アレグザンダー・シアラス 「受胎から誕生までを可視化する」

INK Conference

アレグザンダー・シアラス 「受胎から誕生までを可視化する」

December 2, 2010


アレグザンダー・シアラスが受胎から誕生までの人の成長を例に、強力な医療可視化技術をご覧にいれます。(画像注意)

チャーリー・トッド:バカバカしさの共有体験

TEDxBloomington

チャーリー・トッド:バカバカしさの共有体験

May 11, 2011


ビルの窓で一斉に踊る70人のダンサー。 ニューヨーク公共図書館の駆け抜けるゴーストバスターズ。 そして毎年恒例の「ズボンなし地下鉄乗車」。 このような突飛で意外な笑いを誘う騒ぎを公共の場で起こしているのがチャーリー・トッドです。 彼のグループ「Improv Everywhere」がどのように騒ぎを起こして人々を結び付けているか、TEDxBloomingtonで彼が語ります。

Roger McNamee: 6 ways to save the internet

TEDxSantaCruz

Roger McNamee: 6 ways to save the internet

March 2, 2011


The next big shift is now, and it’s not what you think: Facebook is the new Windows; Google must be sacrificed. Tech investor Roger McNamee presents 6 bold ways to prepare for the next internet. (Filmed at TEDxSantaCruz.)

アラン・ジョーンズ: 脳の地図

TEDGlobal 2011

アラン・ジョーンズ: 脳の地図

July 13, 2011


脳の機能を理解するには、どこから始めることが出来るでしょうか?街を理解し始める時のように、地図を作りましょう。この魅力的な映像あふれる講演をとおして、アラン・ジョーンズは、いかにして脳の各部分で活性化している遺伝子を特定した地図や、脳の異なる部位がどのように連結されているかという地図を、彼のチームがどうやって作っているのか紹介します。

ベン・カシーラ 「3Dでとらえる古代遺跡」

TEDGlobal 2011

ベン・カシーラ 「3Dでとらえる古代遺跡」

July 14, 2011


古代遺跡は驚くべき過去の文明について手がかりを与えてくれますが、公害、戦争、放置などのために失われる危険にさらされています。画期的な3次元スキャンシステムの発明者であるベン・カシーラは、自らの発明品を使って世界遺産を詳細にスキャンし保存する活動をしています (最後のデモをお見逃しなく) 。

アパルナ・ラオ 「ハイテク・アート(ユーモアを込めて)」

TEDGlobal 2011

アパルナ・ラオ 「ハイテク・アート(ユーモアを込めて)」

July 14, 2011


芸術家でTEDフェローでもあるアパルナ・ラオは身近なものを驚くほどユーモアに富む方法で描き直します。同僚のソーレン・ポーズと共にハイテク・アートを創ります。それらの作品は通常の物体・通常の関係に面白さを与えてくれます。(メールを送信してくれるタイプライター、部屋内で監視・追跡している人を映像上では透明人間にしてしまうビデオカメラなど)

マーチン・ハンジク: 生命と非生命の境界線

TEDSalon London Spring 2011

マーチン・ハンジク: 生命と非生命の境界線

May 18, 2011


マーチン・ハンジクの研究室ではプロトセルという化学物質の塊を作り、生命のような挙動を観察しています。この研究は、生命が地球上で誕生したときの姿に関わり、また他の星で誕生するときの姿も示唆するものです。

Sandra Fisher-Martins: The right to understand

TEDxO'Porto

Sandra Fisher-Martins: The right to understand

March 21, 2011


Medical, legal, and financial documents should be easy to read, but too often they aren’t. With spot-on (and funny) examples, Sandra Fisher Martins shows how overly complex language separates us from the information we need -- and three steps to change that. In Portuguese with English subtitles. (Filmed at TEDxO'Porto.)

マルコ・テンペスト 「拡張現実的テクノマジック」

TEDGlobal 2011

マルコ・テンペスト 「拡張現実的テクノマジック」

July 13, 2011


華麗な指先のテクニックと魅力的な語りで、イリュージョニストのマルコ・テンペストがTEDGlobalの舞台で絵の中の棒人間に命を吹き込みます。

ダニエル・ウォルパート: 脳の存在理由

TEDGlobal 2011

ダニエル・ウォルパート: 脳の存在理由

July 13, 2011


神経科学者であるダニエル・ウォルパートは驚くべき仮説で話を始めます。脳は考えたり感じたりするためではなく、動きを制御するために進化した、と。彼の面白くデータに富んだ話は脳がいかに美しく機敏な動きをヒトが作り出すかを教えてくれます。

アナ・ムラチェク・ディートリック 「道路を走れる飛行機をつくる」

TEDGlobal 2011

アナ・ムラチェク・ディートリック 「道路を走れる飛行機をつくる」

July 15, 2011


空飛ぶ自動車——それは未来を象徴するイメージです。しかし飛行機や自動車が生まれて100年がたった今も、それが本当に実現されたことはありませんでした。パイロットであるアナ・ムラチェク・ディートリックと彼女のチームは、問をひっくり返してこう考えたのです。「道を走れる飛行機を作ればいいんじゃない?」

ポール・ザック:信頼と道徳性、そしてオキシトシン

TEDGlobal 2011

ポール・ザック:信頼と道徳性、そしてオキシトシン

July 13, 2011


道徳的に正しい行いをしたいと駆り立てるものは何でしょうか?神経経済学者のポール・ザックは、安定した社会をつくるのに必要な信頼や共感などの感情に対してオキシトシン(彼は”道徳分子”と呼びます)が関わっていると考えられる理由を説明します。

ハサン・エラヒ:FBIのみなさん!僕はここだよ!

TEDGlobal 2011

ハサン・エラヒ:FBIのみなさん!僕はここだよ!

July 14, 2011


全くの誤解からFBIに監視されることになったハサン・エラヒ。FBIのエージェントから旅行をする際は逐一報告するように言われます。彼は言われたとおりに報告します...言われた以上に、いやいや、もっともっとそれ以上に。

ベアトリス・コロン「紙から切り取る物語」

TED2011

ベアトリス・コロン「紙から切り取る物語」

March 1, 2011


芸術家のベアトリス・コロンは、はさみと紙を使って、入り組んだ世界や街、国、天国や地獄を作ります。タイベックという素材を切って作った華やかなケープに身を包み、ステージを歩き回りながら、自身の創造の過程や、物語が断片からいかに成長していくのかを語ります。

ジェイ・ブラッドナー「癌研究のオープンソース化」

TEDxBoston 2011

ジェイ・ブラッドナー「癌研究のオープンソース化」

May 26, 2011


癌細胞は、自身が癌細胞であることをどうやって記憶するのか。ジェイ・ブラッドナーの研究室では、この問いの鍵を握るJQ1という化合物を見つけました。そして、特許を取得する代わりに、研究を進めるために、研究成果と化合物のサンプルを40の研究施設と共有しました。オープンソース手法を活用した医学研究の将来を、ここに垣間見ます。

マルコム・グラッドウェル 「ノルデン爆撃照準器の奇妙な話」

TEDGlobal 2011

マルコム・グラッドウェル 「ノルデン爆撃照準器の奇妙な話」

July 14, 2011


ストーリーテリングの名手マルコム・グラッドウェルが、第二次世界大戦における画期的な発明品であったノルデン爆撃照準機とそれがもたらした予想外の結末について聞かせてくれます。

Iain McGilchrist: The divided brain

RSA Animate

Iain McGilchrist: The divided brain

October 21, 2011


Psychiatrist Iain McGilchrist describes the real differences between the left and right halves of the human brain. It's not simply "emotion on the right, reason on the left," but something far more complex and interesting. A Best of the Web talk from RSA Animate.

リチャード・ウィルキンソン 「いかに経済格差が社会に支障をきたすか」

TEDGlobal 2011

リチャード・ウィルキンソン 「いかに経済格差が社会に支障をきたすか」

July 12, 2011


所得格差の大きい社会はどういうわけか悪化していると私たちは直観的に感じています。リチャード・ウィルキンソンは信頼できる経済格差のデータを図表にし、格差が広がりすぎると健康や寿命、さらには信用のような非常に基本的な価値観などに対する実質的な影響が悪化するのだと説きます。

ナタリー・ミーバック 「嵐から生まれた芸術」

TEDGlobal 2011

ナタリー・ミーバック 「嵐から生まれた芸術」

July 11, 2011


芸術家ナタリー・ミーバックは巨大な嵐から気象データを取り出し、自然や時間の力を具現化する複雑な立体像に変換します。そして立体像は楽譜となって弦楽四重奏団に演奏されるのです。

トッド・クイケン: 「感覚を持つ」義手

TEDGlobal 2011

トッド・クイケン: 「感覚を持つ」義手

July 14, 2011


リハビリテーション医のトッド・クイケンは人の神経系と接続された義手を開発しており、操作性だけでなく感覚性の向上も目指しています。ステージでは患者であるアマンダ・キッツが彼の次世代義手をデモンストレーションしてみせます。

ガイ・フィリップ・ゴルトシュタイン: サイバー攻撃が現実世界にもたらしうる脅威

TEDxParis 2010

ガイ・フィリップ・ゴルトシュタイン: サイバー攻撃が現実世界にもたらしうる脅威

January 30, 2010


今日、攻撃者側の痕跡を残すことなく他国のコンピューターシステムに干渉するサイバー攻撃が増加の一途をたどっています。(スタックスネット・ワームはその一例です。) TEDxParisにて, サイバー攻撃がデジタル世界を飛び越え実世界における武力衝突引き起こすそのメカニズムと、この地球全体のセキュリティ危機をいかにして回避するのか、ガイ・フィリップ・ゴルトシュタインがお答えします。

ジャスティン・ホール・ティピング:送電網を必要としないエネルギーを

TEDGlobal 2011

ジャスティン・ホール・ティピング:送電網を必要としないエネルギーを

July 13, 2011


窓ガラスで発電が出来たとしたら世界はどうなるでしょう?事業家ジャスティン・ホール・ティピングが、これを実現する素材や、いかに「通常」という概念を問うことが類稀な飛躍的進歩に繋がるかについて説明する心を打つ講演です。

バンカー・ロイ:「裸足の大学」から学べること

TEDGlobal 2011

バンカー・ロイ:「裸足の大学」から学べること

July 14, 2011


インドのラジャスタンに、驚くべき学校があります。大半は読み書きもできない地元の女性や男性を訓練して、村で働く太陽光発電の技術者や職人、歯科医や医者にするのです。「裸足の大学」と呼ばれるその学校の創始者であるバンカー・ロイが、その仕組みを語ります。

ジェー・リム・リー:私のキノコ死装束

TEDGlobal 2011

ジェー・リム・リー:私のキノコ死装束

July 14, 2011


「死後も自分の体が環境へ配慮し地球を汚染しないように責任を持てるか?」芸術家ジェー・リム・リーが有害物を分解するキノコの胞子が入った特製の死装束を使ったやり方という途方もない提言をします。TEDでも前代未聞の奇妙なトークかも…。

パメラ・メイヤー:嘘の見抜き方

TEDGlobal 2011

パメラ・メイヤー:嘘の見抜き方

July 13, 2011


私たちは1日に10~200回ほど嘘をつかれており、嘘を見抜く手掛かりはとてもとらえにくく、また直感で自然に分かるものでもありません。「しょっちゅうウソをつかれてしまうあなたへ 」の著者パメラ・メイヤーが、嘘の手法と、嘘が多く使われている場面でどうやって訓練をした「嘘を見抜く専門家(嘘発見人)」が嘘の検知を行うのか、その方法を見せてくれます。 また「正直さ」は守るべき価値観であると彼女は主張しています。

Michael Nielsen: Open science now!

TEDxWaterloo

Michael Nielsen: Open science now!

March 3, 2011


What if every scientist could share their data as easily as they tweet about their lunch? Michael Nielsen calls for scientists to embrace new tools for collaboration that will enable discoveries to happen at the speed of Twitter. (Filmed at TEDxWaterloo.)

イアン・リッチー 「ワールド・ワイド・ウェブの創始者を断った日」

TEDGlobal 2011

イアン・リッチー 「ワールド・ワイド・ウェブの創始者を断った日」

July 11, 2011


想像してみて下さい。1990年代後半、ティム・バーナーズ=リーと名乗る若者がいきなりやって来て、自作のワールド・ワイド・ウェブというシステムを提案してきます。イアン・リッチーはその場にいました。しかし、彼は買いませんでした。これは情報・ネットワーク、そして失敗から学ぶことについての一口話です。

リチャード・セイモア: 美をどう感じるか

TEDSalon London Spring 2011

リチャード・セイモア: 美をどう感じるか

May 18, 2011


物語、美術作品、顔、デザインされたオブジェ — どのようにして、それが美しいと感じるのでしょう?またなぜ、そのことは重要なのでしょうか?デザイナーであるリチャード・セイモアは、美に対する私たちの反応と、美的な物の驚くべき力を追求します。

Paul Lewis: Crowdsourcing the news

TEDxThessaloniki

Paul Lewis: Crowdsourcing the news

April 2, 2011


When every cellphone can record video and take pictures, everyone is a potential news source. Reporter Paul Lewis tells two stories that show us the future of investigative journalism. (Filmed at TEDxThessaloniki.)

アリソン・ゴプニック:赤ちゃんは何を考えているでしょう?

TEDGlobal 2011

アリソン・ゴプニック:赤ちゃんは何を考えているでしょう?

July 13, 2011


心理学者のアリソン・ゴプニックは、「乳幼児はさながら人類における研究開発部門です」と説明しています。彼女は幼児が遊んでいる時に、実際に行っている洗練された情報収集や意思決定について 研究しています。