解し、尊重するようになりました。

アービン・グペラ「ガラクタから学習教材のおもちゃを作る」

INK Conference

アービン・グペラ「ガラクタから学習教材のおもちゃを作る」


INKコンファレンスにてアービン・グペラが語るのは、本当に楽しくて優れたデザインのおもちゃを、ガラクタから作ろうという単純ですが驚かされるプロジェクトです。 子供たちは自分で作ることができて、しかも理科やデザインの基礎が身につくのです。

マイク・マタスの次世代デジタルブック

TED2011

マイク・マタスの次世代デジタルブック


ソフトウェア開発者のマイク・マタスがiPadのための初の長編インタラクティブブックを披露します。巧妙で、スワイプでき、いろいろ遊べるグラフィックスや素敵な可視化­データがあります。本はアル・ゴアの『私たちの選択』で、『不都合な真実』の続編です。

アンジェラ・ベルチャー:自然を使って電池を育てる

TEDxCaltech

アンジェラ・ベルチャー:自然を使って電池を育てる


アワビの貝殻に触発されたアンジェラ・ベルチャーは、人が利用できるようなすばらしいナノ構造を作るようにウイルスをプログラムします。定向進化を通して優秀な遺伝子を選択することで、高出力の新しい電池、例えば、クリーンな水素燃料や記録的に高効率な太陽電池などを製造するウイルスを生み出しました。どうやって実現したのかTEDxCaltechで語っています。

ブルース・シュナイアー: セキュリティの幻想

TEDxPSU

ブルース・シュナイアー: セキュリティの幻想


コンピューターセキュリティの専門家ブルース・シュナイアーは、安全だと感じることと実際に安全であることは必ずしも一致しないと言います。TEDxPSU(ペンシルバニア州立大)において、各地の飛行場で繰り広げられている「セキュリティシアター」のような新聞ネタの対処に大金を費やすのに、より起こり得るリスクは無視するのはなぜか、そしてそのパターンをどうすれば破れるのかを説明します。

ハーヴィ・ファインバーグ: 新進化の準備はできていますか

TED2011

ハーヴィ・ファインバーグ: 新進化の準備はできていますか


医学倫理学者のハーヴィ・ファインバーグはこれまで進化してきた人間という種が今後向かうであろう3つの道を示します。①進化が完全に止まる②自然に進化する③人間の進化の次のステップを操作する(遺伝子変革を行うことで我々はさらに賢く、速く、そして上質になれる) 新進化は我々の手の内にあります。我々は新進化と共にどうなっていくのでしょうか。

アニル・アナンサスワーミー「極限の環境での天体物理学」

INK Conference

アニル・アナンサスワーミー「極限の環境での天体物理学」


地球のあらゆる場所で、巨大な望遠鏡や探知機が、宇宙の働きの手がかりを捕らえようと観測を続けています。INKカンファレンスで、サイエンス・ライターのアニル・アナンサスワーミーが、地球上で最も隔絶されひっそりとした場所にある驚きの観測施設についての話をします。